[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/05)東京ドームは一転して業績を上方修正、極低位株買いが再燃し反発
記事一覧 (09/05)第一生命保険は日経平均8700円台に下げ再び運用益の減少を懸念
記事一覧 (09/05)大京は2Q業績上方修正で極低位値ごろ割安株買いが再燃し急反発
記事一覧 (09/05)泉州電業は3Q好決算も利益確定売りが先行し急反落
記事一覧 (09/05)ストリームは2Q業績上方修正で増益転換し急反発
記事一覧 (09/05)アドアーズがマカオでの1号店を好感し値上がり率1位
記事一覧 (09/05)KNTが東京都の補助を活用の被災地応援ツアーを材料に一段高
記事一覧 (09/05)野田スクリーンは1Q悪決算と自己株式消却が綱引きし急反落
記事一覧 (09/05)クックパッドは3営業日ぶりに急反発、1Q業績減益転換も市場予想上回る
記事一覧 (09/05)エムスリーは「医療従事者専門サイト」の成長性を評価して急反発
記事一覧 (09/05)第一商品が金相場の大幅続伸を映してストップ高
記事一覧 (09/05)モルフォはIPO後初決算の3Q低利益進捗率業績を嫌気して急続落
記事一覧 (09/05)バルスはMBO価格にサヤ寄せしストップ高買い気配
記事一覧 (09/05)日本駐車場開発は6期ぶりの過去最高純利益更新予想を好感して急反発
記事一覧 (09/05)アドバンテストやトヨタ自動車が米国景気の鈍化懸念など受け安値更新
記事一覧 (09/05)大京は業績予想の増額修正を好感し急反発
記事一覧 (09/05)オーイズミが「復興カジノ」期待を強めて戻り高値を更新
記事一覧 (09/05)ファーストリテイリングは8月の「月次」を手控え要因に続落
記事一覧 (09/03)クックパッドは通期予想を据え置き当面「ボックス相場」
記事一覧 (09/03)ファーストリテイリング「ユニクロ」は12カ月累計で8期ぶり前年割れ
2011年09月05日

東京ドームは一転して業績を上方修正、極低位株買いが再燃し反発

 東京ドーム<9681>(東1)は5日、5円高の158円まで上げて急反発し、プラス圏で堅調に推移している。前週3日付けの日本経済新聞の今1月期第2四半期累計業績の上ぶれ観測報道を受け、きょう5日前場取引時間中の10時に、同社自身が今期業績の上方修正を発表、観測報道を上回って今年6月に下方修正した2Q業績に加え1月通期業績までを一転して上方修正、純利益の黒字転換幅を拡大したことが、極低位値ごろ株買いを刺激している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース

第一生命保険は日経平均8700円台に下げ再び運用益の減少を懸念

 第一生命保険<8750>(東1)は5日の後場もジリジリ下値を探る相場となり、14時25分にかけて8万4700円(3800円安)まで下げた。8月22日につけた年初来の安値8万5800円を前場で割り込んだまま軟調相場。第1四半期決算で、参考データとして、運用資産の中の国内株式の損益分岐点を日経平均8500円としたため、後場、日経平均が8700円台で推移し、再び懸念する向きが出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース

大京は2Q業績上方修正で極低位値ごろ割安株買いが再燃し急反発

 大京<8840>(東1)は5日、10円高の146円まで上げて急反発している。前週末2日大引け後に発表した今3月期第2四半期(2Q)業績の上方修正が、極低位値ごろの割安株を再燃させている。2Q業績は、期初予想より売り上げを170億円、経常利益を21億円、純利益を13億円それぞれ引き上げ、経常利益は34億円(前年同期比27%減)と減益率を縮め、純利益は69億円(同2.0倍)と続伸幅を拡大する。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:19 | 株式投資ニュース

泉州電業は3Q好決算も利益確定売りが先行し急反落

 泉州電業<9824>(東2)は5日、85円安の974円まで下げて3営業日ぶりに急反落している。前週末2日大引け後に今10月期第3四半期(3Q)決算を発表、2ケタ増収増益と大きく続伸し、今年5月に再上方修正した10月通期業績に対して順調な進捗率を示したが、全般相場の続落が響き利益確定売りが先行し、東日本大震災の復旧・復興関連の割安修正買いは不発となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

ストリームは2Q業績上方修正で増益転換し急反発

 ストリーム<3071>(東マ)は5日、3500円高の5万9500円まで買い進まれ急反発し、14時13分現在は変わらずとなっている。前週末2日大引け後に今1月期第2四半期(2Q)業績の上方修正を発表、期初の減益転換予想が増益転換することが、EC(電子商取引)関連の割安株を再燃させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:16 | 株式投資ニュース

アドアーズがマカオでの1号店を好感し値上がり率1位

 ゲームセンター経営のアドアーズ<4712>(JQS)は5日の後場81円(22円高)まで上げ、値上がり率37%台で、後場は所属市場の1位に躍進する相場となっている。前週末売買日の2日、マカオで準備を進めていた1号店の許認可が降り、この日付けで営業を開始したと発表したことが材料視された。野田新内閣では、「復興カジノ特区」の設置が現実味を帯びる可能性があり、同社のノウハウが生かされる可能性に期待する動きがある。株価の80円台は3月以来になり、NY株の波乱の影響などの少ない銘柄として売買人気が集まっている。

>>アドアーズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

KNTが東京都の補助を活用の被災地応援ツアーを材料に一段高

 旅行大手のKNT<9726>(東1)は5日の後場寄り後に一段高となり105円(7円高)。NY株式の前週末253ドル安やユーロ安・円高の再燃を受けて日経平均の下げ幅が150円台になる中で、円高による海外ツアーの増加期待や、東京都による大震災被災地での観光補助の効果に期待が集まっている。13時には値上がり率6%代で東証1部の4位につける場面があった。

 東京都は、6月の補正予算に1億5000万円を計上し、東京都民が大震災の被災地に観光旅行を行う場合に都民1人あたり1泊3000円(5万泊分)を負担する補助制度を実施。同社はじめ旅行業界が9月から被災地観光を積極化させることが材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:00 | 株式投資ニュース

野田スクリーンは1Q悪決算と自己株式消却が綱引きし急反落

 野田スクリーン<6790>(東2)は5日、1220円安の2万2400円まで下げて3営業日ぶりに急反落し、8月23日につけた年初来安値2万1420円を覗いている。前週末2日大引け後に今4月期第1四半期(1Q)の大幅減収減益決算と自己株式消却を発表、好悪材料が綱引きとなり、利益確定売りが優勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:33 | 株式投資ニュース

クックパッドは3営業日ぶりに急反発、1Q業績減益転換も市場予想上回る

 クックパッド<2193>(東マ)は5日は、125円高の1725円まで上げて3営業日ぶりに急反発している。前週末2日大引け後に今4月期第1四半期(1Q)決算を発表、減益転換して期初予想の第2四半期(2Q)累計業績に対して低利益進捗率にとどまったが、市場コンセンサスを上回ったことを見直しディフェンシブ業態を評価したスマートフォン関連株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:35 | 株式投資ニュース

エムスリーは「医療従事者専門サイト」の成長性を評価して急反発

 会員制の医療従事者専門サイト「m3.com」の運営が主たる事業のエムスリー<2413>(東1)は5日、2万2000円高の66万3000円まで買われて急反発している。同社の医師会員数は今2012年3月期第1四半期でも4000人増え20万9000人に達している。また、米国子会社はすでに黒字を計上するまでに成長したほか、前月8月には英国の医師向けポータルサイト運営会社を買収、早期の収益寄与が期待されている。そうした成長性を評価する形で株価は上昇基調にある。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:17 | 株式投資ニュース

第一商品が金相場の大幅続伸を映してストップ高

 第一商品<8746>(JQS)は5日、買い気配で始まったあと上値を追い、10時過ぎに100円ストップ高の603円に達したまま前引けとなった。「金」現物・先物市場などに実績があり、今朝の東京工業品取引所で金先物取引が大幅続伸となり、1グラム4670円台に進み、中心限月ベースで8月23日に付けた過去最高値4725円以来の水準と伝えられことが材料視された。金は前週末のNY市場で急騰し、指標銘柄が47.80ドル高の1876.90ドルだった。

>>第一商品のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | 株式投資ニュース

モルフォはIPO後初決算の3Q低利益進捗率業績を嫌気して急続落

 モルフォ<3653>(東マ)は5日、750円安の5250円まで下げて急続落している。前週末2日大引け後に今年7月の新規株式公開(IPO)後の初決算となる今10月期第3四半期(3Q)決算を発表、上場時予想の10月通期業績に対して低利益進捗率にとどまったことを嫌気して利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース

バルスはMBO価格にサヤ寄せしストップ高買い気配

 バルス<2738>(東1・監理)は5日、寄り付きから買い気配値を切り上げ1万円高の7万8500円買い気配とストップ高して急続伸、8月9日につけた年初来安値6万1800円から底上げしている。前週末2日大引け後に同社の高島郁夫社長が、代表取締役を務めるTMコーポレーション(東京都渋谷区)が、同社株式を株式公開買い付け(MBO・現経営陣により株式買収)をすると発表、同社も賛同意見表明と株主への応募推奨を取締役会決議したことから、MBO価格10万円へのサヤ寄せ思惑を強め、売り買い差し引き約13万株の買い物が集まっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

日本駐車場開発は6期ぶりの過去最高純利益更新予想を好感して急反発

 日本駐車場開発<2353>(東1)は5日、345円高の3885円まで買い進まれ急反発している。前週末2日大引け後に7月期決算を発表、前期は、今年5月の一部下方修正通りに連続増収増益率を縮めて着地したが、今期は6期ぶりの過去最高純利益更新を予想したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース

アドバンテストやトヨタ自動車が米国景気の鈍化懸念など受け安値更新

 アドバンテスト<6857>(東1)は5日、続落となり、一時926円(47円安)をつけて年初来の安値を更新。TDK<6762>(東1)も3140円(115円安)をつけて年初来の安値。前週末のNY株式の253ドル安を受け、米欧景気の先行きに対する鈍化懸念と電子部品関連需要の後退懸念が出ている。トヨタ自動車<7203>(東1)も一時2650円(61円安)と年初来の安値。円相場がいぜん高止まり状態であることもブレーキになっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 株式投資ニュース

大京は業績予想の増額修正を好感し急反発

 大京<8840>(東1)は5日、急反発の相場となり、買い気配のあと146円(10円高)まで上げ、10時を回っても143円(7円高)。前週末売買日の2日に発表した第2四半期の業績予想の増額修正を好感し、8月4日以来の145円台回復となった。

 第2四半期の業績予想(4〜9月)は、大震災により引渡しの下期ズレ込みを見込んでいた物件が当初の計画通りの見込みとなったこと、その他の物件も順調なことなどを要因に、売上高を980億円から1150億円に、営業利益は30億円から45億円とするなど、全体に増額修正した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | 株式投資ニュース

オーイズミが「復興カジノ」期待を強めて戻り高値を更新

 メダル計数機のオーイズミ<6428>(東1)は5日、続伸し戻り高値を更新する始まりとなり、280円(7円高)で寄ったあと297円(24円高)。「復興カジノ」関連銘柄として野田新内閣の発足から人気化し、値上がり率7%台で、朝寄り後の東証1部で3位前後につける相場となった。

超党派国会議員による議員連盟「国際観光産業振興議員連盟」(通称、カジノ議連)による議員立法法案の提出が昨年来、たびたび注目されており、新内閣に推進派と目される中川正春氏(文部科学相)ほかが入閣したため、期待が再燃した。マミヤ・オーピー<7991>(東2)なども堅調。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは8月の「月次」を手控え要因に続落

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は5日、続落の始まりとなり、1万3660円(480円安)で寄ったあと1万3560円(580円安)円。前週末売買日の2日に発表した8月の「国内ユニクロ事業売上高推移」は、既存店が前年同月の90.6%で3カ月ぶりの減少となり、今期累計(2010年9月〜11年8月)は前期比94.0%だったことが手控え要因になっている。

 8月の直営店の売上高は同95.6%となり、今期累計では同98.9%。直営店の売上高が前期実績を下回るのは03年8月期以来、8期ぶりとなると伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース
2011年09月03日

クックパッドは通期予想を据え置き当面「ボックス相場」

■第1四半期は増収減益

 クックパッド<2193>(東マ)は2日の大引け後、第1四半期決算(5〜7月)を発表。主事業の料理レシピサイトがスマートフォン向けなどに拡大し、売上高は前年同期比15.3%増の8.4億円となった。営業利益は開発費用の増加などにより同1.9%減の3.9億円だった。
 
 今4月期の業績予想は据え置き、売上高は前期比22.6%増の40億円、営業利益は同15.1%増の18.7億円、純利益は同18.2%増の10.0億円、1株利益は62円04銭。

 株価は4月以降、おおむね1400円前後から1800円前後の幅で高下しており、週末2日の終値は1600円(2円安)で、もみ合いゾーンの中間あたり。業績予想を据え置いたため、もうしばらくこのゾーンを高下する可能性が出てきた。この場合、当面は、もみ合い相場を利用して下限水準で買い、上限付近で売却する「ボックス売買」が有利になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリング「ユニクロ」は12カ月累計で8期ぶり前年割れ

■8月まで「月次」出そろい直営店は前期の98.9%

 ファーストリテイリング<9983>(東1)が2日の大引け後に発表した「国内ユニクロ事業の売上高・速報」(8月分)は、既存店の売上高が前年同月の90.6%となり3カ月ぶりに減少した。今期初からの累計(1010年9月〜11年8月)は前年同期の94.0%となった。7月はクールビズ関連などが好調で同111.2%だったものの、8月は、月前半の低温による影響で、夏物販売の動きが鈍かった。

 また、新設店舗を含む直営店ベースでは、8月が同95.6%となり、今期累計は同98.9%。直営店ベースで前期比減少になるのは、03年8月期以来、8期ぶりになる。

 株価は8月22日に年初来の高値1万5080円をつけたあと微調整の動きになっており、週末2日の終値は1万4140円(330円安)。微調整に入ってからは下値を1万4200円、1万4190円に下げ止まってきたものの、22日にこれを下回ったため、テクニカル的には目先的に下押す相場に入り、1万3500円前後まで想定する見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:47 | 株式投資ニュース