[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/16)パナソニックが3Dテレビへの期待と投資判断アップを受け後場も堅調
記事一覧 (02/16)日本電産サンキョーがご祝儀高?所属選手がスピードスケートで銀・銅メダル
記事一覧 (02/16)セントラル硝子がリチウムイオン電池材料の低コスト安定供給を好感し後場も強い
記事一覧 (02/16)16日前場の東京株式市場は中国休場で手控えムードだが日経平均は堅調で反発
記事一覧 (02/16)ディー・エヌ・エーが下げ止まり4日ぶりに反発「信長」への期待再燃も
記事一覧 (02/16)出光興産がもみあいを飛び出して戻り高値を更新、減益は織り込み環境事業を見直す
記事一覧 (02/16)J−POWERが官民一体の海外展開を材料に堅調、4日続伸
記事一覧 (02/16)トヨタ自動車は小安く始まったものの切り返す、北米で積極的な販売策と伝えられる
記事一覧 (02/16)住友商事がTOBのジュピターテレコムは買い気配、KDDIとの間で争奪戦の思惑
記事一覧 (02/15)住友金属鉱山が銅・金の権益拡大などめざす中期計画、上値には売り物ありそうだが下値圏−−引け後のリリース
記事一覧 (02/15)アライドテレシスHDが上ぶれ決算と復配を材料に1円幅だが昨年来の高値を更新
記事一覧 (02/15)【明日の動き】低位株やゲーム関連の一角などの個別物色は続く
記事一覧 (02/15)シークスは配当予想の増額に新鮮味あり一時1000円台を回復
記事一覧 (02/15)三菱鉛筆が後場、決算発表を好感して急伸し1200円台を回復
記事一覧 (02/15)15日の東京株式市場は手掛かり材料難で日経平均は3日ぶり反落、低位株物色は続く
記事一覧 (02/15)トヨタ自動車は4日ぶりに安くなり反落、追加リコールなどあるが自動車株全般が軟調
記事一覧 (02/15)円高関連のニトリ3日続伸し7000円大台乗せ
記事一覧 (02/15)マクロミルが後場一段高となり一時値上がり率1位、スーパーのネット販売拡大に関連し期待
記事一覧 (02/15)中国から春節休暇の買い物客増えラオックスなど家電販売株が堅調
記事一覧 (02/15)ぐるなびが外部環境の変化を受けにくい好業績銘柄として買い直され値上がり幅2位
2010年02月16日

パナソニックが3Dテレビへの期待と投資判断アップを受け後場も堅調

 パナソニック<6752>(東1)が後場も堅調で反発基調を保ち、前場の高値1294円(28円高)に迫る1290円前後で売買をこなしている。
 3D(3次元立体映像)テレビの4月発売に期待が続いているほか、シティグループ<8710>(東外)のシティグループ証券が投資判断を引き上げたと伝えられている。シティグループは同社株式の投資判断を「3H」(売り・高リスク)から「2H」(中立・高リスク)とし、目標株価は1300円を継続。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:58 | 株式投資ニュース

日本電産サンキョーがご祝儀高?所属選手がスピードスケートで銀・銅メダル

 日本電産サンキョー<7757>(東1)が13時にかけて急伸し763円(21円高)まで上げる場面があった。
 バンクーバー五輪スピードスケートで長島圭一郎選手(日本電産サンキョー)が2回目で34秒87を出して銀メダル、加藤条治選手(同)も合計タイム3位で銅メダルを獲得と伝えられたため、ご祝儀買いが入ったのではとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | 株式投資ニュース

セントラル硝子がリチウムイオン電池材料の低コスト安定供給を好感し後場も強い

 セントラル硝子<4044>(東1)が後場寄り後396円(26円高)まで買い直され、前場の高値400円に接近する強さとなった。リチウムイオン電池用電解液プラントの増設を昨15日発表したことが材料視されている。
 同社のリチウムイオン電池用電解液プラントは、すでに川崎工場で生産し、自動車メーカー及び電池メーカー向けに拡大。このため、複数拠点からの安定供給をめざし、新たに宇部工場に同プラントを建設すると発表した。自社のフッ酸を原料として、電池材料に求められるコストと安定供給性を両立できる点が特色になっているという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:03 | 株式投資ニュース

16日前場の東京株式市場は中国休場で手控えムードだが日経平均は堅調で反発

100216前引け 16日前場の東京株式市場は東証1部の出来高が7億株台にとどまり、日経平均は堅調で反発したものの値動き幅が32円にとどまる小動きとなった。
 香港市場は16日まで春節休場、上海・台湾市場は今週いっぱい19日まで休場のため、手控えムード。日経平均は朝方48円97銭高の1万62円27銭まで上げた後一服したものの再び上向き、前引けは47円04銭高の1万60円34銭だった。
 東証1部の出来高概算は7億4525万株。売買代金は3799億円。1部上場1683銘柄のうち、値上がり銘柄数875、値下がり銘柄数は541。また、東証33業種別指数は24業種が値上がりし、値上がり率上位は空運、石油・石炭、海運、情報・通信、証券・商品先物、電力・ガス、陸運、鉱業、倉庫・運輸、保険、輸送用機器、精密機器など。一方、値下がり上位はその他金融、繊維、小売り、水産・農林、ゴム、不動産、建設などだった。
 円相場が1ドル90円台で安定したため、昨日は軟調だったソニー<6758>(東1)パナソニック<6752>(東1)が反発し、ホンダ<7267>(東1)も堅調となるなど、輸出関連株が買い直される展開。
 欧州での非鉄・原油市況の堅調さを移して石油、資源関連株が堅調となり、三井物産<8031>(東1)などの大手商社、海運株も堅調な相場となった。
 また、KDDI<9433>(東1)が東証1部の値上がり幅1位。資本関係強化を進めるジュピターテレコム<4817>(JQ)に対し、住友商事<8053>(東1)が公開買い付けを発表、前場段階ではKDDIが優位との見方。
 決算が好調だった銘柄も買われ、サンシティ<8910>(東1)は値上がり率1位、パシフィックゴルフグループインターナショナルホールディングス<2466>(東1)も急反発となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:55 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーが下げ止まり4日ぶりに反発「信長」への期待再燃も

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)が堅調で4日ぶりに反発、一時65万9000円(7000円高)まで上げた。2月12日の昨年来高値69万2000円から騰勢一服だが、65万円前後で下げ止まる動きとなり注目されている。
 さる9日、同社のサイト向け新作シミュレーションゲームとして「100万人の信長の野望」の開発を決定し、配信開始は春頃を予定と発表。「信長」と「竜馬」なら人気化間違いなしと期待を集めている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:03 | 株式投資ニュース

出光興産がもみあいを飛び出して戻り高値を更新、減益は織り込み環境事業を見直す

 出光興産<5019>(東1)が2週間近いもみあいを飛び出して戻り相場での高値を更新。10時40分現在6720円(340円高)。石油株全般が堅調な中でも軽快さが目立つ。北米の寒波などで原油価格の底堅さが続く中で、風力・波力発電などに積極的な点が見直されているようだ。
 同社は業績面での悪材料がひとわたり出尽くしており、12月第3四半期決算で日本航空<9205>(東1)株式の評価損55億円など特別損失として計上、3月通期の見通しは連結営業利益を従来より120億円下回る420億円(約59%減)などと減額修正済み。2010年度は、欧州などで風力発電機向け潤滑油の海外販売を始め、環境に配慮した洋上向けや極寒地向けなどの差別化製品で国際展開を行なうと伝えられるなどの積極策が見直されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース

J−POWERが官民一体の海外展開を材料に堅調、4日続伸

 J−POWER<9513>(東1)が一時2846円(41円高)まで上げ、9時58分現在48円高で4日続伸基調。官民一体でベトナムの上水道や高速道、発電所の受注をめざすと伝えられた。2月8日には宮崎県の地熱発電所の出力増加も伝えられている。
 同社や中日本高速道路などがベトナムで上水道や高速道路、発電所の受注をめざし、3月にも正式に決まる見通しと16日付けの日本経済新聞朝刊で報じられた。こうした海外事業への参加を、政府はODA:政府開発援助や貿易保険などで後押しするという。
 J−POWERはモミ殻発電、日本ガイシ<5333>(東1)富士電機ホールディングス<6504>(東1)グループは上水道整備、などの事業を手がけるという。日本ガイシと富士電機ホールディングスの株価は小動き。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は小安く始まったものの切り返す、北米で積極的な販売策と伝えられる

 トヨタ自動車<7203>(東1)は16日、小安く始まったものの切り返し反発基調。3月に北米地域で積極的な販売奨励策を計画と伝えられた。3350円(5円安)で寄り、9時26分にかけて3400円(45円高)まで上昇。
 同社の米国法人幹部が来月、新規客の取り込みや販売を支援するための積極策を行なう方針とロイター電が伝えた。これによると、トヨタ車を購入した顧客への「ロイヤルティー」ボーナスを現在の1000ドルに加え、さらに1000ドルを上乗せする案などが検討されているという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース

住友商事がTOBのジュピターテレコムは買い気配、KDDIとの間で争奪戦の思惑

 住友商事<8053>(東1)が公開買い付け(TOB)を実施と発表したジュピターテレコム<4817>(JQ)は16日朝、買い気配で始まり、9時14分現在は9万4500円(4500円高)で売り181株・買い10万6000株と買い先行。
 ジュピターテレコムを巡っては、KDDI<9433>(東1)が株式取得を積極化させており、今朝の株式市場では、住友商事との間で争奪戦に発展するのではとの思惑や期待が出ている。
 住友商事は昨15日の大引け後、ジュピターテレコムの公開買い付けを実施すると発表。保有比率を40%まで引き上げ、筆頭株主の地位を目指すとした。住友商事株は982円(29円安)、KDDI株は49万1500円(2000円安)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース
2010年02月15日

住友金属鉱山が銅・金の権益拡大などめざす中期計画、上値には売り物ありそうだが下値圏−−引け後のリリース

■3年後の経常利益47%増を試算

引け後のリリース、明日の1本 住友金属鉱山<5713>(東1)が15日の大引け後、中期経営計画(2010年度〜2012年度)を発表。到達年度末の試算経常利益を1100億円(09年度:10年3月期の予想は750億円)、当期利益は700億円(同460億円)などをめざすとした。
 15日の株価終値は1226円(33円安)となり反落。ここ1カ月ほどは、1月7日につけた1490円を高値に下落トレンドとなっており、下値を1190円(1月29日)、1186円(2月8日)として小反発状態。下値を2度試して出直り始めたところといえる。
 このため、目先的には上値をめざす可能性があるが、売り・買いの需給をみると、日本証券金融<8511>(東1)の貸借ベースで12日現在、融資(強気筋)が貸し株(弱気筋)の16倍強あるため、当面は上値をめざすにつれて売り物が増える可能性もありそうだ。
 中期計画では、資源関連事業で銅・金を中心とした海外権益の取得を拡大し、精錬関連事業ではニッケルを中心に非鉄メジャーをめざす。これに向けて、フィリピンで進めているニッケル生産の「タガニートプロジェクト」への投資を中心に3年間の設備投資額を約1900億円予定する。
 材料事業では環境・エネルギー関連事業にフォーカスして積極拡大し、車載用・民生用の2次電池・リサイクル、太陽電池関連素材の開発・拡大を進める。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:05 | 株式投資ニュース

アライドテレシスHDが上ぶれ決算と復配を材料に1円幅だが昨年来の高値を更新

アライドテレシスホームページ アライドテレシスホールディングス<6835>(東2)の大引けは13.4%高の76円(9円高)となり、値上がり率・出来高が所属市場の3位、売買代金は同2位となった。12月決算の大幅上ぶれ着地と期末配当の5期ぶり復配を好感。一時87円高まで上げ、昨年来の高値を更新した。
 前週末に09年12月決算の発表とともに、12月期末配当を04年12月以来5期ぶりに復配し2円とする方針を発表。80円台は09年6月以来。これまで昨年来の高値だった86円(09年5月)を1円だが更新した。

>>アライドテレシスホールディングスのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:39 | 株式投資ニュース

【明日の動き】低位株やゲーム関連の一角などの個別物色は続く

 株式市場明日の動き 15日の東京株式市場、日経平均株価は78円89銭安の1万0013円30銭と3営業日ぶりに反落した。日経平均は、朝寄り前に発表された国内GDP(国内総生産:10〜12月)が市場予想を上回ったことを好感し、朝方は27円28銭高の1万119円47銭まで上昇する場面も見られたが、中国株式が旧正月で休場、米国株式もプレジデントデーで今夜休場とあって主力株を積極的に物色する動きは見られず、中国の預金準備率引き上げの影響も気がかり材料として意識され、東証1部銘柄の6割が下落した。
 
 東証1部上場1683銘柄のうち、値上りは484銘柄、値下りは1030銘柄、変わらずは163銘柄だった。また、東証33業種別指数は、水産・農林、金属製品、空運の3業種のみ上昇。一方、値下がり上位は非鉄金属、輸送用機器、卸売り、証券商品先物、食品、ガラス・土石、鉄鋼、銀行、繊維石油・石炭など30業種が下落した。
 
 輸送用機器など、主力株が軟調に推移する一方で、業績見通しを増額修正した東亜道路工業<1882>(東1)が5連騰、日本カーバイド工業<4064>(東1)が続伸し高値更新となるなど、低位株を物色する流れは旺盛だった。
 
 そのほか、ユビキタス<3858>(NEO)が連日のストップ高で連日の昨年年来高値更新と、低位株やゲーム関連の一角などの個別物色は続きそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:58 | 株式投資ニュース

シークスは配当予想の増額に新鮮味あり一時1000円台を回復

 シークス<7613>(東1)は後場14時30分に12月本決算と期末配当予想の増額を発表。直前の960円(11円安)前後から一時1009円(38円高)まで急伸した。大引けは3円高。決算は減収減益だが、2月5日に修正済みだった。
 今12月期の連結業績予想は、売上高を13.3%増、営業利益を同50.3%増などと急回復を見込む。期末配当はこれまでの予想の7円を8円とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:54 | 株式投資ニュース

三菱鉛筆が後場、決算発表を好感して急伸し1200円台を回復

 三菱鉛筆<7976>(東1)が午後13時30分に発表した12月本決算を好感して後場急伸し、一時1216円(24円高)まで上昇。大引けも1209円だった。1200円台は1月18日以来。
 前12月期は減収減益となったが、今12月期の連結業績予想は営業利益を前期比19.6%増、純利益を同14.7%増などとし、回復を想定。宇宙空間でも筆記できるという加圧ボールペンなどのほか、新事業にも積極的に取り込むとした。【写真=加圧ボールペンのパワータンク スマートシリーズ:エントリーモデル(上)とハイグレードモデル(下)】

【パワータンク スマートシリーズ:エントリーモデル(上)とハイグレードモデル(下)】
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:38 | 株式投資ニュース

15日の東京株式市場は手掛かり材料難で日経平均は3日ぶり反落、低位株物色は続く

100415大引け 15日の東京株式市場は中国株式が旧正月で休場、米国株式もプレジデントデーで今夜休場とあって手掛かり材料難から、東証1部銘柄の6割が下落。日経平均は、朝寄り前に発表された国内GDP(国内総生産:10〜12月)が市場予想を上回ったことを好感し、朝方は27円28銭高の1万119円47銭まで上昇する場面も見られたが、中国の預金準備率引き上げの影響も気がかり材料として意識され、主力銘柄が伸び悩むとともに日経平均も軟化し、大引けは78円89銭安の1万0013円30銭と3営業日ぶりに反落となった。
 
 東証1部の出来高概算は16億7961万株。売買代金は9701億9800万円。1部上場1683銘柄のうち、値上がり銘柄数は484、値下がり銘柄数は1030だった。また、東証33業種別指数は、水産・農林、金属製品、空運の3業種のみ上昇。一方、値下がり上位は非鉄金属、輸送用機器、卸売り、証券商品先物、食品、ガラス・土石、鉄鋼、銀行、繊維石油・石炭など30業種が下落した。
 
 米国株式が今夜休場ということもあり、トヨタ自動車<7203>(東1)などの自動車株、コマツ<6301>(東1)などの建機・輸送機器株、パナソニック<6752>(東1)などが安かったほか、非鉄市況の頭打ち感から住友金属鉱山<5713>(東1)など非鉄金属株、丸紅<8002>(東1)など大手商社株、大手銀行株も軟調となった。
 
 また、大手証券の投資判断引き上げも東京エレクトロン<8035>(東1)が伸び悩んだほか、ニコン<7731>(東1)も小幅続伸にとどまるなど、積極的に上値を追う動きに乏しかった。
 
 ただ、業績見通しを増額修正した東亜道路工業<1882>(東1)、同じく関東電化工業<4047>(東1)日本カーバイド工業<4064>(東1)、増配を発表した東栄住宅<8875>(東1)など、1000円以下の好業績の低位株を物色する動きは続いた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:29 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は4日ぶりに安くなり反落、追加リコールなどあるが自動車株全般が軟調

 トヨタ自動車<7203>(東1)は4日ぶりに安い展開となり反落。大引け間際にやや下げ幅を広げ3350円(110円安)をつけた。大引けは3355円。
 米国でピックアップトラックのリコールを発表などと伝えられたほか、米国株式市場が週明けの15日休場であること、中国市場が春節休場なため金融引き締めの影響が判断しづらいこと、などの外部環境も手控え要因になったようだ。自動車株はほぼ全面安となり、業種別でも輸送用機器指数が東証33業種の中で値下がり率2位となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:09 | 株式投資ニュース

円高関連のニトリ3日続伸し7000円大台乗せ

 ニトリ<9843>(東1)が、180円高の7000円と3日続伸。1月20日以来の7000円乗せとなっている。月次での既存店売上は09年11月が対前年比で99.0%となったものの、それ以外の月は前年を上回っている。このため、10年2月期の営業利益は31%増の435億円は確実な見通し。配当は年50円(前期年34円)の予定。輸入家具を手がけるため、「円高」関連としても注目される。7100円前後のフシを抜いて来れば7500円相場が期待できるだろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:55 | 株式投資ニュース

マクロミルが後場一段高となり一時値上がり率1位、スーパーのネット販売拡大に関連し期待

 マクロミル<3730>(東1)が後場一段高となり、13時50分に7.2%高の12万4700円(8400円高)まで上昇、東証1部の値上がり率1位となった。イオン<8267>(東1)などがネットを利用する販売方式を本格化と伝えられ、消費動向調査が活発化するとの期待。一時12万5900円(9600円高)まであった。
 イオンがネットスーパーの実施店舗を2011年2月期に2倍に増やし、セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)は12月に立ち上げた総合ネット通販を主軸にネット事業の売上高を1千億円超に伸ばす計画と14日付けの日本経済新聞が伝え、ネットを通じた消費動向調査などで先行するマクロミルに期待が高まった。
 ネットスーパーは、通常の通信販売と異なり、注文品が近所の店舗などから短時間で届く方式で、生協の配達販売と似て利用しやすい半面、事業拡大には消費動向の緻密な把握が必要とみられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:12 | 株式投資ニュース

中国から春節休暇の買い物客増えラオックスなど家電販売株が堅調

 ラオックス<8202>(東2)が後場寄りあと7%近い値上がりの110円(7円高)まで上げ、13時30分現在も109円で強い動きとなっている。
 中国から春節(旧正月)休みを利用して来日する観光客が増え、電機街では1人で100万円を超す買い物をする客も、などとTVニュースなどで伝えられ、中国の大手家電販売グループ傘下である同社株に期待が高まった。ビックカメラ<3048>(東1)も堅調で続伸、ヤマダ電機<9831>(東1)は5日ぶりの反発。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:32 | 株式投資ニュース

ぐるなびが外部環境の変化を受けにくい好業績銘柄として買い直され値上がり幅2位

 ぐるなび<2440>(東1)が後場一段高となり、13時にかけて18万2500円(7100円高)まで上昇。12時50分現在で東証1部の値上がり幅2位となった。
 自動車株やハイテク家電株の動きが鈍いため、為替など外部環境の変化を受けにくい好業績銘柄として見直されているようだ。
 さる4日発表した4〜12月期決算では、主事業の飲食店サイトを活用する店舗が増加し、9月末から12月末現在での掲載店舗数が約1500店増え約5万店となった。1店当たりの単価も増加し、連結営業利益は前年同期比で約23%増加。
 直近の株価は4日を目先の高値として前週末の2月12日まで5日連続、取引時間中の安値を切り下げてきたが、週明けはこの下げ幅のうち4日分を後場寄りあとで一気に奪回した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース