[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/25)日本無線が3円配当維持を好感し堅調、下値もみ合いを飛び出す
記事一覧 (02/25)スクウェア・エニックスはiPhone版「ファイナルファンタジー」2種を発売
記事一覧 (02/25)江崎グリコが新技術や好業績を見直す動きで後場一段高
記事一覧 (02/25)セイコーHDが円高メリットを見直す買いなどで後場一段上値追う
記事一覧 (02/25)ソニーが小口売りに軟調、円高が進み後場一段下押す
記事一覧 (02/25)今度は米で独禁法違反の疑い、トヨタ系のデンソー・東海理化が安値を更新
記事一覧 (02/25)25日前場の東京株式市場は円高を受け主力株からダレ模様、日経平均は小幅続落
記事一覧 (02/25)円高進みホンダなど軟化、「くりっく365」ではドル投げ売り観測も
記事一覧 (02/25)ダイキサウンドが連日ストップ高、日経平均がダレ模様になるにつれ人気化
記事一覧 (02/25)ディー・エヌ・エーが高値顔合わせ、3月上旬のゲーム開放に向け期待感
記事一覧 (02/25)三井製糖が米社の新薬候補のルーツとの思惑で急伸、値上がり率上位に浮上
記事一覧 (02/25)トヨタ自動車は3日ぶりに反騰、米公聴会過ぎ様子見ムードが晴れる
記事一覧 (02/25)富士電機HDが米GEとのスマートグリッド合弁を好感し高値更新
記事一覧 (02/24)トヨタ自動車は2日続けて「陽線」、引けあと国交相が再調査発言
記事一覧 (02/24)今仙電機が3日続伸、25日移動平均線を上回る(話題株)
記事一覧 (02/24)ノバレーゼが上海法人の設立などを発表、下値固く買い安心感−−引け後のリリース
記事一覧 (02/24)Oakキャピタルが東京リスマチックに事業投資、3Dデジタル事業を支援
記事一覧 (02/24)三井製糖が新薬候補製剤のルーツに当たるとの思惑でほぼ高値引け
記事一覧 (02/24)介護関連株がシップヘルスケアHDへの積極評価を契機に人気を集める
記事一覧 (02/24)【明日の動き】外部環境に不透明感漂えば、低位株やネット関連株などを物色する動きへ
2010年02月25日

日本無線が3円配当維持を好感し堅調、下値もみ合いを飛び出す

 日本無線<6751>(東1)が後場一段上値を追い173円(15円高)まで伸びたあとも堅調。減配懸念があった今3月期の期末配当を3円継続としたことが材料視されている。
 昨24日の大引け後、10年3月期の期末配当を3円とすると発表した。さる2月8日に発表した四半期決算は前年同期比較で連続赤字となり、今3月期も純利益を除いて減益と予想したため、配当についても前期実績の3円継続に不安感があったという。
 170円台の回復は2月4日以来。ここ2週間ほどの下値もみ合いを飛び出す形になったため、テクニカル的には上値メドが180円どころまで開けてきた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:22 | 株式投資ニュース

スクウェア・エニックスはiPhone版「ファイナルファンタジー」2種を発売

 スクウェア・エニックス<9684>(東1)は25日、iPhone/iPod touchアプリ「ファイナルファンタジー」2種を発売した。1987年に発売された、重厚なストーリーと美麗なグラフィックが大きな話題となった「ファイナルファンタジー」シリース第一作目と1988年に発売の「ファイナルファンタジー2」。価格は1000円、App Storeからダウンロードできる。
 株価は2日続落基調となり、株式市場全体の手控えムードに押された動きとなっているが、業績予想は今3月期の連結売上高を1800億円(前期比32.7%増)、営業利益を250億円(同約2倍)と見込むなど好調で、引き続き割安感がある。

スクウェア・エニックスはiPhone版「ファイナルファンタジー」2種を発売

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

江崎グリコが新技術や好業績を見直す動きで後場一段高

 江崎グリコ<2206>(東1)が後場一段高となり、13時過ぎに前後場を通しての高値1045円(37円高)をつけた。業績は好調だが1月下旬に発表済みであり、動きだせば軽い材料株として業績や新技術などの材料をムシ返した様子だ。
 2月18日、独自技術でマイナス18℃でも固まらないチョコレートソースを用いた新製品を発表。1月29日に発表した四半期決算では、4〜12月期の連結経常利益が前年同期比83%増となり、純利益は黒字に転換。今3月期も大幅増益で純利益の黒字化を見込む。利益率の高い商品が伸び増益幅が大きかった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:44 | 株式投資ニュース

セイコーHDが円高メリットを見直す買いなどで後場一段上値追う

 セイコーホールディングス<8050>(東1)が後場一段高となり、1月21日以来の170円(14円高)をつけた。円高メリットを見直す買いが入っている模様で、値上がり率上位に浮上。
  業績はふるわず、2月9日の四半期決算で今3月期の予想を経常赤字転換などと減額修正した。ただ、株価は横ばい圏のまま推移し、決算発表の前につけた安値151円(2月1日)を割る様子がなかった。このため、自動車や電機などの主力銘柄が重い相場の中で物色のお鉢が回ってきたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:23 | 株式投資ニュース

ソニーが小口売りに軟調、円高が進み後場一段下押す

 ソニー<3758>(東1)が後場寄りあと一段下押し、12時50分現在3035円(75円安)。前後場を通じての安値となった。特段、固有の悪材料は伝えられてなく、円高の進行や日経平均の軟化が見送り材料となっているようだ。
 円相場は東京外国為替市場で10時過ぎに90円台から89円台の円高となり、正午過ぎには89円40銭前後まで円高となった。ソニー株の前場安値は3065円(45円安)だったが、後場は小口売りが重なる形で下げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:05 | 株式投資ニュース

今度は米で独禁法違反の疑い、トヨタ系のデンソー・東海理化が安値を更新

 デンソー<6902>(東1)が米国で独占禁止法違反の疑いと伝えられて下げ、前引けは2432円(55円安)。一時77円安まで下げて直近の安値を更新した。
 米国法人が米連邦捜査局(FBI)と米司法省から米独禁法違反の疑いで捜査を受けたことを明らかにしたと通信社電などで伝えられたことが嫌気された。
 関連報道では東海理化<6995>(東1)矢崎総業(非上場)の名も挙げられ、東海理化は一時1605円(80円安)まで下げて09年10月以来の安値を更新する場面があった。前引けは1621円(64円安)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:11 | 株式投資ニュース

25日前場の東京株式市場は円高を受け主力株からダレ模様、日経平均は小幅続落

100225前引け 25日前場の東京株式市場はトヨタ自動車<7203>(東1)の反発もあり全般堅調に始まったものの、円高の進行を受けて主力株から次第にダレ模様となり、日経平均は小幅安続落に転じた。
 円は一時1ドル89円台の円高。ギリシャの政情不安を受けてユーロが安く、ドルには米FRB議長証言を受けて利上げ観測の後退という要因もあったため、機軸通貨の中では地理的に最も影響の薄い円に買いが集まった模様。
 日経平均は反発で始まり69円13銭高の1万267円43銭まで上げたが、円高とともに下押し、前引けはほぼ安値引けとなる19円04銭安の1万179円79銭だった。
 東証1部の出来高概算は8億2517万株。売買代金は5585億円。1部上場1680銘柄のうち、値上がり銘柄数は754、値下がり銘柄数は715。また、東証33業種別指数は13業種が高くなり、値上がり率上位は鉄鋼、保険、電力・ガス、サービス、小売り、倉庫・運輸、卸売り、陸運、その他製品、水産・農林など。一方、値下がり上位業種は海運、鉱業、ガラス・土石、証券・商品先物、機械、精密機器、その他金融、化学、空運、繊維などだった。
 トヨタ自動車は堅調だったが、デンソー<6902>(東1)が米国で独占禁止法違反の疑いと伝えられて下げ、東海理化<6995>(東1)も下落するなど、トヨタグループの銘柄には「米国発」の災難が続いた。
 円高につれてホンダ<7267>(東1)などの自動車株が下げ、ソニー<6758>(東1)なども軟化した。なかでキヤノン<7751>(東1)はダレながらもグループの組織再編などを好感して小じっかり。
 また、富士電機ホールディングス<6504>(東1)が米ゼネラル・エレクトリックと次世代電力網事業で10月に合弁会社と伝えられたことを材料に高値を更新。鋼材価格の引き上げが伝えられた新日鉄<5401>(東1)をはじめ鉄鋼株がも堅調だった。
 ただ、市場には様子見気分があり、継続疑義の注記が取れたことをムシ返す形でフージャースコーポレーション<8907>(東1)が急伸したほか、増配はじめ収益の一段上ぶれ期待のあるTPR(帝国ピストン)<6463>(東1)など軽量株が活況で、中小型株に人気がシフトする動きとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:49 | 株式投資ニュース

円高進みホンダなど軟化、「くりっく365」ではドル投げ売り観測も

 ホンダ<7267>(東1)が朝方の3120円(25円高)から前引けにかけて3070円(25円安)まで軟化するなど、自動車株や日経平均が値を消す動き。円相場が東京外国為替市場で1ドル89円台の円高になったことが敬遠されている。
 25日の円ドル相場は、朝方90円20銭台だったが、10時を回り一時89円台の円高に移行。ギリシャの政情混乱によるユーロ安が波及したとみられている。
 加えて「くりっく365」(東京金融取引所の公設外国為替証拠金取引)のドル・円ポジションが昨24日現在でドル・ロング(ドル買い)26万3087枚と過去最大となっていたため、ドル急落によって処分売りが膨らみ、円高に拍車がかかったとの観測も出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

ダイキサウンドが連日ストップ高、日経平均がダレ模様になるにつれ人気化

 ダイキサウンド<3350>(JQ)が10時15分にかけてストップ高の2701円(500円高)まで上げ、値上がり率22.7%高で所属市場の値上がり率トップとなった。
 債務の株式化を好感、日経平均がダレ模様から前日比マイナスに転じたこともあり、材料の出た中小型株に物色がシフトしているようだ。
 ストップ高は2日連続。23日に債務の株式化を発表。親会社アイシス・パートナーズ(非上場)に対し、普通株式を3万2394株(1株1929円)発行するデット・エクイティ。スワップ(債務と株式の交換)を行なうと発表。強烈な材料となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーが高値顔合わせ、3月上旬のゲーム開放に向け期待感

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)が反発し、9時37分に昨年来の高値に顔合わせしたあとも堅調。3月上旬に予定される携帯ゲーム事業の新展開が注目されている。
 昨年来高値は74万1000円(2月23日)。同社はケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」で公開するゲームを公募形式で選定し、1月下旬、第一弾として先行開発パートナー40社の合計92作品のゲームを公開した。さらにパートナーを増やし、3月上旬には一般開放する予定としているため、期待が集まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:26 | 株式投資ニュース

三井製糖が米社の新薬候補のルーツとの思惑で急伸、値上がり率上位に浮上

 三井製糖<2109>(東1)が大幅続伸となり、朝方8.5%高の344円(27円高)まで上昇。9時40分現在で東証1部の値上がり率4位となっている。
 昨24日、田辺三菱製薬<4508>(東1)の創製になる多発性硬化症治療剤「FTY720」が、米ノバルティス社による米国展開で米食品医薬品局(FDA)の優先審査対象に指定されたと伝えられ、この製剤の発見に京都大学と三井製糖の前身の1社である台糖、田辺三菱製薬の前身の1社である吉富製薬がかかわっていたとされて思惑が広がった。田辺三菱製薬も一時1329円(31円高)まで上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は3日ぶりに反騰、米公聴会過ぎ様子見ムードが晴れる

 トヨタ自動車<7203>(東1)は25日、3345円(70円高)で始まった後も堅調で3日ぶりの反騰となった。米国議会での社長答弁が現地24日終了し、前日の様子見ムードが晴れた格好だ。
 株価は2月4日に3195円まで下押したが、その後は、公聴会に向けて様子見気分を強めた22〜24日の続落局面でも下値は3255円(24日)にとどまった形。今後も注目点としては月次販売動向の北米での状況などが控えるが、3200円前後が下値メドとして定着するかどうかが注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

富士電機HDが米GEとのスマートグリッド合弁を好感し高値更新

 富士電機ホールディングス<6504>(東1)が25日の朝、買い気配で始まったあと230円(12円高)で寄り、昨年来の高値224円(2月23日)を上回る動きとなっている。
 スマートグリッド(次世代送電網)事業の国内展開で米ゼネラル・エレクトリック(GE)と10月に合弁会社を設立と伝えられたことを材料視。
 GEが日本のスマートグリッド市場に参入し、富士電機ホールディングスと合弁で基幹部品のスマートメーター(通信機能を備えた電力計)を日本で開発・生産、10月にも合弁会社を設立と日本経済新聞25日付け朝刊が伝えた。
 富士電機ホールディングスは、2月中旬に住友商事<8053>(東1)と共同でインドネシアの国営電力(PLN)から地熱発電所を受注したことも材料視されたことがあり、海外でのスマートグリッド市場開拓にも期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:10 | 株式投資ニュース
2010年02月24日

トヨタ自動車は2日続けて「陽線」、引けあと国交相が再調査発言

 トヨタ自動車<7203>(東1)のリコール問題に関して、前原国土交通相が07年〜09年に調査したトヨタ車などの急加速・急発進の事例134件について再調査する方針を示したと24日夜、ロイター通信などが伝えた。
 この間に申請された急発進、急加速、暴走に関する事例の同社の割合は、国内の全自動車に占める同社のシェアとほぼ見合うため、同社が特に多いとはいえないとしたが、再度、精査するという。
 同社株は24日、3255円(70円安)〜3300円(25円安)の範囲で小動きとなり、大引けは3275円。2日続けて、いわゆる「陽線」(始値より終値が高い)となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:49 | 株式投資ニュース

今仙電機が3日続伸、25日移動平均線を上回る(話題株)

●今仙電機は3Q高進捗と割安感を見直す、ホンダ系部品株に続く

株式市場の話題 今仙電機製作所<7266>(東1)は、50円高の1164円と3日続伸している。2010年3月期第3四半期(3Q)業績の高進捗と割安感を見直し買いが増勢となっている。
 9日に発表された3Q売上高は前年同期比25.8%減の534億5400万円、営業利益は同21.9%減の32億9300万円と2ケタ減収減益に着地したが、3Q営業利益は年計画に対する進捗率は86.6%と順調に推移している。今期予想PER10倍台と割安感はある。
 トヨタ自動車<7203>(東1)の劣勢を尻目に、20日付の日本経済新聞朝刊で、「点検急回復企業(4)ケーヒン<7251>(東1)――ハイテク・ローテクで稼ぐ」と報じられたり、ユタカ技研<7229>(JQ)が連日高値、ミツバ<7280>(東1)も高値更新するなど、ホンダ<7267>(東1)系の部品株を見直す動きが出ている。
 今仙電機製作所の株価は、1月21日に昨年来高値1265円をつけた後、2月5日安値1057円、23日安値1085円と下値を固め、25日移動平均線を上回っている。同社は独立系ではあるが、ホンダが106万株(5.9%)保有する筆頭株主となっており、割安訂正高に進む可能性が高まろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:38 | 株式投資ニュース

ノバレーゼが上海法人の設立などを発表、下値固く買い安心感−−引け後のリリース

■挙式組単価・列席者単価など期待大

引け後のリリース、明日の1本 ノバレーゼ<2128>(東1)は24日の大引け後、立会外分売と上海での現地法人設立を発表した。業績は好調で、前12月期の経常利益は世界同時不況後の回復が大きく前期比19.0%増、今期予想は4.5%増。押し目買い姿勢で臨めそうだ。
 立会外分売は300株(発行済み株式数の0.29%)、分売期間は3月2〜10日。価格は分売実施日の前日終値または最終気配値を基準として決定する。
 一方、上海での現地法人設立は、婚礼プロデュース・レストラン事業を、高成長を続ける中国で展開する基盤とし、資本金1億円・100%出資で設立。時期は当局の承認が下り次第開示するとした。
 株価は11月から12月にかけて戻った後、おおむね5万8000円〜6万1000円のゾーンで横ばい相場に転じ、2月中旬に上値を追って6万5000円(2月22日)まで上げて小休止の動きとなっており、24日の株価終値は6万1300円(700円安)だった。上値を追う前の横ばいゾーンが下値を支える相場となり、買い安心感がある。
 立会外分売の影響は、発行済み株式数に対する影響が少ないため一過性で終わる可能性が高く、中国での事業展開は挙式組単価・列席者単価などが2ケタの伸びを続けているプランが少なくないとされるだけに、中期的に期待がもてそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:28 | 株式投資ニュース

Oakキャピタルが東京リスマチックに事業投資、3Dデジタル事業を支援

 Oakキャピタル<3113>(東2)は24日の大引け後、東京リスマチック<7861>(JQ)への投資を行なうと発表した。東京リスマチックの自己株式を3月12日付けで譲り受け、発行済み株式数の7.59%を取得する。
 Oakキャピタルは、すでに3次元(3D)立体デジタル映像技術をもつキャドセンター(東京都文京区)に事業育成投資を行なっており、保有するキャドセンターの株式を09年10月、東京リスマチックに譲渡し、両社の相乗効果で3Dデジタル映像の技術開発やコンテンツの企画制作の本格化を支援する体制を整えていた。
 Oakキャピタルの株価は24日18円(2円高)で大引けとなった。東京リスマチックの大引けは490円(1円高)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:42 | 株式投資ニュース

三井製糖が新薬候補製剤のルーツに当たるとの思惑でほぼ高値引け

 三井製糖<2109>(東1)が大引け間際に320円(15円高)まで上げ、大引けも320円でほぼ高値引けとなった。合併前の旧・台糖が共同開発にかかわった新薬候補が米食品医薬品局(FDA)の優先審査対象に指定と伝えられ、思惑買いが拡大した模様。
 田辺三菱製薬<4508>(東1)の創製になる多発性硬化症治療剤を米ノバルティス社がFDAに承認申請していたところ、優先審査対象に指定されたと伝えられ、さらに、この新薬候補製剤の発見が京都大学、および田辺三菱製薬の前身の1社である吉富製薬、三井製糖の前身の1社である台糖によるとされて思惑が広がった。田辺三菱製薬の終値は1298円(4円安)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:18 | 株式投資ニュース

介護関連株がシップヘルスケアHDへの積極評価を契機に人気を集める

 24日の東京株式市場では介護関連株の中に活況な銘柄がみられ、シップヘルスケアホールディングス<3360>(東1)が約7%高の5万800円(3300円高)で高値引けとなり値上がり率4位。また、セントケア・ホールディング<2374>(JQ)メッセージ<2400>(JQ)は昨年来の高値を更新した。
 直接的な材料としては、シップヘルスケアホールディングスの投資判断をメリルリンチ日本証券が2段階引き上げたことが伝えられたが、円高などの外部要因に左右されにくい業種として買われた面がある。
 シップヘルスケアホールディングスは、09年10月にグリーンホスピタルサプライ・グループが持株会社に移行した会社。メリルリンチ日本証券は「中立」を飛び越して「アンダーパフォーム」から「買い」とし、目標株価を4万7000円から6万7000円に引き上げたと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:12 | 株式投資ニュース

【明日の動き】外部環境に不透明感漂えば、低位株やネット関連株などを物色する動きへ

 株式市場明日の動き 24日の東京株式市場は、米国株の大幅続落と円高を嫌気し、全業種が値下がり、東証1部銘柄の約8割が下落しほぼ全面安となった。日経平均株価は、一時222円45銭安の1万0129円65銭まで下げ幅を拡大、大引けは153円27銭安の1万0198円83銭と続落した。
 
 東証1部上場1680銘柄のうち、値上りは252銘柄数、値下りは1322銘柄、変わらずは106銘柄。また、東証33業種別指数は全業種が安くなり、値下がり率上位は不動産、小売り、電気機器、証券・商品先物、その他製品、金属製品、卸売り、石油・石炭、海運、化学など。一方、値下がり率の小さい業種は医薬品、保険、水産・農林、ゴム製品、陸運などだった。
 
 全般相場が方向感のない動きとなる中、不二家<2211>(東1)クラリオン<6796>(東1)が連日の高値となるなど、低位株人気が続いた。
 
 また、セントケア・ホールディング<2374>(JQ)が連日高値、メッセージ<2400>(JQ)が高値更新と介護関連も物色されたほか、さくらインターネット<3778>(東マ)が連続ストップ高で連日高値、ソネットエンタテインメント<3789>(東1)が高値更新となるなどネット関連も物色された。
 
 米国株式市場や外為相場など外部環境に不透明感が漂えば、上記のような低位株や介護関連、ネット関連など、或いは比較的値下がり率の低かった医薬品株などディフェンシブ銘柄を物色する動きが強まると予想する。
 
 仮に、外部環境が好転しても自律反発の域にとどまる可能性が高いだろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:47 | 株式投資ニュース