[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/23)省電舎は「省電力」見直され連日ストップ高で震災前の水準を回復
記事一覧 (03/23)ダイセキ環境ソリューションが土壌から放射性物質と伝えられ急伸
記事一覧 (03/23)タカキューが業績予想の増額修正を好感し5日続伸
記事一覧 (03/23)ユニーは増額修正を好感し大地震による急落相場の7割近くを回復
記事一覧 (03/23)【話題株】キヤノンはデジカメの価格競争緩和期待など好感し3日続伸
記事一覧 (03/23)水道水が放射能汚染で「エビアン」の伊藤園急伸
記事一覧 (03/23)大和小田急建設は来期増益転換が有力、復興人気でなお一段高狙う
記事一覧 (03/23)エーザイが新抗がん剤の発表を材料に後場は戻り足
記事一覧 (03/23)ニトリホールディングスは円高基調を受け後場ジリ高の堅調相場に転換
記事一覧 (03/23)イズミヤは増額修正を好感し震災急落115円を110円回復
記事一覧 (03/23)【復興特需関連株】鹿島は好業績が株価を支える方向、震災は好悪両面の要素を持つ
記事一覧 (03/23)トヨタ自動車は下げが限定的、早期の操業再開に期待感が強まる
記事一覧 (03/23)新生銀行は連日逆日歩が発生、買い戻し加速し震災前の水準に復帰
記事一覧 (03/23)新規上場のピーエスシーは公開価格を20円上回り1020円で初値
記事一覧 (03/23)【話題株】WOWOWは東証1部指定替え承認で需給好転思惑高め3連騰
記事一覧 (03/23)太平洋セメントは2期ぶり復配を好感し昨年来の高値を更新
記事一覧 (03/23)テルモは相次ぐ大規模地震被害で業績を再下方修正し急反落
記事一覧 (03/23)みずほフィナンシャルグループは大手証券の積極判断あるが小反落
記事一覧 (03/23)本日新規上場のピーエスシーは1020円で初値
記事一覧 (03/23)東京電力は大手銀行の協調融資など伝えられるが3日ぶりに安い
2011年03月23日

省電舎は「省電力」見直され連日ストップ高で震災前の水準を回復

 省電舎<1711>(東マ)は23日、10時17分にかけてストップ高の8万8000円(1万5000円高)をつけたあともストップ高のままザラ場引けとなり、2日連続ストップ高。薄商いの銘柄で、業績の赤字続きのため思惑で値が飛びやすく、東京電力<9501>(東1)などの計画停電を受け、照明機器などの省エネ対策が手がかりになったようだ。

 同社は、中核事業としてESCO事業(エスコ事業:削減保証型エネルギー・サービス)を展開。夏場の電力不足が懸念されはじめた中で、産業用の省電力インバーター(周波数変換器)などに注目する向きがあった。

 株価は、東北地方太平洋沖地震の発生前の水準(10日終値8万6000円)から3月16日に5万5600円まで約3万円下落し、本日は、この下げ幅を完全に回復した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:10 | 株式投資ニュース

ダイセキ環境ソリューションが土壌から放射性物質と伝えられ急伸

 ダイセキ環境ソリューション<1712>(東1)は23日、後場一段高となり、13時過ぎにかけて13万6000円(2万9000円高)まで上げ、3月15日につけた今年の高値を大幅に更新。終値も12万9800円(2万2800円高)となり、値上がり率21.3%で、東証1部の6位に顔を出した。福島原発から40キロメートル圏の土壌から放射性物質を検出と伝えられ、急動意となった。

 株価は、後場寄り後から急動意。昼のニュースなどで、福島第1原発から40キロ圏の土壌からセシウム137を検出と伝えられ、土壌浄化事業の同社が注目された。同様の事業に関連するとして東亜道路工業<1882>(東1)も後場一段高となり、一時238円(36円高・17.8%高)まで上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:51 | 株式投資ニュース

タカキューが業績予想の増額修正を好感し5日続伸

 タカキュー<8166>(東1)は23日、後場一段高となり5日続伸。13時に発表した2011年2月期の業績予想の増額修正が好感され、152円(14円高)まで上げて終値も145円(7円高)となった。東北地方太平洋沖地震による急落相場の9割近くを一時回復した。

 同社は13時に2011年2月期の業績予想の増額修正を発表。月次の売り上げ動向が想定を上回っていることなどを背景に、営業利益はこれまでの8.7億円を9.4億円(前期実績は約8.0億円)に、純利益は4.7億円を5.9億円(同4.3億円)に増額した。新たな予想1株利益は24円20銭。

 株価は、大震災発生前の水準(10日終値161円)から3月15日に81円まで80円下落し、ここから本日までで一時71円を回復。約89%の戻りとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:36 | 株式投資ニュース

ユニーは増額修正を好感し大地震による急落相場の7割近くを回復

 ユニー<8270>(東1)は23日、3日続伸となり、後場699円(40円高)まで上げて終値も690円と堅調。3日続伸。昨日発表した2011年2月期の決算予想の増額修正が材料視され、東北地方太平洋沖地震による急落相場の7割近くを回復した。

 同社は22日の大引け後、2月17日に発表した2011年2月期の決算予想を再び増額修正。月次動向が12月以降も好調に推移しているほか、グループでの延滞債権の減少などを要因に、予想営業利益はこれまでの326億円を348億円(前期実績は約211億円)に増額した。

 株価は、大震災発生前の水準(10日終値763円)から3月15日に564円まで約200円下落し、ここから本日まで135円回復。約68%の戻りとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | 株式投資ニュース

【話題株】キヤノンはデジカメの価格競争緩和期待など好感し3日続伸

■米バロンズ誌の推奨もあり買い安心感

話題株 キヤノン<7751>(東1)は23日、後場もジリ高となり3745円(110円高)まで上げ、終値も3715円(80円高)となり3日続伸。東北地方太平洋沖地震を受けて、デジタルカメラ各社で生産の停止・遅滞が発生し、結果的に過度な価格競争が回避出来るとの見方があり、同社には、米国の投資雑誌バロンズが割安株として買い推奨したとの材料が加わった。

 米国の投資雑誌バロンズは、21日付けで日本株は割安水準に放り込まれたとして、割安銘柄12銘柄を買い推奨し、キヤノンのほか、ソニー<6758>(東1)資生堂<4911>(東1)、鉄鋼株、自動車株などを採り上げたと伝えられた。デジタルカメラ業界からはキヤノンのみ。同社のデジタルカメラ生産は、22日現在、大震災による物的な損害は受けていないものの、部品調達難のため、国内3拠点のすべての操業を停止。一方、ニコン<7731>(東1)のデジタルカメラ生産拠点は8拠点が生産停止に陥ったものの、22日、3月中にすべて再開できる見通しになったと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:09 | 株式投資ニュース

水道水が放射能汚染で「エビアン」の伊藤園急伸

 伊藤園<2593>(東1)が、「水」関連で急伸。41円高の1391円で引け、高値は50円高の1400円まであった。1400円回復は14日以来で、今回の急落前の水準をほぼ奪回した。

 東京の水道水に放射能が含まれていることが判明。水道水の摂取について、とくに、幼児は制限するようにと伝えられた。

 同社が、フレンチアルプスのナチュラルミネラルウオーター「エビアン」を輸入販売していることから注目された。

 標高850メートルにある取水地は厳しいEUの基準をクリア、世界で安全でおいしい水と評価される。当然、毎日、飲む水だけに、今後、いっそう注目度を高めるだろう。

エビアン

>>伊藤園のMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:34 | 株式投資ニュース

大和小田急建設は来期増益転換が有力、復興人気でなお一段高狙う

大和小田急建設のHP 大和小田急建設<1834>(東1)が東日本大地震の復興関連株人気に乗り強調場面に転じてきた。大地震直前の10日の終値222円から14日の273円までわずか2日間の立会いで23%の急騰を演じた。

 ただ、その後は波乱場面に転じ、15日は安値180円と震災前の地相場220円どころさえ下回る瞬間的な下げに見舞われた。そこを底値に戻りに転じ再び14日の高値を射程内に置く水準にまで戻してきた。

 低位の建設株には株価倍増を果たした銘柄も多く、その点では同社の上げ余地はなお大きいといえる。同社は大震災のあった仙台に東北支店があるが、既にネットワークも普及し通常通りの営業を再開しており、災害に伴う事業への支障はない模様だ。

 同社の四半期ごとの営業利益は今2011年第1四半期の4億4200万円の黒字の後、第2四半期1億円の損失、第3四半期9億9800円の損失から第4四半期は7億3600万円の黒字に立ち直る。今回の震災に伴う事業への影響がなかったことで、来2012年3月期の増益転換を株価に織り込む展開に入りつつあるようだ。

>>大和小田急建設のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:23 | 株式投資ニュース

エーザイが新抗がん剤の発表を材料に後場は戻り足

 エーザイ<4523>(東1)は23日、後場寄り直後の3005円(30円安)を下値に戻り相場となり、14時を回っては3020円(15円安)前後で底堅い相場。本日付で同社創製・開発の新規抗がん剤「HALAVENHALAVEN TM」(エリブンメシル酸塩)が、欧州委員会から承認を取得したと発表したことが材料視された。

 同社Webでは、本剤は、少なくとも2種類のがん化学療法による前治療歴のある転移性乳がんの適応で欧州委員会から承認を取得。EU(欧州連合)加盟27カ国すべてで順次販売を行って行く計画。同剤は10年11月に米国、11年2月にシンガポールで承認を取得済みで、欧州が3番目となるという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:20 | 株式投資ニュース

ニトリホールディングスは円高基調を受け後場ジリ高の堅調相場に転換

ニトリ ニトリホールディングス<9843>(東1)は23日の後場、堅調相場に転換し、13時30分にかけては7030円(70円高)と本日の現在高。円高メリット銘柄で、円相場が朝方の1ドル81円前後から、後場は80円80銭台と円高基調になったことを見直す動きが出ている。

 前場は、6960円(前日比変わらず)を上値に6870円(90円安)の軟調相場。ゴールドマン・サックス証券が22日付けで目標株価を9100円から8400円に引き下げたと伝えられ売り先行となった。ただ、下げが浅いため買い直す動きがあったようで、信用取引の売り手も、下げ幅が小さいため早めに手仕舞いの買い戻しを入れた様子があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:32 | 株式投資ニュース

イズミヤは増額修正を好感し震災急落115円を110円回復

 イズミヤ<8266>(東1)は23日、後場も堅調持続となり370円(23円高)前後で推移。昨日発表した業績予想の増額修正が材料視され、前場379円(32円高)と大幅続伸したあとも強い相場となっている。

 今2月期の業績見込みは、既存店が堅調で営業収益が予想を上回っていることなどを主要因に、営業利益は32.0億円から37.9億円(前期実績は約21.7億円)に、純利益は2.0億円から7.5億円(同70億円の赤字)に増額した。

 株価は、東北地方太平洋沖地震による下げ幅が約115円。これを本日までで約110円回復。テクニカル的には、大震災の前につけた高値393円(2月23日、3月1日)をめざす動きとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:08 | 株式投資ニュース

【復興特需関連株】鹿島は好業績が株価を支える方向、震災は好悪両面の要素を持つ

 鹿島<1812>(東1)は東日本大地震発生を受けた復旧関連株人気に乗り、それなりの反応を示している。震災前日の10日の終値208円から14日には292円まで買い進まれたが、上昇率は40%と物足りないものにとどまった。

 株価倍増が当たり前のような急騰を見せた中低位建設株に比べ反応が鈍い面は否めない。日本初の超高層ビル「霞が関ビル」を竣工するなど時代の先端分野に取り組み、耐震、免震などで高い技術力をほこり、今後の被災地の復旧工事によるメリットは大きそう。

 ただ、東日本大地震による経済的損失の影響で企業のセンチメントが悪化、それによる設備投資意欲減退で建設受注・オフィス需要の回復が遅れるマイナス面が株価の足かせになっている。

 選別受注や各種のコスト削減策が効果を表しているため、業績は好調で、アナリスト筋は今2011年3月期、来2012年3月期と連続増益コースを想定している。底堅い動きが継続しそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:02 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は下げが限定的、早期の操業再開に期待感が強まる

 トヨタ自動車<7203>(東1)は東日本大地震前の10日の終値3650円から3月17日の安値3290円までの下げ率は10%と、ごく限定的なものにとどまった。

 同社にとっての今回の東日本大震災に伴う影響は関連会社の操業停止に伴い組み立てができないということ。22日に国内完成車組立工場の稼働停止を26日まで延長すると発表した。当初、生産停止は22日までとしていたが、部品メーカーの状況を確認した上で、生産再開は難しいと判断したもの。

 東日本大震災の影響で日本からの部品供給が滞る可能性があるため、北米の全工場で残業と土曜日の操業を取り止めることも明らかになっている。

 今後については部品の在庫や日本国内の状況を確認しながら決めるとしている。ただ、トヨタ本体の生産拠点が重大な被害を受けたということは報告されていない。部品メーカーなど関連会社の生産再開の暁には同社も短期で操業が早期で元の水準に復帰の可能性もある。ただ、株価への打撃が少なかった分、戻りが限定的なものにとどまる可能性もありそう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:57 | 株式投資ニュース

新生銀行は連日逆日歩が発生、買い戻し加速し震災前の水準に復帰

新生銀行 新生銀行<8303>(東1)が強い動きを見せている。東日本大震災が起こった前日10日の終値114円から3月15日には84円まで瞬間的に27%の下げに見舞われた。しかし、そこから一気に引き戻し3月22日には109円まで買い進まれ、東日本大震災に伴う下げをほとんどカバーする強い戻りを見せている。

 同社の場合、2月28日に海外投資家を対象にとした最大712億円の公募増資を発表していたが、その公募価格が7日に1株108円と決まり、払い込みが3月15日というファイナンスに絡むスケジュールが株価の戻りを先導したようだ。

 株価急落による投資家のキャンセルによるファイナンス遂行への懸念もあって、信用残は売り残が急増、直近で売り3617万株、買い2326万株と大幅な売り長状態。日証金では連日逆日歩が発生、売り方の買戻しの動きも戻りを加速しているようだ。

 ただ、公募価格108円を上回ってきただけに、ここからは公募応募の向きの利益確定の売りが上値を抑える展開が予想される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:51 | 株式投資ニュース

新規上場のピーエスシーは公開価格を20円上回り1020円で初値

★今年3月最後、7番目の新規株式公開(IPO)株

話題株 ピーエスシー<3649>(JQS)が、きょう23日に今年3月最後、7番目の新規株式公開(IPO)株として、ジャスダック市場に新規上場された。公開価格は1000円、公開株式数は75万9000株となっている。寄り付きと同時に公開価格を20円、2%上回る1020円で初値をつけ、その後は1059円まで値を上げて前引けは1022となっている。

 これで今年3月のIPOは、初値が公開価格を上回る銘柄が4銘柄、下回る銘柄が2銘柄の4勝2敗1引き分けと勝ち越しとなった。

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による相場全面安で、3月25日上場予定のラクオリア創薬が、上場を延期するなどIPO市場にも影響を与えたが、直後の18日に上場されたアイ・アール・ジャパン<6051>(JQS)が、公開価格を上回って初値をつけており、同社も、独自のビジネスモデルを展開し、上場時の資金吸収額が7億円半ばと小規模にとどまり、公開価格もPERも9倍台と割安なことが買い評価された。

 同社は、大規模病院向けに医療システム・医療ネットワークシステムを開発している。紙媒体のカルテをペーパーレス化するソフトウェア製品「Claio」で、レントゲン写真、血液検査結果などのすべてのデータを診療科、静止画・動画、数値データの種類を問わず一元管理しており、全国の国立大学法人の病院のうち4割が、同システムを採用している。

 今12月期業績は、売り上げ13億8300万円(前期比20%増)、経常利益3億5400万円(同7%増)、純利益2億500万円(同6%増)、1株利益106.9円と予想している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:38 | 株式投資ニュース

【話題株】WOWOWは東証1部指定替え承認で需給好転思惑高め3連騰

話題株 WOWOW<4839>(東マ)は、1万円高の14万4000円と3営業日続伸している。

 前日22日大引け後に東京証券取引所から3月29日付けで東証第1部への指定替えが承認されたと発表、指定替えに際して新株式発行などの株主価値の希薄化材料などを伴わないことから、指定替え後のTOPIX(東証株価指数)算入などの需給好転思惑を高めて買い増勢となっている。

 同社は、業績も順調に推移しており、今3月期第2四半期累計業績は、為替差益発生などから期初予想を上回って着地し、第3四半期(3Q)業績も、期初予想の通期業績対比で高利益進捗率を達成した。

 株価は、3Q好決算で14万2900円まで上ぶれ、東北太平洋沖地震で昨年来安値11万500円まで急落したが、急落幅をリカバーしている。需給好転思惑を高めてPER5倍台、PBR0.7倍の割安修正が続こう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:19 | 株式投資ニュース

太平洋セメントは2期ぶり復配を好感し昨年来の高値を更新

 太平洋セメント<5233>(東1)は23日、大幅続伸となり、157円(9円高)で寄ったあと170円(22円高)まで上げ、3月14日につけた昨年来の高値153円を更新。昨日、2期ぶりの復配を発表したことが好感され、復興関連銘柄の物色を支援したようだ。

 同社は22日の大引け後、2011年3月期末配当をこれまでの未定から2.5円に見込みとした。2期ぶりの復配になる。発表では、第3四半期から利益改善効果が発現してきたとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:31 | 株式投資ニュース

テルモは相次ぐ大規模地震被害で業績を再下方修正し急反落

★再度の下値確認が見込まれる

 テルモ<4543>(東1)は、195円安の4085円まで売られ3営業日ぶりの急反落をしている。

 前日22日大引け後に相次ぐ大規模地震発生による被害で、昨年10月に続き今3月期業績の再下方修正を発表、利益確定売りが先行している。

 業績再減額は、3月11日の東北地方太平洋沖地震や16日の静岡県東部を震源とする地震などが相次ぎ、生産設備の一部損壊や計画停電に伴う工場稼働率の低下、さらに米国子会社が、FDA(米国医薬品局)と合意したことに伴い和解金約28億円を特別損失に計上することが引き金となっており、地震被害を要因に上げる業績下方修正は、同社が初めてとなる。

 売り上げは前回減額値を据え置いたが、経常利益は26億円、純利益は42億円それぞれ引き下げ、純利益は、321億円(前期比21%減)と減益転換率を悪化させる。

 株価は、今年3月7日に発表した米カリディアン社買収で巨大地震を押し返して4745円まで急伸したものの、3805円まで突っ込み、半値戻しをクリアしたところである。再度の下値確認が見込まれる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

みずほフィナンシャルグループは大手証券の積極判断あるが小反落

みずほフィナンシャルグループ システム障害に揺れたみずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)は23日、小反落となり、150円(前日比変わらず)で寄ったあと151円から147円で推移。昨日は2日続伸で151円まで上げており、本日は10時現在でこの高値を更新していない。モルガン・スタンレーMUFG証券は22日付けで投資判断を「アンダーウェート」(弱気)から「イコールウェート」(中立)に引き上げ、目標株価は170円を継続と伝えられた。

 同社は、みずほ銀行で前週から発生していたシステム障害について、23日にはATMや窓口業務の大半を稼働させると伝えられ、一部の見入金などについても今週末25日には解消の見通しとされている。ただ、市場では、完璧な復旧には時間が掛かりそうとの見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | 株式投資ニュース

本日新規上場のピーエスシーは1020円で初値

 本日・23日に新規上場となったピーエスシー<3649>(JQS)は堅調なスタートとなり、公開価格1000円に対し、9時ちょうどに1020円で初値をつけた。医療システム、医療ネットワークシステムの開発が主事業で、公開株式数は公募・売り出しを合わせて75万9000株。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | 株式投資ニュース

東京電力は大手銀行の協調融資など伝えられるが3日ぶりに安い

 東京電力<9501>(東1)は23日、反落の始まりとなり、売り気配のあと1060円(38円安)で寄ったあとは1061円から1019円で高下。福島第1原子力発電所で3号機の中央制御室に通電し照明が点灯、などと伝えられたものの、昨日まで2日連続ストップ高の急反発となってきただけに、目先売りが出ているようだ。

 東京電力には、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)の菱東京UFJ銀行、三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)などの大手3行が月内にも総額1000億円規模の緊急融資をする方向で調整に入った、と今朝の朝日新聞で報じられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース