[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/13)コニカミノルタホールディングスは今期の持ち直しに期待を強め急反発
記事一覧 (05/13)ヤマダ電機は今期慎重だが節電商品への期待で大幅続伸
記事一覧 (05/13)日産自動車は生産正常化メドなど好感し大幅続伸で戻り高値
記事一覧 (05/13)味の素はグローバル化の進展で中期成長路線を目指す、株価再評価も
記事一覧 (05/13)ファンケルはブランド再構築の準備費用が収益を圧迫、連続減益へ
記事一覧 (05/12)【復興特需関連株】MonotaRoは復興需要増に期待、4月の月次売上げも好調
記事一覧 (05/12)スパンクリートコーポレーションは災害特損積むが黒字体質に−−引け後のリリース
記事一覧 (05/12)アルバックは事業好調だが大震災の特損で純利益赤字
記事一覧 (05/12)日産自動車はグローバル販売台数19%増加し過去最高
記事一覧 (05/12)【話題株】日本製鋼所は原発計画の影響に含み残し3割減益を見込む
記事一覧 (05/12)【話題株】ニコンはスマートフォン普及とともに製造装置拡大も
記事一覧 (05/12)パイオニアは純利益の7期ぶり黒字など好感し急伸で出直り拡大
記事一覧 (05/12)新電元工業が一段高、昨日の決算発表を後場も評価し思惑と憶測
記事一覧 (05/12)フェローテックは増額修正を好感し年初来の高値2000円台
記事一覧 (05/12)ヤマハ発動機は1〜3月期の決算好調で上値を試す
記事一覧 (05/12)トーソーが増額修正を受けてPERの割安感を強め急伸
記事一覧 (05/12)【復興特需関連株】ワークマンは軍手、マスクなど震災需要が旺盛、連続大幅増益へ
記事一覧 (05/12)一休は中国での高級ホテル予約サイトを材料に横ばい突破
記事一覧 (05/12)国際石油開発帝石は好決算より原油安を敬遠し値下がり幅1位
記事一覧 (05/12)トヨタ自動車は今期予想の発表を見送るが想定済みと続伸
2011年05月13日

コニカミノルタホールディングスは今期の持ち直しに期待を強め急反発

 コニカミノルタホールディングス<4902>(東1)は13日、急反発となり、720円(40円高)で寄ったあとも705円(25円高)をはさんで強調相場。昨日発表した2011年3月期の決算は減収減益だったものの、今期は持ち直す予想を打ち出したことが好感された。株価は、4月に入ってからは横ばい相場を続け、上値を725円(4月4日)、720円(5月2日)で抑えられており、3度目の挑戦の雰囲気。

 同社の11年3月期は、売上高が前期比3.3%減の7779.5億円となり、営業利益は9.0%減の400.2億円となった。HDD用ガラス基板やブルーレイディスク用ピックアップレンズなどが低調。ただ、今期・2012年3月期は、売上高を4.1%増の8100億円、営業利益は4.9%増の420億円と持ち直す見込みとした。純利益は22.8%減の200億円を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:16 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機は今期慎重だが節電商品への期待で大幅続伸

ヤマダ電機 ヤマダ電機<9831>(東1)は13日、大幅続伸の始まりとなり、6270円(500円高)で寄ったあとも6160円(390円高)から6250円(480円高)前後で強調。東日本大震災後の相場で戻り高値を更新した。昨日発表した2011年3月期の決算が好調で、今期も節電商品の拡大による押し上げ効果に期待が出ている。

 同社の11年3月決算は、エコポイント制度や地上デジタル放送への切り替え需要などにより、薄型テレビをはじめ全般好調に推移し、営業利益は前期比40.6%増の1227.6億円となった。今期・12年3月期の予想は4.3%増の1280億円と慎重な予想を示したものの、市場では、節電商品による押し上げ効果を期待する動きが出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース

日産自動車は生産正常化メドなど好感し大幅続伸で戻り高値

 日産自動車<7201>(東1)は13日、大幅続伸の始まりとなり、835円(40円高)で寄ったあと839円と上値を追う相場になった。昨日発表した2011年3月期の決算で世界販売台数が過去最高を更新し、東日本大震災による生産停滞は10月にもフル生産に戻るとの見通しを示したことなどを好感する展開となっている。

 株価は、昨日に一時801円まで上げて大震災後の相場で戻り高値を更新しており、本日は4日続伸歩調で高値を更新。大震災発生前は850円前後だった。

 同社の11年3月決算は、連結営業利益が前期比約73%増の約5375億円となり、純利益は同7.5倍の3192億円と回復幅を拡大させた。今期の予想は公表しなかったが、株主総会の頃までには開示する可能性があり、東日本大震災による生産停滞は10月にもフル生産に戻るとの見通し。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:10 | 株式投資ニュース

味の素はグローバル化の進展で中期成長路線を目指す、株価再評価も

味の素 味の素<2802>(東1)は年初来高値を射程内に置く順調な戻りを見せている。好業績と同社にとって初の自社株買い発表がきっかけ。

 自社株買いは、取得株数の上限2500万株(総発行済み株式総数の3.58%)という積極的なもの。取得期間は5月10日から7月22日までで、当面強力な下値サポート要因として働くことになりそう。

 前2011年3月期は営業利益693億円と前々期比8%増益を達成、今2012年3月期も営業利益691億円とほぼ前期並みの水準を見込む。これまでのピークの営業利益は2005年3月期の709億円、その更新に後一歩で水準的な高さは注目に値する。しかも、今3月期を初年度とする中期経営計画ではグローバル成長をドライバーに2014年3月期に営業利益870億円を目標にしている。その先2017年3月期は営業利益1000億円超えを目指しており、改めて成長の視線で株価が評価されることになりそう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:58 | 株式投資ニュース

ファンケルはブランド再構築の準備費用が収益を圧迫、連続減益へ

ファンケル ファンケル<4921>(東1)は売り人気が先行する流れとなり、底値を確認する低調な展開となっている。

 前2011年3月期が売上げ938億円と前々期比6%減、営業利益が71億1700万円と同22%減。しかも今2012年3月期も売上げが940億円と前期比横ばい、営業利益が60億円と同16%減の見込みで、回復の道筋が見えない業績が嫌気売りの増加につながっている。東日本大地震の影響による消費者心理の悪化など厳しい経営環境が業績低迷の要因として指摘されている。

 また利益面では前期に続き2012年春のブランド再構築に向けた準備費用が発生する見込みだ。これは同社の特徴である無添加を前面に押し出し、その価値観を世界に広めていくグローバルプレミアムブランドを目指すもので今3月期をその準備期間と定めている。ただ、それらを基本とした中期計画について2013年3月期をスタートとする方針で、当面については方向性が見えにくくなっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:00 | 株式投資ニュース
2011年05月12日

【復興特需関連株】MonotaRoは復興需要増に期待、4月の月次売上げも好調

注目銘柄 MonotaRo<3064>(東1)はここへきて一気に新展開に足を踏み入れ、さらに上値をうかがう強い動きを見せている。大震災の復興へ向け被災地では電池、懐中電灯、ビニール袋、土嚢袋、作業手袋、スコップ、電動工具などの需要が急増しており、復興関連株として人気を集めているもの。

 実際今2011年12月期の第1四半期は売上げ51億1000万円(前年同期比25%増)、営業利益5億1700万円(同76%増)の大幅増収益を達成した。今後は震災からの復興需要も期待できるが、原油価格の上昇による資材の高騰、地震の影響による電力供給の制約など先行きは極めて不透明として通期の営業利益16億1100万円は据え置いた。

 ただ第1四半期の進捗率は32%に達し、第2四半期スタートの4月の売上げは前年同月比21.3%増を確保、増額修正への期待感を刺激する状況にある。株価的にはやや割高ゾーンに入ってきており、今後の月次売上げの推移で割高感が解消されるかどうかが焦点になりそう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 22:06 | 株式投資ニュース

スパンクリートコーポレーションは災害特損積むが黒字体質に−−引け後のリリース

■構造改革進み営業黒字に転換

引け後のリリース、明日の1本 床・壁材のスパンクリートコーポレーション<5277>(JQS)が12日の大引け後に発表した2011年3月期の決算は、工場閉鎖を含む収益構造改革プランによって、売上高が前期比1.1%減の31.6億円となり、営業利益は前期の9000万円の赤字から3100万円の黒字に転換した。ただ、純損益は、構造改革費用に加えて大震災による宇都宮工場(栃木県)の災害損失などを計上したため、4.6億円の赤字となった。1株純資産は876円29銭。

■株価は1株純資産の3割水準

 スパンクリートは、中空性の圧縮コンクリートパネルで、軽量ながら高強度・遮音性・耐火性能に優れ、ビル・マンションなどに加えて新幹線などの鉄道防音材などに使用。今期の業績見通しは、現時点で開示困難としたものの、前期と同水準の受注が確保できれば、主力のスパンクリート事業での黒字達成は可能とした。

 株価は、東日本大震災の直後、復興関連株として急伸し、253円(3月15日)、302円(3月23日)と上値を追った。その後は240円をはさんで高下する横ばい相場に移行し、もみ合いの振幅を縮小する相場で、12日の終値は240円(5円安)。1株純資産の約876円からみると3割程度の水準に放置されているため、割安感が下値を支える相場となり、復興関連需要の本格化を待つ段階といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:01 | 株式投資ニュース

アルバックは事業好調だが大震災の特損で純利益赤字

■6月通期の予想は「いったん未定に」

 太陽電池製造などの真空技術で知られるアルバック<6728>(東1)は12日の大引け後、第3四半期決算(2010年7月〜11年3月)を発表。東日本大震災により、グループ企業の八戸工場(青森)が津波被害にあったことなどから、特別損失として約36億円を計上。純利益は11.8億円の赤字(前年同期は約13億円の黒字)となった。ただ、売上高は前期比14.8%増の1727.3億円となり、営業利益は同10倍強の30.0億円と劇的な急回復をみせた。

 大型液晶TV用スパッタリング装置が韓国、台湾、中国向けに堅調で、スマートフォン、タブレットPC向け中小型液晶ディスプレイ用スパッタリング装置は韓国を中心に好調。ただ、今6月期の業績予想は、大震災の継続的な影響に加え、受注動向変動の影響が大として、いったん「未定」とした。

 12日の株価は小動きとなり、終値は1788円(15円安)。東日本大震災では、発生前の2000円前後から1360円まで急落し、リバウンド的に2003円(3月30日)まで反騰したが、その後は1800円前後で小動き横ばいの相場が続いている。上値のフシが2000円前後にある雰囲気となっており、これを突破できるかが焦点との見方。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:23 | 株式投資ニュース

日産自動車はグローバル販売台数19%増加し過去最高

■株主総会の頃までに業績予想を発表の予定

 日産自動車<7201>(東1)が12日の大引け後に発表した2011年3月期の決算は、グローバル販売台数が418万5000台(前期比19.1%増)となり、過去最高となった。量産タイプの電気自動車「日産リーフ」をはじめ10車種を新たに投入。売上高は前期比16.7%増の8兆7731億円となり、営業利益は同72.5%増の5375億円に、純利益は同7.5倍の3192億円になり、回復幅を広げた。1株純資産は703円16銭。

 地域別の販売台数は、北米が同16.6%増の124万5000台。欧州は同19.3%増の60万000台。中国では同35.5%増の102万4000台となり過去最高に達し、同社としては世界最大の市場に拡大したとした。

 今期・2012年3月期の予想は、東日本大震災の影響により、現時点では未定とし、遅くとも本年の定時株主総会までに開示する予定とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:11 | 株式投資ニュース

【話題株】日本製鋼所は原発計画の影響に含み残し3割減益を見込む

■天然ガス鋼管などは増加を予想

話題株 日本製鋼所<5631>(東1)が12日の大引け後に発表した2011年3月期の決算は、射出成型機などの産業機械事業が好調に推移した半面、北米での一部原子力発電プラントの計画遅れなどにより、売上高は前期5.6%増の2129億円、営業利益は同11.5%減の285億円となった。

 今期・2012年3月期は、売り上げでは、石油精製用圧力容器の減少が予想されるものの、発電プラント用部材や天然ガス田パイプライン用クラッド鋼管が増加する見通し。樹脂製造・加工機械及びプラスチック射出成形機も増加する見通し。売上高を5.7%増の2250億円とし、営業利益は31.6%減の195億円、純利益は30.4%減の115億円、1株利益は30円98銭とした。

 ただ、東日本大震災による原子力発電所の事故により、原発計画への大きな影響が懸念され、発電プラント用部材の動向が業績に与える影響は、現時点で織り込んでいるものの、状況に変化があった場合には速やかに開示するとした。

 12日の株価は軟調で、後場636円(10円安)まで下げて終値は637円(9円安)となり5日続落。東日本大震災後の相場では、なだらかに下値を切り上げている中で、上値は668円(4月25日、5月2日)で抑えられる形となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:48 | 株式投資ニュース

【話題株】ニコンはスマートフォン普及とともに製造装置拡大も

■半導体露光装置など堅調で今期26%増益を想定

話題株 ニコン<7731>(東1)は12日、上値の重い相場となり、後場1654円(38円安)まで下げて終値は1660円(32円安)。東日本大震災後の相場は下値を切り上げる一方、上値も4月4日の1744円、5月2日の1725円で上げ止まり、抑えられる相場が続いている。大引け後、2011年3月期の決算を発表した。

■配当は年19円から27円に増配の意向

 同社が12日の大引け後に発表した11年3月期の決算は、売上高が前期比13.0%増の8875億円となり、営業利益は大幅な黒字転換となり、前期の赤字約139億円から540.5億円の黒字になった。経常・純損益も大幅な黒字に転換。デジタル一眼レフカメラなどが好調で、半導体露光装置などの精機事業は「ArF液浸スキャナー」などの最先端機種の拡大により、部門収益が黒字に転換した。1株純資産は980円62銭。

 今期・2012年3月期は、半導体製造関連装置を引き続き好調と予測し、液晶製造装置はスマートフォンや多機能携帯端末の普及につれて装置需要の拡大が期待されるとし、売上高は前期比5.9%増の9400億円、営業利益は同25.8%増の680億円を見込む。予想1株利益は105円94銭とした。
 
 また、配当は大幅増配を予定し、9月中間配を10円(前年同期は5円)、3月期末を17円(同14円)の見込みとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:08 | 株式投資ニュース

パイオニアは純利益の7期ぶり黒字など好感し急伸で出直り拡大

 パイオニア<6773>(東1)は12日の後場も強調相場を続け、360円(20円高)をはさんで推移。昨日発表した2011年3月期の決算が好感されており、前場は368円(28円高)まで急伸。取引時間中としては4月5日以来の360円台回復となった。

 同社の11年3月期は、TV事業の取捨選択や人員削減などの効果により、営業利益は3期ぶりの黒字に、純利益は7期ぶりの黒字に転換。売上高は前期比4.2%増の4575億円になり、営業利益は158.2億円となった。今期・2012年3月期の予想は、営業利益を10.6%増とし、純利益は61.4%減とした。純利益の減少は、11年3月期に旧・本社の売却益があった反動減になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:54 | 株式投資ニュース

新電元工業が一段高、昨日の決算発表を後場も評価し思惑と憶測

 パワー半導体などの新電元工業<6844>(東1)は12日、後場も階段状の次第高となり、14時15分を回って397円(37円高)。昨日発表した2011年3月期の決算が好感され、値上がり率10%台で瞬間的に東証1部の1位となる場面があった。物色の流れが本日の決算発表銘柄に移る中で、昨日発表の当社株が人気を保つため、意図的な資金の介入などの思惑・憶測が出ている。

 同社の11年3月期は、売上高が前期比12.1%増の873億円となり、営業利益は同31.7%増の73.3億円となった。1株利益は42円70銭。今期・2012年3月期の予想は未定とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:41 | 株式投資ニュース

フェローテックは増額修正を好感し年初来の高値2000円台

 太陽電池製造装置のフェローテック<6890>(JQS)は12日の後場も2020円(149円高)前後で値を保ち、年初来の高値だった1987円(5月10日)を更新したまま強い相場。昨日、業績予想を増額修正したことが材料視され、前場2047円(176円高)まで上げた後も業績拡大への期待を凝縮させている。

 同社は11日の大引け後、2011年3月期の業績予想を増額発表し、営業利益は55億円から69億円に、純利益は32億円から44億円に増額した。半導体製造装置用の真空シールや太陽電池製造装置が好調。決算発表は5月20日の予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:44 | 株式投資ニュース

ヤマハ発動機は1〜3月期の決算好調で上値を試す

 ヤマハ発動機<7272>(東1)は12日の後場も上値を試す相場となり、後場寄り後に1597円(106円高)と上げ幅を拡大。東日本大震災後の戻り相場で高値に進んだ。前引け後の11時30分に第1四半期決算(2011年1〜3月)を発表。営業利益が前年同期の約2.1倍になったことなどが好感された。

 同社の第1四半期決算(2011年1〜3月)は、売上高が同2.8%増の3186億円となり、営業利益は同約2.1倍の206.2億円となり、東日本大震災の影響をこなしての増収増益を好感する動きとなった。12月通期の予想は据え置き、売上高は4.3%増、営業利益は3.3%増。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:11 | 株式投資ニュース

トーソーが増額修正を受けてPERの割安感を強め急伸

トーソーHP インテリアの大手トーソー<5956>(東2)が12日の9時45分に業績予想の増額修正を発表。株価はストレートに好感する動きとなり急伸し、発表前の365円(1円高)前後から一気に390円(26円高)まで上げ、取引時間中としては3月28日以来の390円台回復となった。前引けも387円(23円高)で強調相場。

 同社は、ブラインドやカーテンレールなどのインテリア製品の大手。2011年3月期の業績を増額修正し、新製品や新規取引先の拡大などが好調に推移しているため、売上高を202億円から208.32億円(前期実績は約184億円)に、営業利益は8.0億円から9.75億円(同2.4億円)に見直した。予想1株利益は45円13銭から75円87銭に大幅増額。株価は1株利益の5倍程度(PER5倍前後)になったため割安感が強まった。決算発表は5月16日を予定する。

>>トーソーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:15 | 株式投資ニュース

【復興特需関連株】ワークマンは軍手、マスクなど震災需要が旺盛、連続大幅増益へ

ワークマン ワークマン<7564>(JQS)は3月25日の1800円と4月11日の179円でダブルトップを形成し、調整局面を余儀なくされていたがこの日は急反発局面。ヘルメット、軍手、マスク等復旧作業に必要な商品の売上げ増を期待した買いが膨らんでいる。

 実際に5月6日に発表された決算は前2011年3月期が営業利益44億7600万円と前々期比26%増、今2012年3月期も営業利益49億6000万円と前期比11%増益を見込むきわめて好調な決算であった。

 しかし、そこでは株価は織り込み済みで反応、むしろ売りを催促する材料となってしまった。PER10倍、PBR1.2倍という水準はそれなりの評価に一区切りつけるものと捕らえられたようだ。

 ただ、4月の月次売上げは前年同月比16.5%増を確保した。メッシュ靴下、吸汗速乾半袖Tシャツ等の春夏物商品や、震災地復旧作業の影響で売上げが増加したもの。これは昨年9月以来の高い伸び。こうしたスタート好調で増額期待が株価の出直りにつながっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

一休は中国での高級ホテル予約サイトを材料に横ばい突破

 ホテル旅館予約サイト運営の一休<2450>(東1)は12日、大幅高となり、3万3200円(700円高)で寄ったあと3万4750円(2250円高)。高級ホテルに特化した予約サイトを中国でも年内に開設と今朝の日本経済新聞で伝えられたことが材料視され、4月上旬から続く小動き横ばい相場(下値3万2000円前後、上値3万4000円前後)を抜け出す動きとなった。

 中国で高級ホテルなどを予約できる中国語サイトを年内に開設し、高級ホテルに特化した予約サイトという日本で築いたモデルを富裕層が急拡大する中国に持ち込み、事業拡大を目指す、と伝えられた。東京都心で構想ビルを展開する森トラストと現地に共同出資会社を設立し、当初の掲載ホテル数は500前後を計画。中期的には香港やマカオにあるホテルも掲載し、2015年の年間取扱高100億円を目指す、という。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:32 | 株式投資ニュース

国際石油開発帝石は好決算より原油安を敬遠し値下がり幅1位

 国際石油開発帝石<1605>(東1)は12日、反落の始まりとなり、56万5000円(1万9000円安)で寄ったあとは上値を57万1000円(1万3000円安)、下値を56万2000円(2万2000円安)に一進一退。昨日発表した2011年3月期の決算は好調で、利益は3期ぶりの増益に転じたものの、材料的には原油相場の下落の影響が大きいようだ。東証1部の下落「幅」でトップ。

 同社の2011年3月期の決算は、売上高が前期比12.2%増の9430.8億円、営業利益は同14.7%増の5297.4億円となった。営業・経常・純利益とも3期ぶりの増益に転換した。
ただ、原油相場が昨夜のNY市場で下落し、指標先物の終値が98.21ドル(5.67ドル安)と再び100ドルの大台を割り込んだことが敬遠されているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は今期予想の発表を見送るが想定済みと続伸

 トヨタ自動車<7203>(東1)は12日、3日続伸の始まりとなり、3300円(30円高)で寄ったあと3350円(80円高)と堅調。昨日、2011年3月期の決算を発表し、今期・2012年3月期の予想は、東日本大震災の影響により未定としたものの、6月中旬までには公表のメドと伝えられたことなどに期待が出ている。

 同社の2011年3月期の決算(米国会計基準)は、国内・海外の連結販売台数が前期比7万1000台増加し730万8000台(1%増)となり、売上高は前期比0.2%増の18兆9937億円、営業利益は同3.2倍の4682.8億円となった。
 
 今期・2012年3月期の予想は、東日本大震災の影響により、現時点で合理的な算定が困難なため未定としたが、市場には、想定済みとの受け止め方が少なくないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース