[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/28)ソフトバンクは2Q好決算が観測報道値を上回り下げ過ぎ訂正で急続伸
記事一覧 (10/28)アドバンテストは2Q業績赤字転落発表を嫌気して反落
記事一覧 (10/28)大和ハウス工業は2Q業績上方修正で売り方の買い戻しが先行し急続伸
記事一覧 (10/28)任天堂は業績再下方修正・赤字転落も悪材料出尽くしで急反発
記事一覧 (10/28)パナホームは通期業績も上方修正、割安株買いが再燃し反発
記事一覧 (10/28)中間期赤字の九州電力安値接近、通期未定、メール問題も頭押える
記事一覧 (10/28)ニコンが増額修正を好感し大幅続伸
記事一覧 (10/28)京セラは業績下方修正・減益転換を嫌い利益確定売りで急反落
記事一覧 (10/28)イーブックイニシアティブジャパンは買い気配続く
記事一覧 (10/28)好業績ヤーマン権利落後の高値更新、東証2部新高値は2社
記事一覧 (10/28)コマツは6連騰、業績下方修正を自己株式取得・消却で押し返す
記事一覧 (10/28)新規上場の菊池製作所は公開価格を50円上回る1150円で初値
記事一覧 (10/28)インターネットイニシアティブが増額修正を好感し値上がり率1位
記事一覧 (10/28)ソニーは「ソニー・エリクソン」100%子会社化を好感し続伸
記事一覧 (10/27)東映アニメーション 第2四半期連結業績は大幅増収増益
記事一覧 (10/27)【上方修正株】鶴弥は業績再上方修正に増配が加わり下げ過ぎ訂正で急反発
記事一覧 (10/27)【上方修正株】セリアは業績再上方修正で最高純益を伸ばし急反発
記事一覧 (10/27)ソネットエンタテインメントはゲーム好調で2ケタ増益−−引け後のリリース
記事一覧 (10/27)丸井グループは第2四半期の予想を「ねじれ修正」し営業利益など増額
記事一覧 (10/27)シャープは通期の予想売上高・営業利益を小幅減額修正
2011年10月28日

ソフトバンクは2Q好決算が観測報道値を上回り下げ過ぎ訂正で急続伸

ソフトバンク ソフトバンク<9984>(東1)は28日、205円高の2655円まで上げて急続伸している。前日27日大引け後に発表した今3月期第2四半期(2Q)累計決算が、27日付けの日本経済新聞朝刊の観測報道値や市場コンセンサスを上回り増益率を伸ばしたことを手掛かりに下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:39 | 株式投資ニュース

アドバンテストは2Q業績赤字転落発表を嫌気して反落

 アドバンテスト<6857>(東1)は28日、39円高の970円まで上げたが前引けは15円安の916円と反落した。前日27日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)の赤字転落決算を発表、市場コンセンサスを下回ったほか、前日の米国市場でNYダウが、339ドル高と大幅続伸したにもかかわらず、同社ADRの(預託証券)が、東京市場の終値に対して9円安(円換算値)と売られたことを嫌気している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:33 | 株式投資ニュース

大和ハウス工業は2Q業績上方修正で売り方の買い戻しが先行し急続伸

 大和ハウス工業<1925>(東1)は28日、29円高の1015円まで上げて急続伸している。前日27日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、今年6月の減益転換予想が増益となることから、売り方の買い戻し主導で内需割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:30 | 株式投資ニュース

任天堂は業績再下方修正・赤字転落も悪材料出尽くしで急反発

 任天堂<7974>(大1)は28日、610円高の1万1720円まで上げて5営業日ぶりに急反発している。前日27日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計決算の開示と同時に、今年7月に続きその2Q累計業績と3月通期業績の再下方修正を発表、2Q累計経常利益は、前日27日朝方の観測報道通りに赤字転落し、観測報道になかった通期業績も大幅赤字となり、市場コンセンサスを下回ったが、悪材料出尽くしとして下げ過ぎ訂正買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:24 | 株式投資ニュース

パナホームは通期業績も上方修正、割安株買いが再燃し反発

 パナホーム<1924>(東1)は28日、10円高の538円まで上げて5営業日ぶりに反発している。前日27日大引け後に10月20日に上方修正した今3月期第2四半期(2Q)累計決算の開示と同時に、20日に精査中としていた3月通期業績の上方修正を発表、市場コンセンサスを上回ることが東日本大震災の復興需要関連の割安修正買いを再燃させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:19 | 株式投資ニュース

