[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/15)富士フイルムは7日ぶりに軟調・反落だが引き続き材料豊富な展開も
記事一覧 (03/15)いすゞ自動車は朝方タイのデモを懸念したが上値追い強く連日高値を更新
記事一覧 (03/15)あおぞら銀行が筑波銀行との資本提携を材料に高値引け
記事一覧 (03/15)【明日の動き】テーマ性のある低位株や、旬な材料を持ち合わせた新興銘柄を物色する流れ
記事一覧 (03/15)クラリオンが再騰し高値、「反省」は1日だけで需給相場が続く
記事一覧 (03/15)ヤマダ電機が月次の好調さなど好感し3日続伸、昨年来の高値を更新
記事一覧 (03/15)15日の東京株式市場は政局不透明で日経平均は小動き、材料株物色が活発化
記事一覧 (03/15)富士電機HDが昨年来の高値、中国のスマートグリッド構想受け人気化
記事一覧 (03/15)ソニーは続落かと思われたが、大引けにかけて持ち直し反発
記事一覧 (03/15)鉄鉱石の価格を巡り中国政府が豪に注文?鉄鋼株が値を戻す
記事一覧 (03/15)エイチ・アイ・エスが後場一段高、赤字決算を投資判断がフォロー
記事一覧 (03/15)セガトイズが後場一段高、4月発売のハムスター玩具に期待高まる
記事一覧 (03/15)シャープが「補助金」返還請求に反応なく後場も堅調さ保つ
記事一覧 (03/15)バルチック指数高く海運株指数が値上がり率1位、共栄タンカーなど牽引
記事一覧 (03/15)15日前場の東京株式市場は金融緩和期待など買うが政局不透明で日経平均は小反落
記事一覧 (03/15)中国のスマートグリッド構想をうけ高岳製作所などが軒並み高
記事一覧 (03/15)ヤマダ電機が3日続伸し2日連続で昨年来の高値を更新
記事一覧 (03/15)東海旅客鉄道が続伸、値上がり幅トップでもみ合いを抜け出す
記事一覧 (03/15)キヤノンが収益の大幅回復期待と円安を材料に連日高値を更新
記事一覧 (03/15)大東紡織が連日高で一時値上がり率1位、中国での事業展開を材料視
2010年03月15日

富士フイルムは7日ぶりに軟調・反落だが引き続き材料豊富な展開も

 富士フイルムホールディングス<4901>(東1)の大引けは3060円(10円安)となり、7日ぶりに軟調、反落。前週末の3月12日に戻り相場での高値を更新し3100円まで上げ、一服となった。
 連騰続きのあとの小反落のため、自律反落との受け止め方で、2月に伝えられた米国での新型インフルエンザ治療薬の第U相臨床試験開始、培養皮膚モデル関連の研究など、新たな事業領域の拡大は引き続き材料として注目される可能性が強い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:08 | 株式投資ニュース

いすゞ自動車は朝方タイのデモを懸念したが上値追い強く連日高値を更新

 いすゞ自動車<7202>(東1)が2日連けて昨年来の高値を更新。一時246円(10円高)まで上げて大引けも9円高。
 朝方はアジア地域の大生産拠点を置くタイで発生したデモの拡大を懸念する声があったが、影響なし。前週末12日付けで三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)の三菱UFJ証券が投資判断を新規に「2」とし、目標株価280円としたことが材料視されていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:51 | 株式投資ニュース

あおぞら銀行が筑波銀行との資本提携を材料に高値引け

 あおぞら銀行<8304>(東1)が大引けにかけて急伸し高値引けの138円(8円高)となった。後場に入り、筑波銀行<8338>(東1)の永久劣後債をあおぞら銀行が引き受けると伝えられ材料視。筑波銀行は一時270円(12円高)まで上げて8円高だった。
 両行は大引け後に資本提携を発表。優先株転換権付社債50億円をあおぞら銀行が引き受け、取り扱い商品の面でも協力する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:22 | 株式投資ニュース

【明日の動き】テーマ性のある低位株や、旬な材料を持ち合わせた新興銘柄を物色する流れ

 株式市場明日の動き 15日(月)の東京株式市場、日経平均株価は一時57円58銭高の1万0808円84銭まで上昇し、1月21日以来の1万800円台となる場面もあったが、、大引けは0円72銭高の1万0751円98銭とほぼ横ばいだった。12日発表の2月の米小売売上高が予想外に増加し、外国為替市場で円相場は前週末に一時1ドル=91円台まで下落したこと好感されたが、自民党で新党結成の動きが出て政局の不透明感から積極的に買い上げる動きにかけ、小動きとなった。
 
 東証1部上場1680銘柄のうち、値上りは933銘柄、値下りは573銘柄、変わらずは168銘柄。東証33業種別指数は22業種が高くなり、値上がり率上位は海運、証券・商品先物、空運、倉庫・運輸、非鉄金属、不動産、銀行、輸送用機器、ガラス・土石、水産・農林など。一方、値下がりは11業種で、その他製品、食品、化学、パルプ・紙、精密機器、卸売、繊維、サービス、保険、情報通信など。
 
 東証1部市場では、中国の次世代電力網(スマートグリッド)整備を受けて富士電機ホールディングス<6504>(東1)が高値を更新、日本ガイシ<5333>(東1)が4日続伸と買われたほか、マザーズ市場では、iPhone(アイフォーン)関連のメディアシーク<4824>(東マ)がストップ高で連日高値、スマートフォン関連のシコー<6667>(東マ)がストップ高で連日高値と、テーマ銘柄と旬な材料株を物色する動きが強まった。
 
 全般相場は、新党結成など政局の混迷を懸念し、主力株の上値が重くなっており、テーマ性のある低位株や、旬な材料を持ち合わせた新興銘柄を物色する流れが強まると予想する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:06 | 株式投資ニュース

クラリオンが再騰し高値、「反省」は1日だけで需給相場が続く

 クラリオン<6796>(東1)が大引けにかけて一段上値を追い、中1日あけて昨年来の高値を更新。197円(13円高)まで上げて195円で引けた。
 信用売り残・買い残がともに膨れながら拮抗し、12日から東証が残高の日々公表銘柄に指定。しかし、反省の意を表して一服したのは当日だけで再騰に転じた。売り手にとってコスト増の要因である逆日歩が発生するなど、材料ではなく需給の相場となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:59 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機が月次の好調さなど好感し3日続伸、昨年来の高値を更新

 ヤマダ電機<9831>(東1)は朝方昨年来の高値を更新したまま高値もちあいとなり6750円(50円高)で大引けとなった。前場90円高まで上げた。3日続伸。
 前週、3月10日に発表した2月の月次動向を機に再び動意を活発化させており、15日はLED照明器具などの好調さが日本経済新聞15日付けで社長談として伝えられたことも材料視されたようだ。2月の月次売上高は前年同月比10.6%増(単体・携帯電話を含むPOS売上高)と09年5月以来、連続で増加した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:42 | 株式投資ニュース

15日の東京株式市場は政局不透明で日経平均は小動き、材料株物色が活発化

100315大引け 15日の東京株式市場は、12日発表の2月の米小売売上高が予想外に増加し、外国為替市場で円相場は前週末に一時1ドル=91円台まで下落したことを受け、日経平均は朝方57円58銭高の1万808円84銭まで続伸し、1月21日以来の1万800円台となる場面もあったが、自民党で新党結成の動きが出て政局の不透明感から積極的に買い上げる動きにかけ、大引けは0円72銭高の1万0751円98銭とほぼ横ばいの小動きだった。
 
 東証1部の出来高概算は19億1253万株。売買代金は1兆1402億5600万円だった。また、1部上場1680銘柄のうち、値上がり銘柄数は933、値下がり銘柄数は573。東証33業種別指数は22業種が高くなり、値上がり率上位は海運、証券・商品先物、空運、倉庫・運輸、非鉄金属、不動産、銀行、輸送用機器、ガラス・土石、水産・農林など。
一方、値下がりは11業種で、その他製品、食品、化学、パルプ・紙、精密機器、卸売、繊維、サービス、保険、情報通信など。

 日本銀行<8301>(JQ)の金融政策会合が16日から開催され、金融緩和の追加が次回の4月会合に向けて濃厚とされたため、三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)が売買代金1位で上昇するなど、大手銀行株がしっかり。2月のマンション市場動向調査で、首都圏マンションの月間契約率が2カ月連続で70%台を上回ったでタカラレーベン<8897>(東1)など不動産株も上昇。また、バルチック海運指数の大幅高を好感して海運株が軒並み高となり、日本郵船<9101>(東1)商船三井<9104>(東1)が1月の高値を更新。対ユーロでの円安を材料にニコン<7731>(東1)キヤノン<7751>(東1)が連日、昨年来高値を更新した。中国の次世代電力網(スマートグリッド)整備を受けて富士電機ホールディングス<6504>(東1)が高値を更新、日本ガイシ<5333>(東1)が4日続伸と買われたほか、マザーズ市場では、スマートフォン関連のシコー<6667>(東マ)がストップ高で連日高値となるなど、材料株物色が活発化した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:32 | 株式投資ニュース

富士電機HDが昨年来の高値、中国のスマートグリッド構想受け人気化

 富士電機ホールディングス<6504>(東1)が高値引けの258円(21円高)で大引けとなり、3日ぶりに昨年来の高値を更新。
 中国のスマートグリッド(次世代電力網)構想をうけ、高岳製作所<6621>(東1)が1月29日以来の300円台を回復し、大崎電気<6644>(東1)は2月5日以来の850円台など、関連銘柄ともども上値を追った。日本ガイシ<5333>(東1)も高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:31 | 株式投資ニュース

ソニーは続落かと思われたが、大引けにかけて持ち直し反発

 ソニー<6758>(東1)が大引けにかけて持ち直し、終値は3395円(15円高)と前週末比で反発に転換した。3D(3次元)立体映像TVや電子マネー関連の期待があり、下げる場面では買いたい意向が根強いようだ。
 直近高値3475円(3月11日)から2日続落かと思われたが、信用売り残が買い残の2倍強に達しており、意外に下げないため売り手の買い戻し注文が出た可能性もある。東証1部の売買代金8位となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:17 | 株式投資ニュース

鉄鉱石の価格を巡り中国政府が豪に注文?鉄鋼株が値を戻す

 後場、鉄鋼株の値戻しが目立ち、新日本製鐵<5401>(東1)が14時を回ってプラスに転換。住友金属工業<5405>(東1)も現在高の268円(3円高)をつけた。
 通信社電として、オーストラリア政府が15日、中国政府に対して中国鉄鋼メーカーと豪鉱山会社間の鉄鉱石の価格交渉に口出ししないよう求めたと伝えられ、中国政府が過度な原料高を防ぐ姿勢であることが材料視されたようだ。
 ロイター通信の報道では、中国鋼鉄工業協会(CISA)の副総経理および鉄鋼メーカー10社余りのトップは温首相にあてた3月11日付の連名の書簡で、鉄鉱石の輸入価格が全国的に上昇している問題を取り上げてほしいと求めたという、としている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:55 | 株式投資ニュース

エイチ・アイ・エスが後場一段高、赤字決算を投資判断がフォロー

 エイチ・アイ・エス<9603>(東1)が後場一段高で反発幅を拡大。前週末に経常損益が赤字転換となる第1四半期決算を発表したが、野村ホールディングス<8604>(東1)の野村證券が「強気」を継続と伝えられ、素早い投資判断が手がかりになったようだ。
 14時15分に1865円(116円高)をつけた。第1四半期(09年11月〜10年1月)は、売上高が前年同期比14%減の716億円。経常損益は2億4300万円の赤字(前年同期は6億4600万円の黒字)となった。
 野村證券は「強気」の判断と目標株価3800円を継続と伝えられており、3月5日の投資判断引き上げ時にも高反応している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:22 | 株式投資ニュース

セガトイズが後場一段高、4月発売のハムスター玩具に期待高まる

 セガトイズ<7842>(JQ)が後場一段高となり、一時12%近い上昇の374円(39円高)まであった。米国で人気の電動ハムスター玩具「ズーズーペット」を4月3日から順次販売することが材料視されている。
 株価は、この商品の国内販売権を取得と伝えられた1月に一時ストップ高の好反応を示しており、本日はこのときの高値を突破、昨年来の高値382円(09年7月3日)までフシがなくなってきた。
 この玩具は米国で昨年大ヒットとなり、4月からの国内発売では年間20億円の販売を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:58 | 株式投資ニュース

シャープが「補助金」返還請求に反応なく後場も堅調さ保つ

 シャープ<6753>(東1)が後場も堅調で、三重県から補助金返還請求との材料には反応薄。パナソニック<6752>(東1)などが軟調なこともあり底堅さが目立っている。
 三重県では、シャープが亀山工場(同県)の液晶パネル生産設備を中国企業に売却する契約を結んだことについて、機械設備などの取得に県の補助金を活用した部分などの約6億4200万円を請求すると前週末、伝えられた。しかし、週明けの株価は、朝方1080円(11円高)まで上げたあとも堅調さを保っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

バルチック指数高く海運株指数が値上がり率1位、共栄タンカーなど牽引

 東証の業種別指数では15日前場「海運株」が値上がり率1位となった。国際運賃指標バルチック海運指数が前週末12日、6%近く急伸し190ポイント高の3506ポイントと連日の年初来高値更新となったことが材料視された。 
 指数は1.72%高。牽引した銘柄は共栄タンカー<9130>(東1)4.17%高の225円(9円高)、飯野海運<9119>(東1)3.83%高の569円(21円高)など。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:04 | 株式投資ニュース

15日前場の東京株式市場は金融緩和期待など買うが政局不透明で日経平均は小反落

100315前引け 15日前場の東京株式市場は金融緩和の追加期待と海外からの円安傾向が好材料となったものの、自民党で新党結成の動きが出て政局の不安定化に懸念があり上値の重い相場となった。
 日経平均は朝方57円58銭高の1万808円84銭まで続伸し、1月21日以来の1万800円台となったが、前引け間際には29円92銭安まで下げ、前引けは18円53銭安の1万732円73銭だった。
 東証1部の出来高概算は9億7255万株。売買代金は5778億円だった。また、1部上場1680銘柄のうち、値上がり銘柄数は841、値下がり銘柄数は621。
 東証33業種別指数は16業種が高くなり、値上がり率上位は海運、証券・商品先物、倉庫・運輸、不動産、銀行、非鉄金属、輸送用機器、電力・ガス、空運、ガラス・土石、石油・石炭、水産・農林など。
 一方、値下がり上位業種は、その他製品、食品、化学、卸売り、その他金融、鉄鋼、精密機器、繊維、ゴム製品など。
 日本銀行<8301>(JQ)の金融政策会合が16日から開催され、金融緩和の追加が次回の4月会合に向けて濃厚とされたため、三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)が売買代金1位で上昇するなど、大手銀行株がしっかり。不動産株も総じて高い。また、日頃は値のつかないことも少なくない丸八倉庫<9313>(東2)が業種別指数の上げを牽引するなど、金利低下の期待が高まった。
 また、バルチック海運指数の大幅高を好感して海運株が軒並み高となり、商船三井<9104>(東1)が1月の高値を更新。対ユーロでの円安を材料にニコン<7731>(東1)キヤノン<7751>(東1)が連日、昨年来高値を更新した。中国の次世代電力網(スマートグリッド)整備を受けて富士電機ホールディングス<6504>(東1)も高値を更新。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:39 | 株式投資ニュース

中国のスマートグリッド構想をうけ高岳製作所などが軒並み高

 高岳製作所<6621>(東1)が1月29日以来の300円台を回復し、大崎電気<6644>(東1)は2月5日以来の850円台など、スマートグリッド(次世代電力網)関連株が高い。中国がスマートグリッド整備を進め2020年までに4兆元(約50兆円)規模を投資と伝えられたことが材料視されている。
 東光電気<6921>(東1)は一時675円(44円高)と7%近い上昇となった。電力株も堅調で、電線株もしっかりとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:57 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機が3日続伸し2日連続で昨年来の高値を更新

 ヤマダ電機<9831>(東1)が3日続伸し、2日連続で昨年来の高値を更新。大型の新店舗を4月に東京・新宿東口で開設することへの期待があるほか、LED照明器具などの好調さが日本経済新聞15日付けで社長談として伝えられたことも材料視されているようだ。
 朝方6790円(90円高)まで続伸。このところの株価材料としては、前週、3月10日に発表した2月の月次動向が前年同月比10.6%増(単体・携帯電話を含むPOS売上高)と09年5月以来連続増加となったことが契機になったが、低価格戦略や積極出店・買収によるシェア拡大策が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:26 | 株式投資ニュース

東海旅客鉄道が続伸、値上がり幅トップでもみ合いを抜け出す

 東海旅客鉄道(JR東海)<9022>(東1)が続伸、一時69万4000円(1万1000円高)まで上げ、東証1部の値上がり幅トップとなった、2カ月近いもみ合いを抜け出した形になり、1月高値まで4000円に迫った。
 主事業を活用した事業領域の拡張が目立ち、米国で新鉄道計画に積極入札、名古屋駅前のビル再開発ではヤマダ電機<9831>(東1)が入居の可能性など、積極姿勢が伝えられ、投資妙味を誘っているようだ。ヤマダ電機は連日の昨年来高値更新。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:04 | 株式投資ニュース

キヤノンが収益の大幅回復期待と円安を材料に連日高値を更新

 キヤノン<7751>(東1)が続伸し2日続けて昨年来の高値を更新。デジタル一眼レフカメラの好調さがいわれ、また、円相場が前週末の海外市場で一時1ドル91円台の円安となり、対ユーロでも円安だったことも支援材料になっているようだ。
 同社は今12月期の業績予想を連結営業利益52%増とするなど、大幅な回復を計画。欧州のデジタルプリント大手オセ社の買収による企業展開にも期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

大東紡織が連日高で一時値上がり率1位、中国での事業展開を材料視

 大東紡織<3202>(東1)が急伸し100円台を回復、9時15分現在115円(17円高)で値上がり率17%。一時、東証1部の1位となった。前週末のストップ高に続き、中国でのアウトレット事業開始が材料視されており、低位株としての投機妙味も加わっているようだ。
 中国で大規模なアウトレットモール建設などを行なうと11日に発表。伊藤忠商事<8001>(東1)ほかと上海市・寧波市を中心に展開する。第1期工事は、店舗面積約1万6964平方メートル(約5132坪)で約100店舗が入居するビルを建設し、2011年春のオープン予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:28 | 株式投資ニュース