[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/13)大阪証券取引所は証券株の値上りを好感し次第に上げて反発
記事一覧 (09/13)東京電力は枝野・新経産相の談話が伝わり13時過ぎから次第安
記事一覧 (09/13)三益半導体工業は米半導体株指数の上昇を受けて急反発
記事一覧 (09/13)スタジオアリスは月次好調で前後場ともジリ高基調を続け反発
記事一覧 (09/13)コメ兵がNY株や為替の再波乱に備える好業績銘柄として大幅続伸
記事一覧 (09/13)ラクーン 13日より「ステラおばさんのクッキー」でおなじみのボールドグロウスが「スーパーデリバリー」で販売をスタート
記事一覧 (09/13)GMOクラウド 完全従量課金型プラン「Z00」の提供を開始
記事一覧 (09/13)ANAは月次の輸送実績の回復傾向を好感し堅調で反発
記事一覧 (09/13)高島屋は売上げ回復や機関投資家買いの観測を受け後場もジリ高
記事一覧 (09/13)あさひは年初来高値更新も4日続落、業績上方修正で最高純利益更新幅を伸ばす
記事一覧 (09/13)クレディセゾンは1Q好決算見直しに安値期日接近がオンして急反発
記事一覧 (09/13)ホンダが機関投資家の買い観測など好感し反発幅を拡大
記事一覧 (09/13)ソースネクストは「扱いやすいスマホアプリ」で後場も値上がり率1位
記事一覧 (09/13)【話題株】スズキは安値から急反発、VWとの提携解消で再編思惑が再燃
記事一覧 (09/13)松田産業は自己株式取得と金価格の大幅反落が綱引きし急反発
記事一覧 (09/13)共立印刷はM&A効果で業績を上方修正し高値肉薄
記事一覧 (09/13)スター精密は安値から急反発、業績上方修正に自己株式取得・消却オン
記事一覧 (09/13)乃村工藝社は2Q業績上方修正も連続赤字は変わらず小反発
記事一覧 (09/13)正栄食品工業は3Q業績が伸び悩み利益確定売りが先行し急続落
記事一覧 (09/13)日本配合飼料は「クロマグロ」材料に出直りを拡大
2011年09月13日

大阪証券取引所は証券株の値上りを好感し次第に上げて反発

■地合い安定し目標株価ふり返る余裕

 大阪証券取引所<8697>(JQS)は13日、反発の相場となり、後場寄り後に39万5500円(4500円高)まで上げ、終値も39万3500円(2500円高)。本日は、東証33業種別指数の中で30業種が値上りし、「証券・商品先物」が値上がり率1位になる相場のため、買い直す雰囲気が次第に広がったようだ。

 同社株については、メリルリンチ日本証券が9日付けで注目を開始し、投資判断「中立」、目標株価42万2000円で評価を開始したと伝えられており、相場の地合いが安定するにつれて、こうした評価も見直す動きになった。昨日は、日経平均が終値で安値を更新する軒並み安のなか38万1500円まで下げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:20 | 株式投資ニュース

東京電力は枝野・新経産相の談話が伝わり13時過ぎから次第安

■「減資」の憶測など乱れ飛ぶ

 東京電力<9501>(東1)は13日、前場は小じっかりの相場となり384円(8円高)から376円(前日比変わらず)の間で推移。しかし、後場は379円(3円高)を上値に13時過ぎから次第安になり、大引けにかけては355円(21円安)まで下げ、終値も356円だった。続落。枝野・新経済産業相が、閣議後の会見で、東京電力が政府の支援を受けるには、取引銀行や株主も一定の負担をするのが原則との認識を示した、と伝えられ、株主にとっては「減資」などの影響が懸念され、手控え気分を強める相場になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:52 | 株式投資ニュース

三益半導体工業は米半導体株指数の上昇を受けて急反発

■次世代品で日韓協力の観測も好感

 三益半導体工業<8155>(東1)は13日、急反発の相場となり、後場一段上値を追って785円(58円高)まで上げ、終値も784円でほぼ高値引けとなった。米国で半導体株指数SOX(フィラデルフィア半導体株指数)が約3%高となり、S&P500種の中の半導体銘柄指数も約2.3%高となったことを好感。また、今朝は、富士通<6702>(東1)などが韓国サムスン電子とスマートフォン向けの次世代通信用半導体の開発で協力と伝えられたことを材料視する向きもあった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:38 | 株式投資ニュース

スタジオアリスは月次好調で前後場ともジリ高基調を続け反発

■8月は9%増、累計は13%増
  
 子供写真館のスタジオアリス<2305>(東1)は13日、前後場ともジリ高基調となり、後場1575円(70円高)まで上げて反発幅を拡大。昨日発表の「8月単体売上高」9.0%増を好感し、終値も1574円(69円高)の4.6%高だった。

 8月の単体売上高は前年同月比9.0%増となり好調持続。1月から8月までの累計では前年同期間比13.0%増となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:24 | 株式投資ニュース

コメ兵がNY株や為替の再波乱に備える好業績銘柄として大幅続伸

■PER・PBR割負け顕著

 宝飾品やブランド品の買い取り再販大手・コメ兵<2780>(東2)は13日も続伸となり、前場390円(14円高)まで上げ、終値も383円(7円高)と3日続伸。昨日つけた戻り高値394円に迫る場面があった。引き続き9日に発表した8月の月次売上高を材料視する相場とされ、内需関連の好業績株として物色人気を集めた。

 8月の月次売上高は前年同月比43.7%増となり絶好調。NY株式の波乱や円高の進行などに、いぜん警戒感があるため、これらの影響を受けにくい銘柄として継続注目する向きがある。PERは7倍台、PBRは0.4倍台で、割り負け感が強いこともいわれている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | 株式投資ニュース

ラクーン 13日より「ステラおばさんのクッキー」でおなじみのボールドグロウスが「スーパーデリバリー」で販売をスタート

■商品は毎年アメリカ現地に飛び、現物を見ながら買付を行う

ラクーンのHP ラクーン<3031>(東マ)が運営する卸サイト「スーパーデリバリー」で、13日より「ステラおばさんのクッキー」でおなじみのボールドグロウスが販売をスタートした。出展名は「アントステラ」。
 ボールドグロウスはアメリカンカントリー文化がはぐくんだ温もりのある質感を忠実に再現した、アメリカのカントリーライフスタイルを提案するブランド「アントステラ」を展開している。商品は毎年アメリカ現地に飛び、現物を見ながら買付を行っている。アメリカ現地との繋がりを活かし、ボールドグロウスでしか取扱っていない商品を提供できることが強み。
 取扱商品数は3000型以上。年に500から800型の新作を紹介している。中でも人気の商品は100年前と変わらぬデザインを今に受け継ぐ「ローポタリー」シリーズの陶器、オリジナルのインテリアや雑貨である。「古き良き時代の、本物だけが持つこだわりを広めていきたい」というリネンを大事にしており、豊かなライフスタイルを提案している。
 今回スーパーデリバリーに出展することで、全国の会員店舗を通じてボールドグロウスでしか取扱っていない商品が消費者のもとに届くことになる。

ラクーン 13日より「ステラおばさんのクッキー」でおなじみのボールドグロウスが「スーパーデリバリー」で販売をスタート

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:36 | 株式投資ニュース

GMOクラウド 完全従量課金型プラン「Z00」の提供を開始

■初期費用、月額基本料金が不要なため、初期投資を抑制

GMOクラウド GMOクラウド<3788>(東マ)は、12日より、IaaS型パブリッククラウドサービス「GMOクラウドPublic」において、完全従量課金型プラン「Z00(ゼットダブルゼロ)」の提供を開始した。
 今回、「GMOクラウドPublic」では、利用者がクラウドサービスに求める“「リソース提供型」の導入によるITコストの最適化実現”に、より一層対応するための新プラン、完全従量課金型プラン「Z00」のサービスを開始。
 従来の各プランには、基本リソース(メモリ、ディスク容量、仮想CPU)が割り当てられており、さらに必要な分を従量課金で追加する仕組みとなっている。対して新プラン「Z00」には基本リソースの割り当てが一切無く、完全に使用したリソースに対してのみの課金となる。そのため初期費用、月額基本料金が不要で初期投資を抑えて利用できる。利用者は、クラウドの利用規模や用途に応じて最適なプランを選択することが可能。
 本プランは時間単位での完全従量課金プランのため、固定のランニングコストが一切発生せず、アカウントを取得しても、使わなければコストが発生しない。そのためアカウントを取得しておくことで、使いたいときにだけすぐに必要な数の仮想サーバーを自由に作成できるので、無駄なコストの削減が可能である。

>>GMOクラウドのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:15 | 株式投資ニュース

ANAは月次の輸送実績の回復傾向を好感し堅調で反発

 全日本空輸(ANA)<9202>(東1)は13日、前後場とも堅調で反発。後場上値を試し256円(4円高)まで上げ、終値も255円だった。昨日に発表した7月の国内線輸送実績が回復傾向を示し、前年同月比6%減と減少ではあるものの、6月の同10.3%減から大きく縮小したことが好感されていた。10%を下回ったのは、大震災後では初めてという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:21 | 株式投資ニュース

高島屋は売上げ回復や機関投資家買いの観測を受け後場もジリ高

 高島屋<8233>(東1)は13日の前後場とも上値を試す動きをみせ、一時540円(25円高)と反発の幅を拡大。540円回復は、取引時間中としては9月1日以来となった。大震災後の売上げ回復が意外に早く、第2四半期の営業利益(3〜8月)が前年同期波の80億円になった模様と今朝の日本経済新聞が伝えたことを好感。後場は、自動車株などの主力株に機関投資家の買いが流入と伝えられたことも買い安心感を広げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:23 | 株式投資ニュース

あさひは年初来高値更新も4日続落、業績上方修正で最高純利益更新幅を伸ばす

 自転車小売りの大手のあさひ<3333>(東1)は13日、92円高の1820円まで一気に上げて9月9日につけた年初来高値1752円を更新したが、72円安の1656円まで下げて4日続落している。前日12日大引け後に今2月期第2四半期(2Q)累計・2月通期業績の上方修正を発表、通期純利益が、連続過去最高更新の更新幅を伸ばした。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

クレディセゾンは1Q好決算見直しに安値期日接近がオンして急反発

 クレディセゾン<8253>(東1)は13日、55円高の1441円まで上げて急反発し、高値近辺で売り買いが交錯している。同社株は、8月5日に発表した今3月期第1四半期(1Q)の好決算をキッカケに1507円の戻り高値まで260円高して、半値押し水準でもみ合っていたが、9月15日に3月の年初来安値1122円の絶対期日が到来することから、売り方の買い戻しが先行し下げ過ぎ訂正に再発進している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:16 | 株式投資ニュース

ホンダが機関投資家の買い観測など好感し反発幅を拡大

 ホンダ(7267)は13日の後場もジリ高基調を続け、14時過ぎにかけては一時2320円(61円高)まで上げて反発幅を拡大。昨日つけた年初来の安値2245円からの戻りを強めている。後場、主力銘柄に年金基金などとみられる大口買いが流入との観測が伝わったことが買い直し意欲を刺激した。自動車・電機大手・機械株などが続々値を戻す相場になり、日経平均は一時92円74銭高の8628円41銭と2日ぶりに8600円台を回復した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:08 | 株式投資ニュース

ソースネクストは「扱いやすいスマホアプリ」で後場も値上がり率1位

 ソースネクスト<4344>(東1)は13日の後場も強い始まりとなり、寄りあとに1万9300円(3000円高)をつけて急反発相場を持続。値上がり率17%前後で、前引けに続き東証1部の値上がり率で断続的に1位となっている。本日付で、「Android(アンドロイド)用アプリケーションの開発・販売事業を開始」をホームページなどに開示したことが材料視されている。

 発表では、スマートフォン用に、現在のAndroidアプリの購入プロセスで「探しにくい、クレジットカードでしか購入できない、価格がわかりにくい」などの問題点を解決し、同社が開発または厳選したアプリケーションを「Android厳選アプリ」シリーズとしてパッケージ化し、全国の家電量販店およびオンラインショップで販売するもの。Androidスマートフォンの使いやすさを促進するとして期待が広がっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

【話題株】スズキは安値から急反発、VWとの提携解消で再編思惑が再燃

話題株 スズキ<7269>(東1)は13日、寄り付きの買い気配から66円高の1550円まで買い進まれて3営業日ぶりに急反発、前日ザラ場につけた年初来安値1468円から底上げしている。

 同社株は、9月11日に提携先のフォルクスワーゲン・アクチエンゲゼルシャフト(VW、ドイツ連邦共和国)が、スズキに対して包括提携に違反していると発表したと伝えられ、さらに前日の為替相場が、朝方に1ユーロ=104円台と10年ぶりの円高水準となったことから年初来安値まで売られたが、前日大引け後にはVWとの業務提携・相互資本関係を解消することを正式発表、再度、同社が、自動車業界の世界的な再編の台風の目玉になると思惑が強まるとポジティブに評価され下げ過ぎ訂正買いが再燃している。

 同社とVWは、2009年12月に包括業務提携を締結、昨年6月にはVW向けに366万株の第三者増資(発行価格1755円)を実施する一方、同社がVW株式を保有する資本提携を行った。

 今回の提携解消は、提携の最大の目的とした環境技術の開発について、VWの議決権比率が19.89%にとどまることがネックとなって技術情報の提供などの技術支援が困難と判断して取締役会決議した。

 相互の両社保有株も、両社の意向に沿って処分するように求めるが、VWはスズキ株式の継続保有意向を示していると報道されている。

 同社は、今後は資本関係のない内外の自動車会社と友好協力関係を構築するほか、環境技術開発も自前で進めるとしている。

 株価は、年初来安値水準でPERは17倍台、PBRは0.9倍と下げ過ぎを示唆しており、一段の戻りを試そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:53 | 株式投資ニュース

松田産業は自己株式取得と金価格の大幅反落が綱引きし急反発

 貴金属リサイクルの松田産業<7456>(東1)は13日、71円高の1283円まで上げて変わらずを含めて6営業日ぶりに急反発した。前日12日大引け後に自己株式取得を発表、前日の米国市場で金先物価格が、46.20ドル安の1トロイオンス=1813.30ドルと3営業日ぶりに大幅反落したことと綱引きになったが、今期の続伸業績を見直し割安株買いが再燃した。

>>松田産業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:44 | 株式投資ニュース

共立印刷はM&A効果で業績を上方修正し高値肉薄

 共立印刷<7838>(東1)は13日、11円高の171円まで上げて3営業日ぶりに急反発し、8月31日につけた年初来高値178円に肉薄している。前日12日大引け後にSIC(東京都新宿区)の株式取得と、そのM&A効果による今3月期第2四半期累計・3月通期業績の上方修正を発表、通期純利益の大幅増益をテコに極低位値ごろ割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

スター精密は安値から急反発、業績上方修正に自己株式取得・消却オン

 スター精密<7718>(東1)は13日、75円高の748円まで上げて3営業日ぶりに急反発し、前日12日ザラ場につけた年初来安値669円から底上げしている。前日12日大引け後に今2月期第2四半期(2Q)累計・2月通期業績の上方修正と自己株式取得・消却を発表、通期純利益が、高変化することが下げ過ぎ訂正買いを再燃させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:20 | 株式投資ニュース

乃村工藝社は2Q業績上方修正も連続赤字は変わらず小反発

 展示空間や博覧会等のイベント空間のほか商業空間等の企画・デザイン施工を手がける乃村工藝社<9716>(東1)は13日、2円高の216円と変わらずを含め8営業日ぶりに小反発している。前日12日大引け後に今2月期第2四半期(2Q)業績の上方修正を発表したが、連続赤字計上に変わりはないことから反応は限定的で、3月15日につけた年初来安値201円に並ぶ安値水準での小動きにとどまっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:13 | 株式投資ニュース

正栄食品工業は3Q業績が伸び悩み利益確定売りが先行し急続落

 食材専門商社の正栄食品工業<8079>(東2)は13日、13円安の526円まで下げて急続落している。前日12日大引け後に今10月期第3四半期(3Q)決算を発表、増収減益と伸び悩んだことが響き、9月9日につけた年初来高値550円近辺で利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース

日本配合飼料は「クロマグロ」材料に出直りを拡大

 日本配合飼料<2056>(東1)は13日の前場、116円(9円高)まで上げて出直り幅を拡大。9月5日以来の110円台相場となった。「クロマグロ事業に関する業務提携のお知らせ」を本日付で発表。極洋<1301>(東1)グループとの提携事業に期待が高まった。

 発表では、日本配合飼料が受精卵回収から稚魚生産までを行ない、極洋が稚魚受け入れから親魚養成を行なう。本日の株式市場は、NY株の反発や円の反落にもかかわらず日経平均の上値が重いため、こうした材料株に物色がシフトする期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース