[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/30)プロミス核にコンシューマーファイナンスで国内トップめざす−−引け後のリリース
記事一覧 (09/30)国際航業ホールディングスはいちよし経研の評価で割安感を見直す
記事一覧 (09/30)KDDIは携帯3機種の電池パックリコールを手控え要因に値を消す
記事一覧 (09/30)【話題株】米社を買収の東洋製罐は伸びきれず戻り高値のあと軟化
記事一覧 (09/30)3年ぶり300円乗せの佐渡汽船、復興関連の一角で見直し
記事一覧 (09/30)ファーストリテイリングは「月次」の発表など迫り2日続伸
記事一覧 (09/30)ダイユーエイトが午後の四半期決算発表を好感し戻り高値
記事一覧 (09/30)国際計測器 株価は予想PER8.2倍、配当利回り5.8%と割負け感が強い
記事一覧 (09/30)ポケットカードが三井住友FGによる大株主の子会社化観測うけ値上がり率3位
記事一覧 (09/30)プロミスはTOB報道をテコに後場もストップ高気配で大量の買い物
記事一覧 (09/30)アヲハタは高値更新、通期業績の上方修正を見直し内需割安株買い
記事一覧 (09/30)ヒマラヤは連続最高純益予想も利益確定売りが先行し急反落
記事一覧 (09/30)ティムコ アウトドアマガジン「ランドネ」11月号に、Foxfireのウィメンズアイテムが掲載
記事一覧 (09/30)大和ハウス工業はリチウムイオン電池に反応薄いが相場は順調の見方
記事一覧 (09/30)セキチューは2QV字回復業績を見直し割安修正買いで反発
記事一覧 (09/30)日清食品ホールディングスは増税後の需要増加に期待あり4日ぶり高値
記事一覧 (09/30)ラクーンがハイブリッドな後払い決済サービスを好感し高値引け
記事一覧 (09/30)創薬ベンチャーのテラが旭化成との協業を好感しストップ高気配
記事一覧 (09/30)三益半導体は業績続伸予想も市場コンセンサスを下回り急反落
記事一覧 (09/30)ローソンは観測報道を上回り通期業績上方修正ももみ合う
2011年09月30日

プロミス核にコンシューマーファイナンスで国内トップめざす−−引け後のリリース

■三井住友フィナンシャルグループがTOBを発表

引け後のリリース、明日の1本 三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)は30日の大引け後、消費者金融のプロミス<8574>(東1)の完全子会社化に向けた基本契約を締結したと発表。三井住友銀行がプロミスの株式を1株780円で公開買い付け(TOB)し、プロミスが実施する第三者割当増資を三井住友フィナンシャルグループか三井住友銀行が引き受けるとした。TOB期間は10月18日から11月30日までの予定。17時から両社が合同会見。コンシューマーファイナンス事業において国内トップの地位を構築することを目指すと伝えられた。

■プロミスは上場廃止の可能性

 発表では、公開買い付け者(三井住友銀行)は、本日現在で対象者(プロミス)の普通株式を20.71%保有し、持分適用関連会社としており、完全子会社化をめざす。買い付け株数に上限を設定していないため、プロミスの株式は上場廃止になる可能性があるとした。

 一方、プロミスは大引け後、業績予想の修正を発表。2012年3月期の連結営業利益は220億円の黒字から1927億円の赤字に、純利益は175億円の黒字から1954億円の赤字に見直した。昨年6月の総量規制の導入や、同年9月の同業大手による会社更生法適用申請による影響などについてもデータの分析が進み、利息返還関連の引当金のより精緻な見積もりが可能となったことなどが要因。第2四半期末に約3900億円の利息返還関連の引当金を計上する。

 三井住友フィナンシャルグループの株価は、このTOBに関する観測報道が朝の日本経済新聞で伝えられたため、前場2256円(37円高)まで上伸。ただ、後場は軟調に転じて2193円(26円安)まで下げ、終値は2206円(13円安)だった。0.6%安。プロミスの株価はストップ高の659円(100円高)。週明け3日のストップ高は100円高の759円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:03 | 株式投資ニュース

国際航業ホールディングスはいちよし経研の評価で割安感を見直す

■PBR激安0.3倍前後

国際航業ホールディングスのHP 国際航業ホールディングス<9234>(東1)は30日、小幅だが続伸となり、前場226円(11円高)まで上げ、終値も218円(3円高)。PBR0.3倍(1株純資産の0.3倍)前後という激安水準にあり、本日は、いちよし経済研究所が電力の全量買い取り制度により中期的な業績モメンタムが転換する可能性を指摘したと伝えられたことが見直しにつながったようだ。

■電力の買い取り制度で変貌の可能性

 同社は、航空測量の大手である優位性を活用し、航空データから日照などをシミュレーションし、太陽光発電に最適な環境を提供するなどのサービスなどを展開。自社グループでもメガソーラー発電所を運営し、海外では欧州を中心に展開。国内では9月12日、群馬県館林市内に、当社グループにとって関東地方初となる太陽光発電施設「館林ソーラーパーク」を、企画から開発まで約4カ月という最短期間で完成させたと発表した。

>>国際航業ホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:23 | 株式投資ニュース

KDDIは携帯3機種の電池パックリコールを手控え要因に値を消す

■稼働台数は約55万台

 KDDI<9433>(東1)は30日の終値が53万6000円(1万9000円安)となり、3日続落。朝方は55万9000円(4000円高)まで上げたものの、2007年から09年にかけて発売した携帯電話3機種の電池パックに発熱・発煙などの恐れがあり、リコール(無償回収、交換)するとの発表が伝わると次第に値を消した。
 
 発表では、3機種は、2007年から09年にかけて、当時のカシオ日立モバイルコミュニケーションズが製造。合計の出荷台数は約149万台、稼働台数は約55万台。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:55 | 株式投資ニュース

【話題株】米社を買収の東洋製罐は伸びきれず戻り高値のあと軟化

■円高とらえた機動的な判断と評価

話題株 包装容器国内首位の東洋製罐<5901>(東1)は30日の朝、製缶・製蓋機械メーカーの世界的大手ストーレ・マシナリー・カンパニー社(Stolle Machinery Company,LLC、本社米コロラド州)を約7億7500万ドル(約600億円)で買収すると発表。株価は、1200円(30円安)で寄ったあとジリ高となり、10時50分にかけて1236円(6円高)まで上げ、直近の戻り相場で高値を更新した。為替は1ドル77円で計算とし、海外展開の拡大に向け、打ち続く円高をとらえた機動的な判断と注目が集まった。

■減額修正を気にし出直り基調が続くか注目

 ただ、午後はダレ模様に転じた。発表会見で、海外売上高比率は現在の約7%から10%に上昇する見込み、などと伝えられ、期待を膨らませた割には数字が小さいとの受け止め方があった。また、同社は昨29日、業績予想の減額修正を発表。主に飲料容器の販売が当初の予定より減少する見通しとして、3月通期の予想営業利益は195億円から150億円(前期実績は約250億円)に見直した。このため、株式売却の機をうかがっていた向きが動き出したとの見方が出ている。

 8月以降の調整相場では、9月に入り下げ止まって出直り基調をみせているなかで、8月下旬につけた戻り高値が1231円。本日は一時1236円まで上げ、戻り高値を更新したものの、再び上値が重くなるかどうか、しばらく注目する必要がありそうだとの見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:27 | 株式投資ニュース

3年ぶり300円乗せの佐渡汽船、復興関連の一角で見直し

 佐渡汽船<9176>(JQS)は、15円高の300円と買われ年初来高値を更新、2008年9月以来ほぼ3年ぶりに300円台に乗せた。「このところ、地方銀行株が買われるなど、内需株見直しの中で地方銘柄を物色する動き」(中堅証券)。新潟と佐渡を結ぶフェりー、ジェット船を運航、復興が進めば観光客も増えることが期待される。無配だけに深追いはできないものの、チャートでは350円前後までフシはない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:06 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは「月次」の発表など迫り2日続伸

ユニクロ ファーストリテイリング<9983>(東1)は30日の後場も堅調に推移し、14時28分に1万4070円(190円高)まで上伸、終値も1万3990円(110円高)で、小幅ながら続伸となった。毎月1〜2日に発表する月次動向(国内ユニクロ事業売上速報)に期待する動きがあった。

 また、2011年8月期の決算発表は10月13日前後に予定と伝わり、国際戦略などの披露に期待が高まった。株価は8月22日の1万5080円を高値に右肩下がりのもみ合い相場を形成しており、昨29日の1万3330円が直近の安値。1万4500円台を回復すれば、この下降トレンドが転換するという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:22 | 株式投資ニュース

ダイユーエイトが午後の四半期決算発表を好感し戻り高値

 ダイユーエイト<2662>(東1)は30日の14時に第2四半期決算(2月21日〜8月20日)を発表。株価は持ち直す形で再騰となり、発表前の690円(13円高)前後から700円(23円高)まで上げた。戻り高値を更新。第2四半期は、売上高が前年同期比17.4%増加の193.8億円となり、純利益は同約31倍の3.7億円。2月通期の予想は据え置き、売上高は前期比10.2%増の370億円、純利益は同5.3倍の4.3億円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:42 | 株式投資ニュース

国際計測器 株価は予想PER8.2倍、配当利回り5.8%と割負け感が強い

■今期の売上高は上振れる可能性が高い

国際計測器のホームページ バランシングマシーンの国際計測器<7722>(JQS)の30日(午後2時現在)の株価は、前日比6円高の686円。予想PER8.2倍、配当利回り5.8%と割負け感が強い。
 今通期連結売上高は、11,000百万円(同2.2%増)を見込んでいる。ところが、5月31日に開催された決算説明会で、松本繁代表取締役社長は、「今期売上高予想は110億円としていますが、リーマン・ショックの影響が残っているのか、少し弱気の数字と思えます。」と語っているように、今期の売上高は上振れる可能性が高い。
 8月8日に発表された第1四半期連結売上高は1,668百万円(前年同期比32.0%増)と大幅増収。また、第1四半期間中に、中国をはじめとするアジアのタイヤメーカーからの製造ライン向けタイヤ関連試験機を中心に3,566百万円(同3.8%増)の受注を獲得している。
 株価は、株式市場の低迷に影響を受けている。同社は既に、リーマン・ショックの影響から脱し、前期でV字回復を達成し、今期も2ケタ増益を見込んでいる。株価の見直しが予想される。

>>国際計測器のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:35 | 株式投資ニュース

ポケットカードが三井住友FGによる大株主の子会社化観測うけ値上がり率3位

 ポケットカード<8519>(東1)は30日の後場290円(29円高)前後で推移し、前場の高値307円(46円高)からは騰勢一服。ただ、14時25分にかけては値上がり率9%台で東証1部の3位となっている。1位株主がプロミス<8574>(東1)。今朝の日本経済新聞で、三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)がプロミスを完全子会社化の方向と伝えたことが材料になった。なお、朝三井住友フィナンシャルグループとプロミスは、ともに朝8時台に「決定した事実はない」といった内容のIR開示を発表している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース

プロミスはTOB報道をテコに後場もストップ高気配で大量の買い物

プロミス プロミス<8574>(東1)は30日、100円高の659円買い気配とストップ高して4日続伸し、前引け段階で売り買い差し引き5200万株超の買い物を残したが、後場はストップ高気配水準でさらに買い物が増加している。きょう30日付けの日本経済新聞で、同社の筆頭株主の三井住友銀行が、同社を完全子会社化する方針を固め、同社株式を公開買い付け(TOB)し、さらに1000億円超の第三者割当増資にも応じ、グループ企業の位置付けを明確化すると観測報道されたことが買い手掛かりとなっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース

アヲハタは高値更新、通期業績の上方修正を見直し内需割安株買い

 広島県に本社を置きジャム等を製造販売しているアヲハタ<2830>(東2)は30日、8円高の1393円まで上げて小幅ながら5日続伸し、7月4日につけた年初来高値1390円を更新した。9月9日に今10月期第3四半期(3Q)決算の開示とともに発表した10月通期業績の一部上方修正を見直し、内需割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:15 | 株式投資ニュース

ヒマラヤは連続最高純益予想も利益確定売りが先行し急反落

 スポーツ・ゴルフ用品等の小売りチェーン店を展開するヒマラヤ<7514>(東2)は30日、49円安の535円まで下げて4日ぶりに急反落している。前日29日大引け後に8月期決算を発表、前期単独業績は、期中の上方修正値を上ぶれて続伸し、今期も過去最高純利益の連続更新を見込んだが、利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

ティムコ アウトドアマガジン「ランドネ」11月号に、Foxfireのウィメンズアイテムが掲載

■秋の行楽シーズンを迎え、売上拡大が予想される

ティムコのホームページ フィッシング・アウトドア用品のティムコ<7501>(JQS)のアウトドア事業は、トレッキング(登山)用品のニーズが高く好調である。女性の衣料やバッグ、小物類などのアクセサリーが全般的に牽引している。
 そのような状況の中で、9月23日に発売の女性のためのアウトドアマガジン「ランドネ(フランス語でトレッキングや少々ハードな遠足の意)」11月号に、Foxfireのウィメンズアイテムが掲載されたことから、秋の行楽シーズンを迎え、売上拡大が予想される。
 今通期業績予想は、売上高2,776百万円(前期比2.0%増)、営業利益58百万円(同2.21倍)、経常利益64百万円(同45.8%増)、純利益11百万円(同21.7%減)を見込む。
 30日の株価(13時30分現在)は7円高の584円で、PBR0.24倍、配当利回り3.86%と割負け感が強い。チャートを見ると過去6ヶ月間で最安値圏、高配当であることから配当狙いの買いが予想される。

>>ティムコのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:37 | 株式投資ニュース

大和ハウス工業はリチウムイオン電池に反応薄いが相場は順調の見方

 大和ハウス工業<1925>(東1)は30日の後場1001円(9円安)で始まったあと992円(18円安)と軟調。同社が1位株主で約32%出資するリチウムイオン電池メーカー・エリーパワー社(東京・品川区、平成18年設立)の新工場建設という今朝の日本経済新聞の報道は注目されているものの、株価は前場の1007円(3円安)を上値に続き反応薄となっている。

 株価は、昨日1010円まで上げて戻り高値を更新。8月19日の安値881円を起点に、1カ月強で約15%上げ、1000円の大台を回復したため、多少の反落は当然との見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 株式投資ニュース

セキチューは2QV字回復業績を見直し割安修正買いで反発

 セキチュー<9976>(JQS)は、5円高の379円と反発し、8月22日につけた年初来高値404円を視界に捉えている。9月28日大引け後に発表した今2月期第2四半期(2Q)累計業績のV字回復を見直して割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:27 | 株式投資ニュース

日清食品ホールディングスは増税後の需要増加に期待あり4日ぶり高値

 日清食品ホールディングス<2897>(東1)は30日の後場も強調相場となり、寄りあと前場の高値3125円(30円高)に顔合わせし現在高。年初来の高値を4日ぶりに更新する相場になった。増税後は同社製品の需要が増加するとの読みがあるほか、同業の東洋水産<2875>(東1)に対し、シティグループ証券が目標株価を2400円から2500円に引き上げたと伝えられたことも材料になった。信用売り残に逆日歩が発生しているため、売り建てている向きは投資コストが高い状態。加えて値幅で損失が広がると、買い戻す動きが増加して一段高の要因と期待する向きもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:10 | 株式投資ニュース

ラクーンがハイブリッドな後払い決済サービスを好感し高値引け

■商習慣の変革に期待集まる

ラクーンのHP ラクーン<3031>(東マ)は30日午前、企業間取引の活性化拡大に向けた「Paid(ペイド)」の提供開始を発表。株価は急反応となり、始値の4万6500円(前日比変わらず)から急伸し、前引けは4万8000円(1500円高)の高値引けとなった。発表では、これによる24年4月期の業績予想に変更はないとしたものの、来期への期待が高まった。

 新発表の後払い決済サービスは、今までにない企業間(BtoB)取引のインフラ創造を目指す中で、同社の主事業「スーパーデリバリー」運営のノウハウと、昨年グループ入りしたトラスト&グロース社の売掛債権保証事業のノウハウをかけ合わせた「ハイブリッド」サービス。審査をへて「Paid」会員となった企業同士は、新規顧客でも後払い決済での取引が可能になるなど、BtoB業界の商習慣を変革する新しいサービスになる。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:16 | 株式投資ニュース

創薬ベンチャーのテラが旭化成との協業を好感しストップ高気配

 創薬ベンチャーのテラ<2191>(JQS)は30日、買い気配のままストップ高水準の370円(80円高)気配。旭化成<3407>(東1)と共同で、がん治療に使うワクチンの製造装置を開発すると今朝の日本経済新聞が伝えたことを好感。370円は、値がつけば8月8日以来の回復になる。旭化成は横ばい圏の471円(1円高)前後で推移。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:51 | 株式投資ニュース

三益半導体は業績続伸予想も市場コンセンサスを下回り急反落

 三益半導体工業<8155>(東1)は30日、55円安の732円まで下げて急反落している。前日29日大引け後の今5月期第1四半期(1Q)決算の開示に合わせて、期初に未定としていた今期第2四半期累計・通期業績予想を発表、連続増益を予想したが、市場コンセンサスを下回ることを嫌い利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:17 | 株式投資ニュース

ローソンは観測報道を上回り通期業績上方修正ももみ合う

ローソン ローソン<2651>(東1)は30日、30円高の4440円と3日ぶりに反発したあと、25円安と売り直されるなど前日終値を挟んでもみ合っている。前日29日大引け後に今2月期業績の上方修正を発表、9月15日の業績観測報道が2Q業績の上ぶれ観測にとどまっていたのに対して、2月通期業績までを上方修正したが、9月28日につけた年初来高値4500円に目前となっているだけに材料織り込み済みとして利益確定売りも交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:09 | 株式投資ニュース