[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/19)【話題株】センコン物流は最安値から急伸、自己株式取得枠を拡大し立会外買い付け
記事一覧 (08/19)ネクストが株式分割と中国での不動産情報サイト展開を発表−−引け後のリリース
記事一覧 (08/19)西松屋チェーンが新生児衣料の鈍化など要因に業績予想を減額修正
記事一覧 (08/19)エル・シー・エーホールディングス債務超過を解消し「上場廃止の猶予」解除
記事一覧 (08/19)三菱商事が中央化学に対するTOBを発表し連結子会社化へ
記事一覧 (08/19)日本電気硝子がニプロの保有株を増やし協力関係を強化
記事一覧 (08/19)【話題株】大阪証券取引所と前後して任天堂も上げ思惑くすぶる
記事一覧 (08/19)KDDIは東電保有株の早期売却要請を嫌気して急落
記事一覧 (08/19)ホンダは新燃費基準に期待を強め後場次第に値を戻す
記事一覧 (08/19)サンドラッグは好決算と暑さ対策商品好調を材料視して続伸
記事一覧 (08/19)MARUWAは下げ過ぎ訂正買いが増勢で東証1部値上がり率第2位
記事一覧 (08/19)甲子園で「光星学院」決勝進出を決めサンワドーが高値更新、みちのく銀行も高い
記事一覧 (08/19)エムスリーは株式分割権利取りを材料に3日続伸
記事一覧 (08/19)しまむらは都心部出店拡大報道も利益確定売りが先行し続落
記事一覧 (08/19)ドンキホーテは連続最高純益で内需割安株買いが拡大し急続伸
記事一覧 (08/19)ガリバーインターナショナルは業績上方修正で朝方逆行高も利確売りに押され続落
記事一覧 (08/19)センコン物流は最安値から急伸、自己株式取得枠を拡大し立会外買い付け
記事一覧 (08/19)ディー・エヌ・エーは内需消費の好業績株として小反落にとどまる
記事一覧 (08/19)チヨダは4日続落も2Q配当取りを上方修正業績が後押しも
記事一覧 (08/19)新東は業績再上方修正で超割安株買いが再燃し2日ぶりに商いが成立
2011年08月19日

【話題株】センコン物流は最安値から急伸、自己株式取得枠を拡大し立会外買い付け

話題株 宮城県仙台市に本社を置くセンコン物流<9051>(JQS)は19日、2日ぶりに商いが成立し17日終値に対して39円高の599円と急伸し、5月27日につけた年初来安値549円に並ぶ最安値水準から底上げした。18日大引け後に今年5月に取締役決議した自己株式取得の取得枠の拡大と、立会外買付取引を発表、好感して下げ過ぎ訂正買いが再燃した。

 自己株式取得枠の拡大は、経営環境の変化に対応して機動的な資本政策を遂行することを目的としており、5月決議の上限10万株を50万株(発行済み株式総数の9.63%)、1億円を5億円に広げ、取得期間は5月16日から11月8日までのままと変更しない。

 立会外買付取引は、きょう19日寄り付き前の8時45分に前日終値560円で39万1000株の買い付けを予定した。きょう10時に取得結果を公表、予定通りの株式数を2億1896万円で取得した。

 株価は、品薄・値付き難のなか前期業績の相次ぐ下方修正や減配などの悪材料が続いたが、500円台の小動きに終始し、今年8月に今3月期業績予想を開示、純利益の黒字転換を見込み、配当も、12.5円(前期実績5円)に前々期並みに復元増配するとしたが反応薄で推移した。PERは25倍台と割高だが、PBRは0.6倍と割り負けており、一段の底上げをサポートしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 22:05 | 株式投資ニュース

ネクストが株式分割と中国での不動産情報サイト展開を発表−−引け後のリリース

■単元株導入につき1株を100株に分割

引け後のリリース、明日の1本 不動産情報検索サイトのネクスト<2120>(東1)は19日の夕方、単元株制度の採用などにともない、9月30日を基準日として1株を100株に分割し、売買単位も、現在の1株を、この分割の効力発生日の10月1日から単元株式数(1売買単位)100株にすると発表した。

