[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/31)アステラス製薬は固定資産売却益100億円を好感して反発
記事一覧 (08/31)IHIはMBO応募・特別利益発生を好感して5日続伸
記事一覧 (08/31)日清紡ホールディングスは業績予想の減額修正を受けて急反落
記事一覧 (08/31)グリーは円高が再燃しても買える銘柄と続伸し高値を更新
記事一覧 (08/31)ネット犯罪の増加に伴い、フォーカスシステムズに注目
記事一覧 (08/31)太平洋セメントは公募増資の発表を敬遠し値下がり率1〜2位
記事一覧 (08/31)レナウンが値上がり率1位!筆頭株主・山東如意に伊藤忠商事の出資を好感
記事一覧 (08/31)東京電力は「補償」詳細を好感するが金額の全貌が見えず軟調
記事一覧 (08/31)【話題株】マニーは東証2部上場承認で下げ過ぎ訂正買いが再燃し反発
記事一覧 (08/31)【話題株】扶桑電通は自己株式取得・立会外買付で業績悪をハネ返し3連騰
記事一覧 (08/31)【記念増配株】ヤマザワは2Q記念増配で復興関連の割安株買いが拡大し高値更新
記事一覧 (08/31)【話題株】コスモ石油は風力発電事業増強報道を手掛かりに急反発
記事一覧 (08/30)【話題株】トヨタは安値水準から反発、電力使用制限令の前倒し終了に円安もオン
記事一覧 (08/30)【話題株】ソフトバンクは買い増勢となったが引けにかけては利確売りに押される
記事一覧 (08/30)【話題株】SRAHDは自己株式TOBで割安株買いが拡大し3連騰
記事一覧 (08/30)東京電力が補償相談業務を1200名から6500名に拡充−−引け後のリリース
記事一覧 (08/30)テンプホールディングスが日本経済新聞社の派遣事業を子会社化
記事一覧 (08/30)JR東海がドイツ証券の積極評価を受け値上り幅4位
記事一覧 (08/30)NIPPOがプラントエンジニアリング事業の移管を好感し3日続伸
記事一覧 (08/30)グリーとディー・エヌ・エーは新内閣で円高を防げなくても買えると活況高
2011年08月31日

アステラス製薬は固定資産売却益100億円を好感して反発

 アステラス製薬<4503>(東1)は31日、31円高の2875円まで上げて反発している。前日30日大引け後に同社の固定資産を譲渡、売却益100億6700万円を今3月期第2四半期(2Q)累計業績に計上すると発表したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:37 | 株式投資ニュース

IHIはMBO応募・特別利益発生を好感して5日続伸

 IHI<7013>(東1)は31日、5円高の193円まで上げて5営業日続伸している。前日30日大引け後に立飛企業<8821>(東2・監理)新立川航空機<5996>(東2・監理)が、MBO(経営陣が参加する買収)を発表、同社もMBOに応募することから、約140億円の投資有価証券売却益が発生、今3月期純利益を上方修正、減益転換率を縮小することを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:30 | 株式投資ニュース

日清紡ホールディングスは業績予想の減額修正を受けて急反落

 日清紡ホールディングス<3105>(東1)は31日、急反落の相場となり、9時50分にかけて693円(46円安)まで下落。昨日、業績予想を減額修正し、3月通期の営業利益は従来予想の140億円から110億円(前期比約45%減)としたことが手控え要因になった。

 減額修正の要因としては、連結子会社の新日本無線<6911>(東1)が構造改革費用を計上することなどもあった。新日本無線も急反落となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

グリーは円高が再燃しても買える銘柄と続伸し高値を更新

 グリー<3632>(東1)は31日、続伸の始まりとなり、寄りあと2495円(47円高)まで上げ、8月18日につけた年初来の高値2491円を更新。10時20分にかけては2470円(22円高)前後で、いぜん上値をうかがう相場となっている。円高の再燃やNY株式の再波乱が発生した場合でも、相対的に影響の小さい銘柄として人気が続いている。

 同社株は、野田・民主党新代表の首相就任が決まった昨日も堅調相場となり、円高対策などに期待が広がった中で、円高防止に失敗しても買える銘柄と位置づける投資家がみられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:23 | 株式投資ニュース

ネット犯罪の増加に伴い、フォーカスシステムズに注目

■海外ベンダーとの連携を強化し、国内No1のフォレンジックベンダーを目指す

フォーカスシステムズのホームページ インターネットの普及と共に、ネット犯罪も増えている。本日で、8月も終わりであるが、この1ヶ月だけでも、「地銀ネットバンク不正急増、勝手に送金被害」、「狙われる機密情報、防衛省と経済産業省にサイバー攻撃」、「科学誌ネイチャー日本版で情報流出 カード不正利用被害確認」、「警察庁のホームページ サイバー攻撃に」、「顧客に成り済まし商品盗む ビックカメラに不正アクセス」といった事件がニュースとして流れた。
 そこで注目されるのが、フォーカスシステムズ<4662>(JQS)。同社は、警察庁、海上保安庁、防衛省、税関、法務省に強いパイプを持ち、フォレンジックの最新システムを導入している。ハード、ソフトを含めて色々と組合わせてトータルな提案が出来るのが強みで、現在、日本で最先端のソリューションを提案できる企業といえる。
 同社では、「セキュリティ機器関連事業は、海外ベンダーとの連携を強化しつつ国内No1のフォレンジックベンダーを目指す」としているように、6月には、米国Passware Inc.のフォレンジック用パスワード解析ソフトウェアPassware Kit Forensicに関して日本国内における独占的販売契約を締結、7月には、フォレンジックソフトウェア最大手である米国のガイダンスソフトウェア社と国内における正規販売代理店契約を締結している。
 不正アクセスにより、ネットの顧客情報を盗み出す手口は様々で、その都度対応していくために、「いたちごっこ」の感はあるが、セキュリティ技術により、犯罪を抑制する一方で、犯人を逮捕するためのフォレンジックの技術も進み、市場規模は拡大している。

>>フォーカスシステムズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

太平洋セメントは公募増資の発表を敬遠し値下がり率1〜2位

 太平洋セメント<5233>(東1)は31日、大幅安の始まりとなり、売り気配のあと129円(29円安)で寄り付き、その後も13%安の137円(21円安)前後で推移。東証1部の値下がり率1〜2位となった。昨日、新株発行による公募増資を発表。需給悪化懸念が先行した。

 同社は30日の大引け後、2億5000万株の公募増資などを発表。調達資金は最大375億円。これにより、発行済み株式総数が最大30%増えることになるとして、需給悪化の懸念が先に走った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:59 | 株式投資ニュース

レナウンが値上がり率1位!筆頭株主・山東如意に伊藤忠商事の出資を好感

 レナウン<3606>(東1)は31日、急伸の始まりとなり、買い気配のあと176円(20円高)で寄り付き、その後186円(30円高)まで上昇。一時19%高となり、9時30分にかけても値上がり率1位の相場となった。1位株主の中国・山東如意科技集団に伊藤忠商事<8001>(東1)が出資すると今朝の日本経済新聞で伝えられ、好感する動きが広がっている。

 同社の1位株主・山東如意科技集団に伊藤忠商事が出資し、株式の30%を約2億ドル(約150億円)で取得すると伝えられた。レナウンと山東如意科技集団は、中国市場での積極出店などを開始しており、事業展開が加速する期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース

東京電力は「補償」詳細を好感するが金額の全貌が見えず軟調

 東京電力<9501>(東1)は31日、小甘い始まりとなり、384円(5円安)で寄ったあとは387円(2円安)を上値に一進一退。昨日、原発事故の「本補償」に向けた取り組みを発表。詳細については評価する動きがあるものの、引き続き、補償額の全貌が見えないため、手控える相場になっている。

 昨日発表の補償に向けた取り組みでは、宿泊費・休業による収入減などの実補償に加え、精神的損害として慰謝料のような補償も明記。補償相談業務に当たる人員は約1200名から6500名に拡充するとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:10 | 株式投資ニュース

【話題株】マニーは東証2部上場承認で下げ過ぎ訂正買いが再燃し反発

話題株 マニー<7730>(JQS)は30日、36円高の2641円と6営業日ぶりに反発した。29日大引け後に東京証券取引所から9月5日付けで東証第2部への新規上場を承認されたと発表、上場に際して新株式発行などの希薄化・需給悪化材料を伴わないことから、知名度や株式流動性の向上が期待できるとして下げ過ぎ訂正買いが再燃した。

 同社の株価は、東日本大震災発生で本社工場が被災したことから年初来安値2400円まで500円安したが、この後の震災損失計上などによる2011年8月期業績の下方修正では、悪材料出尽くしとして震災前の株価水準を回復した。ただ7月に開示した第3四半期の減収減益業績を嫌い再度、400円幅の調整をした。PERは16倍台と下げ過ぎを示唆しており、リバウンド幅の拡大を支援しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:00 | 株式投資ニュース

【話題株】扶桑電通は自己株式取得・立会外買付で業績悪をハネ返し3連騰

話題株 扶桑電通<7505>(東2)は30日、10円高の320円と3営業日続伸した。29日大引け後に自己株式取得と、立会外買付取引を発表、今9月期業績の低水準推移は織り込んだとして、下げ過ぎ訂正買いが増勢となった。

 自己株式取得は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行することを目的に、上限を70万株(発行済み株式総数の8.2%)、2億1700万円としており、きょう30日の寄り付き前の8時45分に前日終値310円で立会外買付を実施する。

 株価は、東日本大震災発生で年初来安値260円まで売られ、第2四半期累計業績の下方修正や第3四半期の赤字継続業績など悪業績が続いたが、悪材料織り込み済みとして震災前の300円台を回復した。なおPER9倍台、PBR0.4倍の下げ過ぎ訂正をサポートしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:00 | 株式投資ニュース

【記念増配株】ヤマザワは2Q記念増配で復興関連の割安株買いが拡大し高値更新

話題株 ヤマザワ<9993>(東1)は30日、50円高の1345円と3営業日続伸し、7月22日につけた年初来高値1298円を更新した。29日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)の記念増配を発表、好感して東日本大震災の復興消費関連の割安株が増勢となった。

 2Q配当は、今年10月に創立50周年を迎えるため、期初予想の普通配当13.5円に記念配当5円を上乗せして18.5円とするもので、年間配当は、期末配当13.5円を加えて32円(前期実績27円)に増配する。

 株価は、東日本大震災発生で上場来安値875円まで急落、震災による店舗被災・営業停止などで前期業績を下方修正したが、織り込み済みとして1000円台を回復、今期純利益のV字回復予想で年初来高値まで急伸し高値調整を続けていた。PER9倍台、PBR0.5倍の復興消費関連の割安株として上値挑戦が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:00 | 株式投資ニュース

【話題株】コスモ石油は風力発電事業増強報道を手掛かりに急反発

話題株 コスモ石油<5007>(東1)は30日、6円高の204円まで上げて3円高の201円と急反発した。30日付けの日本経済新聞で、同社が、風力発電事業の6割増強を前倒しで実施すると観測報道されたことを手掛かりに、再生エネルギー関連の割安株買いが再燃した。

 報道では、同社は、昨年2月に荏原<6361>(東1)からエコ・パワー(東京都品川区)を買収、同社は国内で25カ所、130基の風力発電所を操業、総出力は14万7000キロワットと国内第4位を占めているが、2014年をメドに東京、関西、中部の各電力会社の管内に風力発電所を1カ所ずつ新設し、合計で8〜9万キロワットの増強を計画しているとされた。

 投資額は、発電機などの資機材を中心に200〜300億円規模となり、当社は2016年の運転開始を予定していたが、再生エネルギー特別措置法成立で風力発電も全量買い取り制度の対象になることから2014年に前倒しする。

 株価は、東日本大震災発生で同社千葉製油所が火災事故を起こしたことなどから年初来安値180円まで100円安し、その後の前期業績の再上方修正で震災前の水準まで底上げしたものの、今期業績の減益転換予想で再度、188円まで再調整し底ばいを続けた。PER6倍台、PBR0.5倍の低位値ごろ割安株買いが続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:00 | 株式投資ニュース
2011年08月30日

【話題株】トヨタは安値水準から反発、電力使用制限令の前倒し終了に円安もオン

話題株 トヨタ自動車<7203>(東1)は30日、79円高の2794円まで上げて6円高の2721円と8月22日につけた年初来安値2696円から底上げした。

 30日前場引け後に経済産業省が、早朝からNHKテレビなどで観測報道されていた電力使用制限令の前倒し終了を正式に発表、生産増強に拍車が掛かるとして下げ過ぎ訂正買いが再燃し、前日の米国市場でNYダウが、254.71ドル高の1万1539.25ドルと続伸し、同社ADR(預託証券)も東京市場の終値に対して57円高(円換算値)で引け、為替相場も、1ドル=76円台後半と円安にふれていることなどもフォローの材料となった。

 電力使用制限令は、原発事故に伴う電力需給逼迫に対応して6月30日に発動され、東京電力<9501>(東1)管内では7月1日から9月22日まで、東北電力<9506>(東1)管内では9月9日までそれぞれ大口需要家向けに15%の節電を義務付けた。正式発表では、電力需給バランスの改善などから東日本大震災や新潟・福島豪雨の被災地では9月2日、東電管内では9月9日に各前倒しして終了する。

 トヨタの株価は、自動車生産の早期回復、販売台数の増加などで今3月期業績を上方修正したが、円高進行と世界同時株安に直撃されて年初来安値まで売られ、米フォードとのハイブリッド車の共同開発で100円幅の底上げしたものの底値圏推移が続いた。野田新内閣の円高対策などへの期待を高め一段の戻りを試す展開も想定される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 23:00 | 株式投資ニュース

【話題株】ソフトバンクは買い増勢となったが引けにかけては利確売りに押される

話題株 ソフトバンク<9984>(東1)は30日、53円高の2596円まで上げたが終値は1円安の2542円と小反落した。同社株は前週末26日大引け後に米国ヤフー株式売却により約447億円の特別利益を計上すると発表して反発したが、これに続いて前日29日大引け後に今度は、同社100%子会社の英国領ケイマン諸島法人、SFJが、議決権制限優先出資証券2000億円を発行すると発表、財務体質好転につながる資本政策と追撃材料視されて買い増勢となったが引けにかけては利益確定売りが増勢となった。

 優先出資証券は、昨年12月にボーダーフォンからBBモバイルの第一種優先株式と新株予約権、ならびにソフトバンクモバイル宛劣後債券を買い取り、この買取代金総額4125億円のうち、未払い分2000億円の支払い期日が、2012年4月に到来することに対応して発行する。

 子会社調達資金を連結子会社ガリレイ・ジャパンを通じて借り入れ、うち183億円をボーダーフォン向け未払い分に充当し、残りの165億円は2012年7月末までに償還する社債の償還資金に充当する。優先出資証券は、同社の少数株主持分として計上されグループの財務基盤を安定化させる。

 株価は、8月9日に発表した自己株式取得をテコに2799円までリバウンドしたが、世界同時株安や自然エネルギー推進の菅直人首相の退陣本決まり、さらにアップル社のジョブスCEO退任などが響いて年初来安値まで突っ込み、特別利益計上で底上げした。リバウンド幅拡大を支援しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:00 | 株式投資ニュース

【話題株】SRAHDは自己株式TOBで割安株買いが拡大し3連騰

話題株 SRAホールディングス<3817>(東1)は30日、33円高の805円まで上げて15円高の787円と3営業日続伸した。29日大引け後に自己株式の取得と自己株式の公開買い付け(TOB)を発表、TOB価格712円は、前日終値よりディスカウントされたが、株主価値の向上、需給好転につながるとポジティブに評価されて割安修正買いが拡大した。

 自己株式取得・TOBは、今年7月に死去した同社丸森隆吾会長の相続株主2名からそれぞれ保有する株式35万700株(発行済み株式総数の2.30%)の売却意向が伝えられ、株式の流動性や市場価格への影響を考慮し安定的な株主構成を維持するとともに、同社の連結ROEの向上にも寄与するとして実施することを取締役会決議された。

 TOBは、買い付け期間を8月30日から9月28日までの20営業日、買い付け株式数を70万1400株(同4.60%)、買い付け代金を5億639万円と予定している。TOB価格は、既存株主の利益を尊重し資産の社外流出を抑えるためディスカウントされた。

 株価は、前3月期業績の下方修正に東日本大震災発生が重なって年初来安値685円まで売られ、前期業績の上ぶれ着地、今期業績の続伸予想で818円までリバウンド、700円台央でのもみ合いが続いていた。PER8倍台、PBR0.7倍の割安修正を支援しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:00 | 株式投資ニュース

東京電力が補償相談業務を1200名から6500名に拡充−−引け後のリリース

■原発事故「本補償」に向けた取り組みを発表

引け後のリリース、明日の1本 東京電力<9501>(東1)は30日の大引け後、福島第1、第2原子力発電所の事故による原子力損害への本補償に向けた取り組みを発表。8月8日に成立した原子力損害賠償支援機構法を含む原子力損害賠償制度の枠組みのもとで、本補償を開始するとした。30日の株価は小幅続落となり、終値は389円(6円安)だった。

 発表では、まだ、事故が収束していないため、初回の請求については、事故発生日(3月11日)から8月末までに確定した損害とし、その後は、3カ月ごとに、その間の損害に対して請求を受ける。補償相談業務は、現在、社員約700名を中心に1200名規模。これを、10月をメドに、社員約3000名を含む6500名規模に拡大して業務に当たる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:36 | 株式投資ニュース

テンプホールディングスが日本経済新聞社の派遣事業を子会社化

■8月初には神戸製鋼所の派遣事業も80%取得

 テンプホールディングス<2181>(東1)は30日の大引け後、日本経済新聞社の100%子会社・日経スタッフの株式を90%取得し子会社化すると発表した。発表では、テンプスタッフと日本経済新聞社は、日経スタッフを通じて相互の企業価値を高めることを目的に同社株式の譲受・譲渡に関する協議を進め、このたび合意。これにより、両社の新たな協力関係が構築され、リソースを活用した円滑な事業推進が可能になるとした。

 テンプホールディングスは、8月8日に神戸製鋼所<5406>(東1)グループの派遣事業会社・コベルコパーソネルの株式を80%取得と発表している。

 30日の株価は堅調小動きとなり、終値は745円(前日比変わらず)。6〜7月に740円どころで推移し、8月9日には619円まで下げたものの、昨日からは745円まで回復。V字型の戻りとなった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:20 | 株式投資ニュース

JR東海がドイツ証券の積極評価を受け値上り幅4位

■新幹線も株価も「安全性」を前面に

 東海旅客鉄道(JR東海)<9022>(東1)は30日、急反発。後場63万5000円(1万5000円高)まで上げ、終値も63万2000円(1万2000円高)で、東証1部の値上り幅4位となった。ドイツ証券が投資判断「Buy」(買い)継続のまま目標株価を75.9万円から80.7万円に引き上げたと伝えられたことを材料視。円高の再燃やNY株式の再波乱が発生しても相対的に影響の少ない「安全パイ銘柄」と受け止められた。

 同証券では、新幹線輸送量などの着実な旅客回復などを評価し、会社側の業績予想を上回るとみている模様。株価は4月以降、60万円に近づくと下げ止まり反発。市場では、中国の高速鉄道の追突脱線事故を機に日本の新幹線の「安全性」が国際的に注目されている中で、株価も外部要因に対して「安全性」があるとの見方が出ていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:02 | 株式投資ニュース

NIPPOがプラントエンジニアリング事業の移管を好感し3日続伸

■JXホールディングスの協業効果に期待

 道路舗装の大手・NIPPO<1881>(東1)は30日、続伸となり、前場688円(42円高)まで上げ、終値も667円(21円高)で3日連続高。プラントエンジニアリング事業を会社分割し、石油元売最大手・JXホールディングス<5020>(東1)グループのエンジニアリング会社に移管することなどを昨日発表したことが好感された。

 プラントエンジニアリング事業の移管先であるJXホールディングスは、旧・新日本石油と旧・新日鉱ホールディングスが2010年4月に経営統合。NIPPOの株式を56.8%保有する1位株主。グループ内で事業の効率化が進み、協業効果が強まるとの期待が広がった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:44 | 株式投資ニュース

グリーとディー・エヌ・エーは新内閣で円高を防げなくても買えると活況高

■グリーは東証1部の売買代金2位

 グリー<3632>(東1)は30日の後場一段高となり、2458円(96円高)まで上昇。8月18日につけた年初来の高値2491円迫る相場になった。終値も2448円(86円高)で続伸。東証1部の売買代金2位となった。円高の再燃やNY株式の再波乱が発生しても相対的に影響の小さい銘柄として人気が継続した。

 後場は、国会で野田・民主党新代表の首班指名が行なわれ、日経平均は同氏の選出後も上げ幅100円台を保って新内閣の円高対策などに期待する相場を継続。この中で、グリーには、円高が防げなかった場合でも買える銘柄として市場に滞留する資金が流入したようだ。ディー・エヌ・エー<2432>(東1)も売買代金5位の活況で終値は4005円(85円高)となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | 株式投資ニュース