[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/18)ブリヂストンは前期の営業益倍増だが今期は16%減を見込む
記事一覧 (02/18)住友金属工業は鉄鋼株が軒並み安いなか「目標株価」好感し唯一高い
記事一覧 (02/18)KNTが14時に発表の前12月期の決算発表を好感し急騰ストップ高
記事一覧 (02/18)東日カーライフグループが急伸!ストックビジネス強化で今期大幅増益へ
記事一覧 (02/18)JVC・ケンウッドはトップ談話が相次ぎ後場も反発幅を拡大
記事一覧 (02/18)花王は業績上ぶれ期待強く信用売りの買い戻しも入って戻り高値
記事一覧 (02/18)クラリオンが好業績とコスモ証券の積極判断をうけ戻り高値
記事一覧 (02/18)日本電信電話は収益環境と割安感がいわれ3日連続の昨年来高値
記事一覧 (02/18)【話題株】シミックは株式分割を歓迎・追撃材料視し高値を窺う
記事一覧 (02/18)UBICは5日連続S高に続き本日も買い気配を切り上げる
記事一覧 (02/18)ヤマトホールディングスはCB発行での自己株取得を好感し戻り高値
記事一覧 (02/18)三菱地所と平和不動産は資本提携に消化難で料銘柄とも軟調
記事一覧 (02/17)イトーキが科学実験機器のダルトンを子会社化し事業拡充−−引け後のリリース
記事一覧 (02/17)【話題株】三菱地所が東証の「大家さん」と提携し筆頭株主に
記事一覧 (02/17)住友精密工業は鉄鋼再編と小型ジェットの思惑で8日連続高値を更新
記事一覧 (02/17)ライオンは中国で練り歯磨き倍増と伝えられ出直り相場を強める
記事一覧 (02/17)富士フイルムはプラザクリエイトのS高を材料に「半値戻し」達成
記事一覧 (02/17)【話題株】ホンダは高値更新!400億円の自社株買い拡大報道を歓迎
記事一覧 (02/17)雪印メグミルクが中国大手の製品回収を思惑材料に後場一段高
記事一覧 (02/17)第一生命は日経平均のジリ高基調が材料になると連日戻り高値
2011年02月18日

ブリヂストンは前期の営業益倍増だが今期は16%減を見込む

■円高と原料高を想定

 ブリヂストン<5108>(東1)が18日の大引け後に発表した2010年12月決算は、売上高が前期比10.2%増の2兆8616.2億円、営業利益は同2.2倍の1664.5億円となった。タイヤ販売本数は日本国内・米州・欧州とも前期を大幅に上回り、戦略商品のUHP(超高性能)タイヤ、ランフラットタイヤなども大幅に上回った。

 11年12月期の予想は、タイヤ販売本数は引き続き国内・米州・欧州とも純増を見込む半面、為替前提を年間で1ドル84円(前期は88円)、1ユーロ110円(同116円)と円高を見込むことなどにより、売上高は3兆1800億円(前期比11.1%増)、営業利益は1400億円(同15.9%減)、純利益は820億円(同17.1%減)とした。1株利益は104円77銭。原料ゴム市況の高騰も圧迫要因になる。

 株価は18日、前場1673円(10円高)まで上げ、後場は1665円(2円高)どまりの鈍重な展開となり、終値は前日比変わらずの1663円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:40 | 株式投資ニュース

住友金属工業は鉄鋼株が軒並み安いなか「目標株価」好感し唯一高い

 鉄鋼大手の住友金属工業<5405>(東1)は18日、反発の相場となり、後場214円(7円高)まで上げて終値は212円(5円高)。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を17日付けで引き上げ、目標株価を200円から270円としたことが材料視された。

 この日は、他の鉄鋼大手が軒並み軟調となり、豪・英系の資源大手BHPビリトンが日本の鉄鋼大手に対し、原料用石炭の価格を4月から月次改定とするよう通告したと伝えられたことが懸念材料となり、新日本製鐵<5401>(東1)は305円(3円安)、ジェイ エフ イー ホールディングス<5411>(東1)は2728円(48円安)、神戸製鋼所<5406>(東1)は234円(2円安)となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:07 | 株式投資ニュース

KNTが14時に発表の前12月期の決算発表を好感し急騰ストップ高

 旅行大手KNT<9726>(東1)が18日の14時に発表した前12月期の決算発表を好感して急騰、いきなりストップ高で東証1部の値上がり率1位に躍り出た。発表前までは88円(2円安)から98円(8円高)の間で推移、発表後はストップ高120円(30円高)まで駆け上がり、終値も120円で高値引け。昨年来の高値103円(10年4月)を一気に更新した。

 KNTの2010年12月決算は、売上高が前期比1.2%増の635.4億円となり、営業利益は黒字に転換し、前期の約33億円の赤字から16.4億円の黒字になった。経常・純利益とも黒字転換。1株純資産は23円74銭。今期の予想は、売上高が653億円(前期比2.8%増)、営業利益が24億円(同46.7%増)、純利益は22億円(同約7倍)、1株利益は23円20銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:38 | 株式投資ニュース

東日カーライフグループが急伸!ストックビジネス強化で今期大幅増益へ

東日カーライフグループ 東日カーライフグループ<8291>(東1)は18日、傘下の東京日産自動車販売などの事業再編の発表を好感し16円高の117円と急伸した。

 2011年第3四半期累計の業績は売上げが492億円と前年同期比横ばいにとどまった。ジャガー車を販売している子会社を昨年9月に譲渡、中核事業会社である東京日産自動車販売の販売もエコカー補助金の終了に伴う需要減及び店舗閉鎖などで販売台数は前年同期比4%減となった。

 グループ全体でコスト削減に取り組み営業利益は2億7500万円の損失(前年同期6億7500万円の損失)と改善した。自動車関連事業では新車販売に引き続き傾注することに加え、車両保有の長期化から車検等の安定的需要が見込まれるストックビジネス(整備事業)を重視した取組みを行っている。

 顧客の車使用期間が長期化する中、サービスメンテナンス、保険、リースなどのストックビジネスでの利益最大化(獲得量の増大と生産性向上)に注力していく。こうした効果などにより今期の営業利益は8億円(前期1億6200万円)の大幅増益を見込んでいる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:36 | 株式投資ニュース

JVC・ケンウッドはトップ談話が相次ぎ後場も反発幅を拡大

 JVC・ケンウッド・ホールディングス<6632>(東1)は後場もジリ高歩調を続け、14時45分にかけて438円(24円高)となり、昨日からみて反発幅を拡大した。同社・川原春郎会長兼社長が今朝の朝日新聞でホールディングス傘下のケンウッド、日本ビクターなど4社を10月にも合併させる方針と伝え、昼過ぎにはロイター通信からいわゆる「継続疑義注記」の解消の見通し談話が伝えられ、注目された。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:56 | 株式投資ニュース

花王は業績上ぶれ期待強く信用売りの買い戻しも入って戻り高値

花王 花王<4452>(東1)が後場もジリ高基調を続け、13時30分にかけて2261円(11円高)となり、戻り高値の更新幅を拡大。信用売り残が買い残の3倍近くに膨れていることもあり、土・日を前に売り建てを手仕舞うための買い戻しが断続的に入っているようだ。

 同社が1月28日に発表した第3四半期決算(4〜12月)は、売上高が前年同期比0.4%増、営業利益は同18.2%増となり順調で、3月通期の予想は変更しなかったものの、上ぶれ観測が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:23 | 株式投資ニュース

クラリオンが好業績とコスモ証券の積極判断をうけ戻り高値

 クラリオン<6796>(東1)は18日の後場も上値を追う相場となり、178円(7円高)と戻り高値の更新幅を拡大。昨年10月の安値109円から段階的な右肩上がり相場を継続する動きを強めた。本日は、コスモ証券が投資判断を「Bプラス」から「A」に引き上げ、目標株価を230円に設定と伝えられた。

 クラリオンは2月1日弐発表した四半期決算で3月通期の予想を増額修正しており、営業利益はそれまでの予想の26.0億円から27.0億円に、純利益は4.0億円から8.0億円に見直した。2011年3月期に向けては、日産自動車<7201>(東1)の車周映像監視システム「アラウンドモニターシステム」の共同展開の期待などが挙げられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース

日本電信電話は収益環境と割安感がいわれ3日連続の昨年来高値

 日本電信電話<9432>(東1)が18日も続伸の相場となり、4085円(45円高)で寄ったあと4115円まで上げて3日連続の昨年来高値更新となった。通信セクターの銘柄に出遅れ感があるとの見方で、PBRは0.7倍前後。15日にはSMBCフレンド証券が「強気」の判断を出している。

 日本電信電話が2月4日に発表した第3四半期決算(4〜12月・米国会計基準)による1株当たり株主資本は6083円26銭(前年同期比3.4%増)。株価は、この8掛けの水準程度にみても4900円近くになるため、評価不足との見方が出ていた。スマートフォン普及を受けてデータ通信量の急増が予想されるなど、収益環境は悪くないという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:22 | 株式投資ニュース

【話題株】シミックは株式分割を歓迎・追撃材料視し高値を窺う

話題株 シミック<2309>(東1)は、1760円高の2万8590円と急反発し、昨年4月につけた昨年来高値2万8340円を窺っている。前日17日大引け後に発表した株式分割を歓迎して分割権利取りの買い物が集まっており、今年2月7日に発表した今9月期第1四半期(1Q)の好決算に次ぐ追撃材料視されている。

 株式分割は、全国証券取引所が進めている「売買単位の集約行動計画」に沿い、単元株式数を100株に変更することを第一の目的としており、合わせて投資しやすい環境を整え投資家層の拡大と株式の流動性の向上を図る。3月31日割り当てで1株を20株に分割する。

 株価は、今期1Q業績が、前年同期比46%増収、91%経常増益、84%純益増益と大幅続伸し、利益が、すでに期初予想の第2四半期累計業績を100%以上超える高利益進捗率を示したことを評価して窓を開けて4000円高したばかりである。分割権利取りが高まるなかで、PER13倍台の割安修正も続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

UBICは5日連続S高に続き本日も買い気配を切り上げる

 「電子証拠」のUBIC(ユービック)<2158>(東マ)は18日も買い気配を切り上げる相場となり、5330円(100円高)の買い気配で始まったあと、10時15分にかけては6830円(1600円高)の買い気配。2月10日の昼に業績予想の大幅増額を発表し、この日から昨日まで5日連続ストップ高。本日のストップ高は7230円(2000円高)となっている。

 同社の今3月期の業績予想は、売上高を前回予想から9億3000万円上回る22億円(前期比2.32倍)に増額し、営業利益は6億400万円上回る6億9000万円(前期は赤字1億8800万円)、予想1株利益は920円86銭とした。IT情報機器の電子データ解析(フォレンジック)を通じ、法的な証拠保全サービスなどが拡大。

>>UBICのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:17 | 株式投資ニュース

ヤマトホールディングスはCB発行での自己株取得を好感し戻り高値

 宅急便のヤマトホールディングス<9064>(東1)は18日、買い気配の始まりとなり、1370円(55円高)で寄ったあと1395円(80円高)まで上げて3日連続の戻り高値更新。昨日発表した自己株の取得と海外での200億円規模の資金調達が好感された。

 自己株の取得は、上限株数が2400万株(保有自己株を除く発行済み株式数の5.29%)、実施期間は2月18日から12年2月17日まで。この取得に要する資金は、米国を除く海外で200億円規模の転換社債型新株予約権付社債(CB)を発行して調達。転換価格が1850円のため、これを意識した先高感もあるようだ。自己株の取得を通じた株式価値の向上や財務強化のための社債発行は、いわゆる「リキャップ社債」と呼ばれている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

三菱地所と平和不動産は資本提携に消化難で料銘柄とも軟調

 三菱地所<8802>(東1)は18日、小反落の始まりとなり、1702円(17円安)で寄ったあと1693円をつける場面があった。昨日、東証などの「大家さん」である平和不動産<8803>(東1)との資本提携を発表し、筆頭株主になる見通し。やや消化難のスタートとなった。平和不動産も248円(16円安)の売り気配で始まった。

 三菱地所と平和不動産は17日の大引け後、業務資本提携を発表。平和不が2000万株の第三者割当増資を行い、三菱地所が引き受けて、平和不動産株の10.71%を取得し、筆頭株主になる見通し。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース
2011年02月17日

イトーキが科学実験機器のダルトンを子会社化し事業拡充−−引け後のリリース

■株価は1株純資産の3分の1以下

引け後のリリース、明日の1本 オフィス設備の大手イトーキ<7972>(東1)は17日の大引け後、科学研究機器・実験設備の大手ダルトン<7432>(JQS)に対する出資比率を現在の34.44%から51.07%に引き上げると発表した。持分適用会社から子会社になる。両社は2010年3月に資本提携していた。

■今期は営業利益も黒字転換を見込む

 イトーキは、同時に2010年12月期の本決算と中期計画のローリングも発表。前12月期は売上高が832.5億円(前期比4.8%増)となり、営業利益は赤字が大きく縮小し、前期の53.3億円の赤字から4.8億円の赤字、純利益は黒字転換し、前期の82.7億円の赤字から1.9億円の黒字となった。1株利益は3円70銭、1株純資産は707円70銭。

 今期・2011年12月期は営業利益4.0億円と黒字転換を見込み、純利益は7.4%増の2.0億円、1株利益は3円84銭を見込む。

 イトーキの株価は、17日は小動き横ばいで、終値は224円(前日比変わらず)。1株純資産からみると3分の1以下(PBR0.32倍)で、割り負け感が大きい。1月に戻り高値239円をつけたあとは205円前後から230円前後でもみあっており、戻りを試す可能性が出てきた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:16 | 株式投資ニュース

【話題株】三菱地所が東証の「大家さん」と提携し筆頭株主に

■兜町周辺の再開発構想など推進の見込み

話題株 三菱地所<8802>(東1)は17日の大引け後、第3四半期決算とともに平和不動産<8803>(東1)との資本業務提携を発表した。株価は好決算への期待先行型となり、後場1728円(33円高)まで上げ、昨年来の高値1723円(10年4月)を更新、終値は1719円(24円高)。提携という想定外の材料が飛び出したため、連日の高値更新に発展するかどうか注目が集まっている。

 三菱地所と平和不動産は17日の大引け後、業務資本提携を発表。平和不動産が2000万株の第三者割当増資を行い、三菱地所が引き受けて、平和不動産株の10.71%を取得し、筆頭株主になる見通し。

 平和不動産は東京証券取引所をはじめ名古屋・大阪の取引所の「地主」「大家さん」で、両社は、東証周辺の日本橋兜町(東京・中央区)の再開発構想などを共同推進する見通し。平和不動産の株価は17日、小反発となり、終値は264円(1円高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:39 | 株式投資ニュース

住友精密工業は鉄鋼再編と小型ジェットの思惑で8日連続高値を更新

 住友精密工業<6355>(東1)は17日、前後場とも次第高の相場となり、後場606円(35円高)まで上げてを8日連続で更新、終値も604円(33円高)となり、07年8月以来の600円台回復となった。業績好調で国産小型ジェット機関連の期待があるほか、住友金属工業<5405>(東1)グループの有力企業として、新日本製鐵<5401>(東1)との経営統合に関連する期待と思惑が高まったという。

 同社は航空機関連の有力メーカーで、三菱重工業<7011>(東1)グループの三菱航空機が生産を開始した国産小型ジェット機「MRJ」に加えて、ホンダ<7267>(東1)が米国で「ホンダジェット」の事業化を進めていることが期待材料になっているようだ。また、本日は、電子部品などの超微細加工に用いるMEMS(微小電子機械システム)製造装置がスマートフォン関連になるとの見方も出ていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:29 | 株式投資ニュース

ライオンは中国で練り歯磨き倍増と伝えられ出直り相場を強める

 ライオン<4912>(東1)は17日、前後場ともジリ高の相場となり、後場450円(6円高)まで上げて出直り相場での高値を更新。終値も449円(5円高)で2日続伸となった。中国で練り歯磨きの生産能力を倍増と今朝の日本経済新聞で伝えられたことが材料視された。

 練り歯磨きの生産力倍増は、同社の中国拠点「獅王日用化工(青島)公司」で実施し、この積極展開をあわせて、海外売上高比率を2015年12月期には30%と現行のほぼ2倍に引き上げたい考えと伝えられた。

 3月通期の業績予想は、2月10日に発表した第3四半期決算で特段変更はなく、売上高が3400億円(前期比2.7%増)、営業利益は110億円(同4.8%増)、1株利益は24円21銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:01 | 株式投資ニュース

富士フイルムはプラザクリエイトのS高を材料に「半値戻し」達成

 富士フイルムホールディングス<4901>(東1)は17日、後場寄り後に一段上値を追う相場となり、一時3025円(77円高)まで上げ、2月3日以来の3000円台回復となった。本日ストップ高急騰のプラザクリエイト<7502>(JQS)の株式を75万株(12.2%)保有しているため、材料視されたという。プラザクリエイトは昨日、自己株の消却と株主優待の新設を発表したことが好感された。

 富士フイルムHLDの株価は、1月27日に3125円の戻り高値をつけたあと調整相場となり、2月15日の2887円を安値に出直り相場となっている。本日は、下げ幅の半値戻しを達成し、目先的な戻り一服感が出る可能性はあるものの、半値戻しを達成したため調整局面は終了との見方が出ていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:19 | 株式投資ニュース

【話題株】ホンダは高値更新!400億円の自社株買い拡大報道を歓迎

★割安修正買いが再燃

話題株 ホンダ<7267>(東1)は、90円高の3745円まで上げて急反発し、今年2月15日につけた昨年来高値3705円を更新している。

 きょう17日付けの日本経済新聞で、同社が、400億円規模の追加的な自社株買いを実施すると観測報道されたことを歓迎して割安修正買いが再燃している。

 同社は、昨年8月に2回にわたり合計約880万株の自社株式立会外買付取引(買付価格2818円、2853円)を実施し、第3四半期・期末配当の増配をするなど年間配当を54円(前期実績38円)に増配するが、報道では、これを合わせた今期の総配当性向は23%と同社がメドとする3割を下回るため、自社株買いを拡大する可能性があるとされた。

 株価は、今年1月31日に発表した今3月期業績の3回目の上方修正をテコに年初来高値を更新、業界トップのトヨタ自動車<7203>(東1)の株価を上回った。その後、同様に今期業績を再々増額したトヨタの株価に逆転を許したが、株価レースが再度、熾烈化の公算が高まる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:17 | 株式投資ニュース

雪印メグミルクが中国大手の製品回収を思惑材料に後場一段高

 雪印メグミルク<2270>(東1)は17日の後場一段高となり、14時にかけて1492円(17円高)と本日の高値、中国の乳児用粉ミルク大手・澳優乳業の株価が香港市場で大幅に下げ、理由が製品回収と伝えられて「日本製品」への需要シフト期待が高まったという。もっとも森永乳業<2264>(東1)は反応薄。

 後場寄り後まもなく、澳優乳業の株価下落とともに、中国の国家品質監督検査委員会が同社の7つの商品の回収を要請していたことが明らかになったと伝えられた。雪印メグミルクの今3月期の業績予想は、売上高が5100億円(前期比29.6%増)、営業利益が155億円(同21.9%増)、1株利益が147円36銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:12 | 株式投資ニュース

第一生命は日経平均のジリ高基調が材料になると連日戻り高値

 第一生命保険<8750>(東1)は17日後場も堅調さを保ち、15万38000円(300円高)で始まったあと15万4200円前後で推移。前場の高値15万4800円には届かないものの、5日続伸歩調となって戻り高値を更新する相場となっている。

 第一生命保険の運用資産のうち、国内株式は、日経平均が1000円変動すると約2400億円変動すると2月10日の第3四半期決算で示されているため、本日の日経平均が4日続伸歩調で1万800円台に乗っていること自体が株高材料となっている。

 第3四半期の連結決算(4〜12月)は、経常収益が前年同期比15.3%減の3兆4016.5億円、経常利益が同19.9%減の1062.5億円となった。有価証券評価損を691億円計上し、運用損益の悪化が影響。ただ、「第一生命」本体の新契約高は前年同期比で13.9%増加し、解約失効高は同25.0%減少となり、中核事業は好調に推移した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:12 | 株式投資ニュース