[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/25)日立化成工業がタッチパネル部材を材料に後場も強調相場
記事一覧 (11/25)トヨタ自動車が円安受け後場ジリ高基調
記事一覧 (11/25)カルビーは業績減額の値幅調整終わり下げ過ぎ訂正で反発
記事一覧 (11/25)オカダアイヨンは復興需要本格化で大幅増益業績を見直し急反発
記事一覧 (11/25)キャンドゥは業績再上ぶれ期待を高め内需株買いが続き高値肉薄
記事一覧 (11/25)オリンパスは続伸のまま売買交錯!取締役会の議論に思惑錯綜
記事一覧 (11/25)きちりはまたもストップ高、今度は業績上ぶれ観測報道が追撃材料
記事一覧 (11/25)エルピーダメモリはSMBC日興証券の積極評価あり続伸基調
記事一覧 (11/25)武田薬品工業98年のフシ切り3000円へ急接近、利回りは5.9%へ
記事一覧 (11/25)任天堂は「3DS」販売復調報道を受け安値水準から急反発
記事一覧 (11/25)パナソニックは海外でのスマホ展開に期待し切り返す
記事一覧 (11/25)三菱鉛筆は自己株式取得・立会外買付に自己株式消却加わり反発
記事一覧 (11/25)ゲンキーは11月月次売上高の連続プラスで内需割安株買い再燃し急反発
記事一覧 (11/25)ヤマダ電機はリサイクル会社をスポンサー支援も反応は薄く続落
記事一覧 (11/25)新高値数は大証1部が東証1部上回る、9時半現在、好需給で
記事一覧 (11/25)ゴールドウインが「宇宙素材」を見直す相場で戻り高値
記事一覧 (11/25)ニコンがデジタルカメラの代替生産を材料に急反発
記事一覧 (11/25)【銘柄診断】五洋建設は震災需要が本格化、株価は業績再増額を取り込む展開へ
記事一覧 (11/25)オリンパスは本日も買い気配!ストップ値幅は300円高の1319円
記事一覧 (11/24)【話題株】エスエムエスは続落も市場変更思惑が底流し安値買い妙味も
2011年11月25日

日立化成工業がタッチパネル部材を材料に後場も強調相場

 日立化成工業<4217>(東1)は25日の後場も強調相場を続け、14時30分にかけては1395円(45円高)前後で推移。同社のタッチパネル部材「ファインセット」の2012年3月期の売上高が前期比4倍の120億円前後になりそうだと今朝の日本経済新聞が伝えたことを材料視する相場になり、前場1403円(53円高)まで上げたあとも堅調に値を保っている。1400円回復は11月9日以来。出直り相場の中で、微調整から反発してきたため、強さを見直す雰囲気があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:31 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車が円安受け後場ジリ高基調

 トヨタ自動車<7203>(東1)は25日の後場ジリ高基調となり、14時にかけては本日現在高の2434円(58円高)。円相場が対ユーロで朝方の102円台から103円台に戻る円安基調になったため、見直し買いが広がったようだ。昨日2330円の安値をつけたばかりのため、週末売買日に特有の買い戻しと醒めた見方はあるものの、2500円台を回復すれば、25日移動平均を回復し、テクニカル的な形が良くなるとの見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:03 | 株式投資ニュース

カルビーは業績減額の値幅調整終わり下げ過ぎ訂正で反発

 カルビー<2229>(東1)は25日、35円高の3365円と反発している。同社株は、今年10月28日に発表した今3月期第2四半期(2Q)累計決算が2ケタ減益転換するとともに、3月通期経常利益を下方修正、株価は上場来高値3950円から700円幅の調整となったが、値幅調整終了として売り方の買い戻しを交えて下げ過ぎ訂正買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:47 | 株式投資ニュース

オカダアイヨンは復興需要本格化で大幅増益業績を見直し急反発

 オカダアイヨン<6294>(大2)は25日、6円高の270円と変わらず、出来ずを含めて7営業日ぶりに急反発し、3月24日につけた年初来高値300円を視界に捉えている。東日本大震災の被災地のがれき処理で東京都などへの一部広域処理が始まったことから、同社の油圧ブレーカー(砕石機)やクラッシャー(破砕機)などの建設機械への復興需要が本格化するとして低位値ごろの割安株買いが再燃しており、今年11月4日の今3月期業績の上方修正・大幅続伸も見直されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:42 | 株式投資ニュース

キャンドゥは業績再上ぶれ期待を高め内需株買いが続き高値肉薄

 キャンドゥ<2698>(東1)は25日、前場600円高の8万6500円と反発し、11月17日につけた年初来高値8万6800円に肉薄し、後場も高値圏で堅調に推移している。11月10日に発表した10月度の月次売上高速報で、既存直営店の売り上げが連続プラスをキープしたことから、今11月通期業績の再上ぶれ期待を高めて内需株買いが増勢となっており、売り長で逆日歩のつく信用好需給もフォローの材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:39 | 株式投資ニュース

オリンパスは続伸のまま売買交錯!取締役会の議論に思惑錯綜

 オリンパス<7733>(東1)は25日の後場寄り後も続伸のまま売買交錯となり、寄りあと1263円(244円)をつけ、13時を回っては1200円(181円高)前後で推移。前引けに続き、東証1部の売買代金1位を保っている。後場は、来日して同社の取締役会に出席したウッドフォード元社長が、自身の社長復帰については議論されなかったことなどを明らかにしたと通信社報道などで伝えられ、強気・弱気が錯綜。信用売り残と買い残の需給で高下する相場になっている。前場は1276円まで上昇。本日のストップ高は300円高の1319円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:09 | 株式投資ニュース

きちりはまたもストップ高、今度は業績上ぶれ観測報道が追撃材料

 きちり<3082>(JQG)は25日、寄り付きの買い気配から3万円高の15万6000円とストップ高して3営業日ぶりに急反発し、11月22日につけた年初来高値17万2800円を意識している。きょう25日付けの日本経済新聞で、同社の今6月期経常利益が、期初予想の3億円を1億円上回り前期比2.2倍増の4億円程度になると観測報道されたことが、11月21日に同社が発表した体脂肪メーカーのタニタとの業務提携、新型レストラン出店に次ぐ追撃材料となって割安修正買いを再燃させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:07 | 株式投資ニュース

エルピーダメモリはSMBC日興証券の積極評価あり続伸基調

 エルピーダメモリ<6665>(東1)は25日の前場、400円(45円高)まで上げたアトもしっかりの相場となり、3日続伸基調。SMBC日興証券が投資判断を「2」から「1」に引き上げたと伝えられことを好感。22日の安値310円から持ち直した。このところは、タイの洪水災害によるHDD(ハードディスク駆動装置)工場の操業停止、サプライチェーンの寸断などを悪材料に軟調だっただけに、買い安心感が広がった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

武田薬品工業98年のフシ切り3000円へ急接近、利回りは5.9%へ

 薬品株の指標的存在の武田薬品工業<4502>(東1)は、20円安の3020円まで下げ、下値のフシとみられていた1998年3月の3030円を下回った。これで、3000円を維持できるかどうかに注目が集まっている。仮に、大台を割り込めば1997年6月以来となる。信用買残が急膨張方向にある。

 救いは株価の高値圏で信用買残が増えているのではなく、株価が3500円を割ったあたりからの下げ過程で増えている。4000円前後からの下げが急ピッチになっていることから戻りを狙って、信用買いを使った買いが入っているものとみられる。年180円配当に対する利回りが今朝の段階で5.9%と高いことも下値に対する安心感としてあるものとみられる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:50 | 株式投資ニュース

任天堂は「3DS」販売復調報道を受け安値水準から急反発

 任天堂<7974>(大1)は25日、500円高の1万1350円まで上げて3営業日ぶりに急反発している。10月27日につけた年初来安値1万680円に並ぶ安値水準から底上げをしている。きょう25日付けの日本経済新聞で、同社の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の販売が、ゲームソフト「スーパーマリオ」シリーズの好調な売れ行きでも盛り返してきたと報道されたことを手掛かりに、下げ過ぎ訂正買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:36 | 株式投資ニュース

パナソニックは海外でのスマホ展開に期待し切り返す

 パナソニック<6752>(東1)は25日、堅調相場となり、696円(10円高)まで上げて3日続伸基調。朝方の677円(9円安)を下値に切り返した。手がかり材料としては、海外の携帯電話市場に再参入し、2012年春に欧州市場でスマートフォンを発売する計画、と今朝の日本経済新聞が伝えたことがある。株価は22、24日に662円の安値をつけており、700円台は回復して欲しいとの期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:32 | 株式投資ニュース

三菱鉛筆は自己株式取得・立会外買付に自己株式消却加わり反発

 三菱鉛筆<7976>(東1)は25日、22円高の1348円まで上げて反発している。前日24日大引け後に自己株式取得・立会外買付取引と、自己株式消却を発表、好感して割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:30 | 株式投資ニュース

ゲンキーは11月月次売上高の連続プラスで内需割安株買い再燃し急反発

 ゲンキー<2772>(東1)は25日、176円高の1610円まで上げて9営業日ぶりに急反発している。前日24日大引け後に今年11月度の月次営業速報を発表、連続してプラスとなったことを手掛かりに内需関連の割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機はリサイクル会社をスポンサー支援も反応は薄く続落

 ヤマダ電機<9831>(東1)は25日、100円安の5300円で寄り付き、変わらずを含めて8営業日続落している。前日24日大引け後に民事再生手続開始申立てを行った東金属(東京都江戸川区)へのスポンサー支援契約の締結を発表、今年8月のエス・バイ・エル<1919>(東1)への株式公開買い付け(TOB)時の株価上昇再現思惑が期待を高めたが、再現は不発で利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

新高値数は大証1部が東証1部上回る、9時半現在、好需給で

 9時30分時点で、大証1部の新高値数は7社と、同時刻での東証1部の新高値2社を上回っている。新日本理化<4406>神東塗料<4615>イソライト工業<5358>大紀アルミニウム工業所<5702>モリテック スチール<5986>サノヤスホールディングス<7022>オークワ<8217>。これまで、大きく活躍しなかったことからシコリも少ない。全般手詰まり感の中で、こうした出遅れ銘柄が物色されるものとみられる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:06 | 株式投資ニュース

ゴールドウインが「宇宙素材」を見直す相場で戻り高値

 ゴールドウイン<8111>(東1)は25日、大幅続伸となり、292円(15円高)と戻り高値を更新。輸出関連株などの主力株が重いこともあり、材料性のある軽量株物色が活発化。この中で、JAXA(宇宙航空研究開発機構)との共同開発になる新素材を活用した加齢臭カット素材などが、22日に地球に帰還した宇宙飛行士・古川聡氏のニュースなどによって見直されている。2月につけた年初来の高値333円が当面の上値メドになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース

ニコンがデジタルカメラの代替生産を材料に急反発

 ニコン<7731>(東1)は25日、反発の始まりとなり、1714円(21円高)で寄ったあと1748円(55円高)。タイの洪水被害で工場が操業停止したデジタル一眼レフカメラの代替生産を1カ月近く前倒しし、11月末から開始と伝えられたことが好感されている。当初は、開始が12月下旬頃の予定だった。株価は10月下旬の1604円から出直り相場になり、1800円代を回復したあと微調整に転じていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

【銘柄診断】五洋建設は震災需要が本格化、株価は業績再増額を取り込む展開へ

銘柄診断 五洋建設<1893>(東1)は8月9日のダメ押し安値144円を起点に勢いのある上昇相場に突入し11月9日には267円の年初来高値を示現した。

 新規工事を含む手持工事が順調に進み、今2012年3月期中間決算の営業利益は期初の5億円を大きく上回る46億3300万円(前年同期28億5800万円)に達した。それにも関わらず今3月期については営業利益95億円、前期比2.9%減の見通しを据え置いている。

 下期には震災復興関連受注が拡大するとみているが、その規模、利益率が不透明であることなどから、今期計画には織り込んでいないとされるだけに、今後の再増額は必至だし、株価もそれを先取りする動きとなっている。

 総額12兆円規模の第3次補正予算が成立し、復興需要が本格化する。良好な環境は今3月期後半から来2013年3月期へ引き継がれるだけに、業績も時間の経過につれさらに上昇の方向が予想される。株価も新値圏への切り返しに余力がうかがえる足取りだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース

オリンパスは本日も買い気配!ストップ値幅は300円高の1319円

 オリンパス<7733>(東1)は25日も買い気配で始まり、1049円(30円高)の気配でスタート。解任されたマイケル・ウッドフォード元社長が23日に来日し、昨日は自身を除く全取締役の退任を求めるなどしたことを材料視。昨日は、ゴールドマン・サックスグループが同証券など3社でオリンパス株式を6.67%保有していることが伝えられ、午後に150円高のストップ高となった。本日のストップ高は1319円(300円高)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2011年11月24日

【話題株】エスエムエスは続落も市場変更思惑が底流し安値買い妙味も

話題株 エス・エム・エス<2175>(東マ)は、11月17日に12月9日付けでの東京証券所からの東証1部・2部市場への市場変更(所属部未定)を承認され、同時に株式売出しも発表、株式需給悪化を嫌って大陰線を引き、安値固めが続いている。所属部は、11月28日から12月1日までの間の売出し価格決定次第で決定することから、東証1部指定替えの可能性もあると思惑が底流、下値には下げ過ぎ訂正の打診買いも続いている。

 今3月期業績が、今年9月に上方修正され、過去最高純利益の連続更新幅を拡大することも支援材料視されている。同社は、インターネットを通じて介護・医療業界に特化する人材紹介・求人広告事業などを展開しており、相次いで同業他社を買収した効果で今期業績を上方修正、通期純利益は、期初予想の9億2500万円から9億5600万円(前期比9%増)に引き上げられて前期の過去最高を連続更新する。11月に発表した第2四半期累計業績は、この9月の増額値を上回って着地しており、通期業績の再上ぶれも期待されている。

 株価は、9月の業績増額で8万円台にタッチしたが、株式売出し発表とともに6万7600円まで3600円安した。PERは7倍台と下げ過ぎで、安値逆張り余地を示唆している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:33 | 株式投資ニュース