[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/26)イオンが投資判断の引き上げや円高効果への期待で反発
記事一覧 (02/26)26日前場の東京株式市場は円高への懸念がある割に堅調で日経平均は反発
記事一覧 (02/26)ディー・エヌ・エーが軟調、大株主が「降りた」印象で熱さめる
記事一覧 (02/26)三井ハイテックが日産自動車からの受注を材料に値上がり率1位
記事一覧 (02/26)第一三共が後発薬事業に参入し新会社と伝えられ4日ぶりに反発
記事一覧 (02/26)東映アニメーションが増額修正を材料に高い、25日移動平均線に注目
記事一覧 (02/26)トヨタ自動車も円高への警戒感がある割には強い動きで反発
記事一覧 (02/26)ホンダは新ハイブリッド車への期待が先行、円高懸念ある割に底堅い
記事一覧 (02/25)アマナホールディングス CG制作部門を、会社分割によりハイドロイド社に承継
記事一覧 (02/25)アスクルの月次動向は売上げ基盤が着々拡大、もみ合い相場の中で値幅妙味−−引け後のリリース
記事一覧 (02/25)大成建設は反落だが下げ渋る、中期計画への取り組み強化を発表
記事一覧 (02/25)イオン北海道が増額修正を好感して急動意、ネットスーパーなど注目
記事一覧 (02/25)【明日の動き】電力株が上昇で円高メリットを見直す動きが広がるか?!
記事一覧 (02/25)インフォメーションクリエーティブがジリ高を継続、受注安定し新事業に期待
記事一覧 (02/25)25日の東京株式市場は円高進行を嫌い日経平均は3日続落、主力株が下げに転じる
記事一覧 (02/25)東ソーは投資判断の引き下げ嫌い急落したが結果的には狼狽売りに
記事一覧 (02/25)パスポートが底堅さを継続、今2月期の業績予想と配当予想の上方修正を好感
記事一覧 (02/25)日本無線が3円配当維持を好感し堅調、下値もみ合いを飛び出す
記事一覧 (02/25)スクウェア・エニックスはiPhone版「ファイナルファンタジー」2種を発売
記事一覧 (02/25)江崎グリコが新技術や好業績を見直す動きで後場一段高
2010年02月26日

イオンが投資判断の引き上げや円高効果への期待で反発

 イオン<8267>(東1)の前場終値は917円(29円高)となり3日ぶりに反発。ゴールドマン・サックス(GS)証券による投資判断の引き上げが伝えられたほか、円高が進行すれば輸入商材のコスト低下が見込めるとの期待があった。
 GS証券の投資判断は25日付けで「中立」から「買い」、目標株価は850円から1150円。また、25日にはイオン北海道<7512>(東1)が業績予想を増額修正し、グループでの効率化戦略が効果を出し始めている様子となったことも支援要因になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:59 | 株式投資ニュース

26日前場の東京株式市場は円高への懸念がある割に堅調で日経平均は反発

100226前引け 26日前場の東京株式市場は円高加速への懸念がある割に堅調で、日経平均は反発。円相場は前夜の米国で一時1ドル88円台をつけたが、東京市場では89円台に戻ったこともあり、自動車株や半導体関連株などが底堅くなった。
 朝発表された1月の鉱工業生産指数は11カ月連続の上昇となり、トヨタ自動車<7203>(東1)が高く始まったことも心理的な好材料となったようだ。
 日経平均は中盤に16円83銭安の1万85円13銭まで軟化する場面があったが、前引けにかけて57円32銭高まで上げ、前引けは42円92銭高の1万144円88銭。
 東証1部の出来高概算は7億1618万株。売買代金は4946億円。1部上場1680銘柄のうち、値上がり銘柄数は817、値下がり銘柄数は638。
 東証33業種別指数は23業種が高くなり、値上がり率上位はゴム製品、輸送用機器、鉄鋼、倉庫・運輸、小売り、石油・石炭、鉱業、その他金融、証券・商品先物、繊維など。一方、値下がり上位は精密機器、食品、海運、保険、電気機器、情報通信、空運などだった。
 三井ハイテック<6966>(東1)が日産自動車から次世代車の基幹部品を受注と伝えられたうえ、鉱工業生産指数が堅調だったこともあり東証1部の値上がり率1位。円高の進行でコスト低下が見込めるとしてブリヂストン<5108>(東1)が高く、ここ減配を悪材料に下げてきた昭和シェル石油<5002>(東1)も反発するなど、為替を巡る期待や思惑も活発だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:44 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーが軟調、大株主が「降りた」印象で熱さめる

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)が軟調。昨25日の大引け後、1位株主ソネットエンタテインメント<3789>(東1)が保有株の一部を売却と発表。このところ高値を更新してきた相場の中で、大株主が最初に「降りた」印象となり、熱がさめたムードになったという。
 1位株主ソネットエンタテインメントの所有株式数が9月末現在の8万695株から2月25日現在で6万8685株になり、議決権割合14.5%の2位株主になったと発表。1位株主には、これまで2位だった創業者の南場智子社長(同15.2%)が浮上した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

三井ハイテックが日産自動車からの受注を材料に値上がり率1位

 三井ハイテック<6966>(東1)が10%を上回る上昇の704円(68円高)まで上げ、10時36分現在で東証1部の値上がり率1位となっている。ハイブリッド車の基幹部品をトヨタ自動車<7203>(東1)に続き日産自動車<7201>(東1)からも受注と伝えられた。
 700円台の回復は2月3日以来。電気自動車とハイブリッド車の基幹部品のモーターコアを日産自動車から受注し、電気自動車「リーフ」、ハイブリッド「フーガ」向けに供給すると伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:39 | 株式投資ニュース

第一三共が後発薬事業に参入し新会社と伝えられ4日ぶりに反発

 第一三共<4568>(東1)が反発。後発医薬品事業に参入し、4月に新会社を設立と26日付けの日本経済新聞で伝えられ、期待感が高まった。また、08年に買収した印ランバクシー社が09年12月期で黒字を回復と伝えられたことも寄与しているようだ。
 後発医薬品事業に参入し、4月に新会社を設立することについて、同社は朝、会社としての発表ではないとするとともに「実施の有無を含め、最終決定に至っておりません」とIR開示を発表。このため、遠からず正式発表があるとの期待が高まっている。
 株価は9時14分に1826円(38円高)まで上げた後も堅調で4日ぶりの反発となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:20 | 株式投資ニュース

東映アニメーションが増額修正を材料に高い、25日移動平均線に注目

 東映アニメーション<4816>(JQ)が上昇。昨25日の大引け後に発表した業績予想の増額修正が好感され、一時1649円(49円高)まで上げた。
 下期に入って「ワンピース」や「プリキュア」シリーズが映画、キャラクター商品などの各事業で好調に推移したため、今3月期の連結売上高を従来より14.1%増額、経常利益は同31.3%増額。純利益は同20.0%増額した。
 株価は一時25日移動平均線(25日現在1641円)を上回ったあと押し戻される形になっており、25日移動平均線を完全に上回るかどうかが注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車も円高への警戒感がある割には強い動きで反発

 トヨタ自動車<7203>(東1)の26日朝寄りは3300円(30円高)となり反発。その後も堅調展開。円高への警戒感がある割には強い動きとなっている。
 9時30分現在の高値は3330円(60円高)。昨日は米国での公聴会を終えたことが安堵感となって朝方3350円まで反発しており、本日はこれを上回って週を終えるかどうかに注目する向きもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

ホンダは新ハイブリッド車への期待が先行、円高懸念ある割に底堅い

 ホンダ<7267>(東1)は26日、3060円(前日比変わらず)で始まったあと底堅い動きとなっている。海外で円高が進み、NYで一時1ドル88円台となった割には平静。昨日発表した新ハイブリッド車への期待が先行しているようだ。
 昨日発表したスポーツスタイリングの新ハイブリッド車「CR−Z」は本日発売開始。月間販売台数は1000台を予定するが、25日までで5000台前後の先行受注が入っている模様。もっとも、本日は週末取引のため、東京外為市場の動き次第では、大引けにかけて値動きが粗くなる可能性もありそうだ。東京外為市場の円相場は朝、1ドル89円25銭前後(10銭前後の円安)、1ユーロ120円90銭前後(5銭前後の円安)となっている。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース
2010年02月25日

アマナホールディングス CG制作部門を、会社分割によりハイドロイド社に承継

アマナホールディングス CG制作部門を、会社分割によりハイドロイド社に承継 アマナホールディングス<2402>(東マ)は、連結子会社で広告ビジュアル制作事業の中核会社であるアマナが2月25日開催の取締役会で、10年4月1日付けで、CG制作部門を、会社分割によりハイドロイド社に承継することを決議したと発表。
 なお、本分割は、アマナによる単独新設分割である。
 同社グループは、広告業界を中心に“コミュニケーション”に必要な写真やコンピュータグラフィックスなどビジュアルコンテンツを創造・提供し、顧客のビジュアルに関するあらゆる問題を解決する「トータルビジュアルソリューションカンパニー」の実現を目標としている。
 デジタル化時代の市場や技術の変化への対応として、マーケットセグメント別にグループ制作会社の位置づけを明確化し、合理的な制作体制の強化を推進している。今回、その流れに沿って、「広告ビジュアル制作」事業を行うアマナのCG画像制作部門を会社分割することにした。昨年10月のアマナシージーアイ社の設立に続く、CG制作における制作体制の変更となる。
 新設されるハイドロイド社は、高い表現力を競争力に、主に広告代理店や広告制作会社等の広告制作のプロフェッショナルマーケットを対象として、CGを用いたイメージ及び商品ビジュアルの制作を主な業務とする。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:56 | 株式投資ニュース

アスクルの月次動向は売上げ基盤が着々拡大、もみ合い相場の中で値幅妙味−−引け後のリリース

■配送資材3割削減が迫る

引け後のリリース、明日の1本 アスクル<2678>(東1)が25日の大引け後、2月の月次業績(20日締め)を発表。売上高は前年同月の98.3%だったが、購入お客様数が同5.6%増となり期初からすべて増加。将来的な売上げ拡大の基盤が着々と拡大していることがうかがえる推移となった。
 株価は12月以降、上下100円強の幅で高下しながら右肩下がりのもみあいを続けており、25日の終値は1605円(30円高)と反発。もみあいの下限ゾーンにさしかかってきての反発であり、引き続き約100円幅のもみ合いとみる場合、ある程度の値幅が狙えることになる。
 同社は2月末から商品梱包の有効活用地域を拡大し、これまで東京地区周辺だけだったものをグループ外の物流会社の協力を得て関西地区や愛知県の当日配送可能な区域へ広げる。段ボールなどの使用が減り、同社全体の配送での資材投入量を年間3割近く削減できると伝えられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:17 | 株式投資ニュース

大成建設は反落だが下げ渋る、中期計画への取り組み強化を発表

 大成建設<1801>(東1)は反落だったが前後場とも182円(4円安)を安値に下げ渋り、大引けは1円安まで引き戻した。14時に中期計画への取り組み強化を発表。具体的な数値は示さなかったが、姿勢を好感する動きがみられた。
 発表では、現行の計画をブラッシュアップし、収益力のアップと財務体質の強化を推進。取締役などの減員を含めてグループ内の相乗効果を一層高めるとした。2月10日に発表した四半期決算は黒字に転換し、今3月期の予想も通期での黒字転換を据え置いている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:01 | 株式投資ニュース

イオン北海道が増額修正を好感して急動意、ネットスーパーなど注目

 イオン北海道<7512>(東1)が13時に発表した業績予想の増額修正を好感して急動意となり、大引けは271円(10円高)と急反発した。
 コスト節減などを主要因に、今12月期の業績予想を修正。売上高は小幅減額したが、営業利益は15億2500万円から20億円(前期比74%増)とするなど、利益の増額修正を行なった。
 09年12月からインターネットで注文する宅配サービス(ネットスーパー)「ネットで楽宅便」をジャスコ桑園店にオープン。子育てなどで店舗に行けない利用者などから好評の様子。今年は上期中に札幌市内7店舗に導入する計画。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:24 | 株式投資ニュース

【明日の動き】電力株が上昇で円高メリットを見直す動きが広がるか?!

 株式市場明日の動き 25日の東京株式市場、米国株式市場が早期利上げ観測の後退を受け上昇したことを好感し、日経平均株価は68円60銭高の1万0267円43銭まで上昇する場面も見られたが、ギリシャの政情不安を受けて1ユーロ120円台後半への円高進行を嫌気され主力株から次第に軟調となり、大引けは96円87銭安の1万0101円96銭と3日続落となった。。
 
 東証1部上場1680銘柄のうち、値上りは816銘柄、値下りは729銘柄、変わらずは134銘柄。また、東証33業種別指数は10業種が高くなり、値上がり率上位は倉庫・運輸、電力・ガス、小売り、陸運、空運、サービス、銀行、その他製品、水産・農林、鉄鋼の順。一方、23業種が安くなり、値下がり上位業種はガラス・土石、鉱業、海運、機械、非鉄金属、電気機器、証券・商品先物、その他金融、ゴム製品、石油石炭製品などだった。
 
 明日は週末控えということに加え、ギリシャ情勢を見守ろうと、様子見気分が一段と強まり、輸出関連を中心に模様眺めとなり、軟調展開となることが予想される。ただ、今晩の海外株式市場が落ちついた動きを見せるようだと、自律反発の動きも期待されそうだ。
 
 個別では、電力株など円高メリット株を物色する動きも見られており、円高メリットを物色する動きに広がりが見られるか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:00 | 株式投資ニュース

インフォメーションクリエーティブがジリ高を継続、受注安定し新事業に期待

 インフォメーションクリエーティブ<4769>(JQ)は25日、505円で2日ぶりに値がつき、薄商いが弱点とはいえ、ここ約1カ月間ジリジリ下値を切り上げる動きを継続した。
 2月5日に発表した第1四半期決算(10〜12月)は経常利益が前年同期比約86%減となるなど、大幅減益だった。しかし、株価は織り込み済みの動きとなってジリ高を継続。ソフト開発・システム運用とも受注先が安定しているといった同社の特色からも、冷静な値動きを続けている。
 顧客先常駐型の業務形態に重点を置き、ときには営業専門の部署を介さなくても要望を素早く反映・実現できる点が特色。業績は今9月期の経常利益を前期比約16%減と見込むなど、引き続き慎重だが、09年初から本格開始した新事業のITリモート監視サービス(自社常駐で相手先のシステムを監視・維持)が寄与し始めてくる可能性もあり、期待が高まっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:55 | 株式投資ニュース

25日の東京株式市場は円高進行を嫌い日経平均は3日続落、主力株が下げに転じる

100225大引け 25日の東京株式市場は、米国株式市場が早期利上げ観測の後退を受け上昇したことを好感し、日経平均株価は68円60銭高の1万0267円43銭まで上げたが、ギリシャの政情不安を受けて1ユーロ120円台後半と円高進行を受けて主力株から次第に軟調となり、大引けは96円87銭安の1万0101円96銭と3日続落となった。。
 
 東証1部の出来高概算は18億942万株。売買代金は1兆2703億9300万円。1部上場1680銘柄のうち、値上がり銘柄数は816、値下がり銘柄数は729。また、東証33業種別指数は10業種が高くなり、値上がり率上位は倉庫・運輸、電力・ガス、小売り、陸運、空運、サービス、銀行、その他製品、水産・農林、鉄鋼の順。一方、23業種が安くなり、値下がり上位業種はガラス・土石、鉱業、海運、機械、非鉄金属、電気機器、証券・商品先物、その他金融、ゴム製品、石油石炭製品などだった。
 
 トヨタ自動車<7203>(東1)は反発する場面も見られたが円高進行を嫌気され3日続落、デンソー<6902>(東1)が米国で独占禁止法違反の疑いと伝えられたほか、投資判断の格下げで3日続落、東海理化<6995>(東1)も急反落するなど、トヨタグループの銘柄には「米国発」の災難が続いた。
 
 また、パナソニック<6752>(東1)や、ソニー<6758>(東1)なども軟化した。
 
 富士電機ホールディングス<6504>(東1)が米ゼネラル・エレクトリックと次世代電力網事業で10月に合弁会社と伝えられたことを材料に高値を更新したが、下げに転じたほか、鋼材価格の引き上げが伝えられた新日鉄<5401>(東1)をはじめ鉄鋼株も上昇する場面もあったが小幅続落と、下げに転じる銘柄が目立った。
 
 その反面、円高進行に利回り妙味からディフェンシブ銘柄として東北電力<9506>(東1)をはじめとした電力株が買われたほか、継続疑義の注記が取れたことをムシ返す形でフージャースコーポレーション<8907>(東1)が急伸、増配はじめ収益の一段上ぶれ期待のあるTPR(帝国ピストン)<6463>(東1)など軽量株が活況で、2部指数が上昇、マザーズ指数は今日も上昇となるなど、中小型株の出遅れ銘柄を物色する動きも見られた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:43 | 株式投資ニュース

東ソーは投資判断の引き下げ嫌い急落したが結果的には狼狽売りに

 東ソー<4042>(東1)が後場は下げ止まる動きとなり、大引けは212円(10円安)。前場は外資系証券の投資判断引き下げを受けて14円安まで下げ、一時値下がり率1位になる場面があったが、やや狼狽売り先行だったようだ。
 朝方は、ゴールドマン・サックス証券が投資判断を2段階引き下げ、これまでの「買い」から「中立」を飛び越えて「売り」に改めたと伝えられ急落、直近の安値211円(2月5日)を割り込んだ。しかし、前引けにかけては横ばいに転じ、後場は小幅だが値戻し基調に転換した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:13 | 株式投資ニュース

パスポートが底堅さを継続、今2月期の業績予想と配当予想の上方修正を好感

 パスポート<7577>(JQ)が25日は一時的に下押しながらも値を戻し、下値では買われる動きとなっている。業績好調で割安感。前場185円(11円安)まで押したが、後場は4円安前後まで回復し、大きなトレンドでは09年3月から続く右肩上がりの相場を継続中だ。
 同社は、22日に今10年2月期業績予想と配当予想の上方修正を発表した。
 売上高は前回予想を5億円上回る138億円(前回予想比3.8%増)、営業利益は9000万円上回る3億7000万円(同32.1%増)、経常利益は1億1000万円上回る3億3000万円(同50.0%増)、純利益は1億円上回る2億円(同100・0%増)と利益面では前回予想を大幅に上回る見込み。
 全社をあげて「品揃え再構築」に取り組んできた結果、年間最大商戦である12月の売上高を上乗せすることができた。特に、中旬からは各商業施設のセールが本格化して集客力が一段と高まり、昨年の反動もあって予想以上に売上高が伸長。1月後半の売上失速懸念も、気温の低下もあって対象となる冬物衣料の売上が年初からの勢いを維持し続け、1 月売上高も予想以上の伸びとなった。
 一方利益面については、増収効果と経費削減活動が奏功したことで、当初予想を大幅に上回る見込み。
 なお、期末配当を5円と予想していたが、設立40周年を記念し、1円の記念配を加え、6円の配当とすることになった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:45 | 株式投資ニュース

日本無線が3円配当維持を好感し堅調、下値もみ合いを飛び出す

 日本無線<6751>(東1)が後場一段上値を追い173円(15円高)まで伸びたあとも堅調。減配懸念があった今3月期の期末配当を3円継続としたことが材料視されている。
 昨24日の大引け後、10年3月期の期末配当を3円とすると発表した。さる2月8日に発表した四半期決算は前年同期比較で連続赤字となり、今3月期も純利益を除いて減益と予想したため、配当についても前期実績の3円継続に不安感があったという。
 170円台の回復は2月4日以来。ここ2週間ほどの下値もみ合いを飛び出す形になったため、テクニカル的には上値メドが180円どころまで開けてきた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:22 | 株式投資ニュース

スクウェア・エニックスはiPhone版「ファイナルファンタジー」2種を発売

 スクウェア・エニックス<9684>(東1)は25日、iPhone/iPod touchアプリ「ファイナルファンタジー」2種を発売した。1987年に発売された、重厚なストーリーと美麗なグラフィックが大きな話題となった「ファイナルファンタジー」シリース第一作目と1988年に発売の「ファイナルファンタジー2」。価格は1000円、App Storeからダウンロードできる。
 株価は2日続落基調となり、株式市場全体の手控えムードに押された動きとなっているが、業績予想は今3月期の連結売上高を1800億円(前期比32.7%増)、営業利益を250億円(同約2倍)と見込むなど好調で、引き続き割安感がある。

スクウェア・エニックスはiPhone版「ファイナルファンタジー」2種を発売

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

江崎グリコが新技術や好業績を見直す動きで後場一段高

 江崎グリコ<2206>(東1)が後場一段高となり、13時過ぎに前後場を通しての高値1045円(37円高)をつけた。業績は好調だが1月下旬に発表済みであり、動きだせば軽い材料株として業績や新技術などの材料をムシ返した様子だ。
 2月18日、独自技術でマイナス18℃でも固まらないチョコレートソースを用いた新製品を発表。1月29日に発表した四半期決算では、4〜12月期の連結経常利益が前年同期比83%増となり、純利益は黒字に転換。今3月期も大幅増益で純利益の黒字化を見込む。利益率の高い商品が伸び増益幅が大きかった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:44 | 株式投資ニュース