[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/25)東洋エンジニアリングはリビア復興関連の期待など広がり後場も高い
記事一覧 (08/25)日産自動車の上げ幅が7%超える!後場寄り前の買い注文増加を好感
記事一覧 (08/25)ソニーフィナンシャルHDは1Q業績増益転換を好感して3日続伸
記事一覧 (08/25)三越伊勢丹ホールディングスは反発、年初来高値を照準に値を上げる
記事一覧 (08/25)ファーストエスコは急反発、原発事故・電力不足関連株人気を高める
記事一覧 (08/25)ファーストリテイリングが三井不動産との協業を好感し5日ぶり反発
記事一覧 (08/25)三浦工業の株価が急騰!CMに出演する「島田紳助」氏引退も歓迎ムード?
記事一覧 (08/25)日本テレビ放送網は急反発!「島田伸助」氏の引退の影響ハネ返す
記事一覧 (08/25)富士重工業はトヨタ自動車と共同開発のスポーツカーを材料に急反発
記事一覧 (08/25)総医研ホールディングスは7日ぶりに反発、連続赤字を嫌い下値再確認へ
記事一覧 (08/25)ミヤチテクノスは大幅続伸業績・増配を好感して反発
記事一覧 (08/25)平和不動産は東証の家賃値下げより株式の大幅反発を好感し高い
記事一覧 (08/25)オーイズミが「復興カジノ」の思惑再燃し値上がり率2位
記事一覧 (08/25)横浜銀行は自己株の取得と全体相場の急反発を好感し大幅続伸
記事一覧 (08/25)ユニ・チャームはベトナム大手の買収観測を好感し急反発
記事一覧 (08/25)【話題株】日清食HDは自己株式取得で内需割安株買いが拡大し続伸
記事一覧 (08/25)【話題株】中国銀行は自己株式TOBを追撃材料視して高値肉薄
記事一覧 (08/25)【話題株】エムスリーは英国の医師向けポータルサイト最大手を買収
記事一覧 (08/24)【話題株】Aクリエイトは株式分割権利取りを連続最高益が支援し3連騰
記事一覧 (08/24)【話題株】フジミインコは安値から3連騰、自己株式取得で減益業績を押し返す
2011年08月25日

東洋エンジニアリングはリビア復興関連の期待など広がり後場も高い

 東洋エンジニアリング<6330>(東1)は25日の後場も強調相場を続け、13時30分を回っては272円(20円高)前後で推移。バークレイズ・キャピタル(BZ)証券が注目を開始し、新たに投資判断「イコールウェイト」、目標株価330円で評価を開始と伝えられ、前場は276円(24円高)まで上げた。同証券では、受注好調などを評価したもよう。また、市場では、リビア情勢が沈静化に向かい始めたため、アフリカ最大の産油国とされる同国の復興関連としての期待もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:39 | 株式投資ニュース

日産自動車の上げ幅が7%超える!後場寄り前の買い注文増加を好感

 日産自動車<7201>(東1)は25日の後場寄り後も一段上値を追う相場になり、674円(45円高)と値上がり率7%台。自動車株の戻りが活発な中でも目立つ反発となった。市場筋集計の後場寄り付き前の成り行き注文で買い越し株数が主な銘柄中最大の21万株と伝えられたことを好感。円安基調やNY株の大幅続伸に乗る相場となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:57 | 株式投資ニュース

ソニーフィナンシャルHDは1Q業績増益転換を好感して3日続伸

 ソニーフィナンシャルホールディングス<8729>(東1)は25日、51円高(4%高)の1318円まで上げて3日続伸している。前週末12日大引け後に発表した今3月期第1四半期(1Q)決算で、純利益が続伸し、期初予想の第2四半期(2Q)累計業績に対して高利益進捗率を示したことから下げ過ぎ訂正買いが再燃しており、日経平均株価の構成銘柄に新規採用された需給好転思惑もフォローしている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:38 | 株式投資ニュース

三越伊勢丹ホールディングスは反発、年初来高値を照準に値を上げる

 三越伊勢丹ホールディングス<3099>(東1)は25日、20円高(2.4%高)の823円と反発し、7月25日につけた年初来高値の855円を照準に値を上げている。前週末12日大引け後に今3月期第1四半期(1Q)決算の開示と同時に、第2四半期(2Q)累計・3月通期業績の上方修正と未定としていた期末配当の増配を発表、通期純利益が、市場コンセンサスを大きく上回ることを評価して割安内需主力株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:35 | 株式投資ニュース

ファーストエスコは急反発、原発事故・電力不足関連株人気を高める

 日本初の省エネルギー支援サービス(ESCO)会社のファーストエスコ<9514>(東マ)は25日、2750円高(8.9%高)の3万3500円まで買い進まれ急反発している。15日大引け後に6月期決算を発表、前期は、今年5月の上方修正値を上ぶれて着地し、今期は続伸し純利益が、5期ぶりの黒字転換を予想したことを評価し、原発事故・電力不足関連株人気を高めて買い増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:31 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングが三井不動産との協業を好感し5日ぶり反発

■すでに「ららぽーと」などで緊密

ユニクロ ファーストリテイリング<9983>(東1)は25日の前場、5日ぶりの反発基調となり、1万4900円(490円高)まで上げて前引けも1万4750円(340円高)となった。昨日、東アジアでの事業展開で三井不動産<8801>(東1)と基本協定書を締結したと発表。好感された。東アジアでの「ユニクロ」の出店を加速させ、三井不動産の商業施設展開と相乗効果をめざすという。両社は、すでに三井不動産の「ららぽーと」などでユニクロを出店するなど緊密に事業を行なっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:20 | 株式投資ニュース

三浦工業の株価が急騰!CMに出演する「島田紳助」氏引退も歓迎ムード?

 小型貫流ボイラ・舶用ボイラ・廃熱ボイラ・水処理装置・食品機械・滅菌器・薬品等の製造販売を行う三浦工業<6005>(東1)は25日、86円高(4.4%高)の2024円まで上げて急続伸している。

 同社のCMに出演している吉本興業所属のお笑いタレント「島田紳助(55)」氏が、暴力団関係者と親密な関係にあったことを理由に芸能界から引退すると発表。交際していた暴力団関係者が有力幹部だったことなどが報道され波紋を広げている。

 同氏はレギュラー番組を6本もかかえる人気司会者として活躍する一方で、毒舌が過ぎるとキライな芸能人としてもとりあげられていた。キライなタレント派の視聴者にとっては視聴率向上につながるとの見方もある。レギュラー番組への影響など違約金問題までとりざたされて波紋を広げているが、三浦工業にとっては宣伝効果としては絶大との見方もあり、株価は歓迎ムードとなっている。今週月曜日(8月22日)に年初来安値となる1893円をつけて反騰態勢となっているだけに株価上昇に拍車をかけている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:00 | 株式投資ニュース

日本テレビ放送網は急反発!「島田伸助」氏の引退の影響ハネ返す

 日本テレビ放送網<9404>(東1)は25日、上値を追う動きとなり反発。10時6分に1万1190円(390円高)をつけたあとも1万1170円前後で強い相場となっている。人気タレント島田伸助氏の突然の引退を受け、テレビ業界への影響は数十億円との観測も出ているものの、本日はこれをハネ返す相場になった。もっとも、一部には、伸助氏はどのチャンネルにも出ていて、食傷気味だったとして、キライなタレント派の視聴者にとっては視聴率向上につながるとの見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:36 | 株式投資ニュース

富士重工業はトヨタ自動車と共同開発のスポーツカーを材料に急反発

 富士重工業<7270>(東1)は25日、急反発となり、445円(9円高)で寄ったあと462円(26円高)と上値を追った。今朝の株式市場が円安基調とNY株式の143ドル高続伸を受けて全般堅調の中、ドイツで9月に開催するフランクフルトモーターショー(9月13日〜14日プレスデー、9月15日〜25日一般公開)に、トヨタ自動車<7203>(東1)とのアライアンスで共同開発中のFRスポーツカーを出展することなどが材料視されている。共同開発中のFRスポーツカーは、8月23日、名称を「SUBARU BRZ(スバル ビィ アール ゼット)」に決定したと発表している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:26 | 株式投資ニュース

総医研ホールディングスは7日ぶりに反発、連続赤字を嫌い下値再確認へ

 バイオマーカー・評価システムの開発や医薬品・食品開発の臨床試験を手がける総医研ホールディングス<2385>(東マ)は25日、230円高の9300円まで上げて7日ぶりに反発している。8月9日に年初来安値の8800円をつけてからはもみ合いが続いている。18日大引け後には6月期決算を発表、前期は今年2月の下方修正値を下ぶれて赤字幅を悪化させ、今期も赤字継続を予想したことを嫌い見切り売りが増勢となっていた。下値再確認が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:18 | 株式投資ニュース

ミヤチテクノスは大幅続伸業績・増配を好感して反発

 レーザー加工とレーザー溶接・抵抗溶接のミヤチテクノス<6885>(東1)は25日、19円高の638円まで上げて反発している。8月23日にストップ高と急反発し、9日につけた年初来安値500円から底上げしていた。前週末19日大引け後に6月期決算を発表、前期は、今年8月の再々修正通りに大幅増益となり、今期も続伸を予想したことを好感して買い物が集まっている。配当は、前期に8円(前々期実績2円)に増配したが、今期は24円にさらに連続増配する。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

平和不動産は東証の家賃値下げより株式の大幅反発を好感し高い

 平和不動産<8803>(東1)は25日、反発の始まりとなり、164円(3円高)で寄ったあと163円との間で堅調。東京証券取引所ビルの2011年度の年間賃貸料を前年比4億円引き下げ、を44億1200万円とすることで合意したと発表。しかし、業績への影響は織り込み済みとしたため、株価の回復や売買活発化による増収に期待する動きとなった。今朝の日経平均は大幅反発となり、朝方159円71銭高の8799円32銭をつけた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:43 | 株式投資ニュース

オーイズミが「復興カジノ」の思惑再燃し値上がり率2位

 計数機のオーイズミ<6428>(東1)は25日、急反発の始まりとなり、242円(11円高)で寄ったあと270円(39円高)と急伸。次の政権では震災復興と被災地の活性化をめざす「復興カジノ」地域の設置の構想が現実味を帯びるとの思惑が出ている模様で、9時30分にかけては257円(26円高)。値上がり率11.3%で東証1部の2位につける相場となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

横浜銀行は自己株の取得と全体相場の急反発を好感し大幅続伸

 横浜銀行<8332>(東1)は25日、大幅続伸の始まりとなり、371円(12円高)で寄ったあと376円(17円高)。昨日の大引け後に自己株の取得を発表したことが好感され、今朝の株式市場が日経平均の上げ幅100円台の急反発となったことも買い安心感をもたらした。自己株の取得は、上限株数1600万株(発行済み株式総数の約1.18%)、上限金額は50億円で、取得期間は30日から9月21日。 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース

ユニ・チャームはベトナム大手の買収観測を好感し急反発

 ユニ・チャーム<8113>(東1)は25日、急反発の始まりとなり、3480円(45円高)で寄ったあと3495円(60円高)。ベトナムの乳幼児用紙おむつと生理用品の大手ダイアナ社(ハノイ)を買収すると今朝の日本経済新聞で伝えられたことを好感。会社側は、朝の東証IR開示で「当社が発表したものではない」とのコメントを発表したものの、海外展開の積極化に変化はないとの期待がひろがっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース

【話題株】日清食HDは自己株式取得で内需割安株買いが拡大し続伸

■好需給主導型で高値奪回にトライ

話題株 日清食品ホールディングス<2897>(東1)は24日、52円高の2965円まで上げて40円高の2953円と続伸した。23日大引け後に発表した自己株式取得を好感して、内需関連の割安株買いが増勢となった。

 自己株式取得は、機動的な資本政策を遂行することを目的としており、上限を50万株(発行済み株式総数の0.45%)、16億円、取得期間を8月24日から9月30日までとして実施する。

 株価は、東日本大震災発生でつけた年初来安値2730円からカップ麺への震災特需思惑で震災前の3000円大台を回復、その後の業績のやや伸び悩み推移が響いて3000円台を上値限界とする推移が続き、売り方の買い戻しで年初来高値3065円をつける逆行高場面もあった。PERは15倍台と割安であり、自己株式取得に売り長となっている信用取組も加わり好需給主導型で高値奪回にトライしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:05 | 株式投資ニュース

【話題株】中国銀行は自己株式TOBを追撃材料視して高値肉薄

話題株 中国銀行<8382>(東1)は24日、寄り付き直後の7円安から19円高の1003円まで上げて11円高の995円と3日続伸し、1月25日につけた年初来高値1049円に肉薄した。23日大引け後に自社株式を株式公開買い付け(TOB)すると発表、TOB価格は867円とディスカウントされたが、株主価値向上、需給好転につながるとして、今年8月16日の今3月期業績の上方修正に次ぐ追撃材料として好感されて割安株買いが増勢となった。

 TOBは、今年3月7日に会社更生法手続を開始した林原など林原グループの管財人から同グループの保有全株式2492万685株の売却意向が示され、需給動向や株価への影響を考慮、株主価値や資本効率の向上につながるとして取締役会決議された。

 TOB価格は、既存株主の利益を尊重し資産の社外流出を抑制するためディスカウントされた。買い付け期間は8月24日から9月21日までの20営業日、買い付け株式数は2700万1000株(発行済み株式総数の11.67%)を上限とし、買い付け代金は234億2600万円を予定している。

 同社は、8月16日に今3月期業績を上方修正したばかりで、通期純利益は、190億円(前期比4.3倍)とV字回復して4期ぶりに過去最高を更新、株価も50円幅の好感高をした。PER12倍台、PBR0.6倍と割安で、内需株人気加速をサポートしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:03 | 株式投資ニュース

【話題株】エムスリーは英国の医師向けポータルサイト最大手を買収

■英ポータルサイト最大手買収で分割権利取り再燃し急続伸

話題株 エムスリー<2413>(東1)は24日、2万4000円高の71万6000円まで買い進まれ1万2000円高の70万4000円と急続伸した。23日大引け後に英国の医師向けポータルサイト最大手のDoctor.net.uk(オックスフォードシャー州)の全株式を取得し子会社化したと発表、医師向けポータルサイトでグローバル展開に拍車が掛かるとポジティブに評価する買い物が集まっており、合わせて9月末割り当ての株式分割の権利取りも再燃した。

 ポータルサイト「Doctor.net.uk」は、英国医師24万5000人のうち18万人以上を会員とする英国トップクラスのサイトで、その全株式を8月23日を株券引渡日に16億7800万円で取得した。

 同社は、国内では20万人を超える医療従事者を会員とする専門サイト「m3.com」、米国、韓国でも同様のサイトを展開し、製薬業界を中心にマーケティング支援サービスを提供しているが、英国ではまだ未成熟なeマーケティングサービスを本格的に立ち上げ、昨年11月に買収したEMSリサーチ社の医師パネルとともに、ヨーロッパへの展開の足掛かりとする。

 株価は、7月の株式分割発表で10万円高のストップ高をし年初来高値73万2000円まで急伸、60万7000円まで往って来いと調整したあと、3分の2戻しまでリバウンドした。株式分割の権利取りでまず全値戻しへ弾みをつけよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:06 | 株式投資ニュース
2011年08月24日

【話題株】Aクリエイトは株式分割権利取りを連続最高益が支援し3連騰

話題株 アドバンスクリエイト(Aクリエイト)<8798>(JQS)は24日、8900円高の9万8900円まで上げて5100円高の9万5100円と3営業日続伸し、7月25日につけた年初来高値10万2900円に肉薄した。23日大引け後に株式分割を発表、歓迎して権利取りの買い物が集まっており、同社の今9月期業績が、期中に2回上方修正され、純利益が、過去最高を伸ばすことも見直され支援材料となった。

 株式分割は、全国証券取引所が進めている「売買単位集約行動計画」に沿い単元株式数を100株に統一することを目的にしており、9月30日割り当てで1株を100株に分割する。合わせて単元株制度も採用し10月1日を効力発生日に単元株式数を100株とする。

 同社の今期業績は、今年2月、3月と相次いで上方修正され、純利益は、6億5000万円(前期比45%増)と予想され、前期の過去最高を更新するなど好調である。

 保険比較サイト「保険市場」でスマートフォン対応などを進め、来店型店舗「保険市場」25拠点と連携し、新規保険契約件数、保有契約件数とも続伸していることが要因となっている。

 株価は、東日本大震災発生でつけた年初来安値4万6500円から好調な業績推移や自己株式取得で同高値まで2.2倍化し、9万円台固めの高値調整中である。PERは16倍台と割安であり、分割権利取り妙味を示唆している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 23:09 | 株式投資ニュース

【話題株】フジミインコは安値から3連騰、自己株式取得で減益業績を押し返す

話題株 フジミインコーポレーテッド<5384>(東1)は24日、66円高の860円まで上げて33円高の827円と3営業日続伸し、8月22日につけた年初来安値776円から底上げした。23日大引け後に自己株式取得を発表、今3月期の減益転換予想業績を押し返して下げ過ぎ訂正買いが増勢となった。

 自己株式取得は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行することを目的としており、上限を100万株(発行済み株式総数の3.58%)、10億円、取得期間を8月29日から12月21日までとして市場買い付けする。

 株価は、前期業績が再三、上方修正されて大幅続伸して着地し、創業60周年記念配当の増配も実施したが、一転して今年7月に発表した第1四半期決算が48%純益減益と減益転換し、同時開示の今3月期業績も、純利益を13億円(前期比13%減)と落ち込みを予想したことが響いて年初来安値まで急落した。PER18倍台、PBR0.5倍の下げ過ぎ訂正をサポートしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 22:02 | 株式投資ニュース