中間期赤字の九州電力安値接近、通期未定、メール問題も頭押える

 九州電力<9508>(東1)は、2円安の1059円と5日続落、年初来安値1021円(6月9日)に接近している。27日(木)16時に第2四半期(4〜9月)決算を発表。

 営業損益で赤字72億7300万円(前年同期は利益761億9200万円)、最終損益でも赤字133億1300万円(同利益218億3600万円)。「原子力発電所の運転再開時期が不透明なため通期の業績は未定」ということだ。中間配当は30円を実施、期末配当については未定。

 「メールやらせ問題で政府との間でトラブルとなっていることが株価の頭を押えている。業績の厳しいことは、かなり織り込んでいるのでメール問題さえ解決すれば、底打ち反発も見込めるだろう」(中堅証券)。仮に、安値を下回るようだと、1990年以降では初となる4ケタ割れの心配も強まりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:17 | 株式投資ニュース

ニコンが増額修正を好感し大幅続伸

 ニコン<7731>(東1)は28日の前場、大幅続伸となり、1790円(77円高)まで上げ、前引けも1772円。昨日、第2四半期の予想営業利益(4〜9月)を360億円から500億円に引き上げるなどの増額修正を発表。NY株の急騰339ドル高も買い安心感をもたらした。1800円台を回復すれば10月11日以来になる。4〜9月期の予想売上高は従来予想を2.3%上回る4860億円に引き上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:04 | 株式投資ニュース

京セラは業績下方修正・減益転換を嫌い利益確定売りで急反落

 京セラ<6971>(東1)は28日、260円安の6940円まで下げて急反落している。前日27日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計決算の開示とともに、3月通期業績の下方修正を発表、税引前純利益が、期初の続伸予想から減益転換して市場コンセンスを下回ったことを嫌い利益確定売りが先行している。前日の米国市場で、NYダウが339ドル高し、同社ADR(預託証券)も、東京市場の終値に対して58円高(円換算値)で引けたことにも反応薄となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:00 | 株式投資ニュース

イーブックイニシアティブジャパンは買い気配続く

 28日、新規上場となったイーブックイニシアティブジャパン<3658>(東マ)は、10時50分にかけても買い気配を切り上げる好スタートとなり、公開価格760円に対し、1140円の気配値で売り約14.4万株・買い約53.5万株となっている。電子書籍の販売が主事業で、「美味しんぼ」や「ゴルゴ13」など人気アイテムが豊富。公募株数は20万株、売出株数は最大3万株。今1月期の業績予想は、売上高を前期比66.6%増、1株利益を107円73銭としている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

好業績ヤーマン権利落後の高値更新、東証2部新高値は2社

 ヤーマン<6630>(東2)は、9円高の1149円と10月19日の1148円を抜いて年初来高値を更新。10時15分時点では、東証2部の新高値は同社株と三條機械<6437>(東2)の2銘柄だけ。

 今年2月24日に株式2分割の権利を落とし、権利落後は3月安値610円に対し、5月に795円で二番底をつけ快調な上昇。美容健康機器の研究開発から製造、販売を手がける。商品品揃え豊富なことが強み。今期(2012年4月期)は、前期比12.0%増収、営業利益16.9%増益と好調見通し(9月14日公表)。中期では権利埋めの1944円を目指す展開とみられる。

>>ヤーマンのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

コマツは6連騰、業績下方修正を自己株式取得・消却で押し返す

 コマツ<6301>(東1)は28日、1228円高の2038円まで上げて6営業日続伸している。前日27日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)決算の開示に合わせて、3月通期業績の下方修正と自己株式取得・消却を発表、好悪材料が綱引きとなったが、業績下ぶれは、すでに10月19日に観測報道されており、織り込み済みとして、資本政策をポジティブに評価し下げ過ぎ景気敏感株買いが優勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース

新規上場の菊池製作所は公開価格を50円上回る1150円で初値

 菊池製作所<3444>(JQS)が、きょう28日にジャスダック市場に新規株式公開(IPO)された。公開価格は1100円、公開株式数は80万5000株となっている。寄り付きと同時に公開価格を50円上回る1150円で初値をつけ、その後は1160円まで上げて売り買いが交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:29 | 株式投資ニュース

インターネットイニシアティブが増額修正を好感し値上がり率1位

 インターネットイニシアティブ<3774>(東1)は28日、急反発の始まりとなり、30万5000円(2万400円高)で寄ったあと31万9000円(3万4400円高)。昨日発表した業績予想の増額修正を好感し、値上がり率は10%を超えて東証1部の1位に顔を出した。増額修正は、クラウドコンピューティングを含むネットワークサービスや運用保守の好調などを要因に、第2四半期の予想純利益(4〜9月)を10億円から13.5億円に見直すなど、利益全般を増額した。売上高は小幅減額。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:30 | 株式投資ニュース

ソニーは「ソニー・エリクソン」100%子会社化を好感し続伸

 ソニー<6758>(東1)は28日、続伸の始まりとなり、1709円(59円高)で寄ったあと1700円前後で推移。昨日、携帯機器の合弁会社ソニー・エリクソンの完全子会社化を発表したことを好感。また、NY株が急騰339ドル高となったことも買い安心感を広げている。

 発表では、ソニーがエリクソンの保有するソニー・エリクソンの50%の株式を取得し、携帯電話事業を営むソニー・エリクソンをソニーの100%子会社とすることで合意に至った。今回の取引により、ソニーはお客様の利便性向上、また事業の成長に向けて、タブレット、テレビ、PC など、ソニーの幅広いネットワーク対応コンスーマー製品群の中にスマートフォンをより迅速に組み込んでいくことが可能になる。さらにソニーは、ソニーの全ての製品及びサービスを対象とする広範な知的財産権のクロスライセンス及びワイヤレスモバイル技術に関する5 つの重要特許群もあわせて獲得。今回の取引に基づき、ソニーからエリクソンに対し、10億5,000万ユーロの現金が支払われるとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース
2011年10月27日

東映アニメーション 第2四半期連結業績は大幅増収増益

■好業績の要因は、各事業において「ワンピース」の人気が高かったことが挙げられる

 東映アニメーション<4816>(JQS)は27日、今12年3月期第2四半期連結業績を発表した。
 売上高16,276百万円(前年同期比46.1%増)、営業利益2,693百万円(同85.5%増)、経常利益2,884百万円(同76.3%増)、純利益1,749百万円(同75.8%増)と大幅増収増益となった。
 好業績の最大の要因は、映像制作・販売事業、版権事業、商品販売事業、イベント事業の各事業において、「ワンピース」の人気が高かったことが挙げられる。特にイベント事業での売上の伸び率は高く、前年同期比約5倍の売上となった。
 10月25日に通期連結業績予想の大幅上方修正を発表しているが、第2四半期の通期連結業績予想に対する進捗率は、売上高56.1%、営業利益67.3%、経常利益68.6%、純利益69.9%と目安の50%をいずれも上回っていることから、再度の上方修正も期待できる。
 27日の株価は前日比12円高の1720円となり、8日連続高となった。しかし、予想PER9.5倍、PBR0.78倍とまだ割安であり、チャート的にも中段持合からやっと上昇トレンドに入ろうとしているところ。好業績を背景に株価上昇が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 23:37 | 株式投資ニュース

【上方修正株】鶴弥は業績再上方修正に増配が加わり下げ過ぎ訂正で急反発

上方修正銘柄 鶴弥<5386>(東2)は27日、22円高の367円まで上げて16円高の361円と急反発した。26日大引け後に今年7月に続いて今3月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の再上方修正と2Q・期末配当の増配を発表、東日本大震災の復興特需思惑を再燃させ下げ過ぎ訂正買いが集まった。

 業績修正のうち2Q累計業績は、住宅着工戸数が低調推移するなか、販売体制を拡充して燃料価格高騰に対応して製品価格を値上げ、大震災による一時的な補修用役瓦の需要増があり、製品ロス率の低減や役瓦工場にロボットを導入した生産効率の向上も加わって再上方修正された。

 3月通期業績は、円高長期化、欧米景気の減速などの不透明状況が続き、新設住宅着工戸数も低調推移することから、2Q累計業績より上方修正幅をやや小幅化した。売り上げを7月増額値の据え置きとし、経常利益を1億5600万円、純利益を9100万円それぞれ引き上げ、純利益は、4億3400万円(前期比32%増)と続伸幅を拡大する。

 配当は、2Q・期末とも期初予想の各5円を7.5円に引き上げ、年間15円(前期実績10円)に増配する。

 株価は、大震災発生で復旧・復興特需思惑を高めて年初来高値585円をつけ、今期業績の伸び悩み予想で調整、7月の前回業績増額にも反応がなく317円まで調整、出直りを窺っていた。PER6倍台、PBR0.3倍、配当利回り4.0%の超割安修正に再発進しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 23:01 | 株式投資ニュース

【上方修正株】セリアは業績再上方修正で最高純益を伸ばし急反発

上方修正銘柄 セリア<2782>(JQS)は27日、2万4000円高の43万7000円と7営業日ぶりに急反発した。26日大引け後に今年8月に続いて今3月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の再上方修正を発表、前回増額時に窓を開けて年初来高値49万2000円まで急伸したことを連想し内需関連の割安株買いが再燃した。

 業績修正のうち3月通期業績は、8月増額値より売り上げを10億円、経常利益を10億円、純利益を8億円それぞれ引き上げ、純利益は、37億円(前期比59%増)と前期の過去最高を大幅に更新する。

 2Q累計業績を踏まえて再増額したもので、2Q累計業績は、来店客数が前回予想を上回って、直営既存店売上高が6.6%増で着地し、国際商品市況の上昇が緩和して比較的採算の良い雑貨の販売が伸び、販管費も業務効率化で増加が抑制されたことから再上方修正された。

 株価は、年初来高値から37万7000円まで調整、3分の2戻し目前まで出直ってきたが、PERは9倍台となお割安であり、高値へのキャッチアップを強めよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 22:12 | 株式投資ニュース

ソネットエンタテインメントはゲーム好調で2ケタ増益−−引け後のリリース

■第2四半期の営業利益は18%増

引け後のリリース、明日の1本 ソネットエンタテインメント<3789>(東1)は27日の大引け後、第2四半期決算(4〜9月)を発表。連結売上高は前年同期比4.1%増、営業利益は同17.6%増と堅調で、純利益は同47.0%増となった。メディア・エンタテインメント事業で、連結子会社のエムスリー<2413>(東1)などオンラインゲームの売り上げが好調に推移。オンラインゲームの構造改革によるコスト削減効果もあった。

 3月通期の予想は変更せず、全体としては予想通りに推移しているとして、売上高は前期比6.7%増の945億円、営業利益は同20.8%増の100億円、純利益は同14.7%増の42億円、1株利益は1万6435円91銭。

■決算は想定内の見方あり直近の安値を保つか注目

 株価は7月27日の38万6500円を高値に右肩下がり基調を続けており、直近の安値は10月4日の30万7000円。このあと14日に34万7500円まで戻して再び軟調。27日は堅調で小幅続伸となり、終値は32万5000円(2500円高)。この決算発表は予想の範囲内との見方があり、株価への寄与・影響は見方が分かれる雰囲気。直近の安値前後を割らなければ調整相場に一巡感が出るとみられる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:15 | 株式投資ニュース

丸井グループは第2四半期の予想を「ねじれ修正」し営業利益など増額

■株価は戻り高値のあと強もみあい

丸井グループ 丸井グループ<8252>(東1)は27日の大引け後、第2四半期業績(4〜9月)の予想を「ねじれ修正」し、売上高は従来予想の1980億円を1971億円に小幅減額した半面、営業利益は60億円から77億円に、経常利益も55億円から74億円に増額修正した。一方、純利益は、株式評価損を計上することから、これまでの30億円予想を11億円に修正した。第2四半期の決算発表は11月11日の予定。

 株価は9月12日の556円を安値に持ち直し、10月24日には628円まで上げ、その後は強もみあいの小動き。27日は後場614円(11円高)まで上げ、終値も612円(9円高)の小反発となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:45 | 株式投資ニュース

シャープは通期の予想売上高・営業利益を小幅減額修正

■株価は出直りを強めたまま一進一退

 シャープ<6753>(東1)は27日の大引け後、第2四半期決算(4〜9月)を発表。大型液晶パネルの生産を東日本大震災による資材不足などで操業停止したことなどにより、連結売上高は前年同期比12.6%減となり、営業利益は同22.8%減となった。ただ、営業・経常利益は会社予想を上回った。

 3月通期の予想は部分的に減額修正し、売上高を3兆500億円から2兆8000億円(前期比7.3%減)に見直し、営業利益は970億円から850億円(同7.7%増)に見直した。純利益は変更なく60億円(同69.1%減)、1株利益は5円45銭。

 株価は9月13日の567円を安値に持ち直し、10月は出直りを強めて17日に708円の高値に進んだあと一進一退。27日は一時698円(29円高)まで上げ、終値も694円(25円高)と強調相場で反発となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:30 | 株式投資ニュース