[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/24)ガリバーが続伸、「iPad」営業開始し補助金制度終了後に期待
記事一覧 (06/24)イオンモールが後場一段高、四半期決算受け業績上ぶれ期待
記事一覧 (06/24)【株式市場】ユーロ安・円高を懸念するが金利低下し不動産・商社など高い
記事一覧 (06/24)パピレスは上場2日目に初値6140円、「iPhone4」に期待
記事一覧 (06/24)東証2部に新上場の電算は公開価格を100円上回る初値
記事一覧 (06/24)JQ市場に新規上場のトータルメディは公開価格の4200円で初値
記事一覧 (06/24)三菱商事が反発など大手商社が軒並み高、中国の購買力に期待続く
記事一覧 (06/24)ソフトバンクが反発し強調展開、「iPhone4」に期待高まる
記事一覧 (06/23)インスペックが最新装置の受注を発表、にわかに増額期待−−引け後のリリース
記事一覧 (06/23)アパマンショップが特別利益、大引け間際に急伸したため機敏に対処
記事一覧 (06/23)【話題株】プロミスが中国・深セン市で事業認可を取得、株価は発表後に反発
記事一覧 (06/23)【注目株】ガリバーが客先で「iPad」、有力な武器になる可能性
記事一覧 (06/23)【注目株】サトーが「戻ったら売り」から「下げたら買い」に転換
記事一覧 (06/23)【人気銘柄】王子製紙が225種銘柄で唯一高値更新、ユーロ安再燃に備える動き
記事一覧 (06/23)T&Gニーズがフィデリティ投信の保有増加とされて急伸
記事一覧 (06/23)ユニ・チャームは高値更新後の小反落で依然、中国の購買力増大など期待
記事一覧 (06/23)東芝はフォード向けモーター供給の正式発表を受け戻り歩調
記事一覧 (06/23)【人気銘柄】新規上場のパピレスは公開価格の2.3倍で買い気配のまま終了
記事一覧 (06/23)【株式市場】欧州の景気後退など懸念し模様ながめ、中小型株を物色
記事一覧 (06/23)第一生命保険が5日ぶりに反発、保有国債の価格上昇など好感
2010年06月24日

ガリバーが続伸、「iPad」営業開始し補助金制度終了後に期待

 ガリバーインターナショナル<7599>(東1)が続伸基調を保ち、前場3785円(320円高)まで上げ、後場も13時45分にかけて3730円(265円高)前後で推移。5月26日につけた2535円からの出直り相場で快調に上値を切り上げている。
 今期の業績予想は、連結売上高を1370億円(前期比約8%増)、経常利益を39億円(同22%減)とするが、新車購入の補助金制度などが9月で終了すれば、中古車への需要が回復する可能性があると上ぶれ期待がある。顧客訪問時に「iPad」を活用した画像による車両提案などの新たな販売システムを試験導入し、6月15日から開始し、戦力化が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:55 | 株式投資ニュース

イオンモールが後場一段高、四半期決算受け業績上ぶれ期待

 イオンモール<8905>(東1)が13時35分を回り1847円(41円高)まで上げ、後場一段高。昨23日に発表した第1四半期(2月21日〜5月20日)の決算を好感した買いが続いている。連結営業利益が前年同期比10.7%増となるなど好調。2011年2月通期の業績予想は据え置いたが、既存店のリニューアル効果などで来店者数・来車台数が好調であるなど、一部には業績上ぶれ期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:43 | 株式投資ニュース

【株式市場】ユーロ安・円高を懸念するが金利低下し不動産・商社など高い

100624前引け 24日前場の東京株式市場はユーロ安・円高の再燃が懸念されたものの総じて値持ち良好。長期金利が低下したため不動産株・商社株が買われ、内需関連として薬品株も高いなど、物色は活発だった。
 日経平均は朝方9893円75銭(29円95銭安)まで下落したが、徐々に盛り返す動きとなり、前引けは9940円37銭(16円67銭高)。

 東証1部の出来高概算は7億493万株、売買代金は4405億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は758、値下がり銘柄数は726銘柄。また、東証33業種別指数は20業種が高くなり、不動産、医薬品、その他金融、卸売り、保険、電力・ガス、サービスなどが高い。一方、値下がり率上位はゴム製品、ガラス・土石、輸送用機器、その他製品、非鉄金属などだった。

 円相場は1ドル89円台に上昇したが、債券市場で長期国債利回りが1.152%と引き続き低下傾向をみせたため、資金調達コストの低下期待から三井不動産<8801>(東1)などが上昇・反発。また、借入金の大きい業種として商社株が三菱商事<8058>(東1)などから反発。薬品株も高く沢井製薬<4555>(東1)大正製薬<4535>(東1)などが高値を更新。
 東証2部に新規上場の電算<3640>(東2)は公開価格3500円に対し3600円で初値。
 ジャスダックに新規上場のトータル・メディカルサービス<3163>(JQ)は公開価格4200円と同値で初値。
 昨日上場され買い気配で終わったパピレス<3641>(JQ)は、買付代金の即日徴収などの規制が取られたため公開価格2700円に対し6140円で初値をつけた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:58 | 株式投資ニュース

パピレスは上場2日目に初値6140円、「iPhone4」に期待

 ジャスダック市場に昨23日、新規上場となったパピレス<3641>(JQ)は今朝も買い気配で始まったが、9時6分に公開価格2700円の約2.3倍の6140円で初値をつけた。その後高値6230円、安値5160円を往来し、10時にかけては5300円前後で推移。
 電子書籍販売サイト「電子書店パピレス」などを運営。スマートフォン向けの動向などが注目されており、本日24日の「iPhone(アイフォーン)4」発売が期待材料となっていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 株式投資ニュース

東証2部に新上場の電算は公開価格を100円上回る初値

 24日、電算<3640>(東2)が東証2部に新規上場。公開価格3500円、公開株式数22万4000株。9時10分に公開価格を100円上回る3600円で初値をつけ、あと3300円台で売買交錯となっている。
 情報処理サービス業。地方公共団体向けの業務システム開発・運用で40年間にわたる実績を誇り、売上高の約7割が地方公共団体向け。後期高齢者医療システムなどの基幹ソフト開発でも知られる。今3月期の業績予想は、売上高140億円(前期比5%増)、経常利益11億7400万円(同6%減)、純利益6億8700万円(同6%減)、1株利益489.8円としている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース

JQ市場に新規上場のトータルメディは公開価格の4200円で初値

 24日、大阪証券取引所にトータル・メディカルサービス<3163>(JQ)が新規上場。公開価格4200円、公開株式数13万8000株。取引開始直後に公開価格と同じ4200円で初値をつけた。
 同社は、福岡県を地盤に「さくら薬局」などを展開する調剤薬局チェーンで、健康食品事業やメディカルサポート事業も展開。調剤薬局は、病院や診療所に近い「門前薬局」として29店舗を展開。今3月期の業績予想として、売上高63億1300万円(前期比1%増)、経常利益5億1200万円(同11%増)、純利益2億6100万円(同12%増)、1株利益560.2円と開示。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:46 | 株式投資ニュース

三菱商事が反発など大手商社が軒並み高、中国の購買力に期待続く

 三菱商事<8058>(東1)が2030円(40円高)で寄った後2040円台に乗る場面をみせて反発、三井物産<8031>(東1)も1158円(13円高)で寄り堅調など、大手商社株が軒並み反発。中国の人民元弾力化の発表以降、同国の購買力強化の恩恵に期待が出ており、昨日は日経平均の1万円割れという全体的な下げに押されたものの、早速切り返した格好だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:28 | 株式投資ニュース

ソフトバンクが反発し強調展開、「iPhone4」に期待高まる

 ソフトバンク<9984>(東1)は24日、2434円(1円安)で寄ったあと切り返し2478円(43円高)に上昇し強調・反発のスタート。本日発売のスマートフォン新機種「iPhone4」が好人気とあって注目されている。野村証券は18日付けで投資判断を「1」継続のまま目標株価を3320円に引き上げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース
2010年06月23日

インスペックが最新装置の受注を発表、にわかに増額期待−−引け後のリリース

■前回急騰時のシコリ圧迫は4万円超えてからの見方

引け後のリリース、明日の1本 インスペック<6656>(東マ)が23日の大引け後、最新のBGA基板検査装置の受注を発表。業績への影響は分かり次第開示としたため、にわかに業績予想の増額期待が出てきた。

 発表によると、受注した装置は、ユーザーの厳しい要求をクリアしてのリピート受注。携帯端末用メモリーやマイクロSDカードなど、最先端の半導体チップを搭載するパッケージ基板用の外観検査に使用する。特にモバイル系製品向けは、「より薄く、より軽く」という要求に応えるため、その品質を維持し保証していくための外観検査装置も高度な性能が求められているという。

 6月11日にに10年4月期の決算を発表し、今期・11年4月期の経常利益を4期ぶりの黒字と予想したばかり。株価は、これを受けて6月16日に4万6900円まで急伸し、あと再び3万円台に戻ってしまったが、増額修正の期待が追撃材料になる可能性は大。高値づかみのシコリ玉はあるとみられるものの、4万円を超えてこないと本格的な圧迫要因にはならないとの見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:27 | 株式投資ニュース

アパマンショップが特別利益、大引け間際に急伸したため機敏に対処

 アパマンショップホールディングス<8889>(大へ)が23日の大引け後、不動産の所有目的変更にともなう特別利益の計上を発表。今9月期の連結純利益の予想を2.0億円から70.0億円(前期実績は10.4億円)に増額した。これによる新たな1株利益は5509円23銭。

 株価は23日、大引け間際に急伸して3330円(380円高)まで上げ、大引けも8.5%高の3200円(250円高)。短期急騰後にシコリを残す傾向が見受けられるため、機敏な対応で臨みたい銘柄といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:55 | 株式投資ニュース

【話題株】プロミスが中国・深セン市で事業認可を取得、株価は発表後に反発

話題株 プロミス<7574>(東1)は前場軟調だったが、後場切り返し694円(37円高)まで上昇、大引けも684円(27円高)で反発となった。午後、中国・深セン市で消費者金融事業の認可を取得と発表。規制が強化された日本国内から新天地で再成長と期待する動きがあった。

 100%子会社・プロミス香港と、中国・深セン市の現地資本企業による合弁会社・深セン市鵬民小額貸款有限公司が、このほど同市から合弁での消費者金融事業を認可されたと発表。同社は1992年に香港で消費者金融業を開始し、09年12月末現在、香港全域に27店舗を展開し、営業貸付金残高は16億6500万香港ドル(約197億円)に達している。

 株価は6月2日に563円の安値をつけたあと下値切り上げトレンドに転じており、6月17日に706円まで上げた。目先的には戻り相場が一服する形で650円〜700円のゾーン相場の可能性があるが、抜け出せば750円台から800円前後まで上値余地がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:39 | 株式投資ニュース

【注目株】ガリバーが客先で「iPad」、有力な武器になる可能性

■減益予想は消化済みでジリ高続く

注目銘柄 ガリバーインターナショナル<7599>(東1)が後場3520円(315円高)まで上げ、大引けも3465円(260円高)となり目立って上昇。大引けは8.1%高で東証1部の値上がり率9位に食い込んだ。6月15日から「iPad(アイパッド)」を携えた客先回りを開始しており、1週間を経て今後に期待する動きが出ている。

■クルマより「iPad」にさわってみたいという要望も

 顧客訪問時に「iPad」を活用した画像による車両提案などの新たな販売システムを試験導入し、6月15日から開始。発表資料によると、ノートパソコンよりも早い起動で約6000台もの写真や車両データ、在庫情報などをスムーズに見ることが可能。直接聞いたわけではないが、クルマよりも「iPad」をみたい、さわってみたいという要望もあるようで、有力な武器になる可能性があるようだ。

 業績は2011年2月期、再び減益を想定するが、株価はこうした決算発表を受けて5月26日に2535円の安値をつけたあと戻り相場に転換。本日の目立った上昇で3500円台は4月30日以来。戻り高値を更新し、ジリ高基調を強める動きとなった。
 第1四半期(3〜5月)の決算発表は7月9日に予定しており、これに向けて4000円コースとの期待もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:19 | 株式投資ニュース

【注目株】サトーが「戻ったら売り」から「下げたら買い」に転換

■値札・売れ筋情報機器など中国向けに注目

注目銘柄 バーコード・値札情報機器のサトー<6287>(東1)が後場1110円(74円高)まで上げ、大引けも1092円(56円高)と目立って上昇、1100円台回復は5月18日以来となった。中国の購買力増大に関連する期待があり、ここ、信用売り残が増加して買い残との信用倍率が1.5倍台に低下し、取り組み妙味が高まっていることも材料視された。

 4月下旬の1250円前後から調整色を深め、6月9日には972円まで下げたが、底練り過程での上値を突破したため、テクニカル面では底値確認となり、投資姿勢が「戻ったら売り」から「下げたら買い」に転換した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:29 | 株式投資ニュース

【人気銘柄】王子製紙が225種銘柄で唯一高値更新、ユーロ安再燃に備える動き

 王子製紙<3861>(東1)が前場463円(12円高)まで上げ、2日続けて年初来の高値を更新、大引けも459円(8円高)で堅調・反発。日経平均225種採用銘柄で唯一の高値更新銘柄。
 英国の緊縮財政案を受けて欧州景気の回復鈍化が懸念された中で、ユーロ安・円高が再燃すれば輸入パルプなどに為替効果との見方。東証の業種別指数33業種で値上がりした業種は「パルプ・紙」のみだった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:11 | 株式投資ニュース

T&Gニーズがフィデリティ投信の保有増加とされて急伸

 邸宅挙式の大手・テイクアンドギヴ・ニーズ(T&Gニーズ)<4331>(東1)が一時7600円(710円高)まで上げ急伸、大引けも7450円(560円高)となり、5月18日以来の7500円台を回復。昨日の夕方、5%ルールに基づく大量保有の割合がフィデリティ投信などにより5.20%から6.29%に増加と伝えられたことを材料視する動きがあった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:57 | 株式投資ニュース

ユニ・チャームは高値更新後の小反落で依然、中国の購買力増大など期待

 ユニ・チャーム<8113>(東1)の大引けは1万110円(30円安)となり小反落。前日は4日続伸で1万350円の年初来高値をつけただけに、上げ一服程度の反落。引き続き、中国の購買力増大、人民元との対比での円安期待があった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:45 | 株式投資ニュース

東芝はフォード向けモーター供給の正式発表を受け戻り歩調

 東芝<6502>(東1)は484円(5円安)で大引けとなり2日続落だが、後場は戻り歩調となった。日本経済新聞で米フォードにハイブリッド車用の駆動用モーターを供給と伝えられ、午後、自社Webで正式発表したため、買い意欲を刺激したようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:35 | 株式投資ニュース

【人気銘柄】新規上場のパピレスは公開価格の2.3倍で買い気配のまま終了

 23日、新規上場のパピレス<3641>(JQ)は後場も買い気配のまま終わり、大引けは公開価格2700円に対し約2.3倍にあたる6210円の買い気配。この値で売り10万7100株、買い21万200株が残った。
 主事業は電子書籍販売サイト「電子書店パピレス」などの運営。スマートフォン向けの動向などが注目されており、明日24日の「iPhone(アイフォーン)4」発売もあり人気化した様子だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:10 | 株式投資ニュース

【株式市場】欧州の景気後退など懸念し模様ながめ、中小型株を物色

100623大引け 23日大引けの東京株式市場は、次第に模様ながめムードが広がり全体に値を消す展開。英国の財政緊縮策を受けて欧州景気の回復に後退感が漂った上、後場は上海・香港株式の下落も見送り要因とされた。
 日経平均は14時30分にかけて9912円80銭(200円09銭安)まで下落し、大引けも9923円70銭(189円19銭安)。大引けでの1万円割れは6月18日以来。

 東証1部の出来高概算は16億1312万株、売買代金は1兆1170億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は184(前引けは140)、値下がり銘柄数は1420(前引けは1445)銘柄。また、東証33業種別指数で高い業種は1業種(前引けは2業種)のみで、パルプ・紙が堅調。一方、値下がり率上位は鉱業、海運、その他製品、不動産、石油・石炭、機械、精密機器、電気機器、鉄鋼、証券・商品先物などだった。

 好決算を発表したニトリ<9843>(東1)が朝高のあと軟化し、増額修正の日本電気硝子<5214>(東1)も朝方高かっただけで軟調。自動車株も中国での賃上げスト再燃が伝えられるなどで冴えず、ここ中国の購買力増大を背景に動いた鉄鋼・海運・商社も軟調。
 主力株が動きづらいため中小型株に物色が移り、大幅増益の観測が伝えられたユニデン<6815>(東1)が東証1部の値上がり率1位。サンシティ<8910>(東1)は債務買い戻し益を材料に同2位。後場は、防衛大で新型インフルエンザと伝えられ、ダイワボウホールディングス<3107>(東1)などの関連株が動いた。
 JQ市場に新規上場のパピレス<3641>(JQ)は公開価格2700円に対し6210円の買い気配で終わる高人気となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:54 | 株式投資ニュース

第一生命保険が5日ぶりに反発、保有国債の価格上昇など好感

 第一生命保険が<8750>(東1)は5日ぶりに反発となり、大引けは13万600円(1500円高)。
 日経平均の終値は189円19銭安の9923円70銭だったが、債券市場で長期債を中心に価格が高くなり(利回りは低下)、長期金利の指標となる10年国債の利回りが一時、前日より0.025%低い1.160%を付け、2008年12月以来約1年半ぶりの水準に低下。将来的な資産運用利回りにはマイナスに働くものの、保有資産の価格上昇を見直す動きが広がった模様だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:15 | 株式投資ニュース