[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/19)【チャート・ワンコメント】日経平均の日足は上げ基調で来週は高い場面も
記事一覧 (06/19)【チャート・ワンコメント】西松屋チェーンはクセの悪い動き
記事一覧 (06/19)【チャート・ワンコメント】コンビは来週4月高値に挑戦がありそう
記事一覧 (06/19)【チャート・ワンコメント】ピジョンは長期モミ合った水準で、かなりのシコリ
記事一覧 (06/19)トヨタ自動車が天津で「主力工場停止」と伝えられる
記事一覧 (06/19)松田産業 宮崎県に100万円の義援金を拠出
記事一覧 (06/19)ぱど 「まみたん.net」全国版に横浜・横須賀エリア版をオープン
記事一覧 (06/18)テックファームが本社移転で減額、ただ家賃削減効果のほうが大−−引け後のリリース
記事一覧 (06/18)セブンのおにぎりなどで知られるフジフーズがMBOで上場廃止へ
記事一覧 (06/18)【注目株】西松屋チェーンの1Qは10%増益、1株益から割安感
記事一覧 (06/18)【注目株】夢真ホールディングスが「待機児童問題」解消に積極事業
記事一覧 (06/18)【注目株】ニチレイは相場の強さみて売り手が撤退を始めた様子
記事一覧 (06/18)第一生命保険は一時安値を更新、日経平均「1万円」保てず見送る
記事一覧 (06/18)【話題】消費者金融株がほぼ全面安!貸金業法改正で回収不能増を懸念する動き
記事一覧 (06/18)【話題株】ピジョンが戻り高値!「子ども手当満額断念」で揺さぶられる
記事一覧 (06/18)ソフトバンクは1月の年初来高値を更新!過去最大数の予約で受付中止に
記事一覧 (06/18)【株式市場】自動車株は見送られるがW杯関連はじめ材料株が人気
記事一覧 (06/18)高島屋が上値を追いジリ高トレンドを継続、月次回復など好感
記事一覧 (06/18)テレビ朝日がFIFAサッカーW杯・第2戦の放送を材料に高い
記事一覧 (06/18)ミロク情報サービスが朝高の後も底堅い、消費税率の変更論議に注目
2010年06月19日

【チャート・ワンコメント】日経平均の日足は上げ基調で来週は高い場面も

■日経平均のチャート・ワンコメント

チャート・ワンコメント 【日足】=18日(金)は、高値1万0029円、安値9965円があって、前日比4円安の9995円。2日連続の陰線ながら、値もちは悪くない。15日に30日線を上抜いて以降、同線の上で推移し、日足では上げ基調。次の上値のフシは1万0197〜1万0500円。株主総会前の来週は高い場面がありそうだ。

 【週足】=今週(14〜18日)は、高値1万0109円、安値9819円があって、週末引けは、前週末比289円高の9995円。週足4本、連続の陽線。13週線、26週線は共に1万0350円前後に位置する。最近では、週足連続陽線は5本までとなっており、来週が陽線としてもフシ目になる可能性hあある。両移動平均線を抜いても、上ヒゲ足の心配は残る。高いところは手持ちは外すのがよいだろう。

 【月足】=月足の最新は5月。5月に24ヵ月線を切っているが、6月は現時点では持ちこたえている。このまま堅調に推移し、6月末値段が1万0200円ていど以上なら、再び、24ヵ月線を上抜く。そうなれば、5月の陰転はダマシとなるのだが。今の段階では不透明。消費税を打ち出した菅内閣の支持率がポイントとなりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:38 | 株式投資ニュース

【チャート・ワンコメント】西松屋チェーンはクセの悪い動き

■子供手当て関連、週足

チャート・ワンコメント 西松屋チェーン<7545>(東1)=今週(14〜18日)は、高値918円、安値878円があって、引けは前週末比8円高の904円。4月第1週に大陽線が出現、1000円を突破し1117円の高値をつけた後の調整場面が継続。本来、あの大きい陽線で、もっと伸びていなくてはいけなかった。このように、これまでの動きは、子供手当て関連の有望銘柄として、それなりの人気となるものの、期待ほどの相場にはなっていない。期待が高まれば天井、諦めれば底打ちして出直りという、やや、クセの悪い動き。現在は、13週線と26週線の間でのモミ合い。下値を仕込んで、吹いたら売る、という戦法がよいだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:42 | 株式投資ニュース

【チャート・ワンコメント】コンビは来週4月高値に挑戦がありそう

■子供手当て関連、週足

チャート・ワンコメント コンビ<7935>(東1)=今週(14〜18日)は、高値735円まであって、引けは前週末比32円高の725円。3本、連続の陽線。直近4月21日に793円と買われた時の整理は完全に終わっていないものの、来週は4月高値に挑戦がありそう。ただ、800円前後は、09年3,4月、同7〜9月に何度も買われ、壁を作ってしまっている。子供手当て材料は、相当に織り込み、新鮮味に欠ける。逆張り投資で。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:35 | 株式投資ニュース

【チャート・ワンコメント】ピジョンは長期モミ合った水準で、かなりのシコリ

■子供手当て関連、週足

チャート・ワンコメント ピジョン<7956>(東1)=今週(14〜18日)は、高値3335円があって、引けは前週末比115円高の3320円。3本、連続の陽線。今週の高値は13週線で頭を押さえられた。26週線は、さらに上で3450円ていどに位置。とくに、3500〜3900円は長期モミ合った水準で、かなりのシコリ帯。ここを抜くのは難しいだろう。PERは約19倍。四季報最新号では12年1月期が営業減益見通しとなっていることも頭を押さえそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:31 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車が天津で「主力工場停止」と伝えられる

■下値は3000円前後まで余裕

株式市場の話題 トヨタ自動車<7203>(東1)の中国拠点で「主力工場停止」と19日の日本経済新聞・朝刊などが伝えた。グループの部品会社・豊田合成<7282>(東1)などの現地工場から部品の調達ができなくなったため。賃上げ要求やストライキは、一昨日の17日午後から断続的に伝えられていた。

 トヨタ自動車の株価は週末18日、3240円(55円安)で終了。この1年2カ月ほどは横ばい相場となっており、下値は09年5月以降およそ3200円、上値は同4200円。ここもとは、この横ばい相場の下限を割るか保つか微妙な段階。割った場合は3000円割れを念頭に下げ止まりを見定める局面といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:59 | 株式投資ニュース

松田産業 宮崎県に100万円の義援金を拠出

 松田産業<7456>(東1)は、宮崎県において発生している口蹄疫により被害を受けている畜産農家を支援するため、宮崎県(宮崎県口蹄疫被害義援金)に100万円の義援金を拠出した。

>>松田産業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:37 | 株式投資ニュース

ぱど 「まみたん.net」全国版に横浜・横須賀エリア版をオープン

■0〜6歳児を持つ母親の子育てを応援するコミュニティサイト

ぱどホームページ フリーの情報誌「ぱど」を発行するぱど<4833>(大ヘ)は、同社グループが運営する0〜6歳児を持つママの子育てを応援するコミュニティサイト「まみたん.net」全国版に横浜・横須賀エリア版をオープンした。
 母親同士で子育て情報を交換したり、同じ年齢の子供を持つ母親を探したり、毎日の子育てで困ったことや、知りたい情報を捜すことが出来る掲示板があり、子育てに関する情報を何でも得ることが出来る。
 一人で悩むより、みんなの情報を得ることで、問題の解決につながるように手助けする子育て応援サイトである。

横浜・横須賀エリア版

>>ぱどのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:28 | 株式投資ニュース
2010年06月18日

テックファームが本社移転で減額、ただ家賃削減効果のほうが大−−引け後のリリース

■移転特損22に対し節約効果60

引け後のリリース、明日の1本 モバイル向けソフト開発のテックファーム<3625>(大ヘ)が18日の大引け後、本社移転費用にともなう特別損失で業績予想の減額修正を発表。ただ、移転による地代家賃の削減効果が移転特損を上回るため、週明けの株式市場では前向きの出費と評価する可能性がある。
 本社・分室を1カ所に集約し効率化するため、11月中旬の予定で本社を現在の東京都渋谷区から同新宿区に移転。これにともない約2200万円の特別損失を7月本決算に計上。今7月期の純利益の予想を従来の3400万円から1200万円に変更した。

■事業所まとまり効率化進む

 ただ、移転による地代家賃の削減効果は年約6000万円になり、初年度も約3000万円発生するとした。事業所間のコミュニケーションロスの削減効果なども見込めるため、スマートフォン向けの開発案件などが注目される。

 18日の株価終値は6万3000円(1600円安)となり小幅続落。ただ、トレンドは5月27日につけた5万500円を安値に底堅く、以後おおむね6万円〜7万円の間で横ばい。特定株比率が70%を超えているため、日頃の売買では値が飛びやすい銘柄といえ、動き出すと資金が集まるタイプとされている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:09 | 株式投資ニュース

セブンのおにぎりなどで知られるフジフーズがMBOで上場廃止へ

■1株500円で21日から公開買い付け

 セブン−イレブン向けの惣菜・おにぎりなどで知られるフジフーズ<2913>(JQ)が18日の大引け後、現経営陣による買収(MBO:マネジメント・バイアウト)を発表。1株500円で公開買い付けを行い、同社は上場廃止になる見込み。

 株式の買い付けは企業投資ファンド系のFホールディングス(東京都千代田区)が行い、買い付け期間は6月21日から8月2日まで。フジフーズの創業者社長・大村近三郎氏、および副社長・大村剛史氏は、この買い付け者の買い要請に保有株式を応募したあと、買い付け者に出資し、買い付け者と共同で引き続きフジフーズの経営に当たるという。

 フジフーズの株価は18日、280円(14円高)で大引けとなり、反発。年初来の安値250円(5月28日)から戻り相場となっている。MBO価格500円に向けて動くことになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:53 | 株式投資ニュース

【注目株】西松屋チェーンの1Qは10%増益、1株益から割安感

■子ども手当て満額消滅の割に底堅い

注目銘柄 西松屋チェーン<7545>(東1)が18日の大引け後、第1四半期決算(1Q:2月21日〜5月20日)を発表。天候不順により衣料部門がさえず、売上高は前年同期比1.3%減の約295億円となったが、在庫管理の進展などにより営業利益は同1.5%増の約24億円となった。
 通期の業績予想は期初の予想を据え置き、売上高は前期比6.1%増の約1249億円、営業利益は同10.2%増の約101億円。予想1株利益は85円39銭。

 18日の株価終値は904円(2円高)となり小反発。材料的には、菅新内閣が「子ども手当て」の満額支給を断念と伝えられ、肩スカシ感が出たが、その割に直近3日間の終値は901円〜904円で推移し、底堅さをみせた。株価は1000円でも予想1株利益の12倍未満に過ぎず、割安修正の上げ相場に転じる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:03 | 株式投資ニュース

【注目株】夢真ホールディングスが「待機児童問題」解消に積極事業

■東京都から保育所の認証を取得

注目銘柄 現場監督派遣などの大手・夢真ホールディングス<2362>(大ヘ)が18日の夕方、東京都墨田区から今年度の保育所設置・運営認証を取得、同区・錦糸町駅前に11月1日、東京都の認証保育所を開設する予定とした。認証を取得したのはグループ会社・我喜大笑。

■企業内託児所なども計画

 同社では、すでに待機児童問題の解消に寄与する目的で保育施設の設置や派遣保母業務を行なっているが、今後は、安定的な収益が見込める東京都の認証保育所などの増設・受託に軸足を置き、2010年10月から11年9月の間に8保育所を開設し、13年9月には25カ所を開設・運営する計画。
 並行して既存事業の保育士・幼稚園教師の派遣及び紹介事業を強化し、ベビーシッター事業を開始、企業内託児所業務の受託など、法人向け保育サービスの提供も進めるとした。(画像=保育士派遣事業のWEBサイト)
 
■株価は10〜12週サイクルの調整進む

 18日の株価終値は89円(3円安)。4月につけた年初来の高値106円からほぼ2カ月にわたり調整相場を続けてきた結果、PERは20倍を下回ってきた。テクニカル的には、週足で10週〜12週サイクルの日柄調整が進んできたとの見方があり、調整終了が接近している可能性があるという。

(画像=保育士派遣事業のWEBサイト)

>>夢真ホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:31 | 株式投資ニュース

【注目株】ニチレイは相場の強さみて売り手が撤退を始めた様子

■内外で低温物流の拠点拡充

注目銘柄 ニチレイ<2871>(東1)が後場386円(6円高)まで上げ、年初来高値だった381円(6月14日、17日)を更新、大引けも384円で3日続伸となった。信用売り残が買い残とほぼ拮抗状態の中で、高値更新目前の強調相場を続けてきたため、信用売りを行なっている向きが週末を機に建て玉を手仕舞う動きを活発化させ、清算のための買い注文が増えた模様。

■予想1株利益は25円50銭

 この結果、次の上値メドは09年6月の高値400円から09年1月の高値431円の前後が見込まれることになった。今期は減益を見込むが、5月に発表した中期計画では、川崎市などで低温物流事業の大型拠点新設、フランスの低温物流企業の買収活用、ポーランドの新センター、中国での第2センター早期建設など、意欲的な世界戦略が示されている。予想1株利益は25円50銭。株価450円でもPERは17倍台にとどまる。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:58 | 株式投資ニュース

第一生命保険は一時安値を更新、日経平均「1万円」保てず見送る

 第一生命保険<8750>(東1)は続落となり、後場13万3500円(4200円安)まで下げる場面があり、年初来の安値だった13万3700円(6月8日)を一時更新。大引けは13万5200円(2500円安)だった。
 今期の業績予想は、日経平均「1万1000円」を前提に連結売上高を前期比18.3%減、経常利益を同3.6%増などとしており、このところの相場で日経平均の1万円台回復が終値では一昨日(6月16日)だけという状況のため、前提に程遠い相場で見送りムードが拭えなかったようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:08 | 株式投資ニュース

【話題】消費者金融株がほぼ全面安!貸金業法改正で回収不能増を懸念する動き

株式市場の話題 消費者金融株がほぼ全面安となり、大引けは武富士<8564>(東1)が7.6%安の279円(23円安)、プロミス<8574>(東1)が6.1%安の648円(42円安)、アコム<8572>(東1)が5.6%安の1129円(67円安)など。東証33業種別指数では「その他金融」が値下がり率1位だった。
 改正貸金業法が本日(18日)から完全施行されたことを受け、年収の3分の1を超えて利用している推定600万〜700万人の利用者層が追加融資を受けられず困窮した場合、ケースによっては融資額の回収不能が増加しかねないと懸念する動きが出ていた。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:37 | 株式投資ニュース

【話題株】ピジョンが戻り高値!「子ども手当満額断念」で揺さぶられる

話題株 ピジョン<7956>(東1)は前場3195円(90円安)まで下げたものの、後場は切り返して3335円(50円高)まで上げ、大引けも3320円(35円高)。3日続伸となり、戻り相場での高値を更新した。
 朝方は民主党の参院選マニフェストで「子ども手当」の満額断念と伝えられて落胆感が漂ったが、結果的には、確信がないまま買い持ちしていた投資家が揺さぶられて投げ売りに走り、荷もたれ玉が減って値動きが軽くなる「ふるい落し」が発生したとの見方があった。目先的な売り物が減ったとすれば、5月上中旬のもみあい水準である3400円前後まではスンナリ行くとの指摘も。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:12 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは1月の年初来高値を更新!過去最大数の予約で受付中止に

 ソフトバンク<9984>(東1)が大引けにかけて2493円(70円高)まで上げ、大引けも2488円(65円高)となり9日続伸。年初来の高値だった2485円(1月22日)を更新した。
 「iPhone(アイフォーン)」新機種の人気が好調で、野村証券が昨18日付けで投資判断を「1」継続のまま目標株価を3180円から3320円に引き上げたことも材料視された。

■予約注文殺到で受付を一旦中止

 ソフトバンクモバイルは、iPhone4の予約注文の受付を開始したが、これまでに予測をはるかに超える、ソフトバンクとして過去最大数の予約となり、6月18日の閉店時間をもって予約注文の受付を一旦中止すると発表。(6月24日から一部の店舗では、数量限定で当日販売分を用意する

ソフトバンクは1月の年初来高値を更新!過去最大数の予約殺到で受付中止

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:48 | 株式投資ニュース

【株式市場】自動車株は見送られるがW杯関連はじめ材料株が人気

100618大引け 18日大引けの東京株式市場は、後場に入り手控え気分を強める展開。政府筋が衆議院の解散に言及と伝えられ、値動きが鈍ると、今夜の欧州株式も気がかり要因になり手を出しづらい雰囲気となった。
 日経平均は前場1万29円11銭(29円71銭高)まで上げたが、後場はジリ安傾向となり9965円16銭(34円24銭安)まで下落、大引けは9995円02銭(4円38銭安)だった。

 東証1部の出来高概算は少なめで15億5526万株、売買代金は1兆1387億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は827(前引けは599)、値下がり銘柄数は705(前引けは855)銘柄。また、東証33業種別指数は15業種(前引けは11業種)が高くなり、石油・石炭、その他製品、情報・通信、パルプ・紙、繊維製品、金属製品、倉庫・運輸、食品、水産・農林、小売り、医薬品などが高い。一方、値下がりは、その他金融、不動産、保険、証券・商品先物、輸送用機器、鉄鋼、銀行、卸売り、精密機器、電気機器などだった。

 中国での賃上げ要求・ストがトヨタ自動車<7203>(東1)グループでも伝えられ、自動車関連株が軟調。半面、スマートフォン好調なソフトバンク<9984>(東1)が売買代金1位で9日続伸、任天堂<7974>(大1)は立体画像の新ゲーム機を材料に7日続伸、キユーピー<2809>(東1)は増額修正を好感し1000円を回復など材料株・好業績株が人気を集めた。
 FIFAサッカーW杯関連でミズノ<8022>(東1)が続伸しテレビ朝日<9409>(東1)も高い。ユニ・チャーム<8113>(東1)は子会社のTOB完了を受けて高値を更新。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:32 | 株式投資ニュース

高島屋が上値を追いジリ高トレンドを継続、月次回復など好感

 高島屋<8233>(東1)が14時30分にかけて779円(15円高)まで上げた後も堅調で、大引けは777円(13円高)。15日に発表した5月の百貨店部門の売上高が2年2カ月ぶりのプラスとなり、ジリ高トレンドを継続している。月次動向の好転に続き、例年6月下旬に発表される第1四半期(3〜5月)の決算にも期待があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:01 | 株式投資ニュース

テレビ朝日がFIFAサッカーW杯・第2戦の放送を材料に高い

 テレビ朝日<9409>(東1)が後場寄り後に13万9500円(1500円高)まで上げ、14時45分を回っても13万8800円(800円高)で堅調・反発。FIFAワールドカップW杯・南ア大会で今週末19日(土)の夜、日本代表チームの第2戦(対オランダ)を独占放送するため、高視聴率への期待が材料視されている。全試合を生中継するスカパーJSATホールディングス<9412>(東1)は軟調。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:52 | 株式投資ニュース

ミロク情報サービスが朝高の後も底堅い、消費税率の変更論議に注目

 ミロク情報サービス<9928>(東2)が朝方220円(7円高)まで上げ、後場は212円(1円安)前後で推移し、ここ約1カ月続く下値圏の210円を保ち底堅い動きとなっている。菅首相が具体的な消費税率に言及したことを受けて、会計処理ソフトなどの更新需要に期待が集まった。

 市場では、オービックビジネスコンサルタント<4733>(東1)が昨日まで5日続伸し、交代するようにミロク情報サービスが動意づいた点で、これらの銘柄が断続的に交互物色されるとの見方が出ている。

>>ミロク情報サービスのMedia−IR企業情報

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:38 | 株式投資ニュース