[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/28)JTは政府の「完全売却」を好感し高値を更新
記事一覧 (09/28)サッポロホールディングスは1〜9月期好調の観測で上値試す
記事一覧 (09/28)【上方修正株】J.フロントは業績再上方修正で値ごろ内需株買いが再燃し急反発
記事一覧 (09/28)【上方修正株】京阪電気鉄道は高値肉薄、2Q業績上方修正で売り方の買い戻し先行
記事一覧 (09/27)【上方修正株】パスポートは業績増額・増配で減益率・減配幅を縮めて反発
記事一覧 (09/27)エナジーサポートが1株利益倍増の増額修正で割高感薄まる−−引け後のリリース
記事一覧 (09/27)らでぃっしゅぼーやが経費抑制などにより利益予想を増額修正
記事一覧 (09/27)ユニーは既設店が好調で利益率も改善し業績予想を増額修正
記事一覧 (09/27)アンリツは純利益倍増の業績増額を見直し下げ過ぎ訂正で急反発
記事一覧 (09/27)【話題株】カシオ計算機はニコンの「侵略」懸念にも底堅く本日は高値引け
記事一覧 (09/27)【話題株】売買再開のサンシティは民事再生手続き開始を嫌いストップ安気配
記事一覧 (09/27)【話題株】カカクコムはヤマダ電機のネット通販「値引き交渉」で出番と急反発
記事一覧 (09/27)【話題株】東証マ新規上場のKLabは買い物を集めて3970円で初値をつける
記事一覧 (09/27)TOTOは復興需要の第2段階や3次補正予算に期待を強めて戻り高値
記事一覧 (09/27)【上方修正株】ITCNは業績上方修正で好配当利回り買いを刺激し高値を窺う
記事一覧 (09/27)事業再生の明豊エンタープライズは上場維持の余地あり下げ渋る
記事一覧 (09/27)アンリツは純利益倍増の業績増額を見直し下げ過ぎ訂正で急反発
記事一覧 (09/27)京阪電気鉄道は高値肉薄、2Q業績上方修正で売り方の買い戻し先行
記事一覧 (09/27)本日2部上場のステップ堅調!JASDAQは上場廃止を申請
記事一覧 (09/27)インフォメーションクリエーティブ 株価は、株式市場が低迷する中で、高値圏で推移
2011年09月28日

JTは政府の「完全売却」を好感し高値を更新

 JT<2914>(東1)は28日、37万5000円(8000円高)で寄ったあと39万6500円(2万9500円高)まで上げ、9月20日につけた年初来の高値を更新する始まりとなった。政府が復興増税の財源捻出に向け、当社株の完全売却などを決定と伝えられ、民営化による収益拡大などに期待が集まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース

サッポロホールディングスは1〜9月期好調の観測で上値試す

 サッポロホールディングス<2501>(東1)は28日、上値を試す始まりとなり、285円(1円高)でスタート。1〜9月期の連結営業利益が前年同期比約2割増の115億円程度になる見通し、と今朝の日本経済新聞が伝えたことが注目された。3月に連結子会社化したポッカコーポレーションが利益を押し上げるという。 

 ポッカの子会社化効果に加え、飲料事業や不動産事業も増益に寄与。飲料事業は東日本大震災後にミネラルウオーターが好調だったうえ、炭酸飲料や無糖系飲料も伸び、3月に発売したノンアルコールビール飲料「プレミアムアルコールフリー」も8月までの販売数量が75万ケースと好調という。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース

【上方修正株】J.フロントは業績再上方修正で値ごろ内需株買いが再燃し急反発

上方修正銘柄 J.フロント リテイリング<3086>(東1)は27日、19円高の348円と急反発した。26日大引け後に今年6月に続いて今2月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の再上方修正を発表、通期利益の減益転換率をさらに縮めることが、低位値ごろに内需株買いを再燃させた。

 業績再増額のうち2月通期業績は、売り上げを6月増額値より10億円、経常利益を23億円、純利益を16億円それぞれ引き上げ、純利益は、76億円(前期比14%減)と減益転換率を縮める。

 2Q業績が、百貨店事業の堅調な売り上げ推移や経費削減効果で上ぶれ、2Q業績を踏まえて2月通期業績も再上方修正した。

 株価は、前回6月の業績上方修正に銀座松坂屋の再開発計画提案をテコに390円の戻り高値まで40円高し、倍返しの調整となり300円台下位でのもみ合いが続いた。PERは23倍台と割高だが、PBR0.5倍と割り負けており、売り方の買い戻しを支援材料に下げ過ぎ訂正が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:03 | 株式投資ニュース

【上方修正株】京阪電気鉄道は高値肉薄、2Q業績上方修正で売り方の買い戻し先行

上方修正銘柄 京阪電気鉄道<9045>(大1)は27日、11円高の381円まで上げて7円高の377円と反発し、9月16日につけた年初来高値384円に肉薄した。26日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、減益転換率を縮小することが売り方の買い戻しを誘い内需株買いを再燃させた。

 2Q業績は、売り上げを期初予想より10億円、経常利益を15億円、純利益を12億円それぞれ引き上げ、純利益は、37億円(前期比9%減)と連続減益率を縮める。

 不動産販売業で物件の早期販売が実現し、不動産賃貸業でも賃貸ビルの新規取得時期が早まって売り上げが上ぶれ、経費の下期への繰り延べも加わり上方修正につながった。

 3月通期業績は、2Q決算発表時に公表するとしており、期初予想では純利益を57億円(前期比12%減)と減益転換を見込んでいる。

 株価は、300円台下位の下値固めから今期第1四半期の利益高進捗率業績や京都センチュリーホテル買収などを買い手掛かりに年初来高値まで下値を切り上げ、信用売り残も積み上がり信用倍率が0.09倍と大きく売り長となっている。投資採算的には割安感は小さいが、売り方の買い戻し主導で上値追いが続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:07 | 株式投資ニュース
2011年09月27日

【上方修正株】パスポートは業績増額・増配で減益率・減配幅を縮めて反発

上方修正銘柄 パスポート<7577>(JQS)は27日、6円高の250円まで上げて3円高の247円と反発した。26日大引け後に今2月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の上方修正と期末配当の増配を発表、減益転換率と減配幅を縮めることが内需関連の割安修正買いを再燃させた。

 業績修正のうち2月通期業績は、4月開示の予想値より売り上げを3億円、経常利益を8000万円、純利益を5000万円それぞれ引き上げ、純利益は、2億円(前期比27%減)と前期の過去最高からの減益転換率を縮める。

 東日本大震災の影響で厳しい状況が続くと想定していたが、商品開発で「カワイイ」商品づくりと「楽しい」商品の品揃えの推進や、利益重視の経営継続で上方修正につながった。

 期末配当は、4月に6円(前期実績10円)と減配を予想したが、8円に増配して減配幅を縮める。

 株価は、東日本大震災発生で年初来安値140円まで突っ込み、下げ過ぎ訂正と今期第1四半期の高利益進捗率業績をテコに256円まで底上げして高値もみ合いを続けてきた。PER6倍台、PBR0.8倍、配当利回り3.2%の割安修正で一段の戻りを試そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:04 | 株式投資ニュース

エナジーサポートが1株利益倍増の増額修正で割高感薄まる−−引け後のリリース

■大震災の影響は比較的軽微

引け後のリリース、明日の1本 電力向け機器のエナジーサポート<6646>(大2)は27日の大引け後、業績予想の増額修正を発表。大震災の影響が比較的軽微だったとして、3月通期の予想は、売上高を128億円から134億円(前期実績は142.8億円)に、純利益は1.7億円から3.3億円(同3.2億円)に増額した。予想1株利益は7円49銭から14円54銭に見直した。

 同社は、日本ガイシ<5333>(東1)グループの電力機器メーカー。株価は薄商い気味で、27日は朝寄り値の182円(10円高)を高値に終値は本日安値の173円(1円高)。ただ、市場全体が下押した昨26日は底堅く、172円の安値引けながら、ここ1カ月間もみ合っている相場(おおむね170円〜180円)でつけた安値167円(8月9日)を割り込む様子はなかった。増額修正により、予想1株利益からみた株価は12倍を下回る水準になり、PER評価での割高感はかなり希薄になったといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:16 | 株式投資ニュース

らでぃっしゅぼーやが経費抑制などにより利益予想を増額修正

■3〜8月期の純利益は赤字大きく縮小

 生鮮野菜や食品などの宅配大手・らでぃっしゅぼーや<3146>(JQS)は27日の大引け後、第2四半期の業績予想(3〜8月)の利益の増額修正を発表。売上高は、大震災を受けた放射性物質の汚染問題の影響などにより、これまでの予想の111.1億円を109.2億円(前年同期は約109億円)に微減額したものの、営業利益は、広告宣伝費の見直しや販売促進費用の抑制などにより、0.65億円から1.74億円(前年同期は0.36億円)に増額、純利益は0.82億円の赤字から0.19億円の赤字に縮小修正した。ただ、通期業績予想は、今後の事業環境が不透明として手をつけなかった。

 27日の株価終値は710円(3円安)。6月以降は高下しながらも右肩上がり基調を続けており、9月に入ってからは700円前後を下値に値固めの動きとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:02 | 株式投資ニュース

ユニーは既設店が好調で利益率も改善し業績予想を増額修正

■もみ合い水準を一段上げて推移

 ユニー<8270>(東1)は27日の大引け後、業績予想の利益増額修正を発表。2月通期の連結営業利益は352億円から387億円(前期実績は約351億円)に、純利益は24億円から48億円(同61億円)に見直した。単体ベースで、第2四半期の「既設店」の売上高が拡大し、前回予想の前年同期比99.0%から0.2%上回り99.2%となり、「荒利益率」も前回予想の24.5%を0.1%上回り24.6%(前期比1.2%改善)となる見込み。

 27日の株価は反発となり、終値は本日高値の723円(22円高)。8月上旬から9月初までの約1ヵ月間は700円を上値にもみ合っていたが、9月中旬からは、もみ合い水準を一段上げて700円を下値にもみ合う相場となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:29 | 株式投資ニュース

アンリツは純利益倍増の業績増額を見直し下げ過ぎ訂正で急反発

 アンリツ<6754>(東1)は27日、40円高の794円と5営業日ぶりに急反発した。今年7月の今3月期業績の上方修正、純利益の2.2倍増益・大幅続伸を見直し、下げ過ぎ訂正買いが再燃しており、スマートフォン関連向け開発用計測機器で好ポジションをキープする時流性も支援材料視されている。

 同社の今期純利益は、第1四半期決算発表の今年7月に早々と上方修正され、純利益は、期初予想の38億円から70億円(前期比2.2倍)に引き上げられた。前期も、期中2回の上方修正を経て前々期比7.9倍純益増益と大きく底上げしているもので、今期もモバイル関連の好環境が、同社業績にフォローとなってなお今期業績の上ぶれ期待にもつながっている。

 株価は、この業績上方修正と配当修正・連続増配に今年3月の安値絶対期日接近による売り方の買い戻しもオンして年初来高値934円まで窓を開けて200円高し、円高、世界同時株安でほぼ往って来いの200円幅の調整をした。PER14倍台の割安修正に再発進しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:59 | 株式投資ニュース

【話題株】カシオ計算機はニコンの「侵略」懸念にも底堅く本日は高値引け

■デジカメはニッチ機能などに国際評価

話題株 カシオ計算機<6952>(東1)は27日、後場一段上値を追う相場となり、終値は本日高値の478円(20円高)。前日比で急反発となった。1部上場1668銘柄のうち、値上がり銘柄数が1535(約92%)に達し、日経平均は高値引けの8609円95銭(235円82銭高)となった相場では当然との見方もあったが、このところの株価は9月13日の449円を安値に底堅い相場となっており、昨日、日経平均が年初来の安値を更新した相場でも下値の固さが目立っていた。

 同社株には、前週、懸念材料が出現。ニコン<7731>(東1)が9月21日、いわゆるミラーレス1眼レフのデジタルカメラを発表し、本格1眼レフ、コンパクトカメラに続く第3のブランドでまず2機種を世界同時発売としたため、コンパクトデジカメ中心のカシオ計算機にとってはユーザー層を「侵略」される心配が広がった。ただ、株価の反応は翌22日も底堅く4円安の467円にとどまり、その後も13日の安値を保って底堅い動きとなった。

 同社のデジカメは国際的にもニッチ(透き間)の機能を中心に評価が高く、8月下旬、欧州の写真・AV機器などの専門誌業界が主催する「EISAアワード2011/2012」で、コンパクトデジカメ「EXILIM(エクシリム)」のフラッグシップ機種が「ヨーロピアン・トラベル・コンパクトカメラ」に選定されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:52 | 株式投資ニュース

【話題株】売買再開のサンシティは民事再生手続き開始を嫌いストップ安気配

話題株 サンシティ<8910>(東1・整理)は27日、前日26日寄り付き前の8時に民事再生手続き開始の申立てを発表、整理ポストを割り当てられるとともに終日、売買停止となり、きょう27日に売買が再開されたが、寄り付きから売り物が殺到、売り買い差し引き15万株を上回る売り物が集まり、9月22日終値に対して300円安の1060円売り気配とストップ安まで売られた。

 民事再生手続き申立ては、同社が、2004年に進出した不動産流動化事業が、2008年のリーマン・ショック以来の金融市場混乱、信用収縮の影響で悪化し、金融機関の融資姿勢も厳格化、昨年5月に一時的な債務超過を特別利益計上で解消し、自主再建を目指したが、なお有利子負債が240億円以上残り、事業計画に新規融資を組み入れる合理的な根拠を示すことが難しいと判断、今年10月以降に返済猶予の承諾を得ることは困難として臨時取締役会決議した。負債総額は248億8800万円に達する。なお今年の上場会社の倒産は、同社で4社目となる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:23 | 株式投資ニュース

【話題株】カカクコムはヤマダ電機のネット通販「値引き交渉」で出番と急反発

■新設サイトも評価され月次に期待

話題株 カカクコム<2371>(東1)は27日、急反発となり、前場3045円(283円高)まで上げたあと、後場も3000円をはさんで堅調推移。ヤマダ電機<9831>(東1)が10月上旬からネット通販での「値引き交渉」に応じると今朝の日本経済新聞が伝えたため、カカクコムの価格比較サイト「価格.com」の出番と期待が広がった。また、同社の月次動向は好調で、9月6日に発表した8月の実績では、グループサイトの月間利用者数が前年同月比22.6%増と絶好調。10月初旬に発表の次回9月分に期待が集まった。
 
 また、本日は、シティグループ証券が26日付けで目標株価を2400円から3300円に引き上げたと伝えられたことも買い材料になった。同社の準主力サイト「食べログ」が好調で、さらに賃貸情報サイトの寄与も評価した模様だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:21 | 株式投資ニュース

【話題株】東証マ新規上場のKLabは買い物を集めて3970円で初値をつける

話題株 KLab<3656>(東マ)が、きょう27日に東証マザーズに新規上場された。公開価格は1700円、公開株式数は92万2500株となっている。寄り付きから買い気配値を切り上げ14時58分に公開価格を2270円(2.33倍)上回る3970円で初値をつけた。大引けは3910円。

 携帯電話の交流サイト(SNS)向けにソーシャルゲームを開発し、人気ソーシャルゲームを配信する時流性のある業態の評価に加えて、業績の急成長が続き、公開価格がPER14倍台と割安なことが買い手掛かりとなっている。

 同社は、ソーシャル事業、SI事業、クラウド&ライセンス事業を展開しており、ソーシャル事業ではSNSプラットフォーム向けに「キャプテン翼」、「恋してキャバ嬢」などの人気コンテンツを有料配信し、アイテム購入料金を受け取るとともに、SI事業ではコンテンツプロバイダー向けにコンテンツやシステムを開発している。

 2011年8月期業績は、売り上げ56億1000万円(前期比90%増)、経常利益9億2200万円(同7.0倍)、純利益5億4100万円(同2.5倍)、1株利益115.6円と推定されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:13 | 株式投資ニュース

TOTOは復興需要の第2段階や3次補正予算に期待を強めて戻り高値

■信用需給から買い戻しの期待も

 TOTO<5332>(東1)は27日の後場も時間とともに上値を追う相場となり、終値は本日高値の657円(32円高)。前日比では急反発となり、6月以降の相場で高値に進んだ。第3次補正予算の増枠観測を受け、復興需要が仮設住宅の整備に続き本格寄与するとの期待があった模様。また、野村證券が目標株価を650円で継続と伝えられたことも買い安心感を誘った。

 同社製品は、海外では上海万博を契機にアジア市場での需要が好調の模様。株式需給は、信用売り残が大幅に買い残を上回る状態のため、株価が戻り高値を取ってきたことで、買い戻しの増加にも期待が広がった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:04 | 株式投資ニュース

【上方修正株】ITCNは業績上方修正で好配当利回り買いを刺激し高値を窺う

上方修正銘柄 アイ・ティー・シーネットワーク(ITCN)<9422>(東1)は27日、7円高の504円と3営業日ぶりに反発し、3月14日につけた年初来高値520円を窺った。きょう27日の今3月期第2四半期の権利付き最終日を前に、前日26日大引け後に発表した今期2Q累計・通期業績の上方修正が、2Q配当取りを刺激し、好配当利回り買いが再燃した。

 業績修正のうち3月通期業績は、期初予想より売り上げを20億円、経常利益を1億5000万円、純利益を9000万円それぞれ引き上げ、純利益は、25億円(前期比9%増)と増益転換率を拡大する。

 東日本大震災や電力不足の影響で携帯電話端末メーカーの生産停滞、商品供給の停滞、消費マインドの減退などで業績下ぶれを懸念していたが、2Q業績が、6月以降の相次ぐスマートフォンの発売で販売が好調に推移して上ぶれ、第3四半期以降もスマートフォン人気で市場が活性化すると見込んで、3月通期業績も上方修正した。

 株価は、年間26.5円配当を評価して好配当利回り買いが下支えとなって500円台を出没する堅調な推移が続いた。業績増額でPERは9倍台と割安となり、2Q配当を取る5.2%の好配当利回り買いが増勢となろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:01 | 株式投資ニュース

事業再生の明豊エンタープライズは上場維持の余地あり下げ渋る

 事業再生ADRを申請したマンション開発の明豊エンタープライズ<8927>(JQS)は27日の後場、46円(17円安)で下げ止まり一進一退。再生計画の提出と、その後一定期間の時価総額基準などをパスすれば大証での上場維持が可能と伝えられ、ストップ安(33円、30円安)には至らなかった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:09 | 株式投資ニュース

アンリツは純利益倍増の業績増額を見直し下げ過ぎ訂正で急反発

 アンリツ<6754>(東1)は27日、37円高の792円と5営業日ぶりに急反発している。今年7月の今3月期業績の上方修正、純利益の2.2倍増益・大幅続伸を見直し、下げ過ぎ訂正買いが再燃しており、スマートフォン関連向け開発用計測機器で好ポジションをキープする時流性も支援材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:59 | 株式投資ニュース

京阪電気鉄道は高値肉薄、2Q業績上方修正で売り方の買い戻し先行

 京阪電気鉄道<9045>(大1)は27日、8円高の378円と反発し、9月16日につけた年初来高値384円に肉薄している。前日26日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、減益転換率を縮小することが売り方の買い戻しを誘い内需株買いを再燃させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:54 | 株式投資ニュース

本日2部上場のステップ堅調!JASDAQは上場廃止を申請

 学習塾のステップ<9795>(JQS)は27日から東証2部に上場。始値496円、高値504円と、前日のJASDAQ終値488円に対し堅調に推移。後場は14時を回り伸び悩み気味だが490円前後での推移となった。また、同社は13時30分、JASDAQ上場廃止の申請(9月28日付)を発表した。1カ月以内に廃止となる見通し。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:31 | 株式投資ニュース

インフォメーションクリエーティブ 株価は、株式市場が低迷する中で、高値圏で推移

■配当狙いの積極買いが株価を押し上げる

インフォメーションクリエーティブのホームページ インフォメーションクリエーティブ<4769>(JQS)の株価は、株式市場が低迷する中で、高値圏で推移している。期末配当22円の予定で、配当狙いの積極買いが株価を押し上げていると思われる。
 依然として、企業のIT設備投資に関する姿勢は慎重であり、コストを削減するために内製化を推進するところも出てきている。更に、震災後は益々先行きが不透明となり、本格的な需要回復には時間を要する状況となっている。
 同社の場合も14期連続増収益達成後、2期連続で減収減益となっている。そのような状況の中で、今期は新に、クラウドコンピューティングへの対応強化を目的にクラウドソリューション部を新設し、サービスの提供を開始している。
 サービス内容は、データセンターサービス、サーバ一台から預かるユニットハウジングサービス、リモート監視運用、Google Apps導入支援、美容室向けのソフト「Coma」のASPサービスを行っている。
 今11年9月期業績予想は、売上高5,703百万円(前期比5.1%増)、営業利益256百万円(同2.6%増)、経常利益280百万円(同10.5%減)、141百万円(同14.1%減)と増収ながら経常・最終利益は減益見込む。

>>インフォメーションクリエーティブのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 株式投資ニュース