[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/29)ヨータイは「K氏」筋介入実績から新値圏に進むことができるかどうか注目
記事一覧 (11/29)日清製粉グループ本社がホソカワミクロンとの提携を好感し高値引け
記事一覧 (11/29)シチズンHLDは円安や国際競争力を評価し戻り高値
記事一覧 (11/29)関西電力は本日も筆頭株主「大阪市」新市長の動向を気にし軟調
記事一覧 (11/29)【話題株】「再仕掛けのタイミング」待つラサ工業、師走でひと相場期待
記事一覧 (11/29)富士フイルムはオリンパスの内視鏡事業との関連で憶測と思惑
記事一覧 (11/29)前日配当落ちのティムコ反発、釣り・登山用品引き続き堅調
記事一覧 (11/29)HOYAはタイのレンズ工場の操業再開を好感し連日出直る
記事一覧 (11/29)イワキ反発、引き続き頑強、PERわずか3倍、下値不安ない
記事一覧 (11/29)カシオ計算機はSMBC日興証券の積極評価受け3週ぶり460円台
記事一覧 (11/29)戸田工業が日立グループの次世代電池事業を思惑材料に連日高
記事一覧 (11/29)日ケミコンがマツダの新エネルギーシステムを材料に連日高
記事一覧 (11/29)エス・バイ・エルは続伸、三栄建築設計との提携など話題性十分
記事一覧 (11/29)大同特殊鋼が高性能磁石を材料に値上がり率4位前後の急伸
記事一覧 (11/29)ディー・エヌ・エーがプロ球団承認やネクソン上場に期待強め続伸
記事一覧 (11/29)ゲンキーは3日続伸、11月月次売上高の連続プラスで新規2店舗も好調
記事一覧 (11/29)カメイは年初来高値を更新!復興・節電需要関連株買いが増勢
記事一覧 (11/29)新日本理化が「K氏」銘柄の観測と材料株物色に乗り高値更新
記事一覧 (11/29)ネットワンシステムズはクラウド導入の動きが好業績を支える
記事一覧 (11/29)オリンパスは1000円台を回復し小反発でもみ合う
2011年11月29日

ヨータイは「K氏」筋介入実績から新値圏に進むことができるかどうか注目

 ヨータイ<5357>(大1)は29日、一時16円高の445円まで上げたが17安の412円と続落した。株価は9月5日に488円と大きく年初来高値を更新したあと10月5日の直近安値303円から活況感にあふれた相場を見せている。市場では有力筋介入が予想外の株価上昇につながったとする見方が多い。過去に「K氏」筋が介入した実績があることで新値圏に進むことができるかどうか注目されるところだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:40 | 株式投資ニュース

日清製粉グループ本社がホソカワミクロンとの提携を好感し高値引け

■日清エンジニアリングと「粉体」関連を拡大

 日清製粉グループ本社<2002>(東1)は29日の14時に粉体技術のホソカワミクロン<6277>(東1)との業務提携を発表。株価は動意を強め、終値は本日の高値の913円(13円高)となった。グループ会社の日清エンジニアリングとホソカワミクロンが、プラントエンジニアリングサービス、機器販売、受託加工などの分野で提携する。ホソカワミクロンも堅調で、発表後に387円(12円高)まで上げ、終値は384円(9円高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:35 | 株式投資ニュース

シチズンHLDは円安や国際競争力を評価し戻り高値

■時計事業の高収益を見直す

 シチズンホールディングス<7762>(東1)は29日の後場一段高となり、大引け間際に446円(24円高)まで上げ、11月14日につけた戻り高値を更新。終値も443円(21円高)と続伸。信用倍率が1.2倍前後と拮抗して需給妙味があり、NY株の大幅高や円安基調を材料に買い戻しを誘う形で上値を追った。市場には、第2四半期決算(4〜9月)で時計事業の営業利益が会社側の見込みを上回ったことなどを評価し、海外勢に負けない事業を展開している企業として見直す動きがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:24 | 株式投資ニュース

関西電力は本日も筆頭株主「大阪市」新市長の動向を気にし軟調

■原発政策を懸念するが株価下落は望まないだろうと期待

 関西電力<9503>(東1)は29日、小幅続落となり、前場の1112円(20円安)を下値に一進一退。終値も1121円(11円安)だった。筆頭株主は「大阪市」。前週末に投開票の大阪府・大阪市ダブル選挙で橋下徹前知事らが当選し、「脱原発」など、原子力発電に対する姿勢がどうなるか、昨日に続き模様ながめムードが広がっていた。ただ、市場には、市としては筆頭株主の立場から株価の下落は望まないだろうとの期待があった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:10 | 株式投資ニュース

【話題株】「再仕掛けのタイミング」待つラサ工業、師走でひと相場期待

■出来高が再び増えてきたら注目

話題株 人気株のラサ工業<4022>(東1)は、去る17日と18日の2日間の大商いのあとは、商いが減って「様子見」といえる動き。「師走相場で、同社株には動きやすい地合いにある。17〜18日に仕掛けたとされる「K筋」が、再び、どこで姿勢を高めるかが見所だろう。いったん、手がけた以上、放置したままということは考え難い」(中堅証券)。29日終値は変わらずの126円。

 今3月期は前期比5.2%減収、営業利益1.7%増益、1株利益14.5円の見通し。無配。材料としては、機械事業において「破砕関連機械」が、ガレキ処理で期待できるということがある。年初来高値は3月2日の177円。出来高が再び増えてきたら注目だろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:13 | 株式投資ニュース

富士フイルムはオリンパスの内視鏡事業との関連で憶測と思惑

 富士フイルムホールディングス<4901>(東1)は29日の後場一段高となり、14時56分には1851円(105円高)一説では、オリンパス<7733>(東1)の内視鏡事業に関する買収の憶測や思惑が出ているようだ。これに関しては、協和発酵キリン<4151>(東1)との合弁事業を発表した11月16日に、トップが「とやかく言うことは時期尚早」と述べたとの通信社報道が出回ったため、否定はしていないと注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:06 | 株式投資ニュース

前日配当落ちのティムコ反発、釣り・登山用品引き続き堅調

 釣り用品のティムコ<7501>(JQS)は、12円高の567円と4日ぶりに反発。前日に11月期の配当(年22.5円)を落とし安値が552円まであり直近での下値のフシ552円(9月27日)へ面あわせしたことで押し目買いが入った。

 2011年11月期は、前期比2.0%増収、営業利益2.2倍、1株利益3.9円の見通し。東日本地区において海釣りで一時的に震災による自粛ムードはあったものの、釣竿は引き続き堅調。トレッキング(登山)用品も健闘。来期(2012年11月期)についても増益が見込めそうだ。基本的には2010年1月以降、600円を挟んだモミ合い相場が継続。600円以下は仕込んで待てば上値650〜670円が見込まれるだろう。

>>ティムコのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:53 | 株式投資ニュース

HOYAはタイのレンズ工場の操業再開を好感し連日出直る

 HOYA<7741>(東1)は29日の後場も堅調に推移し、14時15分を回っては1620円(38円高)台。操業を停止していたタイのレンズ工場の再開を28日に発表したことが材料視されており、前場は1630円(48円高)まで上げた。操業を再開したのはパトムタニ県の製造拠点。別に、アユタヤ県の拠点は操業を停止したままという。株価は11月24日に直近の安値1537円をつけたあと連日高で出直る動きになっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

イワキ反発、引き続き頑強、PERわずか3倍、下値不安ない

 医薬品商社のイワキ<8095>(東1)は、5円高の185円と前日の4円安から反発。引き続き、高値229円(8月1日)と安値133円(3月15日)の中間値(181円)を上回る水準でのモミ合い。業績は好調。第3四半期(12月〜8月)を終えた時点での今11月期見通しは、前期比7.1%増収、営業利益2.8倍、1株利益59.9円の見通し。配当は年6円の予定。

 医療用医薬品で、夏場の電力使用抑制に伴う暑さによる皮膚関連疾患の増加により主力の外皮用剤が好調。医薬品原料もジェネリック医薬品原料が引き続き拡大。来期の事業環境も明るいようだ。PERは3.0倍とかなりの割安が目立つ。下値不安はなく仕込んで待つのがよいだろう。

>>イワキのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:06 | 株式投資ニュース

カシオ計算機はSMBC日興証券の積極評価受け3週ぶり460円台

 カシオ計算機<6952>(東1)は29日の後場も堅調で、14時を回っては462円(13円高)。SMBC日興証券が投資判断を「2」から「1」に引き上げ、目標株価は600円から650円に見直したことを材料に強い値動きとなっている。前場は464円(15円高)まで上げた。株価は11月8日以来の460円台回復。下げ基調が長いこともあり、当面は500円台に乗れば戻り売りが厚くなるとの見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:05 | 株式投資ニュース

戸田工業が日立グループの次世代電池事業を思惑材料に連日高

 戸田工業<4100>(東1)は29日の後場寄りに一段上値を追い、646円(33円高)まで上げたあとも644円前後で堅調推移。2日続けて出直りを強める相場になっている。リチウムイオン電池材料が電気自動車向けに拡大。25日に日立化成工業<4217>(東1)新神戸電機<6934>(東1)の完全子会社化を発表し、日立グループの次世代電池関連事業の再編強化が進むことから、連想と思惑が広がった。株価は、650円を回復すれば9月16日以来になり、これまでの低迷相場から新たな相場の波動がうかがえると期待されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:19 | 株式投資ニュース

日ケミコンがマツダの新エネルギーシステムを材料に連日高

 日本ケミコン<6997>(東1)は29日の後場275円(8円高)前後で推移し、前場の高値278円に続いて続伸相場を継続。マツダ<7261>(東1)の「減速エネルギー回生システム」にEDLC(電気二重層キャパシタ)を供給する見通しと28日付けの電波新聞で伝えられたことが本日も材料になった。株価は、24、25日に243円をつけたあと出直りはじめたばかりのため、しばらくは強基調との期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:06 | 株式投資ニュース

エス・バイ・エルは続伸、三栄建築設計との提携など話題性十分

 エス・バイ・エル<1919>(東1)は29日、8円高の198まで上げて続伸している。株価は、8月以降、階段状に上値を追う上げ相場となっており、11月10日に213円の高値をつけた。高値をつけたあとは、微調整型の中段もちあいとなっている。

 同社は25日大引け後に、三栄建築設計<3228>(東2)とともに業務提携を発表。都市部での狭小住宅市場への参入のために狭小3階建住宅に特化した新構法・システムを開発しているエスバイエルが、首都圏の木造3階建住宅でシェアを約6%獲得している三栄建築設計へ工場生産のパネルを供給するとともに、エスバイエルの新構法・システムも使用し、事業回転率の早期化や、リーズナブルな価格で提供する住宅領域の拡大を図り、両社事業のシナジー効果を高めて事業の効率化を図ることを目的にしている。

 エス・バイ・エルは10月にヤマダ電機<9831>(東1)の子会社になり、自然エネルギー発電や省エネ設備などを設けた次世代スマートハウス事業を展開。これに三栄建築設計が加わり話題性十分となってきた。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

大同特殊鋼が高性能磁石を材料に値上がり率4位前後の急伸

 大同特殊鋼<5471>(東1)は29日の前場、急伸となり、朝方499円(40円高)まで上げたあとも491円(32円高)前後で推移。東証1部の値上がり率4位前後に入った。三菱商事<8058>(東1)や米資源大手モリコープ社とともに、高性能磁石「ネオジム磁石」を合弁生産と今朝の日本経済新聞が伝えたことを材料視する相場になった。合弁生産では、従来品と同等の磁力ならネオジムの使用量が3割以上、ジスプロシウムが半分に減りコストを3割削減できるといい、中国への依存からの脱却に期待がかかっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:10 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーがプロ球団承認やネクソン上場に期待強め続伸

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は29日、2280円(13円高)で寄ったあと2346円(79円高)と続伸基調。プロ野球の球団オーナー会議が12月1日に開かれる予定と伝えられ、横浜ベイスターズの買収承認に期待が広がっている。また、本日はグリー<3632>(東1)も高く、12月14日に東証に新規上場する韓国の交流ゲーム運営企業・ネクソンを意識する相場との見方もある。ディー・エヌ・エーの株価は11月22日の2104円を安値に戻り足となっており、自律反騰にとどまると見ても2500円台回復は見込めるとの期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

ゲンキーは3日続伸、11月月次売上高の連続プラスで新規2店舗も好調

 ゲンキー<2772>(東1)は29日、51円高の1740円まで上げて3日続伸している。24日大引け後に今年11月度の月次営業速報を発表、連続してプラスとなったことを好感して内需関連の割安株買いが再燃している。

 11月度月次売上高は、既存店が前年同月比6.2%増と今6月期入りした7月以来の前月比連続プラスで、これに新規出店した2店舗を加えた全店でも17.8%増と連続プラス幅を拡大した。11月までの5カ月累計でも、既存店は4.2%増、全店でも15.4%増と好調に推移した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:34 | 株式投資ニュース

カメイは年初来高値を更新!復興・節電需要関連株買いが増勢

 カメイ<8037>(東1)は29日、12円高の634円まで上げて年初来高値を更新した。株価は、大震災発生で突っ込んだ上場来安値225円から復旧・復興特需思惑で底上げ、8月の1回目の上方修正では3割高し、11月の再増額では1割強の上値追いとなった。PER5倍台と割安。東北地方を地盤とする総合商社の同社に復興・節電需要関連株買いが増勢となっており、11月11日に再上方修正され、今3月期純利益が、7期ぶりに過去最高を更新することも見直されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:17 | 株式投資ニュース

新日本理化が「K氏」銘柄の観測と材料株物色に乗り高値更新

 新日本理化<4406>(大1)は29日、大幅続伸となり、752円(30円高)で寄ったあと798円(76円高)まで上昇。25日につけた高値782円を更新した。業績は好調の見込みで、仕手筋の大物「K氏」関連銘柄の中でも本命株との見方が出ている。今朝の全体市場はNY株式が291ドル高となった割に、日経平均の上げ幅が100円前後にとどまっているため、材料株や仕手系株を物色する動きが活発になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:12 | 株式投資ニュース

ネットワンシステムズはクラウド導入の動きが好業績を支える

 ネットワンシステムズ<7518>(東1)は29日、3000円高の19万5000円まで上げて反発している。来2013年3月期も大幅続伸が想定されているだけに14倍台のPERも割高ではなくなるとの見方が強くなっているようだ。

 同社はネット経由でシステムを利用するクラウドコンピューティングに注力している。スマートフォン等の普及を背景とした通信量の急増による通信設備の投資需要を取り込み、主要顧客のNTTドコモ<9437>(東1)KDDI<9433>(東1)などからの受注を大幅に増やした。東日本大震災を機に、システム分散の重要度は増しており、クラウド導入の動きが加速しつつあることも好業績を支える。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース

オリンパスは1000円台を回復し小反発でもみ合う

 オリンパス<7733>(東1)は29日、小反発となり、1000円台を回復。1000円(10円高)で寄ったあとは1059円(69円高)から997円(7円高)でもみ合う相場になっている。信用需給は、依然、取り組み妙味が拮抗状態で、25日現在の売り残は買い残の1.2倍。少々の材料で大きく振れやすい状態となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 株式投資ニュース