[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/30)アグロカネショウは害虫防除剤の適用拡大など好感され高値を更新
記事一覧 (03/30)ブライトパス・バイオが大幅続伸、理化学研究所とのNKT細胞療法開発を好感
記事一覧 (03/30)三井不動産が戻り高値、「東京ミッドタウン日比谷」や公示地価を好感
記事一覧 (03/30)日経平均は233円高で始まりNYダウの大幅高など好感
記事一覧 (03/30)ノムラシステムコーポレーションは調整一巡期待、ERP導入コンサルティングが主力
記事一覧 (03/30)ラクオリア創薬は調整一巡感、疼痛と消化器管を主領域とする創薬ベンチャー
記事一覧 (03/30)アクアラインは調整一巡感、18年2月期利益横ばいだが19年2月期収益拡大期待
記事一覧 (03/30)ヤマシンフィルタは調整一巡感、18年3月期大幅増収増益予想で19年3月期も収益拡大期待
記事一覧 (03/30)ヴィスコ・テクノロジーズは画像検査処理装置メーカー、18年3月期大幅増収増益予想
記事一覧 (03/30)オプティマスグループは売り一巡感、18年3月期利益予想減額だが19年3月期収益拡大期待
記事一覧 (03/29)【銘柄フラッシュ】新規上場のアズ企画設計と和心が好発進しアジャイルメディア・ネットは上場2日目も初値つかず
記事一覧 (03/29)クレオは業務提携が好感され後場もストップ高続く
記事一覧 (03/29)ハウスドゥが高値に迫る、新ブランド「レントドゥ!」の1号店発表など好感
記事一覧 (03/29)エスプールが連日最高値、投資の原点「好業績」に立ち返る
記事一覧 (03/29)シマノが出直り拡大、工場火災の影響は軽微の見方で値戻し進む
記事一覧 (03/29)クラレが4日続伸、米国やタイでの積極展開に期待強まる
記事一覧 (03/29)日経平均は219円高で始まり1ドル106円台への円安回帰など好感
記事一覧 (03/29)ズームは18年12月期2桁増収増益・増配予想
記事一覧 (03/29)ハブは売られ過ぎ感、19年2月期収益拡大期待
記事一覧 (03/29)サインポストは18年2月期大幅増収増益予想で19年2月期も収益拡大期待
2018年03月30日

アグロカネショウは害虫防除剤の適用拡大など好感され高値を更新

■海外拡大など図る長期事業計画にも注目再燃

 アグロ カネショウ<4955>(東1)は30日、再び上値を追い、10時前に2694円(130円高)まで上げて株式分割など調整後の上場来高値を更新した。果樹、野菜の分野に特化した除草剤や害虫防除剤などの大手で、28日、2件の「製品適用拡大情報」を発表し期待が集まっている。

 農薬の開発から登録まで、新剤の開発には10年の歳月と30億円の費用が必要とし、長期事業計画では、新規剤の投入、買収剤の投入、海外展開の推進などにより、2025年の売上高300億円(18年12月期の見通しは159億円)を目指している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 株式投資ニュース

ブライトパス・バイオが大幅続伸、理化学研究所とのNKT細胞療法開発を好感

■共同研究契約を締結と発表し注目集まる

 ブライトパス・バイオ<4594>(東マ)は30日、続伸基調で始まり、取引開始後に7%高の846円(59円高)まで上げて出直りを強めている。29日の取引終了後、「理化学研究所とiPS細胞由来NKT細胞療法に関する共同研究契約を締結」と発表し、注目されている。

 発表によると、NKT細胞は、がん細胞を直接殺傷する能力をもつと同時に、他の免疫細胞を活性化させるアジュバント作用をもつ免疫細胞で、活性化すると、多様なサイトカインを産生し、自然免疫系に属するNK細胞の活性化と樹状細胞の成熟化を促す。成熟した樹状細胞は、更に獲得免疫系に属するキラーT細胞を増殖・活性化させることで、相乗的に抗腫瘍効果が高まる。また、自然免疫系を同時に活性化させることで、T細胞では殺傷できないMHC陰性のがん細胞に対しても殺傷能を持つことは、本剤のユニークな特徴の一つになる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース

三井不動産が戻り高値、「東京ミッドタウン日比谷」や公示地価を好感

■下値もみ合いを抜け出し上値余地広がる

 三井不動産<8801>(東1)は30日、2日続伸基調で始まり、取引開始後に2587.5円(55.5円高)まで上げて戻り高値を更新した。同社が開発主体となって3月29日に開業した複合施設「東京ミッドタウン日比谷」(東京都千代田区)が注目されているほか、国交省が27日に発表した公示地価(2018年1月1日時点)なども材料視されている。

 2月以降は調整相場が続いており、米国株安に端を発した世界的な株安に押されるように、3月は2500円をはさんで下値もみ合いを続けている。しかし、このもみ合いを抜け出す動きになり、テクニカル的に2700円前後までは上値を追える状態になってきたとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 株式投資ニュース

日経平均は233円高で始まりNYダウの大幅高など好感

 30日(金)朝の東京株式市場は、NYダウの大幅高(254.69ドル高の2万4103.11ドル)などが好感され、株価指数の先物が先行高し、日経平均は大幅続伸の233円34銭高(2万1392円42銭)で始まった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース

ノムラシステムコーポレーションは調整一巡期待、ERP導入コンサルティングが主力

 ノムラシステムコーポレーション<3940>(東2)は、ERP導入コンサルティング・保守を主力としている。18年12月期は営業微増益予想である。株価は上値を切り下げる形だが調整一巡を期待したい。

■ERP導入コンサルティング・保守が主力

 独SAPのERP(統合基幹業務システム)導入コンサルティング・保守を主力として、クラウドソリューションやビッグデータコンサルティングも強化している。

■18年12月期は営業微増益予想

 18年12月期の非連結業績予想は、売上高が17年12月期比2.2%増の25億90百万円、営業利益が2.6%増の4億18百万円、経常利益が3.2%増の4億18百万円、純利益が4.5%減の2億85百万円としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:38 | 株式投資ニュース

ラクオリア創薬は調整一巡感、疼痛と消化器管を主領域とする創薬ベンチャー

 ラクオリア創薬<4579>(JQ)は、疼痛と消化管疾患を主領域とする創薬ベンチャーである。19年12月期黒字化を目指している。株価は急伸した1月高値圏から急反落したが、調整一巡感を強めている。

■疼痛と消化管を主領域とする創薬ベンチャー

 ファイザー日本法人の中央研究所を前身として、新規開発化合物の創出を目指す創薬ベンチャーである。炎症および神経性の疼痛と、胃食道逆流症や過敏性腸症候群を代表とする消化管疾患を主な領域として、適応症の追加などで研究開発対象領域の拡大も進めている。

 IOCN(Integrated Open Collaboration Network)を基盤として、新規開発化合物の知的財産権を製薬会社に導出(使用許諾契約によるライセンスアウト)する収益モデルである。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:35 | 株式投資ニュース

アクアラインは調整一巡感、18年2月期利益横ばいだが19年2月期収益拡大期待

 アクアライン<6173>(東マ)は「水道屋本舗」屋号の水回り緊急修理サービス事業を主力としている。18年2月期の利益は横ばい予想だが、19年12月期の収益拡大を期待したい。株価は高値圏から反落して水準を切り下げたが、調整一巡感を強めている。

■水回り緊急修理サービス事業が主力

 「水道屋本舗」屋号の水回り緊急修理サービス事業を主力として、ミネラルウォーター事業も展開している。ミネラルウォーター事業では17年8月、アクアクララと業務提携している。

■18年2月期利益横ばいだが19年2月期収益拡大期待

 18年2月期連結業績予想(2月15日に売上高を増額、利益を減額修正)は、売上高が52億09百万円、営業利益が3億47百万円、経常利益が3億47百万円、純利益が2億15百万円としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:30 | 株式投資ニュース

ヤマシンフィルタは調整一巡感、18年3月期大幅増収増益予想で19年3月期も収益拡大期待

 ヤマシンフィルタ<6240>(東1)は、建設機械の油圧回路用フィルタで世界首位である。18年3月期大幅増収増益予想で、19年3月期も収益拡大が期待される。株価は1月の上場来高値から反落したが調整一巡感を強めている。

■建設機械の油圧回路用フィルタで世界首位

 建設機械の油圧回路用フィルタで世界首位である。産業機械用や電子部品製造工程用のフィルタも展開している。

 3月29日には米国および中国の連結子会社への生産委託を発表した。現在はフィリピンで約9割、日本で約1割を生産しているが、地政学リスクの回避、流通コストの削減、主要取引先との関係強化を目的として生産委託する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:27 | 株式投資ニュース

ヴィスコ・テクノロジーズは画像検査処理装置メーカー、18年3月期大幅増収増益予想

 ヴィスコ・テクノロジーズ<6698>(JQ)は画像検査処理装置のファブレスメーカーである。18年3月期大幅増収増益予想である。株価は戻り高値圏から反落して水準を切り下げたが調整一巡を期待したい。なお基準日18年3月31日(効力発生日18年4月1日)で1株を8株に分割する。

■画像検査処理装置のファブレスメーカー

 17年12月JASDAQに新規上場した。画像検査処理装置の製造販売を展開している。コネクターなどの電子部品業界向けを主力としている。自社で製造機能を持たないファブレスメーカーである。

■18年3月期大幅増収増益予想

 18年3月期の連結業績予想(2月27日に上方修正)は、売上高が17年3月期比16.4%増の33億50百万円、営業利益が33.9%増の4億70百万円、経常利益が55.6%増の4億20百万円、純利益が43.6%増の2億90百万円としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:25 | 株式投資ニュース

オプティマスグループは売り一巡感、18年3月期利益予想減額だが19年3月期収益拡大期待

 オプティマスグループ<9268>(東2)は、ニュージーランド向け中古自動車輸出を主力としている。18年3月期は利益を減額修正したが、19年3月期は特殊要因が一巡して収益拡大を期待したい。株価は安値圏だが売り一巡感を強めている。

■ニュージーランド向け中古自動車輸出が主力

 17年12月東証2部に新規上場した。中古自動車を日本から海外(ニュージーランド向け主力に30ヶ国以上)に輸出している。貿易、物流、ニュージーランドにおける輸入手続サービス、検査まで総合的に展開している。

■18年3月期減益予想だが19年3月期収益拡大期待

 18年8月期連結業績予想(3月14日に売上高を増額、利益を減額修正)は、売上高が17年3月期比2.4%減の264億52百万円、営業利益が21.0%減の12億45百万円、経常利益が28.8%減の13億84百万円、純利益が33.4%減の9億10百万円としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:22 | 株式投資ニュース
2018年03月29日

【銘柄フラッシュ】新規上場のアズ企画設計と和心が好発進しアジャイルメディア・ネットは上場2日目も初値つかず

 29日は、東証1部の値上がり率1位にメンバーズ<2130>(東1)の10.3%高が入り、29日付で、IT人材不足に悩む企業とプロフェッショナルなフリーランスとをつなぐフリーランス支援会社「株式会社メンバーズシフト」の設立を発表したことなどが好感されて高値に接近。

 2位はクリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)の9.8%高となり、前2月期の業績・配当見通しを増額したことなどが好感されて戻り高値を大きく更新。

 3位はERIホールディングス<6083>(東1)の9.5%高となり、子会社と家守りホールディングス(東京都千代田区)との提携が好感されて2015年以来の高値。

 アジア航測<9233>(東2)は引き続き霧島・新燃岳の噴火などが思惑材料視されて9.5%高となり2日続けて大幅続伸。JSB<3480>(東2)は4月末現在の単元株主を対象に上場記念の優待として1000円分のクオカードを贈呈するため注目が再燃し8.9%高。

 SOU<9270>(東マ)は3月22日に新規上場となり、28日付で東京・銀座に旗艦店を構えるヴィンテージセレクトショップ「ALLU(アリュー)」が中国消費者向け越境ECショッピングアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」への出品、販売を本格化と発表。上場後29日まで連日高値を更新して値幅妙味の強さを見せつけたこともあり、ストップ高の15.3%高とまたもや高値を更新。クレオ<9698>(JQS)は業務提携により人事ビッグデータ活用に向けたHCMソリューションの提供を開始との発表が好感されてストップ高の17.5%高。28日に新規上場のアジャイルメディア・ネットワーク<6573>(東マ・売買単位100株)は上場2日目も初値がつかず、公開価格3000円の5.3倍の1万5870円で買い気配。

 29日は2銘柄が新規上場し、アズ企画設計<3490>(JQS・売買単位100株)は13時46分に公開価格2160円の2.2倍の4705円で初値をつけ、高値は5410円、終値は4670円となった。和心(わごころ)<9271>(東マ・売買単位100株)は買い気配のまま初値がつかず、大引けは公開価格1700円の2.3倍の3910円の買い気配となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:46 | 株式投資ニュース

クレオは業務提携が好感され後場もストップ高続く

■人事ビッグデータ活用に向けたHCMソリューションの提供を開始

 人事・会計・資産管理ソリューションなどのクレオ<9698>(JQS)は29日の後場、ストップ高の1006円(150円高)買い気配で始まり、朝方にストップ高で売買されたあとは買い気配に張り付いている。28時付で、「タレントパレット」を提供するプラスアルファ・コンサルティングとの業務提携を発表し、注目が殺到した。人事ビッグデータ活用に向けたHCMソリューションの提供を開始するとした。

 3月16日に1044円まで上げ、値動きとしてはこれに続く再騰になる。経験則的には、この高値を抜くようだと3月の上げ幅と同クラスの上げに発展する「N字型」の一段高相場がイメージできるようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:56 | 株式投資ニュース

ハウスドゥが高値に迫る、新ブランド「レントドゥ!」の1号店発表など好感

■賃貸用不動産の仲介と空き家率増加などの諸問題に対応

 ハウスドゥ<3457>(東1)は29日午前、新ブランド「RENT Do!(レントドゥ!)」の第1号店となる「RENT Do!渋谷恵比寿店」(東京都渋谷区)をオープンし、賃貸用不動産の仲介とその関連業務(入居者募集・契約・集金・入居退去手続き代行・維持管理・家賃保証サービスなど)を開始すると発表した。

 株価は10時30分にかけて3435円(130円高)まで上げて続伸基調となり、株式分割などを調整後の上場来高値3500円(2018年3月16日)に迫っている。

 新ブランド「RENT Do!(レントドゥ!)」は、賃貸不動産を取り巻く空き家率・空室率の増加や賃貸物件の大量供給による賃料相場の下落傾向などの問題に対応し、さらに「募集をかけても入居者が決まらない」などの経営課題に直面する賃貸物件オーナーのニーズにも応える事業として誕生した。

 これまで培った不動産売買のノウハウや、ハウス・リースバック、不動産担保ローンなどの資金供給サービスを活用した賃貸不動産仲介事業を行うほか、入居者が決まらない空き家や空室物件の問題点を徹底的に分析し、外観や室内の設備が古い物件には、手持ち資金や負担金が最大0(ゼロ)円でリフォーム後も貸し続けられる「資産活用リースバック」の提案など、オーナーの経営課題の解決に取り組む。

 また、ハウスドゥ!の新サービスである遊休資産の有効活用するタイムシェアリング事業「タイムルームクラウド」も提供し、様々な目的で個人や団体が活用できる空室・空きスペースの時間貸しのレンタルスペース「タイムルーム」として収益向上も図っていく。

 今後、フランチャイズ展開により物件オーナーの経営状況をサポートする様々なサービスを提供し、国内1000店舗の展開を目指し、空き家・空室問題などの社会問題を解決することで不動産業界の変革へと貢献していくとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:31 | 株式投資ニュース

エスプールが連日最高値、投資の原点「好業績」に立ち返る

■2月末に株式5分割を実施し新たな投資家層も加わる

 エスプール<2471>(JQS)は29日も上値を追い、朝方に1453円(35円高)まで上げたあとも11時にかけて1440円前後で推移。株式分割などを調整した後の上場来高値を3日続けて更新している。

 人材派遣・人材アウトソーシング、障がい者雇用支援サービスなどを展開し、今11月期も純利益などが2ケタ増益の最高益を更新する見込み。全体相場を取り巻く環境が不透明な中で、投資の原点に立ち返り好業績の銘柄を見直す動きがあり、その中でも選別買いが強いようだ。

 2月28日を基準日として1株を5株とする株式分割を行った。このため最低投資金額が小さくなり、新たな投資家層の注目も加わっているとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

シマノが出直り拡大、工場火災の影響は軽微の見方で値戻し進む

■第1四半期の決算発表は4月24日を予定し懸念出尽しの期待も

 シマノ<7309>(東1)は29日、大きく出直って始まり、取引開始後に1万5280円(410円高)と出直りを強めている。堺本社工場で3月26日に火災が発生し、全体相場の下げもあって26日に一時1万4500円まで下押したが、その後は値戻しが進んでいる。

 第1四半期の決算発表は4月24日の予定。火災の影響は大きくないとの見方が多いようだが、こうしたケースでは、金額的な影響が明らかになった時点で不透明感が後退し、懸念出尽しになることが少なくないとされるため、決算発表にかけて注目が強まる可能性が言われている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 株式投資ニュース

クラレが4日続伸、米国やタイでの積極展開に期待強まる

■米中貿易摩擦の懸念が出てから化学株の動きが強いとの見方も

 クラレ<3405>(東1)は29日、4日続伸基調で始まり、取引開始後に1835円(75円高)と出直りを強めている。3月7日付で、タイの化学企業・PTTグローバルケミカル、および住友商事<8053>(東1)とブタジエン誘導品に関する合弁契約の締結を発表し、26日付では、買収した米カルゴン・カーボン社の事業運営体制を発表。期待が強まっている。

 また、米中間に貿易摩擦の懸念が発生して以来、化学株の値動きが強まっているとの指摘があり、日系化学メーカーなどが「漁夫の利」を得る可能性などを期待する様子もあるようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース

日経平均は219円高で始まり1ドル106円台への円安回帰など好感

 29日朝の東京株式市場は、円相場が海外市場から1ドル106円台に戻る円安回帰となったことなどが好感され、日経平均は219円65銭高(2万1250円96銭)で始まった。

 NYダウは一時234ドル高まで上げる場面があったが、終値は9.29ドル安(2万3848.42ドル)。前日の344ドル安に続き小幅だが続落となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 株式投資ニュース

ズームは18年12月期2桁増収増益・増配予想

 ズーム<6694>(JQ)は、ハンディオーディオレコーダーを主力とする音響機器メーカーである。18年12月期2桁増収増益・増配予想である。株価は戻り高値圏から反落し、為替の円高も嫌気する形で水準を切り下げたが、調整一巡を期待したい。

■ハンディレコーダーが主力の音響機器メーカー

 ハンディオーディオレコーダーを主力とする音響機器メーカーである。マルチエフェクター、ハンディビデオレコーダー、プロフェッショナルフィールドレコーダーなども展開している。自社で製造機能を持たないファブレスメーカーである。

■18年12月期2桁増収増益・増配予想

 18年12月期の連結業績予想は、売上高が17年12月期比16.1%増の73億13百万円、営業利益が15.1%増の3億77百万円、経常利益が19.5%増の4億33百万円、純利益が17.9%増の3億40百万円としている。配当予想は5円増配の年間45円(期末一括)としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:33 | 株式投資ニュース

ハブは売られ過ぎ感、19年2月期収益拡大期待

 ハブ<3030>(東1)は、首都圏中心に英国風パブ「HUB」をチェーン展開している。18年2月期微増益予想だが、19年2月期の収益拡大を期待したい。株価はほぼ一本調子に水準を切り下げたが、売られ過ぎ感を強めている。調整一巡を期待したい。

■英国風パブ「HUB」を展開

 英国風パブ「HUB」を首都圏中心にチェーン展開している。18年2月末時点の店舗数は104店舗である。

■18年2月期は微増益予想、19年2月期の収益拡大期待

 18年2月期の非連結業績予想は、売上高が17年2月期比9.5%増の111億90百万円、営業利益が0.8%増の7億70百万円、経常利益が0.7%増の7億70百万円、純利益が2.7%増の5億10百万円としている。なお月次売上速報によると、17年3月〜18年2月累計は全店が107.5%、既存店が99.7%だった。19年2月期の収益拡大を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:28 | 株式投資ニュース

サインポストは18年2月期大幅増収増益予想で19年2月期も収益拡大期待

 サインポスト<3996>(東マ)は、システム開発コンサルティングを展開している。18年2月期は増額修正して大幅増収増益予想である。19年2月期も収益拡大が期待される。株価は戻り高値圏から反落して上値を切り下げる形となったが、調整一巡を期待したい。

■システム開発コンサルティングを展開

 17年11月東証マザーズに新規上場した。金融機関や公共向けを中心にシステム開発コンサルティングを展開している。

 17年12月にはSCSKと共同開発契約を締結した。流通小売業の店舗におけるレジの無人化を目指して、画像認識技術とAI(人工知能)技術を活用した「完全スルー型レジシステム(スーパーワンダーレジ)」の製品化、および製品化している「設置型AIレジ(ワンダーレジ)」の改良を推進する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:25 | 株式投資ニュース