[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/25)アーバネットコーポに調整一服感、マンション回復傾向うけ6月期に期待
記事一覧 (03/25)日本通運が新経営計画への期待感を強め戻り高値を更新
記事一覧 (03/25)牧野フライスが昨年来の高値、中国など好調で来下期に黒字化の予想
記事一覧 (03/25)ホンダが後場一段高、次世代車に加え中国・インドの2輪事業にも期待
記事一覧 (03/25)楽天は4日ぶり反落、目標株価の引下げに加え「往来相場」も影響
記事一覧 (03/25)横浜ゴムが増額を好感し急伸、連想でブリヂストン・東洋ゴムなども高い
記事一覧 (03/25)25日前場の東京株式市場は円安が進んだ割に上値が重く材料株を一本釣り
記事一覧 (03/25)ANAは赤字脱却計画への評価今ひとつで下値割る、「空運」下落率1位
記事一覧 (03/25)任天堂が続伸、3D新ゲーム機への期待続きメガチップスなども高い
記事一覧 (03/25)リソー教育が好決算の観測を材料に9日ぶり反発、生徒数など伸びた様子
記事一覧 (03/25)炭素繊維の値上げ報道うけ東レが急伸、連想で帝人も高い
記事一覧 (03/25)東芝は朝方6日続伸のあと一進一退、円安の割に全体が伸びず利食い先行
記事一覧 (03/25)トヨタ自動車は生産体制の再編に期待広がり4日続伸で始まる
記事一覧 (03/25)大林組はドバイでの大幅損失・赤字に冷静で底堅く始まる
記事一覧 (03/24)横浜ゴムが今3月期の利益を増額修正、上値を追いやすいトレンド−−引け後のリリース
記事一覧 (03/24)【注目の増配銘柄】第一工業製薬が3月期末に記念増配、年間でも増配に
記事一覧 (03/24)【減額修正銘柄を探る】大林組がドバイの鉄道工事などで大幅赤字に修正
記事一覧 (03/24)オムロンが未定だった3月期末配当を10円と発表、年間では減配に
記事一覧 (03/24)理想科学工業が6日続伸で戻り高値を更新、引け後に大幅増額を発表
記事一覧 (03/24)商船三井が昨年来の高値、バラ積み運賃高の寄与が最大との見方
2010年03月25日

アーバネットコーポに調整一服感、マンション回復傾向うけ6月期に期待

 アーバネットコーポレーション<3242>(JQ)が後場は模様ながめに転じ、下げ一服感をみせている。直近は、首都圏のマンション動向の回復などを映して3万1500円(3月23日)まで上昇。あと調整に転じたが、昨日の1550円安に比べ下げ幅を縮小。再販事業などが堅調で6月決算に向けた期待がある。
 首都圏のマンション市場動向は、2月に新規発売戸数が前年同月比で3カ月ぶりに増加し10.7%増となった。また、契約率も高不調の分かれ目とされる70%を上回った。
 こうした潮目の変化は、同社の投資用マンション事業にとって追い風になるとの見方があり、買い取り再販事業が堅調なことも手伝い、6月決算に向けた期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:17 | 株式投資ニュース

日本通運が新経営計画への期待感を強め戻り高値を更新

 日本通運<9062>(東1)が後場も堅調で戻り高値を更新。昨日発表した新・中期経営計画が評価されている。13時40分を回り前場の高値に顔合わせする395円(11円高)。390円台は1月27日以来。
 昨24日の大引け後に発表した新経営計画(2010年4月〜13年3月)では、到達時の連結営業利益を580億円(2010年3月期の会社側予想は350億円)と設定。国際関連事業の売り上げ比率50%を目指す(09年3月期は27.1%)などの成長策を推進する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:50 | 株式投資ニュース

牧野フライスが昨年来の高値、中国など好調で来下期に黒字化の予想

 牧野フライス製作所<6135>(東1)が後場一段高となり、4日ぶりに昨年来の高値を更新。13時30分にかけて595円(31円高)の現在高。新興国向けの回復が急で新年度の下期に黒字転換の予想が出ている。
 会社側の今年度・2010年3月期の業績予想は連結経常利益を145億円の赤字などとするが、中国・インド・ブラジルなどでの需要が活発で、2010年3月期に向けては下期に黒字化の予想が出ている。決算発表は4月30日に行なう予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:34 | 株式投資ニュース

ホンダが後場一段高、次世代車に加え中国・インドの2輪事業にも期待

 ホンダ<7267>(東1)が後場一段上値を追い、13時過ぎに3290円(55円高)の現在高となった。新ハイブリッド車の好調さ、海外の2輪車事業、経済産業省の「次世代自動車研究会」設置などが好感されている。
 2月26日に新発売した新ハイブリッド車の受注が月間目標の10倍の1万台を突破したと昨24日発表。25日は、経済産業省が電気自動車の普及をめざして「次世代自動車研究会」設置したことも材料視されている。また、2輪車事業では、中国に次ぐ世界第2の需要があるインドでの第2工場建設などにも期待が再燃した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:18 | 株式投資ニュース

楽天は4日ぶり反落、目標株価の引下げに加え「往来相場」も影響

 楽天<4755>(JQ)は後場寄りも軟調で4日ぶりに反落。12時50分現在は6万8000円(1200円安)。UBS証券が目標株価を引き下げたことが伝えられているが、株価トレンドでは約1カ月続くもみ合い相場の上限付近でハネ返された「よくある動き」となっている。
 同社株の投資判断をUBS証券は「買い」据え置きのままで目標株価を8万2000円から8万円に引き下げたと伝えられた。
 ただ、株価波動では、2月中旬から上下4000円前後の幅でもみ合っており、この上限付近で上値を抑えられる典型的な「往来相場」のパターン。
 昨日までの連騰では、米グーグルの中国本土撤退による事業チャンス拡大期待、TBSホールディングス<9401>(東1)から株式授受代金の前払いと好材料が続いていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:56 | 株式投資ニュース

横浜ゴムが増額を好感し急伸、連想でブリヂストン・東洋ゴムなども高い

 横浜ゴム<5101>(東1)がジリ高もみあいを飛び跳ねるような急伸となり前引けは440円(19円高)。一時5.7%上昇の24円高まであった。昨24日の大引け後に発表した今3月期の連結業績予想の増額修正が材料視された。
 新車生産台数の増加、降雪の影響、新興国を中心とした需要の回復などを要因に、営業利益を従来予想より12.9%、経常利益を同21.7%増額。純利益は34.3%の増額。
 自動車生産の回復や降雪による冬タイヤの需要増は他社にも寄与するとされ、ブリヂストン<5108>(東1)が4日続伸、東洋ゴム工業<5105>(東1)も4日続伸で高値を更新した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:51 | 株式投資ニュース

25日前場の東京株式市場は円安が進んだ割に上値が重く材料株を一本釣り

100325前引け 25日前場の東京株式市場は円安が進んだ割に冷静で、日経平均の上げ幅は朝方の57円36銭高にとどまる上値の重い展開となった。
 円安要因がポルトガルの財務格下げのため、週末に開かれるEU首脳会議次第ではひと波乱あるとの警戒感もあった。
 日経平均は朝方57円36銭高の1万872円45銭まで上げたが、あと伸び悩み傾向となった。前引けは安値引けとなり、10円99銭高の1万826円02銭。
 東証1部の出来高概算は8億4473万株。売買代金は5666億円。1部上場1682銘柄のうち、値上がり銘柄数は631、値下がり銘柄数は842。
 また、東証33業種別指数で高い業種は14業種で、値上がり率上位はその他製品、繊維製品、ゴム製品、機械、輸送用機器、鉄鋼、不動産、電気機器、化学、電力・ガス、海運、薬品、精密機器など。一方、値下がり上位は空運、鉱業、小売り、ガラス・土石、石油・石炭、サービス、水産・農林などだった。
 業種別の値上がり率1位の「その他製品」を牽引したのは、サマンサタバサジャパンリミテッド<7829>(東マ)河合楽器製作所<7952>(東1)任天堂<7974>(大1)など。
 サマンサタバサジャパンリミテッドは、中国関連として香港などアジア地域への積極出店が材料視され、河合楽器製作所は仕手株として信用規制が手がかり、任天堂は3D(三次元)映像の新ゲーム機が材料と、この日の物色傾向の一面をみせつけた形になった。
 また、日本特殊陶業<5334>(東1)は今期の黒字転換幅に拡大の期待があり高値を更新、業種別では安くても極洋<1301>(東1)は3日続伸となり高値を更新など、個別に材料性のある銘柄を一本釣りする動きが活発だった。
 ツガミ<6101>(東1)は信用規制の解除を材料に、横浜ゴム<5101>(東1)は増額修正を好感し、各々高値を更新した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:38 | 株式投資ニュース

ANAは赤字脱却計画への評価今ひとつで下値割る、「空運」下落率1位

 全日本空輸(ANA)<9202>(東1)が反落し、ここ約1カ月続いた横ばい相場の下値265円前後を割り込んだ。10時50分現在は262円(8円安)。業種別指数で「空運」は下落率1位。
 直接的な材料としては、ゴールドマン・サックス(GS)証券の投資判断引き下げが言われており、3月19日に発表した赤字脱却の2年計画への評価は今ひとつのようだ。GS証券の投資判断は「中立」から「売り」とし、目標株価は240円から220円とした模様。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

任天堂が続伸、3D新ゲーム機への期待続きメガチップスなども高い

 任天堂<7974>(大1)が続伸し、10時25分に3万800円(400円高)まで上げ、昨日つけた戻り高値に顔合わせとなった。引き続き、裸眼で3D(3次元)映像を楽しめる新型ゲーム機の開発を材料視。関連銘柄もしっかり。
 新型ゲーム機は、米ロサンゼルスで開催されるビデオゲーム展示会「E3ショー」(6月15日から)で全貌が明らかになる予定。関連銘柄は、ミツミ電機<6767>(東1)が昨日急伸の反動で小安いものの、メガチップス<6875>(東1)は続伸して戻り高値を更新。また、裸眼式の3D液晶を開発済みのシャープ<6753>(東1)も続伸し戻り高値を更新した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:40 | 株式投資ニュース

リソー教育が好決算の観測を材料に9日ぶり反発、生徒数など伸びた様子

 リソー教育<4714>(東1)が9日ぶりに反発、10時過ぎには4730円(170円高)まで上げる場面があった。
 2月決算の上ぶれ着地観測記事が25日付けの日本経済新聞に載り、会社側は10時「本日の一部報道について」で会社側発表でない旨を発表したが先取り人気となっている。
 報道では、2010年2月期の連結営業利益が従来予想の23億1000万円を上回り25億円弱(前期比46%増)となったようだ、とされ、個別指導の分野を中心に生徒数が伸びている様子だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:18 | 株式投資ニュース

炭素繊維の値上げ報道うけ東レが急伸、連想で帝人も高い

 東レ<3402>(東1)が4%を超える上昇となり、2月中旬からの戻り相場で高値を更新。9時31分には538円(24円高・4.7%高)まで上げた。炭素繊維を1年8カ月ぶりに値上げと25日付けの日本経済新聞朝刊で伝えられたことが材料視されており、帝人<3401>(東1)も高い。
 炭素繊維は、原料市況の上昇に加え、需要面では航空機向けの回復に加え、スポーツ用品向けも底入れしたと伝えられた。帝人は炭素繊維の大手・東邦テナックスをグループに持ち、一時310円(12円高)まで上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:58 | 株式投資ニュース

東芝は朝方6日続伸のあと一進一退、円安の割に全体が伸びず利食い先行

 東芝<6502>(東1)は朝方484円(4円高)まで上げて戻り高値を更新したあと小反落に転じ一進一退。6日ぶりに上げ一服基調。
 ここ、ビル・ゲイツ氏と組んで次世代原子炉を開発するなどの材料で活況高となったが、25日の朝方は、外国為替市場で1ドル92円台に円安が進んだ割に日経平均の上げ幅が40円台と小幅にとどまっていることもあり、人気化した銘柄に利食い売りが先行している様子だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は生産体制の再編に期待広がり4日続伸で始まる

 トヨタ自動車<7203>(東1)は25日、4日続伸で始まり3800円を視野にとらえる動き。9時10分現在は3775円(60円高)で売買代金1位となっている。朝寄りは3755円。
 この日は円安が進み、海外市場での1ドル92円台を受けて自動車株がほぼ全面高の始まりとなっているが、トヨタ自動車は、日野自動車<7205>(東1)などを含めたグループ全体で国内の生産体制を再編し、2012年には年間1000億円のコストを削減する計画と一部で伝えられ期待が高まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース

大林組はドバイでの大幅損失・赤字に冷静で底堅く始まる

 大林組<1802>(東1)は25日、396円(5円安)で始まったあと底堅い。ドバイの都市交通システム案件で大幅な損失が発生したが、すでに第3四半期の決算短信で「事業等のリスク」として「最終的な工事費用は概ね当初の3倍程度と想定される」などを記載済みのため、株価への影響はある程度限定的になる可能性がある。
 同社は昨24日の大引け後、UAE(アラブ首長国連邦国連邦)ドバイ首長国の都市交通システム案件で損失が発生したことなどを要因に今3月期の業績予想を減額修正し、営業・経常・純利益とも大幅な赤字に転換するとした。
 発表では、ドバイの交通システム建設工事の請負金の見直しにより土木工事の売上高が約750億円減少、また、国内の建築工事関連の受注減少などにより売上高が約750億円減少。今3月期の連結売上高は当初予想の1兆5100億円から1兆3500億円に減額修正。
 通期の完成工事利益率は、ドバイで発生した損失などの影響で、前回発表時の見通し5.6%から0.9%の赤字になる。このため、経常利益225億円を640億円の赤字とした。純利益も540億円の赤字に見直した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース
2010年03月24日

横浜ゴムが今3月期の利益を増額修正、上値を追いやすいトレンド−−引け後のリリース

■経常利益は22%増額、想定為替にも余裕

引け後のリリース、明日の1本 横浜ゴム<5101>(東1)が24日の大引け後、今3月期の連結業績予想を増額修正。売上高は1.1%の増額だったが、営業利益は12.9%、経常利益は21.7%増額。純利益は34.3%の増額とした。
 新車生産台数の増加、降雪の影響、新興国を中心とした需要の回復などが要因。
 24日の株価終値は421円(前日比変わらず)。トレンドは3月初の380円前後からジリ高となり、23日に428円まで上げて小休止といった動きで、09年12月の戻り高値を更新していることもあり、上値を追いやすい状態といえる。
 テクニカル面での上値メドは09年8月につけた高値542円まで開けており、価格帯別の出来高分布では500円前後までそれほど抵抗感のない状態となっている。
 発表では、期末日の為替レートを1ドル90円、1ユーロ120円を想定としているため、ここ一両日のユーロ安・円高でも1ユーロ121円台で余裕のある状態といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:40 | 株式投資ニュース

【注目の増配銘柄】第一工業製薬が3月期末に記念増配、年間でも増配に

 第一工業製薬<4461>(東1)は24日の大引け後、3月期末配当の見込みを従来の3円から5円にすると発表(前期実績は3円)。09年4月で創業100周年を迎えているため、この記念配当2円を加えるとした。
 24日の株価終値は265円(6円高)となり4日ぶり小反発。09年11月から10年2月まではおおむね225円〜250円のレンジで横ばい相場だったが、3月初から抜け出して上昇し、17日に274円まで上げたあと一服となっている。増配額2円では利回り的にもインパクト不足の印象があるが、3月初から上昇したあと3分の1押しを経て出直りつつあり、波動としては上値を追いやすい状況だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:17 | 株式投資ニュース

【減額修正銘柄を探る】大林組がドバイの鉄道工事などで大幅赤字に修正

■2月にリスク開示済みで影響は限定的か

銘柄を探る 大林組<1802>(東1)は24日の大引け後、UAE(アラブ首長国連邦国連邦)ドバイ首長国の都市交通システム案件で損失が発生したことなどを要因に、今3月期の業績予想を減額修正し、営業・経常・純利益とも大幅な赤字に転換するとした。
 もっとも、この案件については、第3四半期の決算短信に「事業等のリスク」として開示済み。「最終的な工事費用は概ね当初の3倍程度と想定され」「交渉状況によっては今後の当社業績に影響を与える可能性」などを記載済みのため、株価への影響はある程度限定的になる可能性がある。
 24日の株価終値は401円(4円高)。ドバイの事業リスクを記した第3四半期の決算発表は2月10日で、この前後の株価は約340円。ここからジリ高となって戻り相場を形成し、いわば懸念を織り込んだ形で上昇し、3月17日に410円の戻り高値をつけた。
 このため、懸念がムシ返されたと受け止められる場合は340円前後まで戻ることになるが、
相場心理としては承知の上で上げてきたわけで、まずは半値押しの380円前後といった節目が下値メドになる可能性が強い。
 発表では、ドバイの交通システム建設工事の請負金の見直しにより土木工事の売上高が約750億円減少、また、国内の建築工事関連の受注減少などにより売上高が約750億円減少。今3月期の連結売上高は当初予想の1兆5100億円から1兆3500億円に減額修正。
 通期の完成工事利益率は、ドバイで発生した損失などの影響で、前回発表時の見通し5.6%から 0.9%の赤字になる。このため、単体の経常利益は175億円を700億円の赤字とした。純利益も520億円の赤字に見直した。
 ドバイの交通システム案件は、他社と共同で、05年7月に受注。総延長約70kmの都市交通システムの建設工事部分を約2280億円で受注した(当社シェア50%)。その後、設計責任を含む契約上の責任範囲などで発注者と見解の相違が明らかとなり、また、駅舎の内外装その他の工事で設計変更及び追加工事などが発生し、これらの工事代金の確定について交渉を続けているという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:52 | 株式投資ニュース

オムロンが未定だった3月期末配当を10円と発表、年間では減配に

 オムロン<6645>(大1)が24日の大引け後、未定としていた3月期末配当を10円と発表。前期実績は7円。すでに実施済みの中間配当は前期実績の18円を大幅減額し7円だった。このため、年間では17円となり前期実績の25円から大幅減配になる。
 24日の株価終値は2050円(26円高)で小反発。09年11月につけた安値1393円からジリ高基調を続ける中で、上値は3月8日につけた2135円を高値に小休止となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:59 | 株式投資ニュース

理想科学工業が6日続伸で戻り高値を更新、引け後に大幅増額を発表

 理想科学工業<6413>(東1)は24日、1070円(46円高)で大引けとなり6日続伸。4日続けて09年12月から続く戻り相場での高値を更新した。
 大引け後、今3月期の決算予想を各段階の利益とも増額修正し発表。連結での売上高予想は1.5%減額したが、印刷機器関連の消耗品が堅調に推移していることや販売費などの削減により、営業利益を1億円から5.5億円に、経常利益を6億円から11億円に、などと大幅に増額した。単体の営業・経常利益予想は黒字に転換する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:42 | 株式投資ニュース

商船三井が昨年来の高値、バラ積み運賃高の寄与が最大との見方

 商船三井<9104>(東1)が前場639円(19円高)まで上げて大引けも634円と堅調。3月15日につけた昨年来の高値を更新した。海運株が全般に波静かな中で上値を追った。
 バラ積み船の国内最大手のため、2月以降、上昇の目立つバルチック海運指数(バラ積み船運賃の国際指標)の寄与が大きいとの見方。ゴールドマン・サックス証券は同社株のほか日本郵船<9101>(東1)川崎汽船<9107>(東1)の投資判断や目標株価を引き上げたと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:07 | 株式投資ニュース