[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/26)ファナックが続伸し連日の高値、機械株が堅調な中で出遅れ感
記事一覧 (03/26)大林組が急反発しドバイでの損失・赤字を完全に消化
記事一覧 (03/26)三菱地所が3日続伸、純利益は減額したが本業の増額修正を好感
記事一覧 (03/26)パイオニアが大和証券CMの積極評価を好感し直近の下落分を一気に奪回
記事一覧 (03/26)東京エレクトロンが増額修正を材料に約2カ月ぶり昨年来高値
記事一覧 (03/26)任天堂が続伸し連日の昨年来高値、信用需給のタイト化も材料性を強める
記事一覧 (03/26)ハイブリッドシステムで提携のトヨタ・マツダはともに堅調
記事一覧 (03/26)経営統合を断念の高島屋とエイチ・ツー・オー・リテイリングは軟調だが底堅い
記事一覧 (03/25)三菱地所が主事業の業績予想を増額修正、トリプルボトム形成し中長期妙味−−引け後のリリース
記事一覧 (03/25)やすらぎの3月販売状況は2%増加、リニューアル廉価住宅が順調
記事一覧 (03/25)【復配銘柄】オーケー食品が19年ぶりに期末復配、上値抵抗ライン突破に注目
記事一覧 (03/25)【増配銘柄】日本ペイントは2円から4円に増配、600円前後の「壁」突破に期待
記事一覧 (03/25)有沢製作所は期末配当8円据え置き、3D映像関連で注目の余地
記事一覧 (03/25)パナソニックがリチウムイオン電池の新工場を好感し続伸、一時1400円台
記事一覧 (03/25)ダイキン工業が続伸し昨年来の高値に接近、ストリーマ清浄機などに期待感
記事一覧 (03/25)【話題の銘柄】e−まちタウンは光通信の子会社取得を材料視され一時ストップ高
記事一覧 (03/25)大林組は売り買い錯綜の末「十字足」、ドバイでの損失は評価分かれる
記事一覧 (03/25)東邦チタニウムが3日連続で昨年来の高値、ボーイング増産の材料続く
記事一覧 (03/25)いすゞ自動車が昨年来の高値を更新、タイのデモ鎮静化を好感する場面も
記事一覧 (03/25)任天堂が昨年来の高値を更新、新ゲーム機に加え需給拮抗も相場材料に
2010年03月26日

ファナックが続伸し連日の高値、機械株が堅調な中で出遅れ感

 ファナック<6954>(東1)が続伸し、連日の昨年来高値更新となった。工作機械受注の回復感を背景に機械株の好調さが目立つ中で、指標銘柄として出遅れ感がいわれている。
 機械株は年初から受注回復を受けて長期上昇傾向を強めており、牧野フライス製作所<6135>(東1)や、23日に増額修正した日本精工<6471>(東1)は26日も続伸、仕手化がいわれるツガミ<6101>(東1)も連日の高値更新となっている。
 ファナックは、株価だけでなく主力のFA(ファクトリーオートメーション)や産業ロボット部門の回復余地が大きいとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

大林組が急反発しドバイでの損失・赤字を完全に消化

 大林組<1802>(東1)が急反発し、6日ぶりに戻り相場での高値を更新、ドバイの都市交通システム事業で発生した損失と業績予想の赤字転換を完全に消化する動きとなった。一時419円(25円高)まで上げ、10時40分現在は18円高。
 同社は24日の大引け後、ドバイの都市交通システムの案件で損失が発生したことなどを要因に今3月期の業績予想を減額修正し、営業・経常・純利益とも大幅な赤字に転換すると発表。これを受けて翌25日は一時384円まで下げたが、第3四半期の決算でリスク開示していたこともあり、始値と終値が同値になる十字足をつけて基調転換の兆しをみせていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:49 | 株式投資ニュース

三菱地所が3日続伸、純利益は減額したが本業の増額修正を好感

 三菱地所<8802>(東1)が3日続伸となり、一時5日ぶりに1500円台を回復。昨24日、今3月期の連結業績予想を修正し、純利益を8割減額したものの、営業・経常利益などは増額。本業ベースの好調さを好感する動きとなった。10時25分現在は35円高。
 野村ホールディングス<8604>(東1)の野村證券が投資判断を「2」から「1」とし目標株価を1510円から1690円に引き上げたと伝えられたほか、メリルリンチ日本証券の目標株価引き上げもいわれている。
 開発事業の収益性を見直すなどした結果、売上高の予想を従来の9740億円から1兆90億円とし、経常利益は従来予想の1090億円から1140億円に増額した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:36 | 株式投資ニュース

パイオニアが大和証券CMの積極評価を好感し直近の下落分を一気に奪回

 パイオニア<6773>(東1)が急反発し直近の下落分を完全に奪回、一時333円(31円高)まで上げ、10時現在も8.3%高の327円で値上がり率4位となった。
 大和証券グループ本社<8601>(東1)の大和証券キャピタルマーケッツ(CM)が投資判断を引き上げたことが好感されている。
 株価は24日に297円まで下げ、25日も終値では3日続落だったが、本日の急伸により直近約2週間ジリ安した値幅を一気に奪回した。大和証券CMは25日付けで投資判断を「3」から「1」に引き上げ、今後半年から1年をメドとする目標株価を450円とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:19 | 株式投資ニュース

東京エレクトロンが増額修正を材料に約2カ月ぶり昨年来高値

 東京エレクトロン<8035>(東1)が続伸し、約2カ月ぶりに昨年来の高値を更新。今3月期の業績予想の増額修正が好感され、9時34分に6170円(130円高)まで上げたあとも120円高前後で強調展開となっている。ゴールドマン・サックス(GS)証券の目標株価を引き上げも伝えられている。
 昨25日の大引け後、台湾や韓国などの半導体メーカーの設備投資拡大などを受け、連結売上高の予想を従来より90億円上回る4190億円に、などと増額修正した。これを受ける形でGS証券が26日、目標株価を6300円から6900円に引き上げたと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 株式投資ニュース

任天堂が続伸し連日の昨年来高値、信用需給のタイト化も材料性を強める

 任天堂<7974>(大1)が続伸し連日の昨年来高値更新。主市場の大証で9時13分に3万2650円(650円高)まで上げて現在高となっている。
 材料としては、引き続き3D(3次元)映像を裸眼で見られる新型ゲーム機の開発がハヤされているが、信用取引の需給がタイト化しており、大証では売り残・買い残の倍率が1.02倍前後まで拮抗、売り手のて仕舞い買いによる一段高期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 株式投資ニュース

ハイブリッドシステムで提携のトヨタ・マツダはともに堅調

 マツダ<7261>(東1)は小幅続伸し246円(4円高)で始まった後も堅調。ハイブリッド技術でトヨタ自動車<7203>(東1)と提携と伝えられたことが好感されている。トヨタ自動車は反発となり3720円(15円高)ではじまったあと35円高前後まで上げている。
 両社は、「プリウス」の中小型車用ハイブリッド基幹装置をマツダに供給し、マツダは2013年にもこの装置を搭載したハイブリッド車を発売。3月中にも正式に合意と26日の日本経済新聞の朝刊で伝えられた。
 マツダにとっては、ハイブリッド車への早期参入が可能になり、トヨタ自動車にとっては生産量の拡大などで量産効果が発揮できると期待されている。マツダは1月に創立90周年を迎えた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | 株式投資ニュース

経営統合を断念の高島屋とエイチ・ツー・オー・リテイリングは軟調だが底堅い

 昨25日の夕方、経営統合を断念と発表した高島屋<8233>(東1)エイチ・ツー・オー・リテイリング<8242>(東1)は26日、ともに比較的平穏な始まりとなった。
 高島屋は720円(1円高)で始まったあと軟化したが9時5分現在は6円安。エイチ・ツー・オー・リテイリングの始値は614円(4円安)で、あと同じく8円安。ともに4日続落基調だが底堅い動きとなっている。
 発表では、発行済み株式の10%を相互に持ち合ったまま業務協力は継続するとしたため、個性を生かした協力関係が好感されているようだ。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース
2010年03月25日

三菱地所が主事業の業績予想を増額修正、トリプルボトム形成し中長期妙味−−引け後のリリース

■参議院選に向けて材料出現も

引け後のリリース、明日の1本 三菱地所<8802>(東1)が25日の大引け後、今3月期の連結業績予想を純利益を除いて増額修正。開発事業の収益性を見直すなどの結果、売上高の予想を従来の9740億円から1兆90億円とするなどの上積みを行なった。
 経常利益は従来予想の1090億円から1140億円に増額。ただ、純利益はエクイティ出資評価損などにより550億円を100億円とした。
 25日の株価終値は1452円(13円高)。2月から3月初旬にかけてトリプルボトム(3点底)を形成したあと戻り相場に転じており、3月17日に1540円まで戻ったあと微調整となっている。微調整の途上で1411円まで下げたが、25日にかけてはジリ高基調を回復した。
 この増額修正では、ビル事業、資産開発事業で追加の物件売却を行う上乗せ効果のほか、支払利息など営業外費用の減少効果も顕在化、来期の業績についても収益力の強化が進んでいる感触だ。
 このため、株価は、トリプルボトムでつけた安値1388円(2月9日)、1353円(2月19日)、1365円(3月4日)を下値メドとして中長期的な視野で貯め込む妙味が高まったといえそうだ。7月の参議院選に向けて、不動産関連の経済対策が浮上する可能性もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:21 | 株式投資ニュース

やすらぎの3月販売状況は2%増加、リニューアル廉価住宅が順調

 やすらぎ<8919>(名セ)が25日の大引け後、3月の月次販売状況(単独・速報値)を発表した。
 競売物件などの住宅をリニューアルする廉価住宅事業の大手。東日本エリアが前年同月の130%、首都圏・東海エリアが同87%、西日本エリアが同87%となり、合計では同102%と増加した。期初からの累計では同94%となった。
 25日の株価は売買が成立せず、24日終値は313円(6円安)。09年11月以降、次第に下値を切り上げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:50 | 株式投資ニュース

【復配銘柄】オーケー食品が19年ぶりに期末復配、上値抵抗ライン突破に注目

 オーケー食品工業<2905>(JQ)が25日の大引け後、平成4年3月期に無配として以来、19年ぶりに期末配当を行なうと発表した。2円配当を実施する。
 平成12年5月、農林水産省から産業活力再生特別措置法の適用認定を受け、事業再構築計画を進めてきた結果、長年の経営の最重要課題だった期末配当について、復配が可能となる見通しがついた。
 25日の株価終値は93円(前日比変わらず)。09年8月につけた115円を高値に約7カ月間、上値を切り下げており、この上値抵抗ラインを突破すれば新たな上値余地が開けてくる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:33 | 株式投資ニュース

【増配銘柄】日本ペイントは2円から4円に増配、600円前後の「壁」突破に期待

 日本ペイント<4612>(東1)は25日の大引け後、今3月期末の配当予想を4円とすると発表。従来の2円予想を増額修正した。前期実績は2円。中間配を含めると前記・今期とも年6円配当になる。
 25日の株価終値は590円(4円安)となり2日続落。昨年12月以降、もみ合いの上値が604円(1月21日)、602円(3月17日)、603円(3月24日)となっており、この「壁」を突破すれば上値が開けてくる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:07 | 株式投資ニュース

有沢製作所は期末配当8円据え置き、3D映像関連で注目の余地

 有沢製作所<5208>(東1)が25日の大引け後、未定としていた今3月期末の配当予想を8円と発表。前期実績も8円。今期の業績予想は純利益が赤字の見通しとしているが、安定配当の観点から配当を実施するとした。
 大引けの株価は627円(16円安)で3日続落。3D(3次元)映像関連素材関連銘柄だが、本日まで任天堂<7974>(大1)の連日高などに対してカヤの外状態となっており、出遅れ物色が回ってくるか動かが注目される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:04 | 株式投資ニュース

パナソニックがリチウムイオン電池の新工場を好感し続伸、一時1400円台

 パナソニック<6752>(東1)の大引けは1379円(4円高)となり続伸。前場はリチウムイオン電池の新工場竣工を材料に1402円(27円高)まで上げた。
 この日午前、リチウムイオン電池の最新工場「住之江工場」の竣工式を催行。4月から本格生産を開始する。株価の1400円台回復は2月5日以来の水準。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:22 | 株式投資ニュース

ダイキン工業が続伸し昨年来の高値に接近、ストリーマ清浄機などに期待感

 ダイキン工業<6367>(東1)の大引けは3755円(80円高)となり2日続伸。後場3770円まで上げて昨年来の高値3790円(09年12月25日)に迫った。
 海外の売上高比率が63%に達しているため、円安効果が期待されたほか、花粉の分解やインフルエンザ・食中毒ウイルスに効果があるとされるストリーマ技術の空気清浄機が上海万博に向けて拡大との期待もあった。ゴールドマン・サックス証券が来期の利益見通しを上乗せしたことが伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:59 | 株式投資ニュース

【話題の銘柄】e−まちタウンは光通信の子会社取得を材料視され一時ストップ高

株式市場の話題 e−まちタウン<4747>(東マ)は、3万7000円高の32万1500円と大幅3日続伸、一時5万円高の33万4500円ストップ高と買われる場面も見られた。前日24日、同社の親会社光通信<9435>(東1)の子会社である株式会社GOLUCK(本社:東京都豊島区、代表者:代表取締役 津田卓明)の株式、1,800株(全発行株式の100%)を取得し、子会社化をすることで合意したと発表、収益拡大につながるとの期待感が高まった。
 e−まちタウンは、ピーエイ<4766>(東マ)が実施する第三者割当による新株予約権の引受け、また、ピーエイの連結子会社であるモバイル求人株式会社(本社:東京都新宿区、代表者:代表取締役社長 安達 正樹)が実施する第三者割当による新株式・新株予約権も引受け、モバイルの求人広告の強化を図ることを見直され上昇をしてきた。
 株価は、12月8日安値19万6000円、2月9日安値20万300円と下値確認から上昇、保ち合いに煮詰まり感が出ていたことからストップ高まで買われたが、目先は40万円前後のフシが目標となりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:55 | 株式投資ニュース

大林組は売り買い錯綜の末「十字足」、ドバイでの損失は評価分かれる

 大林組<1802>(東1)の25日大引けは朝寄り値と同じ396円(5円安)となり、寄り引け同値。出来高が急増しながら1円高から7円安まで動き、ドバイでの損失を主因とした大幅赤字に対しては、受け止め方が分かれる「十字足」となった。
 同社は昨24日の大引け後、UAE(アラブ首長国連邦国連邦)ドバイ首長国の都市交通システムの案件で損失が発生したことなどを要因に今3月期の業績予想を減額修正し、営業・経常・純利益とも大幅な赤字に転換すると発表した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:33 | 株式投資ニュース

東邦チタニウムが3日連続で昨年来の高値、ボーイング増産の材料続く

 東邦チタニウム<5727>(東1)は一時1941円(57円高)まで上げ、3日連続で昨年来の高値を更新。大引けも41円高。
 米ボーイング社が顧客の需要拡大を受けて主力機の777型と747型の増産前倒しを発表と19日に伝えられてから動意を増しており、航空機用スポンジチタンの需要が増加する期待が続いたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:15 | 株式投資ニュース

いすゞ自動車が昨年来の高値を更新、タイのデモ鎮静化を好感する場面も

 いすゞ自動車<7202>(東1)が一時254円(8円高)まで上げて昨年来の高値を更新。大引けにかけて自動車株が全般に値を消す中で、大引けも250円(4円高)となり4日続伸。
 特段、投資判断の引き上げなどは出回らず、大引け後に一部車種合計1659台をリコールと伝えられたが、取引時間中は東南アジアの主生産拠点であるタイのデモ鎮静化などが材料視されていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:02 | 株式投資ニュース

任天堂が昨年来の高値を更新、新ゲーム機に加え需給拮抗も相場材料に

 任天堂<7974>(大1)が後場もジリ高基調を続け、大引けは3万2000円(1600円高)の高値引け。2日続けて昨年来の高値を更新した。
 引き続き裸眼で立体映像が見られる新ゲーム機の開発を材料視する相場。また、信用取り組みが売り残・買い残ほぼ拮抗状態になっているため、この日の株式市場で値動きが活発だった河合楽器製作所<7952>(東1)クラリオン<6796>(東1)などの仕手系材料株との類似性を挙げる動きもあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:50 | 株式投資ニュース