[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/09)日本ファルコムが13時に増額・増配を発表し株価はストップ高
記事一覧 (09/09)ニコンは「ミラーレス」を材料に好業績を見直す相場で大幅続伸
記事一覧 (09/09)JTは政府売却にタバコ値上げなどの「政治的配慮」の思惑で高値更新
記事一覧 (09/09)ストリームは2Q上方修正業績発表で仕切り直しの続伸
記事一覧 (09/09)ナナオは大きく底上げして3連騰!業績上方修正に自己株式取得がオン
記事一覧 (09/09)ビットアイルは年初来高値を更新!高値抜けから一段高に挑戦
記事一覧 (09/09)積水ハウスは3連騰して底上げを鮮明化、業績上方修正で下げ過ぎ訂正買いが拡大
記事一覧 (09/09)クミアイ化学工業は3Q好決算も通期業績据え置きで反落
記事一覧 (09/09)オハラは連日年初来安値を己心、3Q大幅減益業績が響き見切売り
記事一覧 (09/09)トップカルチャーは急反落、3Q最高業績も利益確定売りが先行
記事一覧 (09/09)ラウンドワンは「月次」好調で頻繁に値上がり率1位
記事一覧 (09/09)ドクターシーラボは高値更新、連続最高純益更新で市場予想上回る
記事一覧 (09/09)丸紅が大手証券の積極判断を受け底堅さ見直し急反発
記事一覧 (09/09)パーク24は年初来高値を照準に、3Q業績が減益転換も悪材料出尽くし感
記事一覧 (09/09)ナナオは増額修正と自己株取得を好感し一時値上がり率1位
記事一覧 (09/09)東建コーポレーションは5営業日ぶりに反発、2Q業績上方修正で黒字転換
記事一覧 (09/09)積水ハウスは第2四半期の好決算などを好感し続伸
記事一覧 (09/09)パイオニアは中間配の無配を敬遠し軟調に始まる
記事一覧 (09/08)【上方修正株】ダイセキ環境は業績上方修正でV字回復を鮮明化し急反発
記事一覧 (09/08)アドアーズの貢献などでネクストジャパンホールディングスが増額修正−−引け後のリリース
2011年09月09日

日本ファルコムが13時に増額・増配を発表し株価はストップ高

 ゲーム開発の日本ファルコム<3723>(東マ)は9日の13時に業績予想の増額修正と創立30周年の記念配当を発表。株価は急騰となり、ストップ高の2万6070円(5000円高)まで駆け上がった。

 発表では、9月29日発売予定のPSP向け新製品「英雄伝説 碧の軌跡」の受注が非常に好調であること、同じく「軌跡」シリーズの「英雄伝説 空の軌跡」「英雄伝説 零の軌跡」の人気も未だ衰えず順調に推移していること、などを要因に、今9月期の営業利益は2.0億円から5.0億円(前期実績は約2.9億円)に大幅増額した。予想1株利益は2918円29銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:05 | 株式投資ニュース

ニコンは「ミラーレス」を材料に好業績を見直す相場で大幅続伸

 ニコン<7731>(東1)は9日、大幅続伸となり、後場寄りに1797円(69円高)と本日の現在高。ミラーレス構造のデジタル一眼カメラを本格化と今朝の日本経済新聞で伝えられたことが好感され、日経平均が後場は一時58円安まで軟化した中で強さの目立つ展開となっている。
 
 同社は、今期の為替前提を1ドル80円、1ユーロ110円としているため、足元の1ユーロ107円〜108円は為替差損の状態。しかし、市場には、半導体露光装置の拡大などと合わせ、本業の拡大が為替の影響を上回るとの期待が少なくないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:37 | 株式投資ニュース

JTは政府売却にタバコ値上げなどの「政治的配慮」の思惑で高値更新

 JT<2914>(東1)は9日の後場寄り後に一段上値を試す相場となり、36万1500円(1万5000円高)まで上げ、年初来の高値更新幅を拡大した。政府の保有株売却観測が現実味を帯び、需給面での不安はあるものの、経営や株主還元に自由度が拡大する期待が先行しているようだ。

 同社の筆頭株主は「財務大臣」で、50.0%を保有。持株の売却は、が目的のため、売却価格を高くする目的でタバコ値上げなどの「政治的配慮」があるのではといった期待も出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:18 | 株式投資ニュース

ストリームは2Q上方修正業績発表で仕切り直しの続伸

 ストリーム<3071>(東マ)は9日、300円高の5万6300円まで上げて続伸している。前日8日大引け後に9月2日に上方修正した今1月期第2四半期(2Q)累計業績を発表、2日は不完全燃焼だったネット関連の割安株買いが仕切り直しとなって買い増勢となっている。

>>ストリームのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

ナナオは大きく底上げして3連騰!業績上方修正に自己株式取得がオン

 石川県に本社を置く遊戯機器パネルのナナオ<6737>(東1)は9日、125円高の1596円まで買い進まれて3日続伸し、8月22日につけた年初来安値1260円から大きく底上げしている。前日8日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の上方修正と自己株式取得を発表、通期業績が連続減益率を縮小することが下げ過ぎ訂正買いを拡大させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:46 | 株式投資ニュース

ビットアイルは年初来高値を更新!高値抜けから一段高に挑戦

 データセンター(IDC)を運営するビットアイル<3811>(JQS)は9日、5500円高の16万円まで上げて3日続伸して7月26日につけた年初来高値15万7900円を更新した。7日大引け後に7月期決算を発表、前期、今期と連続して過去最高純利益更新と好調に推移、今期予想は市場コンセンサスを下回るが、配当を連続増配することでカバー、ネット関連株買いが続いている。ネット関連の好実態・好業績評価で高値抜けから一段高に挑戦しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:44 | 株式投資ニュース

積水ハウスは3連騰して底上げを鮮明化、業績上方修正で下げ過ぎ訂正買いが拡大

 積水ハウス<1928>(東1)は9日、36円高の724円まで上げて3日続伸し、8月19日につけた年初来安値642円からの底上げを鮮明化している。前日8日大引け後に今1月期第2四半期(2Q)累計決算の開示とともに、1月通期業績の上方修正を発表、内需関連の下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。株価は、大震災発生で突っ込んだ719円安値から大震災復旧・復興特需思惑で年初来高値944円まで急反発、800円往来相場から新株予約権発行の希薄化懸念で窓を開けて同安値まで急落、底固めを続けてきた。PER13倍台、PBR0.7倍の下げ過ぎ訂正を試そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:28 | 株式投資ニュース

クミアイ化学工業は3Q好決算も通期業績据え置きで反落

 殺虫剤・殺菌剤などの農薬を製造するクミアイ化学工業<4996>(東1)は9日、8円高の246円と反発している。7日大引け後に発表した今10月期第3四半期(3Q)決算が、続伸し期初予想の10月通期業績に対して高進捗率を示したが、10月通期業績を期初予想の据え置きとして減益転換を見込んだことから、反応は薄く利益確定売りが先行していた。同社は水稲用箱処理剤が国内で大きく伸長し、園芸剤の殺虫剤、殺菌剤も好調に推移、海外でも綿用除草剤「ステイプル」や直播水稲用除草剤「ノミニー」の販売数量が大幅増加に増加している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:24 | 株式投資ニュース

オハラは連日年初来安値を己心、3Q大幅減益業績が響き見切売り

 光学ガラスメーカーのオハラ<5218>(東1)は9日、13円安の700円まで下げて続落し、連日の年初来安値更新となっている。前日8日大引け後に今10月期第3四半期(3Q)決算を発表、大幅減益転換したことが響き見切り売りが増勢となっている。株価は、今期業績の減益転換予想に東日本大震災発生が重なって右肩下がりの調整が続き、6月の業績下方修正では悪材料出尽くしとして900円台を回復する場面もあったが、年初来安値まで突っ込んだ。なお下値模索が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:53 | 株式投資ニュース

トップカルチャーは急反落、3Q最高業績も利益確定売りが先行

 新潟市に本社を置き、書籍・文具、音楽や映像ソフトの小売とレンタル店を展開するトップカルチャー<7640>(東1)は9日、8円安の372円と4日ぶりに急反落している。前日8日大引け後に今10月期第3四半期(3Q)決算を発表、第2四半期に続き過去最高を更新したが、2月4日につけた年初来高値393円に肉薄していただけに利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:45 | 株式投資ニュース

ラウンドワンは「月次」好調で頻繁に値上がり率1位

 ラウンドワン<4680>(東1)は9日、急反発となり、10時過ぎには650円(50円高)。値上がり率は8%前後ながら、東証1部の値上がり率1位に顔を出す場面があった。昨日発表の月次動向(8月)が好調で、既存店の売上高が前年同月比4.2%増と5カ月連続の増加となったことを好感している。

 同社株は、NY株の波乱や円高に左右されにくい銘柄として人気を集めており、業績も好調。また、PBRは0.8倍前後で、いわゆる解散価値割れ銘柄の底上げ期待もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:34 | 株式投資ニュース

ドクターシーラボは高値更新、連続最高純益更新で市場予想上回る

 海洋性コラーゲン主成分の化粧品や健康食品を販売するドクターシーラボ<4924>(東1)は9日、3万2500円高の49万9000円まで上げて反発し、9月7日につけた年初来高値47万1500円を更新している。前日8日大引け後に7月期決算を発表、前期は、8月16日の観測報道通りに期初予想を上ぶれて着地し、今期は連続過去最高純利益更新、連続増配を予想、市場コンセンサスを上回ることから、売り方の買い戻しが先行し割安修正買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

丸紅が大手証券の積極判断を受け底堅さ見直し急反発

 丸紅<8002>(東1)は9日、急反発の始まりとなり、寄りあと476円(13円高)と出直る相場。SMBC日興証券が投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に引き上げ、目標株価は640円から650円に見直したと伝えられたことを好感する相場になった。

 同社は、デンマーク政府が74%出資する総合エネルギー企業のドン・エナジー社と洋上風力発電で提携と9月初に伝えられ、進展が注目されているところ。株価は8月の安値436円を下値に9月は450円で下げ止まる底堅さをみせており、材料に反応しやすい相場と期待する向きがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:12 | 株式投資ニュース

パーク24は年初来高値を照準に、3Q業績が減益転換も悪材料出尽くし感

パーク24 時間貸し駐車場タイムズを運営するパーク24<4666>(東1)は9日、36円高の963円まで上げて変わらずを2日はさんで5営業日続伸し、年初来高値に肉薄している。同社は8月31日大引け後に今10月期第3四半期(3Q)決算を発表、減益転換したが、今年5月に下方修正した10月通期業績に対して順調な利益進捗率を示している。株価は悪材料出尽くし感で売り方の買い戻しが先行している。

 3Q業績は、前年同期比7%増収、5%経常減益、22%純益減益と落ち込み、10月通期業績対比の利益進捗率は、79〜70%と目安の75%をほぼクリアした。

 駐車場事業で比較的小規模な案件を中心に開発台数を積み上げたが、3月度の売り上げが東日本大震災の影響で一時的に落ち込み、モビリティ事業でも、新規事業のカーシェアリングサービスの先行投資負担で営業損失が悪化したことなどが響いた。10月通期業績は5月の下方修正値を変更せず、純利益は52億円(前期比19%減)と減益転換を見込んでいる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース

ナナオは増額修正と自己株取得を好感し一時値上がり率1位

 遊戯機器パネルのナナオ<6737>(東1)は9日、買い気配で始まり、1596円(125円高)まで上げて大幅続伸。昨日発表の自己株取得、業績予想の増額修正を好感し、値上がり率は8%台ながら東証1部の1位に躍り出る相場になった。

 同社は、8日の大引け後に業績予想の増額修正を発表し、3月通期の予想営業利益は20億円から29億円に見直した。アミューズメント用モニターなどが好調で、大震災後の代替部品の調達などが順調に進んだ。自己株の取得は上限株数100万株、金額20億円、期間は9月9日から12年3月31日。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:43 | 株式投資ニュース

東建コーポレーションは5営業日ぶりに反発、2Q業績上方修正で黒字転換

東建コーポレーション 東建コーポレーション<1766>(東1)は9日、117円高の2870円まで上げて、5営業日ぶりに反発している。同社は6日大引け後に今4月期第1四半期(1Q)決算の開示と同時に、第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、期初の赤字転落予想が黒字転換した。

 2Q業績は、期初予想より売り上げを50億4800万円、経常利益を24億4700万円、純利益を15億4500万円それぞれ引き上げ、経常利益は34億円(前年同期比18%増)と続伸し、純利益は14億6000万円(同3%減)と減益転換にとどめる。住宅エコポイント制度の工事対象期間の早期終了により、建設事業の賃貸建物の請負工事が前倒しされて売り上げが上ぶれ、つれて利益も上方修正した。

 4月通期業績は、2Q以降に営業人員の募集・採用活動や仲介専門店の出店を積極推進することから販管費が増加すると見通して期初予想を据え置き、純利益は32億8000万円(前期比47%減)と減益転換を見込んでいる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

積水ハウスは第2四半期の好決算などを好感し続伸

積水ハウス 積水ハウス<1928>(東1)は9日、続伸の始まりとなり、700円(12円高)で寄ったあと720円と出直り幅を拡大。昨日発表の第2四半期決算(2〜7月)が好調で、営業利益は前年同期比23.4%増となり、純利益も同23.8%増となったことなどが好感されている。

 昨日発表の四半期決算発表では、同社オリジナルの制震システムなど、住宅性能の安全性・安心性に対する関心の高まりなどを要因に、通期の業績予想を増額修正した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 株式投資ニュース

パイオニアは中間配の無配を敬遠し軟調に始まる

 パイオニア<6773>(東1)は9日、軟調な始まりとなり、337円(4円安)で始まったあと335円と反落。昨日、12年3月期の上期配当(9月中間配当)の見送りを発表したことが敬遠材料になった。今期末・12年3月期の配当は、引き続き「未定」とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース
2011年09月08日

【上方修正株】ダイセキ環境は業績上方修正でV字回復を鮮明化し急反発

上方修正銘柄 ダイセキ環境ソリューション<1712>(東1)は8日、1万8800円高の20万7800円まで上げて1万1800高の20万800円と3日ぶりに急反発した。7日大引け後に今2月期第2四半期(2Q)累計・通期業績の上方修正を発表、V字回復を鮮明化することが下げ過ぎ訂正買いを再燃させた。

 業績修正のうち2月通期業績は、期初予想より売り上げを9億8400万円、経常利益を1億6100万円、純利益を9500万円それぞれ引き上げ、純利益は、2億7200万円(前期は4400万円の黒字)と3期ぶりの増益転換幅を拡大する。

 今年の年明け以降に首都圏を中心に不動産の動きがやや活発化したことに伴い、土壌汚染対策市場も見積もり件数が増加するなど回復、東日本大震災の影響も一時的にとどまり、積極的な受注活動を展開するとともに原価低減活動を継続推進したことが上方修正要因となった。

 株価は、前期業績の再下方修正に大震災発生が重なって7万5200円安値まで売られたが、大震災特需思惑や今期業績のV字回復予想で26万7000円まで3.5倍化、3分の1押し水準でもみ合っていた。投資採算的に割安感はないが、持ち前の逆行高特性を発揮しリバウンド幅拡大が想定される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:14 | 株式投資ニュース

アドアーズの貢献などでネクストジャパンホールディングスが増額修正−−引け後のリリース

■7月決算の見込みが予想を上回る

引け後のリリース、明日の1本 複合レジャー施設のネクストジャパンホールディングス<2409>(東マ)は8日の大引け後、2011年7月期の業績予想を見直し、売上高・営業利益は減額修正したものの、経常損益・純損益の赤字見込みは縮小修正した。

 前7月期の予想売上高は、閉店したアミューズメント店舗2店舗の影響などを精査し、43億円から40.8億円に修正(前期実績は約39.5億円)。一方、持分適用の関連会社・ アドアーズ<4712>(JQS)の業績好調を受け、持分法による投資損失が改善される見込みになったことなどにより、経常損益は8.0億円の赤字予想から4.9億円の赤字見込みになり、純損益も9.0億円の赤字予想から4.9億円の赤字見込みになった。

■アドアーズの株価はマカオ出店を好感し急騰

 ネクストジャパンの株価は8月に入り1500円割れを何度か交えながら下値を固める相場になっており、8日の終値は1635円(34円高)。

 一方、アドアーズの株価は、9月5日の午前中に中国・マカオでのアミューズメント施設1号店の開設を発表したことを好感し急騰。断続的な上げ相場となり、本日は85円(18円高)まで上げて戻り高値を更新し、終値も78円(11円高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:45 | 株式投資ニュース