[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/28)JVC・ケンウッドが3年後黒字・配当実施の中期計画−−引け後のリリース
記事一覧 (05/28)【人気銘柄】セラーテムはiPad発売で同社製品が見直されS高!増額修正も
記事一覧 (05/28)【人気銘柄】スターティアは「iPad」向け電子書籍脚光!値上がり率3位
記事一覧 (05/28)【人気銘柄】インフォテリアが「iPad」向けソフト発売で値上がり率4位
記事一覧 (05/28)久光製薬が野村證券の目標株価4200円を受け急反発
記事一覧 (05/28)【人気銘柄】レナウンが再騰し一時S高、期待と思惑が先行との見方
記事一覧 (05/28)メガチップスが続伸、みずほ証券の積極評価と任天堂の上げを好感
記事一覧 (05/28)商船三井が3日続伸、原油高は逆風だが資源関連株に効果と前向き材料
記事一覧 (05/28)フォスター電機は続伸、「iPad」発売でアップル関連事業を想起
記事一覧 (05/28)【話題株】第一生命は大引け間際にマイナス転換!TOPIX圧迫を回避?
記事一覧 (05/28)28日の東京株式市場は欧米株高など受け輸出・資源株中心に日経平均円123円高
記事一覧 (05/28)ソフトバンクは後場一服だが弱含むと買いが現われ強い動き
記事一覧 (05/28)AOCホールディングスが頑強、信用売りの手仕舞い買いも
記事一覧 (05/28)コマツは後場一服だが温家宝首相の来日を控え思惑くすぶる
記事一覧 (05/28)川崎重工業が米国で過去最大級の鉄道受注を好感し上値追う
記事一覧 (05/28)第一生命は3日続伸し売買代金1位、TOPIX算出対象で思惑
記事一覧 (05/28)iPadに対抗のソニーが電子書籍事業への進出を材料に続伸
記事一覧 (05/28)28日前場の東京株式市場は欧州の安定受けほぼ全面高、日経平均165円高
記事一覧 (05/28)中国の繊維大手・山東如意科技集団有限公司(山東省)との間で資本業務提携
記事一覧 (05/28)くらコーポレーションが増額修正を好感し反発
2010年05月28日

JVC・ケンウッドが3年後黒字・配当実施の中期計画−−引け後のリリース

■本社売却など大胆な策を実施

引け後のリリース、明日の1本 JVC・ケンウッド・ホールディングス<6632>(東1)が28日の大引け後、中期経営計画(11年3月期〜13年3月期)を発表。経営基盤の再構築に向けて本社売却、ビデオカメラ部門の海外移管などを進めるとした。

■音楽関連事業は引き続き材料性

 計画期間内の黒字転換と配当実施をめざし、数値目標は最終年度の連結売上高を2800億円(10年3月期は約3986億円)、営業利益は145億円(同64億円の赤字)、純利益は45億円(同277億円の赤字)。
 同社は、エンタテインメント事業ではサザンオールスターズ、SMAPなどの有名アーティストを抱える点が強み。一時、この事業関連会社にソフトバンク<9984>(東1)の出資観測が流れたことがあり、引き続き事業提携などの材料性がある。

 28日の株価終値は36円(前日比変わらず)。ソフトバンクとの提携観測で4月に64円の高値をつけたあとは30円台に戻った動きだが、ここ2週間は下値を35円として横ばい相場。中期計画を受けて、提携などの材料に期待する余地が出てきたといえる。仮に、この水準を割る場合は30円割れが下値メド。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:52 | 株式投資ニュース

【人気銘柄】セラーテムはiPad発売で同社製品が見直されS高!増額修正も

 セラーテムテクノロジー<4330>(大ヘ)が8万5300円(1万5000円高)のストップ高となり高値引け。「iPad」発売を受け、同社製品のオンデマンド画像拡大コンポーネントが見直された。値上がり率21%で大証ヘラクレス市場の値上がり率1位。
 大引け後、6月期の業績予想を増額修正、連結売上高をこれまでの25億円から34億円に、経常利益は同3.7億円から5.5億円に修正した。

 iPad向けのWEBページに同製品のオンデマンド画像拡大コンポーネントを導入すると、大画面のタッチスクリーンでタップやピンチをしながら、画像の拡大/縮小/移動が可能になり、iPadの大画面で直感的なインターフェイスを活用したコンテンツ制作をする際に利用しやすいツールとなっている。

セラーテムはiPad向けオンデマンド画像拡大コンポーネント提供

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:30 | 株式投資ニュース

【人気銘柄】スターティアは「iPad」向け電子書籍脚光!値上がり率3位

 スターティア<3393>(東マ)が連日急伸。グループ企業が電子書籍作成ソフトに「iPhone」向け機能を追加と発表し、「iPad」向けも近日公開としたことを材料視。一時29万8900円(4万8900円高)まで上げ、大引けも14%高の28万5300円(3万5300円高)東証マザーズ市場の値上がり率3位につけた。

 同社の子会社であるスターティアラボは、本日(5月28日)より電子ブック作成ソフト「デジタリンクアクティブック」(以下「アクティブック」)にiPhone(TM)(アイフォーン)用の電子ブックが作成できる機能を追加した「アクティブックカスタム2」の提供を開始した。
 今回の機能追加は、出版社を中心とした「アクティブック」採用企業から対応化への要請が背景としてあり、出版社などコンテンツ提供会社は「アクティブックカスタム2」のオーサリングツール(編集画面)で、iPhone用の電子ブックデータを作成することができる。

(写真=iPhone 画面で表示された『アクティブック』)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:14 | 株式投資ニュース

【人気銘柄】インフォテリアが「iPad」向けソフト発売で値上がり率4位

 インフォテリア<3853>(東マ)が連日急伸。28日発売となった「iPad」向けコンテンツ作成・配信・閲覧サービス「Handbook」を同日販売開始と昨27日に発表。一時12万3900円(2万3900円高)まで上げ、大引けも13%高の11万3000円(1万3000円高)となり、東証マザーズ市場の値上がり率4位だった。

 「Handbook」iPad対応版は、iPad専用アプリ「Handbook HD グループ版(無料)」とコンテンツの作成/編集を行う「Handbook Studio」で構成されている。「Handbook HD グループ版」は、教育機関や企業内などの特定グループ内でのコンテンツ閲覧に特化したiPadアプリケーションで、iPadの持つ広い画面と革新的な使い勝手を活かしたユーザーインターフェイスを備えている。iPad版独自の機能として、動画やPDF、Excel、PowerPointファイルのプロジェクタ出力に対応し、iPadで資料のプロジェクタ表示も実現する。また、iPadの広い画面を活かして1画面で動画を表示しながら文章を読むことも可能となった。

 iPadコンテンツの作成/編集は、iPhone版と同様に「Handbook Studio」でPCのブラウザを使ってワープロで文書を作るのと同様に簡単に行うことができる。iPadやHTMLなどの専門知識は不要で、短期間、低コストでiPhone、iPadへのコンテンツ配信が実現できる。作成されたコンテンツは、iPad、iPhoneのどちらからも閲覧が可能となり、それぞれの機器の特性を活かした表示/操作機能を利用できる。

インフォテリアがiPad向けコンテンツ作成/配信「Handbook」を販売

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:11 | 株式投資ニュース

久光製薬が野村證券の目標株価4200円を受け急反発

 久光製薬<4530>(東1)が後場3345円(115円高)まで上げ、大引けも3320円(90円高)となり急反発。野村ホールディングス<8604>(東1)の野村證券が投資判断を新規に「1」、目標株価4200円としたことが材料視された。終値の3300円台は5月20日以来。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:48 | 株式投資ニュース

【人気銘柄】レナウンが再騰し一時S高、期待と思惑が先行との見方

 レナウン<3606>(東1)が急伸し、一時ストップ高となる309円(80円高)をつけた。大引けも30%高の299円(70円高)で、東証1部の値上がり率1位。中国の繊維大手・山東如意科技集団有限公司(山東省)との資本提携を24日に発表してから人気が沸騰し、26日に264円まで急騰。27日は一服したが、期待と思惑が先行し「理外の理の相場」との見方。山東如意集団は7月30日払い込みでレナウンの株式41.18%を保有する1位株主になる予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:38 | 株式投資ニュース

メガチップスが続伸、みずほ証券の積極評価と任天堂の上げを好感

 メガチップス<6875>(東1)が一時1285円(54円高)まで上げて大引けも1277円(46円高)となり続伸。システムLSIの大手。みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)のみずほ証券が投資判断を「アンダーパフォーム」から「ニュートラル」に引き上げ、目標株価も1100円から1300円に引き上げたと伝えられた。取引先の任天堂<7974>(大1)が一時2万7100円(1070円高)と続伸した動きに連動との見方もあった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | 株式投資ニュース

商船三井が3日続伸、原油高は逆風だが資源関連株に効果と前向き材料

 商船三井<9104>(東1)が一時662円(13円高)まで上げ、大引けは650円(1円高)とダレたものの3日続伸。終値での650円台回復は5月17日以来となった。ここ、バルチック海運指数の続騰などを材料に堅調で、28日は原油高がアタマ抑えとなったものの、資源関連株としての人気が上回った形となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:57 | 株式投資ニュース

フォスター電機は続伸、「iPad」発売でアップル関連事業を想起

 フォスター電機<6794>(東1)は米アップル向けの電子部品が好調とされ、「iPad」発売を受けて前場2438円(86円高)まで上昇。大引けは2396円(44円高)。大幅続伸。ただ、始値と終値が近く、高値と安値が離れ、来週の相場観は強弱拮抗となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:35 | 株式投資ニュース

【話題株】第一生命は大引け間際にマイナス転換!TOPIX圧迫を回避?

■大引け間際8分ほどでマイナス転換

話題株 第一生命保険<8750>(東1)は大引け間際の8分ほどで急速に値を消し前日比マイナスに転換、安値引けの14万8100円(2200円安)。3日続伸とならなかった。売買代金はトヨタ自動車<7203>(東1)を上回り1位。

■TOPIX算出対象になる関門は通過

 本日28日の大引け値でTOPIX(東証株価指数)の算出対象に加わるため、TOPIX連動投信などからの組み入れ買いを先取る動きが言われてきたが、一方では、同社株を組み入れる場合、他の銘柄の保有割合を時価総額・浮動株比率に応じて減らすリバランスが必要とされ、組み入れ買いの期待がある半面でTOPIX自体の値下がり懸念も言われていた。

 結果としては、第一生命保険の値が下がればTOPIXへの圧迫が減ることになり、日経平均で1万円を割り込んでいる株式市場の水準が保たれた形になったという。TOPIX算出対象になる関門は通過。TOPIXの大引けは878.52ポイント(8.63ポイント高)、日経平均は9762円98銭(123円26銭高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:20 | 株式投資ニュース

28日の東京株式市場は欧米株高など受け輸出・資源株中心に日経平均円123円高

100528大引け 28日の東京株式市場は、東証33業種のうち30業種が高くなり、1部上場銘柄の約73%が値上がりし、ほぼ全面高。欧米株式がスペインの財政緊縮法案などを受けて軒並み高となり、為替もユーロ高・円安傾向となったことが好感された。
 大引けにかけては、第一生命保険<8750>(東1)がTOPIX(東証株価指数)の算出対象に加わるため、TOPIX連動投信などから保有銘柄のリバランス売買がみられ、第一生命保険はマイナスに転換。

 日経平均は大幅続伸し、前場9824円85銭(185円13銭高)まで上上昇。後場は中だるみ相場となったが大引けも9762円98銭(123円26銭高)だった。
 東証1部の出来高概算は23億1896万株、売買代金は1兆7762億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は1229、値下がり銘柄数は348銘柄。また、東証33業種別指数は30業種が高くなり、値上がり率上位は鉱業、保険、石油・石炭、その他製品、電気機器、空運、非鉄金属、卸売り、建設、小売り、サービスなど。一方、安い業種はその他金融、電力・ガス、銀行だった。
 
 ソフトバンク<9984>(東1)が「iPad」発売人気を材料に終日高く、原油高を材料にAOCホールディングス<5017>(東1)などの石油関連株、三井物産<8031>(東1)などの資源関連株が高かった。自動車株・電機・精密・機械などの輸出株はほぼ全面高。中国拠点がストのため生産停止と伝えられたホンダ<7267>(東1)も高い。電子書籍・出版事業を材料にソニー<6758>(東1)が活況高、また、昼に過去最大級の電車受注を発表した川崎重工業<7012>(東1)も続伸。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:33 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは後場一服だが弱含むと買いが現われ強い動き

 ソフトバンク<9984>(東1)がしっかり。「iPad」発売人気を材料に前場2228円(80円高)まで上げた後は売り買い交錯となり、後場は2200円を出没する動きだが、野村ホールディングス<8604>(東1)の野村證券が本日付で投資判断「1」継続のまま目標株価を3090円から3180円に引き上げたと伝えられており、弱含むと買いが現われる強い展開となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:49 | 株式投資ニュース

AOCホールディングスが頑強、信用売りの手仕舞い買いも

 AOCホールディングス<5017>(東1)が14時を回って再び600円(35円高)を回復。前場612円(47円高)まで急伸した後は小休止商状となっていたが、週末取引日とあって、信用売りを手仕舞うための買い注文も入っているようだ。 今夜のNY原油が続伸すれば週明けに一段高の可能性が強まるため、売り手にとっては安眠できない情勢という。
 NY原油は昨夜、先物の中心限月が74.55ドル(3.04ドル高)の大幅高となり続伸、メキシコ湾での流出事故に加えて、欧州の債務国問題が安定すれば景気回復を通じて石油需要も回復するとの読みから、NY株の284ドル高を受けて「株高=景気回復=原油高」の予想が高まっているという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:28 | 株式投資ニュース

コマツは後場一服だが温家宝首相の来日を控え思惑くすぶる

 コマツ<6301>(東1)が前場1724円(58円高)まで上げ、後場も1690円をはさんで大幅続伸基調を継続。後場は上げ一服の様子だが、市場では、5月30日に中国の温家宝首相が来日する予定のため、国家規模での事業開発案件などに期待する動きが出ている。
 1700円台回復は5月17日以来。昨日まで下値1588円、上値1683円で底もみ状態だったが、本日はこれを離脱高。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:35 | 株式投資ニュース

川崎重工業が米国で過去最大級の鉄道受注を好感し上値追う

 川崎重工業<7012>(東1)が前引け後、同社として過去最大規模の鉄道受注案件を米ワシントン首都圏交通局から内定と発表。後場一段上値を追い、前場の高値263円(13円高)を上回る相場となった。
 この受注は、同交通局からは初めてで、地下鉄電車428両分で約8.8億ドル(約810億円)。最大320両分のオプション契約がついており、全て受注した場合は生産総数748両、約14.8億ドル(約1350億円)で過去最大級の案件になるとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:05 | 株式投資ニュース

第一生命は3日続伸し売買代金1位、TOPIX算出対象で思惑

 第一生命保険<8750>(東1)は28日前場、3日続伸となり、朝方15万4300円(4000円高)まで上げた後もよく値を保ち、前引けも15万4200円(3900円高)となった。売買代金は1位。
 本日28日の大引け値でTOPIX(東証株価指数)の算出対象になるため、TOPIX連動投信などの組み入れ買い予想800億〜900億円が期待材料とされた。また、業績見込みを日経平均「1万1000円」の前提で立てており、日経平均の大幅続伸(165円74銭高の9805円46銭)も買い安心感になった様子。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:12 | 株式投資ニュース

iPadに対抗のソニーが電子書籍事業への進出を材料に続伸

 ソニー<6758>(東1)の前引けは2869円(81円高)、買い気配で始まり一時2878円まで上げた。電子書籍事業への進出発表が「iPad」の発売日と重なりタイムリーな材料になった。
 昨27日、朝日新聞社、凸版印刷<7911>(東1)KDDI<9433>(東1)の4社共同で、電子出版物・電子書籍の配信事業会社を設立と発表したことが材料視された。出版社や新聞社などが安心してデジタルコンテンツを提供できる環境を整備し、国内最大級の電子書籍配信プラットフォーム構築を目指すとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:57 | 株式投資ニュース

28日前場の東京株式市場は欧州の安定受けほぼ全面高、日経平均165円高

100528前引け 28日前場の東京株式市場は、東証1部銘柄の約84%が値上がりし、ほぼ全面高。スペインで財政緊縮法案が下院を可決したこと、中国とクウェートがユーロ債の圧縮観測を否定したことなどを受けて欧米株式が軒並み高となり、ユーロ高・円安傾向となったことが好感された。第一生命保険<8750>(東1)も高い。

 日経平均は大幅続伸し、一時9824円85銭(185円13銭高)まで上げ、前引けも9805円46銭(165円74銭高)。5月21日以来1週間ぶりの9800円台回復となった。
 東証1部の出来高概算は9億9019万株、売買代金は7029億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は1412、値下がり銘柄数は181銘柄。また、東証33業種別指数は全業種が高くなり、値上がり率上位は鉱業、保険、石油・石炭、不動産、電気機器、機械、その他製品、空運、海運、建設、小売りなど。一方、値上がり率の低い業種は電力・ガス、パルプ・紙、食品、水産・農林、情報・通信などだった。
 
 自動車株・電機・精密などの輸出株がほぼ全面高となり、中国拠点がストのため生産停止と伝えられたホンダ<7267>(東1)も高い。本日の「iPad」発売に関連しソフトバンク<9984>(東1)が高く、ヤマダ電機<9831>(東1)も高い。また、ソニー<6758>(東1)が朝日新聞社などとの電子書籍・出版事業を材料に活況高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:40 | 株式投資ニュース

中国の繊維大手・山東如意科技集団有限公司(山東省)との間で資本業務提携

 レナウン<3606>(東1)は28日、反発基調。233円(4円高)で寄ったあと上値を追い255円前後での推移となっている。
 中国の繊維大手・山東如意科技集団有限公司(山東省)の出資を得ると24日発表してから材料株人気が沸騰し、26日に264円まで急騰。本日は週末取引のため、尻上がりで大引けを迎えて欲しいとの期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

くらコーポレーションが増額修正を好感し反発

 くらコーポレーション<2695>(東1)が10分間買い気配を上げた後1478円(70円高)で始まり堅調。第2四半期(09年11月〜10年4月)および10月通期の業績予想を増額修正したことが材料視されている。
 昨27日の大引け後、第2四半期・通期の業績予想を増額修正。売上高は前回予想から小幅未達の見込みとしたが、通期の経常利益予想を50.5億円から53.6億円に、純利益は27.3億円から29.8億円に増額した。通期の予想については、下期が不透明なため上期の増額分をスライドさせただけとしたため、情勢次第では再増額の可能性もあるとの期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース