[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/22)グリーは投資判断引き下げの売り次第に一巡し持ち直す
記事一覧 (09/22)【上方修正株】キリン堂は2Q業績上方修正で純利益が黒字転換し続伸
記事一覧 (09/22)レンゴーは年初来高値を更新、製品価格を3年ぶりに値上げ
記事一覧 (09/22)東亜ディーケーケーは2Q業績上方修正で増益転換し急続伸
記事一覧 (09/22)ソニーは円高など敬遠し安値更新だが後場は買い戻しの下支えも
記事一覧 (09/22)ハウス食品はタイ国での本格展開に需給妙味がいわれて底堅い
記事一覧 (09/22)楽天は英Play社買収も利益確定売りが交錯し高値もみ合い
記事一覧 (09/22)新規上場のブレインパッドは大量の買い物を集め買い気配値をアップ
記事一覧 (09/22)アークランドサカモトは2Q上方修正業績発表もマイナス圏で推移
記事一覧 (09/22)キリン堂は増額修正を好感するが通期慎重とされ伸び悩む
記事一覧 (09/22)メディア工房は8月度月次が過去最高も利益確定売りで急反落
記事一覧 (09/22)内需関連株、中でも医療機器銘柄に注目
記事一覧 (09/22)スカパーJSATホールディングスは2Q業績上方修正を追撃材料に急反発
記事一覧 (09/22)ティーガイアは「アイフォーン」最新機種をKDDIが発売と伝えられ急伸
記事一覧 (09/22)ダルトン 来期より同社の科学研修施設事業に、イトーキの研究施設機器事業が加わる
記事一覧 (09/22)新日本製鐵は午後にも統合の概要を発表と伝わり堅調に始まる
記事一覧 (09/22)【自己株式取得】野田スクリーンは自己株式取得を手掛かりに安値水準から急続伸
記事一覧 (09/22)【上方修正株】DCMホールディングスは業績再上方修正で最高純利益を更新し急反発
記事一覧 (09/22)【上方修正株】三協フロンテアはストップ高気配、業績増額で最高純益を更新し増配
記事一覧 (09/21)メディカル一光の今2月期は純利益も増益の見込みに転換−−引け後のリリース
2011年09月22日

グリーは投資判断引き下げの売り次第に一巡し持ち直す

 グリー<3632>(東1)は22日の後場、持ち直す動きとなり、寄りあとの2165円(21円安)を下値に2209円(23円高)と堅調相場に転換。朝方は、JPモルガン証券が投資判断を引き下げ、「オーバーウェイト」から「ニュートラル」に見直したと伝えられて2113円(73円安)まで下げたものの、売り一巡後は弾力性を見せている。

 グリーの株価は、9月8日の2692円を高値として調整に転じ、このところは9月14日に終値で2400円を割り、同じく21日には2200円を割リ込み、下げピッチを速めていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:10 | 株式投資ニュース

【上方修正株】キリン堂は2Q業績上方修正で純利益が黒字転換し続伸

上方修正銘柄 キリン堂<2660>(東1)は22日、11円高の488円まで上げたあと値を下げて1円高の478円と続伸している。前日21日大引け後にきょう22日発表予定の今2月期第2四半期(2Q)業績を上方修正、純利益が、期初予想の連続赤字から黒字転換することを評価している。

 2Q業績は、期初予想より売り上げを2億6800万円引き下げたが、経常利益を1億8400万円、純利益を1億5100万円それぞれ引き上げ、経常利益は、9億7400万円(前年同期比2.2倍)とV字回復し、純利益は、3100万円(前年同期は6200万円の赤字)と黒字転換する。

 徹底したセルフサービス売場づくりやプライベートブランド商品の育成・アイテム数の増加など4つの重点施策により粗利率向上やコストコントロールを進めて既存店を活性化し、東日本大震災の影響による生活必需品の需要増や春先の花粉症関連商品の販売増、調剤売上高や健康食品販売の好調推移も加わり上方修正につながった。

 2月通期業績は期初予想に変更はなく、経常利益は18億5000万円(前期比20%増)、純利益は1億2000万円(同36%減)と見込んでいる。

 株価は、今期決算発表で400円台を試し、第1四半期の好決算に反応して年初来高値533円まで急伸し高値調整を続けた。PER評価では割高だが、PBRでは0.5倍と割り負けており、内需株人気を高めて高値奪回を目指そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:38 | 株式投資ニュース

レンゴーは年初来高値を更新、製品価格を3年ぶりに値上げ

 ダンボール紙最大手のレンゴー<3941>(東1)は22日、6円高の588円まで上げて3日続伸し連日、年初来高値を更新したが、高値後は利益確定売りが交錯している。10月1日出荷分から製品価格を3年ぶりに値上げすることを前に、業績上ぶれ思惑も底流し割安修正買いが増勢となっているが、売り買い交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:34 | 株式投資ニュース

東亜ディーケーケーは2Q業績上方修正で増益転換し急続伸

 水質・大気観測機器の東亜ディーケーケー<6848>(東2)は22日、10円高の285円まで上げて急続伸している。前日21日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)業績の上方修正を発表、期初予想の減益予想が増益転換することを手掛かりに低位値ごろの割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:33 | 株式投資ニュース

ソニーは円高など敬遠し安値更新だが後場は買い戻しの下支えも

 ソニー<6758>(東1)は22日、安値を更新する相場となり、一時1472円(39円安)まで下げて9月13日につけた安値を更新。前引けも1482円(29円安)となった。3日続落基調。NY株式の283ドル安に加え、外為市場でユーロ安が再燃し、1ユーロ103円台の円高になったことなどが手控え要因になった。

 また、需給面では、3市場の信用買い残が多く、売り残の8倍に達していることも、値動きを重くしているようだ。これ自体は「強気」が多いことを示すものの、明日からの3連休を前に、海外市場の動向を懸念して手控える相場になった。ただ、目先は、日証金ベースの「貸株」が増加しているため、3連休を前に、後場は貸し株の返済買いが増えて下値を支えル杜の期待はある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

ハウス食品はタイ国での本格展開に需給妙味がいわれて底堅い

 ハウス食品<2810>(東1)は22日、一進一退となり、10時30分にかけては1389円(19円安)から1409円(1円高)の間で推移。タイ国の食品メーカーと合弁会社を設立し、現地事業を拡大、2012年から健康飲料などを販売すると伝えられ、昨日つけた年初来の高値1417円に迫る相場となった。本日の株式市場が、東証1部1668銘柄のうち値下がり銘柄数1355(約81%、10時現在)に達する中で、強い相場となっている。「街の投機資金」筋が10時頃に買い指令を出したとの観測もある。

 先に発表した第1四半期決算(4〜6月)では、営業利益が53.6億円(前年同期比63.8%増)となっており、第2四半期決算に期待がある。また、信用売り残が、すでに買い残の1.8倍に膨れているため、高値更新ともなって売り手が苦境に陥った場合、買い戻しが広がり一段の株高要因になるとの思惑もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

楽天は英Play社買収も利益確定売りが交錯し高値もみ合い

 楽天<4755>(JQS)は22日、700円高の9万700円と6営業日続伸して前日ザラ場につけた年初来高値9万900円に肉薄したあと、1700円安と売られ、前日終値を挟んでもみ合っている。前日21日大引け後に英国のEC(電子商取引)サイト運営会社のPlay社(英国領ジャージー島)の買収、子会社化を発表、今年7月の独ドラドリア社買収時には株価が急伸したことを連想して買い増勢となったが、前日に米国NYダウが、283ドル安と急落したこともあり、利益確定売りが交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:23 | 株式投資ニュース

新規上場のブレインパッドは大量の買い物を集め買い気配値をアップ

 ブレインパッド<3655>(東マ)が、きょう22日に東証マザーズに新規上場された。公開価格は2200円、公開株式数は31万500株となっている。寄り付きから大量の買い物を集め9時40分現在、公開価格より770円上回る2970円買い気配で売り買い差し引き約68万株と公開株式数の倍以上となる買い物を集めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:16 | 株式投資ニュース

アークランドサカモトは2Q上方修正業績発表もマイナス圏で推移

 ホームセンターのアークランドサカモト<9842>(東1)は22日、30円高の1349円まで上げたが、一気に7円安の1312円まで下げている。前日21日大引け後に9月15日に上方修正した今2月期第2四半期(2Q)決算を発表、好決算を好感したが全体相場の影響と利益確定売りからマイナス圏での推移となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:02 | 株式投資ニュース

キリン堂は増額修正を好感するが通期慎重とされ伸び悩む

 キリン堂<2660>(東1)は22日、続伸ながら始値の488円(11円高)を高値に一進一退。479円(2円高)。昨日発表した業績予想の増額修正は好感されているものの、伸び悩む相場となった。第2四半期(3〜8月)の予想営業利益は、従来予想の6.80億円から7.84億円に増額し、純利益は1.2億円の赤字予想から0.31億円の黒字よそうに見直した。ただ、通期の予想に慎重との受け止め方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

メディア工房は8月度月次が過去最高も利益確定売りで急反落

 携帯電話向け占いコンテンツなどのメディア工房<3815>(東マ)は22日、2800円安の7万500円まで下げて急反落している。前日21日大引け後に発表した今年8月度の月次売上高が、過去最高を更新したが、連休控えで前日の米国株価が大幅反落したことも響き利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:58 | 株式投資ニュース

内需関連株、中でも医療機器銘柄に注目

■日本エム・ディ・エム、日本ライフライン等

 円高の影響で、事業を継続するために、国外に製造拠点を移転する企業が増えているように、外需依存型の企業は厳しい環境といえる。その様な中、内需関連に注目が集まっている。
 中でも、小宮山厚生労働大臣の9月5日の診療報酬増額発言もあり、2年ごとに実施される保険償還価格改定への影響も予想され、日本エム・ディ・エム<7600>(東1)、日本ライフライン<7575>(JQS)等の医療機器銘柄に注目。
 日本エム・ディ・エムのPBRは0.40倍と割安であり、株価も底値圏で推移している。業績面では、事業再建計画も順調に進み、前期で黒字化、今期は大幅増益を見込んでいる。
 日本ライフラインも、PBR0.42倍、予想PER5.66倍と割安歴然。業績は、今期最終利益39.6%増を見込んでいるが、第1四半期の最終利益は162.1%増を達成したことから、上方修正も期待できる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:43 | 株式投資ニュース

スカパーJSATホールディングスは2Q業績上方修正を追撃材料に急反発

 スカパーJSATホールディングス<9412>(東1)は22日、1200円高の3万9650円まで上げて4営業日ぶりに急反発している。前日21日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)業績の上方修正を発表、9月2日発表の過去最高となった8月の新規加入件数に続く追撃材料となって内需関連の割り負け修正買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

ティーガイアは「アイフォーン」最新機種をKDDIが発売と伝えられ急伸

 携帯販売代理店の大手ティーガイア<3738>(東1)は22日、急伸となり、17万6700円(2万円高)で寄ったあとも16万5600円(8900円高)前後で推移。値上がり率は約6%で東証1部の3位前後につけた。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」シリーズ最新製品になる「iPhone5」が、日本での発売元はKDDI<9433>(東1)になり、初代から独占してきたソフトバンク<9984>(東1)の独占が崩壊と日経ビジネス電子版が伝え、携帯販売元の競争激化の恩恵に期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

ダルトン 来期より同社の科学研修施設事業に、イトーキの研究施設機器事業が加わる

■株価は割安状態で、材料があるだけに仕込み好機

 ダルトン<7432>(JQS)の今11年9月期連結業績予想は、売上高16,297百万円(前期比5.1%増)、営業利益520百万円(同23.8%増)、経常利益395百万円(同40.6%増)、純利益310百万円(同49.0%増)と増収大幅増益を見込んでいる。
 更に、来期は、同社の科学研修施設事業に、イトーキ<7972>(東1)の研究施設機器事業が加わることで、売上の拡大が期待できる。
 20日の株価は、2円安の118円で引けている。予想PER4.64倍、PBR0.45倍と割安状態に加え、材料があるだけに仕込み好機といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

新日本製鐵は午後にも統合の概要を発表と伝わり堅調に始まる

 新日本製鐵<5401>(東1)は22日、続伸の始まりとなり、235円(1円高)で寄ったあと234円を下値に堅調。住友金属工業<5405>(東1)との経営統合に関する概要が固まり、本日の午後にも発表と今朝の日本経済新聞が伝え、NY株の283ドル安、日経平均110円安の中でしっかり。住友金属工業は166円(3円安)前後で推移。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース

【自己株式取得】野田スクリーンは自己株式取得を手掛かりに安値水準から急続伸

話題株 野田スクリーン<6790>(東2)は21日、2940円高の2万4500円まで上げて1090円高の2万2650円と急続伸し、前日20日につけた年初来安値2万1400円から底上げした。前日20日大引け後に自己株式取得を発表、今年6月に実施した自己株式立会外買付取引で3万円台を回復した急伸場面の再現思惑を強めて下げ過ぎ訂正買いが増勢となった。

 自己株式取得は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行することを目的としており、上限を1700株(発行済み株式総数の1.61%)、4080万円、取得期間を9月21日から来年4月13日までとして実施する。

 株価は、自己株式立会外買付取引(買付価格2万7600円)で3万円台を回復し、9月2日には自己株式消却を発表したが、同時発表の今4月期第1四半期の大幅減益業績を嫌って2000円安、安値目前となった。

 今期業績は連続減益、純利益は1億4500万円(前期比16%減)と予想しているが、投資採算的にはPER18倍台、PBR0.3倍と下げ過ぎを示唆している。一段の底上げをサポートしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:08 | 株式投資ニュース

【上方修正株】DCMホールディングスは業績再上方修正で最高純利益を更新し急反発

上方修正銘柄 DCMホールディングス<3050>(東1)は21日、33円高の613円まで上げて29円高の609円と3営業日ぶりに急反発した。前日20日大引け後に今年6月20日に続いて今2月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の再上方修正を発表、一気に4期ぶりに過去最高純利益を更新することが、前回修正時の株価急伸再現思惑を強めて割安修正買いが再燃した。

 業績修正のうち2月通期業績は、6月増額値より売り上げを157億円、経常利益を41億円、純利益を19億円それぞれ引き上げ、純利益は、83億円(前期比21%増)と増益転換し、2008年2月期の過去最高(80億5600万円)を更新する。

 東北地方で東日本大震災の復旧・復興需要が堅調に推移し、夏場に節電・暑さ対策商品の販売が好調に伸びたことから、2Q既存店売り上げが5.8%増と計画を上回り、下期の復旧・復興需要、冬場の節電・寒さ対策商品の販売増加を見込んで通期業績を再上方修正した。

 株価は、6月の業績増額で窓を開けて568円まで急伸し、その後の第1四半期の好決算でさらに年初来高値649円まで上値を伸ばし、600円台を出没している。PER10倍台、PBR0.6倍の割安修正で年初来高値奪回に弾みをつけよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:05 | 株式投資ニュース

【上方修正株】三協フロンテアはストップ高気配、業績増額で最高純益を更新し増配

上方修正銘柄 三協フロンテア<9639>(JQS)は21日、寄り付きから買い気配値を切り上げ80円高の355円買い気配値とストップ高し3営業日続伸した。前日20日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の上方修正と2Q配当の増配を発表、通期純利益が10期ぶりに過去最高を更新することも好感され、売り買い差し引き約48万株の割安修正買いが殺到した。

 業績修正のうち3月通期連結業績は、期初予想より売り上げを32億円、経常利益を21億9000万円、純利益を11億6000万円それぞれ引き上げ、純利益は、連結決算が初作成となるため前期対比はないが、22億円と大きく伸びる。

 単独通期純利益も、期初予想の10億4000万円から21億9000万円(前期は1億7000万円の黒字)へ引き上げられてV字回復し、2002年3月期の過去最高(13億7400万円)を更新する。

 東日本大震災に伴う被災地向け応急仮設住宅と、震災復興需要による仮設建築物などの受注が想定より堅調に推移していることが上方修正要因となった。

 配当は、2Q配当を期初予想の普通配当6.25円に特別配当7.5円を上乗せして13.75円に引き上げ、年間配当は20円(前期実績10円)に大幅増配する。

 株価は、大震災発生で突っ込んだ206円安値から震災特需思惑で448円まで2.1倍化したが、その後の前期業績の下方修正が響き300円下位まで再調整、今期第1四半期の好決算にもかかわらず300円割れとさらに下値を探った。PERは3倍台、PBRは0.4倍、配当利回りは5.6%と超割安となり、大幅上値修正が想定される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:07 | 株式投資ニュース
2011年09月21日

メディカル一光の今2月期は純利益も増益の見込みに転換−−引け後のリリース

■業績予想を増額修正

引け後のリリース、明日の1本 メディカル一光<3353>(JQS)は21日の大引け後、業績予想の増額修正を発表。調剤薬局事業の好調推移などを要因に、2月通期の連結予想売上高を184.9億円から193.5億円に(前期実績は約180億円)、純利益は4.9億円から6.3億円(同5億円)に増額した。増額後の1株利益は1万9879円75銭。

 発表では、通期の連結業績予想は、第2四半期(3〜8月)の業績の状況を踏まえて見直しを行ない、主に調剤薬局事業で、既存店の売上増加に加え、新規店舗の売上が増加することによるとした。

 株価は日頃から薄商いで、21日は売買が整わず、大引けの気配値は、売り20万9600円、買い19万5000円。直近の出来値は9月15日の19万5000円だった。増額修正により、売上高と営業・経常利益は前期比での増収総益幅を拡大し、純利益も増益に転換。株価は予想1株利益の9.8倍前後になり、割安感を再認識させられる形になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 21:57 | 株式投資ニュース