[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/29)コンヴァノは19年3月期1Q減益だが通期大幅増収増益予想
記事一覧 (08/29)エヌリンクスは19年2月期増収増益予想、2Q累計増額して通期も上振れ余地
記事一覧 (08/29)ズームは底打ち感、18年12月期利益・配当予想減額修正の織り込み完了
記事一覧 (08/29)中本パックスは調整一巡して出直り期待、19年2月期増収増益予想
記事一覧 (08/28)【銘柄フラッシュ】アウンコンサルなど急伸しピープルは業績見通し増額が好感され活況高
記事一覧 (08/28)エスイーは株式2分割などが好感されて急伸しストップ高に迫る
記事一覧 (08/28)OBARA GROUPは自社株買いが好感されて大きく出直る
記事一覧 (08/28)Jストリームはテレビ朝日への「マルチCDN」採用が注目されてストップ高
記事一覧 (08/28)日産自動車は米国とメキシコのNAFTA再交渉など好感されて再び騰勢
記事一覧 (08/28)ソニーは超高速取引の「買いプログラム」も期待されて高値を更新
記事一覧 (08/28)日経平均は168円高で始まりNY株式の大幅高など好感され大幅続伸
記事一覧 (08/28)テラは樹状細胞ワクチン療法の薬事承認目指す、18年12月期第2四半期決算発表延期を嫌気した売り一巡
記事一覧 (08/28)ハブは調整一巡感、19年2月期増収増益予想
記事一覧 (08/28)西本Wismettacホールディングスは売り一巡感、18年12月期増収増益・増配予想
記事一覧 (08/28)ブティックスは売り一巡感、19年3月期1Q赤字だが通期大幅増収増益予想
記事一覧 (08/27)【銘柄フラッシュ】アルメディオが急伸しBBタワーはテルアビブ上場も思惑視され大幅続伸
記事一覧 (08/27)エンビプロ・HDが7%高、廃プラスチックによる海洋汚染問題など材料視
記事一覧 (08/27)神戸天然物化学が急伸、電子材料の量産ステージ案件に対応する新工場を材料視
記事一覧 (08/27)レノバは株式分割(8月末)や月次の売電量などが注目され出直り強める
記事一覧 (08/27)東洋紡は4日続伸、主製品の価格改定や医療機器の拡大など材料豊富の見方
2018年08月29日

コンヴァノは19年3月期1Q減益だが通期大幅増収増益予想

 コンヴァノ<6574>(東マ)は、ネイルサロン「ファストネイル」をチェーン展開している。19年3月期第1四半期期は減益だったが、通期は新規出店などで大幅増収増益予想である。株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、直近安値圏から切り返しの動きを強めている。

■ネイルサロンをチェーン展開

 18年4月東証マザーズに新規上場した。ネイルサロン「ファストネイル」をチェーン展開するネイル事業、およびCM動画放映や試供品配布などのメディア事業を展開している。

 ネイルサロンは安定した品質、低価格、スピード感などを特徴として、三大都市圏(関東、関西、東海)の商業施設内中心に店舗展開している。18年6月末の店舗数は49店舗(うちFC1店舗)である。自社開発WEB予約システムによる集客、分業化による高効率オペレーション、自社育成機関による短期間でのプロネイリスト育成などで収益力向上を図っている。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:15 | 株式投資ニュース

エヌリンクスは19年2月期増収増益予想、2Q累計増額して通期も上振れ余地

 エヌリンクス<6578>(JQ)は、NHKの受信契約・収納代行などの営業代行事業を主力としている。19年2月期は新規案件獲得などで増収増益予想である。8月9日に第2四半期累計を増額修正しており、通期も上振れ余地がありそうだ。株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、ほぼ底値圏だろう。なお8月24日に立会外分売を実施した。東証2部への市場変更を目指している。

■NHK受信契約・収納代行が主力

 18年4月東証JASDAQに新規上場した。日本放送協会(NHK)からの放送受信料の契約・収納代行などの営業代行事業を主力として、チャットシステムを利用したお部屋探しサイト「イエプラ」運営とゲーム攻略サイト「アルテマ」運営のメディア事業も展開している。

■19年2月期増収増益予想、2Q累計増額して通期も上振れ余地

 19年2月期の非連結業績予想は、売上高が18年2月期比22.6%増の48億52百万円、営業利益が11.5%増の3億51百万円、経常利益が6.8%増の3億38百万円、純利益が13.6%増の2億30百万円としている。営業代行事業における新規案件獲得、営業エリア拡大、メディア事業における新規顧客獲得などで増収増益予想である。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:13 | 株式投資ニュース

ズームは底打ち感、18年12月期利益・配当予想減額修正の織り込み完了

 ズーム<6694>(JQ)は、ハンディオーディオレコーダーを主力とする音響機器メーカーである。株価は上場来安値圏だが、18年12月期利益・配当予想減額修正の織り込みが完了して底打ち感を強めている。

■ハンディレコーダーが主力の音響機器メーカー

 ハンディオーディオレコーダーを主力とする音響機器メーカーである。マルチエフェクター、ハンディビデオレコーダー、プロフェッショナルフィールドレコーダーなども展開している。製造を外部に委託するファブレスメーカーである。

■18年12月期利益・配当予想は減額修正

 18年12月期の連結業績予想は、8月10日に売上高を増額修正、各利益を減額修正した。売上高は17年12月期比17.5%増の74億01百万円で増収だが、営業利益が37.9%減の2億03百万円、経常利益が26.3%減の2億67百万円、純利益が24.9%減の2億16百万円で、増益予想から一転して減益予想となった。配当予想も8月10日に期末5円減額し、17年12月期と同額の年間45円(期末一括)とした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:12 | 株式投資ニュース

中本パックスは調整一巡して出直り期待、19年2月期増収増益予想

 中本パックス<7811>(東1)はグラビア印刷、コーティング加工、ラミネート加工を展開している。19年2月期は需要が堅調に推移して増収増益予想である。株価は7月の戻り高値圏から反落したが、調整一巡して出直りを期待したい。

■グラビア印刷などを展開

 グラビア印刷、コーティング加工、ラミネート加工を展開している。18年2月期の用途別売上総利益構成比は、食品48%、生活資材22%、IT・工業材18%、医薬・医療7%、建材3%、その他2%である。

■19年2月期増収増益予想

 19年2月期連結業績予想は、売上高が18年2月期比4.6%増の345億円、営業利益が12.6%増の15億円、経常利益が7.6%増の16億円、そして純利益が1.9%増の10億円としている。需要が堅調に推移して増収増益予想である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:10 | 株式投資ニュース
2018年08月28日

【銘柄フラッシュ】アウンコンサルなど急伸しピープルは業績見通し増額が好感され活況高

 28日は、東証1部の値上がり率1位にオープンドア<3926>(東1)の9.6%高が入り、引き続き第1四半期の営業利益89%増などの大幅増収増益が材料視されて上場来の高値。

 2位は株価10円台のランド<8918>(東1)となり1円高で8.3%高。

 3位は日本化学工業<4092>(東1)の7.7%高となり価格改定が進んでいるとの見方があり出直り拡大。

 4位はフォーバル<8275>(東1)の6.8%高となり業績上振れ期待が再燃とされて一段とジリ高。

 アウンコンサルティング<2459>(東2)は中国の電子決済企業の日本法人ラカラジャパンとの提携などが材料視されて3日続伸となり、3日目は遂に急伸してストップ高の31.1%高。岡山県貨物運送<9063>(東2)は7月の豪雨災害からの復興が本格化とされて5.2%高と一段高。

 Jストリーム<4308>(東マ)は「マルチCDN」をテレビ朝日が採用と注目されてストップ高の19.4%高。ZUU(ズー)<4387>(東マ)は2017年11月号を以て休刊した株式・金融投資雑誌「ネットマネー」の新編集体制のもとでの復刊(8月21日)が注目されてストップ高の17.9%高。マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)は通信子会社MEモバイルの高速モバイル通信サービス「カシモWiMAX」に政策面で追い風との見方があり4.7%高。

 エスイー<3423>(JQS)は株式2分割などが好感されて12.2%高。ピープル<7865>(JQS)は第2四半期の業績見通し増額が好感されて9.4%高の活況高となった。(HC)




提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:23 | 株式投資ニュース

エスイーは株式2分割などが好感されて急伸しストップ高に迫る

■9月28日(金曜日)を基準日として1株を2株に分割

 エスイー<3423>(JQS)は28日、ストップ高まであと10円の647円(90円高)へと急伸し、出来高も急増。11時にかけては13%高の630円(73円高)前後で推移し、JASDAQ銘柄の値上がり率1位に躍進している。建設用資機材の製造・販売、建設コンサルタント事業などを展開し、27日の取引終了後に株式分割と株主優待制度の単元株数の変更を発表し、好感されている。

 株式分割は、2018年9月28日(金曜日)を基準日として、同日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する普通株式1株につき2株の割合で分割する。

 また、株主優待制度については、この株式分割にともない、現行の10単元(1000株)以上を保有する株主を対象とする制度を、新たに20単元(2000株)以上の同社株式を保有する株主とする。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

OBARA GROUPは自社株買いが好感されて大きく出直る

■9月期末配当を20円増額の70円に増額修正済み

 OBARA GROUP<6877>(東1)は28日、大きく出直り、10時30分にかけては5400円(140円高)前後で推移し、出来高も取引開始から1時間半で前週の一日平均に並ンでいる。27日、自己株式の取得(自社株買い)を発表し、好感されている。

 今回の自社株買いは、取得上限株数が22万株(保有自己株式を除く発行済み株式総数の1.20%)、上限金額14億円、期間は2018年8月28日から同年9月20日。約1ヵ月間の短期実行のため注目度は高いようだ。

 今期末の配当については、業績予想の進捗が堅調に推移していること、財政状態等を総合的に勘案し、当初の1株当たり普通配当50円の見込みを20円増額の70円に増額修正している。(HC) 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:38 | 株式投資ニュース

Jストリームはテレビ朝日への「マルチCDN」採用が注目されてストップ高

■高速かつ安定した動画配信を実現すると発表

 Jストリーム<4308>(東1)は28日、朝方にストップ高の616円(100円高)で売買されたまま買い気配を続け、10時20分にかけてもストップ高買い気配となっている。インターネットにおける動画配信の先端企業。27日付で、「マルチCDN」サービスがテレビ朝日の「テレ朝動画」等の動画配信基盤に採用、と発表しており、注目殺到となった。

 600円台は7月27日以来。発表によると、「マルチCDN」サービスを利用することで、複数のCDNを利用し、高速かつ安定した動画配信を実現するという。Jストリームは、米国Cedexis社が提供するマルチCDNサービスの提供を行っており、コンテンツの配信状況を可視化・モニタリングし、契約する複数のCDNの中から最適なCDNを自動で選択する仕組みにより、膨大なアクセスが集中した際も特定のCDNに依存することなく安定的なコンテンツ配信を可能にする。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:23 | 株式投資ニュース

日産自動車は米国とメキシコのNAFTA再交渉など好感されて再び騰勢

■北米景気関連株のためNY株式の大幅高がそのまま好感された面も

 日産自動車<7201>(東1)は28日、再び出直りを強めて始まり、取引開始後に2.3%高の1062.5円(23.5円高)まで上げ、自動車株の中でも高い値上がり率となっている。日経各社の中で早くからメキシコに拠点を置いており、米国がメキシコと2国間でのNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉に向けて大筋で合意したと伝えられ、材料視されている。

 北米景気関連株でもあり、NY株式の大幅高がそのまま好感された面もあるようだ。NY株式市場では、ダウ平均が259ドル高となり、2月1日以来、約7ヵ月ぶりに2万6000ドル台を回復した。また、S&P500指数とNASDAQ総合指数は前週末に続いて過去最高値を連日更新した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

ソニーは超高速取引の「買いプログラム」も期待されて高値を更新

■NY株式の大幅続伸を受け北米景気関連株として注目強まる

 ソニー<6758>(東1)は28日一段高で始まり、取引開始後に6281円(111円高)まで上げ、2008年以来の高値を更新した。NYダウの大幅続伸(259.29ドル高の2万6049.64ドル)やS&P500指数の連日最高値などが好感されている。

 先に発表した第1四半期決算は好調で、通期の業績見通しを増額修正。NYダウの大幅続伸などが発現すると、超高速取引の「買いプログラム」が機械的に入る銘柄として注目する様子もある。業績が好調なため個人投資家にとっても買い安心感がある。

 証券会社による投資判断をみると、直近は、8月17日に野村證券、みずほ証券による目標株価の引き上げが伝えられ、野村證券は投資判断を「買い」継続のまま目標株価をそれまでの7200円から7800円に引き上げ、みずほ証券も投資判断は「買い」継続のまま目標株価を7700円から8300円に引き上げたと伝えられた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:24 | 株式投資ニュース

日経平均は168円高で始まりNY株式の大幅高など好感され大幅続伸

 28日(火)朝の東京株式市場は、米国とメキシコがNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉で大筋合意とされてNYダウが大幅続伸(259.29ドル高の2万6049.64ドル)したことなどを受け、日経平均は168円10銭高(2万2967円74銭)で始まった。

 NY株式市場では、ダウ平均が2月1日以来、約7ヵ月ぶりに2万6000ドル台を回復し、S&P500指数とNASDAQ総合指数は前週末に続いて過去最高値を連日更新した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース

テラは樹状細胞ワクチン療法の薬事承認目指す、18年12月期第2四半期決算発表延期を嫌気した売り一巡

 テラ<2191>(JQ)は樹状細胞ワクチン療法を中心とするバイオベンチャーである。樹状細胞ワクチン療法の薬事承認を目指している。株価は18年12月期第2四半期決算発表延期を嫌気して急落したが、売り一巡して出直りを期待したい。

■樹状細胞ワクチン療法の薬事承認目指す

 東京大学医科学研究所発バイオベンチャーである。独自に開発したがん治療技術「樹状細胞ワクチン療法」を契約医療機関に提供する細胞医療事業を主力として、新規がん抗原および培養法、新規免疫療法など、がん領域において再生・細胞医療に関する研究・開発を行っている。

 細胞医療事業は契約医療機関における症例数に応じた収入が収益柱である。17年12月期末の契約医療機関数は全国34ヶ所(内訳は基盤提携7ヶ所、提携6ヶ所、連携21ヶ所)だった。

 子会社テラファーマは樹状細胞ワクチンの薬事承認を目指し、17年3月和歌山県立医科大学病院において開始した膵臓がんを対象とする樹状細胞ワクチン(TLP0−001)の医師主導治験に、樹状細胞ワクチンを提供している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:24 | 株式投資ニュース

ハブは調整一巡感、19年2月期増収増益予想

 ハブ<3030>(東1)は、首都圏中心に英国風パブ「HUB」をチェーン展開している。19年2月期増収増益予想である。7月の既存店売上は100.7%で4ヶ月連続の前年比プラスである。通期ベースで好業績を期待したい。株価は水準を切り下げて年初来安値を更新したが、調整一巡感を強めている。

■英国風パブ「HUB」を展開

 英国風パブ「HUB」を首都圏中心にチェーン展開している。18年2月末時点の店舗数は104店舗である。

■19年2月期1Q減益だが、通期は増収増益予想

 19年2月期の非連結業績予想は、売上高が18年2月期比7.9%増の118億50百万円、営業利益が2.9%増の8億円、経常利益が2.5%増の8億円、純利益が6.5%増の5億30百万円としている。

 第1四半期は売上高が前年同期比3.3%増収だが、営業利益が27.4%減益、経常利益が27.2%減益、純利益が27.5%減益だった。新規出店1店舗も寄与して増収だが、原料価格上昇、人件費増加、減価償却費増加などで減益だった。ただし計画超の水準だった。既存店売上は98.9%だった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:22 | 株式投資ニュース

西本Wismettacホールディングスは売り一巡感、18年12月期増収増益・増配予想

 西本Wismettacホールディングス<9260>(東1)は、世界市場に食材・食品を供給するグローバル企業である。18年12月期2Q累計は営業減益だったが、通期は増収増益・増配予想である。株価は急落して水準を切り下げたが売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。

■世界市場に食材・食品を供給するグローバル企業

 世界市場に食材・食品を供給するグローバル企業である。日本食をはじめとしたアジア食品・食材を北米中心に海外で販売するアジア食グローバル事業、青果物全般の国内販売・輸出・三国間貿易および水産品の国内販売を行う農水産商社事業を展開している。

 アジア食グローバル事業では、世界的な日本食ブームを背景とした市場拡大に歩調を合わせて、海外拠点網構築を推進している。農水産商社事業では、主力販路の卸売市場に加えて、量販店や外食・中食産業への販売を強化している。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:20 | 株式投資ニュース

ブティックスは売り一巡感、19年3月期1Q赤字だが通期大幅増収増益予想

 ブティックス<9272>(東マ)は介護業界に特化したマッチング事業を展開している。19年3月期第1四半期は赤字だったが、通期は大幅増収増益予想である。株価は安値圏だが売り一巡感を強めている。IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。

■介護業界に特化したマッチング事業を展開

 18年4月東証マザーズに新規上場した。介護業界(介護用品・介護事業者)を対象とした商談型展示会「CareTEX」開催、M&A仲介サービス、商談WEBマッチングサイト「CareTEXクラウド」運営のBtoB事業を主力として、介護用品をeコマースで販売するBtoC事業も展開している。

 8月24日には中国における合弁会社(持分法適用関連会社)設立を発表した。中国において介護関連商材の販売を展開する。

■19年3月期1Q赤字だが通期大幅増収増益予想

 19年3月期の非連結業績予想は、売上高が18年3月期比20.4%増の16億04百万円、営業利益が70.0%増の2億07百万円、経常利益が97.5%増の2億07百万円、純利益が82.8%増の1億34百万円としている。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:17 | 株式投資ニュース
2018年08月27日

【銘柄フラッシュ】アルメディオが急伸しBBタワーはテルアビブ上場も思惑視され大幅続伸

 27日は、オルトプラス<3672>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、引き続き、23日付で「光と音のRPG『アークザラッドR』、本日より配信開始!」と発表したことなどが材料視されて騰勢が止まらず3日連続ストップ高の19.0%高。このゲームについては、8月10日付で「事前登録者20万人を突破」と発表してから注目が強まったようで、27日まで10日続伸(前日比変わらずを一日含む)となった。

 2位は田淵電機<6624>(東1)の16.7%高となり、6月に任天堂<7974>(東1)の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」に主要部品を納入していると伝えられたことがあり、同ゲーム機の動向についての期待が再燃との見方があり、飛び出すように出直り拡大。

 3位はダブル・スコープ<6619>(東1)の13.1%高となり、四半期決算発表を受けて8月10、13日に2日連続ストップ安となったが、中国系銘柄として独自の買い目があるとされ2日目のストップ安で下げた分を奪回。

 アルメディオ<7859>(東2)は引き続き世界初の新製品「高分散の高濃度炭素繊維のマスターバッチ、塗料ベース」が注目されて2日連続ストップ高の38.7%高。大興電子通信<8023>(東2)はJAXA(独立行政法人・宇宙航空研究開発機構)に衛星追跡管制システムなどで実績があり、引き続き、宇宙ゴミ収集衛星に関する構想が再燃したため連想が広がったとの見方があり2日連続ストップ高の20.2%高。

 メドレックス<4586>(東マ)武田薬品工業<4502>(東1)との提携が好感されて買い気配のままストップ高の19.6%高。オンコリスバイオファーマ<4588>(東マ)は、新興市場でバイオ・創薬株の値動きが活発化する中で、7月にエピジェネティックがん治療薬として研究開発を進めている「OBP−801」の眼科疾患領域への応用を目的に特許出願と発表したことなどが言われて期待再燃の様子となり、一時ストップ高の16.9%高に達し大引けも15.3%高。

 テラ<2191>(JQS)は21.9%高と大きく出直り、24日付で「主要株主の異動」を発表したことなどが材料になったもよう。ブロードバンドタワー(BBタワー)<3776>(JQS)は8月7日付で「テルアビブ証券取引所への上場確定のお知らせ」を発表したことなどが材料との見方があり18.0%高と8日続伸。フューチャーベンチャーキャピタル<8462>(JQS)は地方創生ファンド事業が自民党総裁選に向けて脚光を集めるかもしれないとの見方があり15.4%高と急伸した。(HC)







提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:56 | 株式投資ニュース

エンビプロ・HDが7%高、廃プラスチックによる海洋汚染問題など材料視

■金属や廃プラスチックなどのリサイクル事業などを展開し連想買い

 エンビプロ・ホールディングス<5698>(東1)は27日の後場、13時を過ぎて7%高の784円(54円高)前後で推移し、4日続伸基調で大幅続伸している。金属や廃プラスチックなどのリサイクル事業などを展開し、このところ、廃プラスチックが世界的な海洋汚染の原因物質として無視できなくなっているとの報道が相次ぎ、連想買いが強まっている。

 廃プラスチックがもたらす海洋汚染については、6月頃から関連報道が出始めており、「海洋汚染:廃棄プラごみ3億トン15年・国連報告書」(毎日新聞6月6日朝刊)と伝えられたほか、「プラスチックごみ、サンゴ成長に悪影響、死滅することも」(朝日新聞デジタル7月29日15時19分)、「東京都、プラごみ削減の対策着手、来夏にも最終答申」(日本経済新聞8月25日付朝刊・地方経済面)などと伝えられた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:29 | 株式投資ニュース

神戸天然物化学が急伸、電子材料の量産ステージ案件に対応する新工場を材料視

■量産に加えキログラム単位の試作が可能な「キロラボ工場棟」「研究棟」を建設

 神戸天然物化学<6568>(東マ)は27日の後場、2679円(112円高)で始まり、前場の一時132円高に続いて急伸相場となっている。この日朝、「機能材料向け新規製造棟等の建設工事着工のお知らせ」を発表し、注目されている。

 発表によると、現在、電子表示材料を始めとした電子材料関連製品において、大型反応器を使用した量産ステージ案件が拡大しており、製造量が「キログラム」単位である高付加価値製品の需要に対応するとともに、キログラム単位の試作を行うことのできる「キロラボ工場棟」及び「研究棟」を建設する。

 2018年3月に株式を上場し、初値は3665円、高値は4月の4830円。この高値に向かう途中には、大阪大学と共同で創製した、がん細胞に特異的に発現するアミノ酸トランスポーターLAT1の阻害剤に係わる特許について、ジェイファーマ株式会社(本社:横浜市)へのライセンス供与と契約一時金、マイルストン及びロイヤリティの受領を発表。業績への寄与が期待されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:04 | 株式投資ニュース

レノバは株式分割(8月末)や月次の売電量などが注目され出直り強める

■8月31日を基準日として1株を2株に分割、権利確定日(買付期限)は28日

 レノバ<9519>(東1)は27日、再び出直りを強め、11時にかけて7%高の2120円(140円高)前後で推移し、出来高も、取引開始から2時間ほどで前週1週間の一日平均を上回っている。再生可能エネルギーによる発電などを行い、8月31日(金曜日)を基準日として1株を2株に分割することを発表済み。この権利確定日(買付期限)が8月28日のため、株式分割を意識した相場との見方が出ている。

 また、2018年7月売電量(8月7日発表、太陽光発電、バイオマス発電)は、ともに前年同月比で3ヵ月ぶりに増加し、合計も3ヵ月ぶりに増加した。8月の動向も猛暑による冷房需要の増加などが見込まれるため注目されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

東洋紡は4日続伸、主製品の価格改定や医療機器の拡大など材料豊富の見方

■四半期決算発表後の急伸に続き再び出直り強める

 東洋紡<3101>(東1)は27日、4日続伸基調となり、10時30分にかけては1956円3%高の(52円高)前後で推移し、再び出直りを強めている。このところ、会社発表のニュースが相次ぎ、神経再生誘導チューブの米国展開、エアバッグ用原糸などの価格改定、共同保有する商標権の譲渡、臨床検査装置の中国での販売、などが注目されている。

 第1四半期の連結業績は8月6日13時に発表し、この日の株価は大引けにかけて急伸し7%高(118円高)となった。3月通期の連結売上高の見通しは前期比2.7%増の3400億円、純利益の見通しは同0.3%減の130億円、1株利益は146円44銭。純利益は減益の見通しだが、将来的な期待材料が増えてきたとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース