[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/26)トヨタ自動車は終日堅調、米運輸長官との会見など好感し4日ぶりに反発
記事一覧 (02/26)資生堂は終日堅調で後場一段高、「マキアージュ」の新CM発表も刺激に
記事一覧 (02/26)来週の相場展望:「景気」と「政治」の不透明感で「方向感の定まらない相場」
記事一覧 (02/26)26日の東京株式市場は自律反発狙いの買いで日経平均は小反発、小売の勝ち組に見直し買い
記事一覧 (02/26)第一三共が「材料出尽くし感」でダレる、後発薬事業の新会社設立を発表
記事一覧 (02/26)サイゼリヤも後場一段高、GS証券は投資判断・目標株価を引き上げ
記事一覧 (02/26)ミクシィに乗り換え資金流入の観測、ドイツ証券は目標値引き上げ
記事一覧 (02/26)大手商社が相次いで一段高、シティグループ証券が目標株価引き上げ
記事一覧 (02/26)日立建機が値を戻し安値更新の懸念薄れる、中国販売上ぶれを好感
記事一覧 (02/26)さくらインターネットが切り返す、レンタルサーバーなど伸び再増額の期待
記事一覧 (02/26)イオンが投資判断の引き上げや円高効果への期待で反発
記事一覧 (02/26)26日前場の東京株式市場は円高への懸念がある割に堅調で日経平均は反発
記事一覧 (02/26)ディー・エヌ・エーが軟調、大株主が「降りた」印象で熱さめる
記事一覧 (02/26)三井ハイテックが日産自動車からの受注を材料に値上がり率1位
記事一覧 (02/26)第一三共が後発薬事業に参入し新会社と伝えられ4日ぶりに反発
記事一覧 (02/26)東映アニメーションが増額修正を材料に高い、25日移動平均線に注目
記事一覧 (02/26)トヨタ自動車も円高への警戒感がある割には強い動きで反発
記事一覧 (02/26)ホンダは新ハイブリッド車への期待が先行、円高懸念ある割に底堅い
記事一覧 (02/25)アマナホールディングス CG制作部門を、会社分割によりハイドロイド社に承継
記事一覧 (02/25)アスクルの月次動向は売上げ基盤が着々拡大、もみ合い相場の中で値幅妙味−−引け後のリリース
2010年02月26日

トヨタ自動車は終日堅調、米運輸長官との会見など好感し4日ぶりに反発

 トヨタ自動車<7203>(東1)は26日、終日堅調に推移し、大引けは3330円(60円高)。4日ぶりの反発となった。
 後場、米国で豊田社長が午前にラフード運輸長官と会談したと伝えられると一段上値を追い3355円(85円高)まで上げる面があった。複数のメディアのインタビューにも登場したという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:47 | 株式投資ニュース

資生堂は終日堅調で後場一段高、「マキアージュ」の新CM発表も刺激に

■月次売上げは12%減だが注力店は好調を維持

 資生堂<4911>(東1)は26日、終日堅調な値動きとなり、後場はもみ合い水準を一段上げて推移。大引け間際に1972円(42円高)まで上げ、大引けも1969円だった。

 午後の取引時間帯に「マキアージュ」の新CMを3月1日から全国放映すると発表したことも期待材料になった模様。
 この日、取引終了後に開示した月次売上げ動向(1月)は前年同月比12%減となったが、化粧品専門店やデパートチャネルにおける注力店は良好な売り上げを維持しているとし、3月にかけて大型商品を相次いで登場させ積極展開をはかるとした。
 3月1日から全国放映する「マキアージュ」のCM新バージョンは、1月に同社のイメージキャラクターに抜擢され、自らの長い髪を切るCMで話題となった歌手ICONIQ(アイコニック)さんが、また消費者の予想を越える新たなイメージで登場する模様。基本的には、新製品の登場にあわせて新バージョンを繰り出してゆくという。
 同社では、ブランドと店舗をチャネルごとに絞り込んで集中的に強化する取り組みを継続しており、2月には「エリクシール ホワイト」、「HAKU メラノフォーカスEX マスク」、「アクアレーベル」美白ラインなどを発売し、3月は新ブランド「インアンドオン」の登場で積極展開を図るほか「TSUBAKI」のヘッドスパラインの導入などを予定している。

資生堂は終日堅調で後場一段高、「マキアージュ」の新CM発表も刺激に
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:52 | 株式投資ニュース

来週の相場展望:「景気」と「政治」の不透明感で「方向感の定まらない相場」

来週の相場展望:「景気」と「政治」の不透明感で「方向感の定まらない相場」 週初、日経平均は326円高の1万449円まであった。しかし、後が続かず、次第安となって週末には一時1万85円まで下げた。
 上に行くかと思えば下げ、そのまま下へ行くかと思えば下げ渋る。まさに、「方向感の定まらない相場」といえる。
 この背景には、「景気」と「政治」の不透明感がある。今の景気は悪くはない。しかし、さらに力強く上に行くには心もとない。既に、ここまでの景気回復は相場には織り込んでいる。相場が上に行くには景気の一段高が絶対に必要だ。
 一方、政治も景気に輪をかけて不透明。絶対安泰とみられた長崎県知事選挙で民主党はまさかの敗退。自民党候補が勝利したが、しかし、国民が自民党に「カムバック」を望んだということではない。鳩山総理と小沢幹事長のカネまみれに国民は嫌気がさした。
 このまま、鳩山総理と小沢幹事長が続投なら政治はますます混迷となるだろう。それは、相場にとっても重石となる。外国人投資家等は買い手控えるはず。
 結局、政治、景気、相場とも方向感の定まらない、手の出し難い動きだろう。来週は3月相場。しかし、盛り上がりに欠ける閑散相場だろう。とくに、相場の実体を現す、「TOPIX」が昨年来の高値987ポイント(09年9月)をいまだに抜けないでいることに今の不透明な相場が如実に現れている。しばらくは、材料株でお茶を濁す相場だろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:46 | 株式投資ニュース

26日の東京株式市場は自律反発狙いの買いで日経平均は小反発、小売の勝ち組に見直し買い

100226大引け 26日の東京株式市場は、円高加速への懸念があったものの、日経平均株価は4日ぶりに小反発した。寄り付き前発表の1月の鉱工業生産指数速報が市場予想を上回り、11カ月連続の上昇となり、トヨタ自動車<7203>(東1)が4日ぶりに反発で投資家心理が改善、自律反発を狙った買いが入り、日経平均は69円26銭高の1万0171円22銭まで上昇、GLOBEX(シカゴ先物取引システム)でナスダック100株価指数先物が堅調なことも下支えし日経平均の大引けは24円07銭高の1万0126円03銭となった。

 東証1部の出来高概算は15億7611万株。売買代金は1兆1529億3700万円。1部上場1680銘柄のうち、値上がり銘柄数は880、値下がり銘柄数は624。
 東証33業種別指数は24業種が高くなり、値上がり率上位はゴム製品、石油・石炭、証券・商品先物、小売り、輸送用機器、卸売、鉄鋼、不動産、鉱業、繊維など。一方、精密機器、保険、電気・ガス、電気機器、パルプ・紙、食品、海運、サービス、情報通信の9業種が安くなった。
 
 トヨタ自動車<7203>(東1)が日経平均株価寄与度(プラス)ランキングのトップ、セコム<9735>(東1)が値ごろ感から買い直され同ランキング2位、ソフトバンク<9984>(東1)が同3位と堅調で、225採用銘柄のうち126銘柄が自律反発狙いの買いで上昇した。
 
 個別では、三井ハイテック<6966>(東1)日産自動車<7201>(東1)から次世代車の基幹部品を受注と伝えられたうえ、鉱工業生産指数が堅調だったこともあり東証1部の値上がり率の上位。円高の進行で小売勝ち組のニトリ<9843>(東1)が3日続伸、サイゼリヤ<7581>(東1)も続伸するなど、値ごろ妙味も加わり円高メリット株を見直す動もみられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:39 | 株式投資ニュース

第一三共が「材料出尽くし感」でダレる、後発薬事業の新会社設立を発表

 第一三共<4568>(東1)が14時、後発医薬品事業の新会社「第一三共エスファ」を4月1日付けで設立すると発表した。資本金は4億5000万円。
 このニュースは今朝、日本経済新聞で伝えられたため、株価は4日ぶりの反発となり、前場1826円(38円高)まで上げたが、後場は一進一退。発表後は、いわゆる「材料出尽くし感」が広がる形で一時5円高までダレる相場となった。
 新会社では、医薬品の世界で評価が確立されている自社製品などを中心に事業を展開していくという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:58 | 株式投資ニュース

サイゼリヤも後場一段高、GS証券は投資判断・目標株価を引き上げ

 サイゼリヤ<7581>(東1)が後場一段高となり、13時50分を過ぎて1631円(50円高)をつけた。ゴールドマン・サックス(GS)証券による投資判断の引き上げが伝えられ、昨日まで6日続けて上値を切り下げてきた相場で買い戻しが活発化したようだ。
 GS証券が25日付けで「中立」から「買い」とし、目標株価を1750円から2100円に引き上げたと伝えられた。株価は2月初から下落トレンドを続け、昨25日には一時1566円まで下げて直近の安値を更新していた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:39 | 株式投資ニュース

ミクシィに乗り換え資金流入の観測、ドイツ証券は目標値引き上げ

 ミクシィ<2121>(東マ)が14時にかけて一段高となり58万円(7万5000円高)台を回復、ここ5日間の小幅続落を棒立ちの急反発ですべて奪回する上げとなった。ドイツ証券による目標株価の引き上げが伝えられている。58万円台回復は2月5日以来。
 14時過ぎに16.2%高の58万7000円(8万2000円高)まで上げ、所属市場の値上がり率1位となった。ドイツ証は25日付けで投資判断を「買い」のまま目標株価を88万円から92万円に引き上げたと伝えられた。類似業種のディー・エヌ・エー<2432>(東1)が大株主による保有株の一部売却などを受けて安いため、資金の乗り換えがおきた可能性もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:16 | 株式投資ニュース

大手商社が相次いで一段高、シティグループ証券が目標株価引き上げ

 大手商社が後場、相次いで一段高となり、三井物産<8031>(東1)は前場の高値を抜いて13時20分にかけて1385円(25円高)まで上げた。シティグループ<8710>(東1)のシティグループ証券が主な大手商社の目標株価を引き上げたと伝えられた。
 シティグループ証券の目標株価引き上げは、三井物産が1500円から1800円、三菱商事<8058>(東1)が2600円から2900円、伊藤忠商事<8001>(東1)が850円から1000円、丸紅<8002>(東1)が450円から600円。各銘柄とも後場一段高となった。なお、同証券の引き上げから洩れた住友商事<8053>(東1)も後場は一段高となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:50 | 株式投資ニュース

日立建機が値を戻し安値更新の懸念薄れる、中国販売上ぶれを好感

 日立建機<6305>(東1)が後場は一段値を上げ1835円(33円高)まで上げたあとも堅調。中国で1〜3月の販売台数が上ぶれる見通しとの木川社長談が伝えられたことが好感された。
 前場は円高の進行懸念から4日続落ムードとなり、一時1785円(17円安)まで下げ、直近の安値である2月9日の1769円割れが意識されたが、後場はこうした懸念が遠のいた様子となった。
 同社の木川社長が、この1〜3月の中国での油圧ショベル販売が従来予想の3000台に対し3300〜3400台に上ぶれるとの見通しを語ったと、ロイター通信が後場寄り後に伝えた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:11 | 株式投資ニュース

さくらインターネットが切り返す、レンタルサーバーなど伸び再増額の期待

 さくらインターネット<3778>(東マ)が後場は上げ一服だが堅調。12時45分現在6万7500円(5300円高)。前場は6万9900円まで上げて昨日の下落を切り返す動きとなっている。
 レンタルサーバーなどが好調で、2月初には基幹ネットワークであるバックボーンネットワークの容量増強を発表。SNS(ソーシャルネットワーク)やコンテンツ配信事業などの拡大とともに、業績も拡大中だ。
 今3月期の業績見通しは1月に上方修正し、連結売上高を前期比8.3%増、経常利益を同63.2%増としたほか、期末配当予想を600円から1000円に増額した。株価はこの増額修正から動意を増し、2月25日にかけては再増額の期待も交えて一段高となり、7万1600円に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:57 | 株式投資ニュース

イオンが投資判断の引き上げや円高効果への期待で反発

 イオン<8267>(東1)の前場終値は917円(29円高)となり3日ぶりに反発。ゴールドマン・サックス(GS)証券による投資判断の引き上げが伝えられたほか、円高が進行すれば輸入商材のコスト低下が見込めるとの期待があった。
 GS証券の投資判断は25日付けで「中立」から「買い」、目標株価は850円から1150円。また、25日にはイオン北海道<7512>(東1)が業績予想を増額修正し、グループでの効率化戦略が効果を出し始めている様子となったことも支援要因になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:59 | 株式投資ニュース

26日前場の東京株式市場は円高への懸念がある割に堅調で日経平均は反発

100226前引け 26日前場の東京株式市場は円高加速への懸念がある割に堅調で、日経平均は反発。円相場は前夜の米国で一時1ドル88円台をつけたが、東京市場では89円台に戻ったこともあり、自動車株や半導体関連株などが底堅くなった。
 朝発表された1月の鉱工業生産指数は11カ月連続の上昇となり、トヨタ自動車<7203>(東1)が高く始まったことも心理的な好材料となったようだ。
 日経平均は中盤に16円83銭安の1万85円13銭まで軟化する場面があったが、前引けにかけて57円32銭高まで上げ、前引けは42円92銭高の1万144円88銭。
 東証1部の出来高概算は7億1618万株。売買代金は4946億円。1部上場1680銘柄のうち、値上がり銘柄数は817、値下がり銘柄数は638。
 東証33業種別指数は23業種が高くなり、値上がり率上位はゴム製品、輸送用機器、鉄鋼、倉庫・運輸、小売り、石油・石炭、鉱業、その他金融、証券・商品先物、繊維など。一方、値下がり上位は精密機器、食品、海運、保険、電気機器、情報通信、空運などだった。
 三井ハイテック<6966>(東1)が日産自動車から次世代車の基幹部品を受注と伝えられたうえ、鉱工業生産指数が堅調だったこともあり東証1部の値上がり率1位。円高の進行でコスト低下が見込めるとしてブリヂストン<5108>(東1)が高く、ここ減配を悪材料に下げてきた昭和シェル石油<5002>(東1)も反発するなど、為替を巡る期待や思惑も活発だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:44 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーが軟調、大株主が「降りた」印象で熱さめる

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)が軟調。昨25日の大引け後、1位株主ソネットエンタテインメント<3789>(東1)が保有株の一部を売却と発表。このところ高値を更新してきた相場の中で、大株主が最初に「降りた」印象となり、熱がさめたムードになったという。
 1位株主ソネットエンタテインメントの所有株式数が9月末現在の8万695株から2月25日現在で6万8685株になり、議決権割合14.5%の2位株主になったと発表。1位株主には、これまで2位だった創業者の南場智子社長(同15.2%)が浮上した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

三井ハイテックが日産自動車からの受注を材料に値上がり率1位

 三井ハイテック<6966>(東1)が10%を上回る上昇の704円(68円高)まで上げ、10時36分現在で東証1部の値上がり率1位となっている。ハイブリッド車の基幹部品をトヨタ自動車<7203>(東1)に続き日産自動車<7201>(東1)からも受注と伝えられた。
 700円台の回復は2月3日以来。電気自動車とハイブリッド車の基幹部品のモーターコアを日産自動車から受注し、電気自動車「リーフ」、ハイブリッド「フーガ」向けに供給すると伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:39 | 株式投資ニュース

第一三共が後発薬事業に参入し新会社と伝えられ4日ぶりに反発

 第一三共<4568>(東1)が反発。後発医薬品事業に参入し、4月に新会社を設立と26日付けの日本経済新聞で伝えられ、期待感が高まった。また、08年に買収した印ランバクシー社が09年12月期で黒字を回復と伝えられたことも寄与しているようだ。
 後発医薬品事業に参入し、4月に新会社を設立することについて、同社は朝、会社としての発表ではないとするとともに「実施の有無を含め、最終決定に至っておりません」とIR開示を発表。このため、遠からず正式発表があるとの期待が高まっている。
 株価は9時14分に1826円(38円高)まで上げた後も堅調で4日ぶりの反発となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:20 | 株式投資ニュース

東映アニメーションが増額修正を材料に高い、25日移動平均線に注目

 東映アニメーション<4816>(JQ)が上昇。昨25日の大引け後に発表した業績予想の増額修正が好感され、一時1649円(49円高)まで上げた。
 下期に入って「ワンピース」や「プリキュア」シリーズが映画、キャラクター商品などの各事業で好調に推移したため、今3月期の連結売上高を従来より14.1%増額、経常利益は同31.3%増額。純利益は同20.0%増額した。
 株価は一時25日移動平均線(25日現在1641円)を上回ったあと押し戻される形になっており、25日移動平均線を完全に上回るかどうかが注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車も円高への警戒感がある割には強い動きで反発

 トヨタ自動車<7203>(東1)の26日朝寄りは3300円(30円高)となり反発。その後も堅調展開。円高への警戒感がある割には強い動きとなっている。
 9時30分現在の高値は3330円(60円高)。昨日は米国での公聴会を終えたことが安堵感となって朝方3350円まで反発しており、本日はこれを上回って週を終えるかどうかに注目する向きもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

ホンダは新ハイブリッド車への期待が先行、円高懸念ある割に底堅い

 ホンダ<7267>(東1)は26日、3060円(前日比変わらず)で始まったあと底堅い動きとなっている。海外で円高が進み、NYで一時1ドル88円台となった割には平静。昨日発表した新ハイブリッド車への期待が先行しているようだ。
 昨日発表したスポーツスタイリングの新ハイブリッド車「CR−Z」は本日発売開始。月間販売台数は1000台を予定するが、25日までで5000台前後の先行受注が入っている模様。もっとも、本日は週末取引のため、東京外為市場の動き次第では、大引けにかけて値動きが粗くなる可能性もありそうだ。東京外為市場の円相場は朝、1ドル89円25銭前後(10銭前後の円安)、1ユーロ120円90銭前後(5銭前後の円安)となっている。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース
2010年02月25日

アマナホールディングス CG制作部門を、会社分割によりハイドロイド社に承継

アマナホールディングス CG制作部門を、会社分割によりハイドロイド社に承継 アマナホールディングス<2402>(東マ)は、連結子会社で広告ビジュアル制作事業の中核会社であるアマナが2月25日開催の取締役会で、10年4月1日付けで、CG制作部門を、会社分割によりハイドロイド社に承継することを決議したと発表。
 なお、本分割は、アマナによる単独新設分割である。
 同社グループは、広告業界を中心に“コミュニケーション”に必要な写真やコンピュータグラフィックスなどビジュアルコンテンツを創造・提供し、顧客のビジュアルに関するあらゆる問題を解決する「トータルビジュアルソリューションカンパニー」の実現を目標としている。
 デジタル化時代の市場や技術の変化への対応として、マーケットセグメント別にグループ制作会社の位置づけを明確化し、合理的な制作体制の強化を推進している。今回、その流れに沿って、「広告ビジュアル制作」事業を行うアマナのCG画像制作部門を会社分割することにした。昨年10月のアマナシージーアイ社の設立に続く、CG制作における制作体制の変更となる。
 新設されるハイドロイド社は、高い表現力を競争力に、主に広告代理店や広告制作会社等の広告制作のプロフェッショナルマーケットを対象として、CGを用いたイメージ及び商品ビジュアルの制作を主な業務とする。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:56 | 株式投資ニュース

アスクルの月次動向は売上げ基盤が着々拡大、もみ合い相場の中で値幅妙味−−引け後のリリース

■配送資材3割削減が迫る

引け後のリリース、明日の1本 アスクル<2678>(東1)が25日の大引け後、2月の月次業績(20日締め)を発表。売上高は前年同月の98.3%だったが、購入お客様数が同5.6%増となり期初からすべて増加。将来的な売上げ拡大の基盤が着々と拡大していることがうかがえる推移となった。
 株価は12月以降、上下100円強の幅で高下しながら右肩下がりのもみあいを続けており、25日の終値は1605円(30円高)と反発。もみあいの下限ゾーンにさしかかってきての反発であり、引き続き約100円幅のもみ合いとみる場合、ある程度の値幅が狙えることになる。
 同社は2月末から商品梱包の有効活用地域を拡大し、これまで東京地区周辺だけだったものをグループ外の物流会社の協力を得て関西地区や愛知県の当日配送可能な区域へ広げる。段ボールなどの使用が減り、同社全体の配送での資材投入量を年間3割近く削減できると伝えられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:17 | 株式投資ニュース