[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/16)【話題】アルプス電気が変調、「フシ突破」前にした足踏みとの見方
記事一覧 (06/16)【人気銘柄】三井物産は売買代金1位で4%高、上昇率が日経平均などを大きく上回る
記事一覧 (06/16)【注目株】オービックは参院選に向けた「消費税」論議に注目
記事一覧 (06/16)高島屋は月次2年ぶり増加受け高いが値上がり率TOPIXを下回る
記事一覧 (06/16)三洋電機は太陽電池増産で堅調だが「率」は日経平均を下回る
記事一覧 (06/16)トヨタ自動車は鋼材値上げと伝えられたが影響薄く5日続伸
記事一覧 (06/16)【株式市場】欧・米株の全面高など好感し材料株・話題株まで幅広く買われ大幅続伸
記事一覧 (06/16)セブン&アイ・HDは主婦投資家の積極評価があり5日続伸
記事一覧 (06/16)明治HDが高値を更新、「口蹄疫」相場での高値づかみ一掃
記事一覧 (06/16)クラレが収益拡大を見直し5日続伸、単元株変更も注目
記事一覧 (06/16)国際航業HDは連結子会社五星の株式を譲渡し取引関係を解消
記事一覧 (06/16)日産自動車が700円台を回復、欧州拡大の期待など続く
記事一覧 (06/16)資生堂が社債発行など好感し続伸、約1カ月ぶりに1900円台を回復
記事一覧 (06/16)【人気銘柄】ソースネクストが「iPad」対応の拡充を材料に連日ストップ高
記事一覧 (06/16)緊急決定!『マイケル・ジャクソン THIS IS IT IMAX版』再上映
記事一覧 (06/16)【訳あり銘柄】さが美が「第2のレナウン」の憶測など交え急騰29%高
記事一覧 (06/16)【株式市場】NY株の急騰など好感し東証1部の79%が値上がり
記事一覧 (06/16)ファーストリテイリングが続伸し5月6日以来の1万4000円台
記事一覧 (06/16)ミズノがサッカーW杯・本田選手のシューズを話題に堅調
記事一覧 (06/16)日産自動車が売買代金1位で続伸、欧州の好調さを買う
2010年06月16日

【話題】アルプス電気が変調、「フシ突破」前にした足踏みとの見方

株式市場の話題 アルプス電気<6770>(東1)の大引けは925円(1円安)。朝方に950円(24円高)まで上げて年初来の高値を4日連続で更新したが、あとは前後場とも次第に値を消す相場となり一服商状。投資判断の引き下げなどの材料は特段、伝えられず、株式市場でよく発生する「フシ突破」(今回は1000円の大台という大きなフシ)を前にした足踏みとの見方が出ていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:40 | 株式投資ニュース

【人気銘柄】三井物産は売買代金1位で4%高、上昇率が日経平均などを大きく上回る

 三井物産<8031>(東1)の大引けは4.4%高の1140円(48円高)となり、目立って反発。後場寄り後には62円高まで上げる場面があった。東証1部の売買代金1位。
 このところ、メキシコ湾で発生した原油流出事故の鉱区に関連会社が権益を保有していることが敬遠材料となり、6月10日には1069円の安値をつけたが、本日の上昇率は 日経平均の約1.8%高(179円26銭高の1万67円15銭)、TOPIX:東証株価指数の1.54%高(13.55ポイント高の892.38ポイント)を大きく上回った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | 株式投資ニュース

【注目株】オービックは参院選に向けた「消費税」論議に注目

■97年の税率変更時は会計ソフト拡大

注目銘柄 オービックビジネスコンサルタント<4733>(東1)は後場4560円(130円高)まで上げ、大引けも4540円で5日続伸。参議院選に向けて消費税の税率引き上げが争点になる雲行きのため、会計ソフトの特需発生の思惑が漂っていた。97年の税率改定のときは会計ソフトの更改需要の拡大につながったとされている。

 業績は09年3月期を底に回復基調で、前3月期は営業・経常利益とも4割増となり、増益に転換。今期は営業利益を4.0%増、経常利益を6.0%増と想定するが、顧客企業層のIT関連の設備投資は08年のリーマン・ショック後、停滞傾向のため、更新需要のサイクル到来によって上乗せされるとの観測もある。会社側の今期予想1株利益は249円48銭。

 株価は5月上中旬に5200円前後で推移していたが、株式市場全体の下落を受けて6月8日に4155円まで下落した。ここから戻り相場に入っており、上値メドは、下げ幅の半値戻しが4678円前後。3分の2戻しが4852円前後。予想1株利益の20倍まで上げるとした場合は約4990円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:56 | 株式投資ニュース

高島屋は月次2年ぶり増加受け高いが値上がり率TOPIXを下回る

 高島屋<8233>(東1)は後場寄り後に774円(10円高)まで上げ、大引けも769円(5円高)で堅調、反発。昨日5月の営業動向を発表し、百貨店部門の売上高が2年2カ月ぶりのプラスになったことが好感されたが、朝寄り前に期待したほど伸びなかったとの反応も。大引けの値上がり率は0.65%で、TOPIX:東証株価指数(1部上場全銘柄で算出)の1.54%高を下回った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:21 | 株式投資ニュース

三洋電機は太陽電池増産で堅調だが「率」は日経平均を下回る

 三洋電機<6764>(東1)は朝方135円(5円高)まで上げたが伸び悩み、大引けは131円(1円高)で小反発。
 太陽電池の需要増に応え、国内の年間組み立て生産能力を今度末に昨年度比約2倍に拡大と伝えられたが、大引けの値上がり率は約0.8%高で、日経平均の約1.8%高(179円26銭高の1万67円15銭)に及ばなかった。親会社パナソニック<6752>(東1)の大引けは1256円(9円安)。価格競争の激化と利幅を懸念する声があった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:07 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は鋼材値上げと伝えられたが影響薄く5日続伸

 トヨタ自動車<7203>(東1)は前場3355円(65円高)まで上げ、大引けも3330円(40円高)で堅調。5日続伸となった。朝、大手経済紙で上期の鋼材値上げ合意と伝えられ、原材料高が気にされたが、株価には影響薄だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:52 | 株式投資ニュース

【株式市場】欧・米株の全面高など好感し材料株・話題株まで幅広く買われ大幅続伸

100616大引け 16日大引けの東京株式市場は、東証1部銘柄の約80%が値上がりする好調相場。欧州でスペインなどの国債入札が無事に終わり、欧・米株式が全面高となったことを受け、一挙に買い安心感が広がった。
 日経平均は5月20日以来の1万円台回復となり、後場1万109円86銭(221円97銭高)まで上昇、大引けは1万67円15銭(179円26銭高)だった。第一生命保険<8750>(東1)は反発。

 東証1部の出来高概算は17億2835万株、売買代金は1兆2482億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は1345(前引けは1326)、値下がり銘柄数は209(前引けは219)銘柄。 また、東証33業種別指数は32業種が高く、安いのは石油・石炭のみ。値上がり率上位は任天堂<7974>(大1)が所属するその他製品、鉄鋼、その他金融、精密機器、保険、卸売り、機械、非鉄金属、電気機器、海運、ガラス・土石、不動産など。一方、値上がり率の低い業種は鉱業、水産・農林、医薬品、パルプ・紙、金属製品などだった。

 三井物産<8031>(東1)が売買代金1位で値上がり率4.4%、住友金属工業<5405>(東1)も値上がり率4.3%となるなど、値上がりの勢いを増す銘柄が広がった。任天堂が米国での新製品発表を材料に急伸。日産自動車<7201>(東1)は欧州経済の回復期待に外資系証券の積極評価もあり活況続伸。中国関連株もコマツ<6306>(東1)が急反発など高い銘柄が目立ち、海運株も高い。
 また、明治ホールディングス<2269>(東1)が好業績と口蹄疫(こうていえき)関連人気で高値を更新、テレビ朝日<9409>(東1)はサッカーW杯の日本チーム第2戦の放送を話題に3日続伸など、材料・話題株もにぎわった。ファーストリテイリング<9983>(東1)は日経平均との連動性による機械的な買いも材料視され5日続伸。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:37 | 株式投資ニュース

セブン&アイ・HDは主婦投資家の積極評価があり5日続伸

 セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)は5日続伸。13時にかけて2182円(59円高)まで上げ、大引けにかけても2158円(35円高)前後で堅調。
 ここ、主婦投資家などから、イトーヨーカ堂で「ワケあり商品」の特売やお惣菜の閉店前値引きなどが活発化し商魂が感じられるとの見方があり、7月上旬に予定する四半期決算の発表に注目する動きが出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:58 | 株式投資ニュース

明治HDが高値を更新、「口蹄疫」相場での高値づかみ一掃

 明治ホールディングス<2269>(東1)が後場も上値を追い年初来の高値を更新。12時50分を回り3790円(80円高)まで上昇したあとも3780円前後で強調展開となっている。
 口蹄疫(こうていえき)防止の家畜用消毒剤「クレンテ」を手がけており、同じ口蹄疫関連銘柄のあすか製薬<4514>(東1)が5月の感染拡大時に急騰したあと振り出しに戻ったまま高値づかみの玉を抱えているのに対し、当社株は完全に買い回転が効いていることに注目する動きがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:49 | 株式投資ニュース

クラレが収益拡大を見直し5日続伸、単元株変更も注目

 クラレ<3405>(東1)が後場寄り後に1157円(25円高)まで上げた後も堅調で5日続伸歩調。5月24日以来の1150円台回復となった。7月1日に単元株の変更(500株から100株に)を予定しており、これによる参加者の増加を先回りする買いがある模様。また、今期の予想純利益を前期比47%増とするなどの収益拡大基調を見直す動きもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:46 | 株式投資ニュース

国際航業HDは連結子会社五星の株式を譲渡し取引関係を解消

国際航業ホールディングス株式会社 国際航業ホールディングス<9234>(東1)は15日の取締役会で、連結子会社である株式会社五星の全株式を譲渡することを決め、同社が保有する五星の全株式の買取りを五星に申し込む予定であると発表した。

 同社グループと五星とは、五星の地域密着スタイルと国際航業株式会社の技術サポートとの融合で新たな地域展開モデルを構築し、地方自治体を中心とした顧客向けサービス展開力を強化し、グループ一体経営による両社の経営基盤の安定化を目指していたが、5月20日に発表したグリーン・インフラ企業への転換を目指した中期経営計画への取り組みについて五星と話し合いを行った結果、両社がそれぞれの経営方針に基づいた事業展開を推進することが、両社にとって得策であるとの判断に達した。
 そのため、同社グループが保有する五星の株式59.5%のすべてを五星に譲渡し、取引関係についても株式譲渡後、早期に解消する予定。
 なお、五星は6月23日開催する同社株主総会および取締役会で国際航業ホールディングスを含む株主から自己株式の買取りについて決議を行なう予定である。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:58 | 株式投資ニュース

日産自動車が700円台を回復、欧州拡大の期待など続く

 日産自動車<7201>(東1)が後場一段上値を追い、13時15分にかけて702円(34円高)をつけたあとも700円をはさんで推移。5月20日以来の700円台相場となっている。
 朝から自動車株の中でも堅調さが目立っており(9:32既報)、ユーロなどの為替安定を受けて欧州市場の拡大に期待が出ているほか、ゴールドマン・サックス証券が16日付で投資判断を「中立」から「買い」に引き上げたと伝えられている。

【関連記事】
・2010年06月16日 日産自動車が売買代金1位で続伸、欧州の好調さを買う
・2010年06月15日 日産自動車が自動車株全般に堅調な中でも強さ目立つ
・2010年06月14日 日産自動車は欧州でSUV増産と伝えられ3日続伸歩調
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

資生堂が社債発行など好感し続伸、約1カ月ぶりに1900円台を回復

資生堂のHP 資生堂<4911>(東1)が13時にかけて1907円(27円高)と現在高。朝寄り値も1900円で、5月18日以来の1900円台回復となっている。
 本日の株式市場はコマツ<6301>(東1)が約3.5%高となるなど、中国経済の成長に合う銘柄の強さが目立つ中で、資生堂は午前11時、無担保社債(第6回)400億円を発行すると発表。調達資金は借入金の返済資金に充当。

>>資生堂のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:21 | 株式投資ニュース

【人気銘柄】ソースネクストが「iPad」対応の拡充を材料に連日ストップ高

 ソースネクスト<4344>(東1)が後場もストップ高買い気配を継続。前場ストップ高の3万8300円(7000円高)、22.4%高まで上げたあとそのまま買い気配を続け、13時現在、東証1部の値上がり率2位となっている。

 昨日に続き連日のストップ高。 昨日は「iPad(アイパッド)」に対応した新アプリケーションを発表し、これが材料視された。発表では、09年6月に発売した英語学習ソフト「超字幕R」シリーズの「iPad」対応製品を年内に25タイトル発売し、また年度内に「超字幕R」シリーズを含め合計50タイトル以上の発売を目指すとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:02 | 株式投資ニュース

緊急決定!『マイケル・ジャクソン THIS IS IT IMAX版』再上映

■6/26(土)から2週間限定で再上映!

 東急レクリエーション<9631>(東2)は、2010年6月26日(土)から株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』[IMAX版]を「109シネマズ」4館(川崎、菖蒲、名古屋、箕面)のIMAXデジタルシアターにて再上映することを決定したと発表。

 昨年10月に公開され大ヒットを記録した『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』。中でも高画質・高品質サウンドのIMAXフォーマットにリマスタリングされたIMAX版は、通常版では気が付かないようなマイケルの細やかな表情や見事なダンスがまるで目の前で繰り広げられているかのような臨場感で体験できると好評。12月に4日間だけ実現した再上映の際にも、よりハイクオリティのサウンドと映像を体験しようと全回が満席となる大変な熱狂となった。今回さらなるリクエストに応え、6月26日(土)から2週間限定で再上映を緊急決定した。

緊急決定!『マイケル・ジャクソン THIS IS IT IMAX版』再上映
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:00 | 株式投資ニュース

【訳あり銘柄】さが美が「第2のレナウン」の憶測など交え急騰29%高

 さが美<8201>(東1)が一時36%高の174円(46円高)まで急伸し、前引けも約29%高の165円(37円高)となり、東証1部の値上がり率1位。今期の純益黒字転換に期待があるが、さる6月2日の急騰(大引け44円高・一時ストップ高)に続き、特定筋・注力筋が値幅を取る動きに出たとの見方があった。レナウン<3606>(東1)が中国の繊維大手の資本参加を材料に急騰したため、「第2のレナウン」との思惑・憶測が味付け材料になっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:10 | 株式投資ニュース

【株式市場】NY株の急騰など好感し東証1部の79%が値上がり

100616前引け 16日前場の東京株式市場は、東証1部銘柄の約79%が値上がりする好調相場。欧州で債務国の国債入札が順調に終わり、為替相場が安定、米国株式もNYダウ214ドル高となり1万ドル台を回復したため、一挙に買い安心感が広がった。
 日経平均は5月20日以来の1万円台回復となり、一時1万64円05銭(176円16銭高)まで上昇、前引けは1万40円92銭(153円03銭高)だった。

 東証1部の出来高概算は7億6978万株、売買代金は5179億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は1326、値下がり銘柄数は219銘柄。また、東証33業種別指数は32業種が高く、安いのは水産・農林のみ。値上がり率上位は任天堂<7974>(大1)を含むその他製品、鉱業、鉄鋼、卸売り、その他金融、精密機器、機械、非鉄金属、ガラス・土石、電気機器、海運など。

 任天堂が米国での新製品発表を材料に急伸。日産自動車<7201>(東1)は欧州経済の回復期待で一時売買代金1位となり続伸。大手商社・海運株も高い。
 また、テレビ朝日<9409>(東1)がサッカーW杯の日本チーム第2戦の放送を話題に高くなり、クミアイ化学工業<4996>(東1)は製品の知財売却益を材料に9%高、さが美<8201>(東1)は仕手筋躍動の観測で29%高。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:56 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングが続伸し5月6日以来の1万4000円台

 ファーストリテイリング<9983>(東1)が10時を回り1万4110円(300円高)まで上げ6日続伸歩調。5月6日以来の1万4000円台回復となった。
 足元は華々しい材料がないものの、5月の月次動向(国内ユニクロ事業が既存店で3カ月ぶりに増加)を手がかりに上げた戻り高値1万3410円(6月3日)を上回ってきたため、値動きが軽くなった様子だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:53 | 株式投資ニュース

ミズノがサッカーW杯・本田選手のシューズを話題に堅調

 ミズノ<8022>(東1)は朝方391円(8円高)をつけたあとも堅調で2日続伸歩調。サッカーW杯・本田選手のシューズが同社製の「イグニタス」のため話題性。10時を回り388円(5円高)をはさんで推移している。年初来の安値は372円(6月8日)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 株式投資ニュース

日産自動車が売買代金1位で続伸、欧州の好調さを買う

 日産自動車<7201>(東1)が朝寄り後692円(24円高)まで上げ、5日続伸歩調。売買代金が9時20分現在、東証1部の1位の活況相場となっている。自動車株が全般堅調な中でも目立つ上昇。14日、欧州で販売するSUV「キャシュカイ(日本名デュアリス)」が好調のため3割増産と伝えられており、欧州で債務国問題が後退し景気停滞感が払拭されるとともに販売増加の期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース