[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/21)ANAが三菱重工業の小型ジェット機を購入、新領域の事業も−−引け後のリリース
記事一覧 (06/21)【話題株】JSPが中国でIT家電などの梱包・緩衝材料を増産
記事一覧 (06/21)MARUWAは2000円台回復、小幅調整から下値切り上げも
記事一覧 (06/21)【注目株】オービックが上値追う、消費税の見直し機運高まりソフト更新に期待
記事一覧 (06/21)ファーストリテイリングは日経平均の上げ幅拡大とともに出直り続伸
記事一覧 (06/21)東芝が2画面タッチパネルの新製品を材料に後場も強く高値引け
記事一覧 (06/21)ニチレイが2日続けて高値更新、需給妙味に材料加わり株価を刺激
記事一覧 (06/21)いすゞ自動車が「元」切り上げの副作用少ないとの見方で5%超える上昇
記事一覧 (06/21)【株式市場】中国の需要拡大期待が広がり商社・海運など中心に大幅高
記事一覧 (06/21)TBSがFIFAサッカーW杯第3戦への期待を高めて続伸
記事一覧 (06/21)エンシュウが値上がり率1位、機械株が軒並み高の中で低位株に人気拡がる
記事一覧 (06/21)ソースネクストが「iPad」関連で一時値上がり率1位を争う
記事一覧 (06/21)任天堂が8日続伸基調で戻り相場の高値を更新
記事一覧 (06/21)ソフトバンクは2年半ぶり2500円台のあと一服だが期待続く
記事一覧 (06/21)【株式市場】中国「元」切り上げ期待広がり関連株中心に全般堅調
記事一覧 (06/21)帝人が目立って上昇、炭素繊維材料の電気自動車を好感
記事一覧 (06/21)ファーストリテイリングは朝高で始まったあと値を消し軟調
記事一覧 (06/21)JFEの2.8%高など鉄鋼株が人民元の切り上げを受け軒並み高い
記事一覧 (06/21)資生堂が人民元の切り上げを材料視、約1カ月ぶりに2000円台を回復
記事一覧 (06/21)トヨタ自動車は中国でのスト収束など受け堅調、元の切り上げも影響薄
2010年06月21日

ANAが三菱重工業の小型ジェット機を購入、新領域の事業も−−引け後のリリース

■アジア地域を飛ぶ格安航空に思惑つのる

引け後のリリース、明日の1本 全日本空輸(ANA)<9202>(東1)は21日の大引け後、三菱重工業<7011>(東1)が開発中の国産小型ジェット機「MRJ90型機」15機を約692億円で取得すると発表した。グループのフリート戦略に基づき、収益性の向上と今後予想される空港環境の変化への対応、現有小型機の後継機種として90席〜100席クラスの航空機を調達する。受領時期は2013年度から2017年度。
 ANAについては、前週末の一部報道で料金などが格安の航空会社の設立を検討と伝えられ、アジア地域を中心に運行するローコスト・キャリア航空事業への姿勢が注目されたばかり。新会社についての発表はないものの、小型ジェット機の購入を発表したことで、ローコスト・キャリア事業への思惑が膨らむことになりそうだ。

■戻り売り増えそうだが注目の余地

 ANAの株価終値は296円(2円高)となり続伸。5月下旬から6月初にかけての安値ゾーン265円前後から大きく戻り、年初来の高値304円(4月23日)が視界に入ってきた。ここからは、年初来の高値圏で買いつけた高値づかみの株が戻り待ちの売りとなって上値を抑えることが予想されるが、いま国内の航空会社で最も羽振りのいい銘柄として注目の余地はありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:54 | 株式投資ニュース

【話題株】JSPが中国でIT家電などの梱包・緩衝材料を増産

■自動車向けも含め高機能素材の需要増に対応

話題株 IT家電などの梱包・緩衝材料大手・JSP<7942>(東1)が21日の大引け後、中国で発泡ポリプロピレン製造子会社の生産能力増強を発表した。
 中国では、自動車メーカーやデジタル家電メーカー各社の生産能力増強・新規の進出が続いており、高機能のIT製品輸送用通い函、家電製品用の緩衝材などの需要が拡大。また、自動車向けの衝撃緩衝用バンパーコア材や内装材などでも高機能素材の需要が拡大している。

 同社では、すで江蘇省、広東省の2拠点で、これらの素材となる発泡ポリプロピレン「ピーブロック」の生産を行っているが、特に経済成長著しい華南地区の需要増加に応え、同国で強固な事業基盤を築くため、広東省にある子会社の生産能力を増強することにした。投資額は約7億円、完成予定日は2011年12月。

 21日の株価終値は926円(48円高)で3日続伸。900円台は5月20日以来。中国「元」の切り上げ観測が高まり、中国国家統計局が前週初に発表した5月の小売売上高が前年同月比18.7%増となったことも改めて材料視された。

>>JSPのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:14 | 株式投資ニュース

MARUWAは2000円台回復、小幅調整から下値切り上げも

■中国デジタル家電向け需要は増加

 電子部品用セラミック大手のMARUWA<5344>(東1)は、2087円の153円高と5日ぶりに反発。18日に東海東京調査センターが投資判断を「2」から「1」に引き上げたことなどを好感している。終値としては14日以来の2000円大台を回復した。年初来高値は2月の2183円。
 同社は抵抗器用基板で世界シェア4割を占める。国内の電気自動車向けや、中国デジタル家電向けの需要は増加。中国人民元に対し円安となれば収益への押し上げに期待がかかる。小幅調整を繰り返してからの下値切り上げが予想される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:03 | 株式投資ニュース

【注目株】オービックが上値追う、消費税の見直し機運高まりソフト更新に期待

注目銘柄 オービックビジネスコンサルタント<4733>(東1)が後場上値を追い4945円(420円高)まで上げ、大引けは4895円(370円高)。一時、東証1部の値上がり率4位前後に顔を出す場面があった。会計ソフト大手のため、菅首相が消費税の税率見直しとともに逆進性を緩和する諸策を検討と伝えられ、既存ソフトの更新需要に期待が高まった模様。
 また、一部には、野田会長兼社長が登場中の日本経済新聞「私の履歴書」で再三の逆境にメゲない売り上げ拡大の苦労話を開陳しているとして投資妙味を唱える声もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:52 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは日経平均の上げ幅拡大とともに出直り続伸

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は前場1万3950円(170円安)まで下げたが、後場はジリ高基調に転じて1万4320円(200円高)の高値引け。低価格衣料は中国で生産し日本に輸出する形態のため、中国の「元」切り上げ観測を受け、労働コスト上昇が懸念されたものの、日経平均との相関度が高いため、日経平均の上げ幅が200円を超えるにつれて日経平均連動ファンドなどから機械的な組み入れ買いが増加した模様とされた。
 日経平均は後場一段上値を追い、大引けにかけて1万251円90銭(256円88銭高)まで上げ、大引けも1万238円01銭(242円99銭高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:32 | 株式投資ニュース

東芝が2画面タッチパネルの新製品を材料に後場も強く高値引け

 東芝<6502>(東1)が高値引けの497円(14円高)で大引けとなり、戻り相場での高値を2取引日ぶりに更新。 後場に入り、2画面にタッチパネルを採用したミニ・ノートパソコンを発売と伝えられたことが材料視された。今年はノートPC発売25周年にあたるため、ふたたび画期的な商品の開発・発売に期待する向きもあった。

東芝が2画面タッチパネルの新製品を材料に後場も強く高値引け

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | 株式投資ニュース

ニチレイが2日続けて高値更新、需給妙味に材料加わり株価を刺激

 ニチレイ<2871>(東1)が後場389円(5円高)まで上げ、大引けも388円でほぼ高値引け。2取引日続けて年初来の高値を更新した。ここ、信用売り残が買い残を上回っている点で需給妙味があるとされている上、タイでの鶏肉一貫事業、自社株買い計画などの材料が続出したため、信用売りの買い戻しが株高の一因になっている様子だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:57 | 株式投資ニュース

いすゞ自動車が「元」切り上げの副作用少ないとの見方で5%超える上昇

 いすゞ自動車<7202>(東1)が高値引けの312円(16円高)で値上がり率5.4%となり、乗用車系を含めた完成車各社の中で最大の値上がり率をみせた。

 中国での「元」の切り上げ観測を受け、同国での購買力拡大が期待される一方で、副作用として懸念される労働コストの上昇などについては、生産拠点が中国のほかタイ、フィリピン、ベトナム、インドネシアなどにあるため、影響が分散されるメリットがいわれていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:44 | 株式投資ニュース

【株式市場】中国の需要拡大期待が広がり商社・海運など中心に大幅高

100621大引け 21日大引けの東京株式市場は、東証1部の値上がり銘柄数が1469銘柄(約88%)に達し、日経平均の上げ幅は大引けにかけて256円に拡大。大幅反発。中国「元」の切り上げ期待が広がり、購買力向上の期待から伊藤忠商事<8001>(東1)が800円台を回復するなど、大手商社をはじめ海運・鉄鋼・機械株などが全面高。
 日経平均は後場一段上値を追い、1万251円90銭(256円88銭高)まで上げ、大引けも1万238円01銭(242円99銭高)だった。

 東証1部の出来高概算は17億7123万株、売買代金は1兆3029億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は1469(前引けは1414)、値下がり銘柄数は141(前引けは157)銘柄。また、東証33業種別指数は31業種(前引けは全業種)が高くなり、値上がり率上位は卸売り、海運、鉄鋼、機械、非鉄金属、不動産、精密機器、その他金融、電気機器、その他製品、輸送用機器、ゴム製品など。値下がり業種は保険、電力・ガス。

 中国の購買力向上の期待からユニ・チャーム<8113>(東1)が1万円に乗り高値を更新、資生堂<4911>(東1)は2000円台を回復。また、鉄鋼・海運・商社株が高くなり、紡績株も東洋紡<3101>(東1)が年初来高値に顔合わせなど、昭和初期の活躍業種が出そろう場面もあった。日立建機<6305>(東1)も6%を超える値上がり。
 また、ニコン<7731>(東1)が中期計画の発表を好感し急反発、政府のIT戦略構想を受け、さくらインターネット<3778>(東マ)なども高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:46 | 株式投資ニュース

TBSがFIFAサッカーW杯第3戦への期待を高めて続伸

 TBSホールディングス<9401>(東1)が大引けにかけて一段上値を試し1319円(30円高)をつけ、大引けも1316円と続伸。FIFAサッカー・ワールドカップ南ア大会で日本代表チームの決勝枠進出がかかる第3戦を24日深夜、中継放送するため、視聴率上昇の期待が出た。
 前週末の第2戦を放送したテレビ朝日<9409>(東1)は視聴率こそ記録的な伸びにはならなかったが、株価は14万1200円(2400円高)で大引けとなり堅調だった。
 なお、TBSはこれまでのW杯中継で放送順の関係から日本代表チームが負けてしまい出番がなかったと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:14 | 株式投資ニュース

エンシュウが値上がり率1位、機械株が軒並み高の中で低位株に人気拡がる

 エンシュウ<6218>(東1)が後場一段高、14時30分にかけて132円(17円高)となり、値上がり率14.8%で東証1部の1位を占めている。本日は機械株が受注の好調や中国の「元」切り上げ期待、対ドルでの円安定を背景に軒並み高となり、ファナック<6954>(東1)なども上げが目立つが、なかでエンシュウは絶対株価が安い点で手がけやすいとの指摘。同様の理由でOKK(大阪機工)<6205>(東1)も後場11%高の177円(19円高)で値上がり率2〜4位となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:52 | 株式投資ニュース

ソースネクストが「iPad」関連で一時値上がり率1位を争う

 ソースネクスト<4344>(東1)が急反発。前場3万9000円(6000円高)まで上げ、後場は14時20分現在3万6700円(3700円高)前後で推移し、値上がり率11.2%で東証1部の1位を争う動きとなった。本日のストップ高は4万円。買い材料としては、「iPad(アイパッド)」に対応した英語学習ソフト「超字幕R」シリーズが取り沙汰されており、発表は6月15日だが、年度内にシリーズを含め合計50タイトル以上の発売を目指すとした点に期待する動きがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:32 | 株式投資ニュース

任天堂が8日続伸基調で戻り相場の高値を更新

 任天堂<7974>(大1)が後場も一段上値を追い、前場の高値2万9180円(800円高)を更新。8日続伸基調となって戻り相場での高値を更新した。引き続き、3D(3次元)立体映像の新製品に対する期待があり、本日の円相場が、中国の「元」切り上げ期待にもかかわらず対ドルで安定しているため、中国向け事業での為替差益期待も株価押し上げ要因になっている様子だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:00 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは2年半ぶり2500円台のあと一服だが期待続く

 ソフトバンク<9984>(東1)は朝方2520円(32円高)まで上げて07年12月以来の2500円台を回復したが、後場は上げ一服ムードとなり13時現在は2483円(5円安)前後で一進一退。
 前週末まで9取引日続伸だった上、約2年半ぶりの大台回復ということもあり、目先的な資金の利食い売りが増えた様子だ。ただ、「iPhone(アイフォーン)」新機種の人気は6月24日の発売日に再び話題となる可能性があり、野村証券が前週末18日付けで目標株価を3180円から3320円に引き上げたことも依然、材料視する動きが続いている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:11 | 株式投資ニュース

【株式市場】中国「元」切り上げ期待広がり関連株中心に全般堅調

100620前引け 21日前場の東京株式市場は全般堅調。中国の「元」切り上げ期待が広がりユニ・チャーム<8113>(東1)が高値を更新するなど、東証1部の値上がり銘柄数は1414銘柄(約84%)に達した。
 日経平均の高値は中盤にかけて1万189円44銭(194円42銭高)まで上げ、前引けは1万172円20銭(177円18銭高)。

 東証1部の出来高概算は7億9927万株、売買代金は5791億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は1414、値下がり銘柄数は157銘柄。また、東証33業種別指数は全業種が高くなり、値上がり率上位は卸売り、機械、輸送用機器、鉄鋼、海運、非鉄金属、ゴム製品、その他製品などだった。

 中国が人民元の管理緩和を発表し、実質的な「元」切り上げ観測が広がり、資生堂<4911>(東1)が2000円台を回復したほか、鉄鋼株・海運・商社株などが高い。日立建機<6305>(東1)も目立つ値上がりとなった。
 また、ニコン<7731>(東1)が中期計画の発表を好感し急反発、キユーピー<2809>(東1)は増額修正を連日好感する形で続伸。トヨタ自動車<7203>(東1)なども高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:55 | 株式投資ニュース

帝人が目立って上昇、炭素繊維材料の電気自動車を好感

 帝人<3401>(東1)が一時290円(21円高)まで上げて前引けも286円(17円高)となり、6.3%高で東証1部の値上がり率13位につけた。自動車用の新たな炭素繊維材料を開発と日本経済新聞21日付け朝刊が伝えたことを受け、さる3月の発表で、炭素繊維複合材料を使用して重量が500kgを切る電気自動車の軽量コンセプトカー『PU_PA(ピューパ)EV』 を製作としたことが見直されていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:13 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは朝高で始まったあと値を消し軟調

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は朝方続伸し1万4210円(90円高)まで上げたものの9時半には軟化、10時にかけては1万3950円(170円安)となったあと1万4000円をはさんで一進一退。低価格衣料の生産拠点を中国などに置いているため、人民元の切り上げは労務コストなどの上昇要因との見方。朝方の上昇については、日経平均との連動性が高いことから、日経平均がいきなり114円25銭高(1万109円27銭)で始まったため機械的なサヤ寄せ買いが発生したとの見方だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:45 | 株式投資ニュース

JFEの2.8%高など鉄鋼株が人民元の切り上げを受け軒並み高い

 鉄鋼株が軒並み高。中国の人民元切り上げを受け、中国向けの輸出鋼材に関する為替差益に期待が高まっている。ジェイ エフ イー ホールディングス<5411>(東1)は10時を回り2.8%高の2961円(80円高)まで上昇。新日本製鐵<5401>(東1)も2.2%高の319円(7円高)。値動きが意外に軽快なため目先的な資金も入っている様子だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:12 | 株式投資ニュース

資生堂が人民元の切り上げを材料視、約1カ月ぶりに2000円台を回復

 資生堂<4911>(東1)が続伸。9時14分には2020円(43円高)と4月16日以来の2000円台回復になる強調展開。中国の人民元切り上げが為替メリットになるとの見方で脚光を集めている。8日続伸基調。
 中国市場ではグローバルブランド「SHISEIDO」をはじめ、同国のニーズに合わせた専用ブランド「オプレ」などを展開。元の切り上げは、同国を生産基地として他国に輸出するケースでは逆風になるが、同国を消費地とする場合は為替メリットが発生する余地があるとして材料視されている。

>>資生堂のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:24 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は中国でのスト収束など受け堅調、元の切り上げも影響薄

 トヨタ自動車<7203>(東1)は週明け21日、3255円(15円高)で寄った後3270円台に乗り堅調な始まりとなった。
 中国の系列部品工場で発生した賃上げスト・操業停止については、この週末で合意が成立し21日から操業再開と伝えられ、人民元の切り上げについても中国から他国への輸出は少なく「地産地消」型のため大きな影響はなさそうとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース