[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/06)ディー・エヌ・エーはグリーなどから訴状を受け取り法的措置も検討−−引け後のリリース
記事一覧 (12/06)サニックスは月次好調で師走相場の材料株物色で出番に期待
記事一覧 (12/06)新日本理化は一時800円を割るが「K氏」関連株の思惑で終盤に急回復
記事一覧 (12/06)丸山製作所は「除染」に噴霧器などの需要増を期待し高値に顔合わせ
記事一覧 (12/06)【話題株】明治HDを追うように雪印メグミルクも「狼狽」
記事一覧 (12/06)オリンパスは午後3時から第三者委員会発表と伝えられ一進一退
記事一覧 (12/06)明治ホールディングスが粉ミルクからセシウム検出と伝えられ急落
記事一覧 (12/06)好業績ヤーマン快調、3日続伸で新高値、決算発表接近
記事一覧 (12/06)ピックルスコーポレーションが上場10周年の記念配を好感し高値更新
記事一覧 (12/06)コマツは自己株取得の終了と中国株の下落を受けて後場も軟調
記事一覧 (12/06)日産自動車は中国好調と伝えられるがユーロ軟調など気にする
記事一覧 (12/06)小田原エンジニアリングは4連騰!急速な立ち直りの様相
記事一覧 (12/06)サンリオは欧州の人気キャラクター買収観測を好感し出直り強める
記事一覧 (12/06)石原産業は酸化チタン製品価格の値上げを好感して7連騰
記事一覧 (12/06)KLabが「恋してキャバ嬢GP」など好調で大幅続伸
記事一覧 (12/06)オリックスは会計の「弥生」買収説に消化難だがチャート妙味
記事一覧 (12/06)【話題株】アエリアはTOB価格9万円へのサヤ寄せ思惑を強めてストップ高気配
記事一覧 (12/06)【注目の決算発表】東栄住宅は3Q減益・低利益進捗率業績を売り直し反落
記事一覧 (12/06)ディー・エヌ・エーは中畑監督説とコスモ証券の評価で下値に買い集まる
記事一覧 (12/06)トヨタ自動車は「未定」の業績予想を9日発表と一部で伝えられ上げ一服
2011年12月06日

ディー・エヌ・エーはグリーなどから訴状を受け取り法的措置も検討−−引け後のリリース

■株価は「窓」を埋め戻すリバウンド高の余地

引け後のリリース、明日の1本 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は6日の夕方、グリー<3632>(東1)およびKDDI<9433>(東1)がディー・エヌ・エーを訴えた訴状を受け取り、主張は今後、訴訟の場で明らかにする方針と発表した。同時に、訴えた側のプレスリリースなどには、現在ディー・エヌ・エーが違法行為を行っているかのような指摘があるとして、法的措置も検討するとした。グリーとKDDIは、11月21日付けでディー・エヌ・エーに対し訴訟を提起したと発表していた。

 ディー・エヌ・エーの株価は11月22日の2104円を下値に持ち直し、12月1日に2563円まで上昇。本日の終値は2450円(69円安)。テクニカル的には、10月下旬から11月初にかけて「窓」(まど・空白)を明ける下げを見せたままのため、この空白を埋める形で3000円トビ台までは戻る余地があると見られている。

 グリーの株価動向などは本日16時17分掲載の「注目株」に詳細。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:12 | 株式投資ニュース

サニックスは月次好調で師走相場の材料株物色で出番に期待

■11月は5カ月連続の増加

 シロアリ防除と太陽光発電設備のサニックス<4651>(東1)は6日の大引け後、11月の月次売上高を発表。同月の連結売上高は前年同月比12.7%増加し、7月から5カ月連続の増加となった。今期累計(4〜11月)は前年同期比7.6%増加。

 株価は11月21日の208円を下値に持ち直す動きをみせ、12月5日に259円まで上げ、本日の終値は243円(12円安)。このところ、上値は289円(10月)、277円(11月)で抑えられている。ただ、材料株物色で動意づきやすい銘柄のため、師走相場でこれらの高値まで値幅を狙う程度なら活躍余地は大きいようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:51 | 株式投資ニュース

新日本理化は一時800円を割るが「K氏」関連株の思惑で終盤に急回復

■上げ一服だが調整率は新日本製鐵より小さい

 新日本理化<4406>(大1)は6日の後場750円(85円安)まで下げる場面があったものの、終値は802円(33円安)となり、800円の大台を回復。大物仕手筋の「K氏」関連株との思惑が強く、2日続落ながら、大引けにかけて盛り返す相場になった。

 ここ1カ月の相場をみると、約580円上げて12月1日に878円まで上昇した。その後は、本日の安値までで128円の下落。上げ幅に対する下げ率は約22%。これは、たとえば新日本製鐵<5401>(東1)などの大型数量株にもよくあるレベルで、新日本製鐵は、直近の出直り高での上げ幅が36円、本日の安値までで9円(25%)の下落となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:14 | 株式投資ニュース

丸山製作所は「除染」に噴霧器などの需要増を期待し高値に顔合わせ

■200円突破に期待を残す

 芝刈機や噴霧器の大手・丸山製作所<6316>(東1)は6日、急動意となり、前場200円(21円高)まで上げて7月につけた年初来の高値に顔合わせし、終値も190円(11円高)。値上がり率は6.2%程度ながら、東証1部の4位に入った。政府が午前、福島第1原発の事故にともなう「除染」関係閣僚会合を開き、陸上自衛隊の手で、福島県の楢葉、富岡、浪江の3町と飯舘村の各役場の除染を行なうと伝えられ、思惑が広がった。株価は、7月の高値の際も、一時200円まで上げて終値は182円と伸び切れなかったため、高値再挑戦の動き継続に期待を残した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:46 | 株式投資ニュース

【話題株】明治HDを追うように雪印メグミルクも「狼狽」

■連想買いの師走相場にひや水

話題株 6日の株式市場では、午後、明治ホールディングス(HD)<2269>(東1)が一時急落、社内検査で粉ミルクから放射性セシウムを検出と伝えられ、13.2%安の2902円(443円安)まで下げる場面があった。これを追うように、それまで堅調だった雪印メグミルク<2270>(東1)もツレ安となり、一時は5.3%安の1385円(78円安)。投資家心理を冷やす場面があった。株式市場は、師走相場に入り、材料株が思惑や連想で次々に物色されやすい地合いになっており、こうした物色意欲に、ひや水が差された形。放射性物質に対する敏感さも示すことになった。

■株式市場も放射性物質には敏感

 午後、明治ホールディングスは、自社Web上で、「明治ステップ(850g缶)のお取替えに関するお知らせ」を発表。概略、同製品の一部から、わずかながら放射性物質が検出され、食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定規制値の10分の1であり、毎日飲用しても影響はないレベルとされるものの、新たな製品と取り替えるとした。

 国が定める粉ミルクの暫定基準値は、1キログラム当たり200ベクレルで、今回の検出量は同22から31Bq/kgで、基準を下回っている。関連報道では、噴霧乾燥する際に使った熱風に一部放射性物質が混入したとみられる、と伝えられた。

 終値は、明治ホールディングスが3000円台を回復し3020円(325円安)。雪印メグミルクも1400円台を回復し1410円(53円安)。結果的には、「狼狽売り」先行となったものの、あらためて、放射性物質に対する恐怖感を見せつけることになった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:26 | 株式投資ニュース

オリンパスは午後3時から第三者委員会発表と伝えられ一進一退

 オリンパス<7733>(東1)は6日の後場1220円(129円高)から1165円(74円高)で推移し、14時50分にかけては1187円(97円高)。朝方つけた1255円(164円高)からは上げ一服となった。午後2時を回り、同社の「損失隠し」を調査する第三者委員会が本日の午後3時から東京都内で記者会見し、調査報告書を発表する、と伝えられたため、内容を見定めようと手控える雰囲気が広がった。第三者委員会は裏帳簿の一部を入手しているもようとされた。前場は、金融相の談話として、上場の取り扱いを今の時点で言うのは適当ではないとのコメントも伝えられ、手控える動きもあったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:53 | 株式投資ニュース

明治ホールディングスが粉ミルクからセシウム検出と伝えられ急落

 明治ホールディングス<2269>(東1)は6日の後場急落となり、13時55分にかけて13%安の2902円(443円安)まで下落。共同通信の報道として、販売する粉ミルクから放射性セシウムが検出されたことが同社の調査で分かったと伝えられ、東証1部の値下がり率1位となった。3000円台割れは09年5月以来。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:17 | 株式投資ニュース

好業績ヤーマン快調、3日続伸で新高値、決算発表接近

 決算発表接近のヤーマン<6630>(東2)は、44円高の1288円と2日(金)の17円高、5日(月)の45円高に続いて大きく買われ、権利落後の高値を更新。今年2月24日に株式2分割の権利を落としている。権利付最終値2月23日の1944円に対し、権利落の24日には949円で始まった。

