[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/31)IHIが発行株数の0.17%相当の自己株取得を発表
記事一覧 (08/31)モロゾフが夏季商品などの好調を要因に利益予想を増額修正
記事一覧 (08/31)日立・東芝・ソニーが中小型液晶の統合新会社を発表し株式上場めざす
記事一覧 (08/31)東陽テクニカは円相場の高止まりが追い風との見方で続伸
記事一覧 (08/31)任天堂が米国の追加緩和や大手証券の評価を受け下値を8日連続切り上げる
記事一覧 (08/31)関西ペイントはナフサ価格の安定を好感し2週間ぶり700円台
記事一覧 (08/31)【話題株】第一興商が元気な高齢者向けの新店舗に期待を広げ戻り高値
記事一覧 (08/31)ビックカメラが「ユニクロ」に続き「DeNA」との協業を好感し高値引け
記事一覧 (08/31)1stHDは自己株式立会外買付第2弾で株価急伸を連想し3連騰
記事一覧 (08/31)オンワードホールディングスは今度は特別利益発生で2Q黒字転換期待を高め5連騰
記事一覧 (08/31)伊藤忠商事がレナウンの筆頭株主・山東如意集団の持分適用化を発表
記事一覧 (08/31)日本トランスシティは自己株式取得発表を材料視して続伸
記事一覧 (08/31)タカラバイオはiPS細胞用ベクター製造開始を好感して安値から5連騰
記事一覧 (08/31)アインファーマシーズは1Q好決算を好感して5日続伸
記事一覧 (08/31)オリンピックが正午に自己株取得を発表し後場急伸
記事一覧 (08/31)【話題株】立飛企業はMBO価格にサヤ寄せしストップ高買い気配
記事一覧 (08/31)積水化学工業は中期計画の投資額増強などが伝えられ一段上値追う
記事一覧 (08/31)菱洋エレクトロは2Q上方修正業績発表も利益確定売りで急反落
記事一覧 (08/31)アステラス製薬は固定資産売却益100億円を好感して反発
記事一覧 (08/31)IHIはMBO応募・特別利益発生を好感して5日続伸
2011年08月31日

IHIが発行株数の0.17%相当の自己株取得を発表

 IHI<7013>(東1)は31日の大引け後、自己株の取得を発表。取得上限株数は255万6000株(保有自己株式を除く発行済み株式総数の0.17%)、上限金額は6億3500万円、実施期間は9月1日から9月28日まで。

 31日の株価は小幅続伸となり、終値は192円(4円高)。今回の自己株取得では、単純計算では1株あたりの買い付け予算が約248円になり、年初来の高値226円(2月)を上回る。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:16 | 株式投資ニュース

モロゾフが夏季商品などの好調を要因に利益予想を増額修正

■純利益は1.6億円から2.2億円に見直す

 洋菓子の大手・モロゾフ<2217>(東1)は31日の大引け後、業績予想の利益見通しを増額発表。今1月期の業績は、売上高を小幅減額修正したものの、営業利益はこれまでの5.15億円から7.2億円(前期実績は4.0億円)に、純利益は1.60億円から2.20億円(同1.46億円)に増額した。4月以降、震災復興需要や夏季商品、東京土産市場向け新商品などが好調に推移し、経費の削減効果もあった。

 31日の株価は7日ぶりの反落となり、終値は267円(1円安)。8月9日の249円を直近の安値として出直り基調となっており、昨日まで6日連続高だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:04 | 株式投資ニュース

日立・東芝・ソニーが中小型液晶の統合新会社を発表し株式上場めざす

■産業革新機構70%、3社は各々10%出資

 日立製作所<6501>(東1)東芝<6502>(東1)ソニー<6758>(東1)の3社は31日の大引け後、政府主導の株式会社・産業革新機構とともに中小型液晶パネル事業を統合して新会社を設立すると発表した。新会社は、株式の譲渡などで2000億円を投入。2012年春の事業統合完了をめざし、議決権株式は、産業革新機構が70%、日立製作所・東芝・ソニーの3社が各々10%を保有する予定とした。

 関係4社は、午後5時30分から都内で共同記者会見を開催。設立する新会社について、2016年3月期に売上高7500億円以上を目指す方針を示し、同3月期までに株式上場を目指す方針を示したと伝えられた。

 31日の各社の株価は、統合新会社の観測が昨30日の朝、一部報道で伝えられていたこともあり、そろって上げ一服となり、日立製作所の終値は413円(2円高)、東芝の終値は331円(8円安)の反落、ソニーの終値も1665円(30円安)の反落となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:47 | 株式投資ニュース

東陽テクニカは円相場の高止まりが追い風との見方で続伸

■9月決算の発表に向け増額の期待

 東陽テクニカ<8151>(東1)は31日、続伸相場となり、後場寄り後に884円(17円高)まで上げて終値も880円(13円高)。電子計測器などの輸入専門商社で、円相場の高止まりは仕入れコストに有利との見方が広がっている。また、みずほ証券が投資判断を「ニュートラル」(中立)のまま継続し、予想株価を900円から930円に引き上げたと伝えられたことも買い安心感につながったようだ。水中放射線測定ロボットも材料視された。

 同社は9月決算で、7月下旬の四半期発表での予想は、売上高が前期比12.1%増の200億円、営業利益が同69.8%増の21億円、純利益は26.9%減の14億円。決算発表は例年10月下旬。これに向けて増額修正の期待が出ていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:16 | 株式投資ニュース

任天堂が米国の追加緩和や大手証券の評価を受け下値を8日連続切り上げる

■米国の経済指標は今週末にかけ続出

 任天堂<7974>(大1)は31日の後場も堅調相場を続け、前場の高値1万3440円(610円高)に顔合わせする場面を交えて大引けも1万3400円(570円高)。米国の追加の金融緩和に期待。また、SMBC日興証券の積極評価が伝えられたこともあり、日々の下値を8日連続で切り上げるジリ高基調となった。

 米国では、今週末にかけて経済指標の発表が続き、8月のADP雇用統計(同国31日)、8月シカゴ購買部協会景気指数(同31日)、8月ISM製造業景況指数(同9月1日)、米8月失業率(同2日)、8月非農業部門雇用者数変化(同2日)などの動向によっては、追加の金融緩和の呼び水になるとの期待が広がった。同証券は、投資判断を「2」から「1」に引き上げ、目標株価を1万9000円に設定したと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:56 | 株式投資ニュース

関西ペイントはナフサ価格の安定を好感し2週間ぶり700円台

■野村證券は目標値を下げるが投資判断は据え置く

 関西ペイント<4613>(東1)は31日の後場もジリ高基調となり、707円(16円高)まで上げて終値も704円(13円高)と続伸。野村證券が、目標株価を引き下げながらも、ナフサ価格が会社側の想定を下回る水準で推移している点を評価と伝えられ、700円台は、終値としては8月17日以来となった。

 同証券では、目標株価は750円から720円に引き下げたと伝えられた。ただ、投資判断は「Neutral」(中立)を継続。株価は、4月以降、高値を751円(5月2日)、742円(7月7、8日)で抑えられており、市場には、しばらくは戻り売りの出やすい相場との見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:38 | 株式投資ニュース

【話題株】第一興商が元気な高齢者向けの新店舗に期待を広げ戻り高値

■カラオケなど通じて若さやキズナを拡充

話題株 カラオケの最大手・第一興商<7458>(JQS)は31日、前後場とも強もみ合いを続け、大引け間際に一段伸びて1469円(29円高)の高値引け。月末日によくあるドレッシング(機関投資家などが運用成績などを意識して買いを入れる「お化粧買い」)との見方だったものの、大震災後の高値だった3月23日の1462円を更新した。11月1日に健常高齢者(元気な高齢者)向けに「音楽」と「適度な運動」などを提供するパイロットショップを東京・高円寺にオープンすることなどが期待材料となった。

 元気な高齢者向けのパイロットショップは、8月25日付けで同社ホームページなどに発表。カラオケルームのほかに、4つのコンセプトを持ったラウンジと、音楽系スタジオ、運動系スタジオで構成される建物で、若さを保ち、キズナを実感し、楽しさ・面白さを体験できる参加型コミュニティ施設を目指すという。

■PERは10倍そこそこの水準

 今期の業績予想は、売上高を前期比1.3%減、純利益は同3.0%減、1株利益は144円82銭と想定。減収減益だが、パイロットショップの展開によっては来期以降の再拡大が展望でき、福祉関連業界との提携事業などにも期待が広がる。株価は予想1株利益の10倍そこそこの水準。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:19 | 株式投資ニュース

ビックカメラが「ユニクロ」に続き「DeNA」との協業を好感し高値引け

 ビックカメラ<3048>(東1)は31日の後場、一進一退から再騰となり、前場の高値4万3750円(2350円)に顔合わせしたまま本日の高値で大引けとなった。2日続伸で出直り基調。一昨日、新店舗の一部を「ユニクロ」のファーストリテイリング<9983>(東1)に転貸と発表し、本日は、交流ゲームの大手「DeNA」のディー・エヌ・エー<2432>(東1)との共同サービスが伝えられ、連日の材料を好感する相場になった。

 「ユニクロ」に新店舗の一部を転貸するのは、2012年の夏に回転する予定の「新宿店」(東京都・仮称)で、同社としては最大級の店舗の地上1階から3階まで約5700平方メートルを貸与すると29日付けで発表した。

 また、本日は、一定額以上の商品を購入した顧客に対し、「DeNA」の人気ゲームの限定アイテムを無料で配信するサービスを9月から開始すると伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:17 | 株式投資ニュース

1stHDは自己株式立会外買付第2弾で株価急伸を連想し3連騰

 1stホールディングス<3644>(JQS)は31日、31円高の554円まで上げて3日続伸し、後場は上げ幅を縮めているが、プラス圏で推移している。前日30日大引け後に自己株式取得・立会外買付取引を発表、今年5月に実施した前回の立会外買付取引ではストップ高した株価急伸を連想して売り買いが交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:34 | 株式投資ニュース

オンワードホールディングスは今度は特別利益発生で2Q黒字転換期待を高め5連騰

 オンワードホールディングス<8016>(東1)は31日、11円高の620円まで上げて5営業日続伸している。前日30日大引け後に同社の保有土地を売却し、売却益10億4000万円が発生すると発表、今2月期第1四半期(1Q)決算発表時の特別損失発生とは様変わりとなり、第2四半期(2Q)累計純利益の黒字転換期待を高めて割り負け修正買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:26 | 株式投資ニュース

伊藤忠商事がレナウンの筆頭株主・山東如意集団の持分適用化を発表

■レナウンは後場も値上がり率トップを占有

 伊藤忠商事<8001>(東1)は31日の午後に入り、中国の繊維大手企業グループ・山東如意科技集団(本社:山東省済寧市、邱亜夫董事長)の株式を取得することについて合意し、山東如意集団は、伊藤忠商事の持分法適用関連会社(出資比率30%)になると発表した。山東如意集団はレナウン<3606>(東1)の筆頭株主。

 これについては、今朝の日本経済新聞で一部観測報道があり、レナウンの株価は急伸。前場203円(47円高)まで上げ、14時を回っても28%高の200円(44円高)で、朝方から東証1部の値上がり率トップを占有している。

 伊藤忠商事の株価も堅調で、前場811円(15円高)まで上げ、後場は一段高の820円(24円高)となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:11 | 株式投資ニュース

日本トランスシティは自己株式取得発表を材料視して続伸

 三重県に本社を置く倉庫・物流の日本トランスシティ<9310>(東1)は31日、7円高の236円まで上げて急続伸し、8月9日につけた年初来安値222円に並ぶ安値水準から底上げしている。前日30日大引け後に自己株式取得を発表したことを材料視している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:08 | 株式投資ニュース

タカラバイオはiPS細胞用ベクター製造開始を好感して安値から5連騰

 タカラバイオ<4974>(東マ)は31日、71円高の479円まで上げて5営業日続伸し、8月9日につけた株式分割権利落ち後安値395円に並ぶ安値水準から底上げしている。前日30日大引け後に京都大学iPS細胞研究所とiPS細胞作製用のプラスミドベクターの製造供給に関する契約を7月29日付けで締結、今年度内に同ベクターを有償で製造すると発表したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:35 | 株式投資ニュース

アインファーマシーズは1Q好決算を好感して5日続伸

 北海道札幌市に本社を置き調剤薬局を展開するアインファーマシーズ<9627>(東1)は31日、200円高の3260円まで上げて5営業日続伸し、7月1日につけた年初来高値3320円を視界に捉えている。前日30日大引け後に今4月期第1四半期(1Q)決算を発表、2ケタ増収増益と続伸し、期初予想の第2四半期(2Q)累計業績に対して順調な利益進捗率を示したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:25 | 株式投資ニュース

オリンピックが正午に自己株取得を発表し後場急伸

 オリンピック<8289>(東1)は31日の正午に自己株の取得を発表。前引けの585円から、後場は611円(23円高)で始まったあと619円(31円高)と急伸。大震災以降の相場での高値に進んだ。自己株の取得は、上限株数42万株、上限金額2億円、取得期間は9月1日から11月22日まで。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:01 | 株式投資ニュース

【話題株】立飛企業はMBO価格にサヤ寄せしストップ高買い気配

話題株 立飛企業<8821>(東2・監理)は31日、寄り付きから買い気配値を切り上げ700円高の4720円買い気配とストップ高となる急続伸を演じ、8月5日につけた年初来安値3900円からの底上げを鮮明化している。前日30日大引け後に同社の村山正道社長と新立川航空機<5996>(東2・監理)の石戸敏雄社長とが、代表者を務めるレヴァーレ(東京都中央区)が、同社株式をMBO(経営陣が参加する買収)すると発表、同社も賛同意見の表明と株主への応募推奨を取締役会決議したことから、MBO価格6300円へのサヤ寄せ思惑を強め、売り買い差し引き約314万株の買い物が集まっている。

 同様に新立川航空機も、MBO価格5200円へのサヤ寄せ思惑を強め、29日終値に対して500円高の3050円買い気配とストップ高まで急伸し、売り買い差し引き364万株の買い物が集まっている。

 MBOは、公開買付者が、立飛企業、新立川航空機2社の不動産賃貸事業を拡充し、近接する両社の所有不動産を一体的に開発するためには、開発期間が相当に長期化、その間は収益の減退は避けられず、株式を非公開化するとともに、既存株主の負担軽減のために投下した資本の回収機会を提供するとして実施する。なおIHI<7013>(東1)など大株主2社も、MBO応募契約を締結している。

 買い付け期間は8月31日から10月19日までの33営業日、買い付け株式数は824万7941株、買い付け代金は519億6200万円を予定、MBO後に同社は、新立川航空機とともに上場廃止となる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:56 | 株式投資ニュース

積水化学工業は中期計画の投資額増強などが伝えられ一段上値追う

■前引けにかけてローリングプランを発表

 積水化学工業<4204>(東1)は31日の後場寄り後に一段上値を追い657円(11円高)。前引け後、5カ年中期経営計画(〜2013年度)の修正ローリング計画が伝えられ、計画の発表当初より投資額を増強したことなどが好感された。

 中期計画の修正ローリングプランでは、2011年度から13年度の3年間の投資額を1500億円とし、09年4月に発表した中期経営計画より200億円増額したと伝えられた。M&A(買収・合併)などの戦略投資を強化するという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:54 | 株式投資ニュース

菱洋エレクトロは2Q上方修正業績発表も利益確定売りで急反落

 菱洋エレクトロ<8068>(東1)は31日、25円安の724円まで下げて5営業日ぶりに急反落している。前日30日大引け後に8月25日に上方修正した今1月期第2四半期(2Q)業績を発表、期初の減益予想が増益転換して着地したが、1月通期業績を期初予想の据え置きとしたことなどが響き、3月15日につけた年初来安値680円に並ぶ安値水準からの底上げをしていただけに利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:45 | 株式投資ニュース

アステラス製薬は固定資産売却益100億円を好感して反発

 アステラス製薬<4503>(東1)は31日、31円高の2875円まで上げて反発している。前日30日大引け後に同社の固定資産を譲渡、売却益100億6700万円を今3月期第2四半期(2Q)累計業績に計上すると発表したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:37 | 株式投資ニュース

IHIはMBO応募・特別利益発生を好感して5日続伸

 IHI<7013>(東1)は31日、5円高の193円まで上げて5営業日続伸している。前日30日大引け後に立飛企業<8821>(東2・監理)新立川航空機<5996>(東2・監理)が、MBO(経営陣が参加する買収)を発表、同社もMBOに応募することから、約140億円の投資有価証券売却益が発生、今3月期純利益を上方修正、減益転換率を縮小することを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:30 | 株式投資ニュース