[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/18)トリドールが内需消費の好業績株として3日続けて年初来の高値
記事一覧 (08/18)アサヒHDは高値更新、金価格続騰を先取りして関連割安修正買い
記事一覧 (08/18)不二電機工業は復興関連思惑が再燃、割り負け訂正で高値更新
記事一覧 (08/18)ファーストリテイリングが内需消費の好調銘柄として3日ぶり高値
記事一覧 (08/18)エムスリーは株式分割権利取りで急伸再現思惑高めて続急伸
記事一覧 (08/18)ACCESSはスマートフォン関連人気続き下げ過ぎを訂正で3連騰
記事一覧 (08/18)ソニーフィナンシャルホールディングスは1Q業績増益転換を好感して4連騰
記事一覧 (08/18)コスモス薬品は年初来高値更新!過去最高純利益更新と増配を材料視して7連騰
記事一覧 (08/18)リゾートトラストは増額業績・増配を見直し内需株人気高め続急伸
記事一覧 (08/18)ヒト・コミュニケーションズが8月末の記念配当を好感し高い
記事一覧 (08/18)メディア工房は営業益過去最高報道を歓迎し8連騰
記事一覧 (08/18)ヒト・コミュニケーションズは上場記念配当増配で直近IPO株人気が再燃し急反発
記事一覧 (08/18)日本ライフライン 第1四半期は、増収大幅増益と好スタートを切ったが、株価は下げる
記事一覧 (08/18)北海道電力は泊原発3号機営業運転再開も売り買い交錯しもみ合い
記事一覧 (08/18)大崎電気工業は自己株式立会外買付取引を追撃材料に急反発
記事一覧 (08/18)グリーとディー・エヌ・エーがそろって高値!ミクシィも大幅続伸
記事一覧 (08/18)コロナが石油ストーブの受注増加をハヤし3日連続年初来の高値
記事一覧 (08/18)日本エム・ディ・エム 12年5月期連結業績予想は増収大幅増益
記事一覧 (08/18)沢井製薬は目標株価の引き上げを受け急反発
記事一覧 (08/18)大阪証券取引所は東証による子会社化後の合併案が飛び出したが反応薄
2011年08月18日

トリドールが内需消費の好業績株として3日続けて年初来の高値

 トリドール<3397>(東1)は18日の後場も上値を試す動きをみせ、一時16万2000円(6200円高)。円の高止まりや世界景気の減速感に左右されにくい好業績銘柄として買いが集まり、3日続けて年初来の高値を更新となった。セルフサービス型うどんチェーンなどを展開。今期の業績予想は、営業利益を前期比19.5%増、純利益は12.9%増とし、好調を予想。株式分割も予定しており、10月1日を効力発生日として1株を200株に分割する予定。これも継続的に材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

アサヒHDは高値更新、金価格続騰を先取りして関連割安修正買い

 アサヒホールディングス<5857>(東1)は18日、36円高の1854円まで上げて3日続伸し、2月14日につけた年初来高値1849円を更新している。米国市場で金先物価格が、取引証拠金引き上げで1トロイオンス=1740台ドルまで急落したが、前日に1793・80ドルまで戻して引け、欧州の債務不安や米国景気の二番底懸念などから続騰し、8月12日につけた史上最高値1817.60ドルの更新の可能性もあると先取りして、関連の割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:46 | 株式投資ニュース

不二電機工業は復興関連思惑が再燃、割り負け訂正で高値更新

 不二電機工業<6654>(東2)は18日、前引けは前日比変わらずで終わっているが、取引時間中は12円高の962円と2日間の変わらずを含めて4日続伸し、7月25日につけた年初来高値961円を1円だけ更新した。北海道電力<9509>(東1)の泊原子力発電所3号機が、前日17日に東日本大震災後に原子力発電所として初めて営業運転を再開されたことから、復興関連株人気が、同社の電力向け制御用開閉器などに波及、割り負け訂正買いが入った。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:32 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングが内需消費の好調銘柄として3日ぶり高値

ユニクロ ファーストリテイリング<9983>(東1)は18日の後場も強い始まりとなり、寄りあと1万4960円(580円高)と前場の高値1万4980円に接近。年初来高値を3日ぶりに更新する相場となっている。直接的な材料としては、ゴールドマン・サックス証券が投資判断を「中立」から「買い」に引き上げたと伝えられ、円相場が1ドル76円台なかばで高止まりを続け、輸出関連株を手がけにくい状況のため、内需消費の好調な銘柄として物色が集まっている。

 今8月期の業績予想は、売上高を前期比2.6%増の8360億円、売上総利益を同2.8%増の4325億円、純利益は同2.7%減の600億円。足元は、国内の「ユニクロ」は7月以降、夏物販売が好調で、特にスーパークールビズ関連商品が好調。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:07 | 株式投資ニュース

エムスリーは株式分割権利取りで急伸再現思惑高めて続急伸

 エムスリー<2413>(東1)は18日、2万8000円高の71万9000円まで上げて続急伸している。今年9月末割り当てで実施する株式分割権利取りが続いており、株式分割を発表した7月26日にはストップ高を演じた急伸特性の再現思惑も高まっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:07 | 株式投資ニュース

ACCESSはスマートフォン関連人気続き下げ過ぎを訂正で3連騰

 ACCESS<4813>(東マ)は、3500円高の6万7500円まで上げて3日続伸し、8月9日につけた上場来安値4万7000円からの底上げを鮮明化している。米国グーグルが、モトローラ・モビリティーを約9600億円で買収したことをキッカケに、スマートフォン関連株が、幅広く物色されているが、同社株もその一角として下げ過ぎ訂正が続いている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:32 | 株式投資ニュース

ソニーフィナンシャルホールディングスは1Q業績増益転換を好感して4連騰

 ソニーフィナンシャルホールディングス<8729>(東1)は18日、29円高の1349円まで上げて4日続伸し、8月12日につけた上場来安値1202円から底上げしている。前週末12日大引け後に発表した今3月期第1四半期(1Q)決算で、純利益が続伸し、期初予想の第2四半期(2Q)累計業績に対して高利益進捗率を示したことを好感して下げ過ぎ訂正買いが再燃し、日経平均株価の構成銘柄に新規採用された需給好転思惑もフォローしている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:28 | 株式投資ニュース

コスモス薬品は年初来高値更新!過去最高純利益更新と増配を材料視して7連騰

 コスモス薬品<3349>(東1)は18日、170円高の4000円まで上げて7連騰し、年初来高値を更新している。今3月期業績の連続した過去最高純利益更新と増配をテコに内需割安株買いが続き、8月25日に定時株主総会を開催、総会終了後に定例の経営方針説明会を開くことから、好実態見直しに弾みをつけると期待されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:24 | 株式投資ニュース

リゾートトラストは増額業績・増配を見直し内需株人気高め続急伸

 リゾートトラスト<4681>(東1)は18日、57円高の1250円まで上げて続急伸している。今3月期第1四半期決算の開示に合わせて発表した今期業績の上方修正と増配を見直し内需株人気を高めているもので、売り方の買い戻しも交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:24 | 株式投資ニュース

ヒト・コミュニケーションズが8月末の記念配当を好感し高い

 8月12日に新規上場のヒト・コミュニケーションズ<3654>(JQS)は18日の前場、4090円(440円高)まで上げて前引けも3910円(260円高)となり堅調・反発。昨日、上場記念配当として2011年8月期末に5円を実施し、普通配当50円とあわせて55円となる見込みと発表したことが好感された。上場来の高値は8月16日の4185円。

 同社は、家電量販店などでの販売支援業務・人材派遣などを展開。公開価格(2700円)からは1300円以上高い水準のため、利食い売りも出ているようだが、これを吸収する強さがあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:17 | 株式投資ニュース

メディア工房は営業益過去最高報道を歓迎し8連騰

 メディア工房<3815>(東マ)は18日、8200円高の8万900円まで上げて変わらずを挟み8営業日続伸し、7月13日につけた年初来高値8万9600円を視界に捉えている。きょう18日付けの日本経済新聞で、同社の今8月期営業利益が、期初予想を上ぶれて過去最高を更新すると観測報道されたことを歓迎して、コンテンツ関連人気を拡大している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:17 | 株式投資ニュース

ヒト・コミュニケーションズは上場記念配当増配で直近IPO株人気が再燃し急反発

 ヒト・コミュニケーションズ<3654>(JQS)は、440円高の4090円まで上げて3日ぶりに急反発している。前日17日大引け後にジャスダック市場上場の記念増配を発表、直近IPO(新規株式公開)株人気を再燃させている。上場記念配当は、IPO時の今8月期普通配当50円に5円として上乗せし、期末配当を55円とする。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

日本ライフライン 第1四半期は、増収大幅増益と好スタートを切ったが、株価は下げる

■保険償還価格の改定の影響を軽減するため、自社製品の比率を高める

日本ライフラインのHP 日本ライフライン<7575>(JQS)は、7月29日に今12年3月期第1四半期連結業績を発表した。
 売上高5,710百万円(前年同期比6.1%増)、営業利益371百万円(同2.27倍)、経常利益375百万円(同68.7%増)、純利益315百万円(同2.62倍)と増収大幅増益と好スタートを切ったものの、その後、株価は下げている。
 同社は、2年ごとに行われる、保険償還価格の改定の影響を軽減するために、自社製品の比率を高めている。そのため、戸田新工場を建設しており、今期の第4四半期の稼動開始を予定している。生産能力は現工場の2倍以上となる。
 現在の株価は570円であり、予想PER5.7倍、PBR0.42倍、配当利回り4.38%と割負け感が強い。株価の見直しが予想される。

>>日本ライフラインのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

北海道電力は泊原発3号機営業運転再開も売り買い交錯しもみ合い

 北海道電力<9509>(東1)は、10円安の1215円から3円高の1228円と買い直されるなど、前日終値を挟みもみ合っている。前日17日後場取引時間中に高橋はるみ北海道知事が、同社の泊原子力発電所3号機の営業運転再開容認を表明し、同社株価も急反発したが、大引け後に経済産業省原子力安全・保安院から定期検査終了証も交付され、営業運転が再開されたことから、下げ過ぎ訂正買いと材料出尽くしとする利益確定売りが交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:57 | 株式投資ニュース

大崎電気工業は自己株式立会外買付取引を追撃材料に急反発

 大崎電気工業<6644>(東1)は18日、26円高の783円まで上げて急反発している。前日17日大引け後に発表した自己株式取得・立会外買付取引が、今年7月に発表した今3月期第1四半期(1Q)の好決算や、8月の純利益の上方修正に次ぐ追撃材料視され割安株買いを再燃させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:50 | 株式投資ニュース

グリーとディー・エヌ・エーがそろって高値!ミクシィも大幅続伸

 グリー<3632>(東1)は18日、10時過ぎに2444円(62円高)まで上げ、7日連続で高値を更新。また、ディー・エヌ・エー<2432>(東1)も続伸となり、朝寄り後に4300円(165円高)をつけて3日連続で高値を更新した。

 円相場が依然高止まり状態を続け、昨夜の米国株式はダウ平均が小反発の4ドル高。NASDAQ指数は11.97ポイント安の続落とあって、これら外部要因に左右されにくい内需消費銘柄として資金を集めている。ミクシィ<2121>(東マ)も35万7500円(1万6500円高)と続伸。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:30 | 株式投資ニュース

コロナが石油ストーブの受注増加をハヤし3日連続年初来の高値

 コロナ<5909>(東1)は18日、続伸の始まりとなり、寄りあと1229円(50円高)まで上げ、3日続けて年初来の高値を更新した。昨日、今年の冬に向けた石油ストーブの受注が例年の4〜5割増しと日刊スポーツ紙で伝えられ、終値で131円高の1179円と急伸した地合いを継続。8月初からは、いわゆる仕手筋介入の見方も聞かれ、復興関連の値幅妙味株になっている。

 昨日は、同じ石油暖房機メーカーで本社も同じ新潟県のダイニチ工業<5951>(東1)も急伸。ただ、本日のダイニチ工業は820円(3円安)で寄ったあとも小動きで軟調な始まりとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:58 | 株式投資ニュース

日本エム・ディ・エム 12年5月期連結業績予想は増収大幅増益

■9時30分現在で前日比6円高の173円と反発しているが、まだ底値圏

MDM_HP 骨接合材の日本エム・ディ・エム<7600>の株価は、9時30分現在で前日比6円高の173円と反発しているが、まだ底値圏といえる。
 今期は決算期を5月から3月に変更するため、10か月の変則決算で、売上高8,850百万円、営業利益520百万円、経常利益420百万円、純利益200百万円を見込んでいる。決算期変更のため前期との増減の比較が出来ないことから、同社では参考資料として、12年5月期連結業績予想も発表している。
 12年5月期連結業績予想は、売上高10,300百万円(前期比8.1%増)、営業利益700百万円(同30.6%増)、経常利益590百万円(同2.88倍)、純利益280百万円(同3.93倍)と増収大幅増益を見込む。
 しかし、7月22日の決算説明会後、株価はジリジリ下げて160円台で推移していた。

■人工関節分野では、国内でも自社開発製品の販売開始を予定

 今期は、国内で4億程度、北米で3億5000万円程度の売上増を見込んでいる。国内の骨接合材料につては、自社開発製品を投入することで、利益率がアップする。更に、OMフェモラルネイルの売上が今非常な勢いで伸びている。また、ナカシマメディカルの製品を8月から全国で販売を開始している。人工関節分野では、米国で売上を伸ばしているが、国内でも自社開発製品の販売開始を予定している。既に地域限定販売は開始しているが、10月から全国販売を予定している。更に、3月末に新製品として臼蓋カップの販売を開始した。骨盤に使うもので、慢性疾患にも使われ、シナジー効果を持って売上を伸ばすことができる。
 株価は底値圏で、今期の業績を反映しているものではない。今後の株価反発は濃厚といえる。

>>日本エム・ディ・エムのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:58 | 株式投資ニュース

沢井製薬は目標株価の引き上げを受け急反発

 沢井製薬<4555>(東1)は18日、急反発の始まりとなり、7580円(150円高)で寄ったあと7620円(190円高)。モルガン・スタンレーMUFG証券が目標株価を8800円から9400円に引き上げたと伝えられ、急反応となった。

 同社株に対し、モルガン・スタンレーMUFG証券は17日付で投資判断を「イコールウエート」(中立)から「オーバーウエート」(強気)に引き上げ、目標株価は8800円から9400円に引き上げたと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース

大阪証券取引所は東証による子会社化後の合併案が飛び出したが反応薄

■大証「そのような事実はない」

 大阪証券取引所<8697>(JQS)は18日、堅調な始まりとなり、40万7500円(1500円安)で寄ったあと41万円(1000円高)。昨夜の一部通信社電で、東京証券取引所が大証に対してTOB(株式公開買い付け)を行ない子会社化したあと合併する案が有力と伝えられたことには反応薄。TOBの観測については、8月13日に一部で伝えられ、週明け15日に戻り高値を更新する42万円まで急伸したことがあった。

 東証がTOBで大証をいったん子会社化し、その後合併する案が有力で、遅くとも10月までに正式に決定し、2012年中の統合を目指す、と17日夜、共同通信が伝えた。大阪証券取引所は、朝のIR開示で「そのような事実はない」と発表した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース