[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/08)日本マクドナルドが高値更新、全店「月次」が過去最高を更新
記事一覧 (04/08)いすゞ自動車が反落、タイの政情不安に懸念が走る
記事一覧 (04/08)ディー・エヌ・エーが高値更新、軟調相場のときに動く習性発揮
記事一覧 (04/08)8日前場の東京株式市場は好業績株・低位株が活況、日経平均は反落
記事一覧 (04/08)ゴールドウインが急伸、宇宙飛行士の下着を材料視
記事一覧 (04/08)住江織物が再増額を好感し一気に高値、高級内装材など好調
記事一覧 (04/08)ペッパーフードサービスが「継続疑義」追加記載と報じられ急落
記事一覧 (04/08)カッパクリエイトが高値更新、好業績と買い残の重荷減少を好感
記事一覧 (04/08)佐鳥電機がストップ高で値上がり率1位、再増額修正で割安感
記事一覧 (04/08)エービーシー・マートが好決算と増配を好感して一気に年初来の高値
記事一覧 (04/08)8日前場の東京株式市場は日経平均反落だが好材料に敏感、第一生命は高い
記事一覧 (04/08)富士エレクが今期の収益V字回復への期待で13%高、高値更新
記事一覧 (04/08)第一生命保険は堅調に始まり2日続伸、銀行株高く安心感
記事一覧 (04/08)日産自動車は小反落で始まる、提携発表で期待一巡感
記事一覧 (04/07)シナジーマーケティングはクラウドサービス事業の成長性に注目
記事一覧 (04/07)エービーシー・マートは連続2ケタ増益を見込む、上値突破に注目−−引け後のリリース
記事一覧 (04/07)【増額銘柄を探る】サマンサタバサはブランド見直しなど奏功、業績相場へ
記事一覧 (04/07)【話題株を探る】3月の携帯純増はNTTドコモが連続トップ、上値が開ける
記事一覧 (04/07)【話題株を探る】石炭株が軒並み高値、発電炭の高騰に加え仕手筋結集の噂
記事一覧 (04/07)【話題株を探る】日産は次世代「ベンツ」の開発でも戦略的協力
2010年04月08日

日本マクドナルドが高値更新、全店「月次」が過去最高を更新

 日本マクドナルドホールディングス<2702>(JQ)が一時1920円(13円高)まで上げ、大引けも12円高で年初来の高値を更新。ここ既存店などの月次動向が好調だったため、毎月10日前後に発表する「月次セールスレポート」に期待する動きが拡大した。
 大引け後に3月の動向を発表し、月間の全店売上高が1971年7月の創業以来、最高を更新と発表した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:18 | 株式投資ニュース

いすゞ自動車が反落、タイの政情不安に懸念が走る

 いすゞ自動車<7202>(東1)が大引けは250円(5円安)となり反落。4月5日につけた年初来の高値265円から3日続けて取引時間中の上値を切り下げる相場となった。
 タイ国に生産拠点を置いており、同国の首相が反政府デモの拡大を理由にASEAN(東南アジア諸国連合)欠席と伝えられ、政情不安の影響が懸念された。同社は3月下旬、これまで国内に置いてきた次世代ピックアップトラックの開発主体などを同国に移すと発表している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:07 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーが高値更新、軟調相場のときに動く習性発揮

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)が年初来の高値を更新。一時75万9000円(2万7000円高)まで上げ、大引けは8000円高。東証1部の値上がり幅1位。
 直接的な材料としては、三菱UFJ証券が昨7日付けで投資判断を「2」から「1」に引き上げ、目標株価も77万円から90万円としたことがあるが、輸出株や日経平均の動きが鈍化したときに動意づく傾向がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:55 | 株式投資ニュース

8日前場の東京株式市場は好業績株・低位株が活況、日経平均は反落

100408大引け 8日の東京株式市場は東証33業種別指数の中で高い業種が5業種にとどまり、全般は模様眺め。朝発表された2月の機械受注統計が予想を下回り、外国為替が主要通貨とも円高気味に推移し、上海株式などの下落も手控え要因となった。ただ、第一生命保険<8750>(東1)は小高くなり続伸。
 日経平均は朝方115円67銭安の1万1177円16銭まで下げたあとは一進一退に転じたが、後場再びジリ安傾向となり、一時は133円38銭安まで下げ、大引けは124円63銭安の1万1168円20銭だった。東証1部の出来高概算は21億563万株。売買代金は1兆5020億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は433、値下がり銘柄数は1111だった。
 東証33業種別指数で高かった5業種は石油・石炭、パルプ・紙、空運、鉱業、水産・農林。一方、値下がり率上位業種はゴム製品、その他金融、その他製品、輸送用機器、機械、陸運、精密機器、非鉄金属、電気機器、倉庫・運輸、不動産などだった。
 佐鳥電機<7420>(東1)が増額修正を好感して東証1部の値上がり率1位のストップ高となり、富士エレクトロニクス<9883>(東1)は好決算を好感して同2位、住江織物<3501>(東1)は増額修正を材料に同3位となるなど、業績関連の好材料株を物色する動きが活発。好決算と増配を発表したエービーシー・マート<2670>(東1)も急伸して年初来の高値を更新し、携帯電話の契約純増数1位となったNTTドコモ<9437>(東1)は急反発して年初来の高値を更新した。
 低位株物色も再燃し、飛島建設<1805>(東1)など株価2ケタの建設・海洋土木株に高値を更新する銘柄がみられ、日本コークス工業<3315>(東1)などの石炭株にも高値を更新する銘柄が目立った。
 半面、ダイムラーとの提携を正式発表した日産自動車<7201>(東1)は、相場心理に特有の知ったら仕舞い的な目先売りを浴びて反落。キヤノン<7751>(東1)なども軟調だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:42 | 株式投資ニュース

ゴールドウインが急伸、宇宙飛行士の下着を材料視

 ゴールドウイン<8111>(東1)が後場一段高となり、戻り相場での高値を更新。14時過ぎに218円(23円高)まで上げたあとも20円高前後で出来高急増となっている。大引けは24円高。
 汗や体臭を抑制する下着が注目材料。今週、クイズ番組で本来の開発目的は宇宙飛行士用と放映されたと伝えられ、タイミングとして、日本女性で初の宇宙飛行士の乗るスペースシャトル打ち上げと重なり、材料としての印象を強めたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:02 | 株式投資ニュース

住江織物が再増額を好感し一気に高値、高級内装材など好調

 住江織物<3501>(東1)が急伸し一気に年初来の高値を更新。後場寄り後に15.8%高の242円(33円高)をつけ、14時30分現在も13.9%高の238円で東証1部の値上がり率3位となっている。昨日発表した業績予想の増額修正を好感。
 同社は以前からトヨタ自動車<7203>(東1)の「クラウン」など上級車種を中心に高級内装素材を納入。「プリウス」にも同社素材が使用されている。1月に今5月期の業績予想を増額修正したのに続き、昨7日に再増額修正を発表。連結純利益は12億円(前期は8億4900万円の赤字)となり、V字回復を鮮明化する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:46 | 株式投資ニュース

ペッパーフードサービスが「継続疑義」追加記載と報じられ急落

 ペッパーフードサービス<3053>(東マ)が14時を回って下げ足を速め、14時20分に4万9500円(1000円安)の現在安となった。
 「継続疑義」の注記を4月7日付けで有価証券報告書に記載したことが分かったと産経新聞の8日発信記事がインターネットの「Yahooニュース」などで流れた。
 報道によると、2009年12月期決算の有価証券報告に「事業継続に疑義がある」との注記を追加で記載したことが分かった。2月21日に報告書を公表した段階では、注記していなかったが、今月7日付で新たに記載した、という。同社株のストップ安値幅は8日は1万円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:31 | 株式投資ニュース

カッパクリエイトが高値更新、好業績と買い残の重荷減少を好感

 カッパ・クリエイト<7421>(東1)が反発し、戻り相場での高値を更新。前場1904円(14円高)まで上げ、後場は14時を回り17円高の水準で売買をこなしている。1900円台は2月23日以来。引き続き4月5日に発表した2月決算と今期の予想が好感されており、信用買い残が減少したため将来的な売り圧迫が軽減したとの見方も出ている。
 前2月期の連結業績は、売上高が前期比13.3%増、経常利益は同3.5%増、最終利益は同19.5%増だった。今期は、1皿90円やランチタイムサービスの実験導入が好調だったことから、実施店舗を拡大するなどの積極策を続け、経常利益を17.2%増、最終利益は39.1%増と想定している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:11 | 株式投資ニュース

佐鳥電機がストップ高で値上がり率1位、再増額修正で割安感

 佐鳥電機<7420>(東1)がストップ高の758円(100円高)で前引けとなり急伸。15%高で東証1部の値上がり率1位となり、一気に年初来高値を更新。昨7日発表した3四半期決算で今5月期の予想を再増額修正したことが好感された。
 今5月期の業績予想の増額修正は09年12月に続くもので、今回は12月の増額値に売上高を20億円、経常利益を2億5000万円、純利益を3億5000万円それぞれ上積み、純利益は9億円(前期は9億3600万円の赤字)とし、黒字転換幅が拡大するとした。これでもPER10倍台前半、PBR0.4倍の割安感が買いを呼ぶことになったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:01 | 株式投資ニュース

エービーシー・マートが好決算と増配を好感して一気に年初来の高値

 エービーシー・マート<2670>(東1)が最高益の好決算と増配を好感して急伸。前場は一時3245円(230円高)まで上げて前引けも205円高となり、一気に年初来の高値を更新した。
 昨7日の大引け後に合評した前2月期の連結業績は、売上高が前期比16%増、経常利益が同30%増となるなどで最高益を更新した。今期は、引き続き新規出店を積極化し70店舗の新設を予定。連結売上高を11.6%増の1267億円、営業利益を15.8%増の280億円と想定するなど、引き続き2ケタの増収増益を計画する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:51 | 株式投資ニュース

8日前場の東京株式市場は日経平均反落だが好材料に敏感、第一生命は高い

100408前引け 8日前場の東京株式市場は海外での小幅な円高が東京市場でも続いた上、朝発表された2月の機械受注統計が予想を下回ったとの受け止め方から手控えムードが漂い、日経平均は反落。東証33業種別指数で高い業種は9業種にとどまった。
 日経平均は朝方115円67銭安の1万1177円16銭まで下げたあとは一進一退となり、前引けは88円93銭安の1万1203円90銭。東証1部の出来高概算は10億4620万株。売買代金は6994億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は537、値下がり銘柄数は953だった。
 東証33業種別指数で高かった9業種は石油・石炭、パルプ・紙、鉱業、水産・農林、証券・商品先物、繊維製品、海運、銀行、空運。一方、値下がり率上位業種はその他製品、ゴム製品、輸送用機器、陸運、精密機器、その他金融、機械、電気機器などだった。
 三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)などの大手銀行株が続伸歩調となり、第一生命保険<8750>(東1)も堅調で2日続伸。昨日の米FOMC議事録公開などを受けて日米とも低金利政策を継続することが引き続き好感された。
 また、携帯電話の契約純増数1位となったNTTドコモ<9437>(東1)が急反発して年初来の高値を更新。好決算と増配を発表したエービーシー・マート<2670>(東1)も急伸して年初来の高値を更新。業績予想を再増額修正した佐鳥電機<7420>(東1)は15.2%多高で東証1部の値上がり率1位。業績面での材料に敏感な相場となった。
 半面、ダイムラーとの提携を正式発表した日産自動車<7201>(東1)は、相場心理に特有の「知ったら仕舞い」的な目先売りを浴びて反落。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:40 | 株式投資ニュース

富士エレクが今期の収益V字回復への期待で13%高、高値更新

 富士エレクトロニクス<9883>(東1)が値上がり率13%を超え128円高の1075円と4日続伸、前場は高値引けとなり、連日の年初来高値更新となった。昨7日に発表した2月本決算で減益率が縮小し、今期はV字回復を予想したことが材料視された。
 同社の前期業績は、前々期比27%減収、42%経常減益、25%純益減益と続落。ただ、これは3月29日に従来の予想よりは上向くと上方修正しており、減益は織り込み済みだった。
 今期は、今年の世界半導体需要が12.2%増、来年2011年が9.3%増と予測され、同社の主力製品の回復や無線通信向け新案件増加を見込んだことから増収増益転換、純利益は15億7800万円(前期比63%増)とV字回復を予想している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:12 | 株式投資ニュース

第一生命保険は堅調に始まり2日続伸、銀行株高く安心感

 第一生命保険<8750>(東1)は8日、15万8700円(1600円)高で始まったあとも堅調で2日続伸。9時25分現在は2000円高、一時2300円高まであった。特段、目新しい材料は伝えられていないが、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)などの大手銀行株と連動性がある動きとされ、銀行株が戻り高値を更新しているため買い安心感があるようだ。上場後最初の配当の権利付最終日は4月13日。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

日産自動車は小反落で始まる、提携発表で期待一巡感

 日産自動車<7201>(東1)の8日朝寄りは822円(3円安)となり、あと11円安まで軟化し小反落歩調。ダイムラーとの業務・資本提携を7日の夕刻に正式発表、すでに提携観測が伝えられてきたこともあり、相場心理に特有の期待一巡・材料出尽くし感が漂っている。
 ただ、同社とルノー連合がダイムラーとの提携を深めれば、グローバル販売台数で世界3位のグループが構築される。提携では、小型車向けにグループ共通の車台開発やエンジン開発・共有化、小型商用車での協業など、幅広い分野で戦略的な協力関係を結ぶため、中期的な期待は少なくないとみられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース
2010年04月07日

シナジーマーケティングはクラウドサービス事業の成長性に注目

■ASP事業の契約数1万件を目指す

シナジーマーケティングホームページ シナジーマーケティング<3859>(大ヘ)は、97年に無料メーリングリストサービスを開始して創業し、その後03年にネットリサーチ支援サービス、05年に総合顧客管理システムのサービスを開始し、07年11月に大証ヘラクレス市場に上場した。現在はクラウドコンピューティング技術をベースとして、総合顧客管理システムをインターネット経由のレンタル形式で提供するASPサービスを主力事業としている。

 09年12月期の売上構成比は、総合顧客管理システム「Synergy!」を提供するASP事業(10年12月期からクラウドサービス事業に名称変更予定)が40%、CRM(顧客関係管理)関連の代行・コンサルティング・システム受託開発・運用保守などを手掛けるAgent事業が35%、ECショップ向け卸売事業のeホールセール事業(09年に子会社化したビーネット)が25%である。また09年12月期末時点のASP事業の契約数は1371件である。

 10年12月期の業績見通しは、売上高が09年12月期比30%増の28億円、営業利益が同15%増の4・5億円、経常利益が同16%増の4・6億円、純利益が同11%増の2・4億円である。契約顧客数の増加、システム開発受託の採算改善に加えて、子会社ビーネットが通期寄与する見込みだ。

 中期的には、営業強化や他社システムとの連携強化などの施策で、ASP事業の契約数1万件を目指している。クラウドコンピューティングサービスの普及が加速しているため、中期的に収益拡大基調が期待される。

 株価の動きを見ると、600円台を回復して戻り歩調の展開となっている。週足ベースで見ると、戻りを圧迫していた13週移動平均線、26週移動平均線を続けて突破し、トレンドの転換を確認した形だろう。さらに指標面で見ると、10年12月期予想PERが10倍近辺であり、依然として割安な水準と考えられる。足元の好業績や中期的なクラウドサービス事業の成長性を評価して、09年の戻り高値圏を視野に入れる可能性も考えられる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:00 | 株式投資ニュース

エービーシー・マートは連続2ケタ増益を見込む、上値突破に注目−−引け後のリリース

■商品に「力」つき積極出店で相乗効果

引け後のリリース、明日の1本 エービーシー・マート<2670>(東1)が7日の大引け後、2010年2月期の決算を発表。連結業績は、売上高が前年比16.6%増、営業利益が同19.6%増となるなど、2ケタ増益の好決算となった。
 価格帯ごとに機能や特色を訴求した商品開発、諸コスト削減などが奏功した。国内で75店舗を新規出店し、韓国でも16店舗を出店した。台湾での出店も本格化する。
 今期の見通しは、連結売上高を11.6%増の1267億円、営業利益を15.8%増の280億円と想定するなど、引き続き2ケタの増収増益を計画。成長余力が大きいと見込むレディース向け商品を強化するほか、アウトドアブーム、ランニングブームなどに向けた商品展開も進める。国内では70店舗の新規出店を計画する。
 7日の株価終値は3015円(44円高)となり反発。昨年11月から続くジリ高相場が3月中旬に3090円の高値をつけて横ばい相場に移行しており、今回の決算を受けて横ばい相場の上限ゾーン3100円前後を抜くようなら騰勢第2波に突入。抜けないようなら、もう少し横ばい圏で値固めの相場が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:22 | 株式投資ニュース

【増額銘柄を探る】サマンサタバサはブランド見直しなど奏功、業績相場へ

■すでに急騰済みだが増額に新鮮味

銘柄を探る サマンサタバサジャパンリミテッド<7829>(東マ)が7日の大引け後、2010年2月期の連結業績予想の利益を増額修正。売上高は減額したが、ブランド戦略の見直しや経費削減の効果などにより、営業利益は8億1900万円から10億5000万円とした。
 同社はバッグやジュエリーを企画・製造・販売。グループにスタイライフ<3037>(大へ)などがある。業績は、前期、09年2月期にかけて落ち込んだこともあり、増額後の営業利益は前期実績比で約14倍のV字回復となる。
 株価は3月中旬まで3000円前後で小動き横ばいを続けていたが、15日頃から上値を追い始め、ストップ高を交えて31日に9万4000円まで急騰。この間、材料としては香港などでの積極出店、国際空港への出店増加などが挙げられた程度だった。
 7日の終値は8万900円(1500円高)で、急騰後の中段もちあいを継続する動き。ブランド戦略の見直しなどが本格化してきたとすれば、出店戦略との相乗効果が見込めることもあり、業績を評価する再騰相場に発展する可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:59 | 株式投資ニュース

【話題株を探る】3月の携帯純増はNTTドコモが連続トップ、上値が開ける

■ソフトバンクは上値に重さ残る

銘柄を探る NTTドコモ<9437>(東1)などの携帯電話大手が7日発表した3月の月次契約数は、純増数でNTTドコモが2カ月連続のトップになった。
 同社の3月の契約数月次データで、新規契約数から解約数を差し引いた純増減数は38万9600契約(件)の純増。一方、ソフトバンク<9984>(東1)は2G(第2世代)サービスの終了があり12万1400件の純減。2G利用者の3G乗り換えでは昨年から多彩なキャンペーンを展開したが、取りこぼしがあったことになる。
 NTTドコモの株価終値は14万3900円(200円安)。4月5日に年初来の高値14万5200円をつけたあと上げ一服といったところ。昨年11〜12月の底練りを離脱してからの戻り相場は上値切り上げが順調で、テクニカル的には昨年9月の高値15万400円まで上値が開けている。
 一方、ソフトバンクの終値は2261円(2円高)。1月高値2485円から続く調整相場の中で、上値を試す場面はあるが上値に重さが感じられ、逆に下値がまだ確定していない雰囲気がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:04 | 株式投資ニュース

【話題株を探る】石炭株が軒並み高値、発電炭の高騰に加え仕手筋結集の噂

■中国での炭鉱事故も材料視

銘柄を探る 6日の株式市場では石炭株の上昇が目立ち、三井松島産業<1518>(東1)が一時207円(19円高)まで上げて年初来の高値を更新。住石ホールディングス<1514>(東1)は105円(7円高)の高値引けで1月高値に顔あわせとなり、日本コークス工業<3315>(東1)も一時151円(8円高)をつけて4月5日の高値に顔あわせとなった。
 今年度の火力発電用の石炭価格が、中部電力<9502>(東1)と欧州の資源大手との間で昨年度より約38%高い1トン98ドルで合意などと6日伝えられた上、石炭需要が増大する中国の王家嶺炭鉱で3月下旬に発生した浸水事故が依然、救出活動中と伝えられたこともスポット市況高の思惑につながったようだ。
 三井松島産業には、一部で今年前半の仕手筋結集銘柄などとの見方があり、大量保有報告書の4月6日受付分で米国系の信託大手ブラックロック・ジャパンの保有割合が 報告前の6.46%から7.65%に増えたと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:34 | 株式投資ニュース

【話題株を探る】日産は次世代「ベンツ」の開発でも戦略的協力

■日産・ルノーと独ダイムラーが提携を発表

銘柄を探る 日産自動車<7201>(東1)と仏ルノーは7日の大引け後、独ダイムラーとの業務・資本提携を発表。日産・ルノー連合とダイムラーは相互に株式を3.1%保有するとした。
 日産自動車とルノーはダイムラーの株式を各々3.1%保有し、ダイムラーは日産自動車株式を1.55%、ルノー株式を1.55%保有する。
 また、「幅広い分野で戦略的協力」を行ない、電気自動車や次世代小型車の拡充、メルセデス・ベンツの次世代プレミアム・コンパクトカー用のエンジン共用・共同開発などを挙げた。
 共同開発が「ベンツ」にまで及ぶため、次世代車の開発全体にわたり期待できる部分が広がる可能性が出てきた。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:38 | 株式投資ニュース