 12月14日(水)に第2四半期(5〜10月)決算の発表を予定している。第1四半期決算を発表した9月14日時点での、今期(2012年4月期)見通しは、前期比12.0%増収、営業利益16.9%増益と2ケタの増収増益見通し。予想1株利益190.8円、配当は年36円の予定。脱毛器シリーズの絶好調から、中間決算発表において明るい数字が見込めるのではないかとの期待が膨らんでいる。

>>ヤーマンのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:43 | 株式投資ニュース

ピックルスコーポレーションが上場10周年の記念配を好感し高値更新

 コンビニ向けなどの漬物大手ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は6日の正午、上場10周年の記念配当を実施と発表。株価は大きく好感し、前引けの446円(6円高)から後場寄り後には479円(39円高)と急伸。10月初の高値を更新した。記念配当は5円とし、2012年3月期末に普通配当10円とあわせて15円とした。前期実績は10円だった。

>>ピックルスコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:42 | 株式投資ニュース

コマツは自己株取得の終了と中国株の下落を受けて後場も軟調

 コマツ<6301>(東1)は6日の後場も軟調で下値を探る動きになり、1977円(55円安)まで下落。昨日、自己株の取得を終了と発表した上、香港・上海市場とも軟調と伝えられたため、中国景気に敏感な銘柄の代表格として売りが入った。ただ、株価自体は戻り高値圏で推移しており、2000円割れは11月16日以来。微調整の範囲にとどまっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:16 | 株式投資ニュース

日産自動車は中国好調と伝えられるがユーロ軟調など気にする

 日産自動車<7201>(東1)は6日の後場も小動きのまま700円(10円安)前後で推移。朝は、11月の中国での新車販売台数が前年同月比24.5%増加し約11万3200台に達したとの現地発表が今朝の日本経済新聞で伝えられたものの、ユーロが再び軟化し、その裏返しの円高基調が手控え材料になっているようだ。10〜11月に750円に迫る動きをみせたため、目先は750円どころで戻り売りが厚いとの予想もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:43 | 株式投資ニュース

小田原エンジニアリングは4連騰!急速な立ち直りの様相

 小田原エンジニアリング<6149>(JQS)は6日、39円高の790円まで上げて4営業日続伸している。株価は、震災以後、ボックス内の動きとなっていたが、11月21日に683円と、3月の年初来安値に接近する下げに見舞われた。しかし、それがダメ押しになったようで、その後は急速な立ち直りの様相を強めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

サンリオは欧州の人気キャラクター買収観測を好感し出直り強める

 サンリオ<8136>(東1)は6日、3日続伸基調で堅調。欧州の人気キャラクター「ミスターメン」を買収と伝えられ、朝方に3日ぶりの4000円(65円高)台を回復したあとも3950円(15円高)前後で堅調推移となった。欧州で人気キャラクター事業を手掛ける英ミスターメン(ロンドン)を買収する」と今朝の日本経済新聞が伝えた。株価は11月に4195円の高値をつけたあと調整に転じ。12月2日に3775円まで下落。ここから出直ってきたため、値幅調整は一巡し、4000円台を固めてから11月高値を目指すシナリオを描く向きもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:03 | 株式投資ニュース

石原産業は酸化チタン製品価格の値上げを好感して7連騰

 石原産業<4028>(東1)は5日、6円高97円まで上げて7営業日続伸しいる。チタン鉱石をはじめとする原材料価格の高騰による影響への対応と、将来における需要家各社への安定的な供給を実現するため、アジアパシフィック地域(日本を除く)向け酸化チタン製品価格を、2012年1月1日出荷分から値上げすると発表したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:39 | 株式投資ニュース

KLabが「恋してキャバ嬢GP」など好調で大幅続伸

 9月に新規上場のゲーム企業KLab(クラブ)<3656>(東マ)は6日、大幅続伸となり、朝方5050円(450円高)まで上げたあとも4800円前後で堅調。昨日、第1四半期の業績予想(9〜11月)を増額修正したことが好感された。増額修正では、「恋してキャバ嬢GP」などの新作ゲームが好調で、営業利益を7.1億円から9.94億円に見直すなど、全体に大幅な上乗せとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | 株式投資ニュース

オリックスは会計の「弥生」買収説に消化難だがチャート妙味

 オリックス<8591>(東1)は6日、小動きとなり、6620円(50円安)で寄ったあとは6610円から6660円での推移となっている。昨日、会計ソフトの大手・弥生をMBKパートナーズから約8億ドル(約624億円)で買収する方向とブルームバーグ通信などで伝えられたものの、株価材料としては消化難の様子だ。ただ、株価は9月の安値5480円から11月の安値6000円と「下値支持線」が右肩上がりになっており、チャート妙味は強まっているとの見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:23 | 株式投資ニュース

【話題株】アエリアはTOB価格9万円へのサヤ寄せ思惑を強めてストップ高気配

話題株 アエリア<3758>(JQS)は6日、昨日に続き1万5000円高の8万5000円ストップ高気配と急続伸している。前週末2日大引け後に自己株式の株式公開買い付け(TOB)と今12月期業績の下方修正・赤字転落を同時発表、好悪材料が綱引きしたが、TOB価格9万円へのサヤ寄せ思惑を強めて買い優勢となっている。

 自己株式TOBは、株主への利益還元を目的にしており、これまで自己株式取得で実施した市場買い付けでは買付数量が限定的にとどまったことから、株主間の平等、取引の透明性、市場取引状況などを総合的に勘案してTOBが適切として取締役会決議した。

 買い付け期間は、12月5日から来年1月16日までの25営業日、買い付け株式数は1万株(発行株式総数の14.73%)、取得総額は9億円を予定、TOB終了後も上場を維持する。

 なお今12月期業績は、為替差損や中国オンラインゲーム事業関連の特別損失の計上で下方修正、純利益は、期初予想の2億6000万円から12億8400万円引き下げ、10億2400万円の赤字(前期は6億6100万円の赤字)と悪化する。

 株価は、業績の落ち込みを嫌って年初来安値5万7600円まで売られ、底値圏推移を続けてきた。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース

【注目の決算発表】東栄住宅は3Q減益・低利益進捗率業績を売り直し反落

注目の決算発表銘柄 東栄住宅<8875>(東1)は6日、9円安の776円まで下げて続落し、9月26日につけた年初来安値724円を覗いている。前週末2日大引け後に発表した今1月期第3四半期(3Q)決算が、2ケタ減益と落ち込み、期初予想の1月通期業績に対して低利益進捗率にとどまったことを嫌い利益確定売りが先行している。

 3Q業績は、前年同期比19%増収、13%経常減益、42%純益減益と伸び悩み、通期業績対比の利益進捗率は、57〜59%と目安の75%を下回った。

 建築請負事業は、法人からの請負工事に対する受注・生産体制強化で堅調に推移したが、主力の戸建分譲事業で販売戸数が99戸増加したが、東日本大震災の影響による契約落ち込み懸念や市場の供給過剰感から仕入・着工・販売のバランス維持のため早期販売などによる在庫回転率重視の販売活動を進め、プロジェクト用地の評価方法見直しによる棚卸資産評価損3億1900万円の計上なども重なり減益転換した。

 1月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は、51億円(前期比25%減)と前期の過去最高からの減益転換を予想している。

 株価は、今期第2四半期の伸び悩み業績を嫌って年初来安値まで売られ、下げ過ぎ訂正で底上げしてきた。PERは4倍台、PBRは0.6倍と割り負けているが、業績動向の先行き不透明感を強めたこともあり、再度、安値を確かめよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーは中畑監督説とコスモ証券の評価で下値に買い集まる

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は6日、一進一退となり、2500円(19円安)で寄ったあとは2478円(41円安)から2523円(4円高)の間で推移。本日は、コスモ証券が投資判断を「B」から「B+」に引き上げたと伝えられ、買収したプロ野球「横浜DeNAベイスターズ」の初代監督に元巨人の中畑清氏(57)の就任が濃厚とのスポーツ紙報道も出現。上値を追ってまでは買わないものの、下値には買いが集まる相場になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:45 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は「未定」の業績予想を9日発表と一部で伝えられ上げ一服

 トヨタ自動車<7203>(東1)は6日、軟調な始まりとなり、4日ぶりに反落基調の始まりとなった。現在「未定」としている今3月期の業績予想を9日の午後に発表と一部で伝えられ、やや様子見の雰囲気が漂った。もっとも、株価は昨日、売買代金1位の活況で約1カ月ぶりに2600円台を回復したため、一服しても当然と冷静な受け止め方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース