[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/07)【銘柄診断】セブン&アイHDはグループ内の業績に明暗、スーパーが焦点に
記事一覧 (12/07)【話題株】アドバンテストは米半導体検査装置メーカー買収報道を受け4連騰
記事一覧 (12/07)イハラケミカル工業が10月決算の利益予想を増額、もみ合い脱出か注目−−引け後のリリース
記事一覧 (12/07)グンゼがタッチパネル増産を正式発表、株価は朝方急騰し「材料吟味」へ
記事一覧 (12/07)ナブテスコは高値更新後もみ合い、好需給要因と利益確定売りが綱引き
記事一覧 (12/07)キタムラの月次動向が5ヶ月ぶり増加、株価は年初来の高値に接近中
記事一覧 (12/07)キョーリン製薬が沢井製薬の経営統合案を「お断り」と発表、沢井薬は一時6日続落
記事一覧 (12/07)住友商事は資源への期待で連日高値、目先は「価格分布」から調整予想も
記事一覧 (12/07)大日本スクリーン製造が外資系の相次ぐ積極評価を好感し連日高値
記事一覧 (12/07)【注目銘柄】デジタルアドベンチャーは構造改革に取り組み来期黒字を目指す
記事一覧 (12/07)リンテックがみずほ証券の目標株価引き上げを契機に好業績を見直し高値更新
記事一覧 (12/07)カプコンは「モンハン」好調を好感するが戻り売りの強まる水準との見方
記事一覧 (12/07)伊藤忠商事は鉱山権益への期待が続き連日戻り高値
記事一覧 (12/07)日本マクドナルドは連日の高値、月次売上好調推移と新指数関連思惑が相乗
記事一覧 (12/07)ピジョンは業績下方修正で増益転換率を縮め続急落
記事一覧 (12/07)NECはリチウムイオン電池部品の増産と伝えられたが小動き
記事一覧 (12/07)【銘柄診断】一建設は綱引きしつつ下値を再模索
記事一覧 (12/07)魚力は10月の月次売上げが回復、後半は順調なスタートを切る
記事一覧 (12/07)三ツ星ベルトが連日の高値、好業績の出遅れに加え「逆日歩」で需給妙味も
記事一覧 (12/07)【銘柄診断】住友金属鉱山は金最高値を受け割安資源株買い高まり続伸
2010年12月07日

【銘柄診断】セブン&アイHDはグループ内の業績に明暗、スーパーが焦点に

銘柄診断 セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)は11月1日の1848円から11月2160円まで短期の水準切り上げに動いたが、その後は利食い売りが先行するやや弱い展開に入っている。

 今2月期は営業利益2400億円(前期2266億円)と順調な収益確保が見込まれているが、グループ内では明暗のばらつきが目立ち、業績の本格回復がはっきりと見通せないことで買いの手が上値に伸びないようだ。

 収益好転の原動力になっているのがコンビニエンスストアのセブンイレブン。前期の下期から「近くて便利、食卓応援」を切り口として、女性や高齢者を中心とする買物・家事の省力化ニーズに対応した施策を本格化。こうした施策によって客層や利用方法が広がり、既存店には新たな成長余地が生まれつつある。

 一方、イトーヨーカ堂はキャッシュバックセールに代表される値引き販促、食品の価格訴求戦略などがマイナスに働き、百貨店も過去に経営破たんによるリストラを経験しているため、同業他社と比べコスト削減余地が小さく業績も低迷を抜け出せない。

 株価はこうした事情を汲みながらもみ合い推移が予想されるが、グループの中核であるスーパーの業績動向が今後の株価の方向性を決めることになりそう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 22:02 | 株式投資ニュース

【話題株】アドバンテストは米半導体検査装置メーカー買収報道を受け4連騰

話題株 アドバンテスト<6857>(東1)は7日、116円高の1916円まで上げて4営業日続伸している。現地時間の前日6日夜に同社が、米国の半導体テストメーカーのベリジー社に買収を提案、ベリジー社が提案を受け入れたと観測報道されたことを受け、同社の競争力向上につながるとして買い増勢となっている。

 同社は、同報道についてこの日寄り付き前の8時30分にコメントを発表、「ベリジー社に企業買収について話し合いを申し入れたことは事実だが、まだ買収に関して決定した事実はなく、公表すべきものはない」とした。

 報道では、ベリジー社の株式を1株当たり12.15ドルで買収し、買収額は7億2880万ドル(約600億円)とされた。2009年現在の半導体テスター市場の市場シェアは、第2位のアドバンテストが23%、第3位のベリジー社が22%となっており、買収で市場シェアが第1位の米テラダインの37%を上回り、競争力の強化につながると観測されたことが買い評価につながっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:08 | 株式投資ニュース

イハラケミカル工業が10月決算の利益予想を増額、もみ合い脱出か注目−−引け後のリリース

■海外向け農薬原体など堅調

引け後のリリース、明日の1本 イハラケミカル工業<4989>(東1)は7日の大引け後、集計中の2010年10月通期決算の利益予想を増額修正。営業利益は従来予想の12.0億円を17.98億円(前期実績は8.9億円)とした。

 発表では、売上高は微減額し、230億円から227.6億円(前期実績は約215億円)に修正した。ただ、利益面では、経費低減、海外向け農薬原体などの堅調な推移を主要因に、経常利益は14.0億円から20.2億円(同11.2億円)に増額し、純利益も増額、予想1株利益は19円95銭から28円70銭とした。

 7日の株価は4日続伸となり、終値は255円(3円高)。4日続伸といっても、6月以降はおおむね230円前後から255円前後のゾーンを高下する横ばい相場となっており、直近の上げは、このもみ合いを脱出するかどうかの分かれ目の水準。
 もみ合いを脱出すれば新たな相場に入り、ハネ返された場合は仕切り直しになるとみられる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:28 | 株式投資ニュース

グンゼがタッチパネル増産を正式発表、株価は朝方急騰し「材料吟味」へ

■操業11年3月、来期に期待高まる

 グンゼ<3002>(東1)は7日の大引け直後、タッチパネルの増産に向けて台湾の電子部品大手と合弁会社を設立と発表した。今朝のNHKニュースなどで伝えられ、株価は買い気配で始まったあと347円(25円高)まで急伸し、取引時間中としては5月6日以来の340円台回復となった。終値は329円(7円高)。

 発表では、グンゼのタッチパネルは10インチ前後の中・大型サイズで実績があり、タブレット型端末の引き合いが急増しており、合弁相手のCoretronic 社(本社:台湾新竹市、董事長:Wade Chang)のグループ会社Young Lighting 社は、バックライトの薄型化等の高い技術を有しており、競争力の高い商品の提供が可能と判断した。

 生産規模は、2011年12月までに現在の約10倍である月産60万枚(10インチ換算)まで引き上げる計画。操業予定は2011年3月。今期(11年3月期)の業績に与える影響はないとしたが、来期に期待が高まる。

 株価は7日、ほとんど始値が高値になる「寄り天」(寄り付き天井)商状となった上、朝の材料を夕方に追認する形となったため、いったんは材料を吟味する調整相場に入るとの見方がある。ただ、ひとわたり売り物を消化した後の相場が注目となってくる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:04 | 株式投資ニュース

ナブテスコは高値更新後もみ合い、好需給要因と利益確定売りが綱引き

 ナブテスコ<6268>(東1)は7日、前場寄り付きに9円高の1650円と続伸し連日、年初来高値を更新したが、高値後は利益確定売りが交錯し、終値は16円安の1625円となった。

 同社株は、10月1日からの単元株式数の引き下げや、世界の機関投資家が、運用上のベンチマークとしているMSCI(モルガンスタンレー・インターナショナル)指数の構成銘柄に採用されたこと、さらに信用取組が株不足で逆日歩がつく好需給を直接の買い材料に大きく上昇した。

 これに加えて業績面でも、7月に今3月期業績を上方修正、純利益が、116億円(前期比2.8倍)とV字回復して3期ぶりに過去最高を更新することもフォローの材料となった。

 株価は、MSCI指数構成銘柄採用で一気に1600円台に躍り出たが、PERは18倍台と割り負けており、下値逆張りも一考余地がありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:33 | 株式投資ニュース

キタムラの月次動向が5ヶ月ぶり増加、株価は年初来の高値に接近中

 カメラのキタムラ<2719>(東2)が7日の大引け後、月次売上げ高(11月・単体)を発表。前年同月比6.7%増となり、6月以来、5ヶ月ぶりの増加となった。

 今期に入ってからの月次動向は、期初の4月から6月まで増勢を続けたが、7月から10月までは4カ月連続で減少していた。

 7日の株価終値は小反落となり、終値は501円(3円安)。10月初の440円前後から上げ相場となっており、年初来の高値511円(9月27日)を更新するかどうか期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:06 | 株式投資ニュース

キョーリン製薬が沢井製薬の経営統合案を「お断り」と発表、沢井薬は一時6日続落

 キョーリン製薬ホールディングス<4569>(東1)は7日の大引け後、沢井製薬<4555>(東1)の経営統合提案を「お断りすることを決議」したと発表した。沢井製薬は8月下旬に経営統合の打診を発し、12月2日付けで提案していた。

 キョーリン製薬ホールディングスに対し、沢井製薬は12月2日付けの提案で、11年2月末日までに合意が得られない場合は経営統合の提案を取りやめるとしていた。意外に早く結論が出たとの見方が出ている。沢井製薬はキョーリン製薬ホールディングスの株式を4.8%取得している。

 キョーリン製薬ホールディングスの7日の株価は小反発となり、高値は1426円(25円高)、終値は1406円(5円高)。ただ、日々の高値をみると、統合の提案を受けた翌日の12月3日に急伸して1453円と直近の高値をつけた。

 一方、沢井製薬は6300円(290円安)まで下げて6日続落歩調となり、直近の安値を更新、ただ終値は6660円(70円高)で6日ぶりの反発。値動きだけをみると、提案が安値を誘発する要因になった格好。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:38 | 株式投資ニュース

住友商事は資源への期待で連日高値、目先は「価格分布」から調整予想も

 住友商事<8053>(東1)は朝寄り直後に1188円(17円高)をつけ、3日連続で年初来の高値を更新。終値も1174円(3円高)で5日続伸となった。日本経済新聞の朝刊で米国の資源企業に出資しレアアースを調達と伝えられたことを材料視。これに対し、会社側は、前場の取引時間中にホームページなどで具体的な決定事実はない旨を発表。冷静な相場になった。

 株価は年初来の高値を更新した上、PBRが「1」以下のため割安感があり、一段高を見込む向きが少なくない。ただ、一部には、株価が「ボリンジャーバンド」と呼ばれる価格分布帯の上限に達してきたため、目先的には一服傾向に転じるとみて反落場面を待ち構える動きもあった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:00 | 株式投資ニュース

大日本スクリーン製造が外資系の相次ぐ積極評価を好感し連日高値

 大日本スクリーン製造<7735>(東1)は後場一段高となり577円(14円高)まで上昇。年初来の高値を3日連続で更新し、終値も573円(10円高)で4日続伸となった。ゴールドマン・サックス・グローバル・インベストメント・リサーチが7日付けで目標株価を590円から660円に引き上げたと伝えられたことを材料視。需給妙味を刺激する形となった。

 大日本スクリーン製造の株価判断は、12月2日付けでJPモルガン証券が目標株価を720円から790円に引き上げたと伝えられており、11月29日付けではUBS証券が目標株価を420円から800円に引き上げた。外資系の相次ぐ積極評価が注目された。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:36 | 株式投資ニュース

【注目銘柄】デジタルアドベンチャーは構造改革に取り組み来期黒字を目指す

■変革期待の注目株

注目銘柄 デジタルアドベンチャー<4772>(JQG)は値固めが進行中。4月15日の高値82円からは十分過ぎるほどの休養期間を経過しており、売り飽き気分の台頭が読み取れる。

 同社は各種デジタルコンテンツを携帯電話およびパソコンプロバイダー等の販路を経由してユーザーに提供するデジタルコンテンツ配信事業が主力。また、韓国ドラマ等のコンテンツの権利を取得し商品化・販売も行っている。一部版権の権利金償却が嵩んだことなどから今3月期9月中間決算では営業利益は2億4400万円の損失となり、今3月期通期についても営業利益は1億5000万円の損失計上となる模様だ。

 そうした事態に対応するべく、来期の黒字転換を目指して構造改革に取り組むことが明らかになった。不採算事業からの撤退、組織および人員のスリム化、取締役および監査役全員の報酬の一律20%削減などがその骨子で今期末までにすべてを完了する計画だ。株価はそうした変革への期待を内包しながら、事態の進展をウオッチする流れとなっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:35 | 株式投資ニュース

リンテックがみずほ証券の目標株価引き上げを契機に好業績を見直し高値更新

 リンテック<7966>(東1)が2日続けて年初来の高値を更新。前場2110円(45円高)まで上げ、大引けも2094円(29円高)となり強い勢いを保った。さる11月10日に3月通期の業績予想を増額修正しており、みずほ証券が昨6日付けで投資判断を見直し、「アウトパフォーム」継続のまま、目標株価を2500円から2700円に引き上げたと伝えられたため、あらためて好業績を見直す相場となったようだ。

 リンテックは11月10日に第2四半期決算(4〜9月・上期)を発表し、3月通期の業績予想を増額修正。営業利益は135億円を200億円に、経常利益は130億円を185億円に修正した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:13 | 株式投資ニュース

カプコンは「モンハン」好調を好感するが戻り売りの強まる水準との見方

 カプコン<9697>(東1)は後場一服商状となり、14時を回っては1315円(6円高)をはさんで小動き。朝方はゲームソフト「モンハン」(モンスターハンター)の新作が過去最速のペースで200万本に達したとの6日発表を好感し1338円(29円高)まで上昇したが、戻り売りに押される相場となった。

 カプコンは昨6日、12月1日に発売したゲームソフトの新作「モンスターハンター(モンハン)ポータブル3rd」の国内出荷が200万本に達したと発表。11月2日につけた年初来の安値1145円からの戻り高値を更新した。ただ、株価は9〜10月に1300円前後でもみあい相場を形成しており、この水準に戻ってきたため、戻り売りが活発化しているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 株式投資ニュース

伊藤忠商事は鉱山権益への期待が続き連日戻り高値

 伊藤忠商事<8001>(東1)が戻り高値を更新した後も強調相場。前場822円(8円高)まで上げて2日続けて戻り高値を更新、後場は820円(6円高)前後での推移となっている。

 伊藤忠商事は前週末の3日、オーストラリアの資源大手が炭鉱の権益25%を伊藤忠商事に売却との観測が伝えられて再び動意をみせており、本日は、大手商社の2012年3月期は資源事業の拡大が業績に寄与しそうだと日本経済新聞の朝刊で伝えられ、材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:18 | 株式投資ニュース

日本マクドナルドは連日の高値、月次売上好調推移と新指数関連思惑が相乗

話題株 日本マクドナルドホールディングス<2702>(JQS)は、13円高の2125円と8営業日続伸し、連日の年初来高値更新となっている。11月9日に発表した10月度の全店売上高が、戦略的閉店効果で好調に推移し外食産業の「勝ち組」人気を高めているが、さらにジャスダック市場で新たに導入された新株価指数「JASDAQ−TOP20」関連の需給思惑もオンし買い増勢となっている。

 10月月次売上高は、既存店が前年同月より0.5%減となったが、戦略的閉店で店舗数が10.2%減となったことを勘案すると、1店舗当たり売上高は10.8%増と好調に推移している。「アイコンチキン」シリーズの新商品や約6年ぶりに復活した「マックシェイク バナナ」の投入、さらに朝食メニューのラインアップ充実などの商品戦略を推進したことが要因となった。

 株価は、2000円台出没から新株価指数の構成銘柄選定で好需給思惑を高めて上ぶれ、同指数を対象とする上場型投信の新規上場でさらに騰勢を強めて高値を更新している。投資採算的には割安感は乏しいが、好需給をテコに一段の上値拡大が想定される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:10 | 株式投資ニュース

ピジョンは業績下方修正で増益転換率を縮め続急落

 ピジョン<7956>(東1)は、119円安の2625円と続急落している。前日6日大引け後に今1月期第3四半期(3Q)決算の開示に合せて、1月通期業績の下方修正を発表、純利益が、期初予想の増益転換率や連続過去最高更新の更新幅を縮小することが響いて売り増勢となっている。

 1月期業績は、期初予想より売り上げを32億円、経常利益を10億円、純利益を6億5000万円それぞれ引き下げ、純利益は、28億5000万円(前期比0.3%増)とわずかに前期の過去最高を更新する。急激な円高の影響に加えて、急速に事業拡大が続いた中国で流通体制の整備・再構築を行ったために海外事業の売り上げ伸長率が予想を下回り、ヘルスケア事業で立ち上げた新ブランド「リクープ」の商品認知度や店頭への商品配送が遅れたことなどが重なり下方修正につながった。

 株価は、9月に発表した今期第2四半期累計業績が、期初予想をやや下ぶれ2ケタ減益で着地したことを嫌い窓を開けて650円安し、年初来安値2382円からは中国関連人気や同業他社のコンビの株式公開買い付け(MBO)にツレ高して半値戻し水準までリバウンドした。再度の下値確認が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:32 | 株式投資ニュース

NECはリチウムイオン電池部品の増産と伝えられたが小動き

 NEC<6701>(東1)は前場、朝寄り値の237円(1円高)を高値に235円(1円安)の安値引けとなり小動き。電気自動車向けのリチウムイオン電池部品を増産と日本経済新聞で伝えられ期待されたが、10月以降は240円前後で上値を抑えられる相場となっている。

 電気自動車向けのリチウムイオン電池部品の増産を国内で500億円規模を投じて2012年度末までに行なうと伝えられた。10年7月に量産を始めた相模原事業場(相模原市)の設備を増強。日産自動車<7201>(東1)とNECが共同出資するリチウムイオン電池の生産会社に供給するという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

【銘柄診断】一建設は綱引きしつつ下値を再模索

銘柄診断 一建設<3268>(JQS)は、前日6日大引け後に発表した今1月期第3四半期(3Q)決算が、大幅増益で着地したが、1月通期業績を期初予想の据え置きとしたことに失望感を強めて利益確定売りが先行している。

 同社は、戸建住宅開発・分譲のハウスビルダーでトップの位置にあり、同業他社に業績上方修正が相次いだことから業績期待を高め、さらに新株価指数「JASDAQ−TOP20」関連もオンして上場来安値から700円幅の底上げをしていた。

 3Q業績は、前年同期比3%増収、42%経常増益、33%純益増益となり、1月通期業績対比の利益進捗率も、目安の75%をクリアした。税制優遇や低金利、住宅エコポイント制度などを背景に新設住宅着工戸数の回復が続いており、低価格・高品質の物件供給で戸建分譲戸数が5561棟、マンション分譲戸数が254戸、土地分譲が167区画、請負工事は2013件と続伸したことが要因となった。1月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は131億円(前期比28%増)と6期ぶりの過去最高更新を見込んでいる。

 株価は、昨年12月に公開価格2300円で新規上場され今年2月に上場来高値3880円まで買われたものの、上場来安値2040円まで大きく調整、「JASDAQ−TOP20」の構成銘柄に選定されたことから底上げ、調整幅の3分の1戻しまでリバウンドした。PERは5倍台と割安であり、綱引きしつつ下値を再模索しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

魚力は10月の月次売上げが回復、後半は順調なスタートを切る

■低迷期脱した有望株

魚力ホームページ 魚力<7596>(東2)は業績悪化懸念から10月に入り下離れ相場となり、その後は1000円大台を中心とするもみ合い場面となっている。猛暑による来店客数の減少や鮮度劣化を懸念しての買い控えなどから今3月期9月中間決算は営業利益500万円(前年同期比97%減)と低調を余儀なくされた。

 しかし、月次売上げ状況を見ると、7月に前年同月比95.7%へ大きくダウンし、8月が同95.2%、9月が同95.45%と低迷が続いた後、10月は同99.5%へ急回復してきた。10月に入り気温が低下したことで客足が戻って来たことが歴然としており、今3月期通期の営業利益は5億5000万円(前期比34%減)と後半の盛り返しが見込まれているが、後半戦は予想通りの好スタートを切っている。

 今後の月次売上げの動向をにらみながら次第に業績回復を前向きに評価する相場に転換していくことが予想される。底値もみ合い上離れに期待したい。

>>魚力のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

三ツ星ベルトが連日の高値、好業績の出遅れに加え「逆日歩」で需給妙味も

 三ツ星ベルト<5192>(東1)が続伸となり、10時30分を回り496円(11円高)の現在高。4日続伸で年初来の高値を更新した。今3月期は営業利益2.9倍、1株利益36.1円、配当年12円の見通し。信用売りに逆日歩が発生しており、買い戻しも上げに拍車をかけているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:37 | 株式投資ニュース

【銘柄診断】住友金属鉱山は金最高値を受け割安資源株買い高まり続伸

銘柄診断 住友金属鉱山<5713>(東1)は、前日6日の米国市場で金先物価格(2月物)が、前週末比9.90ドル高の1トロイオンス=1416.10ドルで引け、さらに通常取引終了後の時間外取引では1429.40ドルまで買われ、約1カ月ぶりに史上最高値を更新したことを受けて、業績上ぶれ期待を高めて割安資源株買いが増勢となっている。

 同社の今3月期業績は、8月に第2四半期(2Q)累計業績、11月に3月通期業績を各上方修正、3月通期純利益は、期初予想の670億円が690億円(前期比27%増)に引き上げられた。この通期業績増額の前提となっている第3・第4四半期の金価格は、1トロイオンス=1300ドル(2Q実績1211.1ドル)と想定しているだけに、米国市場での最高値更新が業績再上ぶれ思惑につながっている。

 株価は、8月の2Q業績増額では1455円の戻り高値まで260円高したが、11月の通期業績増額では材料出尽くし感から1295円まで反落した。PERは11倍台と割安であり、リバウンド幅拡大が有力となる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:36 | 株式投資ニュース