[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/31)【銘柄フラッシュ】レナウンなど中国に絡む材料株が高い
記事一覧 (08/31)テクノアルファ 前日比3500円安の12万6500円と年初来最安値を更新
記事一覧 (08/31)【株式市場】円高の再燃を受け輸出型の主力株から急反落
記事一覧 (08/31)森下仁丹が高値引けで2日続伸、新型ばんそうこう開発など材料視
記事一覧 (08/31)【話題銘柄】エービーシー・マートはUアローズのTOB応募も利益確定売りで反落
記事一覧 (08/31)ジャパン・ティッシュが富士フイルムの資本参加でS高買い気配
記事一覧 (08/31)第一生命保険は日経平均一時200円安の中で10万円台を保つ
記事一覧 (08/31)トヨタ自動車が年初来の安値、円相場の反騰などを敬遠
記事一覧 (08/31)富士重工業は本社ビルの売却を材料視するが円高を受けて控え
記事一覧 (08/30)コカ・コーラウエストが「青汁」のキューサイを買収−−引け後のリリース
記事一覧 (08/30)【注目株】林兼産業が子会社をマルハニチロ・グループに売却
記事一覧 (08/30)【話題株】ジャパン・ティッシュ・エンジの筆頭株主に富士フイルム
記事一覧 (08/30)三井不動産は金融緩和策の決定が伝えられてから伸び悩む
記事一覧 (08/30)トムス・エンタテインメントがストップ高、明日は343円めざす公算
記事一覧 (08/30)サミーネットがストップ高、完全子会社化で「333倍」へ
記事一覧 (08/30)セガトイズがストップ高、完全子会社化でセガサミーの33%めざす
記事一覧 (08/30)【銘柄フラッシュ】材料株中心に高く、第一生命は業種内の値上り率1位
記事一覧 (08/30)【株式市場】日銀の追加緩和策を受け東証1部の8割が高い、日経平均3日続伸
記事一覧 (08/30)【銘柄フラッシュ】第一生命が保険業種の値上り率1位、ピーエス三菱なども高い
記事一覧 (08/30)【株式市場】日銀の臨時会合に期待高まりほぼ全面高、東証1部の9割が上昇
2010年08月31日

【銘柄フラッシュ】レナウンなど中国に絡む材料株が高い

 前場は主力株がほぼ全面安となり、東証1部の売買代金上位30銘柄で高い銘柄はディー・エヌ・エー<2432>(東1)のみ。出来高上位30銘柄では全日本空輸<9202>(東1)のみだった。

 中で、テイクアンドギヴ・ニーズ<4331>(東1)が婚礼受注増加観測を受けて値上がり率5位、中国での店舗網に思惑があるとしてサンエー・インターナショナル<3605>(東1)は同3位、中国資本のもとで再拡大の期待があるレナウン<3606>(東1)は同2位、中国の検索大手バイドゥとの提携をムシ返してソースネクスト<4344>(東1)は同1位。

 また、ユタカ技研<7229>(JQ)が増額修正を好感して大幅続伸、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774>(NEO)は大手フイルムメ−カーの資本参加を材料ストップ高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:53 | 株式投資ニュース

テクノアルファ 前日比3500円安の12万6500円と年初来最安値を更新

■全体相場の地合を受けて下げるが、円高は追風で業績は大幅増収増益

テクノアルファ 電力用半導体向け結線装置の輸入商社であるテクノアルファ<3089>(大へ)の株価は、前日比3500円安の12万6500円と年初来最安値を更新している。
 業績が落ち込んでいるのではなく、全体相場の地合を受けて下げている。11月決算で、9月末には第3四半期業績が発表される。輸入商社であることから、この円高は追風であり、業績は当初予想を上振れる可能性もある。
 6月30日に発表された第2四半期連結業績を見ると、売上高13億8800万円(前年同期比145.4%増)、営業利益1億4400万円(前年同期△8200万円)、経常利益1億8600万円(同△2500万円)、純利益8900万円(同△2900万円)と大幅増収増益で黒字転換となっている。
 第3四半期の数字次第では、株価の急騰も期待できる。
 また、配当は、期末4000円であり、配当利回り3.15%。この年初来の最安値は絶好の拾い場ともいえる。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:39 | 株式投資ニュース

【株式市場】円高の再燃を受け輸出型の主力株から急反落

 31日前引けの東京株式市場は、全般急反落。円相場が再びジリ高となり、11時には1ドル84円30銭前後と、昨日の夕方に比べ55銭前後も円高が進行。電気機器・機械・精密機器などの主力銘柄を中心に軒並み急反落となった。東証1部の値上がり銘柄数は102銘柄(約6%)だった。

 日経平均は急反落。ほぼジリ貧傾向のまま前引けにかけて8909円95銭(239円31銭安)となり、前引けも8912円33銭(236円93銭安)。

 東証1部の出来高概算は5億8448万株、売買代金は4336億円。1部上場1670銘柄のうち、値上がり銘柄数は102銘柄、値下がり銘柄数は1470銘柄。
 また、東証33業種別指数で高い業種は「空運」のみ。値下がり率上位は鉱業、保険、証券・商品先物、電気機器、海運、精密機器、鉄鋼、ゴム製品、パルプ・紙、機械などだった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:31 | 株式投資ニュース

森下仁丹が高値引けで2日続伸、新型ばんそうこう開発など材料視

 森下仁丹<4524>(東2)の前引けは254円(7円高)となり高値引け、2日続伸。東証2部443銘柄の中で値上がり銘柄が57銘柄(約7%)にとどまった中でも堅調さが目を引く相場となった。
 売上高に占める海外比率が15%前後のため、円高の影響が少ない「退避銘柄」との見方に加え、傷あとの残りにくい新型ばんそうこうの開発などが注目されている。

>>森下仁丹のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

【話題銘柄】エービーシー・マートはUアローズのTOB応募も利益確定売りで反落

話題株 エービーシー・マート<2670>(東1)は、41円安の2626円と3営業日ぶりに反落している。前日30日大引け後にユナイテッドアローズ(Uアローズ)<7606>(東1)が発表した自己株式の株式公開買い付け(TOB)に応募することを取締役会決議しており、業績上ぶれ期待も高まったが、資本関係解消をネガティブに評価して利益確定売りが優勢となっている。

 Uアローズの自己株式TOBは、今年7月頃に同社筆頭株主のABCマートから保有株式1040万200株を売却、資本関係を解消する意向を示されたことに対応して実施される。TOB価格は、市場価格よりディスカウントされた1000円、買い付け期間は8月31日から9月29日までの20営業日、買い付け株式数は1070万株、買い付け代金は107億4300万円を予定している。ABCマートは、2009年6月にUアローズの株式を取得して持分法適用会社としたが、その後の提携交渉に進展がなく、今回の保有株売却となった。6月の取得総額は65億7100万円(取得株式数997万1400株)となっており、単純計算から含み益となる。

 株価は、好調な業績推移にデフレ・円高人気が加わって年初来高値3650円まで買い進まれたものの、年初来安値を覗く2587円まで調整し出直っていた。なおUアローズは、17円高の1149円と変らずを含めて3営業日続伸となったが、その後は前日終値近辺でのもみ合いを続けている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:11 | 株式投資ニュース

ジャパン・ティッシュが富士フイルムの資本参加でS高買い気配

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774>(NEO)が9時40分にストップ高となる6万6000円(1万円高)買い気配。富士フイルムホールディングス<4901>(東1)の富士フイルムに対する第三者割り当て増資を昨30日の大引け後に発表したことが材料視されている。

 第三者割り当て増資は、富士フイルムあてに1株5万3000円で7万5500株の普通新株を発行し、差引き手取概算額39億7600万円を運転資金・借入金返済などに充てる。発効日は10月29日。、富士フイルムのジャパン・ティッシュ・エンジニアリングの持ち株比率は41.3%となり1位株主になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース

第一生命保険は日経平均一時200円安の中で10万円台を保つ

 第一生命保険<8750>(東1)は10万500円(2800円安)で寄ったあと10万1600円から10万1100円での推移となり、小反落の始まりとなった。
 円相場の反騰を受けて日経平均が一時210円73円安の8938円53銭と急反落した割には底堅く、9時40分現在、本日の安値は始値の10万500円で10万円の大台を保っている。今朝の円相場は東京外国為替市場で再び円高に振れ、1ドル84円55銭前後と、昨日の夕方に比べ30銭前後の円高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:45 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車が年初来の安値、円相場の反騰などを敬遠

 トヨタ自動車<7203>(東1)は31日、寄りあとの2904円(26円安)を高値に軟調な始まりとなり、2883円から2889円での推移となっている。年初来の安値だった2890円(8月27日)を一時更新。今朝の円相場が東京外国為替市場で再び円高に振れ、1ドル84円55銭前後と、昨日の夕方に比べ30銭前後の円高となったことが手控え要因とされている。

また、政府が策定を急ぐ経済対策で、家電と住宅のエコポイント制度の延長は盛り込まれる見込みと伝えられる一方、エコカー補助金は予定通り9月いっぱいで終了する見込みであることも影響しているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース

富士重工業は本社ビルの売却を材料視するが円高を受けて控え

 富士重工業<7270>(東1)は31日、472円(8円安)で始まったあとも478円(2円安)から475円(5円安)での推移となり軟調。一時471円まで下げた。
 現在、本社を置いている新宿スバルビル(東京・新宿区)と敷地を小田急電鉄<9007>(東1)に売却すると昨日発表。売却益の概算250億円は来年度予算に組み込む予定としたが、今朝の円相場が東京外国為替市場で再び円高に振れ、1ドル84円55銭前後と、昨日の夕方に比べ30銭前後の円高となったことが手控え要因とされている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース
2010年08月30日

コカ・コーラウエストが「青汁」のキューサイを買収−−引け後のリリース

■清涼飲料から健康飲料・食品を総合化

引け後のリリース、明日の1本 コカ・コーラウエスト<2579>(東1)は30日の大引け後、「青汁」で著名な健康食品メーカー・キューサイ(福岡市・非上場)を買収し100%子会社化すると発表した。
 10月1日付けでに発行済み株式30万2755株を約359億円で取得。清涼飲料から健康飲料・健康食品の市場に参入し企業価値の向上をはかる。

■半値戻しでも1500円台に

 キューサイの資本金は3億4998万円、09年10月期の売上高は約287億円、営業利益は約24億円。現在の上位株主はNIF−JIP投資事業組合(57.45%保有)など。

 コカ・コーラウエストの30日の株価終値は1468円(15円高)、続伸。6月以降は、下値を1390円(6月9日)、1404円(7月7日)、1428円(8月26日)で下げ止まり、出直る相場を続けており、足元も出直り始めたばかり。半値戻しは1510円前後になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:27 | 株式投資ニュース

【注目株】林兼産業が子会社をマルハニチロ・グループに売却

■グループ全体の効率化に期待感

注目銘柄 林兼産業<2286>(東1)は30日の大引け後、連結子会社・林兼デリカの株式を譲渡することを決議と発表。同社の主要販売先であるマルハニチロホールディングス<1334>(東1)グループのマルハニチロ食品より株式譲受の申出があったことを受け、大勢的に判断。譲渡日は10月1日。

■再騰への助走中との見方

 これにより、個別決算の第3四半期(10月〜12月)に関係会社株式売却益として50 百万円を特別利益計上する予定。連結業績への影響は軽微とした。ただ、マルハニチロ・グループとして中期的な効率化の推進は期待できるとの見方が出ている。

 林兼産業の30日の株価終値は100円(前日比変わらず)。8月12日につけた年初来の安値88円から戻り相場となり、17日に100円台を回復してからは横ばい相場。再騰に向けた助走中との見方があり、この場合は、まず、戻り相場でつけた高値104円(8月17日)突破が焦点になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:07 | 株式投資ニュース

【話題株】ジャパン・ティッシュ・エンジの筆頭株主に富士フイルム

■次世代の再生医療を積極推進

話題株 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774>(NEO)は30日の大引け後、富士フイルムホールディングス<4901>(東1)の富士フイルムに対する第三者割り当て増資を発表した。

 富士フイルムあてに1株5万3000円で7万5500株の普通新株を発行し、差引き手取概算額39億7600万円を運転資金・借入金返済などに充てる。発効日は10月29日。
 これにより、富士フイルムのジャパン・ティッシュ・エンジニアリングの持ち株比率は41.3%となり1位株主になる。すでに富士フイルムグループの富山化学(非上場)が資本参加しており、富山化学は4.54%を保有する3位株主になる。

 発表では、これにより、発行済み株式数の増加による株式の希薄化は、現在の総議決権数の70.3%に相当するとしたが、合理的な水準であると判断したとしている。

■「医療・ライフサイエンス」で展開

 同社が第三者割当の割当先に富士フイルムを選定した理由は、割当先が「医療・ライフサイエンス事業」を今後主要となる事業の一つとして位置付けていること、など。

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは、「ティッシュエンジニアリング」(組織工学:生きた細胞を使って、本来の機能をできるだけ保持した組織・臓器を人工的に作り出す技術)をベースとし、薬事法が適用される「再生医療製品事業」と、薬事法が適用されない「研究開発支援事業」を展開しており、ともに次世代の医療として注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:34 | 株式投資ニュース

三井不動産は金融緩和策の決定が伝えられてから伸び悩む

 三井不動産<8801>(東1)は前場1462円(73円高)まで急伸したが、大引けは1413円(24円高)と伸び悩む相場になった。一時的には8月19日につけた戻り高値1455円を更新したが、押し返された形。

 金利低下の恩恵が大きい業界の代表格のため、前場は日銀の追加金融緩和への期待が支援材料となった。ただ、後場は、金融緩和策が決定したと伝えられ、主な策が「新型オペレーション」(新型オペ)の供給額を現行の20兆円規模から30兆円に拡大し、期間も現行の3カ月物に加えて6カ月物を導入することとなったため、想定されていた範囲内との受け止め方が広がった。

 ただ、一段の金融緩和自体は追い風になるため、不動産業界の底上げ効果は同社株のような大手にも徐々に波及するとの期待はあった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:56 | 株式投資ニュース

トムス・エンタテインメントがストップ高、明日は343円めざす公算

 トムス・エンタテインメント<3585>(名2)はストップ高の246円(50円高)で大引けとなった。
 前週末27日の大引け後、セガサミーホールディングス<6460>(東1)が同社はじめセガトイズ<7842>(JQ)サミーネットワークス<3745>(東マ)のグループ3社を12月1日付けで完全子会社化すると発表。

 トムス・エンタテインメントの株式交換の割合は、普通株式1株に対してセガサミーの普通株式0.26株を交付。このため、セガサミーの株価の26%が妥当値となり急伸。明日は、セガサミー株が本日の終値1320円(17円高)のまま推移すると仮定すれば、この26%に当たる343円前後をめざすことになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:40 | 株式投資ニュース

サミーネットがストップ高、完全子会社化で「333倍」へ

 サミーネットワークス<3745>(東マ)はストップ高の31万6000円(5万円高)で大引けとなった。
 前週末27日の大引け後、セガサミーホールディングス<6460>(東1)が同社はじめセガトイズ<7842>(JQ)トムス・エンタテインメント<3585>(名2)のグループ3社を12月1日付けで完全子会社化すると発表。

 サミーネットワークスの株式交換の割合は、普通株式1株に対してセガサミーの普通株式333株。このため、セガサミーの株価の333倍が妥当値となり急伸。本日のセガサミー株の30日終値1320円(17円高)からは43万9560円をめざすことになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:31 | 株式投資ニュース

セガトイズがストップ高、完全子会社化でセガサミーの33%めざす

 セガトイズ<7842>(JQ)はストップ高となる400円(80円高)で大引けとなった。
 前週末27日の大引け後、セガサミーホールディングス<6460>(東1)が、同社はじめサミーネットワークス<3745>(東マ)トムス・エンタテインメント<3585>(名2)のグループ3社を12月1日付けで完全子会社化すると発表。

 セガトイズの株式交換割合は、普通株式1株に対してセガサミーの普通株式0.33株。このため、セガサミーの株価の33%が妥当値となり急伸。本日のセガサミー株の終値1320円(17円高)からは明日435円をめざすことになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:27 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】材料株中心に高く、第一生命は業種内の値上り率1位

 後場はミヤチテクノス<6885>(東1)が値上がり率の順位を上げ、前週に続き好業績といちよし経研の積極判断を材料視。ハニーズ<2792>(東1)も中国展開への期待で、値上がり率の順位を上げた。日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は6〜8月期が存外いいのではとの思惑で後場上げピッチ増速。

 日本証券金融<8511>(東1)が株価回復の期待で6%高、第一生命保険<8750>(東1)も含み益回復の期待で10万円を回復、5.5%高で前引けに続き「保険」業種の値上がり率1位。為替・株式情報のT&Cホールディングス<3832>(大ヘ)も大幅続伸。

 また、セガサミーホールディングス<6460>(東1)による完全子会社化を受けてサミーネットワークス<3745>(東マ)セガトイズ<7842>(JQ)がストップ高、1日前に発表されたメルシャン<2536>(東1)も続伸。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:01 | 株式投資ニュース

【株式市場】日銀の追加緩和策を受け東証1部の8割が高い、日経平均3日続伸

 30日大引けの東京株式市場は、後場に入り上げ一服。後場は、日銀の追加緩和策が決定と伝えられ、目先的な出尽くし感から不動産株などが伸び悩み、自動車株などもダレ気味となった。ただ、東証1部の値上がり銘柄数は1409銘柄(同84%)と高水準。

 日経平均は3日続伸。前場は9280円70銭(289円64銭高)まで上げ、後場は上げ一服となりながらも堅調さを保ち、大引けは9149円26銭(158円20銭高)だった。

 東証1部の出来高概算は15億4586万株、売買代金は1兆698億円。1部上場1670銘柄のうち、値上がり銘柄数は1409(前引けは1564)銘柄、値下がり銘柄数は151(前引けは38)銘柄。

 また、東証33業種別指数は32業種(前引けは全業種)が高くなり、値上がり率上位は保険、空運、ガラス・土石、金属製品、非鉄金属、建設、パルプ・紙、水産・農林、電気機器、食品、鉄鋼など。一方、値下がりは石油・石炭のみだった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:29 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】第一生命が保険業種の値上り率1位、ピーエス三菱なども高い

 前場は、ピーエス三菱<1871>(東1)が東証1部の値上がり率2位、日成ビルド工業<1916>(東1)が同3位。財務キャッシュフローが出超で金融緩和の恩恵大との見方。また、ここ頻繁に値上がり率上位に顔を出すレオパレス21<8848>(東1)ミヤチテクノス<6885>(東1)などが引き続き上位を占有。

 第一生命保険<8750>(東1)が6.8%高で10万円台を回復し、業種別指数「保険」の中で値上がり率1位、東証1部の中では16位。東海旅客鉄道<9022>(東1)は夏休みの旅客増加を材料に値上がり幅1位となった。

 また、小売り関連株の中ではハニーズ<2792>(東1)スタイライフ<3037>(大ヘ)パレモ<2778>(JQ)などが高く消費回復の期待。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:48 | 株式投資ニュース

【株式市場】日銀の臨時会合に期待高まりほぼ全面高、東証1部の9割が上昇

 30日前場の東京株式市場は、東証1部の値上がり銘柄数が1564銘柄(約94%)に達し、ほぼ全面高。日銀が本日、臨時の金融政策会合を開催し、14時から総裁が会見と伝えられたため一段の金融緩和に期待が高まり、不動産、その他金融の上昇が目立ち、株価回復期待から保険・証券なども高い。

 日経平均は急伸。ほぼ一本調子の上昇となり、前引けにかけて9280円70銭(289円64銭高)まで上げ、前引けも9265円39銭(274円33銭高)と強調。

 東証1部の出来高概算は7億6309万株、売買代金は4916億円。1部上場1670銘柄のうち、値上がり銘柄数は1564銘柄、値下がり銘柄数は38銘柄。
 また、東証33業種別指数は全業種が高くなり、値上がり率上位は保険、不動産、その他金融、証券・商品先物、ガラス・土石、精密機器、非鉄金属、鉄鋼、電気機器、機械などだった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース