[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/13)【注目株】ソーバルが増額修正、もみ合い相場の上限を試す可能性が
記事一覧 (12/13)泉州電業の前10月期決算は「銅」価格高も手伝い大幅増益、自己株の取得も発表−−引け後のリリース
記事一覧 (12/13)アシックスは買い戻しの期待を高めて年初来の高値を更新後も強調相場
記事一覧 (12/13)日立製作所は子会社上場で再建にスピード感!株価はまだ評価替え途上
記事一覧 (12/13)昭和電工は中期計画に続き会社季刊データ誌も材料に戻り高値
記事一覧 (12/13)ツガミは矢継ぎ早の自己株取得を好感し直近の高値を更新
記事一覧 (12/13)【チャート・ワンコメント】フジ・コーポレーションは一段高見込める
記事一覧 (12/13)キリンHDはNZ産ワイン事業の買収観測に反応薄、自己株の消却を発表
記事一覧 (12/13)【チャート・ワンコメント】東祥は「ダブル天井」抜けで重しが取れる
記事一覧 (12/13)【銘柄診断】ベルパークは今期増益確保の可能性も、株価は先見性発揮の動き
記事一覧 (12/13)【銘柄診断】大和小田急建設は今期後半の立ち直りを評価、見直し人気高まる
記事一覧 (12/13)【銘柄診断】生化学工業は売られ過ぎの訂正高へ発進、来期の増益転換を評価へ
記事一覧 (12/13)日本工営はベトナムの下水道整備を材料に高値引けで続伸
記事一覧 (12/13)ソフトバンクは後場次第に値を戻しプロ野球「ホークス」の集客強化を見直す
記事一覧 (12/13)角川グループHDは朝方急落するが後場は2000円前後で安定
記事一覧 (12/13)【銘柄診断】日本板硝子は順調に売り物を吸収、業績は今・来期と続伸を想定
記事一覧 (12/13)インスペックは増額2Q業績発表も利益確定売り膨らみ続急落
記事一覧 (12/13)オエノンホールディングスが好業績を評価し年初来の高値を更新
記事一覧 (12/13)エフワンはTOB価格にサヤ寄せし急続伸
記事一覧 (12/13)エプコは業績再上方修正で最高純利益を伸ばし急続伸
2010年12月13日

【注目株】ソーバルが増額修正、もみ合い相場の上限を試す可能性が

■PBRは0.8倍前後で割安感

注目銘柄 組み込みソフトの技術者派遣大手ソーバル<2186>(JQS)が13日の大引け後に業績予想の増額修正を発表。平成23年2月期・通期業績予想の修正として、営業利益の予想を1.5億円から1.9億円(前期は約0.2億円)に、純利益は0.9億円から1.05億円(同約0.2億円の赤字)とした。新たな予想1株利益は48円34銭。

 13日の株価は2取引日ぶりに売買が成立し、終値は671円(12月9日との比較で11円安)。ただ、9月以降は、おおむね下値665円、上値690円の間でもみ合う横ばい相場となり、下値を固めて上下のウネリが安定してきている。

 この間の高値は700円(9月30日)のため、この範囲でもみ合う「ボックス相場」と仮定しても上値圏への上昇が見込め、場合によっては700円台を試す相場になる期待が出ている。PBRは0.8倍前後で割安感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:09 | 株式投資ニュース

泉州電業の前10月期決算は「銅」価格高も手伝い大幅増益、自己株の取得も発表−−引け後のリリース

■市況次第で思惑広がる余地

引け後のリリース、明日の1本 泉州電業<9824>(東2)は13日の大引け後、前10月期の決算と自己株式の取得を発表。前10月期は、銅価格上昇による製品価格の上昇も加わり、営業利益は17.6億円(前期比約3倍)となった。11月以降もLME(ロンドン金属取引所)の「銅」先物が過去最高値を更新しているため、思惑妙味が高まる可能性を強めてきた。

 発表では、前10月期は建設・電販向けの出荷量が減少するなど、厳しい状況で推移。こうしたなかで、提案型営業の推進、新規得意先の開拓及び既存得意先の深耕、新商品の拡販など積極的な営業展開を図り、売上高は約498.6億円(前期比17.9%増)、経常利益は約18.9億円(同約2.4倍)となった。

 今期の予想は、売上高が前期比5.3%増、営業利益が同9.7%増、予想1株利益は112円42銭。LME(ロンドン金属取引所)では「銅」先物が12月7日、過去最高値を更新。市況の推移によっては収益が上ぶれる要因になる。

 自己株の取得は上限20万株(自己株を除く発行済み株式数の1.9%)、期間は12月14日から11年4月15日まで。

 13日の株価は朝方続伸となり850円(5円高)と戻り高値を更新。終値は838円(7円安)。今期の業績予想にモノ足りなさがあるとの見方があり、銅の市況とともに注目される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:54 | 株式投資ニュース

アシックスは買い戻しの期待を高めて年初来の高値を更新後も強調相場

 アシックス<7936>(東1)は後場上値を試す相場となり、14時55分にかけて1055円(37円高)まで上昇し、12月10日につけた年初来の高値1050円を更新。終値も1053円で、ほとんど高値引けとなった。需給妙味が高まっており、9日付けで三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き上げたことも引き続き材料視されていた。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の投資判断は、「ニュートラル」を「アウトパフォーム」とし、目標株価は1000円から1250円に引き上げた。また、信用取引の売り建てに逆日歩が乗っているため、売り建ての買い戻しが株高の誘発要因になるとの期待も出ていたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:15 | 株式投資ニュース

日立製作所は子会社上場で再建にスピード感!株価はまだ評価替え途上

日立製作所 日立製作所<6501>(東1)が強調をキープしている。先に米国の100%子会社の日立グローバルストレージテクノロジーズをニューヨーク証券取引所もしくはナスダック市場に新規株式公開させると発表した。

 IBMのHDD事業を吸収して発足した企業だが、その後数年間は大幅赤字を計上、存続さえ危ぶまれていた経緯がある。それが経営スピード向上のための株式公開にこぎつけるなど、5月に発表された「2012中期経営計画」における選択と集中の動きがグループの中で加速していることを改めて印象付けた格好だ。

 中国を中心とするアジアの好調で今3月期は営業利益4100億円(前期2021億円)が見込まれているが足元の状況は想定を上回り4350億円への増額が有力になっている。12年3月期も国内発電事業の堅調な伸びに加え、海外事業の拡大などから電力システム事業が伸長し4550億円への続伸が有力。まだ評価替え途上の動きだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:58 | 株式投資ニュース

昭和電工は中期計画に続き会社季刊データ誌も材料に戻り高値

 昭和電工<4004>(東1)は前後場ともジリ高で189円(8円高)まで上げ、2取引日連続で戻り高値を更新した。本日発売の会社季刊データ誌の予想が好調と材料視されたようで、終値は188円。185円台は、終値では6月16日以来。

 昭和電工は、12月1日に中期計画(2011年〜2015年)を発表。株価は、これを受けて翌2日に180円台に乗った後も堅調。中期計画では、主力事業のハードディスク、黒鉛電極で積極的な拡大戦略を取り、成長・育成事業では電池材料、パワー半導体SiCなどに注力し、2013年12月期の売上高を1兆円(11年3月期予想は8800億円)、営業利益は800億円(同450億円)などを掲げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:40 | 株式投資ニュース

ツガミは矢継ぎ早の自己株取得を好感し直近の高値を更新

 ツガミ<6101>(東1)は11時に発表した自己株の取得を好感する相場となり、直近の高値を更新。後場上値を試す動きとなった。前場の高値587円(12円高)に対し、後場は595円で始まり597円まで上昇し、直近の高値591円(12月7日)を更新。終値は588円。

 自己株の取得は、上限100万株(自己株を除く発行済み総数の1.51%)、期間は12月13日から2011年3月10日まで。同社は、9月13日から前週末12月10日までの日程でやはり上限100万株の買いつけを行なっていた。これが終了した翌取引日の発表となったため、意外感が高まったという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | 株式投資ニュース

【チャート・ワンコメント】フジ・コーポレーションは一段高見込める

チャート・ワンコメント ■日足

 フジ・コーポレーション<7605>(JQS)は13日(月)、51円高の474円と高値引け。4月につけたていた年初来高値428円を抜いて高値更新。この日、今3月期の業績を増額。売上で10億5100万円、営業利益で2億5900万円それぞれ増額した。営業利益は8億2900万円(前期5億5800万円)と前期比48.5%増益。1株利益は103.2円へ。配当も年20円(前期年12円)へ増配。宮城県本社のタイヤ等販売。高速料金の上限1000円効果で長距離ドライブ増え、タイヤ販売好調。30日線乖離拡大は気になるもののPER4.5倍、利回り4.2%は割安。一段高見込める。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:05 | 株式投資ニュース

キリンHDはNZ産ワイン事業の買収観測に反応薄、自己株の消却を発表

 キリンホールディングス<2503>(東1)は後場1178円(4円高)まで上げる場面をみせて終値は1172円(2円安)となり、小反落。この週末、ニュージーランド(NZ)産ワイン事業を買収すると伝えられたものの、株価への反応はいまひとつだった。大引け後、自己株の取得を発表した。

 同社は月内にも仏洋酒大手ペルノ・リカールのニュージーランド(NZ)産ワイン事業を買収すると11日の日本経済新聞で伝えられた。一方、13日の大引け後に自己株の消却を発表。消却株数は2876万5551株(消却前の発行済み株式総数の2.89%)で、消却予定日は12月30日。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:00 | 株式投資ニュース

【チャート・ワンコメント】東祥は「ダブル天井」抜けで重しが取れる

チャート・ワンコメント ■日足

 東祥<8920>(JQS)は、9円高の510円まで上げて3日続伸。3月24日と11月10日につけた509円を抜いて年初来の高値を更新。いわゆる、「ダブル天井」抜けで重しが取れた。今3月期は04年の上場以来、7期連増増益へ。地方都市にスポーツクラブ37店舗展開。地方活性化関連でもある。600円前後までフシはない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:50 | 株式投資ニュース

【銘柄診断】ベルパークは今期増益確保の可能性も、株価は先見性発揮の動き

■見直し必至の好業績株

銘柄診断 ベルパーク<9441>(JQS)は10万円割れの底値から12万円台まで一気に駆け上がり、現在はその利食い売り吸収局面。6月に発売した「iPhone4」やデジタルフォトフレームの「Photo Vision」などが大幅に売れ行きを伸ばしている。ただ、ソフトバンクモバイルとの手数料条件が前年同期に比べて悪化したことに加え、1台当たりの利益率の低い「Photo Vision」の販売台数が伸びたため、販売台数の増加にもかかわらず今12月期については営業利益28億円(前期35億7700万円)と減益を見込んでいる。

 アナリスト筋は会社側の見通しはかなり抑えこまれているとして、最終的には営業利益は38億円と増益確保の可能性が強いと見ている。来期についても続伸の見通しが強まり、株価もそこらあたりをにらんで先見性を持ち始めたものと思われる。今年6月の高値は18万6800円と、ここからの天井は高い。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:09 | 株式投資ニュース

【銘柄診断】大和小田急建設は今期後半の立ち直りを評価、見直し人気高まる

■出遅れ訂正高本格化の妙味株

銘柄診断 大和小田急建設<1834>(東1)が動意を強め始めた。中低位株指向へ向く市場の中にあってPBR0.5倍にとどまる同社の出遅れに着目する向きが増えているようだ。

 建設業界は民間設備投資の抑制や公共事業費の大幅な減少などから受注競争が激化、同社を取り巻く経営環境は厳しい。こうした状況を映し、同社は今3月期第1四半期の決算時に9月中間決算を増額、しかし中間決算発表を前にその数字を減額するなど、やや浮沈が激しいものになっている。

 今3月期の営業利益については15億5000万円から11億4000万円(前期33億4300万円)への下方修正となったものの、前半の3億4200万円に対し、後半は約8億円と後半の巻き返しが想定されている。

 株価もそこらあたりを織り込み始めたものと思われる。出直り相場へ向けストライドを伸ばしてきたが、出直り初動の強さはその後の持続的な上げに結びつくケースが多い、出遅れ訂正高本格化が有力になってきた。

>>大和小田急建設のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:00 | 株式投資ニュース

【銘柄診断】生化学工業は売られ過ぎの訂正高へ発進、来期の増益転換を評価へ

■悪材料織り込んだ出遅れ株

銘柄診断 生化学工業<4548>(東1)は11月17日の年初来安値824円から反転相場に突入、ここへきて900円大台を回復してきている。

 国内医薬品は関節機能改善剤アルツの販売数量が伸びたものの、海外医薬品で米国向け出荷の減少や前年同期にあった一過性ロイヤルティー収入の反動などが響き今3月期は営業利益33億円(前期51億円)と大幅減益となる見通し。

 期初見込みの39億円を減額修正したことで、先行き見通し難から見切売りが増加したため安値更新にまで売り込まれた。ただ、主力製品アルツの国内市場は、高齢者人口の増加などを背景に売上が増加、中国でも主要都市を中心に販売が好調に推移している。

 このため、アナリスト筋は今期の営業利益は34億円へ減益幅が縮小、来期は49億円と大幅増益へ転換と見ている。下げ過ぎ訂正高から来期の回復をにらんだ相場へ発展の可能性が強い。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:45 | 株式投資ニュース

日本工営はベトナムの下水道整備を材料に高値引けで続伸

 建設コンサルタント最大手の日本工営<1954>(東1)が後場、次第高となり、243円(8円高)で高値引け。急反発となって9月30日につけた戻り高値239円を更新した。国土交通省がベトナムの下水道施設の整備支援で同国と合意の見通しと伝えられたことを好感する買いが増えたという。

 同社は、政府開発援助の海外事業に関連する銘柄というイメージ。この週末、国土交通省がベトナムの下水道施設の整備支援で同国と合意の見通しと伝えられたため、事業機会の増加に期待が高まったようだ。PERが0.5倍前後という割安さも材料視。このところ、官民一体で海外の社会資本整備を受注する動きが目立っており、期待されていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:15 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは後場次第に値を戻しプロ野球「ホークス」の集客強化を見直す

 ソフトバンク<9984>(東1)は後場次第に値を戻し、軟調ながら2951円(9円安)まで浮上。前場は、野球事業で九州旅客鉄道(JR九州)やJTBと提携するとの材料に反応がなかっただけに。ひと安心の様子となっている。

 プロ野球「ホークス」の観客増を目指し、野球事業で九州旅客鉄道(JR九州)、JTBと提携すると日本経済新聞で伝えられた。来季から野球観戦ツアーやイベントを共同で企画するほか、チケットの相互割引などで協力。本拠地であるヤフードーム(福岡市)の座席数も3年以内に1割強増やす計画で、野球事業の収益改善につなげるという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:12 | 株式投資ニュース

角川グループHDは朝方急落するが後場は2000円前後で安定

 角川グループホールディングス<9477>(東1)は朝方1910円(139円安)まで急落したものの、後場は2005円(44円安)で始まった後も2000円前後で小動きとなり底堅い。前週末の10日に自社株買いの中止を発表し、これを嫌気する売りが噴出したものの、後場は一進一退となっている。

 同社は10日の大引け後、自己株の取得を中止すると発表。発行済み株式数の3.96%にあたる100万株を上限に11月15日から2011年6月30日までの予定で自己株の取得を発表していた。中止の主因は、諸般の事情を総合的に勘案しとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:35 | 株式投資ニュース

【銘柄診断】日本板硝子は順調に売り物を吸収、業績は今・来期と続伸を想定

銘柄診断 日本板硝子<5202>(東1)は200円大台回復後も底堅い動きを見せている。公募価格181円で総発行済み株式数の35%にも達する大型ファイナンスを実施したが、その公募増資の打ち返し玉の吸収が順調に進んでいる。

 また、信用買い残も直近で1749万株と10月のピーク1794万株から大幅に減少している。同社の場合、需給の悪化だけが株価のマイナスであっただけに、そうした部分が解消されたここからは株価も見直し人気を集めていくパターンだろう。

 携帯端末などで使用されるタッチパネルの超薄板ガラスは世界シェア7〜8割を占めており、スマートフォンの販売急増の恩恵を受けているほか、太陽電池向けガラスも好調。

 このため、今3月期は営業利益150億円(前期171億円の損失)のV字型回復が見込まれ、アナリスト筋は来期も大幅続伸を見込んでいる。200円大台を固めた後は当然300円挑戦の声も出てくるだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:26 | 株式投資ニュース

インスペックは増額2Q業績発表も利益確定売り膨らみ続急落

 インスペック<6656>(東マ)は、3050円安の3万4600円まで下げて続急落している。前週末10日大引け後に12月6日に上方修正した今4月期第2四半期(2Q)累計決算を発表、6日の業績増額でストップ高が3日間も続いただけに目先材料出尽くしとして利益確定売りが膨らんでいる。

 2Q業績は、売り上げが前年同期より2.2倍とV字回復し、経常利益が5000万円(前年同期は9000万円の赤字)、純利益が4900万円(同9000万円の赤字)と各黒字転換した。半導体・電子部品業界で、台湾や韓国などのアジア地域の高成長を背景に最先端の検査ニーズに対応した高性能パターン検査装置や従来製品のファイン対応BGA検査装置、リードフレーム検査装置などの受注が拡大したことが寄与した。4月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は、5000万円(前期は2億5100万円の赤字)と4期ぶり黒字転換を見込んでいる。

 株価は、6日の2Q業績増額で1株純資産2万9127円割れの2万6000円から4万5000円まで1万9000円高、73%の急伸をし利益確定売りが交錯した。下値からPER7倍台の割安修正に動く展開も想定される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:15 | 株式投資ニュース

オエノンホールディングスが好業績を評価し年初来の高値を更新

 合同酒精などの持株会社オエノンホールディングス<2533>(東1)が後場も強い相場となり、年初来の高値を更新する相場。前場につけた高値216円(4円高)に対し、後場も215円(3円高)前後で推移している。収益好調でPBRは1倍割れ。

 株価は、業績予想を11月10日に増額修正してから上げ相場を本格化させている。今12月の業績予想は、売上高が833億円(前期は約831.6億円)、営業利益は17億円(同11.4億円)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:07 | 株式投資ニュース

エフワンはTOB価格にサヤ寄せし急続伸

 エフワン<8128>(大2・監理)は前場、14円高の61円まで買われて急続伸し、12月9日に顔合わせした年初来安値46円から底上げした。前週末10日大引け後に同社の親会社のグッドヒル(鳥取市吉成)が、同社株式を株式公開買い付け(TOB)をすると発表、同社も賛同意見表明を取締役会決議したことから、TOB価格60円へのサヤ寄せ思惑を高めて買い増勢となった。

 TOBは、紳士服卸売りから撤退してオーダー受注生産体制を確立するとともに、直営店販売を展開しているエフワンが、景気悪化、個人消費低迷の悪事業環境下で3期連続赤字を計上し、早急に抜本的な事業構造の転換や海外市場などへの本格的な進出を図る必要があり、これに伴い発生するリスクが株主に及ぶことを回避するために、非上場化することが最善として実施する。

 買い付け期間は12月13日から来年1月31日までの30営業日、買い付け株式数は1079万1857株、買い付け代金は6億4751万円を予定、買い付け株式数に上限を設けていないためにTOB後に同社株は上場廃止となる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:01 | 株式投資ニュース

エプコは業績再上方修正で最高純利益を伸ばし急続伸

 エプコ<2311>(JQS)は、67円高の1166円と急続伸している。前週末10日大引け後に今1月期第3四半期決算の開示とともに、1月通期純利益の9月に続く再上方修正を発表、最高純利益更新の更新幅を伸ばすことが割安株買いを拡大している。

 業績再増額は、住宅ローン減税や贈与税の非課税枠拡大などの政策支援で住宅着工件数が回復、同社の建築設備設計コンサルティング事業で、既存顧客からの給排水設備設計受託が増加し、コールセンター業務や太陽光発電設計などの受託が拡大したことが要因となった。売り上げを9月増額値より8200万円、経常利益を7000万円、純利益を4300万円それぞれ引き上げ、純利益は、4億5400万円(前期比27%増)と続伸幅を拡大し、2007年1月期の過去最高(3億7300万円)を更新する。

 株価は、7月末に株式分割の権利を落とし、8月に落ち後高値1350円、9月に業績増額で1250円の戻り高値をつけたものの、落ち後安値1001円まで調整、1000円台を固めていた。PER11倍台、配当利回り3.5%の割安修正で高値奪回を目指そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:58 | 株式投資ニュース