[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/14)三井製糖が14時の決算発表後上値追う、いぜん割安感
記事一覧 (05/14)日本水産が黒字転換を好感し高値更新、約1年ぶりに300円台
記事一覧 (05/14)関西ペイントが急伸、株価4ケタでもPER20倍で割安感
記事一覧 (05/14)エイベックス・グループHDが好決算を材料に急伸ストップ高
記事一覧 (05/14)楽天は3割増益が物足りず反落だが朝方を除き底固い
記事一覧 (05/14)14日前場の東京株式市場は米金融査察うけ見送りムード、好業績株は活況
記事一覧 (05/14)第一生命保険が銀行株と逆行高、本日の決算発表を前に思惑買い
記事一覧 (05/14)フマキラーが乱高下、エステー買い増し受け株式争奪戦の思惑
記事一覧 (05/14)ソニーは今期黒字拡大だが物足りなさ漂い反落、イベント終了感も
記事一覧 (05/13)【市場の話題】「戦略予防法務」UBICがタイムリーな提唱で株価も動意
記事一覧 (05/13)フマキラーの筆頭株主にエステー、割当価格を上回る急伸で留意−−引け後のリリース
記事一覧 (05/13)前澤化成工業が黒字転換、今期は経常益9割増を想定
記事一覧 (05/13)京樽の第1四半期は赤字が大幅に縮小、通期黒字化に向け順調
記事一覧 (05/13)【注目の決算銘柄】ラオックス 中国蘇寧電器との提携で「継続疑義」解消
記事一覧 (05/13)日産自動車がフォークリフトの別会社化を検討
記事一覧 (05/13)沖電線が「復配濃厚」と伝えられ値上がり率1位
記事一覧 (05/13)ソニーは金融事業など好調で営業黒字、今期は5倍に拡大見込む
記事一覧 (05/13)トヨタ自動車は好決算相場続く、目先筋の売り出るが続伸
記事一覧 (05/13)13日の東京株式市場は為替安定など好感し日経平均244円高、好決算銘柄が人気
記事一覧 (05/13)「アイパッド」予約締切りと伝えられソフトバンクが後場一段高
2010年05月14日

三井製糖が14時の決算発表後上値追う、いぜん割安感

 三井製糖<2109>(東1)が14時に2010年3月期の決算を発表。14時38分には307円(7円高)となり前後場を通じての高値に進んだ。前場は298円(2円安)まで下げる場面があった。
 前3月期の連結売上高は、8月以降3度の出荷価格の引き上げ効果もあり前期比1.8%増、経常利益は同5.2%増となった。今期の予想はデフレ経済や原材料市況などを踏まえて経常利益を6.7%減としたが、予想1株利益25円71銭からの割高感はなく、引き続きPBR1倍割れといった割安さが見直されている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:41 | 株式投資ニュース

日本水産が黒字転換を好感し高値更新、約1年ぶりに300円台

 日本水産<1332>(東1)が後場急伸し年初来の高値を更新。一時301円(27円高)をつけたあとも強調展開となり、14時を回って295円前後で売買をこなしている。13時に2010年3月期の決算を発表。発表直前の276円前後からみても9%近い急伸となった。09年5月以来の300円台回復。
 前3月期の連結売上高は約4816億円(4.7%減)となり、経常利益は従来の予想を下回ったものの約62億円の黒字に転換(前期は約12億円の赤字)。今期は水産事業の黒字化と食品事業の拡大を進め、経常利益を約2倍の120億円、純利益は60億円を想定する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:16 | 株式投資ニュース

関西ペイントが急伸、株価4ケタでもPER20倍で割安感

 関西ペイント<4613>(東1)が後場急伸。前引け後に発表した2010年3月期の決算を好感し、13時21分にかけて744円(58円高)まで上げた。前引け値688円からでも56円高。
 10年3月期の連結経常利益は前期比約55%増の約226億円。今期の予想は8.4%増としたが、純利益を10.7%増として予想1株利益は49円34銭としたため、株価が1000円でも1株利益の20倍ソコソコにすぎないと割安感を唱える動きが出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:31 | 株式投資ニュース

エイベックス・グループHDが好決算を材料に急伸ストップ高

 エイベックス・グループ・ホールディングス<7860>(東1)が後場もストップ高となる1071円(150円高)に貼り付いたまま買い先行。昨13日に発表した前3月期の決算が好感され、08年12月以来の1000円台乗せとなっている。
 前場は10時25分にストップ高。ドイツ証券が投資判断を「中立」から「買い」に引き上げ、目標株価を1400円に設定と伝えられたことも材料となった。前3月期の連結決算は営業利益が同約5.7倍に急回復、今期の予想も約53%増の約85億円とした。韓国の人気グループ・東方神起の解散説などがあるものの、この世界ではプラス材料との受け止め方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

楽天は3割増益が物足りず反落だが朝方を除き底固い

 楽天<4755>(JQ)は前引けが7万500円(1100円安)となり反落。ただ、朝方7万300円まで下げた後は下値を7万400円としてもみあい、底固い動きをみせた。
 昨13日の大引け後に第1四半期(1〜3月期)の決算を発表。営業利益は前年同期比32%増の約129億円となり好調だったが、調査筋などの平均的な予想として出回っている日本経済新聞グループ「QUICKコンセンサス」の146億円を下回ったとして売る動きがあった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:08 | 株式投資ニュース

14日前場の東京株式市場は米金融査察うけ見送りムード、好業績株は活況

100514前引け 14日前場の東京株式市場は、東証1部の値下がり銘柄数が1100に達し全般は反落模様。米国で金融機関に対する査察が拡大と伝えられ、外為相場が小幅だがドル安・円高となるなどで手控えるムードが漂った。
 日経平均は反落。一時1万390円77銭(229円78銭安)まで下げ、前引けは1万449円82銭(170円73銭安)。
 東証1部の出来高概算は11億5999万株。売買代金は8481億円。1部上場1676銘柄のうち、値上がり銘柄数は381、値下がり銘柄数は1170銘柄。また、東証33業種別指数で高い業種は倉庫・運輸、不動産の2業種のみ。値下がり率の低い業種はパルプ・紙、海運、サービス、水産・農林、鉄鋼、医薬品など。一方、値下がり率の大きい業種は鉱業、その他製品、電気機器、輸送用機器、精密機器、石油・石炭などだった。

 昨日決算を発表したソニー<6858>(東1)が軟調で、一昨日の決算発表を受けて続伸してきたトヨタ自動車<7203>(東1)も反落。大手銀行株も米国で金融機関に対する査察が拡大と伝えられ、活動しづらくなるとの予想から軟調。
 ただ、一昨日決算を発表したアルプス電気<6770>(東1)は大幅続伸、昨日決算を発表のエイベックス・グループ・ホールディングス<7860>(東1)はストップ高となるなど、引き続き高業績の銘柄が賑わいをみせた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:36 | 株式投資ニュース

第一生命保険が銀行株と逆行高、本日の決算発表を前に思惑買い

 第一生命保険<8750>(東1)は14日、朝方16万200円(1400円高)まで上げた後も小高く、10時20分現在は15万9200円をはさんで推移。決算発表を本日に予定。「数字が良ければもちろん、仮に数字が思わしくなくても懸念出尽くし感が働いて買い直される可能性がある」(投機筋)との思惑がある。
 ここ、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)などの大手銀行株に連動する動きが見られたが、本日は銀行株が軟調にもかかわらず堅調。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:29 | 株式投資ニュース

フマキラーが乱高下、エステー買い増し受け株式争奪戦の思惑

 フマキラー<4998>(東2)が一段高のあと乱高下。朝寄り後に続伸し486円(16円高)まで上げたあと471円(1円高)まで押され、9時30分を回っては475円(5円高)をはさんで売り買いが交錯となった。
 昨13日、消臭芳香剤の大手エステー<4951>(東1)に第三者割り当て増資を行い業務・資本提携を行なうと発表。エステーはすでにフマキラー株を4.8%を保有しているが、合計で発行済み株式の15.1%を取得し、アース製薬<4985>(東1)の11.7%を抜き1位株主になるため、筆頭株主を巡る争奪戦に発展との思惑が出ている。
 第三者割り当ては普通株358万株(16億1458万円)。払い込み期日は6月4日。発行価格は、金額を株数で割ると1株451円。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:43 | 株式投資ニュース

ソニーは今期黒字拡大だが物足りなさ漂い反落、イベント終了感も

 ソニー<6758>(東1)は14日、昨日の決算発表を受けて売り気配のあと2955円(210円安)で始まった後も軟調。9時15分現在は2973円となっている。
 昨日の大引け後に発表した2010年3月期の決算は、営業損益が約317億円の黒字(前期は約2277億円の赤字)となり、2期ぶりに黒字転換。今期の予想は約5倍の1600億円とし、四半期ベースで黒字化したテレビ事業も通期で黒字転換の見込みとした。ただ、調査筋には事前予想を2000億円台としていた向きが少なくなく、決算発表というイベントが通過したという出尽くし感も漂っている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 株式投資ニュース
2010年05月13日

【市場の話題】「戦略予防法務」UBICがタイムリーな提唱で株価も動意

■NY市場の誤発注疑惑、金融査察などで注目集める

株式市場の話題 訴訟など法務関係の電子情報処理技術で先行するUBIC<2158>(東マ)は、このほど、法的なリスクや損害を未然に回避して企業戦略に取り込み、成長要因につなげる「戦略予防法務」というコンセプトを新たな事業ツールとしてモデル化し、国際展開する企業などに向けて積極推進すると発表した。

 13日の株価は、一時1700円(95円高)まで上げ、終値も1631円(26円高)となり堅調。最近の株式市場では、欧州の債務国問題に端を発した世界的な株価波乱の中で、NYダウ急落の原因として金融機関の売買担当者の「誤発注」が取り沙汰され、また米モルガン・スタンレーに対する査察が話題にのぼったこともあり、法的リスクに対する関心が高まった。

■法的なリスク対応を整え企業価値向上

 戦略予防法務は、国際化する訴訟や不祥事などのリスクに対し、適切な準備によってリスクそのものの回避、もしくは損失を大幅に低減し、その結果、企業価値を守り向上することを目的とした活動・概念。個人情報の流用・流出をはじめ、増加する一方のインターネット犯罪などに対する法的な防衛策としても注目されている。

>>UBICのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:09 | 株式投資ニュース

フマキラーの筆頭株主にエステー、割当価格を上回る急伸で留意−−引け後のリリース

■前3月期は経常益倍増の好決算

引け後のリリース、明日の1本 エステー<4951>(東1)フマキラー<4998>(東2)は13日の大引け後、業務資本提携を発表した。
 フマキラーが普通株358万株(16億1458万円)の第三者割当増資を行い、これをエステーが引き受ける。これにより、エステーはフマキラー株式の保有比率が4.76%から15.10%に拡大し、現在1位株主のアース製薬<4985>(東1)の11.7%を抜き筆頭株主になる。払い込み期日は6月4日。発行価格は金額を株数で割ると1株451円。販売面をはじめ、商品開発や物流などでの提携を強化する。

 フマキラーの13日株価終値は470円(30円高)となり、6.8%高の急伸。一時480円まで上昇。直近は440円まで下げてきており、一気に年初来の高値483円(3月25日)に接近する上げっぷり。一見すると、事情通・早耳筋の先回り買いが入った格好で、発行価格を上回った。
 同社は、同時に2010年3月期の決算を発表。連結売上高が前期比11.9%増、経常利益は同2.3倍となる好決算だった。今期の予想は売上高を1.3%増、経常利益を同4.2%増とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:55 | 株式投資ニュース

前澤化成工業が黒字転換、今期は経常益9割増を想定

 樹脂製水道機器の大手・前澤化成工業<7925>(東1)が13日、2010年3月期の決算を発表。連結経常利益は4.3億円(前期は1.1億円の赤字)になるなど、各利益項目とも黒字に転換した。
 今期の予想は、連結売上高を207億円(1.6%増)、経常利益を8.3億円(93.6%増)、純利益を3.7億円(10.1%増)とした。
 13日の株価終値は896円(7円高)となり小反発。5月10日に846円まで下げたあと反発基調となっており、まずは4月の高値954円(4月13日)回復が焦点。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:58 | 株式投資ニュース

京樽の第1四半期は赤字が大幅に縮小、通期黒字化に向け順調

 京樽<8187>(JQ)が13日、第1四半期(1〜3月)の決算を発表。赤字が大幅に縮小し、今12月期の3期ぶり黒字転換予想を据え置いた。
 連結営業利益は前年同期の2.7億円から0.6億円に、経常赤字は同2.5億円から0.4億円に縮小。通期の予想は、連結売上高が255億円(5.7%減)、経常利益が2.1億円、純利益が0.5億円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:44 | 株式投資ニュース

【注目の決算銘柄】ラオックス 中国蘇寧電器との提携で「継続疑義」解消

■今期10期ぶりの黒字化めざす

 ラオックス<8202>(東2)は13日の大引け後、2010年3月期の決算発表と同時に「継続疑義の注記」解消を発表した。
 郊外型家電事業の不振などを受けて07年3月期から「継続企業の前提に関する注記」を有価証券報告書に記載してきたが、赤字の郊外店の整理などとともに、09年6月25日、中国で最大の家電量販店網を展開する蘇寧電器などと業務資本提携を行ない、収益構造の改善が図られたため。

 10年3月期の連結決算は、連結経常赤字が前期の約63.9億円から21.0億円となるなど、赤字が大幅に縮小。今期は経常利益2億円、純利益2億円の各々黒字に転換する見通しとした。実現すれば純利益は10期ぶりの黒字になる。
 13日の株価終値は120円(8円高)。年初来の高値は126円(4月26日)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:23 | 株式投資ニュース

日産自動車がフォークリフトの別会社化を検討

 日産自動車<7201>(東1)は13日の大引け後、、産業機械事業(産業機械事業部)の分社化を検討開始と発表。2010年度中の分社を目指し、分社後は100%子会社として機動力などを高めるとした。
 産業機械事業部は、フォークリフトの開発、製造及び販売が主事業で、日本・アメリカ・スペインの3カ国に生産拠点を持ち、年間約3万台を生産し、世界85ヵ国で販売。10年3月期の売上高は613億円。なお、日産自動車の連結決算は12日に発表済み。
 12日の株価終値は735円(10円安)で小反落。連結決算は各利益項目とも黒字化したが、調査関係者の予想を下回ったためとの理由づけも出ていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:51 | 株式投資ニュース

沖電線が「復配濃厚」と伝えられ値上がり率1位

 沖電線<5815>(東1)が終値150円(22円高・17.2%高)で東証1部の値上がり率1位となり、大幅に高値を更新。朝方は25.8%高の161円(33円高)まで上げた。
 会社四季報(東洋経済新報社)の速報版が12日付けで「復配濃厚」などと伝えたことが材料視された模様。決算発表は4月27日に済んでおり、このときは同じ27日に145円まで上げたあと反落に転換していた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:22 | 株式投資ニュース

ソニーは金融事業など好調で営業黒字、今期は5倍に拡大見込む

 ソニー<6758>(東1)が13日の大引け後、2010年3月期の決算(米国会計基準・連結)を発表。営業損益は317.7億円の黒字(前期は2277.8億円の赤字)となり黒字に転換。純利益の赤字は大幅に縮小した。
 売上高は約7兆2140億円(同6.7%増)、純利益は408.0億円の赤字(前期は約989億円の赤字)。デジタルカメラ、ゲーム機器などの減少に対し、映画作品・音楽事業、金融事業、モバイル事業などが拡大。
 今期は売上高を7兆6000億円(5.4%増)、営業利益を1600億円(5.1倍)、当期利益を500億円の黒字と予想する。
 13日の株価終値は3165円(125円高)となり反発。決算への期待で後場一段高となった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:09 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は好決算相場続く、目先筋の売り出るが続伸

 トヨタ自動車<7203>(東1)は朝方の3660円(70円高)が高値となり、大引けは3600円(10円高)。決算発表は11日で、翌12日に95円高と目立って上げたこともあり、本日は続伸だが目先筋の売りに抑えられる形になった。ただ、円相場がやや円安で安定したこともあり、取引時間中の高値は4日連続で切り上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:43 | 株式投資ニュース

13日の東京株式市場は為替安定など好感し日経平均244円高、好決算銘柄が人気

100513大引け 13日の東京株式市場は、後場に入り水準を一段上げて活況となり、東証1部の値上がり銘柄数は1242銘柄に増加。欧州で債務国の国債市場が安定化したため銀行株が堅調さを取り戻し、買い安心感が広がった。好決算銘柄も反応良好。

 日経平均は後場、1万638円23銭(244円20銭高)まで上げて大引けも1万620円55銭(226円52銭高)となり大幅反発。
 東証1部1676銘柄のうち、値上がり銘柄数は1242、値下がりは343。東証1部の出来高概算は22億7438万株。売買代金は1兆5943億円。
 東証33業種別指数は31業種が高くなり、値上がり率上位は、その他金融、ガラス・土石、海運、不動産、ゴム製品、石油・石炭、鉄鋼、証券・商品先物、電気機器、銀行、非鉄金属など。一方、値下がり上位は電力・ガス、医薬品だった。

 ユーロの安定を受けて円相場にも過度な円高の懸念が後退し、トヨタ自動車<7203>(東1)などの自動車株がほぼ全面高。
 昨日決算発表のアルプス電気<6770>(東1)がストップ高となったほか、ゼンショー<7550>(東1)は12%を超える急騰、東京エレクトロン<8035>(東1)は7%高。また、後場に決算を発表した江崎グリコ<2206>(東1)も目立った上げをみせた。朝方は様子見だったカシオ計算機<6952>(東1)も次第高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:25 | 株式投資ニュース

「アイパッド」予約締切りと伝えられソフトバンクが後場一段高

 ソフトバンク<9984>(東1)が14時を回り一段高となり、一時2274円(70円高)をつけた。
 米アップル社の新多機能携帯端末「iPad」(アイパッド)の日本での販売は、携帯ショップの中ではスマートフォン「iPhone」(アイフォーン)を導入していることもあり同社が中心になるが、10日から始まった購入予約が、家電量販店を含めて12日午後から予約停止・締め切り状態と伝えられ、人気の高さをうかがわせる動きとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:40 | 株式投資ニュース