[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/24)【話題株】SHO−BIは東証1部指定替えも株式売り出しを嫌い反落
記事一覧 (08/24)小林洋行が東京・日本橋人形町にビジネスホテルを建設し12年秋開業−−引け後のリリース
記事一覧 (08/24)メディア工房が「月次」の連続過去最高を好感し堅調続伸
記事一覧 (08/24)日本電設工業は鉄道復旧に加え「駅なか」設備にも期待を広げ続伸
記事一覧 (08/24)三菱UFJフィナンシャル・グループは含み損報道もあり終値で5日続落
記事一覧 (08/24)伊藤園は第1四半期好調と伝えられ内需関連株の物色を集め堅調続伸
記事一覧 (08/24)JR東日本は「日本」の格下げムードが高まる中で退避資金を集め堅調
記事一覧 (08/24)ニトリホールディングスは相場全体が軟化するなか益出しの利食い圧力
記事一覧 (08/24)東京電力が民主党代表候補の「法的整理」方針を敬遠しジリ安
記事一覧 (08/24)日清食品ホールディングスは自己株式取得を好感して続伸
記事一覧 (08/24)ダイニチ工業はコロナ追撃を信用好需給がサポート、後場は利確売りに押される
記事一覧 (08/24)フジミインコーポレーテッドは安値から3連騰、自己株式取得で減益業績を押し返す
記事一覧 (08/24)西松建設が石巻の災害廃棄物の処理を材料に一時値上がり率2位
記事一覧 (08/24)メガネトップは株式分割を好感するが1400円に乗り高値更新し一服
記事一覧 (08/24)新東は2ケタ減益業績を織り込み復興関連株思惑が再燃し反発
記事一覧 (08/24)大成建設が受注好調との観測に後場も200円台を回復し堅調
記事一覧 (08/24)ガーデニング商材のタカショーは2Q好決算で震災特需関連の割安株買い増え続伸
記事一覧 (08/24)アドバンスクリエイトは株式分割権利取りを連続最高益が支援し3連騰
記事一覧 (08/24)中国銀行は自己株式TOBを追撃材料視して高値肉薄
記事一覧 (08/24)三浦工業はCMに出演する「島田紳助」氏の突然の引退も株価はしっかり
2011年08月24日

【話題株】SHO−BIは東証1部指定替えも株式売り出しを嫌い反落

話題株 SHO−BI<7819>(東2)は24日、31円安の569円まで下げて29円安の571円と急反落した。23日大引け後に東京証券取引所から9月9日付けで東証第1部市場への指定替えを承認されたが、同時に指定替えに際して株式売り出しも発表、希薄化・需給悪化懸念を強め利益確定売りが先行した。

 同社は、昨年9月にジャスダック市場から東証第2部市場へ新規上場したが、やはり上場に際して株式売り出しを実施し株価は下ぶれた。株式売り出しは、同社の寺田一郎社長などの保有株式など100万株のほか、オーバアロットメントによる15万株の合計115万株を9月9日を受渡日として実施する。

 株価は、東日本大震災発生で東証2部上場来安値380円まで急落し、その後の順調な業績推移で下げ過ぎを訂正、2部上場来高値637円まで急伸し600円台を出没していた。PERは10倍台と割安だが、1部指定替えによる需給好転思惑と希薄化懸念が綱引きする展開が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:11 | 株式投資ニュース

小林洋行が東京・日本橋人形町にビジネスホテルを建設し12年秋開業−−引け後のリリース

■全額自己資金・長期の安定収益を確保

引け後のリリース、明日の1本 商品先物の老舗・小林洋行<8742>(東1)は24日の大引け後、東京・日本橋人形町にほど近い本社の隣接地(現駐車場)にビジネスホテルを建設し、「相鉄フレッサイン日本橋人形町」(仮称)として、相鉄グループに一括賃貸し、長期の安定収益を確保すると発表した。

 ビジネスホテルの建物概要は、地上9階建て(敷地面積426.56平方メートル、延床面積2248.68平方メートル)、客室数128室(シングル121、ツイン7)、施工は、青木あすなろ建設、工事価格5.76億円。着工は2011年9月1日、開業予定は2012年11月1日。建設にかかわる費用は自己資金を充当し、開業後は、売上原価控除後の営業総利益にして年約40百万円(現在の賃貸駐車場は年約10百万円)を見込む。

 24日の株価は小動きとなり、終値は186円(2円安)。8月9日に162円の安値をつけたあとは、おおむね180円から190円の水準で推移。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:43 | 株式投資ニュース

メディア工房が「月次」の連続過去最高を好感し堅調続伸

■7月の売上高は14.0%増加

 メディア工房<3815>(東マ)は24日の後場、持ち直す相場になり、大引けにかけて7万1000円(3100円高)まで上げ、朝方つけた前場の高値に顔合わせ。14時過ぎに発表した「7月度の連結月次売上高」を好感する相場となり、終値も6万9500円(1600円高)で2日続伸の出直り相場となった。

 発表では、7月度の連結月次売上高が前年同月比14.0%増の2.25億円になり、前月に続き過去最高を更新した。とりわけPCコンテンツは3カ月連続の2ケタ成長だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:19 | 株式投資ニュース

日本電設工業は鉄道復旧に加え「駅なか」設備にも期待を広げ続伸

■赤羽駅・日暮里駅の焼きたてパン店を材料視

 鉄道電気工事の日本電設工業<1950>(東1)は24日、堅調相場となり、810円(8円高)まで上げて終値も804円(2円高)と値を保ち2日続伸。東日本旅客鉄道(JR東日本)<9020>(東1)系で鉄道電気工事の最大手。本日は、JR東日本の赤羽駅、日暮里駅(ともに東京都)の新駅ビル商店街に洋菓子の大手・エーデルワイス(神戸市)が焼きたてパンの店舗を開店し好評と伝えられ、いわゆる「駅なか」の諸設備工事でも期待が広がったようだ。

 日本電設工業は、東日本大震災による鉄道の復旧工事が業績にどう寄与するか注目されている。第1四半期決算(4〜6月)は7月28日に発表済み。第2四半期決算は例年10月下旬になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:00 | 株式投資ニュース

三菱UFJフィナンシャル・グループは含み損報道もあり終値で5日続落

■国債の格下げなど受けメガバンクはそろって軟調

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)は24日、軟調となり、後場329円(13円安)まで下げ、終値も332円(10円)。終値では5日続落となった。本日は、メガバンク株がそろって軟調。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが日本国債や大手邦銀の格付けを引き下げたとの発表や、株式市場全体の下落が漠然と手控え要因になった。

 また、三菱UFJフィナンシャル・グループには、一部通信社の報道として、持分適用会社である米モルガン・スタンレーの普通株で18億ドル(約1380億円)の含み損を抱えていると伝えられたことも手控え気分を増幅したようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:36 | 株式投資ニュース

伊藤園は第1四半期好調と伝えられ内需関連株の物色を集め堅調続伸

■業績上ぶれ期待が広がる

 伊藤園<2593>(東1)は24日、堅調続伸となり、前場1372円(17円高)まで上げ、終値も1366円(11円高)。第1四半期(5〜7月)の営業利益が前年同期より1割余り増え、65億円強になったようだと今朝の日本経済新聞で伝えられた上、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスによる日本国債の格下げを受け、全体相場が軟調だったため、内需関連の業績好調株として物色が集まった。

 同社は、6月に発表した前期決算で、今期の業績予想を、売上高は前期比2.4%増の3600億円、営業利益は同1.8%増の180億円としている。伝えられたように、第1四半期の営業利益が65億円強になった場合、利益確保の進展が早くなり、業績の上ぶれ期待が強まるとの見方が出ていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | 株式投資ニュース

JR東日本は「日本」の格下げムードが高まる中で退避資金を集め堅調

■内需関連の手堅い銘柄との位置づけ

 東日本旅客鉄道(JR東日本)<9020>(東1)は24日、反発相場となり、前場4530円(75円高)まで上げ、終値も4500円(45円高)。東証1部の売買代金上位30銘柄の中で、値上りした4銘柄のひとつとなった。米格付け会社による日本国債の格下げを受け、資本市場そのものに対する信認の低下を心配する動きがあった中で、内需関連の手堅い銘柄として資金を退避させる動きに乗ったようだ。

 本日の株式市場は、東証1部1669銘柄のうち値上がり銘柄数は454銘柄(約27%)。出来高上位30銘柄をみても、値上り銘柄は4銘柄にとどまった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | 株式投資ニュース

ニトリホールディングスは相場全体が軟化するなか益出しの利食い圧力

 ニトリホールディングス<9843>(東1)は24日の後場も軟調な相場となり、一時7700円(110円安)。終値も7760円(50円安)。8月15日につけた年初来の高値8000円からは、高値圏で微調整の相場となった。相場全体がNY株の322ドル大幅高の割にさえず、後場は日経平均の下げ幅が一時112円に広がったため、利の乗っている銘柄から益出しの利食いに走る動きが広がった。

 本日は、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスによる日本国債の格下げが伝えられ、資本市場そのものに対する評価を心配する動きがあった。

 同社は、海外で生産する家具などに円高の恩恵がある銘柄。しかし、今朝の日本経済新聞で、「円高還元セール」の予定のない企業のひとつに挙げられたため、円高が進行しても、原料高などの影響によって還元の余裕がないのではとの懸念も出ていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:18 | 株式投資ニュース

東京電力が民主党代表候補の「法的整理」方針を敬遠しジリ安

 東京電力<9501>(東1)は24日の後場ジリ安相場となり、14時51分にかけて380円(38円安)と本日の現在安。民主党の代表選に立候補を表明する馬淵前国交相が東京電力について「法的整理に踏み込まないといけない」と指摘したと一部通信社が伝え、漠然と懸念が広がったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:53 | 株式投資ニュース

日清食品ホールディングスは自己株式取得を好感して続伸

 日清食品ホールディングス<2897>(東1)は24日、52円高の2965円まで上げて続伸している。前日23日大引け後に発表した自己株式取得を好感して、内需関連の割安株買いが増勢となっている。自己株式取得は、機動的な資本政策を遂行することを目的としており、上限を50万株(発行済み株式総数の0.45%)、16億円、取得期間を8月24日から9月30日までとして実施する。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:46 | 株式投資ニュース

ダイニチ工業はコロナ追撃を信用好需給がサポート、後場は利確売りに押される

 ダイニチ工業<5951>(東1)は24日、34円高の866円まで上げたが、引けにかけて利益確定売りに押されて値を下げて4円安の828円と続落している。同社株は、石油ストーブに東日本大震災関連の特需思惑が続き、年初来高値913円(8月22日)まで逆行高し利益確定売りに押されたが、今3月期業績の続伸予想や信用需給が株不足で逆日歩がつくことなどを手掛かりに、なお400円幅の株価ギャップがある同業他社のコロナ<5909>(東1)への比較感を強めて追撃買いが再び増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:40 | 株式投資ニュース

フジミインコーポレーテッドは安値から3連騰、自己株式取得で減益業績を押し返す

 フジミインコーポレーテッド<5384>(東1)は24日、66円高の860円まで上げて3営業日続伸し、8月22日につけた年初来安値776円から底上げしている。上げ幅を半減させているが、プラス圏で推移している。前日23日大引け後に自己株式取得を発表、今3月期の減益転換予想業績を押し返して下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:29 | 株式投資ニュース

西松建設が石巻の災害廃棄物の処理を材料に一時値上がり率2位

 西松建設<1820>(東1)は24日の後場も上値を追う相場となり、一時119円(10円高)まで上昇。14時20分過ぎには値上がり率7%台で東証1部の2位に入る相場となった。宮城県が、石巻地区・ブロックの災害廃棄物の処理業務を鹿島<1812>(東1)をはじめとする企業共同体に発注と伝えられ、この中に西松建設が入っていることが材料視されている。西松建設のPBRは0.3倍前後で、株価は1株純資産の3割前後に割安放置の状態。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:28 | 株式投資ニュース

メガネトップは株式分割を好感するが1400円に乗り高値更新し一服

 メガネトップ<7541>(東1)は24日の後場一進一退となり、13時20分にかけては1331円(3円高)から1353円(25円高)で推移。前場は、昨日発表の株式分割を好感して続伸幅を広げ、1400円(72円高)まで上げて年初来の高値に進んだものの、全体相場が軟調なこともあり、テクニカル的によくある「大台乗せ後の一服」となった。

 1400円台は09年11月以来。当社株は、1000円の大台に乗ったあとも6週間ほど一進一退の「大台固め」をみせた。株式分割は、9月30日現在の株主に対し、1株を1.5株に分割。しかも、配当は分割後も調整を行なわずに年12円のまま据え置くとしたため、株数も配当も1.5倍に増えると注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:29 | 株式投資ニュース

新東は2ケタ減益業績を織り込み復興関連株思惑が再燃し反発

 新東<5380>(JQS)は24日、15円高の258円と反発している。同社株は、8月18日大引け後に2011年6月期業績を再上方修正して株価が急伸し、その急伸した19日大引け後に6月期決算を発表、今期業績を前期の連続続伸から2ケタ減益転換と予想したことを嫌い利益確定売りが先行したが、きょう24日付けの日本経済新聞で、鹿島<1812>(東1)を代表企業とする共同事業体が、宮城県からがれき処理を受注されたと報道されたことが波及して、同社株にも復興関連株思惑が再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:28 | 株式投資ニュース

大成建設が受注好調との観測に後場も200円台を回復し堅調

 大成建設<1801>(東1)は24日の後場も堅調に始まり、寄りあとは199円(4円高)から202(7円高)で推移。ゼネコン大手の建設受注高が想定以上に伸びる見通しと今朝の日本経済新聞で伝えられ、復興関連需要の本格化に期待が広がっている。200円台は、取引時間中としては8月18日以来。終値も200円台なら4月15日以来になる。

 同社をはじめ大林組<1802>(東1)などの民間受注が大幅に改善し、足元では復興関連で大型案件の発注が始まっており、各社とも見通しより増加幅が拡大する見込みという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:58 | 株式投資ニュース

ガーデニング商材のタカショーは2Q好決算で震災特需関連の割安株買い増え続伸

 ガーデニング商材の取り扱いを主力とするタカショー<7590>(JQS)は24日、7円高の382円まで上げて続伸している。前日23日大引け後に今1月期第2四半期(2Q)累計決算を発表、8月9日の業績修正通りに2ケタ増収増益転換して着地したことを手掛かりに、東日本大震災の復興特需関連の割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:56 | 株式投資ニュース

アドバンスクリエイトは株式分割権利取りを連続最高益が支援し3連騰

 ネットを中心に生命保険・損害保険の保険代理店を展開するアドバンスクリエイト<8798>(JQS)は24日、8900円高の9万8900円まで上げて3営業日続伸し、7月25日につけた年初来高値10万2900円に肉薄している。前日23日大引け後に株式分割を発表、歓迎して権利取りの買い物が集まっており、同社の今9月期業績が、期中に2回上方修正され、純利益が、過去最高を伸ばすことも見直され支援材料となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:46 | 株式投資ニュース

中国銀行は自己株式TOBを追撃材料視して高値肉薄

 中国銀行<8382>(東1)は24日、寄り付き直後の7円安から18円高の1002円と買い直されて3日続伸し、1月25日につけた年初来高値1049円に肉薄している。前日23日大引け後に自社株式を株式公開買い付け(TOB)すると発表、TOB価格は867円とディスカウントされたが、株主価値向上、需給好転につながるとして、今年8月16日の今3月期業績の上方修正に次ぐ追撃材料として好感されて割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:40 | 株式投資ニュース

三浦工業はCMに出演する「島田紳助」氏の突然の引退も株価はしっかり

 小型貫流ボイラ・舶用ボイラ・廃熱ボイラ・水処理装置・食品機械・滅菌器・薬品等の製造販売を行う三浦工業<6005>(東1)は24日、46円高の1989円まで上げて続伸している。同社のCMに出演している吉本興業所属のお笑いタレント「島田紳助(55)」氏が、暴力団関係者と親密な関係にあったことを理由に芸能界から引退すると発表。レギュラー番組への影響など違約金問題までとりざたされて波紋を広げているが、株価はしっかりとした動き。今週月曜日(8月22日)に年初来安値となる1893円をつけたが反騰態勢となっている。

【関連記事】
日本テレビ放送網は「島田紳助」氏の引退を受け一進一退
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:14 | 株式投資ニュース