[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/26)パナソニックがリチウムイオン電池の最新工場を材料に連騰、高値引け
記事一覧 (03/26)メディアシークが「iPhone」関連技術を見直しストップ高
記事一覧 (03/26)三菱電機が3日ぶりに高値を更新、野村證券など積極評価
記事一覧 (03/26)ヤクルト本社が後場一段高、上海や香港株の堅調さ受け反発幅を拡大
記事一覧 (03/26)ヤマノホールディングスが優先株の発行で債務超過を解消の見通しと発表
記事一覧 (03/26)八洲電機はスマートグリッドのアジア太平洋諸国への拡大を材料視、連日高値
記事一覧 (03/26)住友不動産が一段高、CS証券は不動産株の中でも積極評価
記事一覧 (03/26)オーケー食品が19年ぶりの復配を好感し一時ストップ高
記事一覧 (03/26)26日前場の東京株式市場は円安に金融緩和の期待も加わり堅調・続伸
記事一覧 (03/26)ファナックが続伸し連日の高値、機械株が堅調な中で出遅れ感
記事一覧 (03/26)大林組が急反発しドバイでの損失・赤字を完全に消化
記事一覧 (03/26)三菱地所が3日続伸、純利益は減額したが本業の増額修正を好感
記事一覧 (03/26)パイオニアが大和証券CMの積極評価を好感し直近の下落分を一気に奪回
記事一覧 (03/26)東京エレクトロンが増額修正を材料に約2カ月ぶり昨年来高値
記事一覧 (03/26)任天堂が続伸し連日の昨年来高値、信用需給のタイト化も材料性を強める
記事一覧 (03/26)ハイブリッドシステムで提携のトヨタ・マツダはともに堅調
記事一覧 (03/26)経営統合を断念の高島屋とエイチ・ツー・オー・リテイリングは軟調だが底堅い
記事一覧 (03/25)三菱地所が主事業の業績予想を増額修正、トリプルボトム形成し中長期妙味−−引け後のリリース
記事一覧 (03/25)やすらぎの3月販売状況は2%増加、リニューアル廉価住宅が順調
記事一覧 (03/25)【復配銘柄】オーケー食品が19年ぶりに期末復配、上値抵抗ライン突破に注目
2010年03月26日

パナソニックがリチウムイオン電池の最新工場を材料に連騰、高値引け

 パナソニック<6752>(東1)が後場尻上がりとなり1414円(35円高)で高値引け。前日比変わらずを1日含めると5日続伸となった。2月初旬からの戻り相場で高値を更新。リチウムイオン電池の新工場が材料視された。
 同社は昨25日、リチウムイオン電池の最新工場「住之江工場」の竣工式を行なったと伝えられて動意を増し、4月から本格生産を開始するため早期の業績寄与に期待が集まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:09 | 株式投資ニュース

メディアシークが「iPhone」関連技術を見直しストップ高

 メディアシーク<4824>(東マ)が前場ストップ高の4万7800円(7000円高)をつけたまま後場は14時50分を回ってもこの値段で買い気配を続けている。7日ぶりの反発。
「iPhone」関連技術で材料性があり、QRコード(3次元バーコード)での読み取りシステムなどがスマートフォンなどの新世代携帯端末に拡大する期待がいわれている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:57 | 株式投資ニュース

三菱電機が3日ぶりに高値を更新、野村證券など積極評価

 三菱電機<6503>(東1)が後場一段高となり3日ぶりに昨年来の高値を更新。14時過ぎに835円(27円高)まで上げた。ファナック<6954>(東1)などが工作機械受注の回復感を映して連日高値となる中で、産業用ロボットなどメカトロニクス事業の好調さが見直されている。
 調査筋からも積極評価が続いており、野村ホールディングス<8604>(東1)の野村證券は24日付けで同社株を「1」継続のまま目標株価を920円から960円に引き上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:43 | 株式投資ニュース

ヤクルト本社が後場一段高、上海や香港株の堅調さ受け反発幅を拡大

 ヤクルト本社<2267>(東1)が後場一段高となり前場の高値を更新、14時現在2675円(23円高)となり、前日比で反発の度を強めている。上海や香港株の堅調さを受け、中国景気敏感株として買い直す動きとなった模様。日経平均も先物への買いなどで上げ幅を160円台に広げている。
 同社は3月23日の大引け後、今3月期の業績予想を増額修正したが、子会社の投資損失引当金を経常としたこともあり、翌24日は110円安(2692円)と急反落。翌25日も一時2651円まで下げた。しかし、中国市場では09年1〜12月の速報ベースで前年同月比36.2%増加し、地域別では北京が同42.8%増、上海が同30.4%増、広州が同28.2%増などと、驚異的な伸びを示した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:28 | 株式投資ニュース

ヤマノホールディングスが優先株の発行で債務超過を解消の見通しと発表

 ヤマノホールディングス<7571>(JQ)が後場もみあい水準を切り上げて堅調、続伸。前引け後、優先株を発行するのに必要な手続が完了し、発行後に債務超過が解消される見通しと発表したことが注目を集めた。13時40分現在は32円(2円高)。
 発表によると、3月26日開催の当社臨時株主総会において「定款一部変更の件」が承認可決され、優先株式を発行するために必要となる手続きが完了。3月29日付で社債の現物出資(デット・エクイティ・スワップ)により、優先株式(総額3億1113万円)を発行する。
 また、09年10月に発行した新株予約権に26日まとまった行使があり、予約権の行使による新株発行とあわせて債務超過が解消される見通しになった。株価は2月19日につけた安値19円を境に日々の出来高が増加して推移している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:50 | 株式投資ニュース

八洲電機はスマートグリッドのアジア太平洋諸国への拡大を材料視、連日高値

 八洲電機<3153>(東2)が後場も堅調で4日続伸基調となり、昨年11月からの戻り相場で連日、高値を更新。前場367円(9円高)まで上げ、後場も13時現在7円高と高値圏で推移している。
 独自の電気技術で様々な産業のインフラ、生産ライン、情報システムなどの構築をサポートしており、次世代電力網(スマートグリッド)整備構想での需要拡大が期待される。26日は、日米両政府がスマートグリッドの研究を諸国に広げ、APEC(アジア太平洋協力会議)21カ国での導入を後押しと伝えられ、巨大なマーケットの存在が相場材料となった。
 鉄鋼分野のシステム・ソリューション事業は回復が遅れるが、電子デバイス・コンポーネント事業でゲームソフト用半導体メモリ、表示パネル用液晶ディスプレイなどは回復が進んでいる様子だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | 株式投資ニュース

住友不動産が一段高、CS証券は不動産株の中でも積極評価

 住友不動産<8830>(東1)が後場寄りに一段高となり1750円(54円高)に進んだ。大手不動産株が全体に高い中でも勢いの強さを継続。材料としてはクレディスイス(CS)証券の積極的な投資判断が伝えられている。
 1750円台は、昨年12月からの戻り相場で高値をつけた1763円(3月17日)以来。26日の株式市場では、総務省が朝発表した消費者物価指数の軟化を受けて金融緩和期待が広がり、不動産株や消費者金融株などが全体に高い中で、クレディスイス証券が住友不動産株の目標株価を1900円から2200円に引き上げる一方で、三菱地所<8802>(東1)東急不動産<8815>(東1)野村不動産ホールディングス<3231>(東1)の投資判断は引き下げ改定したことが材料視されていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:55 | 株式投資ニュース

オーケー食品が19年ぶりの復配を好感し一時ストップ高

 オーケー食品工業<2905>(JQ)が一時ストップ高の123円(30円高)をつけ、前引けも上昇率30%の28円高。平成4年3月期に無配となって以来、19年ぶりの期末復配が好感された。前引けのJASDAQ値上がり率ランキングでは、株価ヒトケタ銘柄を除き実質1位。
 昨25日の大引け後、平成4年3月期に無配として以来、19年ぶりに期末配当を行なうと発表。2円配当を実施。今期も期初の段階から無配の見込みとしてきたが、産業活力再生特別措置法のもとで再構築計画を進めてきた結果、長年の経営の最重要課題だった期末配当について、復配が可能となる見通しがついた、とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:57 | 株式投資ニュース

26日前場の東京株式市場は円安に金融緩和の期待も加わり堅調・続伸

100326前引け 26日前場の東京株式市場は、東証1部の値上がり銘柄数が1000銘柄を超え全般好調。日経平均は1月15日以来の1万0900円台回復となった。
 円相場が一時1ドル93円に近づく円安となり、自動車株や精密・ハイテク家電株などの輸出関連株を中心に堅調。また、朝発表の消費者物価指数が軟化したため金融緩和期待が広がり、不動産株、建設株などの値上がりが目だった。
 日経平均は続伸し、朝方92円68銭高の1万921円53銭まで上昇。あと一進一退となり、前引けは71円47銭高の1万900円32銭。
 東証1部の出来高概算は8億9058万株。売買代金は5880億円。1部上場1682銘柄のうち、値上がり銘柄数は1051、値下がり銘柄数は451。
 また、東証33業種別指数は31業種が高くなり、安かった業種はパルプ・紙、陸運のみ。これに対し、値上がり率上位業種は石油・石炭、保険、証券・商品先物、不動産、その他金融、建設、機械、電気機器、ゴム製品、倉庫・運輸、金属製品、などだった。
 ファナック<6954>(東1)が連日の高値更新となったほか、キヤノン<7751>(東1)も高値を更新など、為替メリット関連株の動きが活発。任天堂<7974>(大1)には3D映像の新製品、東京エレクトロン<8035>(東1)には増額修正という材料もあり、同様に高値を更新した。
 また、ツガミ<6101>(東1)鬼怒川ゴム工業<5196>(東1)も高値を更新するなど、好収益を背景に仕手化がいわれる銘柄も続伸。パイオニア<6773>(東1)は投資判断の引き上げを受けて急伸するなど、目先的な資金の動きも活発だった。19年ぶりの復配を発表したオーケー食品工業<2905>(JQ)は一時ストップ高。となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:43 | 株式投資ニュース

ファナックが続伸し連日の高値、機械株が堅調な中で出遅れ感

 ファナック<6954>(東1)が続伸し、連日の昨年来高値更新となった。工作機械受注の回復感を背景に機械株の好調さが目立つ中で、指標銘柄として出遅れ感がいわれている。
 機械株は年初から受注回復を受けて長期上昇傾向を強めており、牧野フライス製作所<6135>(東1)や、23日に増額修正した日本精工<6471>(東1)は26日も続伸、仕手化がいわれるツガミ<6101>(東1)も連日の高値更新となっている。
 ファナックは、株価だけでなく主力のFA(ファクトリーオートメーション)や産業ロボット部門の回復余地が大きいとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

大林組が急反発しドバイでの損失・赤字を完全に消化

 大林組<1802>(東1)が急反発し、6日ぶりに戻り相場での高値を更新、ドバイの都市交通システム事業で発生した損失と業績予想の赤字転換を完全に消化する動きとなった。一時419円(25円高)まで上げ、10時40分現在は18円高。
 同社は24日の大引け後、ドバイの都市交通システムの案件で損失が発生したことなどを要因に今3月期の業績予想を減額修正し、営業・経常・純利益とも大幅な赤字に転換すると発表。これを受けて翌25日は一時384円まで下げたが、第3四半期の決算でリスク開示していたこともあり、始値と終値が同値になる十字足をつけて基調転換の兆しをみせていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:49 | 株式投資ニュース

三菱地所が3日続伸、純利益は減額したが本業の増額修正を好感

 三菱地所<8802>(東1)が3日続伸となり、一時5日ぶりに1500円台を回復。昨24日、今3月期の連結業績予想を修正し、純利益を8割減額したものの、営業・経常利益などは増額。本業ベースの好調さを好感する動きとなった。10時25分現在は35円高。
 野村ホールディングス<8604>(東1)の野村證券が投資判断を「2」から「1」とし目標株価を1510円から1690円に引き上げたと伝えられたほか、メリルリンチ日本証券の目標株価引き上げもいわれている。
 開発事業の収益性を見直すなどした結果、売上高の予想を従来の9740億円から1兆90億円とし、経常利益は従来予想の1090億円から1140億円に増額した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:36 | 株式投資ニュース

パイオニアが大和証券CMの積極評価を好感し直近の下落分を一気に奪回

 パイオニア<6773>(東1)が急反発し直近の下落分を完全に奪回、一時333円(31円高)まで上げ、10時現在も8.3%高の327円で値上がり率4位となった。
 大和証券グループ本社<8601>(東1)の大和証券キャピタルマーケッツ(CM)が投資判断を引き上げたことが好感されている。
 株価は24日に297円まで下げ、25日も終値では3日続落だったが、本日の急伸により直近約2週間ジリ安した値幅を一気に奪回した。大和証券CMは25日付けで投資判断を「3」から「1」に引き上げ、今後半年から1年をメドとする目標株価を450円とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:19 | 株式投資ニュース

東京エレクトロンが増額修正を材料に約2カ月ぶり昨年来高値

 東京エレクトロン<8035>(東1)が続伸し、約2カ月ぶりに昨年来の高値を更新。今3月期の業績予想の増額修正が好感され、9時34分に6170円(130円高)まで上げたあとも120円高前後で強調展開となっている。ゴールドマン・サックス(GS)証券の目標株価を引き上げも伝えられている。
 昨25日の大引け後、台湾や韓国などの半導体メーカーの設備投資拡大などを受け、連結売上高の予想を従来より90億円上回る4190億円に、などと増額修正した。これを受ける形でGS証券が26日、目標株価を6300円から6900円に引き上げたと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 株式投資ニュース

任天堂が続伸し連日の昨年来高値、信用需給のタイト化も材料性を強める

 任天堂<7974>(大1)が続伸し連日の昨年来高値更新。主市場の大証で9時13分に3万2650円(650円高)まで上げて現在高となっている。
 材料としては、引き続き3D(3次元)映像を裸眼で見られる新型ゲーム機の開発がハヤされているが、信用取引の需給がタイト化しており、大証では売り残・買い残の倍率が1.02倍前後まで拮抗、売り手のて仕舞い買いによる一段高期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 株式投資ニュース

ハイブリッドシステムで提携のトヨタ・マツダはともに堅調

 マツダ<7261>(東1)は小幅続伸し246円(4円高)で始まった後も堅調。ハイブリッド技術でトヨタ自動車<7203>(東1)と提携と伝えられたことが好感されている。トヨタ自動車は反発となり3720円(15円高)ではじまったあと35円高前後まで上げている。
 両社は、「プリウス」の中小型車用ハイブリッド基幹装置をマツダに供給し、マツダは2013年にもこの装置を搭載したハイブリッド車を発売。3月中にも正式に合意と26日の日本経済新聞の朝刊で伝えられた。
 マツダにとっては、ハイブリッド車への早期参入が可能になり、トヨタ自動車にとっては生産量の拡大などで量産効果が発揮できると期待されている。マツダは1月に創立90周年を迎えた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | 株式投資ニュース

経営統合を断念の高島屋とエイチ・ツー・オー・リテイリングは軟調だが底堅い

 昨25日の夕方、経営統合を断念と発表した高島屋<8233>(東1)エイチ・ツー・オー・リテイリング<8242>(東1)は26日、ともに比較的平穏な始まりとなった。
 高島屋は720円(1円高)で始まったあと軟化したが9時5分現在は6円安。エイチ・ツー・オー・リテイリングの始値は614円(4円安)で、あと同じく8円安。ともに4日続落基調だが底堅い動きとなっている。
 発表では、発行済み株式の10%を相互に持ち合ったまま業務協力は継続するとしたため、個性を生かした協力関係が好感されているようだ。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース
2010年03月25日

三菱地所が主事業の業績予想を増額修正、トリプルボトム形成し中長期妙味−−引け後のリリース

■参議院選に向けて材料出現も

引け後のリリース、明日の1本 三菱地所<8802>(東1)が25日の大引け後、今3月期の連結業績予想を純利益を除いて増額修正。開発事業の収益性を見直すなどの結果、売上高の予想を従来の9740億円から1兆90億円とするなどの上積みを行なった。
 経常利益は従来予想の1090億円から1140億円に増額。ただ、純利益はエクイティ出資評価損などにより550億円を100億円とした。
 25日の株価終値は1452円(13円高)。2月から3月初旬にかけてトリプルボトム(3点底)を形成したあと戻り相場に転じており、3月17日に1540円まで戻ったあと微調整となっている。微調整の途上で1411円まで下げたが、25日にかけてはジリ高基調を回復した。
 この増額修正では、ビル事業、資産開発事業で追加の物件売却を行う上乗せ効果のほか、支払利息など営業外費用の減少効果も顕在化、来期の業績についても収益力の強化が進んでいる感触だ。
 このため、株価は、トリプルボトムでつけた安値1388円(2月9日)、1353円(2月19日)、1365円(3月4日)を下値メドとして中長期的な視野で貯め込む妙味が高まったといえそうだ。7月の参議院選に向けて、不動産関連の経済対策が浮上する可能性もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:21 | 株式投資ニュース

やすらぎの3月販売状況は2%増加、リニューアル廉価住宅が順調

 やすらぎ<8919>(名セ)が25日の大引け後、3月の月次販売状況(単独・速報値)を発表した。
 競売物件などの住宅をリニューアルする廉価住宅事業の大手。東日本エリアが前年同月の130%、首都圏・東海エリアが同87%、西日本エリアが同87%となり、合計では同102%と増加した。期初からの累計では同94%となった。
 25日の株価は売買が成立せず、24日終値は313円(6円安)。09年11月以降、次第に下値を切り上げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:50 | 株式投資ニュース

【復配銘柄】オーケー食品が19年ぶりに期末復配、上値抵抗ライン突破に注目

 オーケー食品工業<2905>(JQ)が25日の大引け後、平成4年3月期に無配として以来、19年ぶりに期末配当を行なうと発表した。2円配当を実施する。
 平成12年5月、農林水産省から産業活力再生特別措置法の適用認定を受け、事業再構築計画を進めてきた結果、長年の経営の最重要課題だった期末配当について、復配が可能となる見通しがついた。
 25日の株価終値は93円(前日比変わらず)。09年8月につけた115円を高値に約7カ月間、上値を切り下げており、この上値抵抗ラインを突破すれば新たな上値余地が開けてくる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:33 | 株式投資ニュース