[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/05)エムスリーは「医療従事者専門サイト」の成長性を評価して急反発
記事一覧 (09/05)第一商品が金相場の大幅続伸を映してストップ高
記事一覧 (09/05)モルフォはIPO後初決算の3Q低利益進捗率業績を嫌気して急続落
記事一覧 (09/05)バルスはMBO価格にサヤ寄せしストップ高買い気配
記事一覧 (09/05)日本駐車場開発は6期ぶりの過去最高純利益更新予想を好感して急反発
記事一覧 (09/05)アドバンテストやトヨタ自動車が米国景気の鈍化懸念など受け安値更新
記事一覧 (09/05)大京は業績予想の増額修正を好感し急反発
記事一覧 (09/05)オーイズミが「復興カジノ」期待を強めて戻り高値を更新
記事一覧 (09/05)ファーストリテイリングは8月の「月次」を手控え要因に続落
記事一覧 (09/03)クックパッドは通期予想を据え置き当面「ボックス相場」
記事一覧 (09/03)ファーストリテイリング「ユニクロ」は12カ月累計で8期ぶり前年割れ
記事一覧 (09/03)【話題株】ユニチャームは80億円の自己株式取得報道を歓迎し高値肉薄
記事一覧 (09/03)【話題株】稲葉製は今期営業利益の1割増益報道に反応し6連騰
記事一覧 (09/03)【話題株】ポイントは8月既存店月次売上高の連続マイナスを嫌い続落
記事一覧 (09/02)【話題株】グリーは高値肉薄、海外5カ国の子会社設立で急伸再現思惑高める
記事一覧 (09/02)野田スクリーンが株式価値4.41%向上の株式政策−−引け後のリリース
記事一覧 (09/02)大京は大震災の影響で順延を予定した物件が計画通りになり業績予想を増額
記事一覧 (09/02)生活インテリアのバルスが1株10万円で経営陣による買収を発表
記事一覧 (09/02)カワチ薬品は「月次」減少したものの影響なく前場・後場2段階の上昇
記事一覧 (09/02)アインファーマシーズはML証券の新規注目が好業績を思い出させる形で高値更新
2011年09月05日

エムスリーは「医療従事者専門サイト」の成長性を評価して急反発

 会員制の医療従事者専門サイト「m3.com」の運営が主たる事業のエムスリー<2413>(東1)は5日、2万2000円高の66万3000円まで買われて急反発している。同社の医師会員数は今2012年3月期第1四半期でも4000人増え20万9000人に達している。また、米国子会社はすでに黒字を計上するまでに成長したほか、前月8月には英国の医師向けポータルサイト運営会社を買収、早期の収益寄与が期待されている。そうした成長性を評価する形で株価は上昇基調にある。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:17 | 株式投資ニュース

第一商品が金相場の大幅続伸を映してストップ高

 第一商品<8746>(JQS)は5日、買い気配で始まったあと上値を追い、10時過ぎに100円ストップ高の603円に達したまま前引けとなった。「金」現物・先物市場などに実績があり、今朝の東京工業品取引所で金先物取引が大幅続伸となり、1グラム4670円台に進み、中心限月ベースで8月23日に付けた過去最高値4725円以来の水準と伝えられことが材料視された。金は前週末のNY市場で急騰し、指標銘柄が47.80ドル高の1876.90ドルだった。

>>第一商品のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | 株式投資ニュース

モルフォはIPO後初決算の3Q低利益進捗率業績を嫌気して急続落

 モルフォ<3653>(東マ)は5日、750円安の5250円まで下げて急続落している。前週末2日大引け後に今年7月の新規株式公開(IPO)後の初決算となる今10月期第3四半期(3Q)決算を発表、上場時予想の10月通期業績に対して低利益進捗率にとどまったことを嫌気して利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース

バルスはMBO価格にサヤ寄せしストップ高買い気配

 バルス<2738>(東1・監理)は5日、寄り付きから買い気配値を切り上げ1万円高の7万8500円買い気配とストップ高して急続伸、8月9日につけた年初来安値6万1800円から底上げしている。前週末2日大引け後に同社の高島郁夫社長が、代表取締役を務めるTMコーポレーション(東京都渋谷区)が、同社株式を株式公開買い付け(MBO・現経営陣により株式買収)をすると発表、同社も賛同意見表明と株主への応募推奨を取締役会決議したことから、MBO価格10万円へのサヤ寄せ思惑を強め、売り買い差し引き約13万株の買い物が集まっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

日本駐車場開発は6期ぶりの過去最高純利益更新予想を好感して急反発

 日本駐車場開発<2353>(東1)は5日、345円高の3885円まで買い進まれ急反発している。前週末2日大引け後に7月期決算を発表、前期は、今年5月の一部下方修正通りに連続増収増益率を縮めて着地したが、今期は6期ぶりの過去最高純利益更新を予想したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース

アドバンテストやトヨタ自動車が米国景気の鈍化懸念など受け安値更新

 アドバンテスト<6857>(東1)は5日、続落となり、一時926円(47円安)をつけて年初来の安値を更新。TDK<6762>(東1)も3140円(115円安)をつけて年初来の安値。前週末のNY株式の253ドル安を受け、米欧景気の先行きに対する鈍化懸念と電子部品関連需要の後退懸念が出ている。トヨタ自動車<7203>(東1)も一時2650円(61円安)と年初来の安値。円相場がいぜん高止まり状態であることもブレーキになっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 株式投資ニュース

大京は業績予想の増額修正を好感し急反発

 大京<8840>(東1)は5日、急反発の相場となり、買い気配のあと146円(10円高)まで上げ、10時を回っても143円(7円高)。前週末売買日の2日に発表した第2四半期の業績予想の増額修正を好感し、8月4日以来の145円台回復となった。

 第2四半期の業績予想(4〜9月)は、大震災により引渡しの下期ズレ込みを見込んでいた物件が当初の計画通りの見込みとなったこと、その他の物件も順調なことなどを要因に、売上高を980億円から1150億円に、営業利益は30億円から45億円とするなど、全体に増額修正した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | 株式投資ニュース

オーイズミが「復興カジノ」期待を強めて戻り高値を更新

 メダル計数機のオーイズミ<6428>(東1)は5日、続伸し戻り高値を更新する始まりとなり、280円(7円高)で寄ったあと297円(24円高)。「復興カジノ」関連銘柄として野田新内閣の発足から人気化し、値上がり率7%台で、朝寄り後の東証1部で3位前後につける相場となった。

超党派国会議員による議員連盟「国際観光産業振興議員連盟」(通称、カジノ議連)による議員立法法案の提出が昨年来、たびたび注目されており、新内閣に推進派と目される中川正春氏(文部科学相)ほかが入閣したため、期待が再燃した。マミヤ・オーピー<7991>(東2)なども堅調。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは8月の「月次」を手控え要因に続落

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は5日、続落の始まりとなり、1万3660円(480円安)で寄ったあと1万3560円(580円安)円。前週末売買日の2日に発表した8月の「国内ユニクロ事業売上高推移」は、既存店が前年同月の90.6%で3カ月ぶりの減少となり、今期累計(2010年9月〜11年8月)は前期比94.0%だったことが手控え要因になっている。

 8月の直営店の売上高は同95.6%となり、今期累計では同98.9%。直営店の売上高が前期実績を下回るのは03年8月期以来、8期ぶりとなると伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース
2011年09月03日

クックパッドは通期予想を据え置き当面「ボックス相場」

■第1四半期は増収減益

 クックパッド<2193>(東マ)は2日の大引け後、第1四半期決算(5〜7月)を発表。主事業の料理レシピサイトがスマートフォン向けなどに拡大し、売上高は前年同期比15.3%増の8.4億円となった。営業利益は開発費用の増加などにより同1.9%減の3.9億円だった。
 
 今4月期の業績予想は据え置き、売上高は前期比22.6%増の40億円、営業利益は同15.1%増の18.7億円、純利益は同18.2%増の10.0億円、1株利益は62円04銭。

 株価は4月以降、おおむね1400円前後から1800円前後の幅で高下しており、週末2日の終値は1600円(2円安)で、もみ合いゾーンの中間あたり。業績予想を据え置いたため、もうしばらくこのゾーンを高下する可能性が出てきた。この場合、当面は、もみ合い相場を利用して下限水準で買い、上限付近で売却する「ボックス売買」が有利になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリング「ユニクロ」は12カ月累計で8期ぶり前年割れ

■8月まで「月次」出そろい直営店は前期の98.9%

 ファーストリテイリング<9983>(東1)が2日の大引け後に発表した「国内ユニクロ事業の売上高・速報」(8月分)は、既存店の売上高が前年同月の90.6%となり3カ月ぶりに減少した。今期初からの累計(1010年9月〜11年8月)は前年同期の94.0%となった。7月はクールビズ関連などが好調で同111.2%だったものの、8月は、月前半の低温による影響で、夏物販売の動きが鈍かった。

 また、新設店舗を含む直営店ベースでは、8月が同95.6%となり、今期累計は同98.9%。直営店ベースで前期比減少になるのは、03年8月期以来、8期ぶりになる。

 株価は8月22日に年初来の高値1万5080円をつけたあと微調整の動きになっており、週末2日の終値は1万4140円(330円安)。微調整に入ってからは下値を1万4200円、1万4190円に下げ止まってきたものの、22日にこれを下回ったため、テクニカル的には目先的に下押す相場に入り、1万3500円前後まで想定する見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:47 | 株式投資ニュース

【話題株】ユニチャームは80億円の自己株式取得報道を歓迎し高値肉薄

話題株 ユニ・チャーム<8113>(東1)は2日、55円高の3605円まで上げて25円高の3575円と反発し、8月1日につけた年初来高値3640円へ肉薄した。2日付けの日本経済新聞で、同社が7期連続で自己株式取得を実施、取得額が過去10年間で最大の80億円になると観測報道されたことを歓迎して、売り方の買い戻しを交え割安ディフェンシブ株買いが再燃した。

 報道では、自己株式取得は、業績が、中国などアジアを中心に乳幼児向け紙おむつの需要が好調に推移したことを背景に、6月末の手元流動性が約1300億円に拡大、前期に赤字だった連結フリーキャッシュフローも黒字化し、買い付け原資を確保したことから、株主配分を強化するため実施する。実施額を前日1日終値で換算すると、買い付け株式数は、約225万株となる計算で発行済み株式総数の約1%になると分析された。

 同社は、今年1月も76億円の自己株式取得を発表しており、株価は短期140円高を演じた。株価は、今期第1四半期の好決算に反応して年初来高値3640円をつけ、その後もベトナムでのM&A、鳥インフルエンザの再流行懸念などの株価刺激材料が続いて高値で賑わっている。「外需ディフェンシブ株」の主力株人気に、株不足で逆日歩のつく信用好需給がフォローして高値抜けから一段高の逆行高が想定される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:11 | 株式投資ニュース

【話題株】稲葉製は今期営業利益の1割増益報道に反応し6連騰

話題株 稲葉製作所<3421>(東1)は、11円高の910円と6営業日続伸した。2日付けの日本経済新聞で、同社の今2012年7月期営業利益が、前期推定値を1割近く上回り5億円強になると観測報道されたことを受けて、割り負け訂正買いが増勢となった。

 同社は、8月19日に前7月期業績を上方修正したばかりで、前日ザラ場につけた901円高値まで1割高したばかりである。観測報道によると、業績続伸は、東日本大震災の復興需要で、同社主力商品の物置が、防災用品を保管する用途向けに全国的に出荷が増えていることが要因と分析された。東北地方では、物置の売り上げが、前年同期対比で3割増と伸び、今期売り上げは前期推定値比5%程度増えて270億円強となり、年間5トン使用する冷延鋼板の値上がりを増収効果で吸収するとされた。

 株価は、鋼材価格の値上がりで業績、株価とも低位低迷していたが、今年3月の前期第2四半期の下方修正が、今年8月には通期業績の上方修正と変わってサプライズとなり、自己株式立会外買付取引も加わって年初来高値1001円をつけ高値調整をしていた。PER評価ではなお割高だが、PBRは0.4倍と割り負けており、高値奪回を目指そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:18 | 株式投資ニュース

【話題株】ポイントは8月既存店月次売上高の連続マイナスを嫌い続落

話題株 ポイント<2685>(東1)は2日、75円安の3485円まで下げて70円安の3490円と3日続落した。1日大引け後に今年8月度の国内月次売上高を発表、既存店売上高が、2カ月連続でマイナスとなり、マイナス幅を広げたことを嫌い利益確定売りが増勢となった。

 8月月次売上高は、既存店が前年同月比5.3%減、全店が6.2%増となり、全店ベースでは4月以来5カ月連続プラスとなったが、プラス幅は縮めた。気温は全国的に平年並みとなったが、夏物売れ筋商品などの欠品などがあって、既存店売上高がマイナスとなった。

 株価は、期初に未定としていた今2月期の業績予想を6月に発表、純利益を75億円(前期比10%減)として市場コンセンサスを下回ったことから3165円まで400円安、3500円台を上値限界とする往来相場が続いている。PERは11倍台と割安で、信用取組も売り長となっているが、ゾーンの下値再確認が想定される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:02 | 株式投資ニュース
2011年09月02日

【話題株】グリーは高値肉薄、海外5カ国の子会社設立で急伸再現思惑高める

話題株 グリー<3632>(東1)は2日、74円高の2501円まで上げて59円高の2486円と反発し、8月31日につけた年初来高値2495円を更新した。1日大引け後にアジア、欧州、南米など5カ国で子会社を設立することを発表、国内外3社と資本・業務提携した今年8月に700円幅の急伸をしたことを連想、再現思惑を高め買い物が再燃している。

 海外子会社の設立は、日本で自社ソーシャルゲームとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「GREE」を、北米、アジア、欧州ではソーシャルゲームプラットフォーム「OpenFeint」を展開し、グループとして1億人以上のユーザーを有するグリーが、展開地域をさらに拡大して国際展開を加速することを目的にしており、韓国、シンガポール、イギリス、オランダ、ブラジルの5カ国で今年10月から来年2月までに5社を設立する。

 株価は、8月に好決算とともに韓国通信キャリアのSKtelecom、ケイブ<3760>(JQS)との業務提携、UltizenGamesの株式取得を発表して2491円高値をつけ、その後の調整安値から内需関連のSNS株人気を強めて高値追いとなった。再人気化を支援しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 23:21 | 株式投資ニュース

野田スクリーンが株式価値4.41%向上の株式政策−−引け後のリリース

■発行株数の4.41%の自己株消却を発表

引け後のリリース、明日の1本 「スクリーン印刷法」によるプリント基板の野田スクリーン<6790>(東1)が2日の大引け後、発行済み株式総数の4.41%にのぼる4872株の自己株消却を発表。消却予定日は9月16日。単純にみて株式価値が4.41%向上することになる。

■第1四半期は減益だが通期予想に変化なし

 同時に発表した第1四半期決算(5〜7月)は、売上高が前年同期比30.0%減の7.2億円、営業利益は同77.0%減の0.5億円となった。大震災の影響に加え、パソコンの需要が低調に推移したことを要因に、半導体パッケージ向けのフラットプラグ加工が伸び悩み、設備機器関連事業では大型案件がなかった。
 ただ、業績予想に変更はなく、4月通期の売上高は、前期比0.4%減の33.2億円、営業利益は同11.5%減の2.2億円、純利益は同16.4%減の1.5億円。予想1株利益は1359円93銭。

 2日の株価は堅調小動きとなり、終値は2万3620円(20円高)。8月23日の2万1420円を下値に持ち直し、直近5日間の終値はすべて2万3000円台となり、値固めの様子がうかがえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:14 | 株式投資ニュース

大京は大震災の影響で順延を予定した物件が計画通りになり業績予想を増額

■第2四半期の営業利益は30億円から45億円に

 マンション大手・大京<8840>(東1)は2日の大引け後、業績予想の増額修正を発表。

 第2四半期の予想(4〜9月)を、売上高は980億円から1150億円(前年同期実績は約1291億円)に増額し、営業利益は30億円から45億円(同61億円)に、純利益は56億円から69億円(同33億円)に増額した。大震災の影響で下期の引き渡しを予定していた物件の一部が、当初計画通りのスケジュールで引渡しできる見込みになったことなどが要因。

 2日の株価は小動きとなり、終値は136円(1円安)。8月に入ってからは、下値を125円(8月9日)、126円(同22日、23日、24日)として下げどまっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:12 | 株式投資ニュース

生活インテリアのバルスが1株10万円で経営陣による買収を発表

■週明け5日のストップ高値段は7万8500円

 インテリアと生活用品の「フランフラン」を運営するバルス<2738>(東1)は2日の大引け後、MBO(マネジメント・バイアウト:経営陣による自社買収)を発表した。高島郁夫社長を代表取締役として7月に設立したTMコーポレーション(東京・渋谷区)を「公開買い付け者」とし、1株10万円でMBOを行なう。買い付け期間は9月5日から10月19日まで。MBO成立後は上場廃止になる可能性があるとした。東証はバルスの株式を監理銘柄(確認中)に指定した。

 同時に、MBOに応募する株主と応募しない株主との間の公平性を確保するため、1月期末の配当と株主優待を取りやめるとも発表した。

 2日の株価終値は6万8500円(700円高)。週明け5日のストップ高値段は7万8500円(2日終値比1万円高)になる。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:27 | 株式投資ニュース

カワチ薬品は「月次」減少したものの影響なく前場・後場2段階の上昇

■利益の改善傾向に期待

 カワチ薬品<2664>(東1)は2日、前場の後半と後場の終盤に2段階の上げ相場となり、終値は本日高値の1592円(30円高)。昨日発表した8月の月次動向は今ひとつで、既存店売上高は前年同月比7.2%減だったものの、株価への影響はなかった。四半期決算で利益の改善が顕著なため、冷静な受け止め方になったようだ。

 同社が1日に発表した「売上高・対前年同月比」(7月16日〜8月15日)は、既存店が前年同月比7.2%減となり、期初からの累計は前年同期間比9.7%減。また、全店では前年同月比4.8%減となり、期初からの累計は前年同期間比8.3%減となった。ただ、7月下旬に発表した第1四半期決算(4〜6月)では、売上高が11.0%減、営業利益は71.7%増と収益力の強化が目立った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:08 | 株式投資ニュース

アインファーマシーズはML証券の新規注目が好業績を思い出させる形で高値更新

■向こう5年で年15%成長と伝わる

 アインファーマシーズ<9627>(東1)は2日の前場3340円(100円高)まで上げ、7月につけた年初来の高値3320円を更新、終値も2395円(55円高)と堅調。業績好調が見込まれるところに、本日はメリルリンチ(ML)日本証券による積極評価が伝えられ、買い安心感が広がった。

 同証券は、1日付けで新たに投資評価を開始し、投資判断は「買い」、目標株価は4500円に設定と伝えられた。調剤薬局事業の拡大を評価し、向こう5年間の営業利益の年平均成長率を15%とした模様。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:43 | 株式投資ニュース