[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/28)KDDIは「iPhone5」に期待の半面で料金収入減少の観測が重圧
記事一覧 (09/28)UCSは業績上方修正で増益転換し割安修正買いが再燃し急反発
記事一覧 (09/28)神奈川中央交通は5連騰、業績上方修正で増益転換し内需割安株買い
記事一覧 (09/28)伊藤忠食品は北海道の食品卸の完全子会社化に強弱対立し乱高下
記事一覧 (09/28)ニトリホールディングスは2Q業績が上方修正値を上ぶれ着地も利益確定売りで反落
記事一覧 (09/28)TOTOが本日はCS証券の積極評価を好感し連日戻り高値
記事一覧 (09/28)イオンディライトは目標株価の引上げ受け値上がり率2位で高値更新
記事一覧 (09/28)マルエツは2Q業績上方修正で経常増益転換し続伸
記事一覧 (09/28)東宝は2Q業績上方修正に広島再開発計画発表が加わり3連騰
記事一覧 (09/28)鈴丹は2Q増額業績発表で合併比率思惑も再燃し続伸
記事一覧 (09/28)ヤマハ発動機は北米でも効率化進み特別利益を好感し出直る
記事一覧 (09/28)ハニーズは1Q業績2ケタ減益も売り方の買い戻しが先行し急続伸
記事一覧 (09/28)ユニーは業績上方修正で売り方の買い戻しが先行し続急伸
記事一覧 (09/28)すてきナイスグループが住宅資金の贈与特例を材料に値上がり率2位
記事一覧 (09/28)ニトリホールディングスは第2四半期の減益を敬遠し軟調
記事一覧 (09/28)JTは政府の「完全売却」を好感し高値を更新
記事一覧 (09/28)サッポロホールディングスは1〜9月期好調の観測で上値試す
記事一覧 (09/28)【上方修正株】J.フロントは業績再上方修正で値ごろ内需株買いが再燃し急反発
記事一覧 (09/28)【上方修正株】京阪電気鉄道は高値肉薄、2Q業績上方修正で売り方の買い戻し先行
記事一覧 (09/27)【上方修正株】パスポートは業績増額・増配で減益率・減配幅を縮めて反発
2011年09月28日

KDDIは「iPhone5」に期待の半面で料金収入減少の観測が重圧

 KDDI<9433>(東1)は28日の後場も軟調で、14時15分にかけては57万5000円(1000円安)。米アップルのスマートフォン最新機種「iPhone(アイフォーン)5」の日本での発売はソフトバンク<9984>(東1)のほかにKDDIからも発売になるとの観測を受け、22日に66万8000円まで上げたあとは急反落相場となっている。市場では、「iPhone5」の発売に際し、データ通信料金をソフトバンクと同等の水準に引き下げるとすれば、営業利益にして400億円前後の減益要因との見方が出ているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 株式投資ニュース

UCSは業績上方修正で増益転換し割安修正買いが再燃し急反発

 UCS<8787>(JQS)は28日、30円高の362円まで上げて変わらずを挟み3日ぶりに急反発している。前日27日大引け後に今2月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の上方修正を発表、通期利益が、期初の減益転換予想から増益転換することを手掛かりに値ごろ妙味の割安株買いが再燃した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:59 | 株式投資ニュース

神奈川中央交通は5連騰、業績上方修正で増益転換し内需割安株買い

 神奈川中央交通<9081>(東1)は28日、2円高の428円と小幅ながら変わらずを挟んで5営業日続伸している。前日27日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の上方修正を発表、通期利益が、期初の連続減益予想から増益転換することを受けて売り方の買い戻しを交えて内需割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:41 | 株式投資ニュース

