[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/05)【話題株を探る】コナミが「iPad」にゲーム配信、信用の売り手ピンチ
記事一覧 (04/05)【話題株を探る】梅雨シーズンの目玉商品は除殺菌型、関連3社が昨年来の高値
記事一覧 (04/05)コマツは上海万博の突貫工事も材料、高値接近で思惑が交錯する位置に
記事一覧 (04/05)ファナックは急伸のあと手がかり難、本格高には一服必要論が
記事一覧 (04/05)あさひが月次動向の発表に一時狼狽、ファーストリテイリングを連想
記事一覧 (04/05)日立製作所が7日連続高値、リチウムイオン電池の寿命2倍を材料視
記事一覧 (04/05)クラリオンが急反発、直近3日間の下げ幅を一気に奪回
記事一覧 (04/05)伊藤忠商事が5日続伸など大手商社株が軒並み高値を更新
記事一覧 (04/05)5日の東京株式市場は朝高のあと伸び悩むが全般堅調、日経平均は続伸
記事一覧 (04/05)農業法人への融資ファンド受け井関農機が高値引け、クボタも高い
記事一覧 (04/05)信越化学が前後場とも大台を突破し急騰、円安や塩ビ事業を評価
記事一覧 (04/05)サンリオが為替益の期待で急伸、欧米のライセンス収入好調
記事一覧 (04/05)高島屋が7日続伸など百貨店株が続々高値を更新、円安への期待も
記事一覧 (04/05)日本写真印刷がアイパッド関連株の中で勢いを保つ
記事一覧 (04/05)鹿島が低コスト工法と割安さを買う動きで高値を更新
記事一覧 (04/05)ファーストリテイリングが月次売上高の2ケタ減少を嫌い反落
記事一覧 (04/05)5日前場の東京株式市場は円安を好感し輸出株を中心に続伸、材料株も物色
記事一覧 (04/05)上場3日目の第一生命保険は小幅続伸のあと軟化し売り買い交錯
記事一覧 (04/05)トヨタ自動車が3800円台を回復、円安を受け日経平均も続伸
記事一覧 (04/02)カゴメがブロッコリーから花粉症の抑制効果を発表、下値圏のため反騰しやすさ−−引け後のリリース
2010年04月05日

【話題株を探る】コナミが「iPad」にゲーム配信、信用の売り手ピンチ

■発売日にあわせ開始、株価は6日ぶりに高値

銘柄を探る コナミ<9766>(東1)が5日の大引け後、米アップル社の新型携帯端末「iPad」(アイパッド)発売に合わせてタッチシューティングゲームなどの配信を開始したと発表。タッチパネルを指でタッチする直感的な操作で簡単に楽しめるゲームをめざし、「iPad」の大型画面・高解像度の特長を活かせるようにグラフィック面を強化したとした。
 発表では、配信を開始したゲームは、タッチシューティングゲーム「METAL GEAR SOLID TOUCH」(メタルギア ソリッド タッチ)、および、カエルのキャラクターがワニなどを避けながら対岸にある巣を目指して遊ぶアクションゲーム「フロッガー」。今後も多様化するプラットホームにいち早く対応し、ワールドワイドで展開するとした。
 5日の株価は6日ぶりに年初来の高値を更新し、終値は1856円(36円高)。2010年3月期の業績は5月14日に発表の予定で、増益に転じる予想を開示済みで、5日は円安による為替差益への期待が高まった形。信用売り残が買い残の4倍前後に達しており、高値を更新するほど、売り手は損失を回避するために投資を手仕舞う買い注文を活発化させる可能性がある。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:55 | 株式投資ニュース

【話題株を探る】梅雨シーズンの目玉商品は除殺菌型、関連3社が昨年来の高値

■パナソニック電工は7日続伸

銘柄を探る パナソニック電工<6991>(東1)の大引けは1237円(17円高)となり7日続伸。4日連続で年初来の高値を更新した。
 都心で積極出店する家電量販店では、今年の梅雨入りシーズンに向けてイオン・オゾン発生型などの空気清浄機を目玉商品にする案が進行中とされ、関係筋の間では、同社を含むパナソニックグループ各社の「ナノイー」やシャープ<6753>(東1)の「プラズマクラスター」、ダイキン工業<6367>(東1)の「ストリーマ」など、最新技術による除殺菌タイプが注目されているという。
 シャープは4日続伸となり、ダイキンは2日続伸でともに年初来の高値を更新した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:19 | 株式投資ニュース

コマツは上海万博の突貫工事も材料、高値接近で思惑が交錯する位置に

 コマツ<6301>(東1)は2018円(35円高)で大引けとなり高値引け。海外売上げ高が78%に達するため円安が材料視されたほか、このところ上海万博の施設の一部が開催日までに完成しないと伝えられており、思惑が高まったとの見方があった。
 株価は戻り相場での高値を更新し、1月の高値2099円突破もあり得る水準に接近してきたため、期待や思惑が錯綜しやすくなっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:51 | 株式投資ニュース

ファナックは急伸のあと手がかり難、本格高には一服必要論が

 ファナック<6954>(東1)の大引けは1万490円(270円高)となり昨年来の高値を更新したが、朝方に1万570円(350円高)まで急伸したあとは前後場を通して横ばい相場のまま終了。円安を除くと固有の好材料が見当たらない展開となった。
 大引けでは3日続伸、取引時間中の高値は5日連続で更新したが、出来高もそれほど増加したわけではなく、上げたあとの手がかりが見当たらない展開のため、本格高するには小反落をはさむ方が好ましいとの見方が出ていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:27 | 株式投資ニュース

あさひが月次動向の発表に一時狼狽、ファーストリテイリングを連想

 自転車専門店を展開するあさひ<3333>(東1)が午後1時に3月の月次動向を発表してから下げ幅を広げ、大引けにかけて1460円(43円安)まで下げる場面があった。大引けは30円安。
 独自の戦略で小売業界の勝ち組とみられていただけに、ファーストリテイリング<9983>(東1)が前週末の月次売上高ダウンを悪材料に10%を超える急落となった相場を見て一時的に狼狽売りが出た模様。ファーストリテイリングのユニクロ国内売上高は既存店が前年同月比16.4%減だったが、あさひの3月の既存店売上高は同5.9%減だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:07 | 株式投資ニュース

日立製作所が7日連続高値、リチウムイオン電池の寿命2倍を材料視

 日立製作所<6501>(東1)は朝方381円(6円高)まで上げ、7日連続で年初来の高値を更新。何度か軟調になる場面をみせながらも大引けは1円高で3日続伸となった。取引時間中に「リチウムイオン電池の寿命を2倍にする技術を開発」と発表。電気自動車の性能向上・普及に役立つとの期待が広がった。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:50 | 株式投資ニュース

クラリオンが急反発、直近3日間の下げ幅を一気に奪回

 クラリオン<6796>(東1)が232円(17円高)の高値引けとなり4日ぶりに反発。直近3日間の下げ幅を一気に取り戻す急伸となった。
 需給妙味の高まりから仕手系材料株との見方が多く、日産自動車<7201>(東1)向けが多いため、日産自動車とダイムラーの提携観測を受けて3月30日に高値238円をつけた。その後は調整に転じていたが、円相場が1ドル95円に迫る円安となり、再び信用売りを行なっている側が追い込まれた格好だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:08 | 株式投資ニュース

伊藤忠商事が5日続伸など大手商社株が軒並み高値を更新

 大手商社株が全面高となり高値更新銘柄が続出。伊藤忠商事<8001>(東1)が5日続伸で4日連続の年初来高値更新となったほか丸紅<8002>(東1)三井物産<8031>(東1)住友商事<8053>(東1)が高値を更新した。
 ドイツ証券が大手商社セクターの投資判断を引き上げたと伝えられ、政府がリチウムなどの希少金属の権益確保に向けODA(政府開発援助)を積極化と伝えられたことが材料視された。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:53 | 株式投資ニュース

5日の東京株式市場は朝高のあと伸び悩むが全般堅調、日経平均は続伸

100405大引け 5日の東京株式市場は円安の進行などを好感し輸出株を中心に堅調。朝方の活況高が一巡したあとはNY市場を見極めたいと手控えるムードが続いたが、東証1部の値上がり銘柄数は1100を超えた。
 上場3日目の第一生命保険<8750>(東1)は朝方1200円高の16万3700円まで上げたが、あと軟化し大引けは4100円安となったが、日経平均は朝方122円08銭高の1万1408円17銭まで上昇し、年初来高値を更新。大引けは53円21銭高の1万1339円30銭となった。
 東証1部の出来高概算は18億4726万株。売買代金1兆3189億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は1109、値下がり銘柄数は414。また、東証33業種別指数は22業種が高くなり、値上がり率上位業種は電気機器、その他製品、倉庫・運輸、機械、精密機器、不動産など。一方、値下がり業種は石油・石炭、電力・ガス、空運、鉱業、情報・通信などだった。
 円相場は朝方95円に接近する場面をみせて94円台で推移。信越化学工業<4063>(東1)が前場の5600円台乗せに続き、後場は5700円台に乗る急騰となり円安と米国の塩ビ原料工場建設を好感。また、サンリオ<8136>(東1)は3月に欧米でのライセンス収入が大きく伸びたとして業績予想を増額修正したことが思い出されて一時14%高の急騰。自動車・ハイテク家電・半導体関連株などがほぼ堅調に推移した。
 また、売上高の底入れムードを受けて三越伊勢丹ホールディングス<3099>(東1)などの百貨店・スーパー株が軒並み高値を更新。日本ハム<2282>(東1)も高値を更新など、消費関連株にも物色の手が回った。
 材料株物色も活発で黒崎播磨<5352>(東1)が12%高となり鉄鋼株の高安混在を横目に高値を更新、鬼怒川ゴム工業<5196>(東1)も6%高で自動車株の伸び悩みをヨソに高値を更新。
 半面、月次が冴えなかったファーストリテイリング<9983>(東1)は一時8%近く急落。「iPad」(アイパッド)関連株も大引けにかけてダレる銘柄がみられ高安混在となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:39 | 株式投資ニュース

農業法人への融資ファンド受け井関農機が高値引け、クボタも高い

 井関農機<6310>(東1)が後場一段高となり298円(20円高)の高値引け。戻り相場での高値を更新。農林中央金庫が農業法人向けに専用ファンドを創設したと伝えられ、農機需要に拡大の期待が高まった。クボタ<6326>(東1)も高い。
 農林中央金庫が農業法人の育成を目的に「アグリシードファンド」を創設し、4月下旬から各地のJA(農協)を通じて有望な法人を発掘、今年度は10億円の資金枠と伝えられた。育成に重点を置き、金融機関から融資を受けにくい法人を想定するという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:04 | 株式投資ニュース

信越化学が前後場とも大台を突破し急騰、円安や塩ビ事業を評価

 信越化学工業<4063>(東1)が年初来の高値を更新。朝方の5600円台乗せに続き、後場も一段高となり5700円台に乗った。1ドル95円に接近する円安に加え、米国で塩ビ樹脂の原料工場を新設し、中南米など新興国に供給すると伝えられたことが材料視されている。
 5700円台は09年9月以来。塩ビ樹脂は建材や水道管などに多用され、先進国の産業ではない印象があるが、その原料生産にはコスト維持などで高技術が必要。同社のオランダの塩ビ子会社は高水準の操業度で推移している。米国の塩化ビニール樹脂の生産能力を倍増すると4日付けの日本経済新聞朝刊で伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:46 | 株式投資ニュース

サンリオが為替益の期待で急伸、欧米のライセンス収入好調

 サンリオ<8136>(東1)が急伸し、14時を回り14%高の1013円(125円高)まで上げた。1000円回復は08年10月以来。
 直接的な材料としては、メリルリンチ日本証券が投資判断を「中立」から「買い」とし、目標株価を830円から1100円に引き上げたと伝えられたが、さる3月15日、「ハローキティ」などのライセンス収入が欧州や北米で大きく伸びたことを要因に、今3月期の連結純利益などを増額修正したため、円安の進行を受けて為替差益の拡大に期待が高まったようだ。
 この増額修正では特損も計上したが、純利益の予想を従来の26億円から32億円とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:32 | 株式投資ニュース

高島屋が7日続伸など百貨店株が続々高値を更新、円安への期待も

 百貨店株が強調展開となり、高島屋<8233>(東1)が7日続伸し3日連続の年初来高値更新となったほか、三越伊勢丹ホールディングス<3099>(東1)は4日続伸し年初来の高値を更新。J・フロント・リテイリング<3086>(東)は反発だが取引時間中の高値を7日連続切り上げて年初来の高値を更新した。
 主な百貨店4社が4月1日に発表した3月の売上高が持ち直し傾向を示したとして見直し買いが入っているが、週明け5日は、セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)の村田紀文敏社長談として、グループ百貨店そごう、西武の売上げが3月は25カ月ぶりにプラスに転じたと日本経済新聞5日付け朝刊で伝えられたことも刺激になった様子。エイチ・ツー・オー リテイリング<8242>(東1)も戻り相場での高値を更新。
 円安が定着すれば中国などの新興諸国から来日する観光客の買い物が増えるとの期待もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:17 | 株式投資ニュース

日本写真印刷がアイパッド関連株の中で勢いを保つ

 日本写真印刷<7915>(東1)が戻り高値を更新。米アップル社が米国時間の5日「iPad」(アイパッド)を一斉発売したことを受け、アイパッド関連株として注目されている。
前場3810円(135円高)まで上げ、後場は95円高前後で商いをこなす展開。
 アイパッド関連株は、日東電工<6988>(東1)が後場軟調に転換し、KIMOTO<7908>(東1)は1円高までダレるなど上値の重い銘柄もあるため、今後、物色銘柄が絞り込まれるとの予想が出ている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:45 | 株式投資ニュース

鹿島が低コスト工法と割安さを買う動きで高値を更新

 鹿島<1812>(東1)が反発高となり、なか一日置いて年初来の高値を更新。13時を回り238円(8円高)の現在高となった。
 直接的な材料としては、4月5日午前、北海道新幹線・津軽蓬田トンネルで国内2例目となるSENS工法を適用と発表。低コストのシールド掘削工法として注目された。
 一部には、ドバイの新都市交通システム建設工事を巡り、共同事業者の大林組<1802>(東1)が3月24日に赤字修正を発表したため警戒感があるが、株価は翌25日の208円を安値に切り返して高値更新相場。PBR1倍割れという割安さが見直される展開が断続的に続くとの見方がある。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングが月次売上高の2ケタ減少を嫌い反落

 ファーストリテイリング<9983>(東1)が後場も反落歩調を続け、1万5120円(1570円安)で始まった。前引けは9.2%下落の1万5150円(1540円安)で東証1部の下落率1位。一時1万5050円まで下げた。
 前週末2日発表の月次売上速報(3月分)が冴えず、既存店が2カ月ぶりにマイナスとなり、しかも2年半ぶりに2ケタ減となったことが嫌われた。既存店の2ケタ減少は07年9月以来。1月のマイナス時は冬物商品の販売が好調で在庫不足とされ前向きに評価されたが、今回は不透明感が強まったと見る向きが増えた様子だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:33 | 株式投資ニュース

5日前場の東京株式市場は円安を好感し輸出株を中心に続伸、材料株も物色

100405前引け 5日前場の東京株式市場は円安の進行を好感し輸出株を中心に堅調となり、日経平均は続伸。上場3日目の第一生命保険<8750>(東1)が小幅続伸ではじまったあと軟化したため模様眺めムードが広がる場面があったが、東証1部銘柄の中で値上がり銘柄が1000を超える堅調さだった。
 日経平均は朝方122円08銭高の1万1408円17銭まで上昇し、年初来高値を更新。前引けは57円19銭高の1万1343円28銭。東証1部の出来高概算は8億7188万株。売買代金は6031億円。1部上場1675銘柄のうち、値上がり銘柄数は1016、値下がり銘柄数は479。また、東証33業種別指数は26業種が高くなり、値上がり率上位業種は電気機器、倉庫・運輸、その他金融、不動産など。一方、値下がり業種は石油・石炭、電力・ガス、空運、パルプ・紙などだった。
 円相場は東京外為市場で一時94円78銭と約7カ月ぶりの円安水準。海外で1ドル94円台に入った地合いを受けた。このため、キヤノン<7751>(東1)が5日続伸歩調となって年初来の高値を更新したほか、自動車株をはじめコマツ<6301>(東1)信越化学工業<4063>(東1)など、輸出関連株が幅広く物色された。
 内需関連株もサンリオ<8136>(東1)がメリルリンチ日本証券の投資判断引き上げを材料に高値を更新、三井住友建設<1821>(東1)が1位株主の出資方式の効率化期待が高まり急伸するなど活況高する銘柄が増えた。
 半面。3月の月次が冴えなかったファーストリテイリング<9983>(東1)は一時8%近く急落。公募増資を発表したヤマハ発動機<7272>(東1)が大幅に下落した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:42 | 株式投資ニュース

上場3日目の第一生命保険は小幅続伸のあと軟化し売り買い交錯

 上場3日目となった第一生命保険<8750>(東1)は5日、小幅続伸ではじまったあと軟化し売り買い交錯。9時15分現在では高値16万3700円(1200円高)、安値15万8600円。
 同社株の上場来高値は16万8800円(4月2日)。公開価格は14万円。時価総額が1兆4000億円規模で、1998年のNTTドコモ<9437>(東1)以来の大型上場銘柄。個人株式数はNTT<9432>(東1)を上回る150万人規模で過去最多のため、資産効果に期待が集まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車が3800円台を回復、円安を受け日経平均も続伸

 トヨタ自動車<7203>(東1)が3800円(25円高)で始まり、一連のリコール問題によって下落の度を強めた1月27日以来の水準を回復。円安の進行を受けて収益の上ぶれ期待を映す展開となっている。日経平均も上げ幅が100円台となり続伸。
 円相場が1ドル94円台の後半になり、同社をはじめとする輸出企業には為替差益の期待が広がっている。円相場は米国で5日開催される米連邦準備制度理事会(FRB)での再利上げ予想を材料に、ドル買いのあおりを受けている。FRBは2月に3年8カ月ぶりに公定歩合を0.5%から0.75%に引き上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース
2010年04月02日

カゴメがブロッコリーから花粉症の抑制効果を発表、下値圏のため反騰しやすさ−−引け後のリリース

■東京理科大と究明、特保飲料などに期待

引け後のリリース、明日の1本 カゴメ<2811>(東1)は2日の大引け後、東京理科大と共同でブロッコリーから抽出したエキスに花粉症を抑制する効果があることを動物試験で確認したと発表した。
 同社の総合研究所(栃木県那須塩原市)が東京理科大学の薬学部薬学科(千葉県野田市)谷中昭典教授との共同研究で、ブロッコリースプラウトから熱水で抽出したエキスに花粉症を抑制する効果があることを、動物を用いた試験で確認。日本薬学会(第130年会:3月28〜30日)で発表した。

■株価は1570円前後で下げ止まる傾向

 発表によると、ブロッコリースプラウトに多く含まれる「スルフォラファン」は、胃がんの発症と関連があると言われているピロリ菌を減少させるなど、様々な疾病に有効であることが明らかになっている。今回の花粉症モデルマウスを用いた試験で、ブロッコリースプラウトエキスの摂取が花粉症の指標となる好酸球などの増加を抑制することが明らかになり、これらの結果は、ブロッコリースプラウトエキスの摂取が花粉症の抑制につながることを期待させるという。
 この研究成果の事業化については言及していないものの、同社の製品にはブロッコリーを用いた生鮮飲料があるため、特定保健用飲料などへの応用には近い位置にあると思われる。
 2日の株価終値は1583円(4円安)で2日続落。やや大きなトレンドをみると、09年9月につけた高値1898円から続く長期低迷相場の中で、下値が横ばい傾向で固まりつつあり、時々の安値を結ぶと、09年11月(1564円)、10年2月(1567円・1570円)、同3月(1573円)と同値圏になる。
 直近の相場もこの水準に接近してきており、今回発表のような材料に反応して再びリバウンドしやすい位置にあるといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:38 | 株式投資ニュース