[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/03)武富士が値上がり率1位、次期内閣で貸金業法など逆風緩和の期待
記事一覧 (06/03)【株式市場】円安と米国株式の急騰を好感しほぼ全面高、アイパッド関連株も人気継続
記事一覧 (06/03)トヨタ自動車が3300円台回復など自動車株が全面高、米国好調・円安など好感
記事一覧 (06/03)伊藤園 前期業績は増収増益、最終利益は25.8%増
記事一覧 (06/03)アートコーポレーションは安い、ディフェンシブ人気後退し会長の送検も嫌気
記事一覧 (06/03)ファーストリテイリングは月次回復受け4日ぶり反発、日経平均も支援
記事一覧 (06/02)ユナイテッドアローズは既存店6カ月連続増加、天候不順も堅調−−引け後のリリース
記事一覧 (06/02)【増額銘柄を探る】ファースト住建は在庫減少や厳選仕入れが奏功
記事一覧 (06/02)【減益銘柄を探る】東京楽天地は事業構成組み換えの過渡期で36%減益
記事一覧 (06/02)【話題株】日本オラクルがサン・マイクロ社の製品・サービスを開始
記事一覧 (06/02)任天堂は反落だが、値下げと3D新ゲーム機の中旬発表に期待残す
記事一覧 (06/02)インターネットイニシアティブが買収と増額を好感し20%高
記事一覧 (06/02)雪印メグミルクが資金退避の動きに乗り高い、生乳事業が順調との見方も
記事一覧 (06/02)ファーストリテイリングの5月は3カ月ぶり増加、ただ今期累計は伸び急低下
記事一覧 (06/02)ホンダは中国の部品工場が全面再開と伝えられるが戻しきれず軟調
記事一覧 (06/02)ソフトバンクがヤフーと中国タオバオとの提携など材料に堅調
記事一覧 (06/02)【株式市場】鳩山首相と小沢幹事長の辞任報道受け乱調子!日経平均は108円安
記事一覧 (06/02)UBICが急伸、ホンダの中国拠点ストを機に法的電子情報技術を見直す
記事一覧 (06/02)ソースネクストが「iPad」関連の思惑でストップ高、値上がり率3位
記事一覧 (06/02)ソニー・シャープが年初来の安値攻防、テクニカルでは背水の陣
2010年06月03日

武富士が値上がり率1位、次期内閣で貸金業法など逆風緩和の期待

 武富士<8564>(東1)が朝方27%高の344円(74円高)まで上げて前引けも16%高の314円(44円高)で東証1部の値上がり率1位。プロミス<8574>(東1)も前引けは8%高の613円(44円高)で同2位となるなど、消費者金融株が全面高。次期内閣では貸金業法の厳格適用などの逆風が緩和されるのではとの期待があった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:56 | 株式投資ニュース

【株式市場】円安と米国株式の急騰を好感しほぼ全面高、アイパッド関連株も人気継続

100603前引け 3日前場の東京株式市場は円安と米国株式の225ドル高急騰を好感し、東証1部の値上がり銘柄数が1412銘柄(約84%)となり、ほぼ全面高。政局の混迷懸念はあったが、新政権で財政再建や経済重視に軸足を移す期待があり、主力銘柄も強さを取り戻す雰囲気となった。
 日経平均は中盤にかけて9879円97銭(276円73銭高)まで上げ、前引けも9855円38銭(252円14銭高)で急反騰。

 東証1部の出来高概算は9億1214万株、売買代金は6213億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は1412、値下がり銘柄数は155銘柄。また、東証33業種別指数は全て値上がりし、値上がり率上位は海運、その他金融、空運、輸送用機器、ゴム製品、電気機器、精密機器、金属製品、非鉄金属、機械、鉄鋼、石油・石炭、建設などだった。半面、値上がり率が低い業種は電力・ガス、その他製品、証券・商品先物、水産・農林など。
 
 昨日、年初来の安値を更新した三井物産<8031>(東1)が売買代金1位で急反発し、トヨタ自動車<7203>(東1)は同2位で上げ幅が100円を超えるなど、輸出型の主力銘柄が強い動き。G20財務相・中央銀行総裁会議(釜山・4〜5日)を控え、欧州や途上国の債務問題・為替相場の波乱などに対応が取られる期待が広がり、商船三井<9104>(東1)などの海運株は一斉高となった。
 月次動向が回復したファーストリテイリング<9983>(東1)は急反発となり、「iPad」(アイパッド)関連株も人気が継続し、アイティメディア<2148>(東マ)が一時ストップ高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:44 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車が3300円台回復など自動車株が全面高、米国好調・円安など好感

 3日の株式市場では自動車株が全面高。トヨタ自動車<7203>(東1)が3315円(80円高)まで上げ、3日ぶりに3300円台を回復。日産自動車<7201>(東1)は一時666円(24円高)、ホンダ<7267>(東1)も同2782円(69円高)まで上げ、各々急反発となっている。
 米国の5月自動車販売台数が前年同月比約19%増加し7カ月連続の増加となった上、円相場が1ドル92円台の円安に振れ、NYダウは225ドル高の急反騰となったことが好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース

伊藤園 前期業績は増収増益、最終利益は25.8%増

伊藤園のHP 伊藤園<2593>(東1)は、前10年4月期連結決算を発表した。
 売上高3329億8400万円(09年4月期比0.0%増)、営業利益124億5300万円(同17.3%増)、経常利益116億7900万円(同12.6%増)、純利益59億9600万円(同25.8%増)と増収増益。
 前期の茶葉(リーフ)関連事業の売上高は、305億4100万円(09年4月期比1.0%増)と堅調に推移、飲料(ドリンク)関連事業の売上高は2822億2700万円(同0.2%減)、その他の事業は、タリーズコーヒージャパン等の業績が順調であったことから売上高202億1400万円(同1.7%増)であった。
 今期連結業績予想は、売上高3400億円(前期比2.1%増)、営業利益132億円(同6.0%増)、経常利益121億円(同3.6%増)、純利益62億円(同3.4%増)と今期も増収増益を見込む。
 前期業績に続いて、今期も増収増益の見込みであることから株価は、9時20分現在11円高の1316円。大幅に下げていたことから、1500円を視野に入れた反発が予想される。

>>伊藤園のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:25 | 株式投資ニュース

アートコーポレーションは安い、ディフェンシブ人気後退し会長の送検も嫌気

 アートコーポレーション<9030>(東1)は1318円(30円安)で寄ったあと1311円まで下げ軟調もみあい。朝方は4日ぶりの反落相場となっている。
 市場では、同社会長が淫行で書類送検されたことを売り材料にする動きとなっているが、今朝は日経平均がNYダウの225ドル高急伸を受けて155円高の9758円82銭で始まり、急反発となっていることもあり、内需関連のディフェンシブ銘柄としての人気が後退したとの見方が多い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは月次回復受け4日ぶり反発、日経平均も支援

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は3日、買い気配で始まり4日ぶりの反発相場。9時5分に気配値を1万3000円台に乗せた。
 日経平均との相関性が高いため、日経平均がNYダウの225ドル高急伸を受けて155円高の9758円82銭で始まり急反発となったことも買い安心感を高めている。
 また、昨日の大引け後に発表した5月の既存店売上高(国内ユニクロ事業の売上げ推移速報)が前年同月比3.1%増となり、3カ月ぶりに増加したことが材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース
2010年06月02日

ユナイテッドアローズは既存店6カ月連続増加、天候不順も堅調−−引け後のリリース

■PER20倍以下で下げ渋る

引け後のリリース、明日の1本 ユナイテッドアローズ<7606>(東1)が2日の大引け後、5月の月次売上概況(速報)を発表。小売り・通販合計の既存店売上高が前年同月比4.9%増となり、6カ月連続で増加した。
 月を通して初夏・夏物商材が堅調に推移し、ゴールデンウイークでは半そで衣料が好調で、中旬以降の天候不順でも長そで・七分そでのシャツやカーディガンが好調だった。客数は同6.7%増、客単価は1.6%減。
 2日の株価終値は1080円(16円高)となり2日続伸。5月初からの下降相場が27日の993円を安値に反転し、小幅値戻し中。今期の予想1株利益を53円18銭としており、この20倍に当たる1063円以下では下げ渋るとの見方がある。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:14 | 株式投資ニュース

【増額銘柄を探る】ファースト住建は在庫減少や厳選仕入れが奏功

■営業・経常利益とも3割増額

銘柄を探る ファースト住建<8917>(大2)が2日の大引け後、第2四半期(01年11月〜10年4月)の業績予想を増益修正。滞留在庫の早期販売や用地の厳選仕入れなどの施策により、営業利益・経常利益とも従来予想より約32%増額、純利益は同28%増額した。

 営業利益は14億円の予想を18.5億円に、経常利益は13.6億円の予想を18.0億円に増額。主力の戸建て分譲事業は、新規仕入れ案件の売り上げ計上の都合により、販売棟数が前年同期の715棟に対し632棟と減少したが、マンション分譲事業は、売上高が予想を下回ったものの、前年同期の9戸から60戸に増加。両事業とも利益は計画を上回った。

 2日の株価終値は685円(7円安)。5日ぶりの反落。4月27日の755円から下降トレンドに転じたが、5月27日の605円を安値に4日続伸を交えて出直り相場。昨日、一時700円を回復したため、戻り一巡感はあるが、大幅増額のインパクトが注目される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:12 | 株式投資ニュース

【減益銘柄を探る】東京楽天地は事業構成組み換えの過渡期で36%減益


■通期見通しには変更なし

銘柄を探る 東京楽天地<8842>(東1)が2日の大引け後、第1四半期決算(2月〜4月)を発表。事業構成組み換えの一環として1月末にサウナやゲームスポット、ボウリング場を閉鎖したことなどにより、連結売上高は前年同期比10%減、経常利益は同35.8%減となった。
 ただ、中間期・通期の予想は変更なし。映画興行事業では、「アバター」「アリス・イン・ワンダーランド」の両3D立体映像作品をはじめ、「ドラえもん」シリーズなどが好稼働。閉鎖した「楽天地グランドサウナ」「楽天地レディスサウナ」に代わり、新たに4月28日、男性専用温浴施設「天然温泉 楽天地スパ」を開設。浅草事業場の再開発などが進展する。

■日柄調整に移り下値固めも

 今11年1月期の連結業績予想は、売上高が98億円(8.5%減)、経常利益が18.3億円(10.5%減)、予想1株利益は17円88銭。
 2日の株価終値は345円(1円安)となり小幅続落。5月初からの下降相場は5月28日の343円を安値に下げ一服状態となっており、値幅調整を経て日柄調整に移る形で下値固めとなる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:49 | 株式投資ニュース

【話題株】日本オラクルがサン・マイクロ社の製品・サービスを開始

■新たな業績予想は6月末に

話題株 日本オラクル<4716>(東1)は2日の大引け後、米国サン・マイクロシステムズの製品と関連サービスの提供を6月1日から開始したと発表。実質的な親会社・米国オラクルが1月にサン・マイクロ社の買収を完了。また、サン・マイクロ社の日本法人は6月1日付でグループの日本オラクルインフォメーションシステムズと統合。

 これに伴う業績予想は、10年5月期については変更がないものの、6月末の決算発表で11年5月期の予想を公表するとした。
 2日の株価終値は4200円(45円安)。4月下旬からの下降相場が5月27日の4060円を安値に戻り相場となっており、テクニカル的な戻りメドは25日移動平均(2日現在約4470円)になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:26 | 株式投資ニュース

任天堂は反落だが、値下げと3D新ゲーム機の中旬発表に期待残す

 任天堂<7974>(大1)は後場2万6060円(1040円安)まで下げる場面があり、大引けは2万6170円(930円安)。5日ぶりに反落。本日午後、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」シリーズ3機種の価格を20〜10%程度値下げするとの発表が伝わり、大引けにかけて戻したが小幅だった。
 なかで、米国で6月15日から開催されるビデオゲーム展示会「E3ショー」で新開発の3D(3次元)立体映像ゲーム機を先行発表する予定のため、材料性に期待する動きがあり、出来高は増加した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:42 | 株式投資ニュース

インターネットイニシアティブが買収と増額を好感し20%高

 インターネットイニシアティブ<3774>(東1)が後場24万9800円(4万9300円高)まで急伸し、大引けも24万600円(4万100円高)。値上がり率は20%で東証1部の4位となった。
 昨日、AT&TジャパンLLC(東京都港区)が新設した子会社の全株式を取得し、国内約1600社の法人顧客やネットワークソーシング事業を譲り受けると発表。同時に業績予想の増額修正も発表したことが材料視された。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:13 | 株式投資ニュース

雪印メグミルクが資金退避の動きに乗り高い、生乳事業が順調との見方も

 雪印メグミルク<2270>(東1)が大引けにかけて上値を追う展開となり、一時1601円(44円高)まで上げ、大引けも1595円(38円高)となり、ほとんど高値引け。2日続伸。
 首相辞任などで政局混迷や経済政策の空白化懸念が高まったため、外部要因に比較的左右されにくいとして電力株や食品株に資金退避する動きに乗った。また、一部では、熱暑の年に体調を崩す傾向のある乳牛が今年は梅雨の遅れや低温もあって生乳の生産が順調との見方もあった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングの5月は3カ月ぶり増加、ただ今期累計は伸び急低下

 ファーストリテイリング<9983>(東1)が2日の大引け後、5月の月次動向(国内ユニクロ事業の売上げ推移速報)を発表。5月の既存店売上高は前年同月比3.1%増となり、2月以来の増加となった。

 ただ、上期(8〜2月)の累計が前期比13.1%増だったのに対し、下期は5月までの3カ月間の累計が同7.9%減とダウンしており、期初からの累計は同6.8%増。今期の既存店の見込みとする7%増を下回ることになった。

 2日の株価終値は1万2440円(190円安)となり、小幅だが3日続落。4月初から下降相場を続けており、年初来の安値1万2150円(5月25日)が意識される水準。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:38 | 株式投資ニュース

ホンダは中国の部品工場が全面再開と伝えられるが戻しきれず軟調

 ホンダ<7267>(東1)の大引けは2713円(51円安)。前場は、ストの影響で停止していた中国拠点の部品工場が全面再開と伝えられ、また首相の辞意報道を受けて日経平均が上昇に転じた流れに乗り2755円(9円安)まで値を戻す場面があったが、後場は、次期首相や経済閣僚を巡る政局不透明感、中国株式の下落などを受けて再び軟調。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:20 | 株式投資ニュース

ソフトバンクがヤフーと中国タオバオとの提携など材料に堅調

 ソフトバンク<9984>(東1)は前場2246円(55円高)まで上げ、後場も堅調さを保ち、大引けは2211円(20円高)で続伸。
 グループのヤフー<4689>(東1)が中国のネット通販大手・淘宝網(タオバオ)と提携し、サイトを相互接続と伝えられた上、新聞・雑誌の記事を「iPad」などで読むことができるサービスも発表。中国関連株の中で新鮮味があるとの見方があった。ヤフーの終値は3万2200円(600円安)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:04 | 株式投資ニュース

【株式市場】鳩山首相と小沢幹事長の辞任報道受け乱調子!日経平均は108円安

100602大引け 2日の東京株式市場は鳩山首相や小沢一郎幹事長の辞意・辞任報道が伝えられて乱調子。日経平均は朝方9602円55銭(109円28銭安)まで下げたものの、辞意・辞任報道後、前引けにかけては9763円41銭(51円58銭高)まで上昇。しかし後場は経済政策の空白化懸念などから再び下げに転じ、一時9560円16銭(151円67銭安)まで下げ、大引けは9603円24銭(108円59銭安)となった。2日続落。

 東証1部の出来高概算は22億2255万株、売買代金は1兆5336億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は332、値下がり銘柄数は1240銘柄。また、東証33業種別指数で高い業種は2業種(前引けは20業種)となり、値上がり業種は電力・ガス、倉庫・運輸のみ。一方、値下がり上位業種は卸売り、空運、鉄鋼、石油・石炭、保険、ゴム製品、非鉄金属、その他製品、鉱業、金属製品、証券・商品先物などだった。

 政局混迷や円高再燃への懸念から輸出型の主力銘柄は敬遠され、シャープ<6753>(東1)は年初来の安値。半面、ディフェンシブ銘柄として東京電力<9501>(東1)が証券会社の積極的な投資判断を背景に活況続伸となったほか、株価の低い思惑材料株に資金が集まった。さが美<8201>(東1)レナウン<3606>(東1)鈴丹<8193>(東1)などが値上がり率上位。「iPad(アイパッド)」関連人気も交互物色が続き、本日はソースネクスト<4344>(東1)がストップ高、アイティメディア<2148>(東マ)も高い。東証1部に指定替えのグリー<3632>(東マ)は連日高値を更新。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:41 | 株式投資ニュース

UBICが急伸、ホンダの中国拠点ストを機に法的電子情報技術を見直す

 法的情報の電子管理大手UBIC<2158>(東マ)が後場一段上値を追い、約8%高の1479円(108円高)前後で堅調。東証マザーズ市場の値上がり率4位となった。訴訟に必要な電子データの解析・管理などを世界の主要国語で行なえるソフトなどが、ホンダ<7267>(東1)の中国拠点で起きた賃上げストライキを契機に見直された。提案する「戦略予防法務」などが脚光。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:03 | 株式投資ニュース

ソースネクストが「iPad」関連の思惑でストップ高、値上がり率3位

 ソースネクスト<4344>(東1)が前場ストップ高の2万6140円(5000円高)に駆け上がったまま後場もS高買い気配に貼りついている。値上がり率23.7%で東証1部の3位。
 昨1日、WEB総合サービスの大手・米エバーノート社と提携と発表。最初の製品の発表を第1四半期中(4〜6月中)に予定としたため、エバーノート社の技術の汎用性などから「iPad(アイパッド)」関連銘柄として注目された。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:27 | 株式投資ニュース

ソニー・シャープが年初来の安値攻防、テクニカルでは背水の陣

 ソニー<6758>(東1)が後場2698円(90円安)まで下げる場面をみせ、5月27日につけた年初来の安値2691円に接近。また、シャープ<6753>(東1)は一時955円(33円安)まで下げ、5月26日につけた年初来の安値955円に顔合わせ。日経平均の下げ幅が後場150円台に拡大したこともあり、ともに、テクニカル的には、安値を割れば一段安相場への突入になるため、大引けの値段がどうなるか背水の陣の相場となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:12 | 株式投資ニュース