[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/13)キユーピーは前期決算好調だが今期の予想慎重で小反落
記事一覧 (01/13)さくらインターネットは石狩センター展開で新たな成長期を迎える
記事一覧 (01/12)ABCマートは3連騰!3Q続伸業績に期末の記念増配がオン
記事一覧 (01/12)コスモス薬品は期末配当の増額を発表するが先取り高みられ目先は要注目−−引け後のリリース
記事一覧 (01/12)リンガーハットは2月期の予想を増額するがPER30倍超え連騰を警戒も
記事一覧 (01/12)エヌ・ピー・シーは四半期赤字を想定内と急伸し約3週間ぶり1750円台
記事一覧 (01/12)スズキはインドの鉱工業生産指数を受けて自動車販売の鈍化を懸念
記事一覧 (01/12)住友不動産が海外勢の買いの観測を交えて昨年来の高値を更新
記事一覧 (01/12)千代田インテグレは第1四半期決算が好調で値上がり率6位の戻り高値
記事一覧 (01/12)東芝がインドの財閥系発電所から蒸気タービン発電設備を受注
記事一覧 (01/12)ガリバーは3Qの高利益進捗率業績をテコに割安修正続き3連騰
記事一覧 (01/12)三井松島は子会社の豪資源探査会社出資が低位株思惑を刺激し急続伸
記事一覧 (01/12)新和内航海運は増額期待で基調強い、株価は割安訂正高余力大きい
記事一覧 (01/12)アドバンスト・メディアが音声認識技術で出直りを強め5万円台
記事一覧 (01/12)オリンピックは大幅増益見込むが当面決算発表までは材料難
記事一覧 (01/12)第一生命保険が公開月ぶりに回価格14万円を約7カ月ぶりに回復
記事一覧 (01/12)サイゼリヤは1Q伸び悩み業績が響き利益確定売りで急反落
記事一覧 (01/12)宇部興産が業績上ぶれ観測を好感し戻り高値を更新
記事一覧 (01/12)エービーシー・マートは好決算と記念配当を好感し戻り高値を更新
記事一覧 (01/12)ピックルスコーポレーション 約5ヶ月振りに360円台を回復
2011年01月13日

キユーピーは前期決算好調だが今期の予想慎重で小反落

 キユーピー<2809>(東1)は13日、小幅続落の始まりとなり、1044円(4円高)で寄ったあと1022円(18円安)前後での推移となった。昨日発表した2010年11月期の決算は、純利益が8期ぶりに最高を更新したものの、今期の予想を微増程度としたことが敬遠されている。

 売上高が4710億円(前期比4.2%増)、営業利益が221.2億円(同24.7%増)。純利益は前の期比18%増の106.1億円(同17.5%増)。

 今11月期の業績予想は、売上高を4820億円(前期比2.3%増)、営業利益を224.0億円(同1.3%増)、純利益を108.0億円(同1.8%増)とし、1株利益は71円20銭とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:28 | 株式投資ニュース

さくらインターネットは石狩センター展開で新たな成長期を迎える

■成長路線邁進する有望銘柄

さくらインターネットホームページ さくらインターネット<3778>(東マ)が出直り機運を強め、昨年4月26日の高値20万2000円挑戦へ向けての勢いを見せている。

 社会的にインターネットを使用する機会が増え、同社のサーバとラックを貸し出すホスティング事業が順調に伸びている。このため、2011年3月期の営業利益は当初見通しの9億円を上回る10億5000万円(前期7億4800万円)へ増額修正されるなど業績は好調だ。

 同社の株価に対する期待感を強めているのが2011年秋の竣工を目指し現在建設中の北海道の石狩データセンター。インターネット利用の拡大を受け、データセンター市場の成長は今後も景気動向に左右されることなく継続する見通しにある。

 そうしたことを背景に北海道石狩市に東京ドームの約1.1倍に当たる広大な敷地を取得し、ホスティングサービスに特化した郊外型データセンターを展開する。サーバを搭載する棚であるラック数は現在約2000台だが、石狩データセンターの完成後は新たに4000台のラック数を確保できることになる。従来の都市型データセンターに比べコストは半分以下になるだけに、先での収益寄与はかなりのものになりそう。

>>さくらインターネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:26 | 株式投資ニュース
2011年01月12日

ABCマートは3連騰!3Q続伸業績に期末の記念増配がオン

■通期業績に対する利益進捗率は、ほぼクリア

エービーシー・マート エービーシー・マート<2670>(東1)は12日、100円高の3075円と3営業日続伸した。11日大引け後に今2月期第3四半期(3Q)決算と期末の記念増配を発表、3Q業績が増収増益と続伸したことから売り方の買い戻しが先行し下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。

 3Q業績は、12%増収、3%経常増益、34%純益増益と伸び、昨年10月に修正した2月通期業績に対する利益進捗率は、各73%、77%と目安の75%をほぼクリアした。

 新規出店を国内79店舗、韓国13店舗と積極継続して新規顧客の獲得に注力し、商品面でも低価格志向、節約志向が続くなかで、商品バリエーションや価格設定に幅を持たせ、スポーツシューズやビジネスシューズなどが堅調に推移したことが要因となっており、純利益は、投資有価証券売却益が上乗せとなり増益率を拡大した。

 2月通期業績は10月の修正値に変更はなく、純利益は175億2000万円(前期比21%増)と連続の過去最高更新を見込んでいる。配当は、期末に上場10周年の記念配当10円を上乗せして年間48円(前期実績35円)に増配する。

 株価は、10月の業績修正で上ぶれたものの、経常利益が下方修正、純利益が上方修正と増減マチマチとなったことで強弱感が対立、2900円台を出没し信用取組が売り長で逆日歩がつく好需給となっている。PER13倍台の下げ過ぎ訂正が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 23:07 | 株式投資ニュース

コスモス薬品は期末配当の増額を発表するが先取り高みられ目先は要注目−−引け後のリリース

■5月期末配当を23円から35円に

引け後のリリース、明日の1本 コスモス薬品<3349>(東1)は12日の大引け後、第2四半期決算(6〜11月)と5月期末配当の増配を発表。5月通期の業績予想は純利益が前期比11.5%減などの減益予想だが、安定配当の継続と株主の支援・期待に応えるためとした。

 5月期末の配当は、これまでの見込みの23.0円から35.0円に増額(前期実績は23円ちょうど)。中間配当や四半期配当は実施していない。

■通期の予想は減益を据え置く

 第2四半期決算は、「安くて、近くて、便利なドラッグストア」の推進に加えて季節商材を中心に堅調な推移となり、売上高は前年同期比13.5%増の1155.2億円、営業利益は同11.0%増の49.4億円となった。

 5月通期の予想は変えず、売上高は前期比9.5%増の2250億円、営業利益は同1.8%減の76.0億円、純利益は同11.5%減の41.7億円。1株利益は210円61銭。営業利益は上期で通期予想の65%を確保したことになり、単純に見れば好調といえる。

 株価は昨年7月から6カ月以上の右肩上がり相場。12日は一時3465円(190円高)まで上げ、2日連続で昨年来高値を更新し、終値は3235円(40円安)で小反落。
通期の減益予想は以前からのため織り込んでいるとみられるが、12日に伸び切れない相場となったため、増配によってこの高値を更新できるかどうかが焦点になりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:29 | 株式投資ニュース

リンガーハットは2月期の予想を増額するがPER30倍超え連騰を警戒も

■「国産野菜」と「増量」戦略で業績は好調

リンガーハット 長崎ちゃんぽんチェーンのリンガーハット<8200>(東1)は12日の大引け後に第3四半期決算(3〜11月)を発表、11年2月通期の業績予想を増額修正した。

 増額修正は、ちゃんぽん全店で10月に開始した野菜の国産化、および同時に開始した新商品「野菜たっぷりちゃんぽん」が好評で、売上高の予想を従来の338億円から339億円に増額し、営業利益は販売管理費などの抑制に努めた結果、12.9億円を15.2億円に増額。予想1株利益は34円26銭を34円75銭とした。

 予想1株利益の伸びが微増にとどまる主因は、15店舗の閉店にともなう店舗閉鎖損失引当金繰入額が特別損失として発生・計上するため。

 12日の株価は6日続伸となり、戻り高値を6日連続で更新。終値は1077円(11円高)。PERは30倍を超え、PBRも2.3倍前後で市場平均を上回る。目先は連騰による過熱感を警戒する向きもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:46 | 株式投資ニュース

エヌ・ピー・シーは四半期赤字を想定内と急伸し約3週間ぶり1750円台

 太陽電池製造装置の大手エヌ・ピー・シー<6255>(東マ)は12日、前場に1763円(82円高)まで上げて急伸の出直り相場となり、大引けも1752円(71円高)。終値としては12月7日以来の1750円台回復となった。昨日発表した第1四半期決算(9〜11月)を好感。

 エヌ・ピー・シーの第1四半期決算は、売上高が前年同期比4.0%減の41.5億円、営業損益は4.6億円の赤字(前年同期は9.5億円の黒字)となった。ただ、これはドイツ企業の買収などによるものでほぼ予想の範囲との受け止め方があり、受注額が61億円を超える高水準となった点が評価された。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:34 | 株式投資ニュース

スズキはインドの鉱工業生産指数を受けて自動車販売の鈍化を懸念

 スズキ<7269>(東1)は12日、後場に入って下押す相場となり2087円(34円安)まで下げ、終値も2092円(29円安)となり2日続落。インドの11月の鉱工業生産指数が予想を下回ったと伝えられたことが売り要因となったようだ。2取引日前の7日に戻り高値を更新し2142円をつけていた。

 本日午後、インドの2010年11月の鉱工業生産指数が前年同月比2.7%上昇となり、ダウ・ジョーンズ通信がまとめた市場予想の平均(6.0%上昇)を大幅に下回ったと伝えられた。これを受けて、同国で快調な自動車販売に対する鈍化懸念が広がったという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:21 | 株式投資ニュース

住友不動産が海外勢の買いの観測を交えて昨年来の高値を更新

 住友不動産<8830>(東1)は12日、後場一段上値を追う相場となり、2069円(96円高)まで上昇し、12月22日につけた昨年来の高値2001円を更新した。本日は大手不動産株が全般に高く、一部では、RIET(不動産投信)の日銀買い入れ本格化などをにらんだ海外投資家の買いとの見方が出ていた。09年の高値は8月の2165円。

 本日の業種別の株価指数では「不動産」の値上がり率が2.9%高で33業種の中で1位。構成銘柄の中で住友不動産は4.2%高で2位となった。1位は飯田産業<8880>(東1)の6.9%高。

 内閣府が14時に発表した12月の景気ウオッチャー調査で、街角の景気実感を示す現状判断指数が2カ月連続で改善したことを材料視する動きもあったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:10 | 株式投資ニュース

千代田インテグレは第1四半期決算が好調で値上がり率6位の戻り高値

 千代田インテグレ<6915>(東1)は12日、前場1350円(121円高)まで上げて2取引日ぶりに戻り高値を更新し、後場も1330円前後で強調相場となり、終値は1332円(103円高)。値上がり率8.4%で東証1部の6位となった。昨日発表した第1四半期決算(9〜11月)を好感。

 第1四半期決算は、営業利益が7.1億円(前年同期比92.0%増)、経常利益が5.6億円(同2.7倍)となり、今8月期に向けて拡大を期待させる内容となった。通期の予想は据え置き、営業利益は16.0億円(前期比20.2%増)のままとしたが、市場には、早くも上ブレ期待が出ていた。株価はPBR0.8倍前後で割安感。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:19 | 株式投資ニュース

東芝がインドの財閥系発電所から蒸気タービン発電設備を受注

 東芝<6502>(東1)は12日午後、インドのサラヤ超臨界石炭火力発電所の蒸気タービン発電設備を受注したと発表。ただ、株価は朝方493円(13円高)まで上げて2日連続で戻り高値を更新したこともあり、483円(3円高)前後で推移し、反応は今ひとつとなっている。

 同社は12日、インドの大手財閥エッサールグループから、エッサール電力グジャラート社(グジャラート州)のサラヤ第2期超臨界石炭火力発電所向け蒸気タービン発電設備を受注したと発表した。

 受注した発電設備は、発電効率が高く環境負荷の低減にもつながる超臨界圧方式の660メガワット蒸気タービン発電設備2基で、2012年に順次納入し、13年に運転を開始する予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:49 | 株式投資ニュース

ガリバーは3Qの高利益進捗率業績をテコに割安修正続き3連騰

ガリバーインターナショナル ガリバーインターナショナル<7599>(東1)は、85円高の4035円まで上げて3営業日続伸している。前日11日大引け後に今2月期第3四半期(3Q)決算を発表、純利益がV字回復し、昨年9月に上方修正した通期年間利益を上回ったことを手掛かりに割安修正買いが増勢となっている。

 3Q業績は、前年同期比6%減収、11%経常減益、71%純益増益と増減マチマチの着地となったが、2月通期業績対比の利益進捗率は、経常利益が99%、純利益は4億7500万円上回る110%となった。

 中古車販売事業の取扱台数が減少し、利益率の高い一般消費者向けの中古車の小売台数が、エコカー補助制度の影響が残って減少したことが減収・経常減益要因となっており、純利益は、子会社株式売却で発生した特別利益や過年度計上の子会社引当金が税務上の損失と認識され法人税額が減少したことなどが寄与して連続増益となった。

 2月通期業績は、昨年9月の上方修正値に変更はなく、純利益は47億円(前期は3億4800万円の黒字)とV字回復を見込んでいる。

 株価は、昨年9月の業績増額で4715円の戻り高値まで500円高したが、10月に発表した自己株式売り出し(売り出し価格4082円)を嫌って窓を開けて3580円まで急落、3分の1戻しをクリアした。PERでは7倍台と下げ過ぎを示唆しており、売り出し価格奪回から次ぎは半値戻しの4147円を目指そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:38 | 株式投資ニュース

三井松島は子会社の豪資源探査会社出資が低位株思惑を刺激し急続伸

■有望な石炭資源発掘と権益確保を目的

 三井松島産業<1518>(東1)は、8円高の191円まで上げて急続伸している。前日11日大引け後に同社子会社の三井松島インターナショナルが、豪州、ニュージーランドでの有望な石炭資源発掘と権益確保を目的に、豪州SRH社(豪州クイーンズランド州)が設立したSEPL社と石炭資源の探査事業を展開することで基本合意したと発表、低位値ごろの資源株思惑が再燃し買い増勢となっている。

 子会社の探査会社出資は、原料炭・一般炭の需給が、中国、インドなどの新興国の需要拡大を背景に底堅く推移し、操業中の石炭鉱山権益取得の競争が激化しており、有望案件に探査の初期段階から参加することが効率的・経済的な発掘につながるとして合意したもので、SEPL社株式15%の取得と探査事業費用として総額約10億円の投下を予定している。

 同社は、すでに別の連結子会社の三井松下オーストラリアが、豪州ニュー・サウス・ウェールズ州のリデル炭鉱に32.5%の権益を保有し、日本向けに供給しているが、これに続く探査事業への参画となる。

 株価は、石炭権益取得に向けて2009年12月払い込みで実施した新株式発行(発行価格140円)を嫌って128円まで突っ込み、昨年8月の昨年来安値118円からは今3月期業績の上方修正で底上げ、ここにきて豪州の大洪水による石炭供給ひっ迫思惑で上値を伸ばした。PERは6倍台と割安で、低位値ごろもサポート材料にリバウンド幅拡大が見込まれる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:28 | 株式投資ニュース

新和内航海運は増額期待で基調強い、株価は割安訂正高余力大きい

■中期上昇波動に乗る妙味株

新和内航海運株式会社 新和内航海運<9180>(JQS)は、10円高の350円と昨年来高値を更新している。中勢波動では2009年9月30日の安値200円を起点にロングランの上昇トレンドを描いている。この水準に達してもなおPERは9倍台に過ぎないし、PBRにいたっては0.8倍台という低さだ。

 主要荷主である鉄鋼メーカーの粗鋼生産量回復で鋼材輸送が順調に推移しているほか、電力関連貨物の石炭灰等も昨夏の猛暑の影響による各発電所のフル稼働を受け売上げを伸ばした。このため2011年3月期の営業利益は8億8000万円から9億3000万円(6億8200万円)に増額修正されている。

 一方、港湾運送事業では原子力発電所の本格着工による骨材需要が伸びているが、風力発電機器の輸送や原子燃料の輸送なども手掛けており、環境関連分野での今後の展開に対する期待も株価に織り込まれている。出遅れ訂正高の波動はなお継続の可能性が強いと思われる。

>>新和内航海運のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:23 | 株式投資ニュース

アドバンスト・メディアが音声認識技術で出直りを強め5万円台

 アドバンスト・メディア<3773>(東マ)が後場5万3900円(1700円高)まで上げて出直りを強めている。音声認識技術「AmiVoice」が昨年末にニチイ学館<9792>(東1)のeラーニング「なりきりビジネス英会話」に採用されたことが引き続き材料視されている。

 株価は11月につけた658円を安値に戻り相場となっており、1月7日に戻り高値747円をつけたばかり。今3月期は赤字縮小の見込みで、5万円台を固めた後の再騰相場が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:19 | 株式投資ニュース

オリンピックは大幅増益見込むが当面決算発表までは材料難

オリンピック オリンピック<8289>(東1)は小売業界全般の低調な動きを映し、調整色の強い動きとなっている。同社は食品、日用雑貨、スポーツ・レジャー用品など取り扱う大型店舗のハイパーマーケットを中心に、食品以外の生活・レジャー関連商品を取り扱うハイパーストア、食品を中心とするスーパーマーケット、DIY・ガーデニング用品等を扱うホームセンターの4業態を展開する。それも関東1都3県に集中出店するドミナント政策を堅持している。

 そして、時代の変化に合わせた「戦略的スクラップ&ビルド」をスピーディに展開している。不採算店閉鎖や人件費圧縮などで2012年2月期は営業利益11億円(前期3億900万円)と大幅増益が見込まれている。

 それにも関わらず株価の動きは鈍いが、これは9〜11月期の第3四半期の月次売上げが前年同期を下回る状況で推移、コスト低下による増益基調が来期も引き継ぐことが出来るか流動的なため。当面決算発表までは材料難で、株価も大きな動きは期待薄と思われる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:49 | 株式投資ニュース

第一生命保険が公開月ぶりに回価格14万円を約7カ月ぶりに回復

 第一生命保険<8750>(東1)は12日、13万9400円(100円安)で寄ったあと切り返し14万800円(1300円高)をつけ、昨年4月1日上場時の公開価格14万円を昨年6月7日以来約7カ月ぶりに回復した。

 株価水準の底上げが注目されている。昨年11月の中間決算発表時には、「参考データ」として、資産運用における日経平均株価や債券の利回り変動による影響度を、国内株式は日経平均1000円の変動で2700億円の増減が発生し、含み損益がゼロになる水準は10年9月末で8500円とした。2010年3月期はこれが8700円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:22 | 株式投資ニュース

サイゼリヤは1Q伸び悩み業績が響き利益確定売りで急反落

サイゼリヤ イタリア料理店を直営で展開するサイゼリヤ<7581>(東1)は、64円安の1622円まで下げて4営業日ぶりに急反落している。前日11日大引け後に今8月期第1四半期(1Q)決算を発表、減収・2ケタ減益と伸び悩んだことが響き利益確定売りが先行している。

 1Q業績は、前年同期比0.9%減収、27%経常減益、53%純益減益となり、期初予想の第2四半期(2Q)累計業績に対する利益進捗率は、目安の50%と下回る46ー40%にとどまった。前年同期業績を大きく押し上げたテレビの放映効果による集客増が一巡し、1Qから「資産除去債務に関する会計基準」を適用したことが低利益進捗業績につながった。

 2Q・2月通期業績は期初予想に変更はなく、通期純利益は、72億円(前期比8%減)と減益転換を見込んでいる。株価は、今期予想業績が市場コンセンサスを下回ったことで昨年来安値1480円まで下ぶれ、下げ過ぎ訂正で200円幅のリバウンドをした。再度の下値確認が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:49 | 株式投資ニュース

宇部興産が業績上ぶれ観測を好感し戻り高値を更新

 宇部興産<4208>(東1)が12日は急反発となり259円(17円高)まで上げた後も256円前後で強調相場。今3月期の営業利益が前期比約4割増の400億円弱になる可能性が高いと今朝の日本経済新聞で伝えられたことが材料視され、昨年4月につけた戻り高値256円を更新した。昨年来の高値は同1月につけた268円。

 報道では、自動車タイヤや合成繊維に使うナイロン原料の価格上昇が追い風となり、今3月期の営業利益は従来見通しの360億円を上回り前期比約4割増の400億円弱になる可能性が高いと伝えられた。

 会社側が四半期決算で公表済みの業績予想は、営業利益360億円、予想1株利益は16円91銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:48 | 株式投資ニュース

エービーシー・マートは好決算と記念配当を好感し戻り高値を更新

エービーシー・マート エービーシー・マート<2670>(東1)は12日、続伸となり、3020円(45円高)で寄ったあと3110円をつけて12月16日の戻り高値3030円を更新した。昨日発表した第3四半期決算(3〜11月)が好調で、今2期末に上場10周年の記念配当を発表したことも好感されている。

 第3四半期はメンズ、レディースとも好調で、売上高は923.8億円(前年同期比12.2%増)、営業利益は191.6億円(同8.6%増)となった。

 記念配当は、2月期末に10円を加え、普通配当19円とあわせて期末29円配当とした。中間配当は19円を実施済みのため、年間では48円になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:10 | 株式投資ニュース

ピックルスコーポレーション 約5ヶ月振りに360円台を回復

■一株当り純資産862円、予想PER7.0倍を踏まえれば、まだ割安

ピックルスコーポレーションのホームページ 漬物業界のリーディングカンパニーであるピックルスコーポレーション<2925>(JQS)の株価は、約5ヶ月振りに360円台を回復。
 同社は、「ご飯がススムキムチ」がナショナルブランドに成長したことから、売上が拡大している。今期は過去最高の売上高215億5000万円(前期比18.2%増)を見込む。
 株価は回復基調にあるが、一株当り純資産862円、予想PER7.0倍を踏まえれば、まだ割安といえる。

>>ピックルスコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース