[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/22)キヤノンは収益拡大の観測を好感し2日続けて戻り高値、買い戻しの思惑も
記事一覧 (12/22)【話題株】倉敷機械はクラボウのTOB価格にサヤ寄せし買い気配アップ
記事一覧 (12/22)アルプス電気が来期のタッチパネル倍増の見込みを材料に戻り高値を更新
記事一覧 (12/22)エスプールは新規分野を積極展開し、2011年11月期黒字転換を目指す
記事一覧 (12/22)【銘柄診断】ユニヘアーは潜在需要大きい中国へ進出、今期後半から業績回復へ
記事一覧 (12/22)三井不動産はUBS証券の積極評価など好感し戻り高値
記事一覧 (12/22)パナソニックは三洋電機などの交換比率を発表し「総仕上げ感」から軟調
記事一覧 (12/22)日本写真印刷がスマートフォン向け増産と伝えられて戻り高値を更新
記事一覧 (12/22)JTが火を使わない「無煙たばこ」を材料に連日戻り高値を更新
記事一覧 (12/22)いすゞ自動車は米GMとのディーゼルエンジン開発を打ち切りと伝えられ軟調
記事一覧 (12/22)ニトリホールディングスは好決算を想定済みとの見方で軟調
記事一覧 (12/22)京写 今期の業績から見ると現在の株価はまだ評価不足
記事一覧 (12/22)幸楽苑は増益率が鈍化傾向、株価も現状水準でのもみ合いを継続へ
記事一覧 (12/22)【銘柄診断】ソケッツは今期増額、来期連続増益の見方が強い、訂正高を継続へ
記事一覧 (12/21)【銘柄診断】ダイショーは立会外分売終了で割安修正期待の打診買い入り反発
記事一覧 (12/21)【話題株】日油は自己株式取得・終値取引で割安株買いが再燃し急反発
記事一覧 (12/21)パナソニックが三洋電機・パナソニック電工の株式交換比率を発表
記事一覧 (12/21)【過去最高・連続更新株】桧家住は業績再上方修正に期末増配加わりストップ高
記事一覧 (12/21)新家工は自己株式立会外買付取引も反応は限定的
記事一覧 (12/21)タカラレーベンは来年のマンション予想と同業他社の好調みて高値に急接近
2010年12月22日

キヤノンは収益拡大の観測を好感し2日続けて戻り高値、買い戻しの思惑も

 キヤノン<7751>(東1)は後場も強調相場を持続し、戻り高値を2日続けて更新する相場。14時を回り4270円(85円高)前後で前場の高値4285円をうかがう水準となっている。今12月期の業績が好調で営業利益が前期比84%増の見通しと日本経済新聞の本日付朝刊で伝えられたことが、いぜん材料性を保っている。

 今12月期の連結営業利益は前期比84%増の4000億円程度と3期ぶりの増益になる見通しで、来期も3割増の5000億円を上回る可能性があると伝えられた。デジタルカメラや複写機の好調が持続する模様。株式需給を見ると、信用売り残に逆日歩が発生しており、買い戻しの増加も思惑材料になる可能性があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:11 | 株式投資ニュース

【話題株】倉敷機械はクラボウのTOB価格にサヤ寄せし買い気配アップ

■買い付け期間は12月22日〜来年2月9日

話題株 倉敷機械<6211>(東2)は、寄り付きから買い気配値を切り上げ50円高の150円買い気配と3日間の変わらずを含めて8営業日続伸している。

 前日21日大引け後に親会社のクラボウ<3106>(東1)が、同社を株式公開買い付け(TOB)すると発表、同社も賛同意見表明と株主への応募推奨を取締役会決議したことから、TOB価格170円へのサヤ寄せ思惑を強めて買い物が集まっている。

 TOBは、工作機械業界で新興国企業などとの受注競争が激化しており、同社が、このグローバル競争に打ち勝っていくために、親会社の展開するエンジニアリング事業やエレクトロニクス事業などとシナジー効果を発揮するため完全子会社となることが、両社の企業価値の向上、株主利益の確保に最善の方策と判断され決定された。

 買い付け期間は12月22日から来年2月9日までの30営業日、買い付け株式数は810万5555株、買い付け代金は13億7794万円を予定、TOB後に同社は上場廃止となる。なおクラボウは、1円安の148円と変らずを挟み続落している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:49 | 株式投資ニュース

アルプス電気が来期のタッチパネル倍増の見込みを材料に戻り高値を更新

 アルプス電気<6770>(東1)は後場、891円(44円高)で始まり堅調相場を持続、前場の高値897円(50円高)に続いて12月6日につけた戻り高値869円を更新する相場となっている。タッチパネルを来年度は2倍に増産と日本経済新聞の本日付朝刊で伝えられたことが午後も材料視されている。

 電子部品各社がスマートフォン(高機能携帯電話)向け電子部品の増産を急ぎ、同社は2011年度、タッチパネルを今年度比で2倍に増産、と今朝の日本経済新聞で伝えられた。

 本日の急伸によって、ここ1カ月近く続いた横ばい相場を大きく飛び出したため、株を借りて売る弱気の投資などの買い戻しも増加しているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:02 | 株式投資ニュース

エスプールは新規分野を積極展開し、2011年11月期黒字転換を目指す

■構造転換進む妙味株

エスプールのHP エスプール<2471>(JQS)は、4月27日の年初来高値3万1500円を射程内に捉える水準にまで引き戻し、新展開入りへの期待感が強まっている。11月から農業を通じて障害者の雇用を支援するサービスに乗り出したと伝えられたことが見直し人気を加速し始めている。

 障害者の雇用促進を目的に2010年7月に障害者雇用支援法が改正され、障害者の雇用義務が中小企業に広がるだけでなく、飲食店や小売店などアルバイトやパートを数多く雇用する企業もその対象に含まれることになった。障害者が生産することができるサラダ菜などの水耕栽培を行う設備を企業に提供し、新たな収益の柱に育て上げる方針だ。また、インターネット通販の成長につれモノの流通が増加、企業のコスト低下を目的としたアウトソーシングの動きが強まっている。

 同社は商品の注文受付から発送までの業務をワンストップで委託する物流業務の展開を積極化する方針だ。国内の人材派遣市場は規制強化の流れや製造業の海外移転を受け厳しい環境にあるが、商品発送代行サービス、障害者支援サービスの本格展開で低迷が続いていた業績も12011年11月期には黒字転換の可能性が出てきた。もう一段見直し人気が高まることになりそう。

>>エスプールのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:51 | 株式投資ニュース

【銘柄診断】ユニヘアーは潜在需要大きい中国へ進出、今期後半から業績回復へ

■海外展開加速の有望銘柄

銘柄診断 ユニヘアー<8170>(東1)はもみ合いゾーン離脱へ発進しそうな足取りを見せている。このほど子会社であるアデランス(上海)貿易有限公司を通じ上海市の復旦大学と提携し、中国で植毛事業に参入すると発表した。

 米子会社ボズレーの毛髪移植技術を応用した専門外来を来春にも同大付属病院に開設。その後、北京など他都市にも提携病院を広げる。所得水準の高まりから薄毛治療の需要が高まると判断。将来はロシアなど他の新興国への参入も検討する。

 2011年2月期の業績については8月中間決算で営業損失が45億円(前年同期1億8600万円の損失)と低迷、通期の営業損失も29億円から39億円(前期は53億円の損失)へ修正された。下期のみでは6億円の黒字計上となるが、男性向けは定額制の製品や10月1日に発売した「アデランスゴールド」等の販売を強化。女性向けはオーダーメイドから既製品まで一貫して扱う「フォンテーヌクチュール」の店舗網拡大等でてこいれを図る方針だ。

 株価は悪材料をこなしきっての展開となっており、次第に来期業績への期待感にウェートがかかった展開に踏み込んでいきそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:32 | 株式投資ニュース

三井不動産はUBS証券の積極評価など好感し戻り高値

 三井不動産<8801>(東1)は22日、1600円(24円高)で寄ったあとも底堅く、一時1640円(64円高)まで上げ、10月14日につけた戻り高値1625円を一気に更新した。UBS証券が21日付けで目標株価を1600円から2000円に引き上げたと伝えられた。

 本日は、業種別指数の「不動産株」が2.66%高で東証業種別指数(33業種)の値上がり率1位。UBS証券のセクター評価引き上げが材料視された。中で三井不動産は東京・日本橋室町地区で5棟の複合ビルを建設する約1万2千平方メートルの総合開発を進めており、2014年の完成に向けて話題性があることも支援要因のようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:46 | 株式投資ニュース

パナソニックは三洋電機などの交換比率を発表し「総仕上げ感」から軟調

 パナソニック<6752>(東1)は22日、小反落となり、朝方の1164円(5円安)を上値に1150円(19円安)まで下げる展開。昨日、完全子会社化するパナソニック電工<6991>(東1)、および三洋電機<6764>(東1)の株式交換比率を発表したことについては、子会社化に向けた総仕上げで、この材料に関しては「出尽くし」との見方が出ている。

パナソニックは、7月に両社の完全子会社化を発表し、10月にはほぼ公開買い付け(TOB)が成立。この株式交換は、TOBに応募しなかった残りの株式に対して実施。これらの株式交換がすべて完了すると市場に流通する株式は11.8%増加すると伝えられた。

 パナソニックは21日の大引け後、2011年4月に完全子会社化するパナソニック電工、および三洋電機の株式交換比率を発表。交換比率は、パナソニック電工の株式1株に対しては、パナソニックの株式0.925株を割当交付。また、三洋電機の株式1株に対しては、パナソニックの株式0.115株を割当交付する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

日本写真印刷がスマートフォン向け増産と伝えられて戻り高値を更新

 日本写真印刷<7915>(東1)は22日、続伸の始まりとなり、2113円(26円高)で寄ったあと2175円(88円高)まで上げ、12月20日につけた戻り高値2097円を更新した。スマートフォン(高機能携帯電話)向けの増産を急ぎ、タッチパネルを中心に生産能力を3割増に拡大と今朝の日本経済新聞で伝えられたことが材料視されている。

 電子部品各社がスマートフォン(高機能携帯電話)向け電子部品の増産を急ぎ、同社は東芝<6502>(東1)から借り受けた兵庫県姫路市の工場を11年7月に本格稼働し、静電容量方式のタッチパネルを中心に生産能力を3割増の年間2億1000万枚に引き上げる、と伝えられた。東芝も一時442円(6円高)をつけて堅調。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 株式投資ニュース

JTが火を使わない「無煙たばこ」を材料に連日戻り高値を更新

 JT<2914>(東1)は22日、続伸の始まりとなり、30万6500円(3000円高)で寄ったあと30万5000円前後でしっかり。火を使わない「無煙たばこ」の本格展開が材料視されており、2日続けて戻り高値を更新した。

JTは21日、新しいスタイルの無煙たばこ「ゼロスタイル・ミント」および詰め替え用カートリッジを2011年1月上旬から全国の一部販売店で発売開始すると発表。5月に東京都・神奈川県で試販した際に品切れの人気を集めたもので、増産体制が11月に整ったため拡大するとした。販売店の規模は、東京都および神奈川県を除いて全国約4000店を想定しているとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

いすゞ自動車は米GMとのディーゼルエンジン開発を打ち切りと伝えられ軟調

 いすゞ自動車<7202>(東1)は22日、軟調な始まりとなり、382円(1円安)で寄ったあと380円(3円安)まで下げて反落の推移となった。米GMとディーゼルエンジンの共同開発を打ち切ると今朝の日本経済新聞で伝えられ、受け止め方が分かれた格好。11月25日に年初来の高値390円をつけており、高値圏のため利食い売りもあるようだ。

 いすゞ自動車は、米ゼネラル・モーターズ(GM)とのディーゼルエンジンの共同開発を打ち切り、共同開発に投じていた人員、資金を新興国や環境対応車などに振り向け、米欧でのエンジン合弁生産も解消を含め見直しを検討する、と伝えられた。中期成長分野に傾注する点には評価する動きがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース

ニトリホールディングスは好決算を想定済みとの見方で軟調

ニトリ ニトリホールディングス<9843>(東1)は22日、軟調な始まりとなり、7170円(110円安)で寄ったあと6990円(290円安)まで下げて続落の推移となった。昨日の大引け後に発表した第3四半期決算(3〜11月)は好調だったものの、好調なのは想定済みとの見方がある。

 ニトリホールディングスが21日発表した第3四半期決算は、売上高が前年同期比9.2%増の約2301億円、営業利益が前年同期比9.6%増の約397億円。海外生産の輸入家具などが円高の恩恵を受けた。200〜400品目の大規模な値下げキャンペーンも奏功。ただ、2月通期の予想は据え置いた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース

京写 今期の業績から見ると現在の株価はまだ評価不足

■今期最終利益は過去最高の5億2000万円を見込む

京写のホームページ 片面プリント基板で世界トップの京写<6837>(JQS)の株価は、ジャスダック市場が16日連続上昇していることもあり、やっと200円台に戻ってきている。しかし、今期の業績から見るとまだ評価不足といえる。
 第2四半期連結業績を見ると、売上高83億4500万円(前年同期比34.2%増)、営業利益5億5100万円(同3.8倍)、経常利益5億4200万円(同3.26倍)、純利益3億300万円(同2.77倍)と大幅増収増益。
 地域別売上高は、日本35億7100万円(同9億3000万円増)、中国31億1800万円(同11億4600万円増)、東南アジア13億8400万円(同2000万円増)、北米1億6900万円(同2200万円増)、欧州・その他9900万円(同1000万円増)と全地域で増収となっている。特に、中国での売上高が拡大している。
 また今後の売上拡大策として、これまでの先進国のユーザー中心から、新興国ボリュームユーザーへ対応し、日系セット顧客中心から、非日系・EMSへの拡販にも注力。
 21日の株価は、202円。今期予想PER5.5倍。今期最終利益は過去最高の5億2000万円を見込む。

>>京写のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:55 | 株式投資ニュース

幸楽苑は増益率が鈍化傾向、株価も現状水準でのもみ合いを継続へ

幸楽苑 幸楽苑<7554>(東1)は、11月1日の安値1101円から12月13日に1215円まで軽快に引き戻してきたが、1200円台はこれまでの地相場の水準。その意味では下げ過ぎからの訂正高の動きの範疇である。

 2011年3月期9月中間決算は営業利益が11億6200万円(前年同期12億9600万円)と減益に見舞われた。景気停滞による生活防衛意識の高まりから消費者の外食機会が減少する一方で、オーバーストアによる競合他社との競争激化などが響いた。今後は既存店活性化へ店舗の運営レベルを向上させる。

 また、自社工場での主要食材の大量生産システムを強化し低価格戦略を継続するとともに、店長教育の強化によるコストコントロール徹底などにより収益性の改善を図る。このため通期の営業利益については26億4000万円(前期24億7700万円)と増益確保を見込んでいる。

 今後とも多店舗化に邁進し収益アップを狙うが、大幅増益を引き継いだ一時の勢いは衰えている。株価指標にも取り立てて魅力のあるものもなく、現状水準を離脱する展開は難しそう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:05 | 株式投資ニュース

【銘柄診断】ソケッツは今期増額、来期連続増益の見方が強い、訂正高を継続へ

■業績躍進の有望企業

銘柄診断 ソケッツ<3634>(東マ)は8月25日の年初来安値1210円をボトムに着実な出直り波動を描いている。2011年3月期中間決算については第1四半期決算時に営業利益を8000万円から1億5000万円に修正、中間決算発表前にそれを2億3000万円(前年同期2億200万円)へ2回にわたり増額した。しかし、通期の営業利益5億2000万円(前期4億7000万円)については一貫して据え置かれてきた。

 同社は、携帯電話で専門検索サービス用のソフトやシステムの開発が主力事業。音楽作品などの情報を整理したデータベースに特徴があり、1つの作品に対して数多くの付随情報を蓄積し、曲調や楽器、声質、奏法など、曖昧なキーワードによる検索も可能にしている。

 また、携帯電話に組み込まれた検索ソフトでは、楽曲などを試聴・購入できるほか、アーティストのプロフィールや楽曲の紹介、コンサートチケットなどの関連情報も取得できるなど、検索履歴を分析して個々の利用者に対する作品の推奨も行っており、専門検索サービスの拡大基調が続いている。それにつれて広告事業も増加する好循環となっており、今期の業績増額、2012年3月期の連続増益確保への期待感が株価に映し出されている。

 今期の業績ベースでは株価はそこそこの水準だが、来期を見据えれば割安感が生まれてくる。出直り波動継続が予想される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 01:00 | 株式投資ニュース
2010年12月21日

【銘柄診断】ダイショーは立会外分売終了で割安修正期待の打診買い入り反発

■単元株式数の引き下げに続く個人株主作り

銘柄診断 ダイショー<2816>(東2)は21日、5円高の610円と変らずを含めて4営業日ぶりに反発し、9月27日につけた年初来高値630円を窺っている。

 12月17日に実施した株式立会外分売(分売価格593円)を嫌って分売価格にタッチする下値確認が続いていたが、中期経営計画で目標にしている東証1部指定替えに向け一歩前進として、今3月期の連続最高純益更新を見直し割安訂正期待の打診買いが入っている。

 立会外分売は、同社株式の流動性の向上と株主数の増加を図るために実施したもので、予定通りに17万7400株を分売し、今年8月の単元株式数の引き下げに続く個人株主作りにつながる。

 一方、同社の今3月期業績も、内食回帰志向を追い風に、相次いで発売した「ぱぱっと逸品シリーズ」などの新製品が売れ行きを伸ばし好調に推移している。

 第2四半期累計業績を7月に上方修正し、通期純利益は、期初予想通りに6億5000万円(前期比3%増)と見込み連続過去最高更新となる。

 株価は、高値近辺でのもみ合いが続いているが、ようやく1株純資産602円をクリアしたばかりであり、PERは9倍台と割安である。高値抜けから一段高が想定される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 23:00 | 株式投資ニュース

【話題株】日油は自己株式取得・終値取引で割安株買いが再燃し急反発

■年初来高値、1株純資産水準が上値ターゲット

話題株 日油<4403>(東1)は21日、25円高の416円まで上げて、終値は16円高の407円と急反発した。20日大引け後に自己株式取得とその具体策として終値取引を発表、歓迎して割安修正買いが再燃している。

 自己株式取得は、経営環境の変化に対応して機動的な資本政策の遂行を可能とするために実施する。上限を500万株(発行済み株式総数の2.58%)、24億円、取得期間を12月21日から来年3月31日までとしている。

 一方、自己株式終値取引は、この具体的な方法としてきょう21日寄り付き前の8時20分から8時45時までの間に前日終値391円で150万株(発行済み株式数の0.78%)を買い付ける。なお同社は、きょう10時30分に123万6000株の取得を終了したことを開示した。

 株価は、8月の年初来安値334円から今3月期第1四半期の好決算、第2四半期(2Q)業績の上方修正などを手掛かりに下値を切り上げ400円台目前となっているが、PERは17倍台、PBRは0.9倍と割り負けている。2Q好決算から業績上ぶれ観測も根強く1月につけた年初来高値422円、1株純資産456円水準が上値ターゲットに浮上する。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:02 | 株式投資ニュース

パナソニックが三洋電機・パナソニック電工の株式交換比率を発表

■三洋電機1株にはパナソニックの株式0.115株

 パナソニック<6752>(東1)は21日の大引け後、2011年4月に完全子会社化するパナソニック電工<6991>(東1)、および三洋電機<6764>(東1)の株式交換比率を発表した。

■TOBに応募しなかった人が対象

 交換比率は、パナソニック電工の株式1株に対しては、パナソニックの株式0.925株を割当交付。また、三洋電機の株式1株に対しては、パナソニックの株式0.115株を割当交付する。パナソニックは7月に両社の完全子会社化を発表し、10月には公開買い付け(TOB)が成立。この株式交換は、TOBに応募しなかった残りの株式に対して実施されるという。

 発表では、パナソニックは、5月7日に中期計画「GT12」を発表し、この数値目標として
平成25年3月期(2013年3月期)での売上高10兆円(10年3月期は約7兆4180億円)、営業利益率5%以上(同2.6%)、ROE10%、フリーキャッシュフロー3年累計8000億円以上、CO2削減貢献量5,000 万トン(平成17年度基準)を確実に実現し、さらなる上積みを目指すとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:59 | 株式投資ニュース

【過去最高・連続更新株】桧家住は業績再上方修正に期末増配加わりストップ高

■内需関連の超割安株買い

注目銘柄 桧家住宅<1413>(名2)は21日、1万5000円高の11万3100円とストップ高して変らずを含めて7営業日続伸し、連日の年初来高値更新となった。

 20日大引け後に今12月期業績の6月に続く再上方修正と期末配当の増配を発表、内需関連の超割安株買いが増勢となっている。

 12月期業績は、6月の増額値より売り上げを16億円、経常利益を8億1000万円、純利益を4億8000万円各引き上げ、純利益は、11億円(前期比88%増)と前期の過去最高を大幅に連続更新する。

 主力の注文住宅事業の売り上げが伸び、不動産事業、断熱材事業も予想を上回り、全事業でのコスト削減を進めたことが要因となった。

 期末配当は、前期実績・期初予想の1750円から2500円に連続増配する。

 株価は、6月の業績増額は限定的な反応にとどまったが、第3四半期業績が黒字転換して着地したことから内需株人気を高めて約6割高の急伸を演じた。PERは、4倍台とさらに割安となり上値追いを支援しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:07 | 株式投資ニュース

新家工は自己株式立会外買付取引も反応は限定的

■反応は限定的

 新家工業<7305>(東1)は、20日大引け後に自己株式立会外買付取引を発表、21日寄り付き前に実施したが、11月29日に年初来高値141円まで買われていただけに、反応は限定的だった。

 自己株式立会外買付取引は、11月10日に発表した自己株式取得(上限160万株、2億円)の一環として実施するもので、きょう21日寄り付き前の8時45分に前日終値136円で27万株(発行済み株式数の0.47%)を買い付ける。

 すでに10日の発表分の自己株式取得は、前日までに120万株、1億6320万円まで進捗しており、これに続く追加取得となる。

 なお同社は、きょう10時5分に同買付取引を終了したことを開示、取得結果は発表通りとなった。

 株価は、自己株式取得とともに明らかにした今3月期通期業績の上方修正も支援材料となって年初来高値まで上ぶれ、130円台央で小動きを続けている。利益確定売り一巡後は、極低位値ごろも株価材料に、PBR0.4倍の下げ過ぎ訂正で再度の底上げ展開も想定される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:57 | 株式投資ニュース

タカラレーベンは来年のマンション予想と同業他社の好調みて高値に急接近

 マンション分譲のタカラレーベン<8897>(東1)は21日、後場一段高となり680円(33円高)まで上げ、終値も677円(30円高)で3日ぶりに反発。年初来の高値690円(12月16日)に急接近の出直りとなった。不動産経済研究所が昨日発表した2011年のマンション市場動向が材料視された。

 同研究所による2011年の首都圏(1都3県)のマンション新規発売戸数は10年見込み(4万3000戸)比16.3%増の5万戸と、2年連続で伸長する見通し、と伝えられた。
 
 また、同業種のフージャースコーポレーション<8907>(東1)が来期に収益計上となる用地の仕入れメドが立ったとして、来期・2012年3月期の売上高を200億円(11年3月期の計画は81億円)、純利益は29.5億円(同16.6億円)の計画を好感して20日日に急騰したことも買い安心感を招いていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:52 | 株式投資ニュース