 19日の株価終値は4万700円。この株価で例示すると、分割後は1株407円になり、1売買単位に必要な金額は現在と変わらず4万700円になる。

 同社は、同時に、中国での不動産情報ポータルサービス開始を目的とした出資も発表。中国の不動産会社向けにスマートフォンアプリを提供(BtoB向けサービス)している事業会社を傘下におさめる予定であるREM(リアルエステイト・モバイル社、Real Estate Mobile Inc:本社ケイマン諸島)の株式を取得するとともに、同社と共同で事業管理会社であるNPM(ネクストプロパティメディアホールディングス社、Next Property Media Holdings Limited:同ケイマン諸島)へ出資し、中国におけるBtoC向けサービスを展開するとした。

■PERなど割高感なく下値形成の余地

 株価は5月の6万円前後から徐々にジリ安基調となっており、8月9日に4万円の安値をつけ、本日は一時4万50円(1550円安)まで下げ、終値は4万700円(900円安)。PERは9倍台、PBRは0.9倍台で割高感はなく、直近の安値を割らずに踏みとどまったため、4万円前後で下げ止まるか注目余地がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:32 | 株式投資ニュース

西松屋チェーンが新生児衣料の鈍化など要因に業績予想を減額修正

■6月の安値617円・大台の600円などが下支え

西松屋チェーン 西松屋チェーン<7545>(東1)は19日の大引け後、業績予想の減額修正を発表。2月通期の予想を、売上高は1307億円から1245億円に、営業利益は94.3億円から73.5億円に、各々減額した。第2四半期(2月21日〜8月20日)の売上高が、新生児衣料やマタニティ用品および大型育児用品などの鈍化により当初予想より少なくなることなどが要因。純利益は50.5億円から38.3億円に減額し、新たな予想1株利益は56円97銭とした。

 19日の株価は小動きとなり、終値は661円(5円安)。4月以降は、おおむね700円で上値を抑えられる横ばい相場となっており、一方、下値は6月17日の617円、8月9日の632円。今回の減額修正により、これらの下値を割り込むかどうかが焦点。仮に割り込むと600円の大台まで下支えがなくなる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:04 | 株式投資ニュース

エル・シー・エーホールディングス債務超過を解消し「上場廃止の猶予」解除

■前5月期は4年ぶり黒字化

 コンサルティングのエル・シー・エーホールディングス<4798>(東2)は19日の夕方、本日、有価証券報告書を関東財務局に提出した結果、平成23年5月期において債務超過を解消したことにより、「債務超過に係る猶予期間入り銘柄」から解除されたと発表した。東京証券取引所も、本日付けで、「債務超過に係る猶予期間の解除(上場廃止基準)」を発表した。

 19日の株価は横ばい小動きとなり、終値は10円(前日比変わらず)。5月下旬までは1〜2円で推移してきたが、6月には6円まで上げ、7月は急騰する場面をみせて一時20円まで上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:39 | 株式投資ニュース

三菱商事が中央化学に対するTOBを発表し連結子会社化へ

■TOB価格は386円・上場維持の方針

 三菱商事<8058>(東1)は19日の大引け後、樹脂製食品容器の大手・中央化学<7895>(東1)に対しTOB(株式公開買い付け)を行ない、連結子会社化すると発表した。TOB価格は1株386円(19日の終値は401円)、期間は9月5日から10月19日まで。上場廃止は、現時点では企図していないとした。三菱商事は、すでに中央化学の株式を約8.9%保有する3位株主。

 中央化学の株価は3月18日の325円を安値にジリ高傾向となっており、8月1日には420円まで上昇。本日も、NY株の大幅安を受けた全面安商状の中で、JASDAQ指数が2.3%下落(1.17ポイント安の49.24ポイント)した相場にあって、終値は401円(11円高)と堅調だった。

 TOB価格は386円のため、時価を下回るものの、上場廃止の可能性が少ない場合はTOB価格を上回る上げ相場に発展することがあり、エス・バイ・エル<1919>(東1)の場合は、ヤマダ電機<9831>(東1)によるTOB価格(1株62円)を大きく上回り、本日は一時105円(8円高)まで上昇した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:17 | 株式投資ニュース

日本電気硝子がニプロの保有株を増やし協力関係を強化

■互いに1位・2位株主の関係

 日本電気硝子<5214>(東1)は19日の大引け後、医療器具の大手ニプロ<8086>(東1)の株式保有割合を増し、8月12日現在での保有株式数が658万3200株(議決件数の10.40%)になったと発表した。

 両社は、医療用ガラス管事業を中心に協力関係を深めており、2010年3月には、日本電気硝子の1位株主にニプロが位置し、直近はニプロの2位株主に日本電気硝子が就いている。

 日本電気硝子の19日の株価は続落となり、一時732円(48円安)まで下げ2日連続で安値を更新し、終値は734円(46円安)。また、ニプロは反落となり、一時1321円(28円安)まで下げて終値は1328円(21円安)。ただ、ニプロは8月9日の安値1317円を割らずに持ちこたえた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:55 | 株式投資ニュース

【話題株】大阪証券取引所と前後して任天堂も上げ思惑くすぶる

■週末に東証・大証の合併観測が再燃の思惑

話題株 大阪証券取引所<8697>(JQS)が14時過ぎから堅調相場に転じて上値を追い、一時41万3000円(8000円高)まで上げ、終値も41万1000円(6000円高)となり反発。JASDAQ指数が2.3%下落(1.17ポイント安の49.24ポイント)の相場にあって、東京証券取引所によるTOB(株式の公開買い付け)観測などが週末に再燃するといった思惑が広がり、買い直す動きを強めた。

 この上昇に呼応するように持ち直し、注目を集めたのが任天堂<7974>(大1)だ。同社株は、朝方1万2390円(210円高)まで上げたものの、NY株の大幅安を受けて主力株を売る動きに押され、前引けは1万2020円(160円安)。後場も14時過ぎまでは軟調に推移した。しかし、大阪証券取引所の株価上昇とともに上値を追い始め、朝方の高値に顔合わせし、終値はも1万2320円(140円高)と堅調続伸。東京証券取引所と大阪証券取引所が合併・経営統合となった場合、「東証1部」と「大証1部」が合体し、大阪1部の任天堂の株式が日経平均に採用される可能性が強まるとの期待が再燃した。

 東京証券取引所と大阪証券取引所の合併・統合観測を巡っては、TOBの観測報道が8月13日(土曜日)に報じられ、週明け15日の株価は急伸。7974株も好反応となった。今秋の土・日にも続報が飛び出すとの思惑が広がっていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:27 | 株式投資ニュース

KDDIは東電保有株の早期売却要請を嫌気して急落

 KDDI<9433>(東1)は19日、1万8000円安の53万円まで売られて急続落し、後場も53万円台で売り買いが交差している。前日18日に開催された東京電力<9501>(東1)の経費削減や財務内容を調査する経営・財務調査委員会(委員長・下河辺和彦弁護士)で、東電が保有する同社株式の早期売却が求められたことが、改めて需給悪化要因として懸念され売り増勢となった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:29 | 株式投資ニュース

ホンダは新燃費基準に期待を強め後場次第に値を戻す

 ホンダ<7267>(東1)は19日の後場、次第に持ち直す相場となり、朝方につけた2393円(93円安)を下値に、後場は2406円(80円安)から2426円(60円安)。NY株の大幅安を受け、2日続けて年初来の安値を更新したものの、後場は2400円の大台も回復し下げ止まる動きとなっている。

 本日は、自動車株が全般軟調。このなかで、同社にとっては、経済産業省と国土交通省の推進する新たな自動車燃費基準が、各社得意の車種で燃費の改善に取り組み、企業ごとに車種全体の平均値で判断する制度に変更する方針と伝えられたことが期待材料になっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:13 | 株式投資ニュース

サンドラッグは好決算と暑さ対策商品好調を材料視して続伸

 サンドラッグ<9989>(東1)は19日、83円高2548円まで上げて続伸し、7月26日につけた2588円を射程圏にとらえている。8月10日発表の第1四半期決算(4〜6月)は好調で、暑さ対策商品などが伸びて営業利益は前年同期比23.3%増の51億4400万円となった。通期の予想は据え置き、営業利益は前期比10.4%増の212億4000万円だった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:37 | 株式投資ニュース

MARUWAは下げ過ぎ訂正買いが増勢で東証1部値上がり率第2位

 セラミック、コンデンサを扱うMARUWA<5344>(東1)は19日、195円高の3235円まで買われて急反発し東証1部値上がり率第2位となっている。15日大引け後に新株式の発行と自己株式処分、株式売り出しを発表、希薄化懸念を強めて利益確定売りが先行し、17日には2984円まで下げたが、下げ過ぎ訂正の買い物が増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:21 | 株式投資ニュース

甲子園で「光星学院」決勝進出を決めサンワドーが高値更新、みちのく銀行も高い

 青森地盤のホームセンター、サンワドー<7430>(JQS)は19日の後場寄り後に730円(10円高)をつけ、4月につけた年初来の高値720円を更新。甲子園で青森代表のしたことを好感する動きがあり、みちのく銀行<8350>(東1)も後場寄り後に148円(2円高)をつけて本日の現在高。優勝ということになれば、青森地盤の銘柄に人気が波及するとの期待が高まっている。

 19日の高校野球・夏の甲子園で、青森の光星学院が作新学院を5対0で下し決勝に進んだ。他の青森地盤銘柄はマックスバリュ東北<2655>(東2)ユニバース<3078>(東1)サンデー<7450>(JQS)薬王堂<3835>(JQS)などが注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:16 | 株式投資ニュース

エムスリーは株式分割権利取りを材料に3日続伸

 製薬・医療機器・医薬品卸メーカーと医師をつなぐ『MR君』を運営するエムスリー<2413>(東1)は19日、1万4000円高の71万8000円まで上げて3日続伸している。今年9月末割り当てで実施する株式分割権利取りが続いており、株式分割を発表した7月26日にはストップ高を演じた急伸特性の再現思惑も高まった。株式分割は、投資単位当たりの金額を引き下げ、株式流動性を向上させ、投資しやすい環境を整え投資家層の拡大を図ることを目的にしており、1株を2株に分割する。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:05 | 株式投資ニュース

しまむらは都心部出店拡大報道も利益確定売りが先行し続落

 しまむら<8227>(東1)は19日、110円安の7430円まで下げて続落している。きょう19日付けの日本経済新聞で、同社が、新業態店の都心部出店を拡大すると観測報道されたが、きょうの全面安相場が響いて反応はなく利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:54 | 株式投資ニュース

ドンキホーテは連続最高純益で内需割安株買いが拡大し急続伸

 ドン・キホーテ<7532>(東1)は19日、寄り付きの46円安から切り返し71円高の2800円まで上げて急続伸している。前日18日大引け後に6月期決算を発表、前期は8月の観測報道通りに今年2月の上方修正値を上ぶれて着地し、今期は連続の過去最高純利益更新と予想、市場コンセンサスを下回ったが、内需割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:51 | 株式投資ニュース

ガリバーインターナショナルは業績上方修正で朝方逆行高も利確売りに押され続落

 ガリバーインターナショナル<7599>(東1)は19日、190円高の3840円と急反発し逆行高して始まったが、徐々に値を下げて前場終値は20円安の3630円と続落した。前日18日大引け後に今2月期第2四半期累計・2月通期業績の上方修正を発表、経常利益が、期初の減益転換予想から増益転換することを評価して超割安修正買いが再燃したが利益確定売りの押されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:29 | 株式投資ニュース

センコン物流は最安値から急伸、自己株式取得枠を拡大し立会外買い付け

 宮城県仙台市に本社を置くセンコン物流<9051>(JQS)は19日、2日ぶりに商いが成立し17日終値560円に対して39円高の599円まで上げて急伸し、5月27日につけた年初来安値549円に並ぶ最安値水準から底上げしている。前日18日大引け後に今年5月に取締役決議した自己株式取得の取得枠の拡大と、立会外買付取引を発表、好感して下げ過ぎ訂正買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:25 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーは内需消費の好業績株として小反落にとどまる

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は19日、反落相場となり、朝方の4210円(45円安)を上値に軟調もみあい。4015円(240円安)まで下押す場面があった。昨日まで3日連続の高値更新だったこともあり、東京市場がNY株式の急落を受けて軒並み安となった中で、さすがに手控える様子があるようだ。ただ、いぜん、米・欧の景気鈍化や円高の影響の少ない好業績銘柄として物色は活発。下げ幅は、昨日の高値4330円から315円程度にとどまっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:53 | 株式投資ニュース

チヨダは4日続落も2Q配当取りを上方修正業績が後押しも

 チヨダ<8185>(東1)は19日、25円安の1260円と4日続落している。きょうの全面安相場から利益確定売りと、8月末の今2月期第2四半期(2Q)期末接近で2Q配当取りとが交錯しており、今年8月12日の今期業績の上方修正を勘案すると配当取りを後押しする展開も想定される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース

新東は業績再上方修正で超割安株買いが再燃し2日ぶりに商いが成立

 新東<5380>(JQS)は、2日ぶりに商いが成立し、8月17日終値に対して15円高の272円まで上げて急伸したあと変わらずとなっている。前日18日大引け後に今年2月に続いて2011年6月期業績の2回目の上方修正を発表、連続増益率を大きく伸ばすことが超割安修正買いを再燃させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:32 | 株式投資ニュース