[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/16)ディー・エヌ・エーが増額・増配、ゲーム好調で配当予想は倍増−−引け後のリリース
記事一覧 (03/16)宇部マテリアルズは従来予想に2円上乗せし5円配を発表
記事一覧 (03/16)合併を発表のココカラファインHD・アライドハーツHDは急伸
記事一覧 (03/16)パナホームがエコポイント住宅への期待などで4日ぶりに昨年来の高値
記事一覧 (03/16)エービーシー・マートは自己株の消却を好感し3日ぶり反発、高値顔合わせ
記事一覧 (03/16)ヤマダ電機はエコポイントを外れる商品のセールを気にし4日ぶり反落
記事一覧 (03/16)【明日の動き】主力株が見送られ、サイバーが高値更新でマザーズの上昇は続く
記事一覧 (03/16)増額修正の古河スカイは朝方好感し高値を取るが後場は軟調
記事一覧 (03/16)16日の東京株式市場は円高に日米で金融政策会合を控え5日ぶりに小反落
記事一覧 (03/16)ニコンが対ユーロ為替の安定など材料に3日続けて昨年来の高値を更新
記事一覧 (03/16)大手銀行株は後場一服だが堅調、追加の金融緩和策に期待を示す
記事一覧 (03/16)全日本空輸が大引けにかけてジリ高、スカイマークは軟調
記事一覧 (03/16)トピー工業は「未定」→「2円配当」の効果短く瞬間的に高値を更新
記事一覧 (03/16)トヨタ自動車が「証拠なし」など材料に堅調、自動車株が軟調な中で戻り高値
記事一覧 (03/16)システムプロが急伸、ソニーFH高く合併予定のカテナに思惑
記事一覧 (03/16)大京が出来高を増して続伸、マンション契約率と追加の金融緩和を材料視
記事一覧 (03/16)不二越が後場に入り高値を更新、受注など三菱UFJ証券が積極評価
記事一覧 (03/16)くらコーポレーションが急伸し戻り高値、分割と単元変更・増配を好感
記事一覧 (03/16)16日前場の東京株式市場は金融緩和・安定への期待があり日経平均は小幅続伸
記事一覧 (03/16)イオンはプライベートブランドのメンズ向けスーツを7800円で販売
2010年03月16日

ディー・エヌ・エーが増額・増配、ゲーム好調で配当予想は倍増−−引け後のリリース

■70万円回復から戻り待ちの売りに留意

引け後のリリース、明日の1本 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)が16日の大引け後、今3月期の連結決算予想と配当予想の増額を発表。
 内製ソーシャルゲームが高人気となり、ゲーム内で使用されるアイテムの販売が飛躍的に増加したため、売上高を従来比9.3%増額し、営業利益は同25.0%増額、などとした。配当予想は、これまでの1800円を3600円に倍増。
 内製ソーシャルゲームは、同社の携帯電話総合サイトで提供する「モバゲータウン」内の友人と情報交換や協力しながら一緒に遊ぶことができるゲーム。
 株価は2月25日につけた高値74万1000円から調整に転じ、16日の大引けは63万1000円(3万6000円安)。この過程では、ネットオークション「モバオク」での落札単価の低下などが経済紙で伝えられるなど、業績見通しに不透明感が出ただけに、この発表によりスッキリ晴れた形になった。
 まずは70万円台を回復する展開が見込まれ、目先的には、戻りを待つ売り物もありそうだが、2月高値に再度挑む動きも見込めそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:42 | 株式投資ニュース

宇部マテリアルズは従来予想に2円上乗せし5円配を発表

 宇部マテリアルズ<5390>(東2)は16日の大引け後、今3月期末の配当を従来予想比2円上乗せし5円にすると発表した。業績目標に対する達成状況を勘案。前期実績は7円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:56 | 株式投資ニュース

合併を発表のココカラファインHD・アライドハーツHDは急伸

 ココカラファイン ホールディングス<3098>(東1)の大引けは1628円(143円高)となり急伸、1月29日以来の1600円台を回復した。9.6%高となり、東証1部の値上がり率5位。
 朝の取引開始前、アライドハーツ・ホールディングス<3062>(JQ)との合併を発表。日本経済新聞の朝刊でも伝えられていたため材料視され、10時01分には1662円(177円高)まで上げた。
 両社は16日、10月1日付けで合併することで合意と発表。ドラッグストア・調剤薬局の全国展開の補完やスケールメリットによる競争力の向上をめざすとした。アライドハーツ・ホールディングスは一時25%高の245円(49円高)をつけ、大引けは213円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:13 | 株式投資ニュース

パナホームがエコポイント住宅への期待などで4日ぶりに昨年来の高値

 パナホーム<1924>(東1)が4日ぶりに昨年来の高値を更新。後場652円(11円高)まで上げて大引けは647円だった。
 太陽光発電システムの標準設備などエコポイント住宅の拡充が注目され、また、パナソニック電工<6991>(東1)のLED照明や空気清浄機など諸設備による差別化戦略などもいわれていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:48 | 株式投資ニュース

エービーシー・マートは自己株の消却を好感し3日ぶり反発、高値顔合わせ

 エービーシー・マート<2670>(東1)の大引けは3030円(37円高)となり3日ぶりに高い。昨15日の大引け後、自己株の消却を発表し、発行済み株式数の9.96%の規模としたことが好感された。一時3090円まで上げ、3月9日につけた昨年来の高値に顔合わせとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:19 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機はエコポイントを外れる商品のセールを気にし4日ぶり反落

 ヤマダ電機<9831>(東1)は6580円(170円安)で大引けとなり4日ぶりに軟調、反落。
 ここ、月次動向の快調さを好感し、昨日にかけて昨年来の高値を更新したが、家電エコポイント制度が4月1日から一部見直され、地上デジタル対応TVが一部対象外となるため、同社などで在庫一掃の値下げセールが活発化していると伝えられ、目先的な売り促進要因となったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:07 | 株式投資ニュース

【明日の動き】主力株が見送られ、サイバーが高値更新でマザーズの上昇は続く

 株式市場明日の動き 16日の東京株式市場、日経平均株価の大引けは、30円27銭安の1万721円71銭と4日ぶりに小反落した。日米で金融政策会合を控えるなど材料待ちの中で、東京外国為替市場で円相場が5営業日ぶりに反発し90円台前半に推移したほか、新党結成など政局不透明感から上値追いに慎重な動きとなった。その一方で、東証2部指数、マザーズ指数は上昇は続いた。
 
 東証1部上場1680銘柄のうち、値上りは747銘柄、値下りは738銘柄、変わらずは187銘柄。また、東証33業種別指数は空運、保険、不動産、精密機器、銀行、その他金融、陸運、金属製品、電力・ガス、非鉄金属の11業種が高くなった。半面、値下がり上位は海運、鉱業、倉庫・運輸、卸売り、その他製品、機械、電気機器、ゴム製品、小売りなど。

 マザーズ市場では、スマートフォン関連のシコー<6667>(東マ)が連日の高値となったほか、サイバーエージェント<4751>(東マ)が高値更新となるなど、主力株の動きが鈍くなる中、モバイル関連やネット関連に物色の矛先が向けられており、出遅れ銘柄に範囲が広がるか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:04 | 株式投資ニュース

増額修正の古河スカイは朝方好感し高値を取るが後場は軟調

 古河スカイ<5741>(東1)は黒字転換などを好感し朝方222円(9円高)まで上げ戻り高値を更新したが、前引けにはマイナス転換し後場は軟調。大引けは206円(7円安)。
 液晶製造や半導体製造装置向けの回復が予想を上回り、今3月期の連結営業利益の予想を従来の21億円の赤字から1億円の黒字に、などと修正した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:56 | 株式投資ニュース

16日の東京株式市場は円高に日米で金融政策会合を控え5日ぶりに小反落

100316大引け 16日の東京株式市場は日米で金融政策会合を控えるなど材料待ちの中で、東京外国為替市場で円相場が5営業日ぶりに反発し90円台前半に推移したほか、自民党の鳩山邦夫元総務相が15日、離党届を提出し、5月の大型連休前にも新党結成を目指す意向を表明したことから、政局不透明感が強まり、輸出関連の主力株を中心に積極的に買い上がる動きが見られず、方向感のない展開となった。日経平均株価の大引けは、30円27銭安の1万721円71銭と4日ぶりに小反落した。東証2部指数、マザーズ指数は上昇が続いた。
 
 東証1部の出来高概算は16億7703万株。売買代金は1兆452億3400万円。1部上場1680銘柄のうち、値上がり銘柄数は747、値下がり銘柄数は738。また、東証33業種別指数は空運、保険、不動産、精密機器、銀行、その他金融、陸運、金属製品、電力・ガス、非鉄金属の11業種が高くなった。半面、値下がり上位は海運、鉱業、倉庫・運輸、卸売り、その他製品、機械、電気機器、ゴム製品、小売りなど。
 
 業種別で値上がり上位の保険業ではソニーフィナンシャルホールディングス<8729>(東1)が保険事業の評価見直しを受けて一時14%高となり牽引。精密機器では対ユーロでの円安進行を材料に欧州での比率の高いニコン<7731>(東1)が連日の昨年来高値更新と上げが目立った。
 
 また、金融緩和の追加策が期待され、引き続き不動産株、建設株が高く、大手銀行株も堅調だった。そのほか
 、決算予想を増額したサンリオ<8136>(東1)が続伸となり、引け後に決算発表を予定するサイボウズ<4776>(東1)が4連騰。ココカラファイン ホールディングス<3098>(東1)は朝寄り前にアライドハーツ・ホールディングス<3062>(JQ)との合併が伝わり値上がり率5位など、低位では三菱UFJが目標株価を引き上げた不二越<6474>(東1)が高値更新となるなど、業績・材料への反応が敏感だった。株式分割などで実質増配のくらコーポレーション<2695>(東1)も急伸、期末配当を増額したセントケア・ホールディング<2374>(JQ)がストップ高で高値更新となった。半面、減配を発表したカシオ計算機<6952>(東1)は安かった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:41 | 株式投資ニュース

ニコンが対ユーロ為替の安定など材料に3日続けて昨年来の高値を更新

 ニコン<7731>(東1)が3日続けて昨年来の高値を更新。一時2196円(86円高)まで上げ大引けも2168円(58円高)となった。
 東京外国為替市場で円相場が対ユーロで1ユーロ123円台半ばで安定、欧州市場の売上げ構成比が09年12月末現在で約26%の同社に為替メリットの代表銘柄的な注目が集まった。同様に欧州比率の高いローランド<7944>(大1)も高く、主市場で995円(15円高)。東証では1003円(31円高)となり続伸。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:36 | 株式投資ニュース

大手銀行株は後場一服だが堅調、追加の金融緩和策に期待を示す

 大手銀行株の大引けは、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)が474円(4円高)、三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)が2958円(11円高)、みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)は190円(1円高)となり、後場一服商状に転じたものの堅調さを保った。
 日本銀行<8301>(JQ)の金融政策決定会合が16日から開かれ、次回4月の会合に向けて追加の金融緩和策が検討されるとの観測が高まっていることもあり、預貸利ザヤの拡大効果に期待。17日午後に予定される日銀総裁の会見が注目されていた。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:18 | 株式投資ニュース

全日本空輸が大引けにかけてジリ高、スカイマークは軟調

 全日本空輸<9202>(東1)が後場一段上値を追い、大引けにかけてジリ高となった。
米ボーイングの新型旅客機B−787を世界で始めて使用する契約となっており、同機の生産が2年遅れてようやく本格化と伝えられ期待が高まったようだ。
 また、一部には、スカイマーク<9204>(東マ)の飛行機に高度や規定違反が相次いで報じられたため、ゴールデンウイークの国内線で旅客のシフトが期待できるとの予想もある。スカイマークは軟調で、後場一時383円(26円安)まで続落した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:57 | 株式投資ニュース

トピー工業は「未定」→「2円配当」の効果短く瞬間的に高値を更新

 トピー工業<7231>(東1)は16日の13時30分、今3月期末の配当予想をこれまでの「未定」から「2円」に修正発表した。
 株価の反応は一時的で、朝方を除いて195円(1円安)から197円(1円高)で推移していた相場の中で瞬間的に199円まで上げ、昨年11月以降の戻り相場で昨日つけた高値197円を更新したが、再び元のレンジに戻った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:40 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車が「証拠なし」など材料に堅調、自動車株が軟調な中で戻り高値

 トヨタ自動車<7203>(東1)が後場も強い値動きで4日続伸基調。一連のリコール問題で下げた安値3195円(2月4日)からの戻り相場で高値を更新している。14時現在3565円(60円高)。
 自動車株は後場軟調気味になり、この時間で高いのは同社と富士重工業<7270>(東1)の2銘柄。
 材料としては、米道路交通安全局による急加速の証拠なしとの発表、東京電力<9501>(東1)などとの電気自動車充電システム協議会設立があり、3月から「プリウス」を1割減産と伝えられたことは相場に練り込まれた雰囲気となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:17 | 株式投資ニュース

システムプロが急伸、ソニーFH高く合併予定のカテナに思惑

 システムプロ<2317>(東1)が後場も高値圏で推移し、13時40分現在、約8.6%高の4万7800円(3800円高)で値上がり率7位。4月1日付で合併するカテナ<9815>(東2)が後場一段高となっているため、株式交換比率から連動高しているようだ。
 カテナは後場一段上値を追い、約9%高の229円(19円高)まで上げた。銀行・生保向けのシステム開発・運用に強く、16日はソニーフィナンシャルホールディングス(ソニーFH)<8729>(東1)が資産運用方針の変更を主因に生保事業(ソニー生命)の企業価値が見直されて急騰したことを受け、生保各社のシステム更改需要が発生するのではとの思惑が走ったようだ。
 システムプロはカテナの株式を36.6%保有し、4月1日付けで株式交換により吸収合併の予定。カテナ株1株に対し、システムプロ株0.0048株を割り当てる。カテナは3月29日に上場廃止の運び。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:54 | 株式投資ニュース

大京が出来高を増して続伸、マンション契約率と追加の金融緩和を材料視

 大京<8840>(東1)が出来高を増して続伸。後場も13時にかけて184円(9円高)の現在高で商いをこなし、出来高ベスト10入りする場面をみせた。
 180円台回復は2月4日以来。不動産経済研究所が昨15日に発表した2月のマンション市場動向調査では、首都圏のマンション月間契約率が70.7%となり、1月の70.3%に続き2カ月連続で70%台を上回ったことが引き続き材料視されている。また、16日からは日本銀行<8301>(JQ)の金融政策決定会合が開かれ、次回4月の会合に向けて追加の金融緩和策が検討されるとの観測が高まっていることも支援要因のようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:19 | 株式投資ニュース

不二越が後場に入り高値を更新、受注など三菱UFJ証券が積極評価

 不二越<6474>(東1)が後場寄り後に一段上値を追い、昨年来の高値281円(2月4日)を更新、一時285円まで上げた。直接的な材料としては、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)の三菱UFJ証券が15日付けで目標株価を257円から297円に引き上げたことが挙げられている。
 三菱UFJ証券は15日付けレポートで 「10年11月期1Q業績は会社計画をやや上回ったとみる」 と題し、レーティングは「2」継続のまま目標株価を引き上げた。足元の受注状況などを考慮すると、トヨタ自動車<7203>(東1)向けはやや懸念があるが、大手他社向けや建機、工作機械向けの復調でカバー、などとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:57 | 株式投資ニュース

くらコーポレーションが急伸し戻り高値、分割と単元変更・増配を好感

 くらコーポレーション<2695>(東1)が急伸し、朝方31万4000円(2万3100円高)まで上げて戻し相場での高値を更新。前引けも1万6100円高で強い動きとなった。売買金額を半分にし実質増配と発表したことが好感された。
 昨15日の大引け後、1対200の株式分割と、売買単元の変更(1株から100株へ)を発表。また、今10月期の年間配当予想をこれまでの1株2000円から12円に変更した。
 これにより、1単位あたりの売買金額は実質半分となり、配当は、これまでの予想を新たなくくりに当てはめると10円になるため、実質増額。前期実績の2400円と実質同額になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:08 | 株式投資ニュース

16日前場の東京株式市場は金融緩和・安定への期待があり日経平均は小幅続伸

100316前引け 16日前場の東京株式市場は東証33業種別指数のうち26業種が高くなり、おおむねしっかりの展開。鳩山元総務相の離党で7月の参院選に向けた政局不安はあったが、この日から始まった日本銀行<8301>(JQ)の金融政策決定会合に加え、米国でも16日から金融政策会合FOMC(連邦準備制度理事会)が開かれるため、金融安定化策への期待が高まった。
 日経平均は軟調に始まり、朝方は33円82銭安の1万718円16銭まで下げたが、中盤から持ち直して高値引け。前引けは24円54銭高の1万776円52銭だった。
 東証1部の出来高概算は8億4121万株。売買代金は5013億円。1部上場1680銘柄のうち、値上がり銘柄数は909、値下がり銘柄数は534。
 また、東証33業種別指数は26業種が高くなり、値上がり率上位業種は保険、精密機器、建設、輸送用機器、不動産、陸運、繊維、証券・商品先物、非鉄金属、石油・石炭、電力・ガス、サービスなど。半面、値下がり上位は鉱業、海運、小売り、倉庫・運輸、卸売り、水産・農林、ゴム製品だった。
 業種別で値上がりトップの保険業ではソニーフィナンシャルホールディングス<8729>(東1)が保険事業の評価見直しを受けて14%高となり牽引。2位の精密機器では対ユーロでの円安進行を材料に欧州での比率の高いニコン<7731>(東1)などの上げが目立った。
 金融緩和の追加策が期待され、引き続き不動産株、建設株、鉄鋼株が高く、大手銀行株も堅調。また、決算予想を増額したサンリオ<8136>(東1)が突飛高となり、引け後に決算発表を予定するサイボウズ<4776>(東1)が値上がり率3位。ココカラファイン ホールディングス<3098>(東1)は朝寄り前にアライドハーツ・ホールディングス<3062>(JQ)との合併を発表し値上がり率6位など、業績・材料への反応が敏感だった。株式分割などで実質増配のくらコーポレーション<2695>(東1)も急伸。半面、減配を発表したカシオ計算機<6952>(東1)は安い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:49 | 株式投資ニュース

イオンはプライベートブランドのメンズ向けスーツを7800円で販売

イオンはプライベートブランドのメンズ向けスーツを7800円で販売 イオン<8267>(東1)は、プライベートブランド(PB)「トップバリュ」で展開する、メンズ向けスーツ「Slim Fit(スリムフィット)」タイプを今春より7800円で販売すると発表した。さらに「Regular Fit(レギュラーフィット)」「Relax Fit(リラックスフィット)」タイプも通常価格9800円のところを、3月20日(土)より期間限定で7800円で販売する。同社は、2000年春から「ジャスコの1万円スーツ」を、この10年間で約450万着を販売した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:16 | 株式投資ニュース