[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/11)トッキが3D技術でも評価と伝えられ戻り高値を更新、アルバックも高い
記事一覧 (03/11)第一興商が日経平均と逆行する動きとなり昨年来の高値を更新
記事一覧 (03/11)ヤクルト本社が後場一段高、中国の消費者物価指数が好調で人気増幅
記事一覧 (03/11)クラリオンが連日の昨年来高値、出来高も2位で低位株人気をリード
記事一覧 (03/11)マツモトキヨシが堅調、ミドリ薬品に続く子会社化で西日本の強化に期待
記事一覧 (03/11)ビットアイルはIT事業者向けクラウドコンピューティング対応支援を推進
記事一覧 (03/11)フリービットはブラウザーでネット対応デジタル家電機器を利用する技術を開発
記事一覧 (03/11)ソフトバンクの前引けは4日ぶりの反発、野村證券が目標株価を引き上げ
記事一覧 (03/11)11日前場の東京株式市場は米景気の回復感や円安など好感し日経平均は反発
記事一覧 (03/11)「海運」業種が運賃上昇など受け値上がりトップ、第一中央汽船が牽引
記事一覧 (03/11)三菱電機が機械・メカトロ株の切り口で連日高値、一時800円台を回復
記事一覧 (03/11)消費者金融株が軒並み高、業種別の値上がり率は「その他金融業」が2位
記事一覧 (03/11)三井物産が鉄鉱石の大幅値上げなど受け続伸、4日連続で高値を更新
記事一覧 (03/11)ソニーが連日高値を更新、3DTVに加え携帯電話への映画配信も好感
記事一覧 (03/11)【新エネルギー関連株】富士フイルムが5連騰、NEDOの研究開発採択でバイオ人気再燃
記事一覧 (03/10)丸千代山岡家の2月は好調、100店舗を超え規模の効果など注目−−引け後のリリース
記事一覧 (03/10)キャンドゥの月次売上高は前期に比べ回復傾向、株価は8日続伸
記事一覧 (03/10)東亜合成が昨年来の高値を更新、CS証券の評価アップなどが刺激要因
記事一覧 (03/10)岩井証券がコスモ証券の買収有力と伝えられ急伸・高値引け
記事一覧 (03/10)ソニーが昨年来の高値を更新、3D立体映像テレビに期待高まる
2010年03月11日

トッキが3D技術でも評価と伝えられ戻り高値を更新、アルバックも高い

 トッキ<9813>(JQ)が戻り相場での高値を大きく更新し後場も頑強。14時20分現在7%高の381円(25円高)。前場は10%高の394円(38円高)まであった。
 太陽光発電システムや3D(3次元)立体映像技術に関連するとして大手証券がアルバック<6728>(東1)の目標株価を3703円から3896円に引き上げたと伝えられ、同様の真空関連技術と製品展開を行なうトッキも注目された。値上がり率はトッキのほうが高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:32 | 株式投資ニュース

第一興商が日経平均と逆行する動きとなり昨年来の高値を更新

 第一興商<7458>(東1)が昨年来の高値を更新。後場もジリ高で前場の高値を上回り、日経平均と逆行する動きとなった。13時51分に1282円(24円高)をつけた。
 カラオケの敬遠要因だった新型インフルエンザが完全に沈静化してきたことが材料のひとつになっている模様。この4〜12月期は、新型インフルエンザの影響で減益の予想が出ていたにもかかわらず、連結営業利益が前年同月比約4%増加となった。このため、3月通期の業績にも一部、上ぶれ期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:13 | 株式投資ニュース

ヤクルト本社が後場一段高、中国の消費者物価指数が好調で人気増幅

 ヤクルト本社<2267>(東1)が後場一段高となり、13時30分を回り2786円(26円高)まで上げた。中国の消費者物価指数が好調と伝えられ人気が増幅。昨年来の高値は12月8日につけた2890円。
 昨年から中国市場での拡大を背景に中国関連株との受け止め方で人気化しており、11日は昼の時間帯に中国の2月消費者物価指数が前年同月比2.7%増加し、市場予想の2.3%を上回ったと伝えられると買いの勢いが増した。もっとも、上海株式は利上げ懸念が再燃したようで上値が重く、コマツ<6703>(東1)などは日経平均とともに後場ダレ模様となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:55 | 株式投資ニュース

クラリオンが連日の昨年来高値、出来高も2位で低位株人気をリード

 クラリオン<6796>(東1)が連日の昨年来高値更新となり、出来高も増加。13時を回って東証1部の出来高2位に順位を上げてきた。
 前場194円(12円高)まで上げ、後場も同値をつけたあと190円前後で推移。1月下旬から日々の出来高が増加し始めており、2月からは信用売り残の増加も目立ち、いわゆる仕手化の様相を強めている。
 材料としては、パイオニア<6773>(東1)が中国の家電販売大手との提携や三菱電機<6503>(東1)ホンダ<7267>(東1)などへの第三者割り当て増資など、多彩な方策で建て直しを進めているため、連想が働いている面もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:33 | 株式投資ニュース

マツモトキヨシが堅調、ミドリ薬品に続く子会社化で西日本の強化に期待

 マツモトキヨシホールディングス<3088>(東1)が後場は上げ一服となったが続伸基調を維持。前場に続き、瀬戸内地域のドラッグストア企業の子会社化が好材料視されている。
 昨10日の大引け後、ラブドラッグス(岡山県、資本金約2.7億円、47店舗)の子会社化を決定と発表。2月に発表したミドリ薬品<2718>(JQ)の完全子会社化に続き、西日本の基盤強化策が注目されている。なお、ミドリ薬品は3月29日付で上場廃止の予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:19 | 株式投資ニュース

ビットアイルはIT事業者向けクラウドコンピューティング対応支援を推進

 ビットアイル<3811>(大ヘ)とシトリックス・システムズ・ジャパン株式会社は、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)やシステムインテグレータ(SIer)など企業ユーザにソフトウェアソリューションを提供するIT事業者のクラウドコンピューティング対応支援で協業すると発表。
 株価は後場寄り後7万1300円(1600円高)へと一段上値を追う展開となった。
 ビットアイルとシトリックスは、ISVやSIerなどに対し、デスクトップ仮想化ソリューション、CitrixRXenDesktop.とCitrixR XenApp.対応のためのソフトウェア検証環境を、ビットアイルのクラウド検証環境サービス「Cloud LAB」にて提供し、DaaSやプライベートクラウドへの対応を支援・促進する。クラウドコンピューティング活用に取り組む企業のニーズに対応した製品・サービスの投入準備の省力化・迅速化・低コスト化を図ることが可能。また、両社のパートナー支援や共催セミナーの実施など、ソフトウェアベンダーのクラウド対応のためのCitrix ソリューションとビットアイルデータセンターサービスを共同でプロモーションしていく予定。
 株価は2月下旬の6万3000円前後から動きはじめ、3月3日の決算発表後は値上がり姿勢を強めて3月8日には8万700円まで上昇した。ここ一両日の調整幅は自然体の値動きをみせ半値押しの前後となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:00 | 株式投資ニュース

フリービットはブラウザーでネット対応デジタル家電機器を利用する技術を開発

■第一弾はエグゼモード製Android・OS搭載機器向けに提供へ

 フリービット<3843>(東マ)は9日、パソコン等のブラウザーをネットワーク家電のディスプレイであるかのように利用できる「Air Display」技術を開発したと発表。株価は翌10日、1万5500円高の急伸となった。
 ネットワーク対応デジタル家電機器は、利用目的やデザインの問題から、それらの機能を十分に発揮する表示/操作方法が存在せず、本来持つポテンシャルを十分に発揮することが出来ないというジレンマがあった。「Air Display」は、ネットワーク対応デジタル家電機器とパソコンをOverlay IP技術によってつなぎ、ブラウザーをこれらの機器のディスプレイのように利用できるようにするもの。あらゆる機器を「サーバー化」する技術として定評がある「ServersMan」の基礎技術を採用することで、ブラウザーから簡単に、ネットワーク対応デジタル家電機器内のあらゆる情報の表示やコントロールが可能となった。「Air Display」技術は、同社の子会社であるエグゼモード株式会社が3月下旬に発売を予定しているAndroid OS搭載デジタルフォトフレームに搭載される予定。

 11日の株価は、株式市場の物色が東証1部の主力銘柄にシフトしたこともあり、前引けは38万7500円(7500円安)の小反落。ただ、2月初から続く調整相場で下値が固まる動きとなっており、テクニカル的なダブル底(2月26日の安値37万4500円・3月9日の安値37万4000円)を形成する可能性が出ている。

フリービットはブラウザーでネット対応デジタル家電機器を利用する技術を開発

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:18 | 株式投資ニュース

ソフトバンクの前引けは4日ぶりの反発、野村證券が目標株価を引き上げ

 ソフトバンク<9984>(東1)が前引け2259円(17円高)となり4日ぶりに反発。野村ホールディングス<8604>(東1)の野村證券による投資判断の引き上げが伝えられた。
 同証券は10日付けで強気の「1」とし、目標株価を2800円から2950円に引き上げ。固定通信事業は09年4〜12月期、ブロードバンド・インフラ事業の拡大などをけん引役に営業利益が前年同期比12%増の537億円となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:09 | 株式投資ニュース

11日前場の東京株式市場は米景気の回復感や円安など好感し日経平均は反発

100311前引け 11日前場の東京株式市場は、米国景気の回復ムードや円相場の軟化などを好感し、東証1部銘柄の71%が値上がりする好展開となり、業種別指数も33業種のうち30業種が値上がりした。
 日経平均は反発。先物・オプション3月物の売買最終日とあって手控え気分はみられたが、前引けにかけ98円98銭高の1万662円90銭まで上げ、前引けも94円24銭高の1万658円16銭だった。
 東証1部の出来高概算は8億8657万株。売買代金は5254億円。1部上場1679銘柄のうち、値上がり銘柄数は1195、値下がり銘柄数は313。
 また、東証33業種別指数は30業種が高くなり、値上がり上位業種は海運、その他金融、卸売り、不動産、機械、証券・商品先物、電気機器、ガラス・土石、小売り、非鉄金属、精密機器、建設など。一方、値下がり業種はゴム製品、空運、石油・石炭だった。
 昨夜の米国株式が景気指標の好転などを映して堅調続伸となったため、ソニー<6758>(東1)が続伸し連日の高値。旭硝子<5201>(東1)三菱電機<6503>(東1)も昨年来の高値を更新。三井物産<8031>(東1)などの大手商社株は交易活発化の期待に加えて鉄鉱石の値上げ報道も加わり軒並み高。海運株は国際運賃指標の上昇に加え川崎汽船<9107>(東1)の赤字縮小観測があり軒並み高となった。
 また、鬼怒川ゴム工業<5196>(東1)ツガミ<6101>(東1)が高値を更新など、仕手色の高まりが言われる材料株も動意が活発だった。
 三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)などの銀行株が高いため不動産株、建設株に買い安心感が広がり、消費者金融株もアコム<8572>(東1)が約1カ月ぶりの1400円台を回復するなど続伸。建設株には、普天間基地の陸上移転案を材料とする動きもあった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:41 | 株式投資ニュース

「海運」業種が運賃上昇など受け値上がりトップ、第一中央汽船が牽引

 海運株が軒並み高く、業種別指数の値上がり率ランキングは10時40分現在「海運株」が1位。バルチック海上運賃指数の上昇に加え、川崎汽船<9107>(東1)に赤字縮小の見通し報道が出たことも見直しムードを強めたようだ。
 海運業種の中で値上がり率トップは第一中央汽船<9132>(東1)で、10時過ぎに9%高の275円(23円高)まで上昇。一部でテクニカル的な株高シグナル論が出、バルチック指数の15カ月・20カ月移動平均線がゴールデンクロスしたあと同社株が4倍高、などと伝えられた。川崎汽船は小反発程度で一時354円(7円高)まであった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:58 | 株式投資ニュース

三菱電機が機械・メカトロ株の切り口で連日高値、一時800円台を回復

 三菱電機<6503>(東1)が続伸し3日続けて昨年来の高値を更新。朝方は802円(10円高)まで上げ、08年9月以来の800円台回復となった。
 総合電機大手の中でも事業構成が産業ロボットなどのメカトロニクス、電力設備・環境エネルギーなどに強い点で、工作機械各社の受注回復や次世代電力網・自然エネルギー利用の拡充政策に乗りやすい銘柄と位置付けられている。3月3日付けでドイツ証券が、5日付けではモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き上げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:30 | 株式投資ニュース

消費者金融株が軒並み高、業種別の値上がり率は「その他金融業」が2位

 消費者金融株が軒並み高となり、アコム<8572>(東1)は10時前に約1カ月ぶりの1400円台を回復するなど続伸。業種別指数の値上がり率ランキングでは「その他金融業」が「海運」に次いで2位となっている。
 プロミス<8574>(東1)は一時6%近い値上がりとなり、795円(45円高)をつけた消費者金融株は、改正貸金業法の6月完全施行を控えて再三急落するなど不安定な動きを続けてきたが、ここ数日は異彩の反騰。
 株式市場には、かつての「グリーンカード制度」(1981年の導入が直前で撤回された預貯金に関する厳格化制度)を想起し、何らかの政策的な措置があるのではと勘ぐる向きもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:12 | 株式投資ニュース

三井物産が鉄鉱石の大幅値上げなど受け続伸、4日連続で高値を更新

 三井物産<8031>(東1)が上値を追い、4日連続の昨年来高値更新となった。
 ブラジルの資源大手が鉄鉱石の大幅値上げを提示と伝えられ、資源関連人気が拡大。11日の株式市場では円相場の円安傾向を受けて主力株の値動きが活発化しており、上値にシコリのない点が買いやすさにつながっているようだ。
 また、ゴールドマン・サックス(CS)証券が昨日、強気の投資判断を継続し、「買い」継続のまま目標株価を1710円から1900円に引き上げたことも買いやすさにつながっている様子だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

ソニーが連日高値を更新、3DTVに加え携帯電話への映画配信も好感

 ソニー<6758>(東1)は11日3445円(70円高)で始まり、連日の昨年来高値更新となったあとも上値を試す動きとなっている。
 3D(3次元)立体映像テレビ発売への期待に加え、携帯電話への映画配信サービスを13日開始することを材料視。ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが携帯電話向け映画配信サービスを開始し、13日からコンテンツ配信のフロントメディア(東京・港)が運営する携帯動画サイト「QTVビデオ」に作品を供給と11日付けの日本経済新聞で伝えられた。
 携帯電話はスマートフォンが普及し始めており、映像モノが一段と見やすくなるため、配信事業の拡大が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

【新エネルギー関連株】富士フイルムが5連騰、NEDOの研究開発採択でバイオ人気再燃

 富士フイルムホールディングス<4901>(東1)が2990円(21円高)で始まり5日続伸。2月4日以来の3000円回復を目前にとらえてきた。
 独立行政法人・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が医療用の高機能癒着防止膜を採択と昨5日発表。また、2月には米国で新型インフルエンザ治療薬の第U相臨床試験を開始と伝えられており、医薬・バイオ関連人気を高めている。
 NEDOに採択された研究開発は、自己組織化ハニカム構造膜の細孔径を600ナノミリオーダーに制御することで、他社既存品より使い勝手に優れ、十分な接着性を有する癒着防止膜を実用化するもので、細胞デバイスへの適用も検討、「培養皮膚モデル」として必要な膜構造を明確化して高機能細胞デバイスの早期実用化も目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース
2010年03月10日

丸千代山岡家の2月は好調、100店舗を超え規模の効果など注目−−引け後のリリース

■「トンコツ味」の弱点の燃料費なども合理化進む

引け後のリリース、明日の1本 丸千代山岡家<3399>(JQ)が10日の大引け後、2月の月次売上高を発表。既存店の売上高は前年同月比4.2%減だったが、全店は同6.8%増となった。
 同社の決算月は1月のため、2月は今期最初の月次動向。1月本決算は例年3月13〜14日に発表されているため、決算動向によっては好調さが見直される可能性がある。
 この期間の新規出店は1店で合計103店舗。2月の全店の客数は同6.3%増、客単価は0.5%増となり好調だった。3月5日に業績見通しを増額修正した。
 株価は10日の終値が12万7000円(2000円高)。薄商いである点が難だが4日続伸。1月中旬から下げ相場に転じて3月3日に11万5800円まで下落。その後は増額発表を受けて出直っている。
 当面のポイントは来期の業績予想がどう打ち出されるかだが、昨年末に100店舗を超えて規模の効果を発揮できる段階になってきた上、じっくり煮込むトンコツラーメンの弱点だったガス代などのコストも、設備の更新とともに削減効果が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:17 | 株式投資ニュース

キャンドゥの月次売上高は前期に比べ回復傾向、株価は8日続伸

 キャンドゥ<2698>(東1)が10日の大引け後、2月の月次売上高を発表。全店ベースで前年同期の99.2%となり、第1四半期(12〜2月)の累計は同100.7%と増勢をキープした。
 2月の既存店は同94.2%となり、第1四半期の累計は同96.4%。2月に発表した09年11月決算では、5月中間期の連結売上高予想を前期比7.1%増としているため、やや低調といえそうだが、前期の売上高は0.7%減だっただけに、回復傾向は示されたといえる。
 株価は2月の底練り相場を3月に入り抜け出しジリ高基調をみせ、10日の終値は9万4400円(700円高)で8日続伸となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:02 | 株式投資ニュース

東亜合成が昨年来の高値を更新、CS証券の評価アップなどが刺激要因

 東亜合成<4045>(東1)が一時16円高の369円(16円高)まで上げ、昨年来の高値を更新。直接的にはクレディ・スイス(CS)証券による投資判断の引き上げが材料視されたが、今12月期の業績好転を評価し直す動きが出ているようだ。
 CS証券の投資判断は10日付けで「アウトパフォーム」継続のまま目標株価を400円から470円に改定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:11 | 株式投資ニュース

岩井証券がコスモ証券の買収有力と伝えられ急伸・高値引け

 岩井証券<8707>(東1)が急伸し、高値引けの558円(33円高)。出来もここ数日の平均の5倍近くに膨れた。
 朝、CSKホールディングス<9737>(東1)グループのコスモ証券の売却先として岩井証券が最有力候補と日本経済新聞で伝えられ、会社側は否定したが、証券業界での新たな動きとして注目された。CSKホールディングスも407円(8円高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:48 | 株式投資ニュース

ソニーが昨年来の高値を更新、3D立体映像テレビに期待高まる

 ソニー<6758>(東1)は3375円(45円高)で大引けとなり、なか1日置いて8日に続き昨年来の高値を更新。一時は3395円まで上げた。
 3D(3次元)立体映像テレビを6月発売と昨9日発表、輸出関連の主力銘柄が高安マチマチとなる中で資金を集めた。
 国内市場での3Dテレビ発売は、4月開始のパナソニック<6752>(東1)に先を越された形だが、パナソニックは後場軟調で大引けは1331円(3円安)だった。市場では、2カ月程度の間隔なら消費者心理としては2社が出そろって選択余地が広がるのを待つのでは、との見方があった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:34 | 株式投資ニュース