[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/18)東芝が海外の原発建設拡大を材料に続伸、ここ2日間での戻りが急
記事一覧 (03/18)NY原油高を受けAOCホールディングス、国際石油開発帝石などが高い
記事一覧 (03/18)若築建設が業績上ぶれ観測を受け急伸、東洋建設など海洋土木銘柄が高い
記事一覧 (03/18)フィールズが反発、「ウルトラマン」傘下入りで寄り後下げたが切り返す
記事一覧 (03/18)ソニーが続伸し昨年来の高値、新ITビデオカメラなどが話題に
記事一覧 (03/18)実質再上場のPaltacは静かなスタート、公開価格は2200円
記事一覧 (03/18)東邦亜鉛が増額・増配をストレートに好感し買い気配・続伸
記事一覧 (03/17)アスクルは減益だが株価の下落も長く懸念出尽くしの余地−−引け後のリリース
記事一覧 (03/17)【相場の羅針盤】東芝が相場を牽引するか注目に、四季報が増額した銘柄など個別部色
記事一覧 (03/17)日銀の金融緩和を受け「その他金融」が値上がり率1位、アコムなど牽引
記事一覧 (03/17)エルピーダメモリが5日続伸、ナノDRAMや黒字転換の観測を買う
記事一覧 (03/17)【明日の動き】東芝が出直る、原発関連に見直し買いが入るか注目
記事一覧 (03/17)東芝が出来高2位、売買代金3位で久々のボリューム商い、調整長く割り負け感も
記事一覧 (03/17)ミクニが10%高の急伸、日産自動車の提携観測受け事業拡大の期待
記事一覧 (03/17)CHINTAIが後場の決算発表を好感し急騰、経常78%増益
記事一覧 (03/17)17日の東京株式市場は金融緩和を背景に日経平均は大幅反発でほぼ全面高
記事一覧 (03/17)日産自動車が高値引け、後場ルノー、ダイムラーとの提携交渉を再評価
記事一覧 (03/17)イオンは投資判断の引き上げを材料に戻り相場での高値を更新
記事一覧 (03/17)ファーストリテイリングが戻り高値、大型店戦略を買い日経平均への寄与度大
記事一覧 (03/17)三菱電機が連日の昨年来高値、スマートグリッド関連など切り口が豊富
2010年03月18日

東芝が海外の原発建設拡大を材料に続伸、ここ2日間での戻りが急

 東芝<6502>(東1)が2日続伸し、3月初から続くジリ安基調を取り戻す動きとなった。
 前場は一時455円(11円高)まで上げ、直近の安値427円(3月16日)から1日半で6.6%回復。新興国をはじめとする原子力発電所の建設活発化に対し、日本企業の参加を政府も支援する姿勢と伝えられたことが材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース

NY原油高を受けAOCホールディングス、国際石油開発帝石などが高い

 AOCホールディングス<5017>(東1)が8%を超える上昇となり09年11月以来の600円台を回復、NY原油の一時2カ月ぶり高値や投資判断の引き上げを受けて人気化している。
 国際石油開発帝石<1605>(東1)や石油元売り銘柄も堅調。
 NY原油は米国17日2日続伸し一時1バレル83ドル台をつけ、ほぼ2カ月ぶりの高値水準を回復した。また、シティグループ<8710>(東外)のシティグループ証券はAOCホールディングスの投資判断を「2H」から「1H」に引き上げ、目標株価を730円に設定と伝えられた。連動するように国際石油開発帝石も一時66万8000円(1万2000円高)となり、石油資源開発<1662>(東1)も小幅だが続伸となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

若築建設が業績上ぶれ観測を受け急伸、東洋建設など海洋土木銘柄が高い

 若築建設<1888>(東1)が一時11%高の59円(6円高)まで急伸し約7カ月ぶりの高値を更新。値上がり率上位に躍り出た。今3月期の業績上ぶれ観測が日本経済新聞18日朝刊で伝えられ、仕手性に富む2ケタ株に絶好の材料登場との見方も。
 これを受け、海洋土木銘柄が堅調となり、東洋建設<1890>(東1)五洋建設<1893>(東1)大豊建設<1822>(東1)も各々戻り相場での高値を更新した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

フィールズが反発、「ウルトラマン」傘下入りで寄り後下げたが切り返す

 フィールズ<2767>(JQ)は11万5000円(3000円高)で始まったあと前日比変わらずまで急落したが、9時40分には2400円高と切り返しピンチ脱出。「ウルトラマン」の円谷プロダクション(東京・世田谷区)を子会社化することが材料視されている。
 同社は17日の大引け後、ティー・ワイ・オー<4358>(JQ)が所有する円谷プロダクションの株式を全株譲り受けると発表。これにより、フィールズは円谷プロダクションの株式の51%を所有し、49%を保有するバンダイナムコホールディングス<7832>(東1)グループとの新たな事業展開の可能性に期待が高まった。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース

ソニーが続伸し昨年来の高値、新ITビデオカメラなどが話題に

 ソニー<6758>(東1)が小幅だが続伸し昨年来の高値3475円(3月11日)を突破、9時12分に3480円(55円高)をつけた。
 前夜の米ADR(預託証券)は軟調で、明けた東京株式市場は日経平均が小反落の地合いとなっているが、一部では、映像をブログなどに送信しやすい手のひらサイズの小型ビデオカメラ「ブロギー」の人気などがハヤされている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

実質再上場のPaltacは静かなスタート、公開価格は2200円

 18日、Paltac(パルタック)<8283>(東1)が、東証・大証第1部に直接再上場となった。公開価格2200円、公開株式数1840万株(うち公募は700万株)。9時15分に2079円で初値をつけた。
 同社は、前身のパルタックがジャスダック証券取引所に上場されていたが、親会社のメディセオホールディングス:現メディパルホールディングス<7459>(東1)と経営統合して上場廃止となっていた。グループ内の事業分野が、親会社は医療用医薬品、同社は化粧品・日用品、および一般用医薬品の各卸売事業と明確化したことで再上場した。
 全国10支社の営業網によりドラックストア、コンビニ、ホームセンター向けに卸売事業を展開するとともに、全国15所に設置した大規模ハイテク物流センターを拠点に物流受託事業も兼営している。今3月期業績は、売り上げ7450億円(前期比2%増)、経常利益125億円(同3%増)、純利益65億円(同9%減)、1株利益213.0円と予想している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 株式投資ニュース

東邦亜鉛が増額・増配をストレートに好感し買い気配・続伸

 東邦亜鉛<5707>(東1)の朝寄りは8円高の買い気配で始まったあと449円(16円高)で値がつき続伸。決算予想と配当予想の増額がストレートに好感されている。450円台回復は1月22日以来。
 同社は17日の大引け後、今3月期の決算予想を増額修正し、配当予想も増額した。非鉄金属の国際市況が想定を上回る推移となっているほか、中国などの需要動向が堅調で、持分法投資損益の改善も寄与。3月期の連結経常利益予想を33.3%増額するなど大幅に修正した。期末配当は、これまでの5円を7円に増額(前期実績は5円)。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース
2010年03月17日

アスクルは減益だが株価の下落も長く懸念出尽くしの余地−−引け後のリリース

■ネット通販拡大、オフィス生活用品が順調

引け後のリリース、明日の1本 アスクル<2678>(東1)が17日の大引け後に発表した第3四半期の連結決算(09年5月〜10年2月)は、売上高が前年同期比2.0%減、経常利益が同16.8%減などの減収減益。5月通期の予想も減益のままとした。
 ただ、おおむね計画線内とみられ、通期予想も据え置いたため、ここ4カ月低迷トレンドを続ける株価は業績悪を織り込み、いわゆる懸念出尽くし高となり自律反発に転じる余地もある。

■信用売りが多く買い戻しのエネルギー大

 17日の株価終値は1606円(22円高)。昨年12月上旬から上下100円前後の振幅で高下しながら右肩下がりの相場を続け、17日もこのゾーン内で揺り戻した動きとなった。
 また、需給面では、トレンドが右肩下がりのため、信用売り残が買い残を14%ほど上回る状態になっており、こうした状態での売り手は、(買い手が好材料の出現に合わせて利食い売りするように)下がりそうな材料が出たところで手仕舞いの買い戻しを行なうことが少なくないとされる。
 このため、引き続きトレンドが維持されるようなら当面の下げ材料は消化されたとみることができそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:39 | 株式投資ニュース

【相場の羅針盤】東芝が相場を牽引するか注目に、四季報が増額した銘柄など個別部色

相場の羅針盤

 17日の東京株式市場、日経平均株価の大引けは、125円27銭高のの1万846円98銭と大幅反発となった。前日16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で超低金利を当面継続することが示唆され、米国株が上昇したことを好感し、東京市場も堅調に推移、日銀が新型オペによる資金供給枠を従来の10兆円程度から20兆円程度に増額することを決定したと発表し、一時は材料出尽くし感から上げ幅を縮小する場面も見られたが、売り一巡後は押し目買い優位に上げ幅を拡大した。
 
 東証1部上場1680銘柄のうち、値上りは1243銘柄、値下りは308銘柄、変わらずは124銘柄。また、東証33業種別指数は陸運を除く32業種が上昇、値上り率上位はその他金融、石油・石炭、鉱業、鉄鋼、その他製品、電気機器、化学、不動産、非鉄金属、ガラス・土石などの順。

 225採用銘柄の値上りは194銘柄、値下りは24銘柄、変わらずは7銘柄。

 225採用銘柄の寄与度(プラス)ランキング上位は、ファーストリテイリング<9983>(東1)TDK<6762>(東1)東京エレクトロン<8035>(東1)ファナック<6954>(東1)信越化学工業<4063>(東1)京セラ<6971>(東1)
  
 225採用銘柄の寄与度(マイナス)ランキング上位は、KDDI<9433>(東1)太陽誘電<6976>(東1)テルモ<4543>(東1)セコム<9735>(東1)日本ハム<2282>(東1)
 
 225採用銘柄の新高値銘柄は、旭硝子<5201>(東1)古河電気工業<5801>(東1)オークマ<6103>(東1)住友重機械工業<6302>(東1)荏原<6361>(東1)ミネベア<6479>(東1)三菱電機<6503>(東1)ファナック<6954>(東1)京セラ<6971>(東1)ニコン<7731>(東1)など11銘柄。
 
 225採用銘柄の新安値銘柄は、なし。

 日経平均株価は大幅に反発し15日高値1万808円84銭を上回り、上げ基調を強める動きとなった。FOMCの声明で超低金利政策の長期化が示唆されたほか、日銀の追加金融緩和策で、みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)をはじめとしたメガバンクが商いを伴い上昇したことから、市場全体に安心感が広がった。また、東芝<6502>(東1)が4日ぶりに反発し、売買高で2位、売買代金で3位となったことで、テーマ株復活との期待感も高まった。そのほか、トヨタ自動車<7203>(東1)が5連騰と悪抜けしており、市場全体は明るさを取り戻した感がある。
 
 東芝<6502>(東1)が、どの程度相場を牽引するか注目されよう。
 
 個別では、会社四季報で、東証1部市場の銘柄を対象とした新春号と15日に発売された春号を比較した、上方修正率ランキングの上位に入っている日本ゼオン<4205>(東1)中央発條<5992>(東1)古河電気工業<5801>(東1)イーグル工業<6486>(東1)が高値を更新しており、四季報が増額した銘柄に見直し買いが入りそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | 株式投資ニュース

日銀の金融緩和を受け「その他金融」が値上がり率1位、アコムなど牽引

 東証の業種別指数33業種の中で「その他金融」が値上がり率1位の5.11%となった。日本銀行<8301>(JQ)が追加の金融緩和策を発表したことが材料視された。
 けん引役はアコム<8572>(東1)が8.61%高の1565円(124円高)、オリックス<8591>(東1)が7.19%高の7750円(520円高)、芙蓉総合リース<8424>(東1)が5.83%高の2884円(159円高)など。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:47 | 株式投資ニュース

エルピーダメモリが5日続伸、ナノDRAMや黒字転換の観測を買う

 エルピーダメモリ<6665>(東1)の大引けは1776円(28円高)となり5日続伸。一時1798円まで上げた。2月以降の戻り相場で連日の高値。
 日本経済新聞朝の17日付朝刊で今3月期の連結営業損益が200億円弱の黒字(前期は1473億円の赤字)になりそう、などと伝えられたほか、回路線幅35ナノメートル(ナノは10億分の1)のDRAM開発といった一連の報道が材料視されていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:27 | 株式投資ニュース

【明日の動き】東芝が出直る、原発関連に見直し買いが入るか注目

 株式市場明日の動き 17日の東京株式市場、日経平均株価の大引けは、125円27銭高のの1万846円98銭と大幅反発となった。前日16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で超低金利を当面継続することが示唆され、米国株が上昇したことを受け、東京市場も堅調に推移、日銀が新型オペによる資金供給枠を従来の10兆円程度から20兆円程度に増額することを決定したと発表し、材料出尽くし感から上げ幅を縮小する場面も見られたが、売り一巡後は上げ幅を拡大した。
 
 東証1部上場1680銘柄のうち、値上りは1243銘柄、値下りは308銘柄、変わらずは124銘柄。また、東証33業種別指数は陸運を除く32業種が上昇、値上り率上位はその他金融、石油・石炭、鉱業、鉄鋼、その他製品、電気機器、化学、不動産、非鉄金属、ガラス・土石などの順。
 
 日米の低金利政策によって景気が下支えされるとの期待感が高まり、みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)をはじめ、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)が売買高の上位に入ったことから市場に安心感を与え、全般上げ潮ムードが強まった。
 
 マザーズ市場では、サイバーエージェント<4751>(東マ)が連日の高値更新となるなど、続伸と強い動きを見せた。
 
 ほぼ全面高となっただけに、当然、高値警戒感も出ることが予想されるが、業績予想を上方修正、配当増額などを発表した銘柄を物色する展開は続くと予想する。
 
 個別では、荏原<6361>(東1)や、イーグル工業<6486>(東1)が高値更新、東芝<6502>(東1)が4日ぶりに反発し、売買高で2位、売買代金でトヨタ自動車<7203>(東1)や、三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)に続き3位になるなど、出直る動きを見せた。政府が11日にまとめた地球温暖化対策基本法案で、原子力発電所の利用推進が内容に盛り込まれており、原発関連に見直し買いが入るか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:11 | 株式投資ニュース

東芝が出来高2位、売買代金3位で久々のボリューム商い、調整長く割り負け感も

 東芝<6502>(東1)が4日ぶりに高くなり終値はほぼ高値引けの444円(14円高)。大引け間際に15円高まで上げた。出来高2位、売買代金3位のボリューム商い。
 国内の原子力発電所の原子炉が稼動から40年を経過する時期に差しかかってきたとで改修需要の期待が出ている。また、1月15日の高値547円から下げているため、高値更新の三菱電機<6503>(東1)などからみた割り負け感が働いた面もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:11 | 株式投資ニュース

ミクニが10%高の急伸、日産自動車の提携観測受け事業拡大の期待

 ミクニ<7247>(東2)が3日続伸となり、大引けは10.3%高の139円(13円高)で所属市場の値上がり率2位。日産自動車<7201>(東1)の新型「フーガ」用の高機能アクティブペダルを受注と発表済みで、日産自動車にダイムラーなどとの提携交渉が伝えられたため事業拡大の期待が高まったという。今回の受注は、燃料供給装置及びエンジン周辺機器以外の量産品として初の受注。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:57 | 株式投資ニュース

CHINTAIが後場の決算発表を好感し急騰、経常78%増益

 CHINTAI<2420>(大ヘ)が14時に発表した四半期決算を材料に急伸し、発表直前の3万650円(250円安)前後から一時3万5700円(4800円高)まで上げた。大引けは3100円高。
 09年11月〜10年1月の連結経常利益が前年同期比78.5%増となるなど全般好調だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:41 | 株式投資ニュース

17日の東京株式市場は金融緩和を背景に日経平均は大幅反発でほぼ全面高

100317大引け 17日の東京株式市場は、米国で連邦公開市場委員会(FOMC)がゼロ金利の継続決定を好感し総じて堅調に推移、東証の業種別指数33業種中32業種が高くなり、東証1部市場では約74%が値上がりしほぼ全面高となった。本日午後に予定された日本銀行<8301>(JQ)の金融政策決定会合の会見で、新型オペを20兆円に増額すると発表した直後は材料出尽くし感が出て、円を買い戻す動きから輸出関連を中心に上げ幅を縮小する場面も見られたが、円相場が1ドル90円台半ばに推移しことを受け、押し目買い優位に上げ幅を拡大、日経平均株価の大引けは直近15日高値1万808円84銭を上回る125円27銭高の1万846円98銭と大幅反発となった。東証マザーズ指数などの新興市場3指数もそろって高くなった。
 
 東証1部の出来高概算は19億9399万株。売買代金は1兆3465億2700万円。1部上場1680銘柄のうち、値上がり銘柄数は1243、値下がり銘柄数は308。また、東証33業種別指数は陸運を除く32業種が高くなり、値上がり上位業種はその他金融、石油・石炭、鉱業、鉄鋼、その他製品、電気機器、化学、不動産、非鉄金属、ガラス・土石などの順。
 
 米国の低利政策に加え、欧州株式がユーロ圏の財務相会合でギリシャ支援を打ち出したことを背景に全面高。ニコン<7731>(東1)が連日高値となったほか、自動車、ハイテク家電、半導体などの輸出株が総じて堅調。リコールを発表したホンダ<7267>(東1)は朝高のあと軟化したが大引けは前日比5円高と小高くなった。
 また、日銀の追加的金融緩和への期待からみずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)などの銀行株が高く、売買高1と3位を占めたことから相場に安心感を与え、東証1部の値上り数も前場に比べ250増え、プロミス<8574>(東1)なども高く、不動産株、建設株なども高くなった。
 
 そのほか、増配・業績予想の増額銘柄も好反応を示し、ディー・エヌ・エー<2432>(東1)や、三井金属<5706>(東1)沢井製薬<4555>(東1)などが人気を集めたほか、サイバーエージェント<4751>(東マ)が連日の高値とマザーズ市場は続伸した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:34 | 株式投資ニュース

日産自動車が高値引け、後場ルノー、ダイムラーとの提携交渉を再評価

 日産自動車<7201>(東1)は774円(19円高)の高値引けとなり反発。朝、NHKニュースでルノー、ダイムラーとの提携交渉が伝えられた。前引けにかけてと後場13時過ぎにはダレる場面があったものの、あと大きく切り返した。
 3月に入ってからの戻り相場でつけた高値774円(3月15日)に顔合わせ仕手の高値引けのため、上値追いへの期待が出ている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:31 | 株式投資ニュース

イオンは投資判断の引き上げを材料に戻り相場での高値を更新

 イオン<8267>(東1)が994円(20円高)で大引けとなり、昨年11月以降の戻り相場での高値を2日ぶりに更新。一時23円高まであった。
 直接の材料としては、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)の三菱UFJ証券が投資判断をやや弱気の「4」から中立の「3」に引き上げ、目標株価を1000円で新規設定したと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:16 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングが戻り高値、大型店戦略を買い日経平均への寄与度大

 ファーストリテイリング<9983>(東1)が後場も上値を切り上げる動きとなり、14時20分にかけて1万6930円(430円高)をつけた。銀座2号店の開設が材料視され、3日ぶりに戻り高値を更新。前場の日経平均への寄与度トップだった。
 2011年秋をメドに東京・銀座に2号店を開設と伝えられ、首都圏での大型店戦略が再度注目された。1号店は05年に開設。この3月5日には東京・渋谷に大型店を開設しており、注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:57 | 株式投資ニュース

三菱電機が連日の昨年来高値、スマートグリッド関連など切り口が豊富

 三菱電機<6503>(東1)が後場一段と上値を追い、連日の昨年来高値更新。ここ数日の強もちあいを飛び出す上昇となった。
 ここ、スマートグリッド(次世代電力網)関連銘柄、工作機械受注の回復関連銘柄として人気が継続。売買代金はまだ20位前後で、それほど過熱感はみられない様子だ。
 同社株は、まとまった資金をこなせる主力銘柄の中で、原子力関連の東芝<6502>(東1)に対し自然エネルギー開発を含むスマートグリッド(次世代送電網)関連、産業ロボットを軸とする受注回復関連銘柄と位置づける動きがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:36 | 株式投資ニュース