伊藤忠食品は北海道の食品卸の完全子会社化に強弱対立し乱高下

 伊藤忠食品<2692>(東1)は28日の11時に北海道地盤の大手食品卸スハラ食品(小樽)を完全子会社にする方針を発表。株価は、前引けの2909円(14円高)に対し、後場寄り直後に2867円(28円安)と乱高下商状をみせた。発表では、すでにスハラ食品の株式を35%保有。2011年3月から決算期を統一するなどの協業を進めているとしたため、材料としては新鮮味に欠けるようだ。13時40分にかけては2906円(11円高)と回復している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:40 | 株式投資ニュース

ニトリホールディングスは2Q業績が上方修正値を上ぶれ着地も利益確定売りで反落

 ニトリホールディングス<9843>(東1)は28日、160円安の7220円まで下げて反落している。前日27日大引け後に今2月期第2四半期(2Q)累計決算を発表、今年6月の上方修正値を上ぶれて経常利益が増益転換・続伸して着地したが、利益確定売りが先行している。2Q業績は、前年同期比4%増収、0.2%経常増益、7%純益減益となった。利益は、6月の増額値を20億円強上回った。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:17 | 株式投資ニュース

TOTOが本日はCS証券の積極評価を好感し連日戻り高値

 TOTO<5332>(東1)は28日の後場も堅調に始まり、寄りあとは663円から667円で推移。クレディ・スイス(CS)証券が昨日付けで目標株価を790円から850円に引き上げたと伝えられ、2日続伸で戻り高値を更新する相場となった。昨日は野村證券の積極評価を材料に上げた面があり、連日の好評価を受けて買い安心感が広がったようだ。株価は、年初来の高値742円(3月18日)まで上値が開けた形。PERは18倍前後のため、割安感は強くないものの、まずは700円の大台回復という雰囲気があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:59 | 株式投資ニュース

イオンディライトは目標株価の引上げ受け値上がり率2位で高値更新

 ビル施設管理のイオンディライト<9787>(東1)は28日の前場、急伸となり、1750円(120円高)で寄ったあと1930円(300円高)。7月につけた年初来の高値1832円を大きく更新し、10年6月の昨年来高値1923円も上回った。豪州系のマコーリー証券が投資判断を「アウトパフォーム」継続のまま目標株価を1700円から2000円に引き上げたと伝えられた。第2四半期決算(3〜8月)の発表は10月初旬に予定。業績に上ぶれ期待がある。前引けは1848円(218円高)、13%高で東証1部の2位。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:13 | 株式投資ニュース

マルエツは2Q業績上方修正で経常増益転換し続伸

 スーパーマーケットチェーンのマルエツ<8178>(東1)は28日、5円安の265円まで下げて反落している。前日27日大引け後に今2月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の修正を発表、2Q経常利益が期初の連続減益予想から増益転換するが、通期業績は営業収益が下方修正となったことが響き利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:48 | 株式投資ニュース

東宝は2Q業績上方修正に広島再開発計画発表が加わり3連騰

 東宝<9602>(東1)は28日、9円高の1366円まで上げて3日続伸している。前日27日大引け後に今2月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正と広島宝塚会館に再開発計画を発表、今年7月の今期第2四半期決算開示時に新宿東宝ビルの開発計画を発表して年初来高値1405円をつけた急伸場面を連想して買い増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース

鈴丹は2Q増額業績発表で合併比率思惑も再燃し続伸

 愛知県名古屋市本社を置きレディース衣料専門店を展開する鈴丹<8193>(東1)は28日、1円高の105円と小幅ながら続伸し、3月15につけた年初来安値95円に並ぶ安値水準から底上げしている。前日27日大引け後に9月22日に上方修正した今2月期第2四半期(2Q)累計業績を発表、来年2月を効力発生日とするパレモ<2778>(JQS)との合併比率換算思惑も再燃し極低位値ごろ株買いが先行している。同社はユニー<8270>(東1)の連結子会社。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:31 | 株式投資ニュース

ヤマハ発動機は北米でも効率化進み特別利益を好感し出直る

 ヤマハ発動機<7272>(東1)は28日、続伸の始まりとなり、999円(前日比変わらず)で始まったあと1020円(21円高)と出直る相場。昨日、カナダ子会社の全株式を米国の子会社に譲渡することで売却益106億円の特別利益の計上を発表したしたことが好材料になった。今期(2012年3月期)を最終年度とする3年中期計画では、国内の2輪車生産を2拠点から1拠点にまとめ、エンジン生産も集約するなどの構造改善を行なっており、北米事業も効率化が進んだ形になった。株価は8月初から日経平均に沿うようにジリ安基調のため、まずは直近の高値1087円(9月16日)を奪回すれば、長期低落トレンドに変化が現われるとみられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:19 | 株式投資ニュース

ハニーズは1Q業績2ケタ減益も売り方の買い戻しが先行し急続伸

 福島本社のレディース衣料チェーン、ハニーズ<2792>(東1)は28日、55円高の1032円まで上げて急続伸している。前日27日大引け後に今5月期第1四半期(1Q)決算を発表、減収・2ケタ経常減益転換して着地し、期初予想の第2四半期(2Q)累計業績に対して低利益進捗率にとどまったが、純利益が黒字転換し、通期業績の急回復予想にも変更がなかったことから、売り方の買い戻しが先行し内需割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:18 | 株式投資ニュース

ユニーは業績上方修正で売り方の買い戻しが先行し続急伸

 愛知県に本社を置き総合スーパーを展開するユニー<8270>(東1)は28日、21円高の744円まで上げて続急伸している。前日27日大引け後に今2月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の上方修正を発表、通期営業利益は、今年9月14日の業績観測報道値に未達となったが、売り方の買い戻しが先行し内需関連の割り負け訂正買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:13 | 株式投資ニュース

すてきナイスグループが住宅資金の贈与特例を材料に値上がり率2位

 マンション・戸建てのすてきナイスグループ<8089>(東1)は28日、小安く始まったあと切り返す相場になり、160円(2円安)で寄ったあとは169円(7円高)と続伸。国土交通省が2012年度の税制改正に住宅購入時の贈与税に関する特例措置の継続を要望と伝えられ、期待が広がった。9時50分にかけては値上がり率4%台ながら東証1部の2位。古い社名が「日榮住宅資材」だったから関連性は強いと連想する向きもあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース

ニトリホールディングスは第2四半期の減益を敬遠し軟調

ニトリ ニトリホールディングス<9843>(東1)は28日、反落の始まりとなり、7300円(80円安)で寄ったあとは7330円(50円安)を上値に一進一退。昨日発表した第2四半期決算(3〜8月)では、連結営業利益が前年同期比6.6%減の258.8億円となったことが敬遠要因となった。もっとも、直近の安値は一昨日・26日の7200円。その前の安値は8月9日の7110円があり、これらを割り込む様子は今のところ見受けられないと平穏なムードだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:41 | 株式投資ニュース

JTは政府の「完全売却」を好感し高値を更新

 JT<2914>(東1)は28日、37万5000円(8000円高)で寄ったあと39万6500円(2万9500円高)まで上げ、9月20日につけた年初来の高値を更新する始まりとなった。政府が復興増税の財源捻出に向け、当社株の完全売却などを決定と伝えられ、民営化による収益拡大などに期待が集まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース

サッポロホールディングスは1〜9月期好調の観測で上値試す

 サッポロホールディングス<2501>(東1)は28日、上値を試す始まりとなり、285円(1円高)でスタート。1〜9月期の連結営業利益が前年同期比約2割増の115億円程度になる見通し、と今朝の日本経済新聞が伝えたことが注目された。3月に連結子会社化したポッカコーポレーションが利益を押し上げるという。 

 ポッカの子会社化効果に加え、飲料事業や不動産事業も増益に寄与。飲料事業は東日本大震災後にミネラルウオーターが好調だったうえ、炭酸飲料や無糖系飲料も伸び、3月に発売したノンアルコールビール飲料「プレミアムアルコールフリー」も8月までの販売数量が75万ケースと好調という。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース

【上方修正株】J.フロントは業績再上方修正で値ごろ内需株買いが再燃し急反発

上方修正銘柄 J.フロント リテイリング<3086>(東1)は27日、19円高の348円と急反発した。26日大引け後に今年6月に続いて今2月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の再上方修正を発表、通期利益の減益転換率をさらに縮めることが、低位値ごろに内需株買いを再燃させた。

 業績再増額のうち2月通期業績は、売り上げを6月増額値より10億円、経常利益を23億円、純利益を16億円それぞれ引き上げ、純利益は、76億円(前期比14%減)と減益転換率を縮める。

 2Q業績が、百貨店事業の堅調な売り上げ推移や経費削減効果で上ぶれ、2Q業績を踏まえて2月通期業績も再上方修正した。

 株価は、前回6月の業績上方修正に銀座松坂屋の再開発計画提案をテコに390円の戻り高値まで40円高し、倍返しの調整となり300円台下位でのもみ合いが続いた。PERは23倍台と割高だが、PBR0.5倍と割り負けており、売り方の買い戻しを支援材料に下げ過ぎ訂正が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:03 | 株式投資ニュース

【上方修正株】京阪電気鉄道は高値肉薄、2Q業績上方修正で売り方の買い戻し先行

上方修正銘柄 京阪電気鉄道<9045>(大1)は27日、11円高の381円まで上げて7円高の377円と反発し、9月16日につけた年初来高値384円に肉薄した。26日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、減益転換率を縮小することが売り方の買い戻しを誘い内需株買いを再燃させた。

 2Q業績は、売り上げを期初予想より10億円、経常利益を15億円、純利益を12億円それぞれ引き上げ、純利益は、37億円(前期比9%減)と連続減益率を縮める。

 不動産販売業で物件の早期販売が実現し、不動産賃貸業でも賃貸ビルの新規取得時期が早まって売り上げが上ぶれ、経費の下期への繰り延べも加わり上方修正につながった。

 3月通期業績は、2Q決算発表時に公表するとしており、期初予想では純利益を57億円(前期比12%減)と減益転換を見込んでいる。

 株価は、300円台下位の下値固めから今期第1四半期の利益高進捗率業績や京都センチュリーホテル買収などを買い手掛かりに年初来高値まで下値を切り上げ、信用売り残も積み上がり信用倍率が0.09倍と大きく売り長となっている。投資採算的には割安感は小さいが、売り方の買い戻し主導で上値追いが続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:07 | 株式投資ニュース
2011年09月27日

【上方修正株】パスポートは業績増額・増配で減益率・減配幅を縮めて反発

上方修正銘柄 パスポート<7577>(JQS)は27日、6円高の250円まで上げて3円高の247円と反発した。26日大引け後に今2月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の上方修正と期末配当の増配を発表、減益転換率と減配幅を縮めることが内需関連の割安修正買いを再燃させた。

 業績修正のうち2月通期業績は、4月開示の予想値より売り上げを3億円、経常利益を8000万円、純利益を5000万円それぞれ引き上げ、純利益は、2億円(前期比27%減)と前期の過去最高からの減益転換率を縮める。

 東日本大震災の影響で厳しい状況が続くと想定していたが、商品開発で「カワイイ」商品づくりと「楽しい」商品の品揃えの推進や、利益重視の経営継続で上方修正につながった。

 期末配当は、4月に6円(前期実績10円)と減配を予想したが、8円に増配して減配幅を縮める。

 株価は、東日本大震災発生で年初来安値140円まで突っ込み、下げ過ぎ訂正と今期第1四半期の高利益進捗率業績をテコに256円まで底上げして高値もみ合いを続けてきた。PER6倍台、PBR0.8倍、配当利回り3.2%の割安修正で一段の戻りを試そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:04 | 株式投資ニュース