[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/22)エス・バイ・エルは住宅ローンの優遇復活を材料に値上がり率上位
記事一覧 (09/22)【話題株】伊藤ハムは円高を買う相場!午後はユーロ安とともに上昇
記事一覧 (09/22)ニコンは「ミラーレス」1眼デジカメの期待で前後場とも底堅い
記事一覧 (09/22)【話題株】KDDIは「iPhone5」発売観測報道で高値更新も反落
記事一覧 (09/22)三菱商事は中国での不動産開発に期待するが上海・香港株安で冷や水
記事一覧 (09/22)壱番屋はダイショーの「自主回収」に影響された面もあり軟調
記事一覧 (09/22)アイ・ティー・シーネットワークは2Q業績観測報道を好感し高値肉薄
記事一覧 (09/22)グリーは投資判断引き下げの売り次第に一巡し持ち直す
記事一覧 (09/22)【上方修正株】キリン堂は2Q業績上方修正で純利益が黒字転換し続伸
記事一覧 (09/22)レンゴーは年初来高値を更新、製品価格を3年ぶりに値上げ
記事一覧 (09/22)東亜ディーケーケーは2Q業績上方修正で増益転換し急続伸
記事一覧 (09/22)ソニーは円高など敬遠し安値更新だが後場は買い戻しの下支えも
記事一覧 (09/22)ハウス食品はタイ国での本格展開に需給妙味がいわれて底堅い
記事一覧 (09/22)楽天は英Play社買収も利益確定売りが交錯し高値もみ合い
記事一覧 (09/22)新規上場のブレインパッドは大量の買い物を集め買い気配値をアップ
記事一覧 (09/22)アークランドサカモトは2Q上方修正業績発表もマイナス圏で推移
記事一覧 (09/22)キリン堂は増額修正を好感するが通期慎重とされ伸び悩む
記事一覧 (09/22)メディア工房は8月度月次が過去最高も利益確定売りで急反落
記事一覧 (09/22)内需関連株、中でも医療機器銘柄に注目
記事一覧 (09/22)スカパーJSATホールディングスは2Q業績上方修正を追撃材料に急反発
2011年09月22日

エス・バイ・エルは住宅ローンの優遇復活を材料に値上がり率上位

■住宅株の中で2ケタ妙味を発揮

 エス・バイ・エル<1919>(東1)は22日の後場も堅調で値を保ち、終値は5.1%高の83円(4円高)で東証1部の値上がり率7位。朝方の80円(1円高)を安値に85円(6円高)まで上げた。国土交通省が、住宅金融支援機構の住宅ローンの中で9月いっぱいで優遇措置の終了する「フラット35S」を、「省エネ住宅」に限って今年度中に復活する方針と伝えられ、株価2ケタの手軽さなどから資金が集まった。当社株は、16日付けで東証の「日々公表銘柄」指定が解除になり、動きやすくなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | 株式投資ニュース

【話題株】伊藤ハムは円高を買う相場!午後はユーロ安とともに上昇

■外為市場では欧州勢が参加する時間帯に円高進む

話題株 伊藤ハム<2284>(東1)は22日の後場も上値を追う相場になり、14時過ぎに288円(12円高)まで上昇し、終値も286円(10円高)。円高効果を買う相場とされ、午後、ユーロ安・円高が一段と進み、1ユーロ103円50銭前後になったことが材料視された。ユーロ圏のデンマークは豚肉の世界有数の輸出国。また、ドル圏では、筆頭株主の三菱商事<8058>(東1)とともに、米国で展開する養豚事業の効率化推進が9月16日に伝えられている。

 本日の東京外為市場では、午後、欧州勢が参加する時間帯に入って円買い・ユーロ売りが加速し、円/ユーロは16時過ぎに午前の高値を上回り、2001年6月以来、約10年ぶりの高値を更新したと伝えられた。この動きに、今夜から明日の海外の動きが注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:00 | 株式投資ニュース

ニコンは「ミラーレス」1眼デジカメの期待で前後場とも底堅い

■日経平均2%下落の中で1.2%安

 ニコン<7731>(東1)は22日、下値の固い相場となり、後場の1820円(40円安)を下値に一進一退。ミラーレス型のデジタル1眼レフカメラに参入することが期待材料になり、日経平均の下げ幅が一時2%を超えて195円に広がり、東証1部銘柄の8割が下げた相場の中で底堅さをみせた。終値は1.2%安の1837円(23円安)で小反落。
 
 同社は21日の午後、デジタルカメラの新ブランドとして、レンズ交換式のアドバンストカメラ、「Nikon 1(ワン)」シリーズを発表。これにより、デジカメ事業を3つの主要ブランドで展開するとした。主力の高級デジタル1眼レフカメラ「D」シリーズ、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」に、新たに「ニコン ワン」が加わる。まず2機種を10月20日から発売開始する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:45 | 株式投資ニュース

【話題株】KDDIは「iPhone5」発売観測報道で高値更新も反落

KDDI KDDI<9433>(東1)は22日、3万9000円高の66万8000円まで上げて、9月20日につけた年初来高値63万6000円を更新し、終値は、5000円安の62万4000円と6営業ぶりに反落した。一部報道機関から同社が、米アップル社のスマートフォン、「iPhone5」の販売を担当すると観測報道されたことを受け、ソフトバンク<9984>(東1)の独占販売体制が崩れ、販売競争で優位に立つと評価され、売り方の買い戻しと利益確定売りが交錯した。

 ソフトバンクは、333円安の2271円まで売られて3日続落、8月24日につけた年初来安値2459円を更新し、終値は320円安の2282円だった。

 KDDIの株価は、東京電力<9501>(東1)の福島第1原子力発電所の事故に伴う損害賠償資金調達に絡んで、東電保有の同社株式の売却が有力視されたことが株価圧迫材料となって46万500円まで売られ、順調な業績推移と綱引きしつつ下値を切り上げ、東電売却株には自己株式取得で対応するとの観測が強まって需給悪化懸念が後退したことや、証券各社の投資判断・目標株価引き上げもオンして、年初来高値まで上値を伸ばした。PERは11倍台となお割安であり、内需業態を評価して上値挑戦を強めよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:09 | 株式投資ニュース

三菱商事は中国での不動産開発に期待するが上海・香港株安で冷や水

 三菱商事<8058>(東1)は22日の後場もジリ安となり、1697円(55円安)まで下げて8月24日の年初来安値を更新。1700円割れは09年7月以来となった。材料としては、瀋陽で大規模な不動産開発に取り組むと今朝の日本経済新聞で伝えられ、期待があったものの、本日の中国株式は上海の下落とともに香港ハンセン指数は一時4%安の大幅下落と伝えられたため、冷や水を浴びせられた面もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:08 | 株式投資ニュース

壱番屋はダイショーの「自主回収」に影響された面もあり軟調

 壱番屋<7630>(東1)は22日の後場も軟調で、寄りあとに2270円(17円安)まで下落。同社のロゴを使用してダイショー<2816>(東2)が製造・販売した製品に関して、ダイショーが一部を自主回収し、壱番屋グループでは販売していないことを10時にIR開示したものの、株価は手控えられたままとなっている。9月20日に年初来の安値2264円をつけており、また、信用買い残が売り残の3倍に達しており、やや荷もたれ感があるとの見方もある。ダイショーは朝方堅調で高値を更新したものの、後場は軟調推移。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:44 | 株式投資ニュース

アイ・ティー・シーネットワークは2Q業績観測報道を好感し高値肉薄

 アイ・ティー・シーネットワーク<9422>(東1)は22日、7円高の512円まで上げて続伸し、3月4日につけた年初来高値520円に肉薄している。きょう22日付けの日本経済新聞で、同社の今3月期第2四半期の営業利益が期初予想を上ぶれると観測報道されたことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:36 | 株式投資ニュース

グリーは投資判断引き下げの売り次第に一巡し持ち直す

 グリー<3632>(東1)は22日の後場、持ち直す動きとなり、寄りあとの2165円(21円安)を下値に2209円(23円高)と堅調相場に転換。朝方は、JPモルガン証券が投資判断を引き下げ、「オーバーウェイト」から「ニュートラル」に見直したと伝えられて2113円(73円安)まで下げたものの、売り一巡後は弾力性を見せている。

 グリーの株価は、9月8日の2692円を高値として調整に転じ、このところは9月14日に終値で2400円を割り、同じく21日には2200円を割リ込み、下げピッチを速めていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:10 | 株式投資ニュース

【上方修正株】キリン堂は2Q業績上方修正で純利益が黒字転換し続伸

上方修正銘柄 キリン堂<2660>(東1)は22日、11円高の488円まで上げたあと値を下げて1円高の478円と続伸している。前日21日大引け後にきょう22日発表予定の今2月期第2四半期(2Q)業績を上方修正、純利益が、期初予想の連続赤字から黒字転換することを評価している。

 2Q業績は、期初予想より売り上げを2億6800万円引き下げたが、経常利益を1億8400万円、純利益を1億5100万円それぞれ引き上げ、経常利益は、9億7400万円(前年同期比2.2倍)とV字回復し、純利益は、3100万円(前年同期は6200万円の赤字)と黒字転換する。

 徹底したセルフサービス売場づくりやプライベートブランド商品の育成・アイテム数の増加など4つの重点施策により粗利率向上やコストコントロールを進めて既存店を活性化し、東日本大震災の影響による生活必需品の需要増や春先の花粉症関連商品の販売増、調剤売上高や健康食品販売の好調推移も加わり上方修正につながった。

 2月通期業績は期初予想に変更はなく、経常利益は18億5000万円(前期比20%増)、純利益は1億2000万円(同36%減)と見込んでいる。

 株価は、今期決算発表で400円台を試し、第1四半期の好決算に反応して年初来高値533円まで急伸し高値調整を続けた。PER評価では割高だが、PBRでは0.5倍と割り負けており、内需株人気を高めて高値奪回を目指そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:38 | 株式投資ニュース

レンゴーは年初来高値を更新、製品価格を3年ぶりに値上げ

 ダンボール紙最大手のレンゴー<3941>(東1)は22日、6円高の588円まで上げて3日続伸し連日、年初来高値を更新したが、高値後は利益確定売りが交錯している。10月1日出荷分から製品価格を3年ぶりに値上げすることを前に、業績上ぶれ思惑も底流し割安修正買いが増勢となっているが、売り買い交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:34 | 株式投資ニュース

東亜ディーケーケーは2Q業績上方修正で増益転換し急続伸

 水質・大気観測機器の東亜ディーケーケー<6848>(東2)は22日、10円高の285円まで上げて急続伸している。前日21日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)業績の上方修正を発表、期初予想の減益予想が増益転換することを手掛かりに低位値ごろの割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:33 | 株式投資ニュース

ソニーは円高など敬遠し安値更新だが後場は買い戻しの下支えも

 ソニー<6758>(東1)は22日、安値を更新する相場となり、一時1472円(39円安)まで下げて9月13日につけた安値を更新。前引けも1482円(29円安)となった。3日続落基調。NY株式の283ドル安に加え、外為市場でユーロ安が再燃し、1ユーロ103円台の円高になったことなどが手控え要因になった。

 また、需給面では、3市場の信用買い残が多く、売り残の8倍に達していることも、値動きを重くしているようだ。これ自体は「強気」が多いことを示すものの、明日からの3連休を前に、海外市場の動向を懸念して手控える相場になった。ただ、目先は、日証金ベースの「貸株」が増加しているため、3連休を前に、後場は貸し株の返済買いが増えて下値を支えル杜の期待はある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

ハウス食品はタイ国での本格展開に需給妙味がいわれて底堅い

 ハウス食品<2810>(東1)は22日、一進一退となり、10時30分にかけては1389円(19円安)から1409円(1円高)の間で推移。タイ国の食品メーカーと合弁会社を設立し、現地事業を拡大、2012年から健康飲料などを販売すると伝えられ、昨日つけた年初来の高値1417円に迫る相場となった。本日の株式市場が、東証1部1668銘柄のうち値下がり銘柄数1355(約81%、10時現在)に達する中で、強い相場となっている。「街の投機資金」筋が10時頃に買い指令を出したとの観測もある。

 先に発表した第1四半期決算(4〜6月)では、営業利益が53.6億円(前年同期比63.8%増)となっており、第2四半期決算に期待がある。また、信用売り残が、すでに買い残の1.8倍に膨れているため、高値更新ともなって売り手が苦境に陥った場合、買い戻しが広がり一段の株高要因になるとの思惑もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

楽天は英Play社買収も利益確定売りが交錯し高値もみ合い

 楽天<4755>(JQS)は22日、700円高の9万700円と6営業日続伸して前日ザラ場につけた年初来高値9万900円に肉薄したあと、1700円安と売られ、前日終値を挟んでもみ合っている。前日21日大引け後に英国のEC(電子商取引)サイト運営会社のPlay社(英国領ジャージー島)の買収、子会社化を発表、今年7月の独ドラドリア社買収時には株価が急伸したことを連想して買い増勢となったが、前日に米国NYダウが、283ドル安と急落したこともあり、利益確定売りが交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:23 | 株式投資ニュース

新規上場のブレインパッドは大量の買い物を集め買い気配値をアップ

 ブレインパッド<3655>(東マ)が、きょう22日に東証マザーズに新規上場された。公開価格は2200円、公開株式数は31万500株となっている。寄り付きから大量の買い物を集め9時40分現在、公開価格より770円上回る2970円買い気配で売り買い差し引き約68万株と公開株式数の倍以上となる買い物を集めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:16 | 株式投資ニュース

アークランドサカモトは2Q上方修正業績発表もマイナス圏で推移

 ホームセンターのアークランドサカモト<9842>(東1)は22日、30円高の1349円まで上げたが、一気に7円安の1312円まで下げている。前日21日大引け後に9月15日に上方修正した今2月期第2四半期(2Q)決算を発表、好決算を好感したが全体相場の影響と利益確定売りからマイナス圏での推移となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:02 | 株式投資ニュース

キリン堂は増額修正を好感するが通期慎重とされ伸び悩む

 キリン堂<2660>(東1)は22日、続伸ながら始値の488円(11円高)を高値に一進一退。479円(2円高)。昨日発表した業績予想の増額修正は好感されているものの、伸び悩む相場となった。第2四半期(3〜8月)の予想営業利益は、従来予想の6.80億円から7.84億円に増額し、純利益は1.2億円の赤字予想から0.31億円の黒字よそうに見直した。ただ、通期の予想に慎重との受け止め方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

メディア工房は8月度月次が過去最高も利益確定売りで急反落

 携帯電話向け占いコンテンツなどのメディア工房<3815>(東マ)は22日、2800円安の7万500円まで下げて急反落している。前日21日大引け後に発表した今年8月度の月次売上高が、過去最高を更新したが、連休控えで前日の米国株価が大幅反落したことも響き利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:58 | 株式投資ニュース

内需関連株、中でも医療機器銘柄に注目

■日本エム・ディ・エム、日本ライフライン等

 円高の影響で、事業を継続するために、国外に製造拠点を移転する企業が増えているように、外需依存型の企業は厳しい環境といえる。その様な中、内需関連に注目が集まっている。
 中でも、小宮山厚生労働大臣の9月5日の診療報酬増額発言もあり、2年ごとに実施される保険償還価格改定への影響も予想され、日本エム・ディ・エム<7600>(東1)、日本ライフライン<7575>(JQS)等の医療機器銘柄に注目。
 日本エム・ディ・エムのPBRは0.40倍と割安であり、株価も底値圏で推移している。業績面では、事業再建計画も順調に進み、前期で黒字化、今期は大幅増益を見込んでいる。
 日本ライフラインも、PBR0.42倍、予想PER5.66倍と割安歴然。業績は、今期最終利益39.6%増を見込んでいるが、第1四半期の最終利益は162.1%増を達成したことから、上方修正も期待できる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:43 | 株式投資ニュース

スカパーJSATホールディングスは2Q業績上方修正を追撃材料に急反発

 スカパーJSATホールディングス<9412>(東1)は22日、1200円高の3万9650円まで上げて4営業日ぶりに急反発している。前日21日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)業績の上方修正を発表、9月2日発表の過去最高となった8月の新規加入件数に続く追撃材料となって内需関連の割り負け修正買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース