[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/23)長大が出来高を膨らませて急伸、増額修正うけ業績回復を見直す
記事一覧 (04/23)ホンダが3月決算の9割増益予想を好感して堅調に始まる
記事一覧 (04/22)愛知製鋼は大幅増額により1株益が倍増、割安感が高揚−−引け後のリリース
記事一覧 (04/22)ジー・モードは営業利益を3.7倍に増額
記事一覧 (04/22)旭化成は単体の経常利益予想を86%増額
記事一覧 (04/22)マスプロ電工は経常利益を5割増額
記事一覧 (04/22)シミックは連結経常利益を9割増額
記事一覧 (04/22)古河電気工業は連結経常利益を5割増額
記事一覧 (04/22)住友精密工業は連結営業利益を赤字に修正
記事一覧 (04/22)東芝は税引前利益をゼロから250億円の黒字に修正
記事一覧 (04/22)出光興産が増額と中期計画の発表を受け上値追い高値更新
記事一覧 (04/22)【決算を探る】モーニングスターは10年3月期は減収だが利益が上振れ
記事一覧 (04/22)テリロジーはクラウド関連銘柄の人気でストップ高
記事一覧 (04/22)大井電気が大幅増額を材料に一時34%高で高値を連日更新
記事一覧 (04/22)シコーがスマートフォン関連の人気衰えず3日連続で高値
記事一覧 (04/22)ビットアイルが売買代金1位で年初来の高値、クラウド関連で脚光
記事一覧 (04/22)大成建設が海外での事業好調との見方で高値を更新
記事一覧 (04/22)川崎重工業は営業利益の減額を朝方で消化し高値を更新
記事一覧 (04/22)22日の東京株式市場は急反落だが後場は東芝など値を戻す
記事一覧 (04/22)東芝などプラス転換、後場中盤から主力株の一角が値を戻す
2010年04月23日

長大が出来高を膨らませて急伸、増額修正うけ業績回復を見直す

 長大<9624>(東2)が23日、出来高を膨らませて急伸。10時を回り5.4%高の256円(13円高)で現在高となっている。昨日、第2四半期決算(09年10月〜10年3月)の見込みの増額修正を発表。業績の回復が改めて見直される動きとなった。
 修正後の予想は、売上高が4,814百万円(前回予想比7.0%増)と増収となり、利益面では損失予想から一転して黒字転換し、営業利益を343百万円(同473百万円増)、経常利益を360百万円(同470百万円増)、当期純利益を199百万円(同269百万円増)とした。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース

ホンダが3月決算の9割増益予想を好感して堅調に始まる

 ホンダ<7267>(東1)は23日、3225円(45円高)で寄ったあとも上値を試す動きとなり反発の始まりとなった。
 2010年3月期の連結営業利益(米国会計基準)が従来予想の3200億円を上回る3600億円前後になったようだと同日付の日本経済新聞で伝えられたことが見直し要因になっている。
 3600億円前後という業績予想は、前期実績の約1896億円に対し約90%増。報道では、二輪車で培ったブランドが新興国にも浸透して好調ぶりが目立つとし、2輪・4輪の両輪が相乗効果となっている様子を表わした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース
2010年04月22日

愛知製鋼は大幅増額により1株益が倍増、割安感が高揚−−引け後のリリース

■自動車向けが拡大し期末配当も増配

引け後のリリース、明日の1本 愛知製鋼<5482>(東1)が22日の大引け後、2010年3月期末の配当見込み増額と決算予想の増額修正を発表。
 自動車向け鋼材・鍛造品を中心に販売数量が予想を上回ったとし、連結経常利益の予想を従来の18億円から39億円とするなど、大幅な増額を行なった。
 連結売上高は従来予想より2.5%増額し1742億円に、純利益は同32億円から66億円になる見込みとした。1株利益は16円31銭から33円64銭になる。
 22日の株価終値は395円(9円安)となり小反落。2月初の352円から戻り相場に入り、4月12日に429円まで上昇し、その後は調整に転じて383円まで下げてから小動きとなっている。
 今回の大幅な増額修正によって、1株利益からみた株価は4月高値まで買い上げても12倍台に過ぎず、PBRは0.8倍台で解散価値以下という割安状態を見直す動きが強まる可能性が出てきた。
 配当は、これまで未定としていた期末配当を6円(普通配5円・記念配1円、前期は2円50銭)とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:25 | 株式投資ニュース

ジー・モードは営業利益を3.7倍に増額

 ジー・モード<2333>(JQ)は22日の大引け後、2010年3月決算(単体)の予想を増額修正し、営業利益を従来予想の1000万円から3700万円とした。3.7倍に増額。また、経常利益は3300万円から5900万円とした。
 ポイント課金型無料ゲームサイトなどでの新タイトル投入、アプリ開発コストやサイト運営費の低減効果が主因。
 22日の株価終値は5万円(150円高)。4月15日につけた年初来の高値5万5000円から上値・下値とも狭くなるペナント(三角旗)型の調整途上。高値回復が視野に入っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:00 | 株式投資ニュース

旭化成は単体の経常利益予想を86%増額

 旭化成<3407>(東1)は22日の大引け後、2010年3月決算(単体)の予想を増額修正し、経常利益を従来予想の25.00億円から46.43億円とした。約86%増額。研究開発費等の減少に加え、借入金利が想定よりも低く推移する見込みのため。
 22日の株価終値は517円(4円安)。4月15日につけた年初来の高値525円から小幅続落を経て出直る動き。高値回復が視野に入っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:46 | 株式投資ニュース

マスプロ電工は経常利益を5割増額

 マスプロ電工<6749>(東1)は22日の大引け後、2010年3月決算(単体)の予想を増額修正し、経常利益を従来予想の12.0億円から18.5億円とした。約54%増額。地上デジタル対応テレビの販売増加、集合住宅の地デジ改修工事の急増などが要因。
 22日の株価終値は894円(4円高)。4月12日につけた年初来の高値918円から調整途上だが小幅3連騰。高値回復が視野に入っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:36 | 株式投資ニュース

シミックは連結経常利益を9割増額

 シミック<2309>(東1)は22日の大引け後、2010年3月第2四半期決算(09年10月〜10年3月)の予想を増額修正し、連結経常利益を従来予想の11.0億円から21.3億円とした。約94%増額。データマネジメントなどが予想を上回り、原価および販売管理費の抑制効果も出た。
 22日の株価終値は2万3000円(30円高)。4月12日につけた年初来の高値2万3500円から微調中で高値回復が視野に入っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:28 | 株式投資ニュース

古河電気工業は連結経常利益を5割増額

 古河電気工業<5801>(東1)は22日の大引け後、2010年3月決算の予想を増額修正し、連結経常利益を従来予想の120億円から180億円とした。5割増額。半導体・エレクトロニクス・自動車関連事業が好調で、特に軽金属分野の業績が大きく改善し、情報通信、電装エレクトロニクス分野も増益となる見込みとした。
 22日の株価終値は465円(1円安)。4月5日につけた年初来の高値507円から微調整トレンドとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:18 | 株式投資ニュース

住友精密工業は連結営業利益を赤字に修正

 住友精密工業<6355>(東1)は22日の大引け後、2010年3月決算の予想を減額修正し、連結営業利益は2.0億円の黒字から7.5億円の赤字に転換とした。各事業分野の需要回復が見込んだほど進まず、英国子会社の評価損も計上するため。
 22日の株価終値は310円(前日比変わらず)。4月6日につけた年初来の高値313円から横ばい商状となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:11 | 株式投資ニュース

東芝は税引前利益をゼロから250億円の黒字に修正

 東芝<6502>(東1)は22日の大引け後、2010年3月決算の予想を増額修正し、米国会計基準による連結営業利益を従来予想の1000億円から1170億円に、税引前利益は収支ゼロから250億円の黒字とした。デジタルプロダクツ、電子デバイス、家庭電器の各部門が前回予想より好調なため。
 22日の株価終値は531円(4円高)。前場は軟調だったが、後場は堅調に転じて戻り相場での高値を更新した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:08 | 株式投資ニュース

出光興産が増額と中期計画の発表を受け上値追い高値更新

 出光興産<5019>(東1)が後場7940円(210円高)まで上げて年初来の高値を更新、大引けも7880円(150円高)で堅調。14時に2010年3月決算の予想増額と中期計画を発表。これを好感して一段上値を追った。
 増額修正は、石油化学製品のマージン改善などにより、連結経常利益は従来予想を7.1%増額し300億円とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:19 | 株式投資ニュース

【決算を探る】モーニングスターは10年3月期は減収だが利益が上振れ

■11年3月期は増収増益見通し

銘柄を探る SBIホールディングス<8473>(東1)グループで、投資信託評価などの金融情報を提供するモーニングスター<4765>(HC)は、4月22日の大引け後に、10年3月期決算を発表した。

 10年3月期は売上高が09年3月期比15%減の2,364百万円、営業利益が同29%増の415百万円、経常利益が同29%増の524百万円、純利益が同20%増の297百万円と減収増益だった。主要顧客である金融機関の販促活動や広告需要が低迷して減収だったが、利益率の高いデータ・ソリューションの売上構成比が上昇したことに加えて、コスト削減効果も寄与して増益だった。また、営業利益、経常利益、純利益は前回計画に対して上振れた。なお、期末の1株当たり配当金については、同50円増配の600円としている。

 事業セグメント別に見ると、金融情報評価・情報提供・コンサルティング事業は、金融機関のセミナー関連や広告関連の需要が低迷して売上高が同17%減の1,970百万円だったが、コスト削減効果などで営業利益は同10%増の404百万円だった。また、連結子会社のゴメス・コンサルティング(3813)が手掛けるウェブサイト評価・情報提供・コンサルティング事業は、上期の不振が影響して売上高が同3%減の393百万円だったが、コスト削減効果などで営業利益は11百万円(09年3月期は45百万円の営業損失)と黒字化した。

 11年3月期については、売上高が10年3月期比8%増の2,550百万円、営業利益が同25%増の520百万円、経常利益が同18%増の620百万円、純利益が同18%増の350百万円の計画である。金融情報評価・情報提供・コンサルティング事業では、金融機関の販促活動や広告需要が下期から上向くと想定し、個人投資家向け携帯電話金融情報配信や確定拠出年金関連ビジネスの強化も寄与する見込みだ。ウェブサイト評価・情報提供・コンサルティング事業についても、ウェブ・コンサルティングにおける高付加価値化や、非金融業種への顧客基盤拡大などの成果で営業増益を見込んでいる。なお1株当たり配当金については未定としている。

 株価の動きを見ると、26週移動平均線近辺から反発し、足元では年初来高値圏の40,000円近辺での展開となっている。週足ベースで見ると、09年12月の安値圏25,000円近辺から、10年2月の42,000円近辺まで急上昇した後の短期調整が完了し、上値を目指す形のようだ。指標面で見ると、11年3月期ベースの予想PERは30倍台となり、特に割安な水準とは言えないだろう。ただし、11年3月期の増収増益見通しを好感して上値を試し、09年6月の戻り高値圏48,000円近辺を視野に入れる可能性もあるだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:52 | 株式投資ニュース

テリロジーはクラウド関連銘柄の人気でストップ高

 テリロジー<3356>(JQ)が前場ストップ高の1万3300円(3000円高)まで上げたまま大引けとなり、値上がり率29%でJQ市場の2位となった。
データセンター向け障害分析ツールなどで先行。富士通<6702>(東1)がクラウドコンピューティングを本格化と伝えられたことを受けてクラウド関連銘柄として注目が集まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:50 | 株式投資ニュース

大井電気が大幅増額を材料に一時34%高で高値を連日更新

 大井電気<6822>(JQ)が後場34%高の268円(68円高)まで急騰し、年初来の高値を連日、大幅に更新。大引けも250円と強調相場。3月決算の予想を21日に増額修正、連結営業利益を従来予想の1.5億円を6.5億円とするなどの大幅増額が好感された。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:40 | 株式投資ニュース

シコーがスマートフォン関連の人気衰えず3日連続で高値

 小型モーターのシコー<6667>(東マ)が後場27万9800円(2万5300円高)まで上げ、3日連続で年初来の高値を更新。スマートフォン向けのリニアモーターが材料視されており、22日売買分から東証が日々公表銘柄に指定したが売買人気は沈静化しなかった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:28 | 株式投資ニュース

ビットアイルが売買代金1位で年初来の高値、クラウド関連で脚光

 ビットアイル<3811>(大ヘ)が10万4900円(7900円高)の高値引け。大証ヘラクレス市場の売買代金1位で年初来の高値を更新。富士通<6702>(東1)がクラウドコンピューティングを本格化と伝えられ、データセンター事業が好調な当社に注目が集まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:16 | 株式投資ニュース

大成建設が海外での事業好調との見方で高値を更新

 大成建設<1801>(東1)が一時222円(7円高)まで上げて年初来の高値を更新、大引けは219円。ここ2週間のもみあいを抜け出す上げとなった。
 海外での案件が多い点では他のゼネコン大手と同じだが、大林組<1802>(東1)鹿島<1812>(東1)が3月下旬から4月中旬にかけて相次いで業績予想を減額修正したのに対し、当社はいまのところ何もないとして、海外が好調との見方が出ていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:05 | 株式投資ニュース

川崎重工業は営業利益の減額を朝方で消化し高値を更新

 川崎重工業<7012>(東1)の大引けは279円(4円高)となり小幅続伸。昨日、3月決算の営業利益予想を減額し経常利益は増額修正。朝方は軟調だったが9時半には切り返し一時283円まで上げて年初来の高値を更新。その後もほぼ堅調だった。
 連結営業利益の予想はこれまでの50億円予想を13億円の赤字とした。営業赤字は1988年3月期以来22年ぶりとなる。ただ、経常利益は増額修正し、100億円の予想を142億円とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:56 | 株式投資ニュース

22日の東京株式市場は急反落だが後場は東芝など値を戻す

100422大引け 22日の東京株式市場は為替の円高転換に加え、米軍基地問題などで政局の混迷感を訴える声もあり、日経平均は急反落。ただ、後場は東芝<6502>(東1)が小高く転じるなど主力株の一角が買い直される動きとなり、全体に値を戻した。
 日経平均は前引け間際に一時223円82銭安の1万866円23銭まで下げたが、後場は小戻す動きとなり、大引けは140円96銭安の1万949円09銭だった。

 東証1部の出来高概算は21億7825万株。売買代金は1兆5382億円。1部上場1676銘柄のうち、値上がり銘柄数は500、値下がり銘柄数は1048。また、東証33業種別指数は、前場は全業種が安かったが、大引けは値上がり業種が7業種となり、空運、ゴム製品、石油・石炭、金属製品、サービス、海運、小売りが高い。一方、値下がり率の大きい業種は鉄鋼、医薬品、電力・ガス、精密機器、その他製品、保険、卸売り、銀行など。

 円相場の円高転換を受け輸出関連株が安く、自動車株や精密関連株に加えて三井物産<8031>(東1)が1500円を割るなど大手商社株も軟調。業種別指数で高かった海運株も日本郵船<9101>(東1)など一部が後場堅調に転じた程度だった。
 ただ、昨日増額修正を発表したリコー<7752>(東1)は年初来の高値を更新、経常利益だけは増額修正となった川崎重工業<7012>(東1)も堅調など、業績動向には敏感な動きがあり、ここ連日高値を更新の日立製作所<6501>(東1)はHDD事業の黒字が伝えられた。株式分割のプライムワークス<3627>(東M)も急伸。
 後場は三越伊勢丹ホールディングス<3099>(東1)が高くなり、イオン<8267>(東1)は一段高など、消費関連の一角も堅調だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:40 | 株式投資ニュース

東芝などプラス転換、後場中盤から主力株の一角が値を戻す

 東芝<6502>(東1)が14時を回り前日比プラス圏に浮上。同様に前場は安かったブリヂストン<5108>(東1)も小高くなるなど、主力銘柄の一角に値を戻す動きが出ている。日経平均は前場223円82銭安の1万866円23銭まで下げたが、14時45分には134円14銭安の1万955円91銭へと下げ幅を縮小。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:54 | 株式投資ニュース