[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/05)ウシオ電機は自己株の満額取得に続き100万株の取得を発表−−引け後のリリース
記事一覧 (09/05)ツルハホールディングスとポプラが業務提携を解消
記事一覧 (09/05)ハイデイ日高の「月次」は既存店1.1%減で盛夏にしては好調の見方
記事一覧 (09/05)スクウェア・エニックスは「ドラクエ」最新作など発表するが任天堂と一緒に軟調
記事一覧 (09/05)スカパーJSATが昨年4月以来の4万円台で高値更新
記事一覧 (09/05)【話題株】「紙・パルプ」株が円高効果に期待を広げ業種別2位で堅調
記事一覧 (09/05)ホンダはリコールも手控え要因になり2400円を割る
記事一覧 (09/05)ファーストリテイリングは8期ぶり直営店売上高マイナスに失望し続急落
記事一覧 (09/05)東京ドームは一転して業績を上方修正、極低位株買いが再燃し反発
記事一覧 (09/05)第一生命保険は日経平均8700円台に下げ再び運用益の減少を懸念
記事一覧 (09/05)大京は2Q業績上方修正で極低位値ごろ割安株買いが再燃し急反発
記事一覧 (09/05)泉州電業は3Q好決算も利益確定売りが先行し急反落
記事一覧 (09/05)ストリームは2Q業績上方修正で増益転換し急反発
記事一覧 (09/05)アドアーズがマカオでの1号店を好感し値上がり率1位
記事一覧 (09/05)KNTが東京都の補助を活用の被災地応援ツアーを材料に一段高
記事一覧 (09/05)野田スクリーンは1Q悪決算と自己株式消却が綱引きし急反落
記事一覧 (09/05)クックパッドは3営業日ぶりに急反発、1Q業績減益転換も市場予想上回る
記事一覧 (09/05)エムスリーは「医療従事者専門サイト」の成長性を評価して急反発
記事一覧 (09/05)第一商品が金相場の大幅続伸を映してストップ高
記事一覧 (09/05)モルフォはIPO後初決算の3Q低利益進捗率業績を嫌気して急続落
2011年09月05日

ウシオ電機は自己株の満額取得に続き100万株の取得を発表−−引け後のリリース

■150万株プラス100万株

引け後のリリース、明日の1本 ウシオ電機<6925>(東1)は5日の夕方、現在実施中の自己株取得の満額終了と次の取得の開始を発表。積極的な株式価値向上策が注目されている。

 現在実施中の自己株取得は、8月5日から9月22日までの予定で取得上限株数150万株(保有自己株を除く発行済み株式総数の1.12%)、上限金額20億円の枠で実施中。この取得が本日までで買い付け株数150万株に達したため終了する。

■市場全体が軟弱な中で本格買いの印象

 続いて、9月6日から9月22日間での予定で、取得上限株数100万株(同0.76%)、上限金額15億円の枠で新たな自己株の取得を行なうと発表した。日程をみる限りでは、追加的な取得になるものの、株数をみた場合は本格取得の第2弾といった印象。

 5日の株価は小幅安となり、終値は1242円(19円安)。NY株の前週末253ドル安などを受け、日経平均も一時193円56銭安の8757円18銭まで下げた相場にあって、底堅さがみられた。年初来の安値は8月24日につけた1212円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:17 | 株式投資ニュース

ツルハホールディングスとポプラが業務提携を解消

■業績への影響は両社とも軽微

 北海道地盤のドラッグストア大手ツルハホールディングス<3391>(東1)と広島地盤のコンビニエンスストア中堅のポプラ<7601>(東1)は5日の大引け後、双方合意の上で、業務提携を同日付で解消すると発表した。両者は2010年7月6日付で業務提携を発表。双方の経営メリットを出すには時間を要すると判断した。業績への影響は、両社とも軽微とした。

 ツルハホールディングスの株価は8月中旬から3800円台で「中段もちあい」的な値固めを続け、9月1日にかけて3945円まで上昇。5日の終値は3910円(10円高)で堅調。

 ポプラの株価は8月下旬にかけて449円まで上げ、戻り高値をつけた。その後は調整含みに転じており、5日の終値は433円(1円高)となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:54 | 株式投資ニュース

ハイデイ日高の「月次」は既存店1.1%減で盛夏にしては好調の見方

■8月の売上高・全店では10.5%増加

 中華食堂のハイデイ日高<7611>(東1)は5日の大引け後、8月の売上高速報を発表。既存店は前年同月の98.9%となり、3カ月ぶりに減少。ただ、客単価は同100.1%となり3カ月連続増加した。盛夏のシーズンにしては好調との見方が出ている。全店では110.5%となり、期初の3月から連続増加。

 株価は日経平均の下げに呼応するような足取りで、7月下旬の1295円から8月9日には1104円まで下落。ただ、その後は1200円前後まで戻って横ばい相場となり、値固めの様子。5日の終値は1199円、8円安にとどまった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:38 | 株式投資ニュース

スクウェア・エニックスは「ドラクエ」最新作など発表するが任天堂と一緒に軟調

■北米景気に警戒感ありNY株の反騰を待つ

 スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>(東1)の5日は前場堅調・後場軟調となり小反落。朝方は1838円(33円高)まで上げる場面があったものの、後場は、任天堂<7974>(大1)の「3DS」や「Wii」シリーズ向けにドラゴンクエストシリーズの最新作の発表が伝えられた割に反応がなく、むしろ1723円(82円安)まで下げた。終値は1762円(43円安)。

 同社は5日の午後、「ドラクエ」シリーズ最新作「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」の「Wii/Wii U」での発売決定など5項目の最新情報を発表した。「目覚めし五つの種族」は、シリーズで初めてオンライン対応になるという。ただ、株式市場では、NY株の下落などを受けて北米の景気後退懸念なども敬遠材料になったため、任天堂の株価も終値は1万2970円(200円安)と冴えなかった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:20 | 株式投資ニュース

スカパーJSATが昨年4月以来の4万円台で高値更新

■日経225で高値更新は本日2銘柄のみ

 スカパーJSATホールディングス<9412>(東1)は5日、前後場ともジリ高基調を続け、TOPIX(東証株価指数)が一時2%以上の下落(16.32ポイント安の753.46ポイント)となる中で、後場4万200円(1950円高)まで上げて2日ぶりに年初来の高値を更新。終値も4万100円(1850円高)となり、2010年4月7日以来の4万円台回復となった。NY株の波乱などの影響の少ない銘柄として退避資金を集めたほか、
本日は、ゴールドマン・サックス(GS)証券が5日付のリポートで投資判断「買い」を継続したと伝えられたことも安心感をもたらした。

■GS証券の積極評価も安心感

 本日、日経225採用銘柄で年初来の高値を更新した銘柄は、当社株とコナミ<9766>(東1)の2銘柄のみ。GS証券の投資判断は、「買い」のコンビクションリスト掲載を継続し、目標株価は4万3400円と伝えられた。業績は好調で、8月3日発表の第1四半期決算(4〜6月)では、売上高が前年同期比約8%増の約379億円となり、利益面では、サッカーW杯の宣伝費用がなくなったことなどがいわれて、営業利益は同5.7倍の同59億円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:53 | 株式投資ニュース

【話題株】「紙・パルプ」株が円高効果に期待を広げ業種別2位で堅調

■ユーロ安は北欧産パルプなどに追い風の見方

話題株 5日の株式市場では、「紙・パルプ」株が総じて堅調に推移し、日本製紙グループ本社<3893>(東1)が後場1893円(38円高)まで上げて終値も1891円(36円高)、大王製紙<3880>(東1)も後場651円(9円高)まで上げて終値は648円(6円高)、王子製紙<3861>(東1)も後場409円(4円高)まで上げ、終値も407円(2円高)。業種別指数でみても、東証33業種のうち値上り業種は5業種にとどまった中で、「紙・パルプ」は値上がり率0.77%で2位となった。円高による輸入パルプのコスト低下効果などが期待された。

■特種東海製紙など9月中間配銘柄も多い

 本日の円相場は、対ドルでは前週末比横ばい圏だったものの、対ユーロではギリシャの財政懸念を受けてユーロ安・円高が再燃し、前週末の110円台から一挙に108円台に入ったまま推移。株式市場は、東証1部1667銘柄のうち、値上がり銘柄数は311(約19%)にとどまり、日経平均は大幅続落。14時35分にかけて8757円18銭(193円56銭安)まで下げ、大引けは8784円46銭(166円28銭安)だった。

 紙・パルプ株の中では、王子製紙にベトナム段ボール工場建設の材料が出た程度だったものの、対ユーロでの円高は北欧産パルプなどの輸入に追い風との見方が広がり、全般に堅調だった。9月中間配当を実施する銘柄が多く、特種東海製紙<3708>(東1)については、9月中間配を2.5円と見込む場合、株価終値158円(2円高)との比較で単純利回り1.6%になると注目する姿勢もあった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:21 | 株式投資ニュース

ホンダはリコールも手控え要因になり2400円を割る

 ホンダ<7267>(東1)は5日の14時30分前に2400円を割り込み、2378円(129円安)。小型車「フィット」など3車種を国内外で93万6000台、リコール(回収・無償修理)するとの発表が伝えられ、NY株の大幅安や対ユーロでの円高に悪材料が重なった形になった。もっとも、2400円割れは、取引時間中としては8月29日以来で、年初来の安値は2305円(8月23日)があるため、テクニカル的には特段、怖がる相場ではないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:02 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは8期ぶり直営店売上高マイナスに失望し続急落

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は5日、580円安の1万3560円まで下げて続急落している。前週末2日大引け後に今年8月の国内ユニクロ事業の売上推移を発表、既存店売上高が、前年同月比9.4%減と3カ月ぶりに大きくマイナスとなり、直営店も4.4%減となり、2011年8月期累計の直営店売上高が8期ぶりにマイナス転換したことに失望し利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:41 | 株式投資ニュース

東京ドームは一転して業績を上方修正、極低位株買いが再燃し反発

 東京ドーム<9681>(東1)は5日、5円高の158円まで上げて急反発し、プラス圏で堅調に推移している。前週3日付けの日本経済新聞の今1月期第2四半期累計業績の上ぶれ観測報道を受け、きょう5日前場取引時間中の10時に、同社自身が今期業績の上方修正を発表、観測報道を上回って今年6月に下方修正した2Q業績に加え1月通期業績までを一転して上方修正、純利益の黒字転換幅を拡大したことが、極低位値ごろ株買いを刺激している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース

第一生命保険は日経平均8700円台に下げ再び運用益の減少を懸念

 第一生命保険<8750>(東1)は5日の後場もジリジリ下値を探る相場となり、14時25分にかけて8万4700円(3800円安)まで下げた。8月22日につけた年初来の安値8万5800円を前場で割り込んだまま軟調相場。第1四半期決算で、参考データとして、運用資産の中の国内株式の損益分岐点を日経平均8500円としたため、後場、日経平均が8700円台で推移し、再び懸念する向きが出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース

大京は2Q業績上方修正で極低位値ごろ割安株買いが再燃し急反発

 大京<8840>(東1)は5日、10円高の146円まで上げて急反発している。前週末2日大引け後に発表した今3月期第2四半期(2Q)業績の上方修正が、極低位値ごろの割安株を再燃させている。2Q業績は、期初予想より売り上げを170億円、経常利益を21億円、純利益を13億円それぞれ引き上げ、経常利益は34億円(前年同期比27%減)と減益率を縮め、純利益は69億円(同2.0倍)と続伸幅を拡大する。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:19 | 株式投資ニュース

泉州電業は3Q好決算も利益確定売りが先行し急反落

 泉州電業<9824>(東2)は5日、85円安の974円まで下げて3営業日ぶりに急反落している。前週末2日大引け後に今10月期第3四半期(3Q)決算を発表、2ケタ増収増益と大きく続伸し、今年5月に再上方修正した10月通期業績に対して順調な進捗率を示したが、全般相場の続落が響き利益確定売りが先行し、東日本大震災の復旧・復興関連の割安修正買いは不発となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

ストリームは2Q業績上方修正で増益転換し急反発

 ストリーム<3071>(東マ)は5日、3500円高の5万9500円まで買い進まれ急反発し、14時13分現在は変わらずとなっている。前週末2日大引け後に今1月期第2四半期(2Q)業績の上方修正を発表、期初の減益転換予想が増益転換することが、EC(電子商取引)関連の割安株を再燃させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:16 | 株式投資ニュース

アドアーズがマカオでの1号店を好感し値上がり率1位

 ゲームセンター経営のアドアーズ<4712>(JQS)は5日の後場81円(22円高)まで上げ、値上がり率37%台で、後場は所属市場の1位に躍進する相場となっている。前週末売買日の2日、マカオで準備を進めていた1号店の許認可が降り、この日付けで営業を開始したと発表したことが材料視された。野田新内閣では、「復興カジノ特区」の設置が現実味を帯びる可能性があり、同社のノウハウが生かされる可能性に期待する動きがある。株価の80円台は3月以来になり、NY株の波乱の影響などの少ない銘柄として売買人気が集まっている。

>>アドアーズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

KNTが東京都の補助を活用の被災地応援ツアーを材料に一段高

 旅行大手のKNT<9726>(東1)は5日の後場寄り後に一段高となり105円(7円高)。NY株式の前週末253ドル安やユーロ安・円高の再燃を受けて日経平均の下げ幅が150円台になる中で、円高による海外ツアーの増加期待や、東京都による大震災被災地での観光補助の効果に期待が集まっている。13時には値上がり率6%代で東証1部の4位につける場面があった。

 東京都は、6月の補正予算に1億5000万円を計上し、東京都民が大震災の被災地に観光旅行を行う場合に都民1人あたり1泊3000円(5万泊分)を負担する補助制度を実施。同社はじめ旅行業界が9月から被災地観光を積極化させることが材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:00 | 株式投資ニュース

野田スクリーンは1Q悪決算と自己株式消却が綱引きし急反落

 野田スクリーン<6790>(東2)は5日、1220円安の2万2400円まで下げて3営業日ぶりに急反落し、8月23日につけた年初来安値2万1420円を覗いている。前週末2日大引け後に今4月期第1四半期(1Q)の大幅減収減益決算と自己株式消却を発表、好悪材料が綱引きとなり、利益確定売りが優勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:33 | 株式投資ニュース

クックパッドは3営業日ぶりに急反発、1Q業績減益転換も市場予想上回る

 クックパッド<2193>(東マ)は5日は、125円高の1725円まで上げて3営業日ぶりに急反発している。前週末2日大引け後に今4月期第1四半期(1Q)決算を発表、減益転換して期初予想の第2四半期(2Q)累計業績に対して低利益進捗率にとどまったが、市場コンセンサスを上回ったことを見直しディフェンシブ業態を評価したスマートフォン関連株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:35 | 株式投資ニュース

エムスリーは「医療従事者専門サイト」の成長性を評価して急反発

 会員制の医療従事者専門サイト「m3.com」の運営が主たる事業のエムスリー<2413>(東1)は5日、2万2000円高の66万3000円まで買われて急反発している。同社の医師会員数は今2012年3月期第1四半期でも4000人増え20万9000人に達している。また、米国子会社はすでに黒字を計上するまでに成長したほか、前月8月には英国の医師向けポータルサイト運営会社を買収、早期の収益寄与が期待されている。そうした成長性を評価する形で株価は上昇基調にある。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:17 | 株式投資ニュース

第一商品が金相場の大幅続伸を映してストップ高

 第一商品<8746>(JQS)は5日、買い気配で始まったあと上値を追い、10時過ぎに100円ストップ高の603円に達したまま前引けとなった。「金」現物・先物市場などに実績があり、今朝の東京工業品取引所で金先物取引が大幅続伸となり、1グラム4670円台に進み、中心限月ベースで8月23日に付けた過去最高値4725円以来の水準と伝えられことが材料視された。金は前週末のNY市場で急騰し、指標銘柄が47.80ドル高の1876.90ドルだった。

>>第一商品のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | 株式投資ニュース

モルフォはIPO後初決算の3Q低利益進捗率業績を嫌気して急続落

 モルフォ<3653>(東マ)は5日、750円安の5250円まで下げて急続落している。前週末2日大引け後に今年7月の新規株式公開(IPO)後の初決算となる今10月期第3四半期(3Q)決算を発表、上場時予想の10月通期業績に対して低利益進捗率にとどまったことを嫌気して利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース