[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/19)日立製作所は上場来初の通期無配を発表の割に堅調スタート
記事一覧 (03/18)ミサワホームがミサワ東北・北海道をTOBで子会社化、買付代金は約32億円−−引け後のリリース
記事一覧 (03/18)【相場の羅針盤】週末控えで低位の出遅れ買いが一段と活発化
記事一覧 (03/18)アスクルが決算を受けて急伸、4カ月続く低迷相場の半分を取り戻す
記事一覧 (03/18)資生堂が大引けにかけ急伸し高値更新、中国で高級ヘアサロン向け事業
記事一覧 (03/18)インフォコムは電子書籍の普及促進策に期待が高まりストップ高
記事一覧 (03/18)ユビキタスがストップ高、新技術が「iPhone」などに採用の期待
記事一覧 (03/18)東邦亜鉛が大幅続伸、増額・増配を好感し後場も高値圏で推移
記事一覧 (03/18)【明日の動き】日経平均は反落、マザーズの材料株を物色する流れ強まる
記事一覧 (03/18)三菱電機は連日の高値更新もあり反落、循環買い資金が東芝にシフトも
記事一覧 (03/18)ソニーは後場一服するが昨年来の高値、グーグルなどとネットTV開発
記事一覧 (03/18)18日の東京株式市場は円高嫌い輸出関連を中心に日経平均は反落、マザーズは続伸
記事一覧 (03/18)東京ドームはホテルの稼働率回復など見込むが大引けは小反落
記事一覧 (03/18)旭化成はUBS証券の積極評価あったが後場全体の軟化に押される
記事一覧 (03/18)日立製作所が今3月期末の配当を見送り、株価は高値更新後ダレる
記事一覧 (03/18)ヤマダ電機が3日ぶりに昨年来の高値、三菱UFJ証券が積極評価
記事一覧 (03/18)井上金属工業が増額・増配を好感し後場も再三ストップ高まで買われる
記事一覧 (03/18)ツガミ・牧野フライスが高値更新、材料難の相場で受注回復など安心感
記事一覧 (03/18)ナイガイが急伸、決算は赤字だったが数字判明し不透明感が晴れる
記事一覧 (03/18)前場軟調だったディー・エヌ・エーが再騰、あらためて好業績を見直す
2010年03月19日

日立製作所は上場来初の通期無配を発表の割に堅調スタート

 日立製作所<6501>(東1)の19日朝寄り値は328円(1円高)。今3月期の期末配当を見送ると昨18日の大引け後に発表したが底堅い動きとなった。
 同社は9月中間配当も見送っており、年間で無配になるのは1949年の上場以来初めて。株価は18日、一時336円まで上げて昨年12月からの戻り相場での高値を更新したが、大引けは327円(4円安)だった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 株式投資ニュース
2010年03月18日

ミサワホームがミサワ東北・北海道をTOBで子会社化、買付代金は約32億円−−引け後のリリース

■買付価格はミサワ東北204円、北海道270円

引け後のリリース、明日の1本 ミサワホーム<1722>(東1)は18日の大引け後、連結子会社の東北ミサワホーム<1907>(東1)ミサワホーム北海道<1761>(札1)をTOB(株式公開買付)で完全子会社にすると発表した。
 買付価格は、東北ミサワホームが1株204円、ミサワホーム北海道が同270円(買付期間は3月19日〜4月23日)。全株を取得できなかった場合には株式交換により両社の全株式を取得する予定。東証および札証は18日、両銘柄を監理銘柄(確認中)に指定した。住宅産業を取り巻く環境低迷が続くなか、グループ全体の企業価値の最大化を図るとした。
 ミサワホームの株価は18日、326円(5円高)で大引けとなり4日続伸。テクニカル面では1月下旬につけた高値357円まで上値余地が開けているが、両社株を全株買い付けた場合の買付代金は約32億円となるとされ、どう判断されるかに注目。
 また、買収される東北ミサワホームの株価終値は185円(前日比変わらず)。ミサワホーム北海道は約定がなく気配値が235円。両銘柄とも買付価格まで値上がりすることになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:32 | 株式投資ニュース

【相場の羅針盤】週末控えで低位の出遅れ買いが一段と活発化

相場の羅針盤

 18日の東京株式市場、日経平均株価の大引けは、102円95銭安の1万744円03銭と反落した。米国の超低金利政策の継続、日銀の追加金融緩和で大きく上昇していたことの反動もあり、円が対ドル、対ユーロで円高となったことから、輸出関連銘柄を中心に格好の利益確定売りを誘うタイミングとなった。
 
 東証1部上場1681銘柄のうち、値上りは532銘柄、値下りは1006銘柄、変わらずは137銘柄。また、東証33業種別指数は鉱業、医薬品、パルプ・紙、水産・農林、電力・ガス、食料品、空運の7業種が高くなり、不動産、精密機器、その他金融、輸送用機器、ガラス土石製品、電気機器、証券・商品先物、化学、機械、銀行など26業種が安くなった。

 225採用銘柄の値上りは50銘柄、値下りは162銘柄、変わらずは13銘柄。

 225採用銘柄の寄与度(プラス)ランキング上位は、武田薬品工業<4502>(東1)エーザイ<4523>(東1)東邦亜鉛<5707>(東1)日本ハム<2282>(東1)アステラス製薬<4503>(東1)
  
 225採用銘柄の寄与度(マイナス)ランキング上位は、ファーストリテイリング<9983>(東1)キヤノン<7751>(東1)京セラ<6971>(東1)信越化学工業<4063>(東1)テルモ<4543>(東1)
 
 225採用銘柄の新高値銘柄は、資生堂<4911>(東1)古河電気工業<5801>(東1)富士電機ホールディングス<6504>(東1)ソニー<6758>(東1)の5銘柄。
 
 225採用銘柄の新安値銘柄は、なし。

 日経平均株価は前日17日の安値1万761円89銭を下回り、1万744円03銭で引けたことから、上値も重くなりモミ合いとなることが予想される。ただ、東芝<6502>(東1)が連日活況を呈したことで、市場に締りが出てくることを期待したい。
 
 鬼怒川ゴム工業<5196>(東1)河合楽器製作所<7952>(東1)が連日高値、不二家<2211>(東1)ツガミ<6101>(東1)が高値を更新、ユアサ商事<8074>(東1)大豊建設<1822>(東1)日本金属<5491>(東1)が値上り率上位に入るなどしており、明日は週末控えということもあり、低位の出遅れ買いが一段と活発化しそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:31 | 株式投資ニュース

アスクルが決算を受けて急伸、4カ月続く低迷相場の半分を取り戻す

 アスクル<2678>(東1)が5%近い急伸となり、後場は1690円(84円高)まで上げて大引けは1682円(76円高)。ここ4カ月続く低迷トレンドを約半分取り戻す上げとなった。
 昨日の大引け後に発表した第3四半期決算は減収減益だったが、ほぼ計画線。需給面では信用売り残が買い残を14%ほど上回る状態のため買い戻しが広がったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | 株式投資ニュース

資生堂が大引けにかけ急伸し高値更新、中国で高級ヘアサロン向け事業

 資生堂<4911>(東1)が大引けにかけて急伸し昨年来の高値を更新、2100円(84円高)まで上げ、大引けは2095円だった。
 「中国で高級ヘアサロン向け『プロフェッショナル事業』を本格展開」と18日付けで発表。また、17日にはチョコレートやガムの大手・ロッテ(東京・新宿区)と共同販促に乗り出すと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:04 | 株式投資ニュース

インフォコムは電子書籍の普及促進策に期待が高まりストップ高

 インフォコム<4348>(JQ)が急伸し昨年来の高値を更新。後場寄りあとにはストップ高の7万3000円(1万円高)まで駆け上がった。
 携帯電話向け電子書籍の配信事業を行なっており、政府が本や雑誌をデジタル化した電子書籍の普及に向け環境整備と日本経済新聞の18日付け朝刊が伝えたことが材料視された。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:39 | 株式投資ニュース

ユビキタスがストップ高、新技術が「iPhone」などに採用の期待

 ユビキタス<3858>(JQ・NEO)がストップ高の22万5500円(前日比4万円高)で大引けとなり、大幅高で5日続伸。所属市場の売買代金・値上がり幅とも1位。
 新開発の基本ソフト(OS)を高速起動する技術「QuickBoot」が、アップルの新世代携帯「iPhone」(アイフォン)や「iPad」(アイパッド)にも関連するとの観測で前場は次第高、後場は寄りあと早々にストップ高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:29 | 株式投資ニュース

東邦亜鉛が大幅続伸、増額・増配を好感し後場も高値圏で推移

 東邦亜鉛<5707>(東1)は大幅続伸となり456円(23円高)で大引けとなった。後場一時27円高まで上昇。
 昨17日に発表した今3月期の決算予想と配当予想の増額修正が好感された。連結経常利益の予想を33.3%増額。期末配当は、これまでの5円を7円に増額(前期実績は5円)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:17 | 株式投資ニュース

【明日の動き】日経平均は反落、マザーズの材料株を物色する流れ強まる

 株式市場明日の動き 18日の東京株式市場は、円相場は対ドル、対ユーロで小高く推移したことから輸出関連を中心に利益確定売り先行となり、東証1部市場の値下り銘柄数は1000を超し、日経平均株価の大引けは102円95銭安の1万744円03銭と反落した。一方で、2部指数とマザーズ指数は続伸した。
 
 東証1部上場1681銘柄のうち、値上りは532銘柄、値下りは1006銘柄、変わらずは137銘柄。また、東証33業種別指数は鉱業、医薬品、パルプ・紙、水産・農林、電力・ガス、食料品、空運の7業種が高くなり、不動産、精密機器、その他金融、輸送用機器、ガラス土石製品、電気機器、証券・商品先物、化学、機械、銀行など26業種が安くなった。
 
 東証1部市場では、ニコン<7731>(東1)や、キヤノン<7751>(東1)が反落するなど、輸出関連は利益確定売り先行となったが、東芝<6502>(東1)が続伸し連日活況となったことから、原発関連人気が持続するか注目されよう。
 
 また、マザーズ市場では、サイバーエージェント<4751>(東マ)が連日の高値更新、また、政府のIT戦略で電子カルテ普及に期待感が高まり、シーエスアイ<4320>(東マ)が連続ストップ高で連日の高値更新となるなど、今日も続伸と強い動きを見せており、引き続き、材料性のある銘柄を部色する流れが続こう。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:14 | 株式投資ニュース

三菱電機は連日の高値更新もあり反落、循環買い資金が東芝にシフトも

 三菱電機<6503>(東1)は799円(16円安)で大引けとなり反落。昨日まで2日続けて昨年来の高値を更新したが、マーケットに滞留する循環買い資金などが一時売買代金1位となった東芝<6502>(東1)に乗り換えた様子があった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:08 | 株式投資ニュース

ソニーは後場一服するが昨年来の高値、グーグルなどとネットTV開発

 ソニー<6758>(東1)は前場4日ぶりに昨年来の高値を更新し、3480円(55円高)まで上昇。後場は円高傾向などを受けて上げ一服となったが、大引けは5円高と値を保った。
 前夜の米ADR(預託証券)は軟調だったが、明けた東京株式市場では、米ニューヨーク・タイムズ紙が17日付でグーグルがインテルやソニーと共同でインターネット対応の新型テレビを開発と報じたことを材料視する動きが広がった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:52 | 株式投資ニュース

18日の東京株式市場は円高嫌い輸出関連を中心に日経平均は反落、マザーズは続伸

100318大引け 18日の東京株式市場は、円相場は対ドル、対ユーロで小高く推移、前日日本銀行<8301>(JQ)の追加金融緩和、米国の超低金利政策の継続で大きく上昇していたことからその反動もあり、輸出関連銘柄を中心に利益確定売り先行の動きとなった。東証1部の値上がり・値下がり銘柄数は前引けでは700銘柄台で均衡していたが、大引けでは値下り銘柄が1000を上回った。日経平均株価の大引けは102円95銭安の1万744円03銭と反落した。一方で、2部指数とマザーズ指数は続伸した。
 
 東証1部の出来高概算は19億5790万株。売買代金は1兆2540億8200万円。1部上場1681銘柄のうち、値上がり銘柄数は532、値下がり銘柄数は1006。
 また、東証33業種別指数は鉱業、医薬品、パルプ・紙、水産・農林、電力・ガス、食料品、空運の7業種が高くなり、不動産、精密機器、その他金融、輸送用機器、ガラス土石製品、電気機器、証券・商品先物、化学、機械、銀行など26業種が安くなった。
 
 円相場が対ドル・対ユーロとも円高方向に反発したため、輸出関連の主力株が高安マチマチ。ソニー<6758>(東1)は続伸し昨年来の高値を更新した半面、昨日高値を更新したニコン<7731>(東1)は反落、キヤノン<7751>(東1)も反落、自動車株ではホンダ<7267>(東1)と、トヨタ自動車<7203>(東1)が反落、日産自動車<7201>(東1)は仏ルノ独ダイムラーの包括提携交渉に加わる可能性から小高い場面も見られたが下げに転じるなど、軟調に推移した。
 
 一方、増額・増配を発表した東邦亜鉛<5707>(東1)が高くなり、赤字拡大とした東芝機械<6104>(東1)は下落など、業績動向に敏感となり、利益上ぶれ観測が伝えられた若築建設<1888>(東1)が一時急伸、一昨日伝えられたイナリサーチ<2176>(JQ)は大幅続伸。鬼怒川ゴム工業<5196>(東1)河合楽器製作所<7952>(東1)が連日の高値更新となるなど低位の材料株の物色も続いた。また、政府のIT戦略で電子カルテ普及に期待感が高まり、シーエスアイ<4320>(東マ)が連続ストップ高で連日の高値更新となるなど、マザーズの上昇が目立った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:41 | 株式投資ニュース

東京ドームはホテルの稼働率回復など見込むが大引けは小反落

 東京ドーム<9681>(東1)の大引けは263円(2円安)となり小反落。昨日の夕方発表した前期決算では、今期の連結業績予想をコンサートイベントの増加や東京ドームホテルの稼働率の回復、松戸競輪での記念競輪の開催などにより営業利益12%増、純利益を黒字転換としたが、反応は今ひとつだった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:37 | 株式投資ニュース

旭化成はUBS証券の積極評価あったが後場全体の軟化に押される

 旭化成<3407>(東1)の大引けは488円(1円安)。前場は続伸し2日続けて戻り相場での高値を更新し494円(5円高)まで上げたが、日経平均が後場中盤から円高傾向を敬遠して軟化ピッチを速めたこともあり、全体の流れに影響されたようだ。UBS証券は「ニュートラル」継続で目標株価を引き上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:25 | 株式投資ニュース

日立製作所が今3月期末の配当を見送り、株価は高値更新後ダレる

 日立製作所<6501>(東1)は18日の大引け直後、今3月期末の配当を見送ると発表した。前期実績は3.0円だった。
 株価は前場336円(5円高)まで上げて高値を更新したが、327円(4円安)で大引けとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:08 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機が3日ぶりに昨年来の高値、三菱UFJ証券が積極評価

 ヤマダ電機<9831>(東1)が3日ぶりに昨年来の高値を更新したまま後場も強調。直接的な材料としては、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)の三菱UFJ証券が目標株価を7300円に新規設定したことが伝えられている。
 この一両日は、3月いっぱいでエコポイント対象を外れる家電製品のバーゲンが活発な点を懸念する動きがあったが、価格競争力では随一とされ、シェア拡大の助走になるとの見方がある。東京都内や名古屋市内での大型店構想にも注目が集まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:52 | 株式投資ニュース

井上金属工業が増額・増配を好感し後場も再三ストップ高まで買われる

 井上金属工業<6246>(大2)が後場も再三ストップ高の458円(80円高)まで買われ、上値いっぱいにはりつく動きとなっている。増額・増配を材料視。14時30分現在、所属市場の値上がり率1位。
 同社は昨17日の大引け後、今3月期の業績予想を増額修正し、連結経常利益は従来の2.54億円を6億円とし、期末配当は同2.5円を5.0円とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:35 | 株式投資ニュース

ツガミ・牧野フライスが高値更新、材料難の相場で受注回復など安心感

 ツガミ<6101>(東1)が後場は上げ一服だが堅調さを持続。前場は520円(17円高)まで上げて5日ぶりに昨年来の高値を更新した。工作機械の受注回復傾向が材料視されており、牧野フライス製作所<6135>(東1)も前場、昨年来の高値を更新。
 もっとも、18日の株式市場は日経平均の値動き幅が取引開始から14時までで39円幅にとどまる手掛り材料難の相場のため、年初からジリ高トレンドで買い安心感のある銘柄に資金がシフトした様子もある。ツガミは3月11日に発行株数の1.5%にあたる100万株の自己株取得(取得期間3月12日〜6月17日)を発表している。鬼怒川ゴム工業<5196>(東1)も昨年来の高値を更新。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:13 | 株式投資ニュース

ナイガイが急伸、決算は赤字だったが数字判明し不透明感が晴れる

 ナイガイ<8013>(東1)が後場一段高となり、13時30分には16.7%高の49円(7円高)となり、値上がり率1位となった。赤字決算だったが、赤字慣れしているため売り材料になるよりは決算発表によって不透明感が晴れたとの受け止め方が多いようだ。
 昨17日の大引け後に発表した2010年1月本決算は経常利益が3期連続の赤字で赤字幅拡大、純利益は赤字転換。ただ、今期の予想は連結売上高を3.0%増、各利益項目とも収支トントンとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:45 | 株式投資ニュース

前場軟調だったディー・エヌ・エーが再騰、あらためて好業績を見直す

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)が後場は前日比で小高くなり、13時すぎに71万円(1万2000円高)台を回復。前場は軟調だったが、増額修正を評価し直す動きとなった。
 UBS証券、モルガン・スタンレー証券などが17日付けで目標株価などを引き上げたと伝えられており、見直しが継続。さる16日に発表した増額修正では、ソーシャルゲームが高人気で、ゲーム内で使用されるアイテムの販売が飛躍的に増加したとしている。今3月期の配当予想を、これまでの1800円から3600円に倍増した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:26 | 株式投資ニュース